小野和俊のブログ

個人的なブログです。

2005年11月

前のエントリの続きを書く予定のところを、少しだけ脱線。

エラスリス・ヴィニエド・チャドウィック。
毎日ワインを2本ずつ飲み比べたりした時期もあったけれど、
ここまで美味しいワインは生まれて初めて。

ヴィニエド チャドウィック '02Vinedo Chadwick [2002]

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラム・デザイナーはプログラムをデザインする。

プログラムを再利用する人のために、
プログラムで使われる名前を何度も考え直す。

最小の手間で機能を拡張できるように、
プログラムの設計を何度も考え直す。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

宝生流の五雲会に行った。重松清の疾走を読んだ。
アカシアのバーでトキコさんが両親を看取った時の話を聞いた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

五感を刺激するソフトウェアの続きで書きたかったのが、ロボットによる愛情表現だ。
五感を刺激するソフトウェアが実現すれば、今触っているものの手触りをメールに添付して送ったり、臭いを Web にアップしたり、味を FTP サーバーに put したりすることができるようになる。
遠隔地でのコミュニケーションを考えた場合、ロボットは五感を超えた表現力を提供するメディアに成り得る。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「地球の公転速度は29km/秒」と教科書で読むよりも、センソリウムWhile you were...(文字化けする場合はエンコードを Shift_JIS に変更)をしばらく眺めている方が、地球が太陽の周りをどのくらいの速度で回っているのかを体感することができる。

パワーズ・オブ・テンはわずか10分程度の短い映像だが、公園で寝そべる男女の映像からカメラの視点を10のn乗の速度で宇宙の遙か彼方まで行って引き離していって、そこから今度は逆に細胞の世界に入っていくという衝撃的な映像だ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

中学校に入りたての剣道部の新入生。
2つ上の先輩にラーメンをおごってもらう。
自分たちは一回戦どまりだったけれど、お前らの代なら。
県大会ってそんなにすごいんですか、
新入生は息を飲み、目を輝かせる。
リリイ・シュシュに出てくる1シーンだ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ