a
1
:2016/03/19(土) 10:01:09.83 ID:
誰しも自分の幸せのために自己主張する。「子供を持つ女子社員」と「持たない女子社員」の場合も、
それぞれが幸福を求め、ぶつかり、つばぜり合いを繰り広げている。彼女たちの切実な思いとは。

その発言がここまでの波紋を呼ぶと予想した人は少なかっただろう。女性誌の関係者が言う。

「私のまわりの独身女性たちの間では、『よくぞ言ってくれたと思う』『ああいう意見を誰かが言わなきゃいけなかったんですよ!』
と物凄い共感と称賛の嵐でした。『産まない女子』たちの中には、思っていても口にはしづらい不満がたくさん溜まっていたんですね」

山口智子(51歳)といえば、'90年代『ロングバケーション』『王様のレストラン』といった人気ドラマに数多く出演してきたトレンディー女優の代名詞。
その生き方に多くの女性が憧れてきた「かっこいい女性」の見本のような存在だが、そんな彼女が女性誌『FRaU』の3月号のインタビューで、
自身に子供がいないことについて、こう明かした。

〈私はずっと、子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも、一片の後悔もないです〉
「女の人生に、子供がいないという選択肢があってもいい」

このメッセージに敏感に反応したのが、山口と同じように「子供を持たずにバリバリ働く女性」=「産まない女子」たちだった。
全国各地で働く彼女たちから、支持の声が続々と上がったのである。いったいなぜこれほどまでに共感が集まったのだろうか。

女性が自身の得意分野を生かしてキャリアを積み上げる重要性を説いた『女性職の時代』などの著書がある、ビジネスアナリストの中川美紀氏が分析する。

「いまは少子化の時代。どうしても『子供を産むことが偉い』となりがちな中、働きながら子育てをする『ワーキングマザー(WM)』の評価が高まってきました。
政権も『女性の活躍』を掲げ、女性たちに『子育てと仕事の両立を』とやたらと言うし、子供を持たない女性は肩身が狭かった。

ですがその一方で、WMが産休や育休を取る場合には、後任の人事補填が行われることも少なく、
子供を持たない女性がその尻拭いをしてきたという現実もある。山口さんという、女性の生き方のモデルとなるような人が発言したことで、
『子供を産まない人生を誇ってもいい』といった、秘めてきた胸の内が、社会にどっとあふれ出したのではないかと思います」

それだけ多くの「産まない女子」が、陰に陽に「子供を産んだ女子を大切に」とする空気を感じ取り、
「産んだ女子」が優遇される風潮に割り切れない思いを抱いているということだ。

「産まない女子」たちは、こうした空気の中で、産休・育休を取る女子の仕事の肩代わりをさせられるとなると、どうしようもなく「産んだ女子」への怨嗟がふつふつと湧いてくる。
一方、「産んだ女子」は、自分たちの子育ての苦労を慮ってほしいという思いから、嫌味のひとつでも言われれば「あなたに私の苦労が分かる?」と逆襲したくもなる。

両者の思いは噛み合うことなく、溝は深くなっていくばかり――。

「はしゃぐんじゃないわよ!」
そんな中、本誌が3月5日号で、産休や育休をめぐる、「産まない女子」と「産んだ女子」の悩ましい対立の実態を紹介したところ、
「ウチの会社でも同じようなことが起きている」「対立が自分の身のまわりだけのことではないと分かった」といった反響があり、
冒頭の山口発言も飛び出して、「私の話も聞いてほしい」という声が双方の立場から数多く寄せられた。

メーカーの管理部門で仕事をする鳥越恵美さん(33歳・既婚・仮名)が「産まない女子」の立場から「産んだ女子」に抱いた怒りを振り返る。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48196
>>2








2:2016/03/19(土) 10:01:28.42 ID:
「私は部署の中にある女性ばかり6人のチームで働いています。去年の1月、先輩が産休・育休を取ったので、
管理しなきゃいけない社員データの数が増え、『しばらくは妊活もできないなあ。旦那との夜のほうも控えなきゃ』
と仕事に注力する覚悟を決めていたところ、4ヵ月後に5歳年下の女の子が
『すみません、私も妊娠しちゃって。あれ~、何でできちゃったんだろう』とはしゃいで妊娠を報告してきて、産休を取ってしまったんです。

ただでさえ一人いなくなって忙しいところだっていうのに。しかもまだ20代で妊娠。なんだか虚しくなっちゃった。
こうしているうちに、自分が出産適齢期を逃してしまうんじゃないかと、とにかく心配です。結局、責任感の強い私が損をするんでしょうか……。
あの後輩が職場に帰ってきても、優しくできる気がしません」

産休・育休を取る「産んだ女子」の中には、ごく一部ではあるが、制度を都合よく利用する人もいるようだ。

地方のラジオ局でディレクターとして働く伊藤美里さん(35歳・独身・仮名)は、同僚に対して今でも怒りを覚えるという。

「ペアで仕事をしていたディレクターが、妊娠、出産を経て時短で働き始めたんですが、面倒な土日の野外イベントの手伝いや、
嫌いな上司から振られた仕事は、『子供が熱を出して』とか言って逃げるんです。

最初は子供も生まれたばかりだし、仕方ないのかな、と受け止めていたんですが、一方で、俳優や有名人が来るおもしろい仕事にだけは、
土日でも夜遅くてもちゃっかり顔を出して楽しそうにしている。しかも休みの日には好きなバンドのライブに行っていたこともバレました。

要するに、彼女は子育てを楯にとって嫌な仕事を避けていただけなんですよ。
あんだけ好き勝手やって、実際はネグレクト状態じゃないの?って感じてます」

そうした、ほとんど「育休サギ」とも呼べるような状態に対して誰も注意をしないことが、伊藤さんの恨みをさらに燃え上がらせる。

「子供がいることが、まるで『印籠』や『錦の御旗』のようになってしまうのが許せません。
上司や人事はマタハラと糾弾されることを恐れて腰砕け。そもそも、その子の子供なんて私には関係ない。
私の飼っているネコのほうが私にとっては大事。私のネコが病気になったって、仕事を休ませてくれないのに」

似たような例はほかにもある。生保レディの小杉千恵さん(36歳・独身・仮名)が言う。

「うちのエリアマネージャーは部下に厳しいノルマを課して、達成できないと怒鳴り散らすパワハラ上司として有名で、
同い年の既婚の同僚は『本当に嫌だよね、アイツ(上司)。子供つくって休んじゃおうかなあ』なんて言っていました。

私は独身なので曖昧に笑って話を合わせていましたが、その何ヵ月かあと、彼女は本当に子供ができたといって産休を取ったんです。
マネージャーは部下が減っても業績を上げなきゃいけないから、以前より部下に厳しく当たります。
おかげで資料整理の仕事も増えて、36歳の誕生日を職場で残業しながら迎えるハメになりましたよ。

しかも同僚は復帰後、『子供が病気がちで営業の仕事はできない』と、希望するバックオフィスの部署に異動してしまいました。
営業から管理部門への異動はウチの会社では異例中の異例です。実は私もぜんそくがあって負担の軽い管理部門に移りたいんですけど……まず無理なんです」

小杉さんの悲劇は、それだけにとどまらない。

「彼女がいなくなった後、同じエリアを担当していた男性社員が悲鳴を上げて、社内研修制度を使って法人営業の部署に半年間、逃げ込んでしまったんです。
マネージャーの叱責は私に集中するけど、その上司は完全に内弁慶で人事や役員の前ではペコペコのヒラメ野郎。
上にパワハラを訴えても『ちょっとした誤解なんじゃないかなあ』と取り合ってもらえず、もうやりきれないです」
3:2016/03/19(土) 10:03:41.84 ID:
冗談じゃないわよ
こんな女言葉しゃべる女は絶滅しました
6:2016/03/19(土) 10:05:36.75 ID:
>>3
19:2016/03/19(土) 10:11:19.12 ID:
>>3
おだまんなさいよ!!!
4:2016/03/19(土) 10:03:41.93 ID:
産まない以前に結婚できないんだろ?
5:2016/03/19(土) 10:05:28.46 ID:
女子って言うな。
キモい。

独身女子も酷いけど、
子持ち女子とか特に違和感有る。

おばさんが若ぶってというか、幼なぶって、
女子とか言うな。
7:2016/03/19(土) 10:06:02.13 ID:
メスジャップがガキ産もうが産むまいがどうでもいい
どうせ移民がはいってくるんだから
8:2016/03/19(土) 10:06:20.15 ID:
俺は男だけど、産めるんだから産んだ方が良くね?
9:2016/03/19(土) 10:07:25.62 ID:
20代でさっさと生んでおいたほうがいいだろ 
10:2016/03/19(土) 10:07:26.88 ID:
産めないってのもあるんだけどな
11:2016/03/19(土) 10:08:41.07 ID:
会社に人生を支配されている哀れな人たち
12:2016/03/19(土) 10:09:23.35 ID:
まあ後先考えずに産んだ者の勝ちだな
33:2016/03/19(土) 10:15:51.92 ID:
>>12
子育て大変で、いろいろ考えてもその通り行かないよ。
仕事の方が計算できて楽に感じる。
だから、考えずに結婚して子ども作る方がいいとおもう。
39でパパになった私はそう感じております。
体力的にもしんどい…
13:2016/03/19(土) 10:10:10.84 ID:
女は醜い生き物だな
こんなのが世界で一番優秀な民族である同じ日本人だと思いたくない
14:2016/03/19(土) 10:10:11.47 ID:
子供産める年齢の女は
女子ではない
15:2016/03/19(土) 10:10:29.43 ID:
どうでもいいけど、ガキが出来たら産休取ったり、産休後の時短勤務とかせずにさっさと辞めてくれよ。
しわ寄せは残されたメンバーに来るんだよ。しょっちゅう子供の行事がー、熱がーで休まれるから他メンバーが全く休めない。
24:2016/03/19(土) 10:12:30.88 ID:
>>15
それをするのがお前ら捨て駒遺伝子の役目だろ
16:2016/03/19(土) 10:10:40.26 ID:
好きな人の子供欲しくないの屁理屈が先に来ちゃダメ
17:2016/03/19(土) 10:10:51.13 ID:
妊婦や子持ちの甘えた態度が邪魔だもの。
18:2016/03/19(土) 10:11:15.33 ID:
さっさと妊娠したらいいじゃねえか
後任がどうとか言い訳してるだけじゃん。
本当女ってめんどくせえ
20:2016/03/19(土) 10:11:20.66 ID:
産まないというライフスタイルを、かっこいい、イケてるイメージをごり押ししたのが左翼とマスコミ

その後、三十年経って少子化で、税収減に地方疲弊という負が露に
21:2016/03/19(土) 10:11:36.83 ID:
いつでも産めるならいいけどさ
強がっていられるのも30半ばまでだな
22:2016/03/19(土) 10:11:48.77 ID:
どちらかというと生まない派の意見寄りだな
この人なりによく仕事いてるならそれなりのポストに就けるんじゃないか
23:2016/03/19(土) 10:12:17.80 ID:
作られた会話文
25:2016/03/19(土) 10:13:36.63 ID:
要するに、独身女や小梨女は会社から使い捨てられてるというだけ
26:2016/03/19(土) 10:13:48.01 ID:
何歳まで女子なんだよいいかげんにしろ
27:2016/03/19(土) 10:13:49.09 ID:
女子ってなんだよ
マスコミが言い出したんだろうけど女が受け入れてるってことは自立する気が無いんだよな
29:2016/03/19(土) 10:14:05.19 ID:
生まない人生もありだとおもうが、
淘汰されるんだわ。
30:2016/03/19(土) 10:15:08.23 ID:
若いうちに結婚して産めるけど産まなかった人の枠に
結婚もできない奴は入れませんから
31:2016/03/19(土) 10:15:29.33 ID:
ただの嫉妬だろ、嫉妬されて攻撃されれば反撃もするだろ
若い時にアホみたいに遊んで気が付けば30代
自分を相手にしてくれる男のスペックでは友達に自慢できないから結婚も出来ない
結婚できても妊娠の適齢期を過ぎてる。
ただ単に「産まない」じゃなく「産めない」だけの事
元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1458349269/