クチートと併せて運用することを前提にしているミミッキュの型
対面から誤魔化せる範囲がとても広いため、対面構築の先発に向いている 



ミミッキュ

特性 化けの皮
持ち物 
ゴーストZ
性格 意地っ張り
努力地H180 A252 B4 D4 S68
 
実数値H153 A156 B101 x D126 S125 
シャドークロー 影撃ち 剣の舞 トリックルーム

トリックルームからのクチートとセットで考えることで、トリルと影撃ちでの誤魔化し範囲と霊妖の技範囲を両立した型 
剣舞+霊Zでクチートの苦手な鋼と炎に有効打を持つ

今のPTの強さの3割くらいがこいつかもしれない。それくらい使いやすい。
パルシェンやボーマンダなどの、ミミッキュが対面で勝てない相手に対してもトリルからのクチートで対応出来るのが本当に強い。



---------------------------------------------------------------------------------------------




A特化→最速テッカグヤ抜き→残り耐久

A156
特化
剣舞霊ZでHヒードラン、Hテッカグヤが高乱数1

HB153-101
メガグロス、メガルカのバレット耐え

HD153-126


S125
最速テッカグヤ抜き
最速ドランは抜いていないので対面で倒すには一工夫必要。



------------------------------------------------------------------------------------------- 









-----------------------



霊Zミミッキュはに滅法強い。




対ルカリオ
トリックルーム→霊Z→影撃ち
妖精Zだとルカリオが何も出来ず落ちてしまうし、H4ミミッキュならばバレットパンチで倒せるので大抵押してくる。それを耐えて霊Z、残りを影撃ちで削りきる。


対ギルガルド
剣舞→霊Z(→影撃ち)
2段階霊Zでシールドフォルムを確定1、キングシールドで軽減されても半分前後持っていく。無限暗夜への誘いは非接触なのでAダウンは無い、残りを影撃ちで削りきる
1/4霊Z+影撃ちではギリギリ落ちないことがあるので気をつけたい。(霊Zの時点でオレンジゲージであれば影撃ちで確定


対ヒードラン
剣舞→霊Z
Hドランを高乱数1。最速ドランであれば上が取れないので工夫が必要


対テッカグヤ
剣舞→霊Z
B振りでなければ高乱数1。


対メタグロス
霊Z(→影撃ち)
霊Zで中乱数1、残りもバレットパンチを耐えて影撃ちで確定
鉢巻バレットパンチは耐えない。


対クチート
剣舞→霊Z
2段階霊Zで確定1、1段階霊Zは確定耐え
威嚇を受けている場合は勝てない。


対ナットレイ
剣舞→剣舞→霊Z
4段階霊Zで確定1。
初めから鋼技で殴って来られると勝てないが、大概交代読みヤドリギをしてくれるので美味しく頂いた。


対ドリュウズ
素直に引く!
どうしても居座らなければならないのであれば剣舞読み霊Z→影撃ちで確定。


対ジバコイル
アナライズなら剣舞→霊Z
頑丈なら霊Z→シャドークロー
アナライズか頑丈かを予想してどちらかを選ぶ。
頑丈ならばどうあれ勝てない確率が高いのでアナライズ一点読みも無くもない



----------------------------------------------------------------------------------



クチート入りを前提に考えられてはいるものの、そうでない場合でも十分に仕事の出来るように仕上がったのではと思う。先発が安定しない時、鈍足が数匹いてかつじゃれを切ることに抵抗が無いのであれば採用してみてはいかがか
尚このポケモンを採用するとハピラキが辛くなることには留意したい。