以前紹介した漫画『バレーの球語たまご』の最新話で、新しく登場したチームとの練習試合が始まりました。その相手チームに全身真っ黒なユニフォームで黒髪ロングの長身という、誰かを彷彿とさせる女子高生が…これ姉帯さんだ!
 バレーボール漫画なので女子でも背の高いキャラが出てくるのは当然ですが、一人だけ頭飛び出てます。対面の主人公チームのエースが連載前の設定と変わってなければ170cmなので、推定190cmほどあるのではないかという長身っぷりです。まだ表情も性格も名前もわかってないのでぱっと見の印象だけですが。むしろそこらへんがわかったら一気に「似てないじゃん」となるでしょう。なにしろ姉帯さんは2m弱のミーハー小動物という突然変異的な存在なので、まず被ることはないでしょうから。
 画像を引用しようと思ったのですが、1話の中で一番の決めのページだったのでやめました。無料で読めるのでこちらからお確かめ下さい↓

『バレーの球語』(裏サンデー)


 最後のページの見開きでぬぼーっと立ってる子です。ちなみに主人公チームの一番奥の子は成香と同じ右メカクレな髪型のキャラなんですが、性格が正反対のクソ生意気系なのでいつも「成香がこんなこと言ってたら…」と想像して楽しんでいます。「サーセン」「おウィッスゥ~」とか言う成香…

nar1

 近々2巻が発売される予定なんですが、この表紙がかなり良いんです。自分の好きなキャラというフィルターがあるにしても、こういうハッタリのきいた構図は見ていて惚れ惚れします。そして手の形がまた素晴らしい。私が『咲-Saki-』を好きな要因の一つに「手の描き方」があります。麻雀漫画なので様々な形をした手を様々な角度から描いているわけですが、それが適度にデフォルメされた綺麗な線で、手だけ見ながら読んでも面白いぐらいです。これが近代麻雀系だと劇画的で肉付きが良すぎる…かといってヤングガンガンの他の漫画とか少女漫画みたいに骨張りすぎて肉感がないのは魅力を感じない。完全に好みの問題ですが、私にとって好きな手を描いてくれる二大漫画が『咲-Saki-』と『バレーの球語』なんです。
 いやべつに手フェチってわけでもないんですが。自分が描くの苦手なので憧れてるのかもしれません。とにかく、『咲-Saki-』を読んで「手が綺麗だなー」「いろんな形の手描くなー」と感じた人にもオススメな『バレーの球語』2巻は1月19日発売なので、ヤンガンを買うついでに表紙をご覧下さい。業者の回し者でも作者の知人でもないんですが、自分の好きな漫画があまりに知名度なくて打ち切られたりしたら悲しいので。ヤングガンガンの看板を背負う咲-Saki-の読者の3%にでも広まってくれたら…

nar2b