小野和俊のブログ

アプレッソの社長&セゾン情報システムズのCTOの個人的なブログです。

「技術力強化、PM力強化」

この1年間、私がCTOとして向き合うべき主たる課題はこの2つだった。

■ 技術力強化
技術力強化については、昨年4月に私が管轄するテクノベーションセンターを立ち上げ、「ものづくりの技術の会社への原点回帰」という方針に基づいて1年間で様々な施策を講じてきた。モダン開発推進チームの立ち上げによってCI/CD、テスト自動化等の概念が徐々に浸透し始めてきたし、一度モダン開発推進が支援したチームからは、その後さらなる改善に向けて継続的に相談が来たりもし始めた。全社的に利用されるようになったSlackでは毎日のようにプログラミング談義も含めた多数の技術的な質問と回答、情報共有が行われるようになった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとことで言えば、「レビュー文化は良くない」ということになるだろうか。

Slack導入、そして同時期に開始した服装の自由化、バイモーダルという考え方の浸透、AIやブロックチェーンを活用したPOC等の取り組みによって、SIerとしてのセゾン情報システムズは、社内の雰囲気もずいぶんと変わってきた。

しかし、こうした取り組みだけではどうにもならないものも少なからずあった。
そのひとつは、「悪い報告がしづらい」ことだった。

これは他のSIerでも同様のことが多いのではないかと思うが、問題プロジェクトに認定されると、品質管理部のモニタリングが強化されたり、第三者によるプロジェクト監査が始まったり、経営会議での定期的な報告が求められたり、何をやっているのかとレビューでこっぴどく叩かれたり、、、。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Slackを入れるとSIerはどうなるのか?」

しばらくブログを休んでいたので少しだけ自己紹介をしよう。アプレッソというベンチャー企業を立ち上げて、セゾン情報システムズという会社にexitした。そしていまはアプレッソの社長として仕事をする傍ら、セゾン情報システムズのCTOの仕事もしている。どちらかというといまはセゾン情報の仕事の比重が高いから、リアルの世界では「セゾン情報の小野」と思っている人の方が増えてきていると思う。

「このままでは、SIに未来はない。だから変わらなければならない。」
「当社の社員は言われたことしかできない。」

SIerの経営者と会話していると、よくこんな言葉を耳にする。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

暖かくなってくると、とかく人間を悩ませるのが蚊の存在である。

私は今年の3月に杉並区の一軒家に引っ越したのだが、裏の家にはかなり大きな庭があるなど、近くに自然が多く、引っ越す前からこの家では蚊の問題がかなり深刻であろうことが予想された。

しかし、私には勝算があった。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このところ知人からよく、「小野さんはプログラマーから経営者になった」と言われる。これはまさにその通りで、かつてソースコードを美しくリファクタリングすることに情熱を燃やした私は、いまは組織をより良いものにしていくことに情熱を燃やしている。つまりリファクタリング対象がソースコードから会社に変わったのだ。

そんな私が今やや苦戦しつつもやりがいを感じて取り組んでいるのが、「2つの異なる文化の共存協調」だ。具体的には、大企業的な文化とベンチャー的な文化を共存させ、かつ協調させようにしようとしている。ウォーターフォール的な文化とアジャイル的な文化の共存協調、と言い換えることもできるだろう。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はアプレッソの開発部のキックオフミーティングだった。

若いメンバーのひとりが発表の中で、

「ブログを書いてこの記事がヒットして・・・」

と楽しげに話していて、
私はもうずいぶんと長いことブログを書いていなかったのだが、
なんだか懐かしいなあ、と思い、
今日は久しぶりに自分のブログを開いて、
過去に書いた記事を読み返したりしていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

3月半ばからエンジニアチームの一部で上下昇降デスクを導入している。
まずは10台程導入したのだが、社内でとても好評なことに加え、
知人に話すと自社でも導入したいと言われることも多いのでブログで紹介してみたい。

上下昇降デスクとは、ボタンを押すとウィーンと机が電動で上がったり下がったりするデスクで、
あらかじめ自分に合った高さを設定しておくことで、
ボタンひとつで座って仕事をするモードと立って仕事をするモードとを切り替えることができる。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

レジリエンスという言葉が話題になっているのを見て懐かしく感じている。
私がWoWで学んだことは数多くあるが、レジリエンスもその一つだった。

この記事から引用すれば、企業や個人にとってのレジリエンスとは次のようなものだ。

「何かが起きることは間違いないから、その変化とそれによって受けるダメージに耐え、吸収し、そして次の新しい均衡環境(=成長もしくは衰退)につなげられるようにしよう(=レジリエンス)」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週は久しぶりにシリコンバレーに行ってきた。

訪問先は大きく2つあり、ひとつはシリコンバレーで勢いのある企業。
もうひとつはシリコンバレーで活躍する日本人エンジニアだった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「HRTの原則」という言葉をご存知だろうか。

これは書籍 Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか で紹介されている言葉であり、本書ではほぼ一冊すべてをかけてこのHRTの原則とその実践方法とを様々な角度から紹介している。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ