2015年06月20日 【日記】 【ねじまき論】

努力すれば夢は叶うなんて嘘を教えるな。

今お願いしているもの→人気ブログランキング(社会人編)


夢にあふれてる感。


熱出して寝込んでなにもやることない間に、なんとなく、ふとそんなことを思ったので、忘れないうちに日記にしたためておきたいと思う。

世の中の一部の人は、努力すれば夢は必ず叶う、努力は必ず報われると、まじめに信じているかもしれない。あるいは、信じていないとしても、誰かの努力を促すための方便として、そういった論法を用いているかもしれない。たとえば、自分の子供などに。

でもそれは、僕にいわせれば、嘘だ。そして嘘を人に教えることは、よくないことだ。



僕はまだ、そのようなことを口にする人に直接お会いしたことはないけど、ただ間接的にでも、そういったことを聞くたびに、なぜそうもやすやすと、「必ず」なんて言葉を使うことができるのだろう、と思ってしまう。

このフレーズが使われるシチュエーションとして僕が思い浮かべているのは、やはり子供に対する教育、啓発での場面だ。子供に将来の夢かなんかを訊いて、それに対して、がんばれよ!努力すれば、夢は叶うからな!とかなんとかいっているのだ。



もし、息子が大きくなって、そのような状況になったとしても、僕はそういうことはいいたくない。

努力すれば夢が叶うというのなら、努力さえすればいいというのなら、ほとんどの人が、夢を叶えているはずだ。努力だけで夢が叶うなら、当然だろう。でも、その今の姿が、夢を叶えた結果なの?そうなの?違うんじゃないの?少なくとも僕は、今の自分が夢を叶えているのかといえば、そうではないと思う。だってまだ、綾瀬はるかさんのおっぱいを揉んだことないもの。

結局のところ、努力すれば夢は必ず叶うなんていう人の「夢」って、ごく限られた想像力の中から得られたものでしかないんだと思う。狭い視野で、自分の手に届く範囲のことだけをいっているんだと思う。夢なんて、プロ野球選手になりたいとか、サッカー日本代表になりたいとか、自分の店を持ちたいとか、果ては世界一周をしたいとか、月面に立ちたいとか、それこそ人の数だけ存在するはずなのに、それをすべて、「努力すれば叶う」なんていうのは、無責任にもほどがあるのではないだろうか。努力すれば、必ずサッカー日本代表になれるの?月に行けるの?綾瀬はるかさんのおっぱいを揉めるの?



そんなことをいうと、中には、「いや、子供に『夢は叶わない』なんていえないでしょ」とか、「小さいうちからそんな夢も希望もないこと教えられるか」なんてことをいう人がいるかもしれない。でも、僕は、子供にこそ、そういったことを大人がちゃんと教えてやるべきだと思う。夢は、必ず叶うわけではないということを、責任を持って伝えるべきだと思う。

夢は、叶わないかもしれない。

どんなに努力しても、叶わないかもしれない。

努力は報われないかもしれない。



でも、だ。

でも、努力をすることによって、夢が叶う可能性が、少しでも高くなるかもしれない。努力をすることによって、それが報われる可能性が、1%から2%に、上がるかもしれない。あるいは、その努力によって、違う可能性が拓けるかもしれない。これから先のたゆまぬ日々の努力によって、僕が綾瀬はるかさんに近づける日が、来るかもしれない。あるいは、綾瀬はるかさんは無理でも、石原さとみさんならなんとかなるかもしれない(ホリプロ繋がりである)。そういったことを、大人はちゃんと教えてやるべきだと、僕は思うのだ。



少し話はそれるけど、ときどき「なんで勉強しなきゃいけないの?」ということをいう人がいる。そういうのに限って、理由なんてどうでもよくて、ただ勉強したくないだけってやつがほとんどなんだろうけど、それは、勉強することによって、さまざまな可能性が拓けるからだ、と僕は思っている。教育論、なんて大層なものじゃないけど、僕は、勉強はしておいて損はないと思う。勉強をしておくことによって、たとえば将来なにかやりたいことが見つかったときに、過去の勉強で得たものが、役に立つかもしれない。それに、選択肢も増えるだろう。

なりたいものが見つかったときに、過去の不勉強が理由でなれなかったとしたら、いやじゃない?

早い段階で英語の勉強をやめてしまえば、将来英語を使った職業に就くことは、難しくなるだろう。国語を捨ててしまえば、あとから文学に興味を持ったとしても、そちらの道に進むことは、容易いことではない。僕個人の話をすれば、大学時代に材料力学、熱力学、流体力学、英語、このあたりはもっと勉強しておく必要があったと今更ながらに感じているし、もっと昔の中〜高校で、国語が嫌いで仕方がなくて、勉強することをやめてしまったけど、ちゃんとやっておけば、そもそも、エンジニアになんてなっていなかったかもしれない。



だから結局、可能性の話なのだ。

勉強、努力。それらは必ずしも報われるものではない。努力によって、必ずしも夢が叶うわけではない。でも、だからといってそれをやめてしまったとしたら、可能性は、ほぼゼロだ。谷にかかった吊り橋のロープを、ナタでばっさりと切り落としてしまうみたいに、ゴールに至るまでの道は、完全に閉ざされてしまう。でも、努力を続ければ、その吊り橋は、石造りの橋や、鉄橋になるかもしれない。あるいは、違う場所に橋がかかるかもしれない。そうすれば、ゴールに辿り着ける可能性は、少し増えるかもしれない。



結局のところ、この件に関しては、「はじめの一歩」で鴨川会長が鷹村に言った、この一言に尽きる。

鴨川会長

たとえこれが、明らかな誤用だったとしても、言いたいことはすごくよくわかる。努力の必要性を説くにあたって、これほど的を射た言葉はない。

努力をすれば必ず成功するわけではない。努力とはあくまで、成功のために必要なファクターのうちのひとつであって、才能や運などと共になって初めて効果を発揮する。ただし、そこに努力がなくては、成功はありえない。つまりはそういうことだ。

だからほんと、努力は必ず報われるとか、努力すれば必ず夢は叶うとか、そういう無責任なことをいうのではなくて、ちゃんと、叶わないかもしれないというリスクを含めて説明してあげる、それが、経験を積んだ大人の責務というものだと、僕は思う。



まぁ、経験を積んだ大人は、芸能人のおっぱいを揉むなんて夢は、普通持たないけどな。



人気Blogランキング。クリックで投票です。
人気ブログランキング
当ブログにおけるイイネ!ボタン的存在。応援よろしくお願いします。

あわせて読みたい昔の日記
2007年3月30日 薬と文章の死。
(熱を出すとまじめなことを考えたくなるのは昔から)


ねじまき鳥 at 22:16CM(1)TB(0)日記 | ねじまき論この日記をはてなブックマークに追加 この日記をTwitterに投稿 ページの先頭に移動

拡散用ボタン各種取り揃えております


   このエントリーをはてなブックマークに追加        

最近よく読まれている日記



本日のコメンテイターはこちら

1. Posted by けしみん   2015年06月21日 00:41
ほんまそうですよねー
真面目な文として読んでしまいました。
ごめんなさい。笑

この日記にコメントを残す

お名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

最近書いた日記(PRと書いてある場合は広告です)




トラックバックなんてしないくせに



ページの先頭に移動



昔の日記をランダム表示
巻かれたねじの数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

このブログについて
最近あったこと、寝る前にふと思いついたこと、生まれたばかりの息子のことなどを書いています。

過去のおすすめ日記はこちら

無断転載はご遠慮ください。
こちらこちら

過去のイベント参戦歴
呼ばれればなんでもやります。猫の手も借りたいときなどにどうぞ。
紅白日記合戦これ
→2008年年末参戦。
画像ばとんこれ
moon pieceさんより。
除夜のテキストラーイク祭これ
→2007年年末参戦。

このブログのはてなブックマーク数

ブログ開設:2005年8月15日
自己紹介

ねじまき鳥

出身…愛知県名古屋市
年齢…松坂世代
性別…ついている
趣味…読書登山、おっぱい
連絡…感想、依頼、ネタなど。
nejiwomake●gmail.com
(●→@、題名には「ねじまき」)

ねじまき鳥へのインタビュー
ねじまき鳥への108の質問
 回答→1234

ねじまき鳥のTwitterlog
ねじまき鳥のmixi
ねじまき鳥の経県値
今日のひとこと
月ごとの日記
カテゴリごとの日記
ブログ内検索
一方・相互ごった煮リンク
リンクフリー、相互リンク募集中
人気ブログランキング表
読者層調査
TOP絵ギャラリー
TOP絵常時募集中です。

過去の作品たち
TOP(裸)
TOP(尻)
アヒルさん作

TOP(着物)
TOP(カレー)
himaさん作

TOP(日の出)
TOP(ペンギン)
田中葉助さん作
参加中のランキング
アクセス解析、他
アクセスランキング アクセス解析
ねじを巻け、そして服を脱げ。
ねじまきおすすめストア
livedoor Readerに登録
Syndicate this site
livedoor Blog(ブログ)

Copyright © 2005 ねじを巻け、そして服を脱げ。 All Rights Reserved.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...