2016年 初期症状での診察の様子を「ヘルニアとDMの狭間で」コチラにまとめました。
DM(変性性脊髄症)発症の経緯と車椅子作製の詳細はコチラにまとめてあります。
症状の記録等はコチラで更新中です。

10/10 再度尿検査で受診

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

10月10日
前回(9/3)の尿検査で 結石は消えたけれど膀胱炎の菌が残っていたので 療法食と投薬を継続して1か月。
再度尿検査のために病院へ

待合室が混雑してたので外で待機。
お天気が良くて日差しも風も気持ちイイ♪
わんわんカートにバスタオルを数枚敷いて底上げし
更に クッションを斜めに入れて お腹を圧迫せずに外の様子、景色が見られるように 頭をカートの縁に乗せてます。
L-DSC_3045


尿検査の結果:
膀胱炎は 改善せず、悪化もせずで投薬とcdフードは継続。
来月再尿検査。

全身の健康チェック(DMの進行具合チェック):
右側の肩回り、前足の関節が硬直しつつある。
右側を下にして寝かせると違和感があるから 左側を下にしたがる。
床ずれ予防のために今後も色々と工夫が必要。
(お腹を圧迫しない姿勢への体位変換やマッサージ等々)

床ずれの初期症状は個体差がある:
脱毛より先に皮膚にかさぶたが出来ることもあるので 注意してみること。

耳の中の掃除:
頭をブルブル振ることが出来ないので液体洗浄剤は使えない。
コットンなどで拭き取るのを続けること。

目やに:
歳を取ると目がくぼむので 目頭に目やにがたまりやすくなり 目立つようになる。
現状 目の状態は綺麗なので特に心配はなし。

寝たきりになっているが 今の時点で床ずれ等々の問題なし、および色々と工夫してる点はGOODだと褒められた。(= ̄▽ ̄=)V

c/dフード3kg、薬40日分
薬がなくなる頃、再尿検査と健康チェックの予定。





9月末 DM:症状の記録24 腹式呼吸に

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

DMと診断されてから23か月(1年11か月)経過。
(初期症状である左後ろ足の引き摺り(2015/秋)を発症してから2年11か月経過。関連記事はコチラ

  −−−−− −−−−−
2018年9月

症状が更に進み 腹式呼吸になって来た。
体を起こして伏せの姿勢にしてあげると すぐに体勢を変えてほしそうにクゥクゥ言うようになった。
お腹を圧迫しないよう常に横向きで寝かせることになった。
床ずれ予防に時々体の向きを変えているけれど 左側を下にした方が落ち着くようで 右を下にすると眠りが浅く すぐに起きてしまう。

車イスのお腹の位置にあるベルトを緩めた。
胸のベルト(+T字型フロアマット)と 後ろ足を入れるレッグリングの位置を高めにして体を支えるようにし お腹をベルトで圧迫しないように調整。
わんわんカート利用時も体勢に気を付ける。

ウンチを(オムツに)した時 クゥンクゥンと鼻を鳴らしてお知らせしてくれてたことが あまり見られなくなった。
1日1回、ピンポン玉くらいのウンチをしているけれど これは腸のぜん動運動によるものだと思う。 
自力での排泄ではないから オムツにした、という感覚も鈍いのだろう。
お尻をシャワーで洗う時 肛門を少し刺激するとたくさん出ることがある。
便秘が心配な時は この方法も1つの手だと考えてる。
オシッコは自力排泄出来ている。
大量に出た時はクゥクゥと(オムツ交換要求w)お知らせしてくれる。

L-IMG_6920

8月から 夜 気分転換をかねて「夜散歩」をしてきたが 9月に入ってから 雨天が多く中止ばかり。
雨なら仕方ない。無理はしない。
「行ける時に行く」スタンスで。


日頃は硬く絞ったタオルで全身を拭いていたが やっぱりシャワーで洗った方がすっきりすると思ったので 3か月ぶりにシャンプーをした。
私自身慣れてるし 手順も要領も得てると思ってるけれど
やっぱり大変(;^_^A アセアセ・・・



9/23 お彼岸

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

9月23日 お彼岸
お墓参りへ。
レディは わんわんカートに乗って参加です。

DSC_2996



L-IMG_6960

白い彼岸花って 本当に綺麗!

L-IMG_6964


9/4〜17 お散歩で

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

9月4日 
いつも散歩でお会いする方からナデナデしてもらって
ご機嫌レディさん。
もっと撫でて〜!と甘えん坊将軍( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
L-IMG_6797


9月10日
散歩コースの歩道の花壇で 綺麗に咲いている「タマスダレ」と
L-DSC_2915

いい匂いでもするのかな?
L-IMG_6854


9月17日
散歩コースで久々にお会いした方と。
DMの症状が進んで4輪車になり 両前足もマヒした姿を見て驚き 涙ぐまれ・・・つい私ももらい泣き(ノω・、)
L-IMG_6934

他にも散歩コースでは たくさんの方々に撫でて頂いたり話しかけてもらってます。
皆さん口をそろえて「表情が生き生きしてる」「目に力がある」「毛艶がいい」等々 嬉しい言葉を掛けて下さり 励みになってます。
ありがとうございます。(^人^)感謝♪



9/3 尿検査で受診

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

9月3日
先月から与えてる療法食(c/d尿ケア)の成果を診て頂くために 採尿して病院へ
体重=6.8kg
尿検査=先月のphが7.5 今回は6.0 (*^ ^* )V

DSC_2903


結石はなくなったけれど 膀胱炎の菌がまだ残ってる、とのこと。
(石が消えて取り敢えずホッ!としました)
膀胱炎に関しては 即効性はあるが持続性がなく高価な抗生剤注射はやめて 毎日の投薬に変更し 療法食も続けながら様子を見ることに。
一か月後 再尿検査です。


味気無い療法食がまだまだ続くのか〜、、と気づいて 
 浮かない顔のレディさんです。(^▽^;)
L-IMG_6760

バナナ食べたいな〜 キャベツも食べたいな〜
お肉もお刺身もオヤツもetc・・・
( ̄¬ ̄*) ヨダレ ジュルリ



8月末 DM:症状の記録23 四肢のマヒとお散歩状況

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

DMと診断されてから22か月(1年10か月)経過。
(初期症状である左後ろ足の引き摺り(2015/秋)を発症してから2年10か月経過。関連記事はコチラ

  −−−−− −−−−−
2018年8月
とうとう四肢すべてにマヒが及び 車イスでの散歩は「乗ってるだけ」のカート状態になりました。が、、左前足だけの動きに頼っていた不安定さがなくなったのは良かったかな、と思います。

食欲は変わらずモリモリ食べてます。
排泄はオムツonlyとなりましたが 毎日しっかり出ています。
耳は更に遠くなったようです。
首や頭を動かしたり 鼻をクンクン鳴らして意思表示してます。
ただ
抱っこすると 体がコンニャクのように だら〜んとしてしまうのは悲しいです。
ベッドから飛び出していたレディの足先を 私が誤ってちょっと踏んでしまっても びっくりして引っ込めることもなく キャン!と声を出すこともなく まったく気づかない・・・?
麻痺という状況は理解してても現実はやっぱり辛いですね。

意識も意欲も感情も今までと変わらないのに 体が動かないという状態を レディはどんな思いで日々過ごしているのだろう 
(ノω・、) ウゥ・・・


8/26の画像より

いつものように朝5時半のお散歩。
なるべく他のワンコと会わないようなコースに変更しました。
耳が遠くなり 前足のマヒが進行しするとともに 他のワンコを怖がるようになったからです。

LL-DSC_2861

今まで普通にご挨拶出来てた顔見知りのワンコさんにも 身構えてしまい嫌がる様子が見られました。
自分で自由に動けない、咄嗟に逃げられない避けられないという不安があったのかなと思います。
L-DSC_2871



8/27の画像より

夜 寝る前に家の近くをぐるりと一周。
朝からずっとエアコンの部屋にいたからね。 気分転換にGO!
L-DSC_2895

夜の公園も灯りがあるのでお散歩できるよ〜
L-DSC_2900

公園周囲はウォーキングやジョギングする人も結構いる。
みんな夏の間は少しでも涼しい夜に行動をシフトしてるんでしょう。
仲間 仲間〜♪ (o^∇^o)ノ



8/21 前足用の足袋を製作

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

8月21日の画像とメモより

7月末頃から左前足の引き摺りが目立つようになり 8月に入ってからは足先(甲の部分)が戻らないようになりました。
そこで 次のステージに向けてグッズの製作へ。
いよいよ、というか とうとう・・・
前足も吊る段階に達した、ということが悲しい。(ノω・、) ウゥ・・・
四肢全てが麻痺、です。


100均のイス脚用ソックスを利用。
上部にバイアステープを使ってループを付けて
s-IMG_6754

コードを束ねるマジックテープを通し 前足を入れてから車イスに装着するようにしてみました。
s-IMG_6756


初めて両前足を吊った時の怪訝な顔つき(^▽^;)
LL-IMG_6726


不自由な自分の足を使って 苦労して移動することなく「乗ってるだけで連れて行ってくれる〜♪」の状況が理解できたようで・・・


満面の笑顔を頂きました〜( ̄m ̄* )ムフッ♪ \(^_^)/

「これ楽ちんだわ〜」byレディ
ss-DSC_2877



後から色々と調整。
T字型のフロアマット(詳細はコチラ)を2枚重ねにし ずれないようにバンダナを使って包むように固定。車イスとの隙間が埋まり 細くなった体が車イスにフィットするようになりました。
sDSC_2891


左前足の動きに合わせることなく リードを引く私のペースで歩けるのは楽です。
だからといって足早に散歩を済ませてるわけじゃなく(笑)
レディの気分転換と 外気に触れて色んな刺激をもらえる楽しい散歩を 心掛けて行きたいです。



8月 夜散歩始めました

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)


8月10日の画像から

2階の私たちの部屋で一緒に寝るようになって1か月。
夜中に2回(12時頃と3時頃)水飲みと体位変換(寝返り)の催促で起こしてくれます。(^▽^;)
で、朝5時には「朝散歩へ行こう!」と起こしてくれます。(゚_゚i)タラー・・・
そんな結構ハードなスケジュールをこなしていましたが
さすがに私たちも連日の猛暑での夏バテも加わって疲れが溜まり始めたので ちょっと生活を見直し。

夜9時頃に 30分〜1時間ほどの夜散歩に出ることにしました。
なるべく明るい場所で風の通る所を選んで散歩しました。
夜風は涼しく感じて気持ち良かったです。ヽ(^◇^*)/

写真は近くのマンションの駐車場入り口の外灯。
L-DSC_2948-2

夜散歩を始めたことで 寝る前の運動(刺激、程よい疲れ)を得られ 夜中に2回起こされてたのが徐々に1回(午前2時ごろだけ)になっていきました。(= ̄▽ ̄=)V やったね

注:雨天・荒天の時は中止です。 
 見たいTV番組等がある時は時間がずれます。(^▽^;)

レディのペースを尊重しつつ 飼い主の生活も守るために
ぼちぼちと頑張ってます。p(・∩・)q


8/7 膀胱炎再発と結石

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)


8月7日
フィラリアの薬の後半分をもらいに動物病院へ
体重6,7kg
ちゃんと食べているのに・・・
筋肉が落ち下半身は骨と皮だけになりました。(T_T)

5月の連休前に 尿の臭いが気になり受診(尿検査)した時に 膀胱炎の再発と言われ持続性抗生剤の注射をして頂き その後落ち着いていました。
が、、また尿の臭いがきつく感じたので お盆休みに入る前に尿検査をしてもらいました。
結果、膀胱炎の再発。 しかも尿中に結晶も見つかりました。
Σ( ̄ロ ̄|||)
膀胱結石
=膀胱炎の菌が尿のタンパク質と結びついて出来る結石
 膀胱内の炎症によって剥がれ落ちた上皮細胞などが核となり、
 真珠が大きくなるように結石が成長するものと考えられる。

膀胱炎には前回同様に持続性抗生剤の注射。
結晶は出来てすぐらしいので(早期発見でよかった!)
早く消すために「尿ケアの療法食」を処方されました。
1か月間これ以外の食べ物禁止(オヤツ類はもちろん野菜、果物、ヨーグルト含め)で来月また尿検査です。
結晶が消えてますように!

DSC_2533


もう1点、気になってた皮膚の状態も見て頂きました。
陰部に少々炎症(肌が赤くなってる)部分あり。 
これは尿やけ(毛に尿がついて残ってたり オムツ内の蒸れが原因。今は自分で舐めて処理できないから)だそうで オムツ替え時にシャワーでお尻を洗った後の乾燥が楽になるようにと 先生が陰部周りの毛を処理(剃毛)して下さいました。
それはもう綺麗にツルツルに・・・(T_T)見た瞬間 思わず涙が・・・


療法食はまずいと聞いていたので(;^_^A  レディはどうかな、食べてくれるかな、と心配してましたが
無用でした(笑)

いつもと違うフード(療法食)を気にする様子もなく 普通に完食でした。

水分摂取のためにフードを水でふやかしてるので 小粒のフードも見た目すごい量になります。
こんなに食べられるかな?という心配も吹っ飛ぶ「食いしん坊コーギー万歳!」です。(*^▽^*)


7月末 DM:症状の記録22 左前足の麻痺が進む

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

DMと診断されてから21か月(1年9か月)経過。
(初期症状である左後ろ足の引き摺り(2015/秋)を発症してから2年9か月経過。関連記事はコチラ

  −−−−− −−−−−

6月中旬あたりから気温が30度超え、35度に達することがあり 夜になっても暑さが引かなくなったため レディを2階の私たちの部屋に運び(朝までエアコンon状態で)一緒に寝ることにしました。
ほぼ毎日 夜中12時過ぎと明け方3時過ぎ頃に 水飲みと体位変換の催促で起こされました。
そして朝5時には「散歩行く〜!お腹すいた〜!」と起こされました。(^▽^;)
クゥンクゥンと訴える切ない声には我々の眠気も吹っ飛びます♪
ワンコの体内時計というかリズム?生活習慣?が まるで「3時間おきに授乳の新生児」のようで 大変ながらも面白く楽しかったです。

右前足を吊って1か月が経った7月の初め、左前足の引き摺りが顕著になってきました。
↓画像でわかるように左前足の甲が戻らない場面が多く見られるようになりました。
LL-DSC_2792

まだ地面を蹴る動きはしているので 少しでもその運動を維持したく 胸に当てるタオルで左前足が地面すれすれになるように高さを調整。


車イスでの散歩でウンチをすることがほぼなくなりオムツにするようになりました。
左前足だけでは動けないので 私がリードで車イスを引いているため 排泄の感覚、リズム、踏ん張り等が思うように出来なくなったのだろうと思います。
家でオムツに排泄した後は 鼻を鳴らしたり体を動かしたり 何らかのアクションでお知らせしてくれます。
程よい硬さの良いウンチなので 処理やお手入れ(お尻洗い)は楽です。

外で(散歩時に)ウンチをしなくなった代わりに オムツ替えや車イスに乗せる時、下ろす時など
ちょっとした刺激でオシッコやウンチがでてしまうことが増えました。
なのでオムツを外す時には 常にトイレシートや防水シートを下に敷いての防御態勢が必須となりました。

*左前足のマヒの進み方が 今まで(後ろ足、右前足)より早いように感じました。
今後の対策を思案中です。(2018/7月末)


7/21 朝から猛暑でした。

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

7月21日 朝4時54分
1階リビングの室温が『29.3度』

リビングは家族が2階寝室に行ったあと夜間から朝まではエアコンoffですが、これまで猛暑と言われた年でも 早朝のこの時間で この温度は記憶にないな〜。
熱帯夜が続いた年でも 早朝だと今まではせいぜい27度止まりだったような・・・
それほど今年の夏は本当に酷暑なんだ!と実感!(-。−;)

signDSC_2807

朝5時過ぎに散歩に出ても 日差しが強くてジリジリ。
すぐに30度を超える気温になってしまいました。
日影を探しつつ散歩中。
見かけた「アメリカフヨウ」の大きな白い花と記念写真。
LL-IMG_6523

午前9時を過ぎる頃、市の巡回カーが「エアコンを付けましょう。不要不急の外出は避けましょう」とアナウンスして回ってました。
これも初めての事。

寝たきりの状態のレディのベッドに熱がこもらないように、暑さで寝苦しくないように、気持ちよく過ごせるように・・・
エアコンと扇風機を使って猛暑・酷暑を乗り切ろう!



夏の花壇の花と

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

6月末に撮った画像から

朝5時半。
お散歩コースの歩道の花壇の花と一緒に記念撮影

*ペチュニアと

y-IMG_6151-3


*ルドベキアと

y-IMG_6134-3


*ガウラ(ハクチョウソウ=(白蝶草)と

LL-IMG_6184

朝5時台に散歩する方は 犬連れだけでなくウォーキングされてる方も含め ほぼ同じ顔ぶれw
レディの体のマヒの進み具合も ずっと見てきた方々ばかりなので、6月初めに右前足を吊った姿を見た時に涙された方もいる。
レディの頑張る姿に自分も元気をもらってるよ!と
応援・励ましの言葉を掛けて下さる方もいる。

こちらこそ毎朝お声を掛けて頂き 励まされてます。
(^人^)感謝♪ (^人^)感謝♪ です。
頑張ります〜!



6月末 DM:症状の記録21 寝かせてシャンプー

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

DMと診断されてから20か月(1年8か月)経過。
(初期症状である左後ろ足の引き摺り(2015/秋)を発症してから2年8か月経過。関連記事はコチラ

  −−−−− −−−−−

(5月〜)寝たきり状態になってから 私が時間を見計らって体の向きを変えていましたが 6月になってからレディ自身が向きを変えてほしい時にクゥンクゥンと鳴いて要求するようになりました。
気温も上昇してきてたので ずっと同じ位置で寝てると暑くなるのでしょう。
体の向きを変える際にベッドマットを裏返したり接触冷感素材のものと交換したりして 熱がこもらないように気を付けました。

窓辺でカーテンをまくり上げて 風を感じられるように そして外の音、他の犬の気配、匂い、庭に来る鳥や蝶々などが見えるように、色んな刺激を受けさせていました。
また 私がキッチンに立ってる時はレディから私の姿が見えるように、常にベッドの位置を変えながらの毎日。

LL-DSC_2752 (1)


立つことも伏せの姿勢の維持も出来ないので シャンプーは結構大変。(;^_^A アセアセ
・お風呂マットの上に寝かせ、頭には高さのある枕(大きめタオルを丸める等)をする。
=タオル枕は濡れますが洗い流すお湯や泡が直接顔(目や耳)に触れないための措置。 顔周りは最後に清潔な濡れタオルで拭いてます。
・寝かせたまま体の側面を左右向きを変えながらそれぞれ洗う。
・すすぎは丁寧に。泡がきれるまで数回繰り返す。
・最後は手で支えながら伏せの姿勢にして背中からお湯をかけ流し、シャワーヘッドをお腹の下に入れて 毛をかき分けながら完全にシャンプーを落とす。

★体をブルブルして自己脱水が出来ないので 
タオルを大量に使いながらのタオルドライ。 そしてドライヤーで乾かす。これが1番大変! 小1時間かかる大仕事(゚_゚i)タラー 
レディはパピー時代からほとんど「おうちシャンプー」なので ドライヤーにも慣れてて寝てしまうので 楽な方だと思う、、ようにしてる。(笑)

体(頭)をブルブル出来ないことや足を使ってカキカキ出来ないことで 耳の中の汚れが目立つようになった気がします。
コットンと綿棒で耳掃除。

散歩の様子:
左前足で地面を蹴る動作が鈍くなった。
私がリードで車イスを引く動きに引き摺られることが多くなった。
首が下がる(左前足で立つ、支えるチカラが低下)

食事:
食欲は相変わらずあり
食事の姿勢(ブックエンド+タオル おむつ替えで使用してるものを利用)でも 両方の前足が崩れるようになったので 介助しながらで。



6/11 狂犬病ワクチンの猶予証明書

(撮りためていた画像やメモで過去日記になりますが順次UP。)

6月11日のメモ、画像より

フィラリアのお薬を貰いに行ったついでに 狂犬病ワクチンも接種しようと思っていたら 思いがけず先生から「猶予しましょう」とのアドバイスを受けました。
レディをパピー時代から 現在のDMの進行具合まで ずっと診て下さってる先生だからこその「猶予」のご提案だと思ってます。

狂犬病ワクチン接種は義務なので
高齢犬だから、という理由では猶予証明は発行出来ません。
先生は証明書の理由欄に「変性性脊髄症にて加療中のため」と記入して下さいました。
ホントはDMに対しての治療は無いんですけどね。(;^_^A
DMを発症したことによって これまで無かった問題点が次々と出て来てる状況と やっぱり高齢であるがゆえに 今まで以上に心配事も増えてるわけで。

猶予という結論に至るまで 先生とは色々とお話をしました。
レディの日常の様子から 散歩の仕方、住んでる地域の環境(散歩場所、他犬との関わりetc)
今後の予定=旅行やらペットホテル利用、ドッグラン利用etc(狂犬病ワクチンを接種してないと利用できない場所があるため)

下記画像はクリックで拡大します。(書式は各自治体で違います)
証明書の下部には動物病院の名と獣医師の署名(捺印)があります。
この証明書と接種お知らせハガキを役所に提出します。
*ワクチンを打たない事で何か問題が起きても責任は役所ではなく、猶予証明を出した獣医師が負うという事になります。
m-DSC_2764 (2)

同時に 毎年接種してきた混合ワクチンも今年は見送る事になりました。

残された時間を 健やかに穏やかに過ごすために
少しでもレディの体へのリスクが考えられることは避ける、
これが1番の理由です。

*フィラリアに関しては 寝たきり状態でもカートに乗せてお出掛けしても 蚊に刺されることはあり得るため 今まで通りに投薬します。


追記:
狂犬病を含めワクチン接種の猶予・見送りに関しては 
主治医の指導と飼い主の責任において判断しました。
おススメするわけではありません。



6/3 右前足を吊る事にしました

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

6月3日の画像より

右前足にラバーブーツを履かせて地面すれすれに付くようにして 歩こうとする動きを継続出来るようにしてきましたが 徐々に力が弱くなり 5月になってからは常に宙ぶらりんの状態になり 歩行動作は見られなくなりました。
ある日 右前足のラバーブーツの端っこが車イス前輪に巻き込まれ 車輪が止まってしまったことがあり 右前足を宙ぶらりんにしておくのは危ないと思い 右前足も吊る事にしました。

1年前の5月に 後ろ足を吊る時に作った試作品(失敗作)の袋(小さすぎて使えなかったもの(^▽^;)を利用。

fukuro

右前足を袋に入れて車イスに固定することで 前輪との接触はなくなりました。

mDSC_2769-2




5月末 DM:症状の記録20 寝たきり

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

DMと診断されてから19か月(1年7か月)経過。
(初期症状である左後ろ足の引き摺り(2015/秋)を発症してから2年7か月経過。関連記事はコチラ

  −−−−− ーーーーー

5月末の画像から

前足をバタバタ動かしてベッドから上半身がはみ出すような動きが減り 寝たきりになりました。
時々ソファにもたれるようにして体を縦に(伏せの姿勢)してあげてます。
視界が広がるのでレディも気分転換になるようです。

LL-DSC_2754 (1)


常に横になって寝ているので 床ずれを起こさないように体の向きを時々変えています。
時間を見計らって水皿を口元に運び その都度からだを起こして伏せの姿勢にして支えながら飲ませてます。

食事の時 姿勢の維持がタオルとブックエンドでは支えきれなくなってきました。(タオル利用法はコチラ参照
前足の力がなくなった事に加えて 体がスリムになって(痩せて)しまったため両脇にタオルを入れて体を固定するようにしました。

この時の体重は約7kg (DM発症前は7.6kg)

朝の散歩時に 他のワンコの匂いを嗅いだりしながら オシッコはたくさんします。
ウンチは少量ですが毎日出てます。
でも2日に一度くらいの間隔で 家で寛いでる時に(オムツ着用時)ドッサリと出すようになりました。
自分で排泄してる感覚はまだあるので ウンチが出ると体をモゾモゾ動かしたり クゥンクゥンと鼻を鳴らして知らせてくれます。

食欲は相変わらず旺盛。
耳は少し遠くなったようです。
目は核硬化症(老化現象)はありますが まだ綺麗です。視力も問題なし。
毛色の退色もなく 白髪がほとんどないので 14歳のシニアには見えないね、と言われる美魔女なレディさんです。(*^▽^*)


5/5 ネコちゃんとアイコンタクトw

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

5月5日の写真から

朝の散歩で時々会うご近所のネコちゃん。
お互いに この距離感がベストのようでww
これ以上近づくことなく アイコンタクトで「おはよう!」と
ご挨拶をしています。(*^▽^*)

L-DSC_2751




5/1 ツツジと

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

5月1日の写真から

大きくて立派なツツジ。 オオムラサキって品種かな。
LL-IMG_4904



LL-IMG_4827

凛々しい横顔でしょ。(*^▽^*) レディの目線の先には・・・
数人の人がいてみんな笑顔で見守ってくれてます。
病気に負けるな、頑張れ!って応援してくれます。<(_ _*)> アリガトォ



4月末 DM:症状の記録19 排泄の状況

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

DMと診断されてから18か月(1年6か月)経過。
(初期症状である左後ろ足の引き摺り(2015/秋)を発症してから2年半経過。関連記事はコチラ

  −−−−− −−−−−

昨年末の膀胱炎以来 水分摂取を増やしたので 常時オムツ着用になっています。
オムツに対するストレス(=トイレ以外でする事への拒否感)が 膀胱炎の一因だったのですが
膀胱炎→治療・予防のために水分摂取量増加→オシッコも増量(我慢できなくなり)→オムツで出来るようになった、という不幸中の幸い(x_x;)の経緯で すっかりオムツ犬になりました。

LL-DSC_2659
ウンチだってオムツで出来るわよ byレディ

レディは胃腸が丈夫なようで 今までの犬生で下痢・軟便になった事がほぼ無く、いつも「程よい硬さ」の良いウンチをしてくれます。(処理が楽で大助かり)

現在の排泄の状況:
朝散歩に行くと 他のワンコさんの残した匂いを嗅いだり色んな刺激を受けて オシッコは数回します。
ウンチは 散歩中にお尻をもぞもぞ動かすのが出る合図なので 歩みを止めて出しきるまで待ち 処理してます。
でも 右前足の麻痺が進んだことで、私がリードで車イスを引いて少し前方を歩くので そのお尻のもぞもぞウンチサインを見逃すこともあり・・・
振り返ると来た道に点々とウンチが〜!Σ( ̄ロ ̄|||) という状況も時々あります。(慌てて回収です(;^_^A アセアセ

散歩中にウンチが出なかった時、帰宅後にお尻をシャワーで洗ってるとウンチをすることがあります。
これを習慣づけてしまうと人で言うところの「ウォシュレット浣腸」(ウォシュレット依存症)=自力排泄能力の低下に繋がるらしいので お尻洗いは手短に済ませるようにしました。
いずれ自力排泄不可という時が来るのはわかってるので(T_T) 今はまだ自分で踏ん張って出す!チカラを大事にしたいです。

それと
昨年 膀胱炎になった時に獣医さんから
菌がお尻を守ってるので、洗いすぎると自身がもっている自浄能力、殺菌能力が弱くなるので 洗い過ぎないように」とアドバイスを頂いているので シャンプーなどは使用せずぬるま湯のみで洗ってます。

オムツ着用時にウンチをした時は 前足をバタバタしたり 体を反ってもぞもぞ動いて知らせてくれるので すぐに処理・対処できて助かってます。(*^▽^*)
お尻周りの毛をこまめにカットするようにして 洗い過ぎずに清潔さを保つように・・・を心掛けてます。
大変だけど。。。 p(・∩・)qガンバルヨ


お尻が虎刈りカットになっちゃって・・・
もうプリプリの可愛い桃尻じゃないの(p_q*)シクシク byレディ
LL-0416DSC_2698 (1)

タオルやフロアマットを利用して(詳細はコチラ)右前足は「エア散歩」(空中ぶらり)で 毎朝元気に散歩しています。
レディの左前足の動きと 私がリードで車イスを引く動きを合わせて ゆっくりと散歩してますが 30分程の散歩でも結構疲れるようで 帰宅して朝ご飯を食べ終わると すぐに寝てしまいます。

窓のそば、日向ぼっこをしながら夢の中のレディさんです。
LL-DSC_2658





4/15 左前足に引き摺り症状&車イスの工夫

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

DMと診断されてから3月末で17か月(1年5か月)経過。
(初期症状である左後ろ足の引き摺り(2015/秋)を発症してから3月末で2年5か月を経過。

4月15日の写真と状況の記録です。

3月の下旬頃、右前足の麻痺が進んだために 車イスの車高を上げて右前足は「空中散歩状態」にして足先を地面すれすれにしました。(車イスの工夫その1はコチラ
左前足1本だけで車イスを動かすのは大変なので 私がリードで誘導しつつ1歩1歩ゆっくりの散歩をしていましたが・・・
2,3日前から左前足に引き摺りの症状が出ました。(足先=甲の部分が汚れるのでわかります)
LL-IMG_4099

右前足はつま先で地面に触れる動きのみ
地面に着いてる左前足に頼るので体が左側に傾くため タオルを丸めて体の左側面に入れて対処してましたが 頭部が下がってしまう事は前ベルトだけでは支えきれなくなりました。

車イスに再度工夫が必要になりました。
以前使ってた100均のフロアマットを再利用です。
m-IMG_5901


マットを車イスの前ベルトに乗せて胸全体で頭部を支えるようにしました。
s-IMG_5907


タオルを折りたたんでセット。前方(頭部近く)は小さなタオルをもう1枚下に入れてあります。
s-IMG_5909



引き摺り症状が出た左前足にもラバーブーツを装着。
マットに乗せるタオルで体の高さを調節し(薄物、厚物、2枚重ね等々で)地面に着く左前足への負担を軽減。
LL-0414DSC_2686 (1)


DMという病気は 回復することはないし
現状維持も難しい。
症状が進んでいくのを目の当たりにして落ち込むことが多いけれど その都度なんとか工夫して「楽しく有意義な時間」を 少しでも長くレディと共有したいと思う日々です。


4/4 歩道の芝桜と

(撮りためていた画像から 過去日記になりますが順次UP。)

4月4日の写真から

朝6時過ぎの散歩。 歩道の花壇の芝桜が満開に近い。
今年は色んな花の開花が みんな2週間ほど早いと感じる。
LL-DSC_2677



LL-DSC_2674-2

これからも季節ごとに花と一緒に写真を撮って行こうね。
歩みは遅いけど 散歩、、頑張ろう〜 \(*⌒0⌒)b♪


3月末 DM:症状の記録18 右前足の麻痺

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

DMと診断されてから17か月(1年5か月)経過。
(初期症状である左後ろ足の引き摺り(2015/秋)を発症してから2年5か月経過。関連記事はコチラ

  −−−−− −−−−−

以下は3月末での状態です。

右前足を微妙に引き摺り、足先が汚れ爪が擦れるのでラバーブーツを履かせたのが2017年12月
その後 麻痺が進み2018年2月には 体を支える力がなくなり お座りや伏せ、室内の移動(体を引き摺って動く)も出来なくなりました。
右前足は麻痺しているとはいえ まだ反応はあるし動きます。
両方の前足をバタ足のように動かす事が出来ます。
車イスで散歩に出ると右前足もちゃんと動きます。
でも地面を蹴る動きをしているだけで 実際には力が入ってませんでした。
そして時々 足先がちゃんと元に戻らず 甲の部分で地面を引きずる動きも見られるようになりました。

*麻痺の進行を抑えるために動かすことは大事

右前足(ラバーブーツ装着)を地面すれすれに着くように車イスのベルト類を調節し 少しでも地面を蹴る動きをさせようと考えました。
そのために
車イスの胸のベルトの位置を高くしタオルを巻いて 胸に当たる部分をベルトの幅より広い「面」となるように改良。
首が下がってしまうので 前面の飛び出し防止ベルトの位置を上げてタオルを巻き 支えになるようにしました。
m-IMG_4106

車イスでの体の位置を高くしたことで 右前足はつま先で地面に触れる動きのみとなり 歩くためには左前足のチカラに頼るので 体が左側に傾くようになりました。
これもタオルを丸めて体の左側面に入れて対処しました。

散歩時 前足は左右交互に動いてます。
ただし駆動力は左前足のみ。 右前足は「エア・散歩」状態(^▽^;)
左前足で自分の行きたい方へと向きを変えながらの散歩です。
車イスの前輪キャスター部分に スプレーグリスを差し クルクルと軽やかに回転するよう気を付けてます。

*3月に入ってからは 午後(夕方)の散歩は止めました。


3/29 寒桜と記念写真

(撮りためていた画像から 過去日記になりますが順次UP。)

3月29日の写真から

近くの公園の入り口に大きな寒桜
シャコタンのレディだと満開の花と一緒に撮るのが難しい(;^_^A
L-DSC_2596 (1)


L-IMG_4094


今年も 地味だけど 
レディと一緒に「プチお花見」が出来ました。
LL-IMG_4076


DM発症(左後ろ足の引き摺り)から2年5か月が経過。

3/20 右前足の状態を動画で記録

(撮りためていた画像から 過去日記になりますが順次UP。)

DMの症状の記録の1つとして撮っておいた動画。
3月20日の散歩での右前足の動きです。

両前足が左右交互にちゃんと動いてますが 右前足は内側を向いてしまってます。
地面を蹴る動きはしていますが 車イスを引く力や体を支える力は ほとんど無いようでした。
時々 足先がうまく返らずに甲の部分で引き摺る場面も見られました。
そのため この後 車イスの車高を上げたりタオルを利用して 右前足への負担を軽減するように工夫しました。
詳細はコチラにUP






3/15 巻きタオルに壁

(撮りためていた画像から 過去日記になりますが順次UP。)

3月15日の写真から

右前足の力がますます弱くなり オムツ替えの時(巻きタオルの上に体を乗せた時)に体を支え切れずぐらぐらと不安定になるので ブックエンドを利用して両側に壁を作ってみました。

sIMG_4113

ブックエンドに段ボールをかぶせて体がタオルから落ちないように防ぎ ブックエンド同士は底辺で紐で繋いで 体が傾いてもたれかかっても横に倒れないようにしました。
L-DSC_2586

ちょうどオムツ替えを終えたところ(*^▽^*)
茶色のシートは防水加工シート。(オムツの簡単装着法はコチラ
L-DSC_2594

伏せの姿勢をさせてても 右前足の踏ん張りが弱いので倒れて横になってしまう。
L-DSC_2598

で、前足をバタバタするので 少しずつベッドからずり落ちて移動し 買い物から帰った私をビックリさせてた時期でした。(^▽^;)



追記:
2018年5月 前足のマヒが進み下半身を引き摺っての移動が出来なくなった事と 気温上昇で蒸れ防止もあり オムツカバー着用は止めました。





3/3のレディさん

(撮りためていた画像から 過去日記になりますが順次UP。)

3月3日
この日の日の出時間は6時10分くらいだったかな。
朝散歩に出る時(6時過ぎ)には外は明るくなってましたが
まだまだ霜が降りてて寒い朝でした。
LL-DSC_2518 (1)


家並みの隙間から朝陽が差し込み レディの影が〜 
お・で・ぶ(笑)
LL-DSC_2533 (1)


窓とカーテンの間にベッドを置き 日向ぼっこをしつつお昼寝。
LL-DSC_2543 (1)


*2月末には自分のチカラで「自由に動く(移動する)」ことが困難になった上に オモチャ類への興味、遊ぶ意欲もなくなり 3月に入ってからは寝てばかりの日々になりました。
(前足をバタバタして上半身だけ一方方向にのみ動いていく動作は頻繁に見られました。)
DM発症(左後ろ足の引き摺り)から2年4か月が経過。



2月末 DM:症状の記録17 停座不可室内移動不可

(撮りためていた画像やメモから過去日記になりますが順次UP。)

DMと診断されてから16か月(1年4か月)経過。
(初期症状である左後ろ足の引き摺り(2015/秋)を発症してから2年4か月経過。関連記事はコチラ

  −−−−− −−−−−

1月中旬に車イスを4輪に改造する目安となったのが「散歩中に前足が崩れる」ことと 家の中で「停座の姿勢維持が不安定になった事」でした。
お座りさせても前足がふらつき 数秒間しか体を支えられなくなりました。

その後 右前足の麻痺が進み 1/28の14歳のバースディではお座りしてケーキと記念撮影をすること(ほんの一瞬すら)も出来ませんでした。

停座=お座りが出来なくなったと同時に
伏せの状態から「ほふく前進」のように 前足で下半身を引き摺って部屋の中を移動することもできなくなりました。
そのため自分で水皿まで飲みに行く事が難しくなりました。
水を飲みたくなると動こうとします。が・・・(2月末の写真から)
LL-DSC_2585


前進しようと前足をバタバタして床を蹴る動きをします。が 体は左へと流れてしまいます。
LL-DSC_2582


水分摂取には気を付けていて 時間を見計らっては与えていますが
レディの動きから「水が飲みたい」のを察知して 水皿を顔の近くまで持って行くこともあります。
時々クゥンクゥンと鼻を鳴らして「飲みたいです〜」と知らせることもあります。

前足だけのチカラでは動くことが出来ないのと同様に 踏ん張り(体を支えること)もきかないので オモチャで遊ぶこと(引っ張りっこ等)も、オモチャに対する興味、意欲もなくなりました。

でも!
食欲だけは変わらずあります!(*^▽^*) 
ガツガツと一気食い&完食です。

*2月に入ってからは雨の日の散歩はやめました。
朝ご飯の前の早朝散歩は(雨天・荒天以外)継続していますが 
夕方の散歩は その時々の状態で行かない日も増えました。


追記:
2018年5月 前足のマヒが進み下半身を引き摺っての移動が出来なくなった事と 気温上昇で蒸れ防止もあり オムツカバー着用は止めました。




2/8 オムツ簡単装着法

(撮りためていた画像から 過去日記になりますが順次UP。)

2月8日の写真から「オムツ交換について」

まず巻きタオルの上にオムツを載せて〜
(巻きタオルについては コチラで
mDSC_2539

その上にワンコを跨がせる。こんな感じで。
寝かせたまま交換したり、片方のテープを付けて片足ずつ入れたり等の方法より おむつのピッタリ感が違います。
L-DSC_2552

オムツ交換する際 オムツを外した時に「思わず出ちゃった〜」って事が多々あるので 防水シート等を敷いた方がd(-_^)good!!

(この時期までは)下半身を引き摺って移動していたので
オムツのズレ防止に赤ちゃん用オムツカバーとシャツガーターを利用。(関連記事は コチラ )
L-DSC_2550

シッポのない丸いお尻がさらに真ん丸になってしまいました。(笑)

ズレ防止にはワンコ用のオムツカバー等ありますが どれも高価Σ(゚д゚;)
赤ちゃん用の「ロンパース」がいいよ、とコギ友さんから情報を頂いていたのですが ちょうど季節的(秋冬)に 長袖長ズボンのカバーオールなどの服しか売ってなかったので 普段着ていた洋服を利用。
参考までに:
オムツカバーは2枚セットで1500円くらい。(サイズは60)
シャツガーターは200円〜500円くらい(2個入り)
私は子供用のものをセールで購入したので200円でした。
ちなみに シャツガーターは卒入学や七五三など 子供がYシャツを着る時期に出回るので その時期が過ぎるとセールになる可能性大です(笑)


追記:
2018年5月 前足のマヒが進み下半身を引き摺っての移動が出来なくなった事と 気温上昇で蒸れ防止もあり オムツカバー着用は止めました。




2/5 オムツを変更

(撮りためていた画像から 過去日記になりますが順次UP。)

2月5日の写真から
膀胱炎の再発予防で水分補給を増やしたことによって 当然のことながらオシッコの回数と量も爆増量(笑)
オムツの交換をまめにするようになったので 高価なワンコ用オムツから お手頃な赤ちゃん用のオムツに変更しました。(変更したのは膀胱炎受診後。昨年末から)
シッポがないコギはこれでOK!( ̄m ̄* )ムフッ♪
Mサイズで「テープ式」のものです。
この時のレディの体重は7kg。お腹周りを締めるテープには 
かなり余裕があり、一番きつく留めてもギャザーがあるので締め付ける感じはないです。
s-DSC_2540


omutu-a

ワンコ用は28枚入り。赤ちゃん用は64枚入り。
ワンコ用=楽天で最安値1600円くらい。
赤ちゃん用=近所のドラッグストアで特売時798円
(画像はマ〇ーポコですがメーカーはその都度(特売時に)お安いものを購入してます。)
枚数・価格ともほぼ倍の違い。・・・(゚_゚i)タラー・・・

*参考までに 
 最初にワンコ用のオムツと赤ちゃん用オムツのパンツ式を使った時の記事はコチラ

追記
赤ちゃん用のオムツはお腹側が短いので テープ式、パンツ式どちらも男の子ワンコさんだと オシッコの吸収に難点があるかもしれません。
ワンコ用のオムツがお腹側の丈が長く且つ吸収剤が集中してるのは ♂ワンコのマナーベルトと同様の位置を考えての事だと思います。

2/2 コタツが恋しい

(撮りためていた画像から 過去日記になりますが順次UP。)

2月2日
今年の冬はいつもより寒さを感じます。お天気は良くても気温が低い日が多い。
外がまるで冷蔵庫のように冷え切ってる。
この日は最高気温が4度、最低気温が0度。

寒い日は コタツ布団の上で温もりを感じつつ毛布を被ってお昼寝中なレディさん。
LL-DSC_2404

自分でコタツの中に入れないし 入れてあげると自力で出てこれなくなるからね。
カメラを向けたら 毛布の隙間から「何か?」とチラ見するレディさん。
LL-DSC_2410


顔を出したら・・・


1秒後にピョコンと耳が登場 ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

20171203


人間もそうだけど
筋肉、筋力って 身につけるには時間を要するけれど
落ちるのは本当にアッという間。
家の中では あれもこれもと先に手を出し過ぎずに レディの自力、気力を優先しながら サポートしていこう。
LL-DSC_2414


*この時期は伏せの姿勢から両前足を動かして 下半身を中心に円を描くような感じで動いたり 下半身を引きずりながら ほんの少しの距離の移動のみでした。



infomation
アルバムブログ作ってみました♪
デジカメアルバム・バナー

動画Pick Up

これ以外の動画は下記で見られます。





ブログランキング参加中〜♪


Archives
フリーエリア
free
Profile
レディ
2004年1月28日生まれ
セーブルカラーのコーギー
1歳過ぎからオビ(服従訓練)開始、2歳で訓練競技会デビュー、3歳でアジリティ競技会デビュー。 CDX(家庭犬訓練試験大学科)合格、トレーニングチャンピオン達成済み。 2013年3月でドッグスポーツ・訓練、全ての競技会から引退しました。



↓訓練記録のブログはコチラ


↓ホームページはコチラから


*画像掲示板
  =わんこBBS=

 メールBOX
ココも見てね!
*レディのあたふたシツケ記録

*レディの避妊手術と術後記録

*パピーミルのこと

  

  

  


*レディの育犬日記part1


↑管理人のつぶや記ブログ。


↓このブログのバナーです。


other














記事検索
  • ライブドアブログ