先日の記事では思いつきのチーム分けにがっつり考察コメントいただきましてありがとうございます。順位予想も自分と全然違ってて、やっぱり人それぞれの感じ方があっておもしろいなぁと思いました。
 さて、現在ドハマり中のMリーグなんですが、意外なところで咲-Saki-とのつながりを発見しました。チームEX風林火山沢和典プロなんですが…なんと咲アニメの牌譜監修をしていた人なのです。麻雀界きってのイケメンで知られ、長年麻雀人気の向上に努めてきた滝沢プロ。しかし近年はスランプで、どうせ選ばれるわけないとドラフト会議にも行かなかったようです。ところがまさかの2位指名。プロの対局では珍しい赤入りのルールが合っていたのかスタイルを修正したのか、今では個人成績トップ争いをするほどに。大明槓で新ドラモロ乗りしたり大三元や四暗刻張ったり、なんという主人公属性。Mリーグよく知らない人はとりあえず咲に携わってくれた滝沢プロを応援しましょう。


 週一でやってるダイジェスト番組『熱闘!Mリーグ』では咲実写に出演した役者さんが何回かゲストに呼ばれてるようです。#15では花田煌役の野優花さんが出てました。咲がきっかけで麻雀やるようになったとか四暗刻和了ったとか、そうやって麻雀の輪が広がるのっていいですね。自分がこの番組で一番楽しみにしてるのが「じゃいの眼」コーナーです。一週間の対局の中からこれぞプロの一打というのを紹介してるんですが、読みが深すぎて感心します。#7の園田マジックは必見。しかし毎回出場選手紹介で呼ばれる二つ名のクソダサ加減には笑ってしまう。“麻雀○○”と“卓上の○○”多すぎ問題。特に女流雀士に使われてるフレーズからおっさん臭さが漂う。「地獄の門番」とか「ゼウス」って真屋由暉子的なセンスがかなりマシな方という事態。せっかくプロリーグという新しい試みなので二つ名も一新したらどうでしょうか。

copy


 Mリーグは終盤にきて大混戦と盛り上がる展開になってます。この前の試合ではまたものすごい一局が飛び出しました。

●麻雀・Mリーグ 1/28 ハイライト(Youtube)●

 この配牌からこの最終形は漫画でもやりすぎって言われるレベル。しかも西スルーって…麻雀って楽しいよね。