咲-Saki-の名言製造機といえば? そう、池田華菜ですね。トビ寸前で優勝は絶望的な状況でも諦めず戦い抜いた姿は今なお記憶に新しい。「リーチせずにはいられないな」「そろそろまぜろよ」「もし神がいるのなら前に向かう者を好きでいてくれるはず」等、数々の名言を残してくれました。そしてもう一人、スピンオフである阿知賀編でチャンピオンの蹂躙が続く中、麻雀では敵わなくてもそのメンタルで大きな爪痕を残した花田煌です。「捨てゴマまかされました」「わかんない!おもしろい!」「自分が納得できるほう」等、少ない出番でこれでもかと名言をたたみかけてきました。
※厳密には「名場面」に当たるものも便宜上「名言」としています。
 二人に共通するのはどこまでも前向きなところです。そして前向きといえば獅子原爽です。麻雀強豪校のあれこれを背負う二人と違って根本的に緩いのであまり熱い展開とか熱い台詞はないけど、独特のワードセンスと引用術で名言を生み出しています。準決やってたのも気づけば3年も4年も前なので、今一度振り返ってみようと思います。



名言集

●私は弱い時にこそ強い! って誰かが言ってたから大丈夫だ!(114局)
 先鋒戦で5万点以上削られた成香を慰めた台詞。新約聖書『コリントの信徒への手紙』から引用。1年生のユキから即座に訂正が入り、こいつアホなんだなと印象づけた。

●何事もどうしようもないときだってあるさ(129局)
 トビ寸前まで毟られた揺杏を慰めた台詞。実際相手が風神&悪待ち&守りの化身だったからどうしようもなかった。

●心安かれ恐るるなかれ 汝死ぬることあらじ(132局)
 旧約聖書『士師しし記』からの引用。神に選ばれた士師(軍事的・政治的指導者)に対して神がかけた言葉。それに対するユキの返しは士師から神への言葉。士師はさばつかさともいいます。おそらくユキの心中は「私が士師…裁き司…かっこいい!」だった。トビ寸前の状況で副将戦に臨むユキへの激励としては「ユキには神の加護がある。トぶことはないから安心して打ってこい」なのか。それとも「あんま気負ってビビるな。トンでも死ぬわけじゃねーんだ」なのか。

●暗雲低迷でも雲外蒼天(137局)
 ユキがなかなか和了れないのに焦れる控室で、麻雀は80%ぐらいは和了れない局だとした上での台詞。悪い状態が続いてて抜け出せないように見えても、なんとか困難を乗り越えればいいことあるよ…というところか。雲つながりの四字熟語を用いてチカセンとの器の違いを見せつけた台詞。

あめしたすべての事には期あり すべて事務わざには時ありだ(137局)
 四字熟語に続けて引用した旧約聖書『伝道の書』(『コヘレトの言葉』とも)第3章。あらゆる事柄はそれにふさわしい時に起こるよう神が定めている。自分の器以上に幸福を求めても仕方ない。ただ自分に定められた神の祝福を待つことこそが人間のふさわしい姿である。おそらくそんな意味。たぶん爽としては「そのうちいいことあるさ」ぐらいの感覚では。

●嶺の上に花が咲く――いい名前の役だ(152局)
 自分のチャンスを潰され和了られてこの感想。主人公を認める大物ポジション。その後も「野の百合を見よ…労せず紡がざるなり――」と新約聖書『マタイによる福音書』からの引用で讃えている。



個人的に好きな台詞集

●それほど変わらんけどね(122局)
 久の打牌に対して成香から物言いが入ったときの台詞。河の状況がわからないからなんとも言えないけど、常に最善手を追い求める雀士の中でも大ざっぱに切り捨てる異質な感じがいい。

●お前ヒマだったらうちの部活にいつでも遊びにきていい…っていうか今から来い!(129局)
 ぼっちで無感情気味な中学生の人生を転換させた初対面での一撃。「きていい」から間髪入れず「来い」ってペース握ってる感じがいい。

●ちょっと遊んでくる!(142局)
 決勝進出がかかった魔物揃いの大将戦を「遊ぶ」と表現。爽っぽさが表れてる台詞。

●前向きに考えていこうか(148局)
 振り込んでも雲を温存できたとポジティブシンキング。爽っぽさが表れてる台詞。

●親なんだよなぁ(184局)
 リザベーションが来る可能性大の状況で困ってるんだか困ってないんだかわからない緩い感じがいい。

※末原さん絡みはほぼ全部入ってくるので割愛。



迷言集

●トイレは入れるとこじゃなくて出すところ(120局)
 言わずと知れた下ネタの代表格。おもちネタなんかはあったけど基本的に品行方正な咲世界に突如ぶっ込んできたため、有珠山のイメージを一瞬で汚くした。

●ユキはやっぱりやわらかいな!(129局)
 着替えを手伝う中での一言。おそらく衣装を作った揺杏が着付けるんだろうけど、爽はそもそも手伝う必要があるのか。誓子に不必要な動きと言われてるし、着替えに便乗してセクハラしてるだけでは。「やっぱり」なので常習犯と思われる。

●おまえいじめられっ子だな!(129局)
 初対面でこの直球。笑顔で言い放つ姿は「こいつサイコ野郎か?」と印象づけた。

●動じないなぁ 一部は揺れるのに(185局)
 竜華のメンタルとスタイルを同時に評価する一言。対局中にふざけるこの余裕。モノローグなので本質的にひょうきんなんでしょう。



 作風からして女子高生の華やかな部活ものなので明るい名言が多いですね。とはいえシビアな勝負の世界でもあるのでたまにはダークで皮肉な名言も欲しくなる。今思うと衣はしっかり悪役やれてたなぁ。「塵芥じんかいども」って警告食らうレベルでしょ。準決で煽りを見せた悪役ネリーには決勝で「確かに麻雀って楽しいよね。金になるからね」とか言ってほしい。すでにパウチで威厳が落ちたのは見なかったことにしよう。



kan