発想力やある分野における能力について他の人が足元にも及ばないような才能を持つ人が、時間を守るとか、字をそこそこ綺麗に書くとか、人のことを怒らせないとか、そういった誰でもできるようなことがまるでできない、ということは結構よくあることで、こういうケースは要するに、Lv.10 の人は Lv.5 の呪文は唱えられそうなものなのに、Lv.30 なのに Lv.3 の呪文が唱えられないことがある、ということなのである。

一段一段階段を上っていくような形式で行われる新人教育やら何やらといったものはこの意味においてやっかいで、「Lv.3 の呪文さえ唱えられない」まったく使い物にならないように見える人の隠れた Lv.30 の才能に対して、周囲を盲目にさせてしまうことがあって大変危険である。得意不得意という場合もあり、ある分野では初歩的なことから特別なことまで、どこにつけても才能を見出すことができないように思えた人が、別の分野に移った瞬間に突然光り輝きはじめることもある。

また一方で、能力もあり物腰も柔らかく人の発言にもよく耳を傾け、際立つ能力を持ちながら一個人としても周囲の尊敬を集める人が、何らかの理由でその場所を去り、活気を失うのではないかと心配された残された人々が、残された自分たちが、という使命感以上に、はっきりと自分より上に位置する人がいなくなったことによる開放感から、今まで目指すことをしていなかったレベルにまで踏み込み始めて、聖人のように見えたあの人がいなくなってからの方が、結果的にはうまくいったという話も割とよく聞く。このような場合において、あらゆる意味において優秀だったその人と組織との関係をどのように判断していけばよいのかということについては、よく考えなければならない。

夕方職場で、火傷してはがれてきた上顎の皮を舌で丸めながら、以上のことを考えた。



隠れた人材価値―高業績を続ける組織の秘密
チャールズ オライリー ジェフリー フェファー
Charles A.,3 O’Reilly Jeffrey Pfeffer
広田 里子 有賀 裕子 長谷川 喜一郎
翔泳社 (2002/03)
売り上げランキング: 65,998
おすすめ度の平均: 4.5
5 経営者にはまずこれを読んでもらいたいですね
5 War For Talent
5 大切な視点ですね。