少し前までは、Web にメールアドレスを文字列として書いてしまうとスパムが大量に送られてくるから、個人のメールアドレスは Web には原則書かない、というのが一般的だった。

このブログのプロフィールのところにあるメールアドレスも 1ヶ月くらい前まではスパム対策で文字列ではなく画像で表示していたのだが、Gmail のスパムフィルタがとても賢く、最近はスパムメールに悩まされることがほとんどなくなったので、利便性を考慮して文字列を使う形に変更した。

Gmail をメインで使っていない場合でも、メーラーからサーバーに直接接続するのではなく、一度メールを Gmail に転送し、Gmail に対して POP 接続してスパムフィルタとして Gmail を使っている人も急速に増えてきている。*1

このような状況を見ていて思うのは、かつて検索で Google がデファクトスタンダードを取ったように、近い将来、Gmail はメールのデファクトに、あるいはそこまでは行かずとも、少なくともスパムフィルタのデファクトになる日は近いのではないかということである。

もしそうなった場合、自然に考えが及ぶのは、Google 八分と同じことが Gmail のスパムフィルタで起こらないか、ということである。

Google がここまで普及した今、Google 八分にあってしまったら、そのサイトは半ば Web からその存在を抹消されたようなものだ。

同じように、Gmail のスパムフィルタが今の勢いで普及していけば、Gmail 八分にあってしまったら、そのアカウントは半ばネットの世界から抹消されたようなものになってしまうかもしれない

メールを送っても、Gmail スパムフィルタではじかれてしまって、Gmail スパムフィルタを利用している数多くのユーザーにはそのメールは[迷惑メール]の一つでしかなく、基本的には読まれることはない。

それは杞憂じゃないかって?

でも一人だけいるんだな。本当に Gmail 八分にあった知り合いが。同僚で。しかも隣の席に。

ある日、彼がメールを送ったといっているのに、私のところにメールが届いていないことに気が付いた。

不思議に思って調べてみると、From が彼になっているメールは、ある時を境に Gmail のスパムフィルタで迷惑メールとして認識されるようになっていた。*2

そういうことがよくあるのであれば単に Gmail のスパムフィルタの精度が悪いだけなんだけれども、不安になって残っていたすべての迷惑メールを確認しても、スパムではないのにスパムフィルタに引っかかっていたのは彼一人だけ。

今回はたまたま席も近かったし気づいたから彼からのすべてのメールを社内で Gmail を使っている人みんなで [迷惑メールを解除]して解決したものの、誰かが嫌がらせで Google アカウントをたくさん取得して、ある人からの迷惑メールを報告したりすると簡単に Gmail 八分になりそうで怖い。*3

個人的には Google AdSense をある日突然契約解除されるという、AdSense 八分にあった経験もあり、もし Gmail 八分になってしまったときに Google にメールを送っても機械的なテンプレートメールが返ってくるのだろうと予想できてしまうだけになおさら怖い。*4

Gmail のスパムフィルタはとても便利だしこれからも使い続けるだろう。

でも Gmail 八分のようなことが起こりえるのだということは、忘れずにいたい。



*1 私の体感レベルでの話。統計的な裏付けはない。

*2 誤って誰かが彼からのメールを読みながら[迷惑メールを報告]をポチッとやってしまったという操作ミスの可能性は否定できない。そう、例えば私が。

*3 Gmail の内部的なアルゴリズムはわからないので、このようなことだけでは Gmail 八分になってしまうのかどうかはわからない。逆にそういう嫌がらせをしようとしたことがわかったらそのアドレスが Gmail 八分になったりするような仕様になっていたりするかもしれない。

*4 Google に問い合わせのメールを送ったがその後音沙汰はなく、私の AdSense アカウントはこのまま永久にアクティブになることはないだろう。



グーグル八分とは何か
吉本 敏洋
九天社 (2006/12)
売り上げランキング: 13069
おすすめ度の平均: 4.0
3 現代の村八分を考えるきっかけになる
4 検閲行為と削除の実行
5 最後まで一気読み!