Sakiものとりひき

ヤングガンガンで連載中の麻雀漫画『咲-Saki-』のファンサイト。本編感想・考察・データ・イラスト・SS等。

イイ子イタい子真屋由暉子

 10月9日はジョン・レノンと真屋由暉子の誕生日です。そんなわけでユキの魅力でも布教しようかなーと本編読み返してて思ったんですが…………この子致命的にコミュニケーション下手だな!

 部ではもう先輩大好きっ子と化してるのでうまく溶け込めてるようですが、14巻の第137局を見てみましょう。副将戦の前半が終わりインターバルに入ると対局者のメガン・ダヴァンと愛宕絹恵が控室に戻ります。対局室で原村和と二人きりになり、他校の選手とまともに会話する機会が来ます。まず和が会話の取っかかり的に控室に戻らないのかと尋ねると、ユキの返答は「お邪魔ですか」どうやら暗に「一人になりたいから控室戻れよ」と言われたと受け取ったようです。こうやってすぐネガティブに受け止める人いますね。和もいやそんなこと言ってねーよってちょっと困惑してます。

 その後エトペンに目をつけて自分もその絵本読んだと会話を広げたのはファインプレーでした。おそらく和としては子供っぽい趣味であまり理解者がいなかったところに同志がいたと嬉しかったことでしょう。親にもあまり見せない笑顔で応えています。しかしちょっとズレてる真屋由暉子、何を思ったかいきなりエトペンをディスり始めます。「ペンギンよりエトピリカを応援する」「ペンギンのエゴを感じる」……いやほら、対局室に持ってきてずっとお守りみたいに抱えてるんだからよっぽど好きなんだろうなってわかるじゃん。それをどうして初対面でいきなり「私はそんなに好きじゃない」的なアピールをするのか。たぶんまわりが話題の映画で盛り上がってるところに「なんかお涙頂戴でチープじゃないですか?」とか言っちゃうタイプなんだろうなぁ。私は普通の人とは違う感覚持ってます感を出しちゃうんだろうなぁ。
 しかしさすがは10月4日天使の日生まれの和、「そういう見方もありますね」と感心した素振りを見せます。滅多にいない同年代のエトペン絵本読者を発見した喜びで何でも好意的に受け取るフィルターも掛かっているのかもしれません。五決の前にはモニター越しにユキを気にしている様子も見られます。ユキもビジュアルは地味っ子を脱したしクラスに友達もいるだろうけど、せっかくなので交流を深めてほしいですね。お互い部の面子には理解を得られない肩こりとかの悩みも共有できるだろうし。幸い特典ではよくペアになってるので一緒に海行ったり温泉行ったりすることもあり得ると受け止めておきます。どっちも企画力が規格外の先輩がいることだし清澄―有珠山に交流ができるのも時間の問題ということで。さあデジタル主義者とオカルトマニアが仲良くなったらどんな会話が繰り広げられるのかイマジンしましょう。




oka
実際は和って麻雀以外ではけっこうロマンチストな気がする

獅子原爽名言集

 咲-Saki-の名言製造機といえば? そう、池田華菜ですね。トビ寸前で優勝は絶望的な状況でも諦めず戦い抜いた姿は今なお記憶に新しい。「リーチせずにはいられないな」「そろそろまぜろよ」「もし神がいるのなら前に向かう者を好きでいてくれるはず」等、数々の名言を残してくれました。そしてもう一人、スピンオフである阿知賀編でチャンピオンの蹂躙が続く中、麻雀では敵わなくてもそのメンタルで大きな爪痕を残した花田煌です。「捨てゴマまかされました」「わかんない!おもしろい!」「自分が納得できるほう」等、少ない出番でこれでもかと名言をたたみかけてきました。
※厳密には「名場面」に当たるものも便宜上「名言」としています。続きを読む

咲-Saki-ガールズバンド編

 団体戦が五人一組ということで咲ジャンキーが妄想しがちなのがバスケのポジションとバンドのパートだと思う。しかし咲-Saki-ガールズバンド編の妄想は難しい。久/純/ダヴァンあたりは似合うけど、ややアングラな地下のライブハウスに他のメンバーを巻き込む図が想像できない。そうなるとやっぱり持ち前の行動力で突っ込んで巻き込んでいくやんちゃな子の出番。それに音楽となれば有珠山でしょう。爽は遊びとくれば何でも手出しそうだし、揺杏はそれにつき合って器用にこなしそうだし、ユキのアイドル化計画として歌というのは自然な流れ。ダンスも習得したことだし。誓子と成香は鼓笛隊経験から音楽の素養あり。西洋音楽はキリスト教と密接な関わりがあるからミッションスクールでは音楽の授業を大事にするとも聞くし、日常的な讃美歌でコーラスもばっちりだ。


真屋由暉子/Vocal――歌唱力は高くないがアイドル的なキャラクターとパフォーマンスで人気を集めるバンドの顔。華やかな衣装と目の輝きからダイヤモンド・ユキの異名を持つ。
獅子原爽/Guitar――次々に珍しい奏法や音作りを取り入れた曲を生み出すバンドの中心人物。高等テクニックを駆使しながらもニコニコと楽しそうにギターを弾く異端児。
桧森誓子/Drums――安定感に欠け、すぐに走ってしまうためプレイヤーとしての評価は高くないが、手数が多くかなり前面に出て来る面白いドラムを叩く。
岩館揺杏/Bass――安定して8分で刻む堅実なプレイが持ち味の職人的ベーシスト。上三人の暴走を支える縁の下の力持ち。ボーカルより高音のコーラスに定評がある。
本内成香/Keyboard――数合わせの初心者。けっこう言いたいことは言ってくる。「私ならそのタイミングでアドリブを入れたりはしない…」

爽「ボーカルはユキで決まりとして、問題はドラムなんだよな」
揺杏「体力いるし練習場所限られてくるしで大変なのに目立たないからね~」
誓子「じゃんけんで!」

 揺杏の特技・裁縫でライブ衣装も思いどおり。うん、バンドとなれば有珠山が一番似合うな。そしてもう一チーム、ビジュアル的に似合うのは新道寺。姫子のV系でギター弾いてます感はすごい。主に下睫毛のせい。あと美子の髪型は絶対ロックバンドやってるでしょ。


花田煌/Vocal――独特の声質が病みつきになると評判。ライブでは絶対に歌詞がトバない強みを持つ。ダークな曲調にもめちゃくちゃポジティブな詞を乗せてくる。
白水哩/Guitar――バンド随一のテクニックを持つ頼れるリーダー。普段はチューニング間違えたりストラップ外れたりでよく「おああー!」してる。
鶴田姫子/Guitar――哩とのツインギターは息ぴったり。MCやコーラスで煌ともコンビ感がある。カッティングのときの「萌え袖ミュート」が持ちネタ。
安河内美子/Bass――スポーツで培った体力でライブ中激しく動き回っても演奏は終始安定。意外とベースラインは攻めてくる。
江崎仁美/Drums――一曲ごとに水分補給を欠かさない。政治色の強い詞を持ってきてはメンバーに却下される毎日。


 制服はそのままステージ衣装になりそう。そうか、この二チームは制服と髪型そのままでライブ映えしそうなんだ。ネクタイにライン入ってるのが強い。ライブ映えって点では六弦ベーシスト豊音なんて最高なんだけど、楽器は村でおばあちゃんと一緒に大正琴とかのイメージが。
 「こん積み重ねがおまえらん中にあっか…!」安定した演奏力でライブ回数をこなし地道にファンを増やした新道寺。「ちょっと遊んでくる!」過激なパフォーマンスや即興性で話題を振りまき一気にのし上がった有珠山。音楽観の違いで真っ向から対立する二組がついに対バンで顔を合わせる――的なスピンオフでお願いします。カリスマ煌が一秒間に十回すばら発言したり。ユキが「昨日ははやりんトバしたぜ 今日はすこやん毟ってやる」と歌ったり。

kasi0

【SS】凡人変人ルームシェア3

 末原さんと爽くんの大学生活もの第三弾。今回はバドやったり髪切ったり看病したり。



>本編はこちら(pixiv)<




 このシリーズはただ二人が一緒におもしろおかしく暮らすのを書きたかっただけなので、今のところ他のキャラをがっつり出す予定はありません。揺杏と由子ぐらいはちょっと考えたけど語尾がネック。
 爽って行動力あって明るくて頭良くて異能持ちという強キャラなのでほとんどどのキャラと絡んでも優位というか、イニシアチブを握るイメージなんですよね。それが末原さんだと頭脳派で勝ち気で冷たくあしらうこともできて「はわわ~」みたいにならないから対等につきあえるイメージ。押すだけじゃない爽の魅力を引き出してくれるありがたい存在です。ゴッドブレススエハラ。

今更ながら咲日和感想

 本誌追わなくなると感想カテゴリーが無駄になるので『咲日和』全7巻を軽く振り返ってみました。数字は登場回数です。


清澄⑨
 明るくおバカな優希と発案係の久がメインで回ってる。部長回・高遠原回・映画回にも出演してて出番的にも申し分ない。ただ主人公と相棒をあまりはっちゃけさせるわけにはいかない分、ネタとしては大人しいイメージも。英語回のおまけのテンション高い二人が好き。
続きを読む
管理人:あるみね
別名:準決がアニメ化して有珠山人気が爆発するのをひっそりと待ち続けるブログ

SS早見表

各種データ

このサイトについて(注意事項)
カテゴリー
月別アーカイブ
メッセージ

名前
本文