2007年05月13日

ネパール出発前に5

昨日、アマゾンで「父と子の約束」(渡辺美樹・世界文化社)という本を、妹夫妻に買ってあげた。

まだ読んでいる最中だが、昨年12月に子供を持った彼等は絶対に読んでおくべき本だと思ったからである。

帰ってきて、やらなければならないことは見えてきた。また、本を読むことによりネパールで何をしてくるかという考えも湧いてくる。以前、千葉の幕張にあるネパール、チベット料理屋の人に言われた。ネパールに鉄道つくれないか調査してこいと。

何かに取り組む時、目標は必要である。目標無き達成はないから。またその目標が利己でな利他であればなお素晴らしい、むしろそうであるべきだと思う。
父と子の約束―ワタミの成功を生んだ人間哲学の原点


lamrim at 05:32│Comments(0)TrackBack(1)clip!日記 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 飲食店マニュアル  [ 飲食店マニュアル ]   2007年05月14日 23:47
こんにちは。 始めまして(^^) 私もブログやっていまして、ちょうど関連の話題だったのでTBしました。 ブログにも紹介させて頂きました☆ もしよかったら私のブログにもTBよろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
コメントに感謝
プロフィール
Linkedln
View Ryohei TANABE's profile on LinkedIn
ポッドキャスト