2016年 初期症状での診察の様子を「ヘルニアとDMの狭間で」コチラにまとめました。
DM(変性性脊髄症)発症の経緯と車椅子作製の詳細はコチラにまとめてあります。
症状の記録等はコチラで更新中です。

2018謹賀新年

今年もよろしくお願いします。

ちょっと微妙な「ダイヤモンド・ドッグ」(笑)
LL-IMG_0082


** お知らせ **

ブログの「拍手」に付随してたショートメッセージ機能が、今月末で終了するとライブドアからのお知らせがあったため コメント欄を開けることにしました。 よろしくお願いします。
不特定多数の方がアクセス可能な ブログという特性を考え コメント欄に不用意にアドレスや個人情報に関わるものの記入には どうぞお気を付け下さい。

管理人だけの閲覧には 
右サイドバーに設置したメールBOX(をクリック)をご利用ください。


今年の汚れ 今年のうちに

L-IMG_2164

お尻トリミングで使った100均の折り畳みイスを利用してシャンプーしました。
お腹をしっかり洗うためには 仕方なくお風呂場の床に横たわってもらい
『寝ながらシャンプー』の裏ワザも駆使し(^▽^;)
無事に 今年の汚れを年内に落とし終わりました。
肉球15

この1年 ブログに訪問ありがとうございました。
応援、励まし、アドバイス等々 本当にありがとうございました。
来年も どうぞよろしくお願いします。

皆様 良いお年をお迎えください。

DM:症状の記録15 現在の歩行の様子(動画)

DMと診断を受けてから14か月経過。

11/23に膀胱炎になり 丸1日動けず寝込んでたせいか 一時ヨロヨロ歩きになってたけれど 抗生剤を注射した翌日には食欲も戻り 2日目には何とか普通の散歩状態に戻った。
同時に右前足にラバーブーツを装着。
レディは嫌がらず気にせず、ズリッズリッと引き摺り音を響かせながら元気に歩く。(x_x;) 
まだフラフラと跛行するような状態ではないけれど 左右の前足の出方、足さばきがギクシャクしてるのがわかる。

注:今回動画の音声を消去してないためブーツの引き摺り音が出ます。



家のトイレで排泄が出来なくなった4月以降 雨や台風等々の悪天候でも 毎日かかさず散歩に出て排泄+運動をしてるのに・・・・・

どんなに頑張っても「DM」という病気の進行には逆らえないんだと つくづく感じる。

昨夏 左後ろ足の引き摺りから始まった跛行、そして麻痺へと進んだ経緯を見てきたからこそわかること。

現実を見ると その先が予測できる、と どうしても
どんなに頑張っても。。。の気持ちに行きつく。

挫折感や絶望感に襲われるが 毎日の散歩で顔見知りになった犬連れ以外の方々からも 「頑張ってるね!」 「元気に歩いて偉いね〜♪」 と掛けて下さる声が 今は励みになってます。

(T_T)ありがとうございます。


車イス:クリスマスヴァージョン

アルミのフレームで出来てる車イス。
シルバーと黒(ベルト類)だけのシンプルさでd(-_^)good!!
ですが 季節に合わせてちょっと可愛くデコったりしてます。
車イス生活だって大いに楽しまなくちゃ♪ 
レディの大事な足、マイカーだものね。

100均のマスキングテープと 家にあったクリスマスのオーナメントを使います。
s-DSC_2454

ネックの部分は緑のテープで
m-DSC_2457

サイドには赤いテープでアクセント
m-DSC_2459

オーナメントは針金が付いてるので レディの体に当たらないように 車イス本体ではなく リードに装着。
m-DSC_2460


トナカイのコスプレで車イスを引くのかと心配してた、かのようなお顔のレディさん(笑)
m-DSC_2465

そうか!その手があったか〜! って さすがにそこまではやらないから安心してね。(≧m≦)


メタセコイアとイルミ

紅く色づいたメタセコイアを見にお出掛け。
LL-DSC_2414 (1)

だいぶ葉が落ちて ちょっとスカスカな並木道 (^^;)

それでもカエデ等とは違う大木の紅葉は見応え抜群!
L-DSC_2419

木立の中を ゆっくりたっぷりお散歩。
LL-IMG_2908


たくさん歩いたので 無理せずカートに乗せて 次は公園の噴水周囲のクリスマスのイルミネーション(昼間なので飾りの様子)を見て回った。
LL-DSC_2432

ミッフィーちゃんやドラえもんもいるよ。
LL-IMG_2942

日差しを浴びてカートに揺られていると 自然とオメメが閉じていく〜(笑)
LL-DSC_2446

残念ながら点灯する夕方まではいられず帰宅。

もうすぐクリスマスだね。



DM:症状の記録14 右前足にラバーブーツ

11月30日
DMと診断されて13か月が経過。

膀胱炎で臥せっていた事で 前足の筋力低下を目の当たりにした後 少しずつ散歩距離や時間を延ばし ようやく以前の歩き方に戻った、かと思いきや・・・

少し前までは時々前足がガクンと崩れることが気になっていたが、ここ最近右前足の爪の 地面を引きずる音が顕著になった。

右前足だけ甲の部分が黒ずみ汚れる。そして爪の外側が斜めにすり減っている。
L-textIMG_2846

いよいよ前足にも・・・(T_T)

出血したり怪我をしたりする前に
後ろ足に使用してたラバーブーツを再度登場させ 使用することにした。

あらかじめ擦り切れやすい(破れて穴が開きやすい)場所に 自転車パンク修理用のパッチを貼り補強し(下記参照) 100均の「結束用マジックテープ」をブーツの上から巻いて脱げにくくしてみた。
s-DSC_2433


レディの良い所は お初のモノを嫌がらず平然と受け入れてくれるところ。
本当に この大らかな(大雑把な?w)性格には色々な面で助けられている。
L-IMG_2962


いずれ前足の麻痺も進む。

DMと診断された時に頂いたアドバイスに
「運動を継続している方が自力での歩行可能な期間が長くなる。散歩(運動)の主な目的は筋肉の萎縮を抑え,症状の進行を予防すること。」

ゆっくりでもいい。
自分の足、自由に動く残された前足で 好きな方向へ好きなだけ歩いほしいと思う。


今は市販のオヤツ類以外 好きなものを食べさせつつ前足へ負担が掛からないように 体重を管理中。
現在7.3Kgくらい。
洋服はダックスのLサイズでOK。オムツもシーズー・ダックス用のMサイズを使用。
m-IMG_2981

体重は(数字的には)ドッグスポーツ競技の現役時代と同じだけど 筋肉がごっそり落ちてるので 抱っこした時の感触が全く違う(ノω・、) ウゥ・・・ 


年が明けたら14歳。 元気に迎えようね。


*前足には狼爪があるので 後ろ足よりもラバーブーツが履かせにくいです。

手早く履かせるために
・ラバーブーツを手早く履かせる工夫は コチラ
自転車のパッチの貼り方は
・ラバーブーツの修繕の記事にUP コチラ




血尿が出た!

11月23日のこと

朝の散歩を終え いつも通りに過ごしていたのに 午後から少し元気がないように見えた。 
水をたくさん飲み 夕方オムツに大量の尿をする。
そして少量ながら血尿が混じり 尿の臭いがきついと感じる。 夕方の散歩は中止。
食欲不振、夕食に全く口を付けず。 ぐったりと横になったまま。 首を上げることもしない。
急性腎不全?尿毒症? 色んな病名が浮かんできて不安に駆られる。
祝日のため病院は明日朝一で行くことにし
この夜 レディを初めて私たちと一緒の部屋で寝かせる。川の字になって。
夜中に何度も容態を確認しつつ朝を迎えた。

明朝朝一で受診。
診断結果は膀胱炎。
抗生剤と輸液を注射してもらい帰宅。

画像は24日 病院から帰宅後の様子。注射が効いたのか ぐっすり寝てる。(凄い寝相w)
L-DSC_2396

膀胱炎の原因としてあげられる以下の項目
・細菌感染
・加齢
・体力の低下
・排尿を我慢し過ぎる
・ストレス

加齢と体力の低下は仕方がないが それ以外では
オムツ着用になったことが引き金になったように思う。
今までは 寝起きや体勢を変えた時などに 思わず出てしまう「お漏らし」程度のオシッコと 腸のぜん動運動による コロコロ小さなンチがポロリと出てしまうくらいしか オムツを汚すことがなかったレディにとって
「さぁオムツしたから ここにしてOKだよ」って意味が通じるはずもなく。
ただ単に 体に異物を装着され動きにくいだけの代物のオムツが ストレスになっていたという事。
そのストレスから免疫力の低下も引き起こし なおかつ コロコロのンチがオムツの中を転がりお尻周りの毛を汚して不潔な環境になっていたこともあった。

オムツしてるから安心、これは部屋を汚されず安心という人間側の思い。
いかにお互いが気持ちよく快適に過ごせるか・・・介護の場は 人もワンコも同じだと反省。


この日の夕方には こんなにしっかりと首が上がるようになった。
LL-DSC_2395

表情にも元気が戻ったのを感じる。
夕食をしっかりと食べてくれたのが嬉しかった! 
お水もゴクゴクと飲み 夕方のオムツ替えの時には もう血尿はなく オムツにたっぷりと排尿も出来てたので褒めまくった。
膀胱炎になったことで 結果的には排尿を我慢せずにオムツですることを体得出来たわけだが。(-。−;)


11月25日
具合が悪くなってから一日半、散歩に行かず動けず寝てばかりだった。
この日 朝の散歩に出て愕然とした。
最初の1歩が出ない。上手く歩けない。ギクシャクした動き。
歩くチカラが落ちてるのがハッキリわかる。
たった一日半 病に伏せてただけなのに・・・

体力を戻さないとね。


DMとの闘い、DMとの付き合いの 新たなドアが開いた感じがした。



虎刈り段々畑なコギ尻カット (-_-;)

11月15日

100均で購入した「折りたたみ簡易チェア」
耐荷重は一応50kgになってるけれど 踏み台として(中央部分に足で乗って重さが集中する事)は使用不可になってる それなりの商品です(笑)
x-s-IMG_2186

が・・・ これ おうちトリミングで大活躍! 後ろ足で立てないのをサポートしてもらいます。
L-IMG_2174

オムツを頻繁に汚すことはないレディですが
たまにコロコロなンチがオムツの中で転がり(^▽^;) 
お尻の毛が汚れることしばしば。
そこでお手入れを楽にするために ボサボサだった毛をこれまた100均のヘアカットはさみで「なんちゃって桃尻&短めヴァージョン」にします。

ビフォー
L-IMG_2177

アフター  ちょっと虎刈り(笑)段々畑カット(≧m≦)
L-IMG_2179

画像じゃわかりにくいけれど かなり短くしてます。
触ってもフワフワ感なし。 
筋肉も落ちたせいでお尻周りの骨がもろに手にあたります(ノω・、)

ももの内側の毛も同時に短くカット。
オムツ生活を快適にするために・・・ 色々試行錯誤中。

照る犬

雨と台風の印象が残った10月が終わりました。
台風の後の月末に 久々に快晴の日が続き気持ち良かったです。

♪ あ〜きの ゆ〜う〜ひ〜に〜
LL-DSC_2215 (1)

照〜る〜犬 レディ〜 ♪
LL-upDSC_2214 (1)

日の出時間が8月1日と比べて1時間ほど遅くなったのと反対に
日の入り時間は2時間も早くなってきました。
夕方5時にはもう日没。
夏の間は19時でもまだお散歩可能だったのにね(-。−;)

日暮れに追われるように散歩してる今日この頃です。





DM:症状の記録 13 診断から1年

2016年10月24日にセカンドオピニオンで診て頂いた先生から DMとの診断結果を受けて 今日でちょうど1年が経ちました。

LL-IMG_2576

夏の間オムツをせずに過ごせたけれど ここのところ失敗続き。
常時オムツ着用となりました。
カーペットを厚手のものに変え 例年より少し早目だけどコタツも出したので、ね。(^▽^;)
LL-IMG_2580

ウズラ卵みたいなコロコロのウンチが オムツから零れ落ちるのを防ぐために ガムテ使用!ww 
L-aIMG_2581

前足の力が弱くなってるようです。
大好きなコタツの中へ入っていく力はありません。
散歩でも時々前足がガクッとなることがあります。

そこで
車イスに直接リードを繋げるように 左右のフレームに(100均で買った小型犬用(SSサイズ)の首輪を2個、解体して利用)Dカンの付いたものを装着。
m-IMG_2597

これにリードを繋いで短く持つと 前足がコケても胸と腹部のベルトで支えられ 上半身が沈み込むのを防げます。
レディは私の左側について歩くので(脚足歩行)リードを短く持っても全く違和感なく歩けます。
リードでずっと吊り上げて歩くのではなく あくまでも前足の力を使って歩いてることへの補助です。継続した運動が 麻痺の進行を抑える(遅くなる)ことになるので。
m-IMG_2603

今まではハーネス着用で車イスに乗せていましたが ハーネスのリードを引き上げレディの体を持ち上げるようにすると 車イスの肩パッド(レディの首元・肩の上側を覆って車イスに接続する部分)がレディの体に当たってしまうので 車イスごと持ち上げるようにしてみた次第。 ハーネスを付ける手間も省けました。



1年前 診察の前に病院の周りを散歩しました。(排泄のため)
ふらつきながらも自力歩行出来てたんですよね・・・

あっという間の1年です。



台風なので時短散歩で

朝6時。 まだ雨も強くないし風もない。
さぁ今のうちに、と散歩に出発!
台風接近中なので 家の周辺をぐるりとするだけのショートコース&短時間の散歩だけど(^▽^;)
x-L-DSC_2291

あちこち匂いチェックもしたし気分転換にもなったね。
夕方の散歩までは このくらいの雨で済みそうな感じ。(ー。ー)フゥ

関東地方は 今夜半〜翌早朝に台風が最接近する予報。(>O<)
明日の朝はちょっと様子見、時間をずらして カッパを着ずに散歩が出来るといいんだけどな〜





触らぬ猫にパンチなし

先日の朝の散歩での一コマ

交通量の少ない住宅街の道路で 白猫さんが おくつろぎ中
通りかかったレディさん。ジッと見つめ心の中で叫んでみるw
jpg-text


凄い形相の白猫さん。
jpg-txst

このあと背中を丸め毛を逆立て威嚇のポーズ ・・・(゚_゚i)タラー・・・

お呼びでない?
こりゃまた失礼しました〜 とレディ共々 即退散!(≧m≦)

久々に晴れた朝ヽ(^◇^*)/

朝6時。 公園の中の木立の間から眩しい朝陽。
久しぶりの太陽。気持ちイイね♪ たくさんお散歩しようね。
L-DSC_2262

泥除けエプロン、カッパ、足ブクロ 毎日出番お疲れ様でした。w
m-DSC_2282

綺麗に洗って乾かして・・・
また明日から雨予報だけど(>O<) 
『カッパ犬』 は頑張るよ〜p(*^-^*)q


DM:症状の記録 12 便秘の心配

DMと診断されてから11か月。

後ろ足がダラリ〜ン
あらぬ方向に向いてしまいます。
で、この体勢のまま前足で体を引き摺り移動するので 後ろ足の向きが更に明後日の方向に開いていきます。
ちょっとオカルトちっく、ホラーな姿で 見ている私たちはギョッとしてしまいます。
レディ自身は どんな格好になってても 痛くも痒くもないんですが。飼い主がそんな恰好を 見てられない〜 って感じです。
L-DSC_2216

今月に入ってからウンチの回数と量が減ってます。
立ち止まって排泄の姿勢を取らずに 小さいコロンとしたウンチを ポロリと1個ずつ 歩きながら点々と落としていく事が多いです。
内臓=消化機能はまだ大丈夫ですが 下半身全体の麻痺が進んでるようなので 排泄の際の踏ん張り姿勢(イキむ=腹筋を使う)が上手く出来なくなくなってるんじゃないかと思います。

体を動かすと腸にも刺激がいって、イキまなくても腸の動き(蠕動=ぜんどう運動)で腸内のウンチを少量ですが押し出すことが出来るそうです。
だから寝起きやブラッシング、シャンプー後などに 思わずポロッとブツが出ちゃったりするらしい。(^▽^;)
でも その腸の動きで押し出されるウンチの量は少量なので いずれ便秘の心配に繋がると思ってます。

今まで13年間で 下痢や軟便になった事は2~3回ありますが、
便が出てない!便秘?という経験がないです。
今度 獣医さんに相談する予定です。





日の出が5時半になりました。

8月末の頃より日の出の時間が30分程遅くなりました。
気温も8月は早朝でも25度前後あったのが 今は18度くらい。

公園の中を散歩していたら 住宅街の間から朝陽がパァ〜っと差し込んできたよ。

まぶちぃ〜〜 
LL-DSC_2250

ワンコにも人にも 過ごしやすいイイ季節です。

遺伝性疾患で苦しむワンコを減らすために

はじめに少しだけ解説(注:かなり大雑把ですm(_ _"m)
ーーーーーーーーーーーーーーー
近年コーギーでの発症頻度が高いDM(変性性脊髄症)は 
未だにはっきりと解明されていませんが DMの原因と考えられる遺伝子変異は見つかっています。
この変異した遺伝子が変異タンパクを作り これが神経の変性を引き起こすと考えられていますが、まだ詳細なメカニズムは明らかになっていません。
両親犬の両方がこの変異遺伝子を持っていると 生まれたコは平均10歳前後でDMを発症するようです。
ところが変異型遺伝子を受け継いでもDMを発症しないコーギーもいるので 現在研究が進められています。

ーーー−−−−−−−−−ーーー


レディはペットショップからお迎えしたので ブリーダー出身のコのように 親兄弟姉妹の情報や親戚など血縁のコーギーが 何頭いて何処にいるのか等々の詳細がわかりませんでした。
そこで2005年に「こーの部屋」という犬の親戚探しのサイトに登録してみました。(血統書を手入力=結構大変でした)
その時に レディの父方の曽祖父の繋がりでの親戚犬が 結構いらっしゃいました。
ただ 当時はHPやブログ等を開設してる方が少なく レディの親戚犬がいた!\(^_^)/と知ることのみでした。

2016年10月 レディが遺伝病と言われているDM(変性性脊髄症)と診断された時 レディの血統に原因遺伝子があったことにショックだったのと同時に 親戚と判明していたコーギーたちは どうしてるだろう?と心配になり 11年ぶりに「こーの部屋」(親戚探しサイト)に行って見ると サイトは閉鎖、消失していました。

そういえば! と思い出したのは・・・
5年くらい前(レディDM発症前)、コギ友さんとの話の中で 岐阜大学で「DMの遺伝の情報収集」のため DMを発症したコーギーの血統書を集めてるらしい、と聞いたことがあったのです。
DMの原因遺伝子を持つコーギーの情報として役に立てるなら協力したい、と思い 岐阜大学へメールで問い合わせをしてみました。(2017年1月のこと)

すぐに岐阜大学:神志那弘明先生からお返事を頂きました。
『血統書単独の収集というのは現在行なっていません。(中略)
DMの子が減り、DMの子の治療法が見つかることを願い、研究を進めているところです。』 とのことでした。 コチラ

う〜ん 残念。
交配を辿れる情報が満載の血統書、これを利用し役立てることは出来ないのだろうか?
DMと診断されたコーギーの血統書をデータ化し 原因遺伝子を持つコーギーの情報が事前にわかっていれば その血統を継いだコーギーは交配させない、繁殖に使わない、そうすればDMの発症を限りなく減らせることに繋がるはず。

レディの血統書の一部分。(クリックで拡大)
LL-IMG_8283
(訓練試験合格等で何度か更新してるので DNA登録番号と
CALL NAME:レディが記載されてます。)


モヤモヤとしていた時に とあるサイトの存在を知りました。
 PEDI (ペディ:親戚探しのサイト)です。 コチラ

このサイトの概要抜粋(基本は親戚犬探しです)
ーーーーーーーーーーーーーーー
*血統書に記載されている約10文字の登録番号を入力するだけなので簡単かつ誤入力が防げる。
*血統書のリンク機能で、遺伝病と診断された犬の情報を、ブリーダーやペットショップ、血縁関係のある兄弟等を迎えた他の飼い主で共有できる。
=遺伝性疾患を持つ犬の交配を“未然に”防ぎ、遺伝性疾患を持つ犬の割合を減らす事に繋がる。

・同じ遺伝子を受け継いだワンコを迎えた飼い主に情報を伝えることができる。
・愛犬が将来遺伝性の疾患にかかるリスクを早期に知ることができるようになる。
ーーーーーーーーーーーーーーー
PEDIのオープンは2016年4月で 当初の登録頭数が2000頭。
現在はもっと増えているでしょう。
ざっと見たところ 遺伝性疾患のワンコの登録は少ないようです。
レディの親戚犬は今のところ確認できてません。

レディのプロフです。 クリックで拡大
登録の項目に遺伝性疾患の有無や病院(かかりつけ医など=任意項目)があり レディには右上に「遺伝性疾患」と明記されています。
pedi-touroku

親戚探しで登録したけれど レディの場合、親戚が見つからない方がいいのかも・・と(-。−;) なんか矛盾してるけど。そんな複雑な心境でいます。


遺伝病と言われるものは 血統をもとに防ぐこと、発症を減らすことが出来るはずです。
遺伝性疾患で苦しむワンコがいなくなりますように!と願わずにはいられません。






すっかり「カッパ犬」w

DMを発症するまで 雨の日はお散歩してなかったレディさん。
両後ろ足が麻痺し、室内トイレが出来なくなってからは 雨でも排泄のために外へ〜。 おかげで今じゃすっかりカッパを着こなすワンコになりました(笑)
フードが「姉さんかぶり」みたいです。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
x-x-LL-DSC_2220





ワンワン ブーブー

よちよち歩きの女の子がレディを見て
「ワンワン ブ〜ブ〜」と言いました。

そうだよ〜 マイcarでドライブ(お散歩)してるんだよ〜(*^▽^*)
LL-IMG_2042



緑のコキア

歩道の花壇にコキアが並んでる。
これから少しずつ紅葉が始まるよ。来月中旬〜が見ごろかな?
LL-2DSC_2211

真っ赤に色づいたコキアと一緒に またここで写真撮ろうね。


痒い所に・・・届かな〜い

DMで後ろ足が麻痺してて動かないので・・・
頭や耳のあたりをカキカキする、脇腹などをカキカキする、今まで普通にやってたそういう動作が出来ない。(-。−;)
痒い所に手が(足が)届かな〜い! という現実(x_x;)

時々こうやって 耳の下やお腹周りをカキカキしてあげると
気持ち良さそうなイイお顔になり 止めると催促します。(*^▽^*)
x-m-IMG_1908

「あ、そこそこ。その辺りを重点的にお願いします」 by レディ


朝散歩は花を見ながら

7月末に撮った画像ですが
「アメリカフヨウ」の前で。 大きくて真っ白な花が爽やかで綺麗!
20170713-2

歩道の花壇には 大きく丸く「ガウラ」が咲き その中心部分には
薄紫色の「アガパンサス」がちらほらと。
意図して植えた訳ではないはずなのに まるで誰かが「生け花」をしたかのような 見事なコラボレーション(o^-')b グッ!
20170715-1

こっちの歩道の花壇では 徐々に、でも確実にwはみ出して勢力拡大(笑)してきてる「ほふく性のバーベナ」が。
こちらは小さいけれど真っ赤な花が鮮やかで綺麗!
IMG_20170729-2

毎朝 花を見ながら ゆっくりゆっくり 
レディのペースでお散歩してます。

DM:症状の記録 11 前足の状況と排泄の様子

DMと診断されてから9か月

前足の力が弱ってきた。(ノω・、)
以前は車イスの後輪が石などにぶつかっても 前足の力で強引に乗り越え前に進んでいたけれど 2週間ほど前から ちょっとした障害物にぶつかり車イスの動きが止まると 前足がこけてバランスを崩してしまうことが数回見られた。
前足の麻痺が 少しずつ始まってるのかもしれないと感じる。
力強さがなくなり歩行のスピードが落ち 疲れやすくなった。
家の中でも お座りの姿勢をとる事が減り 常に伏せの状態でソファやテーブルの脚に寄りかかっている。 そしてすぐに横になり寝ている事が多い。

伏せの姿勢をさせて写真を撮っていると 体が左側に傾いていくので頭、上半身を右に傾けバランスを取ってる感じがわかる。
IMG_1951-2

家の中で 以前は体を引きずりながらでも あちこち移動していたけれど 今はスムーズに動かない。
下半身の重みを前足で支えるのが大変そう。

食欲もあり元気だし遊びたい気持ち満々なのに 動けない。
やること(出来ること)がないから・・・
前足を舐めてしまう。

少し茶色く見える=よだれヤケ。
まめに洗って これ以上ひどくしないように気を付けないと。
s-IMG_1953


・排泄のこと。
オムツを付ける事にしたのが6月の中旬。
その後 月末までの2週間の間に 朝、濡れていた事が3回あったのみ。
7月に入ってからは 昼間はオムツ無しで過ごし 夜寝る前に装着、朝まで漏らさないで1か月が過ぎた。
でも 排泄がちゃんとコントロール出来てる訳ではなく シャンプーの後やブラッシングの後、爪切りの後などでは 必ずと言っていいほど お漏らししてしまう。
それはチッコ・ンチ、大小問わずで さながら「出物腫れ物ところ選ばず(嫌わず)」状態。(゚_゚i)
(なので ちゃんと対応・対策してますw)

チッコなら何となく出ちゃう、漏らしちゃうのはわかるんだけど
ンチって いきんでないのにポロッと出てしまうものなのか?

先週あたりから 朝イチでオムツを確認すると チッコで濡れてないけど小さいコロッとしたブツが! 少量だけどンチが出てしまってる事がある。
(x_x;)機能低下を実感させられる日々。

・散歩での排泄
チッコもンチも 一瞬立ち止まって出すけれど 出し終わった感覚が鈍くなってるのか まだ出てる最中に歩き出すので「垂れ流し」状態になる。
道にダラダラ〜&点々と排泄ブツが・・・(>O<) 
慌てて車イスを止めて出させる毎日。


DMという病は残酷。
頭や目、耳、鼻も内臓も 気力も体力も まだまだ元気なのに 
思うように体が動かない。 動かせない。
マッサージしたって 食事に気を付けたって 
どんなに万能なサプリを飲んだって 症状は改善はしない。
進行していくばかり。
有効な治療や薬を探してみよう、という気持ちになれないのは悲しい。

私たちは見守るだけ。
何もしてあげられないということは
 
辛いよね。

痛みがないことだけが唯一の救い。







ラベンダー山へ

しらさぎ公園のラベンダー山へ

ラベンダー祭り(6月末で終了:行けなかった(x_x;)シュン)の会場から少し離れた場所にあるので、まだ刈り取られてないだろうな〜と思ってお出掛け。d(-_^)
到着してみると 最盛期は過ぎてたけれど まだまだラベンダーがいっぱい!(= ̄▽ ̄=)V やったね
LL-IMG_1830
ここから先は頂上に向かって傾斜がきつくなってるので カートに乗せて押して行くより 車イスごと抱っこした方が早い。

あっという間に頂上♪ ラベンダーの香りが下の方から頂上に向かって来てるみたい。イイ香りがいっぱい!
一番大きなラベンダーの前で記念撮影。
LL-IMG_1817

下りてから側道で写真を撮ってたら・・・
LL-IMG_1841
植木用の大きな電動バリカンを持った方たちが数名いらっしゃった。
これから刈り取るとの事。

お〜!間に合って良かった〜 (*^-゚)vィェィ♪

ブルーベリーde千昌夫&鼻パク(動画)

我が家のブルーベリーの木が 今年も豊作♪
次々と実がなり これが2回目の収穫。
20170609-5

毎年恒例、オデコに乗せて「千昌夫」ごっこ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
20170609-text

モデル業が終わったら これまた恒例、「鼻パク」でパクっとなw
ブルーベリーは小さい実なので ちょっと難しい。
シニアになっても まだまだ上手に出来るよd(-_^)



朝採れの大粒フレッシュブルーベリーは そのままヨーグルトのトッピングで頂いて 残りはジャムにしました。
1回目と2回目は たっぷりと収穫出来たけれど その後は毎朝少量ずつ熟した実が採れます。
その都度レディにもお裾分けしちゃうので(^▽^;)
ゴチな朝となってます。 (= ̄▽ ̄=)V やったね byレディ

オムツのお世話になることに

ここ数日でお漏らしの回数が増えてきたので オムツのお世話になることとなりました。(T_T)
お試しで購入してあった ワンコ用と赤ちゃん用。
s-text25c4ff7e

赤ちゃん用オムツ
・安い! Mサイズパンツ型58枚で1000円前後
・股上が浅く(赤ちゃんのおへそが出る)オムツ全体に吸収剤があり厚みがある
・ウエストのギャザーが緩め、調整出来ない
ワンコ用オムツ
・Mサイズ28枚で1600円前後
・お腹側だけに吸収剤。股上が深くシッポ用の穴がある。
・パンツ式ではなく何度も付け直し出来るテープ式

注:赤ちゃん用のオムツにもテープ式のものはあるけれど どれも大量のパック品になってしまうので 今回はお試しって意味でなるべく少量のもの=パンツ式のものを購入。

ワンコ用オムツにあるシッポ用の穴。 コーギーには無用なので記念に鼻先を入れてみました〜(≧m≦)ぷっ!
s-IMG_1730


さて本題。
オムツの穴にシッポを入れることで履かせる時の(テープを留める際の)オムツの位置を決めるのが簡単。履いた後もシッポで固定してくれるのでズレ防止、脱げ防止になる。
でも・・・シッポのないコーギー (>O<)
とにかく「ズレて脱げない」ための工夫が必要となる。
市販されてるワンコの介護用おむつカバーは良品だけど高価。
そこで利用したのが もう着なくなったワンコ服。
001

白い文字の部分に縫い目が来るように白糸で縫えば 小学生並みの私の運針力でも目立たずラッキー(笑)

そして秘密兵器(笑)がコレ。 子供用のシャツガーター。
衣料品の量販店で200円くらいで購入。
s-IMG_1717

赤ちゃん用のオムツを装着した様子(右側にも付いてます)
s-IMG_1721

ワンコ用のオムツを装着した様子(座っても動いても大丈夫)
m-IMG_1738

ワンコ用のオムツはテープ式なので 留める位置がポイント
s-text-db6ac7e3


s-text-96d5fd96

テープの上から挟むことで 下半身を引き摺る動きにも テープが外れるのを防止出来る。

試してみてわかったことは
赤ちゃん用のオムツは股上が浅く ウエストギャザーが緩めで調節が出来ないため シャツガーターでしっかり挟んでいても 引き摺って動くと足が抜けて脱げてしまう。
オムツはシャツガーターに挟まれたままで 足だけ脱げた状態。
まるでオムツが洋服に付いてるポシェットのようだった(笑)
お腹側にもサスペンダーのようなものを付ければいいのかもしれない。(寝てる時や動きの邪魔にならないようなイイものがあれば・・・)
市販の介護用のおむつカバーを利用すれば 赤ちゃん用のオムツでも大丈夫だと思う。

ワンコ用のオムツはウエストをテープでしっかりと絞めてるので 脱げることはなかった。
今はこのシャツガーターを使った簡易ズレ防止服を使って お漏らし対策にすることに。

赤ちゃん用のオムツは・・・
動けなくなったら
寝たきり状態になったら 使えるかな (ノω・、) ウゥ・・・  

DM:症状の記録 10 右後ろ足の麻痺の進行とお漏らし

左後ろ足の麻痺が先だったので 常に左側のお尻を床につけて前足と右後ろ足を使って 室内を移動していたけれど 右後ろ足の麻痺も進み とうとうお尻全体が床についたまま 前足だけで体を引きずりながら やっと移動する状態になった。
s-IMG_1740
右後ろ足も この状態のまま動かない。

例えば
お水を飲みに行こうとして動いた時や
昼寝から起きて移動しようとした時、
体を動かした弾みでオシッコが漏れることがあった。

とうとう そういう時期が来たのか・・・(T_T)

早目に対策をするべく お試しで購入してみた。
s-6c88466f

どちらも一長一短。
オムツのずり落ちを止めるシッポがないコーギーには 色々と工夫も必要。 それに関しては次のエントリーで。

6種混合ワクチンとフィラリア

動物病院へ
診察台からの乗降を考え 車イスじゃなく わんわんカートで。
335bb9f9

さて 混合ワクチン
今年は5種+レプトスピラ症(去年は5種+コロナウィルス感染症)
1年おきにこの2種を入れ替えて6種の混合ワクチンを接種。

体重は 7.4kgでした。(去年は7.7kg)
DM発症後、散歩時間(運動)が減ってしまったので 太らないように気を付けてたけれど 動けない分 筋肉が落ち・・・
両後ろ足、特に太もも辺りとか妙にホッソリしてしまって(ノω・、) ウゥ・・・哀しいね。

フィラリア予防は ハートメクチン錠。
5月末〜11月末までの7回分。

先生との問診で
「急に暑くなったけど 食欲落ちてませんか?」の問いに
「いつもガッツリ、完食です!」と即答(≧m≦)

だって コーギーですから〜〜 ( ̄∀ ̄*)イヒッ

バラ祭り

混雑を避けて平日に行って来た。
LL-IMG_1664

ワンコは抱っこかカートに乗せれば入場OK
(大型犬は残念ながら入場不可
LL-IMG_1667

品種に「レディ」がついてるバラもあるよ(*^▽^*)
LL-IMG_1681

レディエックス
LL-IMG_1685

レディローズ
L-IMG_1693

レーシーレディ
L-IMG_1697

たくさん写真を撮ったはいいけれど 品種が多く後から画像見ても何というバラだったのか わからないもの多数(笑)
LL-IMG_1658

一通りバラ園を眺めた後は 
隣接する多目的広場、芝生の上でのお散歩。
LL-IMG_1709

DM:症状の記録 9 (動画)後ろ足を吊って散歩

先日作った足袋(タビじゃなくてアシブクロw)を使用して 
両後ろ足を吊っての散歩開始。

ズリ〜ズリ〜とラバーブーツを引き摺る音がなくなり 車イスの車輪も軽快に動く。
後ろ足の引き摺りが 予想以上にブレーキになってたのを実感する。

ただ
排泄の姿勢を取った時(背中を丸めてお尻を下げる姿勢)後ろ足が地面についてないので 少々不安定。
前足が少しでも動くと 車イスごと動いてしまう。
前進しながらorバックしながらwの排泄になることもある。

後ろ足の引き摺りによる前足への負担がなくなったのは 本当によかったと思います。

DM:症状の記録 8 足袋製作

先日のエントリーに拍手・コメント欄で情報を下さりありがとうございました。
私はSNS関係(インスタ・FB等々)をやっていないので 残念ながら拝見することが出来ませんでしたが、お気遣いに感謝です。今後もよろしくお願いします。

 −−−−−  −−−−−

足袋(タビじゃなくてアシブクロw)のイメージから「大体こんな感じ?」と ざっくりと採寸して作ってみたら 案の定・・失敗(^▽^;) 足を入れて水平に吊るにはいいんだけれど 縦に吊る(歩行動作をする)には小さ過ぎた。
9s-IMG_1623

作ってみると車イスへの取り付け方や レディの足に装着する手際など 実際にやってみて気づくこともあり 既存の足袋の形を変えて作ってみることに。
1s-IMG_1570

マジックテープを使ってレッグリングに付けることで 車イスに乗せると同時に足袋に足が入る形にしてみた。
2s-IMG_1573-2

試作品は普通のコットン生地 →丈夫なデニムに変更。
レッグリングに取り付ける部分と 全体的に少しスリムに手直し。
3s-IMG_1603

デニム生地だけだと味気ないのと 女子力アップを狙って(?笑)小物も一緒に作ってみた。が、白い生地に黒糸(^▽^;) ミシン糸の変更をせず一気に作る。面倒臭がりがバレる(爆)
4s-IMG_1599


5s-IMG_1606-2


6s-IMG_1610


7s-IMG_1614


ss-27c58bac足袋を装着したまま玄関でスタンバイの車イス。

ラバーブーツを履かせる手間がなくなり 飼い主すご〜く楽ちんになりました。
レディにとっても 後ろ足の引き摺りがない分、車輪の軽快な動きだけで進めるので 前足への負担が減少。



L-textIMG_1705

「安心してください。ちゃんと散歩してますよ」
byとにかく明るいレディ ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


おまけ
適当に作り過ぎて失敗したモノは
めでたくデジカメ入れに転用することに♪
99s-f603f335


後ろ足を吊って散歩してる動画を現在編集中。
後日UP!

infomation
アルバムブログ作ってみました♪
デジカメアルバム・バナー

動画Pick Up

これ以外の動画は下記で見られます。





ブログランキング参加中〜♪


Archives
フリーエリア
free
Profile
レディ
2004年1月28日生まれ
セーブルカラーのコーギー
1歳過ぎからオビ(服従訓練)開始、2歳で訓練競技会デビュー、3歳でアジリティ競技会デビュー。 CDX(家庭犬訓練試験大学科)合格、トレーニングチャンピオン達成済み。 2013年3月でドッグスポーツ・訓練、全ての競技会から引退しました。



↓訓練記録のブログはコチラ


↓ホームページはコチラから


*画像掲示板
  =わんこBBS=

 メールBOX
ココも見てね!
*レディのあたふたシツケ記録

*レディの避妊手術と術後記録

*パピーミルのこと

  

  

  


*犬の乳酸菌 モニターレポ

*レディの育犬日記part1


↑管理人のつぶや記ブログ。



↑レディの写真でジグソーパズル


↓このブログのバナーです。


other














記事検索
  • ライブドアブログ