Sakiものとりひき

ヤングガンガンで連載中の麻雀漫画『咲-Saki-』のファンサイト。本編感想・考察・データ・イラスト・SS等。

【SS】万末節の夜に

 末誕もの。いくつか書いた末爽シリーズに入れるか迷ったけど番外編ということで。


◆本編はこちら(pixiv)◆



獅子原爽 8月2日生まれ・獅子座
末原恭子 8月9日生まれ・獅子座


 この2人が同じコミュニティにいたらとりあえず普通に友達いる末原が誕生日聞かれるじゃん。それで「ちなみに爽は私の一週間前な」とか言ってみんな「ああ、うん……」みたいな微妙な空気になるじゃん。んで当日になってもちょっと浮いてる獅子原の誕生日はみんなスルーするじゃん。末原の誕生日にはもう大学が夏休み入ってるじゃん。結局2人でいつもの軽いノリで祝うじゃん。末爽最高じゃん。

咲-Saki-の検索汚染王

 ネットで検索してるとふいに二次元キャラのイラストが大量に出て来ることがあります。調べてみるとどうもソシャゲのキャラらしく、興味ない身からすると邪魔でしょうがない。これが俗に言う検索汚染かー…なんて思ってたら心配になりました。咲-Saki-でも同じような現象が起こってて興味ない人から疎まれてやしないかと。というわけで今回の企画は『咲ファンなら第一に咲を連想する単語をいろいろgoogle画像検索してみよう』です。
続きを読む

獅子原爽の守備力ってどうなの

 おそらく咲ファンの間での獅子原爽の評価は「能力・火力はすごいけど基本雀力・守備力はいまいち」に落ち着いているのではないでしょうか。対局は準決勝と五決の二回描写されましたが、どちらも高打点の和了りはあるもののそれ以上にツモられ放銃しています。その評価は無理もないところです。しかしこことかここらへんの過去記事でしつこく主張しているように、我々は開始時ダンラスで高目狙い全ツッパするしかない獅子原爽の麻雀しか見ていないのです。「安牌を多く確保しておく」「ちょっと先行されたらオリ気味に打つ」「安手で流す」等が許されない状況だったのです。もし爽が大将戦開始時に1位や2位で逃げる方の立場だったらもっと安全運転で打っていたでしょう。そこで今回はカムイや雲の守備的な使い道を考察してみました。
続きを読む

そろそろ桧森誓子に関する誤解を解いておきたい

 「桧森誓子が五位決定戦前夜に獅子原爽と一緒の布団で裸で寝てた」という話がちらほら目につきます。最初はネタだと思ってたけどなんだか本気にしてそうな人が見受けられるので、一度はっきり否定しておきたい。そんな事実はありません。おおむね合ってはいるけど「裸で」というのは事実無根です。
 確かにそういう絵は存在します。16巻の第160局「5決」89ページがヤングガンガン掲載当時には原稿未完成状態で、豊音/白望/洋榎/誓子/爽/一が真っ裸で驚いた記憶があります。これについては原作者ブログで

――服を描く余裕がなかったページがある

と言及されています。その後単行本に収録された際には豊音/白望/誓子/爽は無事着衣状態に修正されていました。修正されなかった洋榎は寝相が悪くてはだけた、一は裸族ということでしょう。どうもこのときに誓子と爽の間に枠線が引かれたこととごっちゃになってるのではないかと。雑誌では同じコマにいた誓子と爽が単行本ではコマが分けられ、なんだ一緒に寝てたわけじゃなかったんだーと思ったら原作者ブログで枠線について言及がありました。

――あまりにも直接的かなあと思って単行本で原稿修正時に自粛で枠線を足しました。 でも起こった事象自体は雑誌版と変わってないです。

 ここで雑誌版を「服を着ないで一緒に寝てた」版と想定するのは誤りです。服を着てないのはあくまで描く余裕がなかったからで、雑誌版とは「一緒に寝てた」版です。そうじゃないと豊音と白望も全裸で野外徘徊するヤバい奴らになってしまいます。そこを誤解して「爽と誓子が肉体関係持ってるレズカップル」なんてのをさも公式のように触れ回るのは勘弁してほしい。そもそもみんなで寝てる大部屋で試合前日に盛るかって話だし。
 じゃあ何が直接的なのか、何を自粛したのかという話ですが、これはもうアレです。桧森誓子が愛情に飢えて夜な夜な無意識に人の布団に潜り込む夢遊病患者という設定です。教会の娘で品行方正でいなければならない重圧…両親の愛情が教会を訪れる信徒の子供たちに注がれ自分が大事にされていないのではないかという不安…いつしか表向きは優等生の桧森誓子、幼馴染たちの前ではワガママ甘えたがりチカちゃんという二面性を獲得してしまったのです。
 うん、相当苦しい解釈なのはわかってます。なのでもっと良い言い訳が思い浮かんだら教えてください。直接的とか自粛とか言われたらそりゃあっちの意味で捉えるよなぁ…最近の日記では同性婚とかiPSにも言及されちゃったし。ただ自分はあの設定は好きじゃないので無いものとしてます。作品中で提示された情報以外の取捨選択は読者の自由だと思うので。そもそもあそこで得られる情報とか裏設定は作者ブログまで見に来る熱心なファンに向けたサービスでしょう。「この漫画はスピンオフとかアニメとかゲームとかイベントとかブログとかで明かされる情報を念頭に置かなきゃ読めません」ってわけでもないし、気に入らなきゃスルーすればいいと思います。これまで身長とか呼び方とか各種質問への回答とか散々楽しませてもらっておきながら自分の気に入らない設定が出たら「作者がブログでそういうのを垂れ流すべきじゃない」なんて主張するのも虫のいい話だし。

 そういうわけで今後も自分の書く文や絵に同性婚可な世界設定や爽と誓子デキてる設定は反映されないことを宣言しておきます。ついでに言っておくと自分の中では怜と竜華とか哩と姫子もデキてるわけじゃなくて行きすぎた友情とか敬愛と認識してます。


謎が解けた話
 前々から『ハイスコアガール』の日高小春を見てると「誰かを彷彿とさせるんだよなぁ…」と思っていました。あのめんどくさい感じ、金髪で主張の強い睫毛……これチカセンだ!
score
誓子のゲームの腕前を咲ファンにアンケート取ったら9割以上が「下手だと思う」を選ぶ気がする


その他近況
・19巻読みました。残念ながら有珠山出なかったけど個人的に好きな打ち筋ランキング第2位の辻垣内さんのおかげで楽しめました。
表紙キャラまとめは発売日に更新してあります。
イラスト倉庫にひっそりと1枚追加しました。最近末原さんをいじるネタばかり浮かんでしまう。

咲キャラ名字10選

 膨大なキャラクター数を誇る作品の楽しみの一つとして「名前」があります。特に咲-Saki-では脇役にも高確率で名前があてがわれているので、新しくキャラが出る度にかっこいい・かわいい・おもしろい名前だなーと感じたり「こんな強烈なキャラで意外と普通な名前」みたいにギャップを楽しむことができます。そんな膨大なキャラ名から、今回は名字に注目して個人的に好きだったり印象深かったりする名字を10個選んでみました。ランキング形式にしようと思ったけど比べるのが難しかったので順位関係なしの10選です。

●宮永
 やっぱりまずは主人公(とその姉)でしょう。さほど強くない字面の中に風格を感じる。永咲みやながさきってフルネームの字面や響きの美しさは全キャラ中最高峰だと思う。界・愛・照と漢字一文字ひらがな二文字の家族の中でも咲が一番しっくりくる。一番聞き慣れてるからだろうけど。
続きを読む

管理人:あるみね
コメント・感想ありがとうございます
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリー
メッセージ

名前
本文
  • ライブドアブログ