このエントリーをはてなブックマークに追加
    a
    1
    :2016/05/23(月) 17:02:04.95 ID:
    「きみがカップ焼きそばを作ろうとしている事実について、僕は何も興味を持っていないし、何かを言う権利もない」――。
    こんな回りくどい書き出しで始まる「村上春樹風カップ焼きそばの作り方」がネットで大きな話題になっている。

    村上春樹の「書き癖」をうまく抽き出し、短い文章の中に押し込んだこのネタ。
    投稿後に大反響を呼び、江戸川乱歩や夢野久作といった他の作家のバージョンも作られ始めた。

    1週間余りで3万3000回リツイート

    この文章がツイッターに投下されたのは、2016年5月15日。
    冒頭に挙げた一文の後、「勝手に液体ソースとかやくを取り出せばいいし、容器にお湯を入れて三分待てばいい。その間、きみが何をしようが自由だ」と続く。

    次に「読みかけの本を開いてもいいし、買ったばかりのレコードを聞いてもいい。
    同居人の退屈な話に耳を傾けたっていい。悪くない選択だ」と出来上がるまでの時間の使い方をサラッと提案。

    最後は「ただ、一つだけ言いたい。完璧な湯切りは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」と締めくくられる。

    厳密には焼きそばの作り方と言えない気もするが、村上春樹特有の独白のような言い回しがあちらこちらに使われている。
    投稿者の「村上春樹愛」とセンスが評価されたのか、元ツイートは5月23日までに約3万3000回リツイート(拡散)された。村上ファンの反応も「絶妙なウザさが笑える」「たまらん」と好意的だ。

    投稿者は、東京都内のIT系企業に勤める菊池良さん。J-CASTニュースの取材に対し、

    「村上春樹がよく使うフレーズを混ぜつつ、簡潔で平明な言い回しを心がけています」
    と表現のテクニックを説明する。

    好きな村上作品は「ハードボイルドで、おしゃれな世界が好き」という理由から、『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』(1985年)。やはり相当な村上春樹フリークらしく、

    「(村上作品は)長編に関してはすべて読みました」
    と明かす。

    ちなみに、ネタを思いついた瞬間は「パスタを茹でているとき」で、特定の商品を想像することなく記憶を頼りに書いたという。

    夢野久作、江戸川乱歩、太宰治、安部公房も「参入」

    その後、このネタは「もし○○が『カップ焼きそばの作り方』を書いたら」シリーズとして、さまざまな作家のバージョンに「転用」された。それぞれ湯切りの場面だけを拾い上げると、こうなる。

    「ボーン......ボーン......三分経ったカシラ、と時計を見やれど、目の見えぬ。ソンナ目で、湯切りをしたもんだから、麺が全部、シンクに流れ落ちて行った」(夢野久作バージョン)
    「残りは、湯切りだけ、ジリリジリリと、シンクに向かい、器を傾けた時、ふと何かの予感に襲われて、突然ガクンと指を滑らせ、それと同時に、麺がシンクへ」(江戸川乱歩バージョン)
    「三分経つ。湯をざあっと切ると、もうだめだ。私は欲望に負けた」(太宰治バージョン)
    「湯切りが済んだらソースとスパイス、青のりをいっぺんに入れ、全力で『ワアーッ』とかきまぜる」(椎名誠バージョン)
    こうして見ると、投稿者の想像力もさることながら、文体や表現のバリエーションの多様さに驚かされる。

    ツイッター上には今も、内田百閒、安部公房、司馬遼太郎、北方謙三など作家名を出したリクエストが寄せられ続けている。この「大喜利大会」、まだまだ広がる予感がする。

    http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/jcast-267531/1.htm
    2016年5月23日(月)16時31分配信 J-CASTニュース













              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/05/23(月) 07:47:49.17 ID:












              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/05/23(月) 11:46:59.62 ID:
    NHK(日本放送協会)が、1961年よりテレビ・ラジオで放送している5分間の音楽番組『みんなのうた』。

    番組からは『ビューティフル・ネーム』『一円玉の旅がらす』『おしりかじり虫』など、定期的にヒット曲が生まれ、何を聞いていたかで、上司や部下と“ジェネレーションギャップ”を感じたことが、あるのではないだろうか。

    この記事では、『みんなのうた』に、歌手として参加している意外なアーティストたちを、まとめて紹介する。





    『北風小僧の寒太郎』(歌:堺正章)







    ■『メロンの切り目』(歌:細川ふみえ)





    ■『メトロポリタン美術館』(歌:大貫妙子)





    ■『はじめての僕デス』(歌:宮本浩次)

    『はじめての僕デス』はかなり幼い声だが、これは宮本浩次さんが10歳の頃の歌声。

    昔聞いていた『みんなのうた』、実はこのアーティストが歌っていたのかと、新たな発見があったのではないだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1133630/







    2016.05.23 10:00 ViRATES
              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/05/23(月) 00:08:18.18 ID:
    有能ワイ「はい!






              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    a
    1
    :2016/05/22(日) 17:01:41.73 ID:
    スマートフォン(スマホ)が普及する中、スマホの使い過ぎなどのため、近くのものが見えにくいなど老眼のような症状を訴える若者が増えている。こうした症状は「スマホ老眼」と呼ばれ、ここ数年に急浮上した「現代病」として、注意が呼び掛けられている。

    調査研究会社、トレンド総研が2016年1月中旬、20~30代の男女500人のスマホユーザーを対象に実施したアンケート調査によると、スマホを使うようになって「目の悩みが増えた」と答えた人は64%に上った。
    「スマホ老眼だと思うか」については39%が「そう思う」と回答。スマホ老眼の対策の必要性については、89%が「必要性を感じる」と答えた。

    そもそも加齢で生じる老眼が若者の間で広まっている原因は、スマホの使い方にあるとされる。スマホは本や書類を読む時と違って、無意識に目に近づけてしまう傾向が強い。
    目は「水晶体」と呼ばれるレンズの厚みを調整してピントを自動調整しているが、近くのものを見続けると、水晶体を取り巻く目の筋肉(毛様体筋)がこり固まってしまうのだ。このためピント調整がうまくいかなくなり、老眼と同じ症状を引き起こす。

    さらに、スマホは自ら光を放つ発光体であり、光の中にはブルーライト(青色光)が含まれる。ブルーライトは目にダメージを与え、さまざまな目の病気の原因になるとも言われている。

    短時間使う分には問題ないが、トレンド総研の同じ調査では、若者の1日のスマホの利用時間は平均3.3時間にも達した。さらに、約3人に1人に当たる31%の人が「5時間以上使っている」と回答している。
    休みなく長時間使い続けた場合、目の筋肉のこりはなかなかほぐせなくなり、こり固まった状態が慢性化すれば、老眼の症状を完全に回復することは難しくなるとされる。

    これだけ普及するスマホだけに、「正しく」使う必要がある。多くの医療関係者は「正しく使えば問題なく、スマホ老眼そのものも早期に対処すれば必ず治る」と話している。
    最も大切なことはスマホを長時間、見続けないこと。一般的には60~90分使えば、10~15分は休むべきだとされている。スマホ総研も「時間を決めて、明るい場所で使うことが重要」などと呼び掛けている。

    http://www.j-cast.com/2016/05/22267318.html






              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    a
    1
    :2016/05/20(金) 02:40:35.76 ID:
    中1158
    中2 163
    中3 165
    高1165
    高2 165
    高3 177
    大学1 179






              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    a
    1
    :2016/05/22(日) 15:01:25.55 ID:
    都知事 舛添要一

    所要時間:101分
    種類:霊言
    公開期間:2016/5/22~
    場所:布教所, 拠点, 支部, 海外, 精舎


    舛添要一都知事の守護霊の霊言

    https://happy-science.jp/info/lecture/2016/17315/






              
    続きを読む           

    このページのトップヘ