2012年03月20日

はじめに

ダメダメ! 注意書きなんて読みたくないよ!
とおっしゃる方は、コチラへどうぞ。

このブログは中傷的な表現や残酷な表現が含まれています。
『闇の世界』がテーマの作品集です。

心の弱い方や、心身病を患っていられる方はご遠慮下さい。
症状が悪化してしまう恐れがあります。

このブログに書いてある事柄はフィクションであり
実際の人物、及び皆様とは一切、関わりはありません。

作品の中には、現実の事柄をもとにしたフィクションもあります。

現実と、この闇の世界を一緒に考える事は極めて危険です。
「あぁ。こういう世界もあるんだな」
と、軽い気持ちで思って下さい。

画像や文章の無断転載・コピーをしての『公開』は禁止です。
個人で楽しまれる為に、メモとして手元に置くのは構いません。
無断で公開する事は、著作権の侵害にあたりますのでご遠慮下さい。(サイトやブログにて、自分の作品のように載せてはいけません)

コメントについて
コメントは、管理人(樹来)が認証後に反映されます。 返事は、お返しいたします。
但し、管理人が好ましくない。と思った場合は削除させて頂く場合がございます。何卒、ご了承下さいませ。

小説作品はすべて『よみきりもの』として
読むことができます。
死神小説(ハデスシリーズ)
旧シリーズもくじ
新シリーズもくじ
完結ADN『少女に恋した白虎』
ADN=アドベンチャーノベル(ゲーム小説)
ハデスシリーズの絵師さま
うさみみき様のサイトへ
ROLLING PANDA
その他、小説
地獄童子たまゆら 妖怪退治シリーズ
怪奇譚 不思議な話や怖い話など、短編集
交流
樹来のつぶやき なんとなく、書いています
BBS 感想、誤字報告などはこちらへ
お絵かき掲示板
 小説キャラは、ご自由にお描きください
メールフォーム 樹来へのメールはこちらで
イラスト集 ツッコミや感想、お待ちしております
詩集
闇詩もくじ 闇の世界の作品(?)集です

樹来の詩 失恋、恋愛、癒し…etc

お役立ち情報
Check!! 消化に良い食べ物と飲み物

マークの意味:
New!=新着記事
Up!!=更新記事
Check!!=検索or他サイトからいらした方へ、解り易くまとめた(?)もの

文字色 Check!! の関連記事へのリンク

『癒し』を求める方は、こちらのブログへ
ぼくのうた〜詩のブログ〜

◆月が泣いている リンク◆
※リンクはフリーですが、バナーへの直リンクはご遠慮下さい。

PC:http://blog.livedoor.jp/lalus16/
ケータイ:http://blog.m.livedoor.jp/lalus16/index.cgi

このサイトは、精神的にヤバイ内容がありますので、
お友達に教える時は、注意してください。



[ 樹来(じゅらい)] at 15:16│個別リンク この記事をクリップ!

2008年11月05日

聖夜に舞い落ちた天使  もくじ

クリスマス企画へ参加をしています。

★聖夜に舞い落ちた天使★

 クリスマス特別ものがたり。

聖夜に舞い落ちた天使
イラスト:こうやわたる


ぷろろーぐ 1話 2話 3話 4話

5話 6話 7話 8話 9話 10話

11話 12話 13話 14話 15話

16話 17話 18話 えぴろーぐ

内容:地獄の番人たまゆらは、生まれてはじめてのクリスマスを体験した。

※参考文献 『日本妖怪大辞典 水木 しげる (著) 村上 健司 (著) 』角川書店
※参考文献&真言引用文献 『密教の本 驚くべき秘儀・修法の世界』学研


たまゆら

主人公:たまゆら (苗字か、名前か不明)
性別:不明 
年齢:300歳くらい
外見:10歳くらいの子供
身長:130センチくらい
丈の短い白い着物を着ており、
素足にわらぞうりをはいている。
青いショートカット。
子供らしく素足を出している。
特徴は、赤い帯(着物の)と、赤い瞳。

地獄の番人をしている。
地獄から抜け出した妖怪どもを、回収するため人間界にやって来た。

※この物語は、フィクションですが、真言(呪文)は本物です。
 むやみに唱えて遊ばないようにして下さい。
 尚、実際に効果があるかどうかは、保障しかねます。

『密教呪術完全公開』監修:中岡俊哉 小学館
『密教の本 驚くべき秘儀・修法の世界』学研
 より、真言を引用しています。

[ 樹来(じゅらい)] at 11:41│個別リンクコメント(9) この記事をクリップ!

はぁ…

本当に、何か月ぶりでしょう。
なんとか、かんとか、『地獄童子たまゆら〜聖夜に舞い落ちた天使〜』を完結させることができました。

ハデスの他サイトの運営が、PCの不具合や樹来の体長不良が重なり、企画を断念せざるを得なくなったことを、深くお詫び申し上げます。

[ 樹来(じゅらい)] at 11:34│個別リンクコメント(3)つぶやき この記事をクリップ!

2008年01月13日

地獄童子たまゆら もくじ

この物語はフィクションです。

妖怪退治もの、らしきものです。
不定期連載、決定!! 新作はコチラ

オール読みきりもの どの順番から読まれてもOKです。
目々連の怪 白い蝶の怪 樹木子の怪

★聖夜に舞い落ちた天使★ クリスマス特別ものがたり。
☆たまゆら絵画集☆ ←クリックするとアルバムへ移動します♪

たまゆら

主人公:たまゆら (苗字か、名前か不明)
性別:不明 
年齢:300歳くらい
外見:10歳くらいの子供
身長:130センチくらい
丈の短い白い着物を着ており、
素足にわらぞうりをはいている。
青いショートカット。
子供らしく素足を出している。
特徴は、赤い帯(着物の)と、赤い瞳。

地獄の番人をしている。
地獄から抜け出した妖怪どもを、回収するため人間界にやって来た。

※この物語は、フィクションですが、真言(呪文)は本物です。
 むやみに唱えて遊ばないようにして下さい。
 尚、実際に効果があるかどうかは、保障しかねます。

『密教呪術完全公開』監修:中岡俊哉 小学館
『密教の本 驚くべき秘儀・修法の世界』学研
 より、真言を引用しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ王ランキングへ 人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。だから、どうしたって…何でもないです;;
web拍手を送る
↑応援は、ポチッとお願いします。m(_ _)m
 イラストご自由にお書きください。



↓タイトルをクリックすると、まとめて読む事が出来ます。
◆目々連の怪(もくもくれんのかい)◆ シリーズ第1弾!
1の巻 2の巻 3の巻 4の巻(おわり)
内容:小学生のたかしは、夜中の学校で目玉の妖怪に出会ってしまう!
※参考文献 『ゲゲゲの鬼太郎妖怪パーフェクトBOOK』講談社

↓タイトルをクリックすると、まとめて読む事が出来ます。
◆白い蝶の怪(しろいちょうのかい)◆ シリーズ第2弾!
はじまりの巻 2の巻 3の巻 4の巻 5の巻(おわり)
内容:雪のように美しく舞う蝶…。だが、それは恐ろしい妖怪だった。
※参考文献 『日本妖怪大辞典 水木 しげる (著) 村上 健司 (著) 』角川書店 


↓タイトルをクリックすると、まとめて読む事が出来ます。
◆樹木子の怪(じゅぼっこのかい)◆ シリーズ第3弾!
はじまりの巻 2の巻 3の巻 4の巻 おわりの巻
内容:行方不明になった友人が、後日、変死体で発見された。
   謎を突き止めるべく、2人の少年は立ち向かうが…。
<!注意!>
この話だけ、他と路線がずれています。
美少女ノベル系なノリが入っています。

…作者のアホな趣味丸出して申し訳ないです;
でも、なるべく健全にするように心がけました。(←当たり前だ!!)

※参考文献 『水木しげる妖怪大百科』小学館

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

※タイトルをクリックすると、まとめて読む事が出来ます。
…ですが長いので、ご注意ください; 全20話もあります。orz
★聖夜に舞い落ちた天使★ クリスマス特別ものがたり。

聖夜に舞い落ちた天使
イラスト:こうやわたる

ぷろろーぐ 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 えぴろーぐ

内容:地獄の番人たまゆらは、生まれてはじめてのクリスマスを体験した。
※このはなしについて※
この物語は、他のたまゆらシリーズとは全く違う感じになっています。
挿絵が途中で出てきたり、豪華な使用になっています。
※参考文献 『日本妖怪大辞典 水木 しげる (著) 村上 健司 (著) 』角川書店
※参考文献&真言引用文献 『密教の本 驚くべき秘儀・修法の世界』学研







[ 樹来(じゅらい)] at 00:44│個別リンクコメント(0)小説もくじ物語 この記事をクリップ!

2008年01月11日

小説もくじ

この物語はフィクションです。
名前が同じでも、みなさまとは、まったく関係がありません。

コメントについて
コメントは、管理人(樹来)が認証後に反映されます。
返事は、必ずお返しいたします。
ただし、管理人が好ましくない。と思った場合は削除させて頂く場合がございます。あらかじめ、ご了承下さい。

小説作品はすべて『よみきりもの』として
読むことができます。
死神小説(ハデスシリーズ)
旧シリーズもくじ
新シリーズもくじ
完結ADN『少女に恋した白虎』
ADN=アドベンチャーノベル(ゲーム小説)
4コマまんが
ハデスシリーズの絵師さま
うさみみき様のサイトへ
ROLLING PANDA
その他、小説
 New!地獄童子たまゆら 妖怪退治シリーズ
交流
New!樹来のつぶやき なんとなく、書いています
BBS 感想、誤字報告などはこちらへ
お絵かき掲示板
 小説キャラは、ご自由にお描きください
メールフォーム 樹来へのメールはこちらで
イラスト集 ツッコミや感想、お待ちしております

マークの意味:
New!=新着記事
Up!!=更新記事


[ 樹来(じゅらい)] at 12:32│個別リンク この記事をクリップ!

2008年01月10日

今、やっていること。

こんにちは、皆さん。本当に更新は遅いわ、訪問はあまり出来ないわ…。
で、スミマセン;;
それでも、拍手を送ってくださったり、訪問して下さったりして下さってる皆さまに、深く感謝しています。
ありがとう!!(^^*

拍手も、たくさん送って下さってありがとうございます。

★たまゆらの更新★
かなり遅くなってすみません。ようやく更新が出来ました。
『聖夜に舞い落ちた天使』 第7章(1) を更新しました。

★新しいハデス小説のこと★
あたらしい物語は、莫大な量になりそうですので…。
もう、こちらのブログにUPするのはやめて、別のサイトでUPすることに決めました。
別サイトは、小説が更新できるようになってから、こちらからリンクを張って、あちらへ飛べるようにしたいと思います。
バインダーファイルを買って、いろんな本をあさって資料になるようなものを見つけ出し、少しずつ設定を書く作業は、本当に大変ですね。
小説家も夢には見ていますが、もっともっと文章の勉強をするために、ブログで訓練させて頂いています。

『トロイメライ〜眠れる祭壇の美少女〜』
この物語は、本当にきちんとした物語にしたいので、設定は、メモどころじゃ収まらなくなってきています。
自分には、素敵な物語が書けるかというと、まず自信が無いですけれど…。
それでも、読みやすく、物語に溶け込みやすく、かつ、内容が厚い物語を、自分なりに書きたいと思っています。

書けないかも知れないですが、そんな物語を書くのが夢です。

[ 樹来(じゅらい)] at 21:45│個別リンクコメント(1)つぶやき この記事をクリップ!

2008年01月06日

サドンデス

※この詩(?)はフィクションです。


彼女は僕に[ささや]いた。甘い声で。
「わたしを殺してもいいのよ」

愛している。 愛しているからこそ。
いっそのこと「殴ってしまいたい」と僕は彼女に言った。

けれど そんな……
それを本気で受け取るなんて どうかしている。

僕は 彼女を[まも]りたい。
護って 優しく抱きしめて 接吻[キス]してやりたい。

彼女は残酷だ。いつもそうだ。
僕が言った言葉に対し 挑むような言葉を投げかける。

そのたびに 
僕は彼女の[おり]の中で歌う小さなカナリアとなり
羽根をもぎとられ ぼろぼろにされ はばたけなくなる。

もういいよ。好きにしてくれ。
かけひきの恋愛ゲームなんて 僕の性には合わないんだ。
好きなように 僕で楽しんでおくれ。

僕は どうあがいたって 彼女を傷つけることなんて出来はしない。
だからといって 傷つけられるのは あまり好きじゃない。

だからといって……別れることも出来ない。

こんな矛盾だらけの僕は 恋愛を語る資格なんてないかも知れない。
あぁ 本当に。

けれど これだけは言わせてほしい。
僕は彼女を とても とても 愛している。

[ほうむ]られるのは 彼女じゃなく この僕だ。



*+*+**+*+*+*
作者の一言:
なさけないような男を描きたくなったので、書いてみました。
…ただ、それだけです; こういう男性は個人的には好きです。

[ 樹来(じゅらい)] at 02:07│個別リンクコメント(2)悪魔的な唄 この記事をクリップ!

更新しました。

最近、深夜に更新するのが多くなってしまいました;
色々やっていると、ものすごい時間が…orz

あ、それよりも、拍手を送って下さった皆さま。ありがとう!!
コメントを下さったり、足跡を残してくれた皆様も、大変感謝しています♪

★本日更新★
『闇詩』より、『悪魔的な唄』を更新。タイトルは『サドンデス』
内容:この詩はフィクションです。
優男と気が強く女王様タイプの女性の恋愛もの…といった感じ。
ごめんね。 なんとなく書きたくなっちゃったの;(^^;

『地獄童子たまゆら 聖夜に舞い落ちた天使』 12話 を更新しました。
今回は挿絵が無いので、ものすごく文章の演出にこだわったつもりです。
今回の話は『こわい』と言ってもらえたら、最高のほめ言葉になりますw
というか、回を重ねるたびに、文章の演出にこだわりを感じてきて、だんだん長くなってしまっている気がします…;;
短い文章で、さらりとした感じの小説が好きな方は、ごめんなさい。
イラストがあると、それに頼ってしまって、文章をみがくのをおこたってしまうんですよね;
でも、イラストはイラストで、描くのは結構好きです。(^^*
…が、今回の話は文章だけだから、迫力が出たかな。と個人的に思いました。
絵があると、ちょっとコミカルになるのに対し、文章だけだと、映像は皆さまの想像の世界ですものね。

ハデスの方は…今回はあまり進んでいません。
でも、お友達から、小説を書くにあたっての基盤となる、骨組みの作り方を伝授していただきました♪
これで、安心して設定を考えることが出来ます。(^^*

[ 樹来(じゅらい)] at 01:30│個別リンクコメント(0)つぶやき この記事をクリップ!

2008年01月05日

地獄童子たまゆら 聖夜に舞い落ちた天使 ぷろろーぐ


 ぷろろーぐ

 それは12月24日のことだった。
 急に空から、真っ白な羽が降ってきて……。
「うわぁ、きれいだなぁ」
 なんて言う[ひま]も無く、ぼくは突然意識を失ってしまった。 

 第1章へつづく>>


 web拍手を送る

 にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ

=====================
文字色のそれぞれの意味。
※機種によって変化しないものもあります。

=オンマウスでかなに変化します。
次回へのリンク

※ルビがふってある箇所のみ
未対応のブラウザでもルビが読めるようになっています。
オンマウスで変化する箇所は
携帯などの端末では変化しませんのでご了承ください。


[ 樹来(じゅらい)] at 03:51│個別リンクコメント(0)聖夜に舞い落ちた天使 この記事をクリップ!

地獄童子たまゆら 聖夜に舞い落ちた天使(1)

 <<はじめへ戻る

 PC版もくじ>>
 携帯用もくじ>>

 第1章 はじめての12月24日(1)

「うわぁ!! きれいだなぁ!!」
 には見たこともないほど、きれいな木で[あふ]れていた。
 赤や青や黄色……様々[さまざま]な色とりどりのピカピカ光る木の実が、そこら中の木になっていて、とっても素敵[すてき]だった。
 ぼくは、こんなにピカピカ光る木の実なんて生まれて初めて見たんだ。
 だから、かなり驚かされちゃったよ。

 あ、自己紹介をしなくちゃね!
 ぼくの名前は、たまゆら。
 普段は地獄[じごく]の番人をしていて、本来ならこっち……えっと、きみたちが今いる世界、人間界には、ほんの30分足らずしか、いられないんだ。
 それは、地獄の門を無理やり開けて、ぼくが外出するからなんだけれど……。
 もし、30分以内に戻らないと、門からたくさんの妖怪たちが人間界にやって来て、大変なことになっちゃうんだ!
 えっ? どうして、そんな危険なことをしているのかって??
 それは、きみたちを守るためさ。
 何から? それは、妖怪から。
 時々、地獄から妖怪が抜け出して、人間たちに悪さをするんだ。
 ぼくは、その妖怪たちをこらしめるのが仕事なんだ。

 だけど、この日はいつもと違った。
 12月24日。
 ぼくには最初、何のことだか解らなかったんだけれど……。
 地獄での母さんの一言[ひとこと]が、そもそもの、はじまりだったんだ。

 2話へつづく>>


 web拍手を送る

 にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ

=====================
文字色のそれぞれの意味。
※機種によって変化しないものもあります。

=オンマウスでかなに変化します。
前回&次回へのリンク

※ルビがふってある箇所のみ
未対応のブラウザでもルビが読めるようになっています。
オンマウスで変化する箇所は
携帯などの端末では変化しませんのでご了承ください。


[ 樹来(じゅらい)] at 03:46│個別リンクコメント(4)聖夜に舞い落ちた天使 この記事をクリップ!
おしらせ

月のなみだ
地獄童子たまゆら
両ブログを更新中です

こちらが
管理できなくなり
誠に申し訳ありません


自己紹介
名前:樹来(じゅらい)
こうやわたる が別名。
趣味:読書&音楽鑑賞
性別:女
性格:光と闇と、両方あります。

このブログは、悲しみや苦しみ…
行き場のない想いを
書き綴っています。
ですから、こころの弱い人は
非常口へどうぞ。

温かい詩を読みたい方は、
こちらの非常口へ。
ぼくのうた

お絵かき掲示板

お気に入りに追加

音楽の宝庫
music by YUKI OTOHA
↑『選曲』して『切替』ボタンで再生できます。
参加同盟
ルパン三世同盟良かったら描いて下さいまし書(描)くのが遅いです。お許し下さい;
QRコード
QRコード
綾波レイの保存庫
オンマウスで、言葉を話します。
Recent Comments
  • ライブドアブログ