人の発言に噛み付くようなエントリはあまり書かないことにしているのだが、こんなテクニックを使うマネージャが増えていくことを少しでも阻止したいと強く強く思うので書く。

芦屋広太 ひとつ上のヒューマンマネジメント : 5分で人を育てる技術 (5)言うことを聞かない“自信過剰な部下”

上記の記事は、頭は良いが自分の言うことを聞いてくれない部下を、無能な上司が周囲にネチネチと根回しして物言わぬ奴隷としてこき使っていくためにはどのような小賢しくて汚いテクニックがあるのかを、「マネジメントのプロ」がニヤニヤしながらケーススタディを用いて解説する極めて醜悪で下品な最低の記事である。やや過激な言い方ではあるが、少なくとも私は、そこまで書いても書き足りないくらいの生理的嫌悪感を感じる。

この記事の中で最も印象深いのは、頭の良い部下が上司の話を聞こうとしないのを、上司が自分に何か足りないところがあるのではないかという内省的な視点を一切持つことをせず、「変わった人」である彼は上司の言うことを聞かないのだという風に乱暴に決め付けてふんぞり返っている、その精神の腐敗とでも言うべき態度であり精神性であり思考停止の姿である。

マネジメントが必要となるのは、他人同士でありながら一つの目標に向かっていこうとする行為がそこにあるからであって、仕事が一番大事という人でなくとも、考え方の違いがあり、それでも同じように目指していく目標があり、マネジメントとは突き詰めて言えば人間同士の正面からのぶつかり合いなのである。そこに小手先のテクニックで、しかも極めて卑しい方法でもって解決のように見える状況に持ち込んで相手のポテンシャルをつぶしていこうとするこのような考え方に対しては、はっきりと No! と言わずにはいられない。

2ch へのとある個人の投稿であるならまだ良い。事前にレビューのかかったメディアにおいてこんな記事がいけしゃあしゃあとマネジメントのプロでございとネットに公開されるのは何とも悲痛なことだと思う。

反対に一票。ふざけんな馬鹿野郎。