ニュース / テレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    a
    1
    :2017/02/17(金) 17:44:31.25 ID:
    昨年末、80代の夫婦が大阪市内の自宅の浴槽で亡くなった。大阪府警は「熱中症により、もうろうとしておぼれた」と判断した。
    冬場に多い、入浴中の死亡事故。急激な寒暖差で起きる「ヒートショック」に加え、熱い湯へのつかり過ぎにも注意が必要なようだ。

    湯を張った際の設定温度は、いつも通りの48度。入浴時に何度だったかは不明だが、発見時の2人の体温が高く、
    他に病気の症状も見られないため、熱中症による溺死(できし)と判断された。1人がもう1人に寄りかかり、身動きがとれなくなった可能性があるという。

    http://www.asahi.com/articles/ASK263Q3QK26PTIL016.html






    【風呂の設定温度48度の老夫婦がヒートショックで逝く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2017/02/14(火) 15:03:56.68 ID:











    【テレ東の女子アナ、爆揃い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    a
    1
    :2017/02/15(水) 16:55:42.21 ID:
    茨城県警人身安全対策課と水戸署は14日、ストーカー規制法違反の容疑で、茨城県大洗町磯浜町の無職、小沼俊介容疑者(28)を逮捕した。「間違いない」と容疑を認めている。

    逮捕容疑は、県内に住む小学校低学年の女子児童への恋愛感情が満たされなかったことを恨み
    女児の40代の母親に、女児との面会を要求する電話をかけたり、メールを繰り返し送ったりしたとしている。

    同署によると、小沼容疑者は、女児がかつて通っていた県央地域の私立保育所で担任の保育士だった。
    平成28年7月ごろから今月までの間に、少なくとも電話が200回以上、メールが10通以上あったという。
    両親が昨年12月下旬に「保育所の先生からしつこく電話がある」と同署に相談していた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000520-san-soci






    【元保育士さん(28)、教え子にストーカー行為して逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    a
    1
    :2017/02/16(木) 12:33:01.96 ID:
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170216-00000019-ann-soci
    テレビ朝日系(ANN) 2/16(木) 11:59配信

     東京・新宿区で防犯パトロールの男性に詰め寄り、「ぶっ殺す」などと脅したとして23歳の客引きの男が逮捕されました。

     平田史弥容疑者は2日夜、新宿区の路上で、客引きなどに注意を行う防犯パトロールの男性(68)を「ぶっ殺してやる」などと脅した疑いが持たれています。警視庁によりますと、平田容疑者は男性に路上喫煙を注意されたことに腹を立て、男性の顔にたばこの煙を吹き掛けて詰め寄ったということです。現場ではほぼ毎晩、地元の商店街などがパトロールをしていますが、平田容疑者は以前から暴言を吐くなどトラブルを起こしていました。取り調べに対し、「殺すとは言っていない。死ねと言っただけだ」と供述しています。






    【「ぶっ殺す」客引きの男が路上喫煙を注意され脅す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    a
    1
    :2017/02/16(木) 04:04:18.88 ID:
     歌手のASKA(58)が15日、テレビ西日本の情報番組「ももち浜ストア夕方版」(午後4時50分~)に生出演。
    2014年に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けてから現在に至るまでの思いや、現在の心境など、約10分間にわたり詳しく語った。
    薬物を断ち切った後遺症について「まったくなかった」と断言した。

     山口喜久一郎アナウンサーが「(薬物を)断ち切るために後遺症、禁断症状は?」と尋ねた。
    ASKAは「まったくなかったですね」と返答。
    「人にはそれぞれ症状というものがあって、今ではもうどういうものだったか、どういう感覚だったかっていうのも覚えてないですね」
    と薬物と距離を置いていることを訴えた。

     現状については「執行猶予期間ということで、ある人は静かに動かない方がいい、
    ある人はこれを自由と捉えるべきだと。いろんな見方があると思うんですけど、
    僕はある意味、社会になじんでいくためのリハビリの期間だと思っているんですね」と述べた。

     ASKAは続けて、
    「自分のリハビリはなんだろうと考えたときに、やっぱり音楽を作っていくことだということで。
    今回もその情熱を切らさないためにアルバムを作ったということなんですね」
    と音楽への強い思いを語った。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    デイリースポーツ 2017.2.15
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/02/15/0009918800.shtml






    【ASKA 後遺症も禁断症状もまったくなかった テレビ生出演し薬物断ちを振り返る】の続きを読む

    このページのトップヘ