2008年04月07日

Twitterで就職 - ネットコミュニケーションで仕事を決める時代

Check このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年末あたりから、開発加速のためにエンジニアを募集しようと、
商用媒体にいくつか広告を出したりしてみたのだが、
なかなか良い人が見つからず、困っていたのである。

何か方法はないかと社内で立ち話をしているとき、
ふとこんな風に思ったのである。

「Twitterに書いてみたらどうなるかな?」

その発言から5分もしないうちに、私は急いで席に戻って、
Twitter に社員募集のメッセージを書き込んだ。

これが、2月19日のことである。

その後、4月7日現在までに、約30人の人からリプライをもらったり、
DMをもらったり、会社見学に来てもらったりした。
結果的には現時点でもう出社している人が一人おり、
あと二人のエンジニアが近日中に開発チームに参加してくれることが決まっている。
今まさに面接の最中の人も何人かいる。

このエントリで書きたいことは、
Twitterで実際に採用活動ができた、
ということではない。

Twitterで採用活動をしてみたら、
今までの採用活動と全然違うことが起こった、

ということである。

■ はじめて会った、という気がしない
役職上、面接というのはかなりの回数、面接官の立場で経験してきたつもりだ。
これまで私が見てきた従来の採用活動と、
今回の Twitter の社員募集とで決定的に違ったことの一つは、

はじめて会った気がしない

ということだった。

それもそのはずである。
なぜなら Twitter で、
今日こんな楽しい事があったとか、
こんなエントリを書いたとか、
この音楽が好きとか、
こういう風になりたいとか、
眠いとか、酒飲みたいとか
今の仕事のここがいやとか、
一日ゲームばかりしてたとか、
そういう書き込みをお互いに見ているわけである。

従来のスタイルの面接では、
応募者からは志望動機、これまでの経歴、などが説明され、
企業側は会社の事業内容や会社の雰囲気、勤務形態
などについて説明するスタイルが一般的だった。

これが、今回のTwitterでの採用活動では、面接での会話は次のようなものだった。

まず企業側からの質問は、
「ブログで○○についてかなり調べて書かれてましたけど、
どのあたりに興味を持たれて始めたんですか?」
とか、
「Twitterに今の仕事がつまらないと書いてましたけど、
どのあたりが不満だったんですか?」

という感じで話が進み、
応募者側からの質問はと言えば、
「以前ブログでジョエルテストやってるってみましたけど、
例えばデイリービルドとかどんなレベルでやられてますか?」
とか、
「風邪治りました?」とか、
お互いにある程度相手のことを知っている前提で話が進むのである。

従来のスタイルが、まったくの他人同士が初めて会ってガードを上げながら
コミュニケーションしていくものだったのに対し、
以前から愚痴も嬉しかったことも聞いている知り合いが、
会社に興味を持って応募してきてくれたような感じで話が進んでいく。
しかも実際にはお互い一度もあったことがないのに、である。

時々、就職してみたら会社の雰囲気になじめないのでもう辞めたいとか、
採用してみたら職務経歴書に書いてあるようなスキルが全然なくて困ったとか、
そういう就職にまつわる不幸な話を耳にすることがあるが、
ネットコミュニケーションと仕事を決めることととの結びつきが強くなってくるにつれて、
そういうことは起こりにくくなってくるのではないか。

今回、実際に Twitter で社員を募集してみて、
そんな風に思った。


■ 関連エントリ
私が Twitter に毎日何十回もアクセスする理由
精読のTwitterと速読のTwitter
この先10年で、働くことの意味がきっと大きく変化する



twitterコミュニケーション・バイブル―気軽に書ける1行ブログ ブラウザインスタントメッセンジャーケータイ対応
菊地 芳枝
秀和システム
売り上げランキング: 81110
おすすめ度の平均: 5.0
5 Twitterに興味があるすべての人に最適
5 twitter の入門書として最高の一冊


Check このエントリーをはてなブックマークに追加
lalha at 18:02 │ウェブ | 仕事Comments(5)TrackBack(3)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アーリーアダプティブ・バイアス  [ 雑種路線でいこう ]   2008年04月07日 22:33
これは興味深いっていいたいところだけど、それって昔の草の根BBSとか、Junetとか、fjとか、Mosaicとか、Duke本が出て間もないころのJava-house MLとか、ICQとか、blogとか、Orkutとか、Greeとか、SecondLifeとか、最近のFacebookとか、みんなそうだったんじゃねーの、とか
2. 逮捕の窮地を救ったミニブログ(Twitter)の力  [ 専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】 ]   2008年05月05日 09:25
  最近米国の新聞ワシントン・ポストの記事で、続けて二つ、ブログやミ...
3. 将来の人材採用時の判断材料?  [ 企業内教育のアスクブログ ]   2009年01月18日 21:18
こんにちは。アスクの大原です。 ブログが一般に普及してから、社員採用の際に応募者のブログを採用の検討材料の一つにするなんていう話をよく聞くようになりました。大量に記事が...

この記事へのコメント

1. Posted by ode to   2008年04月08日 01:13
スーパーマッチョなイメージが
壊れていいんじゃないでしょうか?


ネトゲにはまったり、二日酔いだったり。ブツブツができたりw

人間味が伝わって、一緒に仕事をしたいって具体的に思えますよね。

2. Posted by an engineer   2008年04月10日 14:01
3 はじめまして。
アプレッソの人材募集を見てみたのですが、応募時に以下の項目が必要と書いてありました。

>お名前、希望職種、連絡先、年齢、性別

年齢と性別って、ソフトウェアエンジニアの能力と基本的に関係ないですよね。

海外ではどちらかというと、業務上絶対に重要でないかぎり、選考にあたって企業が応募者の年齢、性別を要求することはタブーとかきいています。

優秀な人ほどこういう募集要項を見ただけで逃げていくんじゃないでしょうかね。

と思った次第です。
3. Posted by 小野和俊   2008年04月10日 16:16
> an engineerさん

コメントありがとうございます。今、募集ページを見直してみたのですが、ご指摘の通りですね。人事に連絡してすぐ直すようにします。
4. Posted by yamanight   2008年04月11日 11:22
3 はじめまして〜
まったくの文系ですが、いつもたのしく拝見しております。先程、さっそくtwwitter登録しました。
よろしくー。
5. Posted by いつもご迷惑をおかけするKT   2008年04月12日 13:37
どこかの記事に、もっと部下と飲みに行け!というのがありました。
MBAのカリュキュラムにメンタルマネジメントが入ったように、人が十分な力を発揮するには、やはりその人の感性や文化を知る必要があり、それらのコミュニケーションは、飲みの場で培われる(世界共通で)だそうです。

我々の業界は、目まぐるしく変化する技術を追いつつも、顧客満足度を高めるために業務も知らなければならない上に、周囲とのコミュニケーションも肝な為、軍隊方式のような心身鍛練も必要ですが、それらを理解しえ得た上での仲間との仕事は楽しそうですね。

この記事にコメントする
(スパム対策のため、英数字のみからなるコメントは自動削除されますのでご注意ください。)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔