2015年05月30日 【日記】 【楽しい日本語】

魔法の言葉、「あえて」

今お願いしているもの→人気ブログランキング(社会人編)


これは和え物です!


以前から薄々感付いていたことだけど、「あえて」という言葉は、使いようによってはかなり便利な言葉だ。



先日夕方のワイドショーを見ていたら、渋谷のカリスマ店員が主婦の服装をコーディネートする、みたいな企画をやっていた。そして、この手の企画には必ずある、自分でコーディネートした服を自分で説明して褒める、という、「自画自賛」をGoogleで検索したら二番目くらいに出てきそうな場面で(一番目はもちろんWikipediaだ)、白いチューリップをさかさまにしたようなスカートと、パプリカのコスプレみたいなシャツを指しながら、そのカリスマ店員がこんなことを言っていた。


「こちらのフォーマルめなスカートに、あえてこのシャツを…」


この日のテーマは「授業参観に着ていく、かっちりしすぎない着こなし」とかなんとかだったんだが、僕にはおしゃれなサラダかなにかにしか見えなかったその服を、そのカリスマ店員いわく「あえて」崩すことによって、かたすぎずユルすぎず、ちょうどいい、ファッションにおけるアルデンテゾーンを狙ったのだ、と。



それを聞いた僕は、「あぁ、やっぱり『あえて』って便利な言葉だな」と。

僕には、その服がとても授業参観に着ていくような代物には見えなかったけど、あえて、なんて言われると、わかった上でやってますよ、正解もわかっててそこから外れていることもわかった上で外しているんですよ、という雰囲気がひしひしと感じられて、なんか上級者っぽい!さすがカリスマ!そこにしびれる!憧れるゥ!と、プロっぽさが表面張力の限界に達したコップみたいに、みるみると溢れ出てくるかのようではないか。

ファッションに限らず、あらゆる道のプロと呼ばれる人たちは、王道ど真ん中の正解を、容易に導き出すことができる人種だと、僕は思う。そして彼らは、その正解から、少しだけ外したところに狙いを定めることによって、おそらく彼らなりの個性のようなものを表現するという、かなり難易度の高いことをやってのけるのだ。名古屋から東京に行くのに、素人は新幹線に乗るけど、玄人は青春18切符で寄り道しながら行きますからね。そして最終的には山梨辺りに辿り着いてよしとしますからね。つまりはそういうことだと思う。違うと思う。

とにかく、「あえて」という言葉の裏側には、そんな玄人感があって、その言葉を聞くたびに僕は、それを意識せずにはいられないのだ。



ただ、この「あえて」には、なにもわかっていない人でも、とりあえず使っておけばなんとなくわかってる風を装えてしまう、という諸刃の剣的要素があって、それを知った上で使えば、これ以上便利な言葉はない。

たとえば、ファッションのことなんて全然わかってない、34歳くらいのくだらない文章ばかり書いているサラリーマンが、ちょっと変わった服を着ていたとしても、「あえて」とかとりあえず言っておけば、「なんかこいつわかってるな」とか、「上級者だな」とか思ってくれる人も、中にはいるのではないだろうか。

その服変だよ、と言われても、そんなの知ってるよ、それをわかった上でオンリーワン感出してるんだよ、といった体で「あえて」とか言っておけば、わかってる感あるし、逆にお前の方がわかってないんじゃない?というカウンターパンチにつなげることだってできる。



あるいは、まぁ、皆さん何度も聞いててうんざりしているところかもしれないけど、僕ってちょっとだけ人より早いんですけどね、アレが、まぁ、アレが。性的達成感を得るまでのアレが。

でも、それを「あえて」の早漏であると自負すれば、どうだろう。やだ!ねじまきさんステキ!となるのではないだろうか。わかってる!女子はあんまり長いと疲れちゃうんだぞ!とか、一部の股のユルいお前たちは思うのではないだろうか。

なんということでしょう、昨日の短所が、今日の長所に。これはいい。「あえて」の早漏。本当はもっと長いのに、あえて短くコンパクトに収めるこの心意気。女性への気遣い。圧倒的ジェントルマン。2015年はこれでいこう。惜しむらくは、それを発揮する機会が今年に入ってからまだ一度もなく、今後も予定されていないということだけど。



さらに、次の活用方法は、まさに目からウロコでつい最近、部下からの一言で気付かされたばかりのものだ。

去年、僕は会社でちょっとだけ昇進をして、部下が付くことになった。その部下というのが、僕の一回り近く年下の、ゆとり世代ど真ん中、ゆとりの160km/h直球ストレートって感じの若者で、しかしながらその彼が非常に優秀、おそらく彼の代の新入社員の中でも一番、ベジータも真顔で「お前がナンバーワンだ」と言うレベルで、もし彼に通知表を渡すことができるなら、絶対に「1」を付けたいと思うくらい優秀なんだけど、そんな彼が作成して提出してきた資料に、何ヶ所か致命的なミスがあったので、それを指摘したところ、


「いや、あえてですよ、あえて」

「あえて」

「あえて直さなかったんです、そこは」

「なんで」

「ねじまきさん気付くかな、と思って」


なるほどー、そういう使い方もあるのか、と。そういう、相手の実力を測るために、相手を試すときにも使えるのか、と。僕は気付かされた。さすが優秀な僕の部下だ。さすが僕の下に付いて一ヶ月で「ねじまきさんって適当っすよね」と言い放ち、僕が海外出張中にやっておいてくれと頼んだ仕事が未だに出てきていないだけのことはある。さすが。今度やったらケツの穴にたまごっち突っ込んで昭和の底力見せつけんぞこのやろう。



彼の使い方はさておいて、昔から言われているように、通ぶったり知ってる風を装ったりするときには、この「あえて」という言葉はとても便利で、それが秘めるポテンシャルたるや、素晴らしいものがある。僕たちは、用法用量を守ってこの言葉を正しく活用していくことで、他人から見た自分の格みたいなものを、少しでも高められるのではないだろうか。



え?なに?今日の日記のオチ?そんなもんないよ、あえて。

(あえて、な)



人気Blogランキング。クリックで投票です。
人気ブログランキング
当ブログにおけるイイネ!ボタン的存在。クリックで応援よろしくお願いします。

あわせて読みたい昔の日記
2015年1月14日 彼氏が早漏男子だったときに気を付けたい6億1,205個のこと。
(気を付けろっ!)


ねじまき鳥 at 21:51CM(3)TB(0)日記 | 楽しい日本語この日記をはてなブックマークに追加 この日記をTwitterに投稿 ページの先頭に移動

拡散用ボタン各種取り揃えております


   このエントリーをはてなブックマークに追加        

最近よく読まれている日記



本日のコメンテイターはこちら

1. Posted by 金山 直志   2015年05月31日 11:56
確かにすごく効果的な言葉ですよね、あえてって。
何気なく使ってましたがそこまで考えてなかった自分が恥ずかしいっす。

この記事を参考にさせて頂いて、
今後活用していこうと思います。
2. Posted by 私はおばさん   2015年05月31日 22:24
ねじさんには、「あえて」より
「あえいで」のほうが似合うとおもいます。
3. Posted by ずっこ   2015年06月01日 00:08
わー ネジさん年下にいじられてる〜
そりゃたまごっち2〜3個ぶちこまないかんですな。
あと、早く嫁を抱ける日が来ることを願ってます(笑)

この日記にコメントを残す

お名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

最近書いた日記(PRと書いてある場合は広告です)




トラックバックなんてしないくせに



ページの先頭に移動



昔の日記をランダム表示
巻かれたねじの数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログについて
最近あったこと、寝る前にふと思いついたこと、生まれたばかりの息子のことなどを書いています。

過去のおすすめ日記はこちら

無断転載はご遠慮ください。
こちらこちら

過去のイベント参戦歴
呼ばれればなんでもやります。猫の手も借りたいときなどにどうぞ。
紅白日記合戦これ
→2008年年末参戦。
画像ばとんこれ
moon pieceさんより。
除夜のテキストラーイク祭これ
→2007年年末参戦。

このブログのはてなブックマーク数

ブログ開設:2005年8月15日
自己紹介

ねじまき鳥

出身…愛知県名古屋市
年齢…松坂世代
性別…ついている
趣味…読書登山、おっぱい
連絡…感想、依頼、ネタなど。
nejiwomake●gmail.com
(●→@、題名には「ねじまき」)

ねじまき鳥へのインタビュー
ねじまき鳥への108の質問
 回答→1234

ねじまき鳥のTwitterlog
ねじまき鳥のmixi
ねじまき鳥の経県値
今日のひとこと
月ごとの日記
カテゴリごとの日記
ブログ内検索
一方・相互ごった煮リンク
リンクフリー、相互リンク募集中
人気ブログランキング表
読者層調査
TOP絵ギャラリー
TOP絵常時募集中です。

過去の作品たち
TOP(裸)
TOP(尻)
アヒルさん作

TOP(着物)
TOP(カレー)
himaさん作

TOP(日の出)
TOP(ペンギン)
田中葉助さん作
参加中のランキング
アクセス解析、他
アクセスランキング アクセス解析
ねじを巻け、そして服を脱げ。
ねじまきおすすめストア
livedoor Readerに登録
Syndicate this site
livedoor Blog(ブログ)

Copyright © 2005 ねじを巻け、そして服を脱げ。 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...