342ae29a.jpg私のバルサファン暦はまだ短く今年で7年めです。
15年前から去年まで都合6回(計20泊以上)バルセロナへは行きましたが、はじめの8年ほどはガウディー、ダリ、ピカソ、ミロ、に夢中でFOOTBALL(サッカー)なんぞは全く意識の外でした。
今でも悔やまれるのは8年前の旅行の時バルセロナで添乗員さん(日本旅行だった)に「今夜サッカーを見に行きますがいかがですか?」と誘われたとき、バルセロナはもう3回目だったので生意気にも「今日はピカソ美術館へ行って、それからロス・カラゴーレスでメシを食いますのでけっこうです」などと言ってしまったことです。
もしその時一緒に行っていれば私は<カンプノウであのリバウド大聖人をナマで見る>ことができていたのです!!
今となっては悔やんでも悔やみきれません。ピカソ美術館などいつでも見れるのに(ピカソさん失礼!)全盛期のリバウド大聖人を見逃したんですヨ!!
今となってははっきり言えますがFOOTBALL(サッカー)はヨーロッパの文化の大事な一部です。(特にバルセロナでは)カタラニスモ=FCバルセロナと言ってもいいくらいです。
今回のクラシコではメッシの活躍でなんとか引き分けましたが、リーガの勝負は4月です。
ブラッと行こうかな。ヴィスカ!バルサ!