2011年07月01日

久しぶり



皆さん おつ。


スゴい暑い今日


てゆーか私の『あぶりだしBitch』まだ次書かないの?とのご要望数件。あざす。

ちょい イヤ、ちょいどころじゃなくなまら変化し続けてて 過去を振り返る暇なし。


落ち着いたら書くね

嗚呼…人生は映画だな〜と つくづく思う

私の人生だけでたぶん 4人分くらいになるよ(笑)
濃すぎて


でも しあわせ


ちょっ また書くわ。

さーせん。


ladynyan at 18:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年06月06日

奇跡のシンフォニーAugust Rush

奇跡のシンフォニー、初めて観た。私のベストムービーコレクションに仲間入りです。
すっっっっっっごいっ!大好きな映画。
音 最高! 音楽 最高!

ladynyan at 02:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月18日

Chapter #0



U know? everything changes just so quick.


この世のすべての出来事は ホントに 足早に変わってゆく


すべて 変わってゆく

大切なことは 生かして頂いてるあいだ


後悔しないように 生きること


ひとくちで言っても その人の送るライフスタイルや人生の流れによって そして 意識によって ぜんぜん異なる


環境も大いに作用するし、ただでも大事なことは『どこでどう気付きどう生きるか…そして愛すること』意外にないと思ってる


わたしの人生は 日本人として始まった


産声をあげたのは 北海道 旭川のとある産婦人科病院


私の母は 流産しやすい身体で 私の前に 二人 赤ちゃんを抱けずに 苦しい想いをした


わたしは 彼女にとって 待望の 第一子


1978年5月2日火曜日午前6時40分頃


わたしはこの世に


産声を響かせた


わたしは 赤ちゃんの泣き叫ぶ声が大好きだ


一生懸命『生きよう』と ホンッとに小さな小さな体の全部にエネルギーを行き渡らせて 渾身の力で泣き叫ぶ


あれほど 力強い 素敵な声はないと思っている


これから 少しづつ わたしの歴史を ひとつひとつ思い出しながら 時間をかけて『この場所』に綴っていこうと思っている

題は…


『あぶりだしBitch』

(笑)


包み隠さず かっこつけず 今までの ありのままの わたしを 書いていこうと思うから


『あぶりだし』


『Bitch』は


あまり英語では良い意味で使わないけど

愛嬌があってわたしは好き



すべてには 表 と 裏 がある


太陽と月


光と影


真実と嘘


造れば壊れ…また造る


朝と夜


そして どんな人間も その表裏一体とまったく同じものを 誰もが持ち合わせている

自分の中に 常に どんな日も 螺旋状に 光 と 闇 は 交差している


そして 光 は 闇ナシでは存在出来ず 闇の暗さも 光がないと気付くことはできない

わたしは 自分の人生を通じて 文章で 出来る限り それをここで 表現 出来たらと思う



素晴らしい 映画をつくっている 『作り手』の視点から



さあ 皆様 少しづつではありますが


実生 の人生 覗き見してみてくださいませ


興味が『有れば』の話し


『あぶりだしBitch』 の はじまりはじまり〜…


ladynyan at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月17日

あぶりだしBitch



ありのまま を


生こうじゃない


Are u ready?


ladynyan at 02:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

Hey



…wanna join me??


ladynyan at 02:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月19日

明日へゆけ



窓辺にもたれ


僕を太陽に透かせば

胸の痛みがオレンジににじんだ


たった一粒のプライドかばって


4つ5つ6つ


嘘を重ねたんだ


ねぇ いいでしょ?


たまには ズルくても

笑うこと 忘れるぐらいなら


明日へゆけ


明日へ


明日へゆけ


明日へ


当たり前だと


思ってたことでも


不意に消えて


ゆくことがあるって

僕はどこかでわかっているから


失意に暮れることなどないよ


ねぇいいでしょ?


こんなままでも


ねぇいいでしょ?


幸せと呼べたなら


明日へゆけ


明日へ


明日へゆけ


明日へ



ハナレグミやっぱい〜ね〜


ladynyan at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月12日



愛は、献身である。


愛は、自己犠牲をともなう。



愛は、見返りを求めない。



愛は、かたちにあらわれた知慧である。


愛は、欲望の放棄である。



愛は、偽らない。



愛は、至福である。


愛は、エゴ(我執)を傷付ける。



愛は、何もさえぎることができない。



愛は、誰も邪魔することは出来ない。



愛は、所有しない。


愛は、差別しない。


愛は、真実を忍び、受け入れる。



愛は、分かち合う。


愛は、命を捨てさせる。



愛は、神聖さへのまなざしである。



愛は、表現する。



愛は、怒りをも動かす。



愛は、執着するものがない。



愛は、水のように流れる。



愛は、火のように燃える。



愛は、風のように移ろう。



愛は、地のように耐える。



愛は、空のように広がる。



愛は、自然に溢れる。



愛は、歓びに満ちている。



愛は、まばゆく輝く。



愛は、真実に正直である。



愛は、苦しみとその原因をとりのぞく。


愛は、安らぎと解放を与える。



愛は、自分への執着をもたない。



愛は、ベストを尽くす。



愛は、みんなの幸せを希求する。



愛は、特別視しない。



愛は、神聖さに仕える。



愛は、子供たちを育む。



愛は、大人たちを励ます。



愛は、老人たちを労わる。



愛は、クリエイティブに働く。



愛は、強烈な感情を生み出す。



愛は、非難しない。


愛は、裁かない。



愛は、流れにのる。


愛は、祈る。



愛は、語る。



愛は、歌う。



愛は、黙す。



愛は、心を通じてあらわれる。



愛は、肉体を通じてあらわれる。



愛は、状況に左右されない。



愛は、無垢である。


愛は、恐れない。



愛は、自らを捧げる。



愛は、後ろ髪をひかれない。



愛は、謙虚である。


愛は、大願を抱く。


愛は、さしだす。



愛は、何も失わない。



愛は、無欲。



愛は、愛を欲する。


愛は、なくならない。





アタシのお父さん、ウルちゃんが七夕に書いた日記です。


ladynyan at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

27から32

80f7806a.jpg

27歳のアタシ。


今、32歳のアタシ。

沢山ある記事を一から読み直し(約1000)整理。


自分の中にデコードされてるものはすべて消去



27のアタシは、可愛かったな(笑)


もう既にトビハジメテタ♪


この空の青さも


今日の日食も新月も

すべては新たな始まりを告げる鐘の音に聞こえる


ノートルダムの次々と鳴る教会の鐘のように


力強く繊細にも見える石づくりの素晴らしく大きな寺院のそばの噴水のほとりに

飛び降りて


鐘の音を聴きながら

寺院を見上げてみる

ウットリ微笑んでからツバサを広げて屋根の上へ


紐を引っ張りながら鐘を演奏しているおじいさんを見つめ


パンくずを少しもらい


おじいさんにウットリ微笑んでから


ありがとうと鳴いて

大空へ


トビたった


今日も風が心地よい


ladynyan at 16:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月21日

マザー・テレサの言葉



人は不合理、非論理、利己的です
気にすることなく
人を愛しなさい


あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう


気にすることなく、善を行いなさい


目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう

気にすることなく、やり遂げなさい


善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう


気にすることなく、し続けなさい


あなたの正直さと誠実さが、あなたを傷つけるでしょう


気にすることなく、正直で、誠実であり続けなさい


あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう


気にすることなく、作り続けなさい


助けた相手から、恩知らずの仕打を受けるでしょう


気にすることなく、助け続けなさい


あなたの中の最良のものを、世に与えなさい

蹴りかえされるかもしれません


でも気にすることなく、最良のものを与え続けなさい




☆☆☆☆☆☆


これは、アッチャンが、ワタシのブログ「大切なもの」を見て送ってくれたものです。


涙がとまんなかったのを想いだします。


アッチャンホントにありがとう♪


ladynyan at 23:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)