お待たせしました。

いよいよ後編:実践編となります。今回は実際のデッキの具体的な動かし方や、
各種デッキに対する相性及びゲームプランについて詳しく言及していきたいと思います。



3.~このデッキにおける基本的なフィニッシュプランへの移行について~

 

このデッキにおける基本的なゲームプランは1つです。

「可能な限り最速でループを行い、殺される前に相手を殺すこと(笑)」


具体的な手順として

  1. ベイBジャック+マナ軽減の場を作る(フィニッシュに必要なのは3軽減)

  2. ループに必要なパーツを集める(or無限ブーストからカブラ・カターブラ
    →ゴエモンキー)

  3. 任意のフィニッシュパーツをループさせてゲームに勝利する。

    主にこの3つの手順になるかと思います。

     

  1. ほとんどの場合マリニャンによってエウルブッカを建てて2軽減を作り、その後に
    フィーバーナッツを召喚することで3軽減を作っていく感じになります。
    対戦相手のデッキが成長バスターやレッドゾーンなどの速攻デッキでない限り、
    手札にあるベイBジャックは優先的に召喚すると良いと思います。
    ジャック→ステップルが着地すると3t目にマリニャンが召喚できるので。

     

    ※ここからは基本的に前提条件としてベイBジャック+3軽減が場に
     存在するものとして解説していきます。

     

  2. ループに必要であるパーツを集める手段としては主に2通りの方法があります。


    1つ目が「ジャーベルを疑似ループさせてデッキの中身を確認し、
         フィニッシュループに必要なカードを手札に加える方法」

     

    条件:手札にジャーベル、サンマッド マナor手札にアラゴトムスビ

     

    1マナタップジャーベル召喚、効果で任意のカードを手札に加える。

                   ↓

    1マナ(自分のクリーチャー)タップサンマ召喚(進化元:ジャーベル)、
    効果でタップした自分のクリーチャー1体マナへ

                   ↓

    サンマタップしてアラゴト召喚、サンマ戻して1ブースト(初めに戻る)

     


    2つ目が「無限ブ-ストからカブラ・カターブラを召喚する方法」

     

    条件:手札orマナにアラゴトムスビ2枚、カブラ・カターブラ

     

    アラゴトムスビA召喚、任意のクリーチャーをタップして1ブースト

                   ↓

    アラゴトムスビAをタップしてアラゴトムスビB召喚、
    アラゴトムスビAを戻して1ブースト(繰り返し)

                   ↓

    フィニッシュに必要なカードがすべてマナに落ちたら、カブラ・カターブラを
    召喚してゴエモンキーを回収してフィニッシュへ

     

    ※先ほど紹介したジャーベルの疑似ループをカブラに変更することで、
    マナから逆転のオーロラを回収して盾落ちをケアすることができます。
    ただし、カブラを1度使用するごとにアラゴトでデッキが1枚減ることには
    注意が必要です。

     

     

    3.1~応用編:バロン・ゴーヤマを用いたフィニッシュループへの移行について~

    27-04
























     

    バロン・ゴーヤマを用いることで2つ目の方法を非常に簡単に行う事ができます。
    バロン・ゴーヤマは1度のプレイでマナに必要なパーツを集めつつ、
    フィーバー・ナッツ
    orアラゴト・ムスビを踏み倒すという2つの動きを同時に行う
    ことができるので、ループまでの工程をいくつか省略することができます。

     

    条件として
    「軽減数とマナのアラゴト
    orナッツの枚数の合計値が3以上」であれば、
    バロンゴーヤマ1枚とマナ4~6程度で先述したアラゴト2枚のブーストから
    カブラへの移行が行えます。

     

    例)マナにナッツ含む4マナ、手札にバロン・ゴーヤマ、場にジャック+2軽減

     

    ナッツ含む3マナタップ、ゴーヤ召喚 効果でアラゴトをデッキからマナに埋めて
    ナッツを場へ(2軽減→3軽減、マナ+1)

                        ↓

    場のゴーヤ、マナの1マナ、アラゴトをタップしてアラゴトをマナ爆誕。
    ゴーヤを手札に戻して1ブースト。

                        ↓

    場のナッツ(アラゴト)、マナの1マナタップしてゴーヤ召喚、効果でアラゴトを
    マナに埋めてそのまま効果で場へ。既に場に出ているアラゴトを戻して1ブースト

                        ↓

    アラゴト2枚で無限ブーストを行い、必要なパーツがマナにすべて揃ったら
    ゴーヤ召喚してマナからカブラ・カターブラを場へ。
    ゴエモンキーを回収してフィニッシュループへ移行

     

    大体こんな感じですね。アラゴトが既に複数マナに存在する場合は、盾落ちの有無を
    確認しつつフィニッシュループに必要なカードを適宜マナに置くようにしてください。
    実際に触ってみると理解できると思うのですが手札への要求枚数がたったの1枚で
    フィニッシュまで持っていく事ができるのでこのデッキにおけるバロン・ゴーヤマは
    本当にぶっ壊れた強さだと思います。
    1枚で実質スクチェン+NEXTをやってるようなものですね

     

  3. 任意のカードをフィニッシュとして用いたフィニッシュループ

    card100028263_1 























    緑単ループのフィニッシュ用のカードとしては実に様々なものが
    使用されていると思います。いくつか具体例を挙げるとすれば
    「メイド・リン・ララバイ(+ライオン・ナックル)」
    「黒神龍ザルバ」「グレイトフル・ライフ」
    「ジョリー・ザ・ジョニー
    Joe」などでしょうか?
    一番楽なのはジョリーですが、オニカマスの存在を考えると
    その他のカードにしたほうが良いような気がします。


     

    条件:手札にゴエモンキー、マナor手札にサンマッド3枚 カブラ・カターブラ2
       任意のフィニッシュカードX(ここではララバイ)

     

    ※わかりやすいようにゴーヤマ展開の続きから

     

    カブラA召喚、効果でゴエモンキー回収して召喚。
    サンマAをタップしてマナからサンマA召喚(進化元:カブラ・カターブラA)、
    ゴエモンキーをマナへ。

                     ↓

    XタップX召喚。サンマBタップサンマB召喚(進化元:サンマA)して効果で
    Xマナへ。

                     ↓

    サンマCタップサンマC召喚(進化元:サンマB)して自身をマナへ。

                     ↓

    カブラ・カターブラBタップカブラ・カターブラB召喚、ゴエモンキー回収
    (初めに戻る)

     

    このようにゴエモンキーを用いることで任意のカードXを無限に使いまわすことが
    可能ですが、ここでララバイを用いた場合、発生しうる問題として相手より
    自分のデッキが先に無くなってしまう事があります。
    これを回避する方法として、任意のXをマリニャンに変更して
    オールオーバーザワールドを完成させることが挙げられます。


    マナのループに不要なクリーチャーをある程度場に送り込み、
    ナッツマリニャンサンマッドジャーベルなどをマナに残してオバザ完成。
    場のクリーチャーをデッキへ戻してマナから軽減を再び作って・・って感じですね。

     

    4. 各種環境デッキに対する相性及びゲームプランについて

     

    その1.モルトNEXT  五分五分

     card100021748_1





























    お互いのフィニッシュまでにかかるターン数は大体同じであるため、
    じゃんけんが非常に重要になる対面。ドルマゲドンの効果でステップルが、
    ミツルギの効果でベイBジャックがそれぞれ破壊されてしまう事に注意しつつ
    可能な限り早期にフィニッシュループへとつなげたい。
    先行を取って最速でループを決める
    or各種シノビでハートバーンによる
    ジャスキルを防いで返しのターンにループが基本的なプランとなる。

     

    その2.ジョーカーズ やや不利

     card100050107_1






























    ナッシングゼロによるビートプランが非常に厄介であり、ニヤリーゲットを
    1枚プレイされるだけで相当苦しくなってしまう事しばしば。
    遅くとも3t目までにはループプランを取るかビートプランを取るかを
    決定すること。ループに5t以上かかるようであればさっさと殴ったほうが良い


    その3.猿ループ 五分

     card73710287_1



































    野菜型であればジャックサンマステップルでジャスキルを狙う。
    相手が風車型であれば速度で勝るためループも狙える対面ではあるものの、
    基本的には防御面が薄いためビートプランを選択したほうが勝ちやすい。

     

    その4.ビッグマナ 有利

    card100011651_1



























    デッキの速度では圧倒的に勝っており、序盤の妨害も少ないため非常にやりやすい。
    裏切りの魔狼月下城だけがややきついが、軽減さえあればトップで引いた
    サーチカードからバロン・ゴーヤマを叩き付けるだけで勝つことができる。
    ループの練習台にちょうど良い相手(笑)

     

    その5.(白)青黒ハンデス 有利

     card100036994_1

























    最近のハンデスはベガス+ガロウズのパッケージを採用している場合が
    殆どであるため、昔ほど序盤のハンデス量は多くない。
    墳墓による大量ランデスに注意しつつ、マリニャンを複数手札に抱えておくなど
    ハンデスのケアを怠らなければ問題ない。
    ジャーベルサンマアラゴトの使い方がカギを握る。

     

    その6.ロージアダンテ 五分~有利

     card100021967_1


























    他のデッキに対しても言える事であるが、このような盾の厚いデッキには
    無理に早期のビートプランを取る必要はない。デモンズライトに注意し、
    ジャック等を手札に抱えたまま軽減を建てていきループを目指す。
    早期にミラダンテⅫが着地する場合もあるが、サンマッドのマナ侵略の効果はかい
    ミラダンテⅫの効果の影響外である事は覚えておきたい。

     


    こんな感じでしょうか?猿ループが圧倒的に不利なデッキは
    速度+除去を併せ持つ赤白レッドゾーンくらいですが、ベガス+ガロウズ(波壊
    Go)が
    多くのデッキに採用されている今、そのシェアが非常に低くなっている事も
    猿ループにとっては追い風であると言えるでしょう。

     

     

    質問などありましたらTwitter@lagoon_0213までお願いします。

    みなさんもぜひこのデッキを練習して楽しい(自分だけ?)
    ループマスターズを行いましょう!