lafi.net

葉山透の公式ブログ

0能者ミナト 10巻、10月25日発売です!

978-4-04-892493-1_l
表紙装丁画、本文挿画:kyoさん
「0能者ミナト〈10〉」 10月25日発売 (メディアワークス文庫) 定価(本体630円+税)

 強大な怪異をも一刀で斬り伏せる、美しき怪異討伐の手練、赤羽夏蓮。若き日の孝元が恋した彼女は、しかし怪異に絡む事件を経て姿を消した。
 その後彼女の行方を知った孝元は、一人の少年に出会う。その少年こそ、母譲りの強大な法力を持つ夏蓮の息子、赤羽ユウキだった。
 そして時は経ち、ユウキの前に彼の父と目される科学者が現れる。いわく、ある薬で法力を消すことができるという。それはまさに、科学で怪異をねじ伏せるがごとき事態。
 あろうことかユウキは薬の力で法力を失い、クラスメイトと怪異事件に巻き込まれてしまうのだった。




 こんにちは!
 前回のブログでは、みっともなく弱気になった姿をさらしてすみませんでした。
 驚くほどたくさんの暖かい励ましの言葉をいただいて、思わず涙しました。
 (前回からレスがたまってしまっているので、コメントのお返事はもう少しお待ちください)

 さて、今回ようやく、ミナト新刊のお知らせができます。
 大台の10巻、今まで謎の多かったユウキ君が主役&孝元さんの初恋など、読みどころたくさん!
 1巻以来の厚さになりましたし、どうぞ楽しみにお待ちください!
 

 前回のブログで「できないよー、なんで書けないんだよ自分ー」と自信を失っていたのは、ミナトの新刊ではなくて、完全な新シリーズ、新作のことです。
 9Sの時代から、そしてミナトシリーズが入ってますます、他社さんからも、
「ぜひうちでも書いてください」
 という、この出版不況の時代にとても有難いオファーを何本もいただいてます。
 しかし、どうしても何年も、納得のいくものが書けないまま、ずっとお待たせすることになってしまっています。
 本当に情けない話です。
 ここ数年は「ミナトか9Sを書く>半年時間をいただいて新作にチャレンジ>挫折>いったん既存のシリーズものに戻る>書き上げたのち新作にチャレンジ>書けなくて、以下ループ」でした。

 書きたいテーマもプロットもたくさんあって、OKをいただいているのに。
 新作の立ち上げは本当に大変……というか、どの作家さんも大変だと思うので、私が不得意なんでしょう。
 
 今回は、ミナトシリーズに戻って、しかも10巻目ということもあり、今まで暖めてた設定や、いろいろ思い切ったこともできましたし、私自身はかなり楽しく書けました。
 読者の皆様にもきっと楽しんでいただけると思います。

 今はまた新作にチャレンジしております。
 今度こそ上梓できるようにがんばります!



★ 問い合わせが多い「続きはどうなるのか」にお答えします★
 個別にコメントのレスでお返ししていましたが、わざわざコメントのレスまで読まない方が多いでしょうから、一度まとめておきます。
 ミナトはまだ続けられそうなので、ご安心ください。
 9Sは……。いろいろ状況が厳しくなっています。このシリーズだけというより、ラノベ業界全体がいま難しいです。もちろん売れてる作品もたくさんありますけれど。
 9Sは私自身は出したいと思っています。
 9S,ミナト、両方に言えることですが、シリーズが二桁に入ってきたら、もう作家に
「続きはまだですか、はやく書いてください」
 というより、編集部に「○○の続きが読みたいです、まだですかorずっと続けてください」
 とリクエストしていただいたほうが現実的です。
 これから先、この2シリーズをどれだけ続けられるかどうかを決めるのは、私の努力ではなく、ズバリ売上げです。
 私は書きたいし、編集さんや営業さんから、新作を書いたほうが部数が刷れますよ、だから新作にしましょう(翻訳・一冊あたりの収入が上ですよ、作家の実績も下がりませんよ)、と言われてもせめて9Sのシベリア編は絶対終わらせたいです。
 でも、編集部や営業部から「もうこのシリーズは赤字になるので出版できません」と言われたら作家がどんなにがんばっても無理です。
 
 なので、私としては、がんばって新作を立ち上げて、できれば大きいヒット作につなげて、既存のシリーズも出せるようないろいろな条件や余裕を手に入れたいと思って、がんばっているところです。
 決して昔のシリーズがどうでもよくなっているわけではありません。
 ご理解していただければ幸いです。

 


更新があいてしまって申し訳ありません。


なんか月日がたつのが早すぎて、
呆然としております。

取り急ぎお知らせです。

電撃文庫MAGAZINEVol.50
2016年7月号
6月10日発売
特別価格750円(税込)
イラスト/HIMA

に、ミナトの10巻の前編が掲載されています。
今回は、ユウキと孝元の出会いの話です。
新鮮な感じで楽しんでいただけるのではと思っています。


近況としては、なかなか新作がうまくいかず難航していて
なかなか余裕がない状況です。

コメントのお返しなども出来ず、ブログも交更新できず
ご心配おかけして申し訳ありませんでした。


私の執筆スタイルは、定期的に一定のものを出すというより、
120%のものをしっかり書きたいというスタイルです。

もちろん、経済的にも、商業的にも
定期的に出せたほうがいいに決まっています。
なにより生活がかかっている私はとりあえず七割、八割の
自分的納得度のものでも定期的にだせたらどんなにいいだろうと、
たぶん読者の皆様よりも切実に、思っています。

でもどうしても、
自分で
「これはつまらないな」
と思うと執筆がつまってしまいます。


プロとしては甘えかもしれません。
一般のライトな読者の方は、
プロなら定期的にだせるのが普通なんじゃないの?
と思っているのも解ります。

葉山透って映像化もされないし、いまいちマイナーだよね、
と思われているかもしれません。
けれど、
校閲さんや翻訳者さん、編集さんといったプロの読み手の方には
「これだけのものを書けるのは葉山さんならでは。
もっと売れてしかるべきなのに!」
という高い評価を受けているのも事実です。


ここで応援してくれている読者の方には、
「葉山透が書くものは、120%の期待を裏切らない」
と解っていてくださる読者さんだと思います。


どうかせめてここのブログの読者さんには
「早く次出せよ。どんどん続きを書けるのが普通だろ?」
とは思わず、
今この正念場で一刻も早く読者さんに納得のいく
新作をお届けできるよう、
ふんばっている状況をご理解いただけるととてもありがたいです。


ここ一年、あっという間でした。
原稿のことを考えない日はありませんでした。

どうかもう少し、待っていただけないでしょうか。

なにとぞよろしくお願いいたします。


0能者ミナトコミックス4巻についてのお知らせ★追記あり


取り急ぎお知らせです。

9月24日発売のコミックス版『0能者ミナト(4)』の内容に不備がありました。

B's-LOG COMICS編集部 WEBサイト
詳しくはこちら↓
http://bslogcomic.com/minato_info.html

今後の対応はとしましては、サイトに記載のとおり
コミックス未収録分を収録した小冊子を
希望者の皆様に配布するそうです。

B's-LOG COMICSさんのほうで、詳細が決まり次第
またこちらでもお知らせいたします。


★10月6日 追記

小冊子の受付が始まりました。
上記のリンクよりお申し込みください。
お手にとって下さった読者の皆様には、お手数をおかけし、
まことに申し訳ございません。
小冊子には、未収録部分に加え、
田倉トヲルさんの書き下ろしイラストと、
私の書き下ろしSSも掲載されます。
小冊子は10月23日以降、順次発送予定となっております。
なにとぞよろしくお願いいたします。

0能者ミナト 9巻、9月24日発売です

978-4-04-865444-9_l
表紙装丁画、本文挿画:kyoさん
「0能者ミナト〈9〉」 9月24日発売 (メディアワークス文庫) 定価(本体570円+税)

――コミックス第4巻も同時発売決定!!
 怪異を知る者でもにわかには信じがたい、神話上の存在。だが、それはいた。
 身長2000メートル、超弩級の怪異。ダイダラボッチの出現は終末すら予感させるものだった。そのひと足で町が壊滅する。天災級の怪異に、公安調査庁、防衛省も動く事態に発展する。
 防衛省幹部、幕僚らが居並ぶ席に、ラフな服装の青年がひとり。場違いな雰囲気をこれ見よがしに発散する湊である。人知が及ばぬ無敵のダイダラボッチに対し、湊は驚くべき作戦を提案する。それは神話を現代物理学で解明する、神への挑戦とも言えるものだった。


978-4-04-865443-2_l
「0能者ミナト〈9〉 ドラマCD付特装版」 9月24日発売 (メディアワークス文庫) 定価(本体1600円+税)

――待望のドラマCD付特装版が発売! 豪華キャストで贈る、文庫未収録ストーリー!!
 文庫未収録の幻の短編『髪』がドラマCDになる!
 夜な夜な髪が伸びるという人形。ひねりのない謎を解く依頼を受けてしまった、湊と沙耶とユウキ。すべては借金を返すため。のはずが、謎は意外な方向へ転がっていき? 音声で聴きたいと評判だった閑話『叫』も収録。豪華キャストによる湊達のかけあいは必聴! カバーは描き下ろし特装版仕様!!
<CAST>
九条湊:興津和幸
山神沙耶:早見沙織
赤羽ユウキ:斎藤千和
水谷理彩子:沢城みゆき
荒田孝元:蓮池龍三


さらに、これも書かねば。
田倉トヲルさんのコミックス4巻も同時発売です!
(公式画像&サイトがきたらまた更新しますね)


新刊通常版の表紙も公開です。
さすがkyoさん。どっちのミナトもかっこいいですね。
ドラマCDの中の文庫の表紙は、通常版ではなくドラマCDジャケットと同じ。
つまり表紙は二種類の両方買ってねという営業部からの声が聞こえる鬼サービス仕様。


さて、八巻の終わりで予告された「神話級の怪異」。
ヤマタノオロチでは、という予想をたくさんいただきましたが、
登場する怪異はダイダラボッチです。
やはり皆様、デカすぎると無意識に予想からはずしていたのでしょうか。
2000メートル級の怪異、どうやって登場しどうやって倒すのか。
他の怪異モノにはない、ミナトならではのお話になったと思います。
どうぞお楽しみに。


ドラマCD関連でいくつか。
名刺のおまけつきだったカドカワオフィシャルストアでは予約受付終了しました。
「え?もう締め切っちゃったの? 特典欲しかったのにー」
という方に朗報です。
アニメイトさんには、毎回お世話になっておりますが、
今回もアニメイトさん限定の特典があります。
CDジャケットサイズのミナトのイラストの裏に、書き下ろし短編が印刷されたもの。
そちらならまだ間に合いますよー!

ドラマCD付特装版は、初回プレス分のみだと思いますので、
確実に欲しい方は書店さんで確認のうえ、予約したほうが確実です。
(通常版は置いてあっても、特装版が入荷しない書店さんもあるかと)
「そのうち買えばいいか」と思っていると通常版と違い手に入らなくなるかも?
ぜひ予約してご購入くださいと、直球でお願いする次第でございます。

文庫未収録の本編はもちろん、
理彩子のリアル「なんじゃこりゃあ」は絶対聴いていただきたい!
私は個人的に録音して着信音にしようかと(笑)。


0能者ミナト9巻 ドラマCD特装版のお知らせ

公式サイトが出来ましたので取り急ぎお知らせです!

cdhyousi

表紙装丁画、本文挿画:kyoさん

0能者ミナト<9> ドラマCD付特装版(メディアワークス文庫
発売日2015年09月24日(木)
定価 1728円(税込)
カドカワオフィシャルストア事前予約ページ(限定特典付き)


≪ドラマCD内容≫
<キャスト>
九条湊:興津和幸 山神沙耶:早見沙織 赤羽ユウキ:斎藤千和
水谷理彩子:沢城みゆき 荒田孝元:蓮池龍三

<ドラマCD内容>
文庫未収録の幻の短編『髪』がドラマCDになる!
夜な夜な髪が伸びるという人形。ひねりのない謎を解く依頼を受けてしまった、 湊と沙耶とユウキ。すべては借金を返すため。のはずが、謎は意外な方向へ転がっていき? 音声で聞きたいと評判だった閑話『叫』も収録。豪華キャストによる湊達のかけあいは必聴! カバーも描き下ろし特装版仕様!!
収録時間:約45分

※通常版も同時発売になります。


プロフィール
新刊情報
detail_201212_01

「0能者ミナト〈10〉」
発売中
(メディアワークス文庫)


コミック01書影

「0能者ミナト〈3〉」
発売中
田倉トヲル
原作:葉山透
キャラクター原案:kyo
(B's-LOG COMICS)
既刊情報
9S11hyousi2

「9S<ナインエス>」シリーズ
電撃文庫

その他の既刊情報はこちら
記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計: