ARMORED CORE V 先行体験会レポのようななにか

24.Dezember.201105:19
ぶっちゃけ文章力ないし眠い頭で書いてるんでちゃんとした情報とかがみたいって人は他の人のブログを見て、どうぞ。

電車の中でラストレイヴンポータブルでラスジナと激闘する事数十分。
フロム本社に到着し地下のインターネサインを探したりビル最上階に行って隠しパーツを入手する事もなく1Fの体験会部屋へ。
114405948

ちなみに僕は1stの9番席に座ってました。
挨拶がすんだらショップで各自好きな武器を選んで購入、武器の特性を選択してからアセンへ。

武器特性は威力、命中、速射、それと各特化型の6種類あってレーダーグラフもあって差が分かりやすかったです。
そんなこんなでアセンの方は初期機体が全フレームジャンクで重量過多起こしてたから無難に中量2脚へ。

ストーリーミッションのチャプター0はレジスタンスの追撃だかなんかでCBTの時のミッションより道も分かりやすくて割とスムーズに進む・・・と思った矢先に敵ACが登場。グラインドブレード装備してたけどスタッフの方曰く使わないとの事だったので適当にライフル撃ってたら撤退してその後なんやかんやで主任がキャロちゃんって言ったりした後らへんで時間が来てミッション終了。1stでは無事ミッション完遂出来た人は一人だけだったとか。


んでその後にいよいよ5人での協力プレイ。
CPU相手の侵攻戦、マップはCBTになかった雪山マップ。
結局ターゲットを2機破壊した段階で全機大破してミッション失敗。ヘリを壊す前に自動砲台を壊すの先決した方が良かったかもしれないとか。

CPU相手で一通り協力プレイした後は対人戦。
こちらは防衛陣営だったわけですが敵チームのオペレーターがオグさんだったとかでたやすく奇襲されて終了。うん、連携って大事。
戦闘後のリプレイ的なものを見てたら敵2機が綺麗に回り込んで前線を抜けてたのが分かって自軍はみごとに全員防衛対象無視して前に出てて俺たちはいったい何と戦っていたんだって感じでした。笑うっきゃなかったです

最後は少し前に紹介された巨大兵器のLLL戦。倒させるつもりはないとか言ってたけど実際に戦ってみて

一撃でAPが30000くらい消し飛んで即死しました

まぁ死んだら死んだでブースター担いだパイロットとして生身でその辺を飛んだりして戦場を観察できるというわけで敵を見てたけどダメージが入る個所が決まっててアレは位置的にブレードとかとっつきで当たるのかってかそこまで登れるのかって感じでとてもじゃないけど勝てそうになかったです。

そんなこんなで10分くらい押してた体験会もあっという間に終了してACVのポスターを貰い2ndチームへ以降。
自作コントローラーを持ってきた猛者がいたりライールがコジマ粒子をまき散らしたりとかでもうフロムとユーザーどっちが変態なのかこれもうわかんねぇなって感じだったとか。

さて1月に出る体験版まで何して暇をつぶすか。



おまけ:電車内でラスジナと戦ってた重量超過ネタアセン
DSC01106

格ゲーと化した虐待おじさん

21.Juli.201122:58
帰宅中の電車の中でACVの生が気になっていた中こんなのを考えてた。
格ゲーと化した虐待おじさん(システムはアルカナハート3参照)

虐待おじさん:優しい暴力、ひざ蹴りなどの近接格闘タイプ。他のスタイルに比べて火力も無く技の出も遅いがこのスタイル時はゲージ上昇量が他キャラの1.5倍、ゲージ上限は初めから最大値。236+各種ボタンでスタイルチェンジしその場に応じた戦闘スタイルを取るテクニカルキャラ。他スタイル時に22+Eを入力することによってこのスタイルに戻ることもできる。

蝋燭おじさん:虐待おじさんスタイル時に236+A。蝋を飛ばして遠距離にも攻撃ができる射撃特化タイプ。火力は虐待おじさんに次いで低いがこのスタイル時のみ相手の動きを遅くする「動くと当たらないだろ!」を使用することができる。「動くと当たらないだろ!」を使用すると強制的に虐待おじさんスタイルに戻る。

竹刀おじさん:虐待おじさんスタイル時に236+B。竹刀による近接格闘タイプ。大半のコマンドが溜めコマンドなので暴れてはいけない(戒め)。なお、このスタイル時のみコンボ後にスタイルチェンジコマンドを入力することによってコンボをキャンセルしてスタイルチェンジできる。攻撃後は納刀モーションが存在するが移動、攻撃を行なわずに納刀が終わるまで待つと、ゲージが上昇する。

鞭おじさん:虐待おじさんスタイル時に236+C。中距離戦特化で鞭で戦う。何か説明すると面倒だけどシャルラッハロートみたいな感じ(適当)向こうは鎖だけど。

ガンダムエピオンおじさん:竹刀おじさん時に236+C、鞭おじさん時に236+B。ゲージ25%消費。鞭と竹刀の二刀流で圧倒的な火力を誇る。このスタイル時は強制的にゲージが減って行きゲージが0になると強制的に虐待おじさんに戻ってしまい、そのラウンド中はスタイルチェンジできなくなってしまう。


・・・これもうわかんねぇな

ATCGに懸けた情熱とか懐古とかのお話

9.Juli.201122:59
DSC00954


ゲーセンに行く人ならおそらく名前くらいは知っているであろう悠久の車輪。
その悠久の車輪が8月一杯でオンライン稼働を終了するわけで。
4月に発表されてたけど近所のゲーセンの筐体上部にそんなことが書いてある紙が貼ってあったんで改めてこういう風に書いたりしてるわけですが。

僕自身悠久の車輪はプレイしていました。初めはLoVの息抜きのつもりだったんですがなんだかんだで5thエキスパンション頃までやってたわけです。

デッキはネクロポリスでジギタリスとかコンフリーとかベルガを使ったりしてましたさ。
ジギコンとかコンフリーハウスとかそんなコンボやってました。あと転身オリーブ。

そんな車輪も引退はしたもののこうやって終わるとなると寂しいものがあるわけでこんなよくわからない何かを書いてるわけですが。

時を同じくしてRe:2にバージョンアップするロードオブヴァーミリオンも2になるまではやってたし全国大会見に行って謎Tシャツを貰ったりもしたけど2になって色々変わったのについてけなくなったというか使いたいと思えるカードが無かったりで次第にLoVへの熱も無くなったりで。
なんでLoVの熱が無くなったかって言ったらだいたいボーダーブレイクのせいですがそれはまた別の話。

LoV2も少しやってバーうpしてウィッチが再録されたあたりで再開してプレイ動画なるものも投稿したもののよかったのは画質だけ、そりゃブランクがあったにしろ元称号13が称号6でのマッチとか誰得以外の何物でもなかったけど。でもってそのまま何事も無かったかのように引退、3月のストレージキャンペーンでCPU戦だけで復帰でまたすぐ引退って感じだったわけで。

そんなこんなでATCGへの情熱も無くなってるわけですがLoVRe:2では先輩にブレイブルーのゲストキャラを引いてきてって頼まれてるから結局はATCGに舞い戻るわけです。金がないけど。情熱以上に金がかかるんですが。




まぁなんのオチも無いし悠久の車輪関係なくなってるけどATCGの魔の手からは絶対に逃れられないということなのです。
車輪の思い出を書こうとしたのに気が付いたらこんなことになってるとかこれもうわかんねぇな

殺伐無言ブログと化した先輩

25.Juni.201114:47
書くことが何もない(真実)

記事検索
メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
月別アーカイブ
プロフィール

ラトリアの予感!

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
  • ライブドアブログ