このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/11/06(木) 09:22:48.51 0.net ID:

    かわいさ100点
              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/11/04(火) 17:22:59.73 ID:
    何でそんなにいじめるの(´;ω;`)
              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/11/04(火) 19:46:02.92 ID:
    超ド田舎の場合

    ・隣家まで10km。家の周囲は鬱蒼とした森。
    ・キツネ、タヌキ、クマが普通に出る
    ・冬は30cmほどの積雪になる
    ・最寄りの駅、スーパー、病院、職場まで車で舗装されていない険しい山道を90分
    ・ネット、水道、電気などは利用可能。郵便物は家まで届くが月に1回だけ
    ・家は2階建てで、建坪が80坪。築20年の鉄骨

    東京都港区六本木の場合

    ・最寄りの駅まで徒歩3分
    ・家は築40年の木造アパート。部屋の広さは四畳半二間の2K


    仕事のキツさや職務内容、勤務時間はどっちの場合も同じだとして、
    超ド田舎と六本木、どっちの方を選ぶ?
              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/11/07(金) 19:46:25.60 ID:
              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/11/07(金) 09:01:20.44 ID:

    アギーレ監督、事情聴取も…11月2戦の内容次第で協会動く

     日本代表のハビエル・アギーレ監督(55)が“証人喚問”される可能性が出てきた。
    日本サッカー協会関係者によると11月の親善試合ホンジュラス戦(14日、豊田ス)、
    同オーストラリア戦(18日、ヤンマー)の結果次第では、技術委員会でアギーレ監督に事情説明を
    求める方針であることが判明。就任以降、低調な内容が続く指揮官に対する疑念が、
    日本協会内で浮き上がっていることがあらわとなった。

    【写真】アギーレジャパン初招集のG大阪・遠藤

     就任後4試合で1勝1分け2敗と低調な内容が続くアギーレ監督に、協会内部から不信感が出始めた。
    9月の初陣では当時4試合しかJ1経験がないDF坂井(鳥栖)を代表に選出。現在の実力を知る上で
    絶好の機会だった10月のブラジル戦ではFW本田(ACミラン)をベンチに置き、MF田口(名古屋)や
    MF森岡(神戸)らA代表キャップ1の若手を4人先発させ、0―4の大敗を喫した。

     一貫性のない起用や采配、戦術…。連覇を目指す1月のアジア杯(オーストラリア)へ向けて、
    現場を評価、サポートする技術委員会がしびれを切らす寸前となった。日本協会関係者によると
    10月末にJFAハウスで行われた強化部会や4日の強化担当者会議などでA代表の戦い方が話題に上ったという。
    その際、技術委員会トップの霜田技術委員長が代表選出基準やサッカーの方針を指揮官自らに
    説明させる機会を設けることを示唆。ホンジュラス、オーストラリア戦が過去の内容と同じならば
    11月末にも予定されている技術委員会への“出頭”は避けられない状況となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141106-00000139-spnannex-socc
              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/11/07(金) 11:20:20.59 ID:

    大量のイワシが港などに打ち上げられた北海道浦河町は6日、押し寄せたマイワシは
    推計で100トンに及ぶとみられると明らかにした。

    浦河町水産商工観光課によると、6日は同町職員や日高中央漁協関係者らが約70人態勢で
    イワシの回収に当たり、23トンを回収した。作業は数日かかる見込みという。

    浦河港では死んだイワシが海面を埋め尽くすように漂ったが、中には生きたものもおり、
    脂ののった魚を持ち帰ろうと多くの住民でにぎわった。
    女性たちからは「つみれや刺し身にして食べたい」との声が上がった。

    港に来た男性は「カモメがイワシを食べ過ぎて、満腹で飛べなくなっていた」と驚いた様子で話した。

    http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/11/06/kiji/K20141106009237860.html
              
    続きを読む           

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/11/07(金) 17:25:10.44 ID:
    5日深夜放送の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)で、有吉弘行とマツコ・デラックスが学歴と競争社会について論じる一幕があった。

    同番組では、視聴者から届いた「昔話の結末を『残酷だ!』と勝手に変えてしまう風潮があります」という意見を紹介した。

    その意見の中では「カチカチ山」や「3匹の子ぶた」「桃太郎」の結末が、昔と今では変わっていることを指摘しており、

    例えば桃太郎では「鬼ヶ島の鬼を退治せずに反省させてみんなで仲良くなりパーティーをする」という結末になっているのだという。

    そして「昔話は大人からみたら残酷でしょうが、むしろ不自然な仲良しごっこの結末にしてしまうほうが子供に悪影響な気がします」

    と締めくくられており、この意見を投稿した視聴者は昔話の結末が、以前に比べて“ソフトな結末”に変わってしまっていることに違和感を覚えたようだ。

    これに対してマツコは、「悪影響にはなる?」と理解できない様子をみせた。そして「こっちできれい事やってても、

    現実問題は受験戦争で遥かにえげつない競争とか、残忍なことをさせているからバランスとれている」とコメントした。

    これを受けて有吉が「僕らの時はどうたったんですかね?」と切り出すと、マツコは学生時代落ちこぼれだったことを明かした。

    しかし「ごく一部のエリート階級がいて、あとはみんなこうクズっていう団体」とマツコは語り、孤独感はなかったそう。

    マツコと同世代の有吉は「俺さ、ハタチになってからはじめて大卒の人と話したもん」と打ち明けると、マツコは大ウケした。

    有吉は、最終学歴が高卒しか周囲にいなかったとし、落ちこぼれだと感じたことはないそうで「(学歴に)コンプレックスもなかったんだよな」と明かした。

    マツコは、昔話に関係なく20年後に出てくる人間は変わらないとし「嫌だったら自分の孫とか子供には昔の通りの桃太郎を読み聞かせすればいいんじゃない?」と語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9439951/
              
    続きを読む           

    このページのトップヘ