2004年10月29日

ぴこぴこ

台所でガスつかってたらすんごい音で鳴り出した。

ガス警報機「ぴこぴこ」

窓を開けても何しても鳴り止まないのでコンセント抜いた。
うちのマンション深夜の音に関して以前に増して厳しくなっていて
外の廊下まで鳴り響く音を何とか止めたくてそうした。

けれど、みんな〜
ぴこぴこの説明書にも書いてあるけどコンセント抜いたらあかんよ〜!
うちはガスはもう大丈夫と思ったからそうしたけど、コンセント抜くのは危ないことやよ〜。

窓を開け放して2時間ガスのにおいも全くしなくなった今も点滅してる。

たまたま母から電話があって聞いたら
「点滅はその後長い間続くで〜」と言われて安心した。

今でも親には頼ってしまうなぁ。
私って大人な年齢だけど何も知らない未熟な人間なんだと事あるごとに思う。

《まとまりのない文章で綴る最近の私》

自転車で転んだせいか腰痛。
時間が経って出てくる痛みというのがあるそうで。
座る姿勢は腰に無理させるので、長い時間PCの前にも座ってられなくてブログ更新もおろそかになってしまってる。

でも、今はだいぶラクになってるよ。
自転車に乗らないようにして、体にも無理しないようにして・・
抱っこは避けられないことやけど息子もだいぶ歩いてくれるから大丈夫。
今はちょっと無理して座り続けてるけれど。

テレビでは心配なことが多く流れていてどうしたらいいのかと考えてる。
出来ることはする。今できる事はしよう。

体調が不安定だったり、自分自身にも深く考えてしまうことがあって
母に電話で今まで抑えて出さなかった不安な気持ちを吐き出してしまった。
「考えすぎ、大丈夫!!気にしたらあかん」
そういわれて気持ちが落ち着く。
私はどうやったら自分で気持ちを処理できるようになるのかな。
大人として不安定なままの私が親で子どもに迷惑かけてるような気持ちになってしまうときもある。

Posted by lamkks at 00:45│Comments(2)TrackBack(1)近況 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/lamkks/8619739
この記事へのトラックバック
今回からライター交代しますisoDでーす。orz氏とは違う視点から生活に潤いを与える映画情報を書きたいと思います。*************************************************1958年東宝 監督:黒沢 明 出演:三船 敏郎、千秋 実orz氏と違う視点と言いながら早速「隠し砦の三悪人
隠し砦の三悪人【映画のある家】at 2005年06月07日 17:00
この記事へのコメント
腰痛、とても心配!
でもあまり心配してもしつこいやろうけど、お大事にね!

いやぁ〜親には頼っちゃいますよぉ〜今でも
やっぱり経験豊富ですからね!

5年前、嫁がちょっとだけ車にあてられたの(おいおい!)
僕は、その場で救急車呼ぶ以外、大概なんにもできなくて
親に全面バックアップしてもらった。
へこんだよぉ、これでも亭主のつもりだから(笑)
その時も親とお医者さんが冬になったら後から
痛くなるかもしれないとは言ってた。
僕はその時初めて知った(笑)今は嫁様、大丈夫だよっ!

僕は子供まだいないから、この先できたら
間違いなく親にまた、たよっちゃう!
今でも困った時は、すぐ親出動、ですよ!
マンションの管理人様にもたよりっぱなし!

まだまだ親に恩返しできるまでの修行は全然出来てましぇん!
どんなに頑張ってもしまさんより、子供のいない僕の方が
断然経験不足なんだよ!恥ずかしくなるもの自分が子供過ぎて!(笑)
Posted by いっぷく at 2004年10月29日 03:05
いっぷくさん

心配してくださってありがとうございます!
しつこいなんてとんでもないですよ〜心配してくれるひとがいるのはとっても幸せなことです。
腰痛早く治します!

過去に奥様にそんなことがあったのですね!
今は大丈夫でよかったですよ〜。
私もそういうことがあったらやっぱり親に頼ってしまいます。
今頭の中でシュミレーションしてみても何から手をつけていいかわからないですもん・・。
自分を未熟だ〜と嘆くのは置いておいて、
親の経験は子どもが何か起きて頼るごとに子どもへと伝えられていくのかな〜と考えることにします。
恩返しできるようにもいっぱい学ばなければ!
と思うけれど、私の経験もまだまだで中身は学生時代とあんまり大差がないな〜と思います。
心は昔の方が純粋だったんですけど(笑)




Posted by しま at 2004年10月30日 01:41