ランチで隣の席についた客は、食事中絶えず何かの文句を言っていた。

先日紹介を受けた保険には騙された、
近くにあるあの店は高い、あそこは良くない食材を使っている、
上司は使えない、同僚の誰それは直さなくてはならない欠点がある。
50歳近くと思われる彼は、奥さんと思しき正面に座った女性に対して
「もう本当に色々とダメなんだよ」、と、終始愚痴をこぼしていた。

何かをつくる立場を一度経験すると、
それについて軽率に悪く言う事はできなくなる。

以前、座談会で山崎晴可さんとご一緒した際、
彼が生活で触れることのある様々なものを
自ら本格的に製造してみようとすることについて、

「自分にはこれは無理なんだ」

ということを思い知りたくてそのようにしているのだ、
と話していたことがあった。

野菜でも一年も作り続けていると
細やかな土の味の違いがわかるようになり、
ビールやワインも自らゼロからつくってみると、
お店で出るたった一杯の生ビールがいかに
感動的な作品なのかを思い知ることができるという。

そしていままで色々なチャレンジをしてきた中で、
尊敬できない対象はただひとつとしてなかったのだという。

そんな風にして知り尽くすことのない世界を
断片的にでも理解しようと各所に突き進んでいけば、
きっと様々な物事の背景へと、
想像力の届く範囲が広がっていくのだろう。