2008年04月14日

総務省「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」がすごい件

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベンチャー支援をしている知人から、総務省のプロジェクトでこんなんつくりましたということで、「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」という資料が送られてきたのだが、これが無料で配布されている資料とは思えないほどの非常に充実した内容で、いつか会社を始めるかもしれないと思っている人にはきっと役に立つだろうと思ったのでブログで紹介したいと思う。

「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」は218ページにわたるパワーポイントの資料からなる(PDF版もある)。

冒頭に下記のように宣言されているだけあって、その内容は実に生々しい。

説得力ある合理的な事業計画」をどう作成し、日々の経営にどう活かすのか、相談相手の少ないベンチャー経営者の参考にしていただくこと、指針を少しでもご提供することを意図している。こういった努力の結果、日本から急成長ベンチャーが1社でも多く生み出されることを強く祈願したい。
P.5 総務省 ICTベンチャー向け事業計画作成支援コースの意義 より

事業計画作成について詳しく記された書籍は10年来多数出版されているが、その結果として高成長ベンチャーが続々生まれた、という状況にはまだあまり至っていない。

その理由としては、①ベンチャー社長、ベンチャー創業準備中の方にとってこれらの書籍を使いこなすことが決して容易ではないこと(複雑すぎたり細かすぎたりする。普通の人には、なかなか全部を理解できない。一方、かゆいところに手が届いているわけでもない)、②ベンチャー社長が苦労している日々の課題解決にはほとんど触れず、事業計画作成だけにとどまっていること、さらに、③ベンチャー社長の経営能力にも極めて大きな改善余地があるが、強化方法はほとんどカバーされていないこと(社内の意思決定、事業計画の日々の実行、社内組織・体制構築、社長自身の成長等)などがある。

本マニュアルはこれを鑑み、ベンチャー社長、ベンチャー創業準備中の方が一人で(あるいは仲間と)読み、できるかぎり考えを深め、質の高い事業計画を作成できるような内容とした。またその事業計画に基づき、社長としてどう経営し、事業構築のリーダーシップを発揮すべきか、状況に応じいかに方向修正すべきか、自分自身をどう変革し成長させるべきか詳細に述べた。
P.6 本マニュアルのねらい より

例えば取締役会運営の項目では、次のような記載がある。
【陥りやすい問題点】
VC等の投資家が社外取締役、オブザーバーとして取締役会に参加する場合は、経営方針に関する本質的な議論よりも、月次決算の確認、予算達成状況等の確認・追及になることが比較的多い。質問も、何人かの投資家がそれぞれ納得するまで続けるので、膨大な時間を取られることがある。

【ベンチャー社長が取るべきアプローチ】
取締役会は機関決議等にとどめ、通常は毎月極力1時間程度で終了するよう、議事を進める。株主の質問だといって極端に遠慮せず、ある程度は仕切る。そうしないと、時間がいくらあっても足りない。出席しているVC間には遠慮が見られ、お互いの振舞いに対してあまりチャレンジしないことが常なので、社長が遠慮するとスピーディーに進められない。
P.105 取締役会の効果的な運営 より

普通、VCの人は立場上、こういうことはあまり言いたがらないものだ。

しかしベンチャー運営の実態として、上のような問題に頭を抱える企業経営者は私が知っている限りでも数多くおり、それを理由にVCからお金を入れてもらわなければよかったと不満をもらしている人もいる。こうした陥りやすい問題が事前に把握できていれば、そうならないようにしたいという希望をVCなどの投資家にはっきりと伝えながら交渉を進めていくことができ、資金調達後の投資家とのコミュニケーションも円滑に進みやすくなる。

上に挙げた内容は218ページ中の1ページのさらにほんの一部分で、こうした生々しくかつ実践的な内容が、事業計画書作成のポイント、事業計画書テンプレート、会社設立手続き、オフィスの決定と整備の方法、知財戦略、契約書の作成方法、NDA締結の意味、弁護士の使い方活かし方、エンジニアスキル評価制度、給与とストックオプションの決め方、資金調達までのステップとそれによって生じる責任、資本政策見本例など、多数の表やグラフなどの視覚的資料とともに項目ごとにまとめられており、さらに丁寧なことに各章の終りにはチェックリストまで付いている。

もちろん、ここで触れられているのは、どのようにやっていくかというHowの部分で、何をつくるのかというWhatの部分は自分自身で考えていかなければならない。

また、実際には、突然エンジェルが莫大な投資を決断してくれるなど、ここに書かれている「スタンダードなやり方」とは異なる形で事態が進展していくことも多々ある。

しかし、Whatが見えていながらもHowで行き詰ったとき、本資料はきっとあなたに何かしらのヒントを与えてくれるだろう。

近いうちに、あるいはいつの日にか自分で会社を立ち上げてみたいと思っている人にとって、これ程実践的に役立つ資料はなかなかお目にかかれないのではないか。

資料のダウンロードは以下のURLの「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」から:
総務省報道発表資料「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」及び「事業計画作成支援コースの運営とベンチャー支援上のポイント」の公表
→ 公開期限が切れてしまったようです。制作を担当したブレークスルーパートナーズさんの資料ダウンロードから同資料がダウンロードできます。

関連エントリ
ベンチャー企業の始め方
スーパーマリオとの会食
心に残るプレゼンは、必ずと言っていいほど事前に用意周到に準備されている

同資料についての他の方のエントリ
ヘッドハンター岡島悦子のインサイト - 事業計画書のバイブル登場!
巳野聡央の「新しいモノづくり」×「新しいビジネスモデル」の情報発信ブログ - 事業計画の作り方って誰に教えてもらいます?



ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!
梅田望夫
文藝春秋
売り上げランキング: 106
おすすめ度の平均: 4.5
4 起業家へのアドバイス
4 爽快な読後感
4 これからの時代の標になるかも・・・
5 シリコンバレー精神好きだ〜
4 ウェブ時代の名言集


Check このエントリーをはてなブックマークに追加
lalha at 17:19 │仕事  │Comments(5)TrackBack(9)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「事業計画作成とベンチャー経営の手引き(総務省)」のご紹介。  [ アップグレードふくい[ugf]担当者ブログ ]   2008年04月15日 09:24
[総務省「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」がすごい件 | 小野和俊のブログ]という記事より。 「事業計画作成とベンチャー経営の手引き(総務省)」がネットで評判になっているようなのでご紹介。 はてなブックマークのコメントでも、「総務省グッジョブ。」等概ね評価さ...
2. [economy][government]中小企業総合事業団”J-Net21”がすごい件  [ BI@K accelerated: hatena annex, bewaad.com ]   2008年04月16日 03:56
「総務省「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」がすごい件」(@小野和俊のブログ4/14付) のはてなブックマークもまたすごいことになっている件を見たわけですが、この手の情報がこれほどまでに歓迎されるというならば、「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」(以下
小野和俊さんのブログで絶賛されていたので、私もダウンロードしてみました。 ダウンロードは、総務省(報道資料)から パワー...
小野和俊さんのブログエントリ 総務省「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」がすごい件についてのぶくマがすごい数(800超)に上っており、みんな起業したいんだなぁ、がんばってほしいなぁと思ったのですが。 (追記)bewaadさんの紹介されたJ-netも読み応えがありますね
5. ITベンチャー起業の参考資料  [ 情報をつなげる ]   2008年04月25日 09:52
皆さんご存じかもしれないけれど、とてもよい資料だと思うので記しておきます。 小野和俊さんがブログで紹介していただいた、総務省の「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」を読みました。http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/080307_3.htmlここからPDFかパワー...
6. 割れたお皿のショップカードなど環境に優しいエコな名刺を発見  [ ALOHA YOUアロハユー For Hawaiian Life ]   2008年05月04日 16:16
久しぶりに、起業関連のエントリを。 ハワイ法人でもなくなったので、当ブログで取り上げる必要もなくなったのですが、 以前のエントリが、結構人気だったので、名刺関連のネタをご...
7. 自動スライドショーの使い方  [ 人と組織に関するブログ ]   2008年05月17日 08:48
写真や動画を撮ったり、それを編集してアルバムや動画ライブラリにしたりする趣味は全くない、のだが、とある「早回しスライドショー」を見て、そのサブリミナル的な情報圧縮・伝達力に感銘を受けて、使い方を考えたのだが、これが良好。 例えば次のような分厚いパワーポイ...
8. [ベンチャーキャピタル]Researching Venture Capital  [ My Image Ltd. (From Toshizumi Waki To Everywhere) ]   2008年07月14日 16:50
もろもろあり、VCについて今知りたいと強く思い、下記の書籍をアマゾンで(勢いで)買いました。 ハイテクベンチャーと創業支援型キャピタル 21世紀の国富論 ベンチャーキャピタルの実態と戦略 ベンチャーキャピタリストの実務 決定版 ベンチャーキャピタルハンドブック NBo
9. 革新的ソフトウェア企業の作り方  [ 後悔^H^H公開日記:別館 ]   2009年03月15日 18:18
このご時世のせいか,そういうトシなのか,同業から相談を受ける機会が増えた. 書評 起業したい病 雑談をしていると「自分もやっぱ起業するべきだと思うのですよね」というエンジニアが,結構いる.私への世辞か何かが半分なのだろうけれど,もう半分は選択肢の一つとして

この記事へのコメント

1. Posted by TARO   2008年04月14日 19:01
これ、うちにも回ってきました。
参考にしてますw
2. Posted by とおりすがり   2012年07月02日 18:50
非常に有用な資料なのですが、総務省のエントリが期限を過ぎて消えているので、辿れなくなってしまっています(実にお役所仕事)
ブレークスルーパートナーズさんのサイトからダウンロード可能です。
http://www.b-t-partners.com/
3. Posted by 小野和俊   2012年07月04日 11:04
とおりすがりさん

ご指摘ありがとうございます。本文の方にもブレークスルーパートナーズさんの資料ダウンロードページへのリンクを追記しておきました。
4. Posted by urawaboys   2014年05月27日 23:26
ブレークスルーパートナーズさんの資料ダウンロードページが変更となっていたようなのでこちらへ
http://b-t-partners.com/?page_id=140
5. Posted by 小野和俊   2014年05月28日 08:43
urawaboysさん

ありがとうございます、資料ダウンロードページ修正しておきました。

この記事にコメントする
(スパム対策のため、英数字のみからなるコメントは自動削除されますのでご注意ください。)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔