2004年12月03日

・このBlogについて

 中国や韓国はことあるごとに「南京大虐殺」「強制連行」「従軍慰安婦」と歴史問題を持ち出します。これらは日本の教科書にも記載されており、私も小学校のときからこれらの言葉を知っていました。そしてそれらが全て真実であると堅く信じて疑うことはありませんでした。何て日本は酷いことをしたのだろう。反省し、中国人や韓国人には深く謝罪しなければいけないと。さらに、「南京大虐殺はなかった」などと言う人がいると、かわいそうな人だとさえ思っていました。
 
 しかし最近それらに興味を持っていろいろ調べるうち、それらの多くは中国や韓国、または日本の特殊な団体によって捏造・歪曲された事実だと知りました。
そして日本の歴史教育自体が「自虐的歴史観」という極めて偏った教育であったことも知り、その事実に驚愕しました。私の受けてきた歴史教育は何だったのであろうかと。
 中国や韓国は捏造事実を作り上げ、日本の自虐的歴史観を煽り、外交や経済上でその立場を悪用し続けています。そしてさらには、歴史問題以外にも中国や韓国が日本に対して如何に横暴極まる態度と行動を取っていたのかを知ったのですが、一番驚いたのが多くの日本人がそれに気づいてさえいないこと。気づいていても、「しょうがないさ、日本が昔悪いことをしたからだろ?」程度の認識しか持っていないこと。『このままではこの国の未来はない』そう思い恐怖さえ感じました。

 日本人の多くはかつての私のように、戦後偏った自虐的歴史観を繰りかえし教育されてきたことでその知識や考えがすっかり間違った歴史観に染まってしまっています。
 そしてマスコミは中国や韓国に気を使い、真実の姿を伝えようとしません。中国か朝鮮の支社ではないかと思うような報道の仕方をするマスコミすら存在します。
 
 マスコミは韓流だの、中国景気だのと騒ぎますが、我々は中国や韓国の本当の姿を知る必要があります。そして偏向的でない正しい歴史認識を持つ必要があります。そうしなければ、正しい外交もできなければ、本当にこの国の未来もないでしょう。

 私は中国人や韓国人に恨みがあるわけでも何でもありません。中国を旅したこともあります。その中で信じられないくらい親切に接してくれた中国人にも出会いました。中国人、韓国人の全てが悪だと言うつもりはありません。しかし我々はこれらの国の真の姿と正しい事実を知る必要があります。
 教科書やマスコミ報道ではなかなか知ることができない、これらの国の真の姿を多くの人に知ってもらうのがこのBlogの目的です。そし日本が正しい方向へ向くことを期待してこのBlogを書きます。

 また、このBlogについてのトラックバック、リンクはフリーです。

※現在スパムトラックバックが大量に発生している為、トラックバックは承認制とさせて頂いています。トラックバック送信後、反映されるまでに時間がかかっておりますがご了承下さい。


人気ブログランキングバナー←このBlogに何かを感じたらクリックして下さい。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ブログ作ってみた  [ 唯想う事を徒然と ]   2005年03月18日 01:18
周りで日記をブログに変える人が多いので作ってみた。 いまいち使い方がわかってない。 とりあえず!メインサイトとは無関係に思う事を率直に綴っていくことにしよう。 さて。 竹島問題で韓国が大騒ぎしてますね。 GWにソウル旅行予定してたんですが。 正直、韓国に
2. 「ブログ時評」なんていらない  [ ヒロさん日記 ]   2005年03月27日 11:06
「ブログ時評」なんていりません。これからヒロさんが本格的な時評をやります。■アジアの真実(lancer1):とても誠実に淡々と東アジア現代史を整理してくれるサイト。私が生まれて初めてコメントを書き込んだサイトです。
3. 「アジア金融道」 開設のご挨拶  [ アジア金融道 ]   2005年04月30日 06:32
このたび、東アジア各国(東南アジア及び中国・韓国ぐらいまで)の金融事情、ローカル情報等をご紹介させていただくブログ「アジア金融道」を開設致しましたので、ここにご挨拶申し上げます。 「金融道」とはいいましても、別に「道」を説くようなものではありませんの
4. 気持ちはあれども時間が足りず  [  || 翠*茶 || ]   2005年05月18日 12:22
おはようございます。 なかなかPCでゆっくり書く事が出来ずに 通勤電車の中からメ
5. 衝撃!!日韓併合は合法だった  [ ここがおかしい社会問題 ]   2005年09月19日 13:34
 この本には歴史についても衝撃的な事実が数多く記載されています。 日本はこれから良くなる―アメリカが逆立ちしても日本に勝てない理由
6. 伝えよう真実を(雑記)  [ 叫び ]   2005年10月14日 16:50
↓広げよう正しい歴史を!(10/12ブログからお読みいただけると幸いです) http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html このサイトを知ってから色々調べたり、習った歴史について 思い出したりしてました。 はっきり言って村上ファンドのボケとかどうのと言っ...
7. 歴史の幸運と現在の不幸  [ 釣りキチおやじの言いたい放題 ]   2005年11月01日 23:32
歴史の幸運と現在の不幸  ある国へ旅行する際の注意事項として、「何事が起こっても、決して謝ってはいけません。」というのがあった。「ゴメンナサイ」と言ったら最後、「貴方が非を認めた以上、この件の責任はすべて貴方にある。どうしてくれるのだ!」となるというの

この記事へのコメント

1. Posted by CON   2004年12月05日 10:49
 私もあなたに同感です。
実家で朝日新聞を取っていたので、その内容に何も疑問を抱かなかったのですが、インターネットで各新聞社のHPでニュースを見たり、いろいろなHPを見ているうちに、朝日新聞の内容が他と違うことに気が付きました。
朝日の主張が中国共産党や日本の共産党、社民党などとほとんど同じだと、はっきり分かったときは裏切られた気分でした。

日本人の優しさにつけ込んで贖罪意識を植え付け、外国に国を売るようなまねをする、朝日新聞などの売国メディアが消えること願っています。

私のような人間が発生することを考えると、朝日などがインターネットを目の敵にして、その欠点を誇張して報道するのは当然の成り行きですね。

事実を隠し、一方的な宣伝報道をしてきた者達にとって、インターネットの自由な主張、自由な表現は脅威に見えることでしょう。
2. Posted by lancer1   2004年12月05日 22:21
>CONさん
 コメントありがとうございます。朝日新聞に関しては同感です。このような偏向新聞が堂々と多くの家庭に届けられていることが信じられません。しかし、テレビ朝日のTVタックルなどは中々的を得た報道をしていてびっくりすることもあります。
 インターネットの力はすばらしいと思います。CONさんのサイトも興味深く、じっくり拝見させていただこうかと思います。
3. Posted by Hiro-san   2004年12月06日 02:56
イギリス在住の日本人です。韓国・中国、歴史問題に関するブログを毎日読んでおりますが、本日よりこのサイトも「定期拝読」いたします。陰ながら応援いたしますので、どんどん自己表現して、発信してください。

ブログのリンクチェックをしていて注意事項ですが、韓国・中国の批判をするサイトにリンクからジャンプしようとすると、悪質なアダルトサイトにジャンプし、凄まじいスパム・ウィルスなどに感染することがよくあります。「あちらの方々」は悪質なサイバーテロを仕掛けますので、パソコンのウィルス対策を徹底的にしておくことが大切です。(あなたのサイトを参照するリンクにも、悪質ジャンプが仕込まれてありましたよ! 本日すでに2回もウィルス除去で窮窮としております。みなさんも気をつけて!)
4. Posted by lancer1   2004年12月06日 21:29
>Hiro-san さん
 はじめまして。応援ありがとうございます。このサイトも攻撃対象になっているとは予想は出来ていましたが「もう来たか」という感じです。できることは十分気をつけておきたいと思います。忠告ありがとうございます。
5. Posted by 船原長生(Chosei Funahara)   2005年01月14日 18:08
初めまして、船原長生と申します。色々なインフォメーションを掲載して頂き、興味を持って読んでおります。この人気グログ・ランキングの海外ニュースでは私はでwowow_turkさんのうねりのサイトとrx178さんの朝鮮半島最近気になる朝鮮半島のサイトと同様にLancer1さんの一般の日本人の見解と違ったクリティックスとして読んでおります。辻本武氏の歴史と国家に関する研究 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/index.html あるいは灘本昌久氏の意識の中の差別と社会問題の研究 http://www.kyoto-su.ac.jp/~nadamoto/ に通ずるものがあります。もちろん過去のデータを元を作成されたほぼ客観的な論文であると信じています。

これは質問になるのですが米国占領軍GHQとオキュパイド・ジャパンの間で何が本当に行われたのかと言う事実がまだ何処にも出てきておりません。2期目の安全保障条約は事実上1992年に終わったはずなのですが、クリントン元大統領があと数十年間、秘密文書(クラスファイド・ドキュメント)を公開しない事にしました。そのことに関してどのようにお考えですか。

二つ目にGHQと敗戦国との間と第三国諸国との間の利権の事実はアメリカ内のインテリジェンスでは常識になっています。その利権に関してもお答えをお拝聴戴ければと思います。

最後にLancer1さんが実名でこのブログを公開するのは問題がありますか?

それでは。失礼致します。
6. Posted by lancer1   2005年01月15日 14:56
> 船原長生(Chosei Funahara)さん
 コメントありがとうございます。
GHQと占領下の日本でどのような取り決めが行われたのかは、正直それに関する文献を調べたりしたことはありません。しかし戦後日本の方向性を決める重大な指針がそこで決定されたのは間違いないことだと思っています。特に、勝てば官軍という言葉ではありませんが、この戦争の一切は「日本の悪」が元であり、それを国民に浸透させるために日本の戦後の自虐的歴史観や、偏向的なマスコミが作成されたと思っています。それが戦後60年続けられ、今日の中国や韓国へ対する日本の姿勢や、情けない外交姿勢の根源になっていると思っています。
 二つめのご質問についてですが、GHQと敗戦国との間と第三国諸国との間の利権の事実ということについてはこれまで考えたことがありません。
 また実名で公開するという提案はどのような意図の為か教えて頂けますでしょうか?
7. Posted by 船原長生(Chosei Funahara)   2005年01月17日 16:14
実名で公開されると、日本では非難されますか? 私は海外生活の方が長いので日本の風習と言うのがわかりません。西洋では自分の意見を言う時は実名で言うのが普通なので、匿名の場合は何か匿名でなければ書けないような特殊な地位にいる人物あるいは、その反対で生命の危険にさらされてい立場にいる人間のような感じを受けます。 Lancer1さんの意見に賛同する人の方が多いと思いますし、私も共感を持って読んでいます。読んでいてどんな方が書いていらしゃるのかなと思っています。日本を良い国にしなければいけないと思う人の方が多いと思いますよ。実名の方が顔が見えたような感じがして、読み手はもっと身近に感じます。その上、より安心して読めると思います。例えある読者に非難されても意見が正しければ、周りの人が守ってくれると思います。それだけです。深い意味はありません。
8. Posted by Hiro-san   2005年01月18日 05:35
>船原長生(Chosei Funahara)さん

横レスで失礼ながら、イギリス在住のHiro-sanと申します。私もこのサイトの勝手応援団の1人ですが、筆者が実名かどうかはまったく気にしていません。それよりも日々の発信内容に込められている情熱、誠意、オリジナリティ、言葉づかいなどから、また読みに来ようかな、応援しようかな、という気持ちが湧いております。ブログの中には詳しいプロフィールや顔写真まで載せる方もおりますが、そのような「過去の履歴」や「風貌」よりも、日々の表現内容やコメント対応で、筆者に対する「身近さ」や「安心感」を自分なりに感じております。

>「西洋では自分の意見を言う時は実名で言うのが普通なので....」
船原さんは、もしかしたらアメリカですか? 現在、ブログが最も普及しているのはアメリカかと思われますが、アメリカのブログでも実名が多いのでしょうか? 新聞・雑誌というマスコミメディアに限れば、欧米の方が署名記事が多いのは確かですが、すでに物書きの人がネット上で実名PRする場合を除いて、ネット上で実名が「普通」ということはないと思うのですが、いかがでしょうか? 実名に見えてもペンネーム、ハンドルネームの場合が多々ありますし。

lancer1さんは何者でしょうね....。たぶん学者や有名人ではない普通の人だろうな〜と勝手に想像しておりますが(失礼)、万に一つの確率で、朝日新聞やTBSの職員ということもありえますので(笑)、そのような場合の実名公開はおやめください! NHKの某ディレクターに比べ物にならない命懸けの行為となりますので....。そのようなつまらない政争や圧力に巻き込まれるよりも、とにかく地道に発信していただきたいと思います。
9. Posted by lancer1   2005年01月18日 09:05
>船原長生さん
>Hiro-sanさん
 なるほど、船原長生さんの提案する実名の掲載の意味がわかりました。しかしながら、今のところ実名でこのBlogを公開するつもりはありません。理由は、今の日本においては、このような情報を発信することで、不利益を蒙る可能性があることです。 
 日本では、このような情報(所謂、過去の歴史に対して負のイメージ以外を持つこと、中国や韓国を非難する情報)を発信する者を「右翼」というレッテルで見る傾向がまだまだ残っています。少し前と比べれば随分自由な発言ができるようになったものだと思いますが、最近では私のようにネット上でこういう情報を発信する者を「ネット右翼」と呼ぶ言葉まで出来かけています。言ってしまえば、自分達に反する意見を言う者を全て「右翼」と呼んで非難しようと言う左翼のプロパガンダでありますが、実際日本において「右翼」とは「過激派」のような意味で捉える人も多く、実生活において「あいつは右翼だ」というレッテルを貼られると生活に支障をきたす可能性も多々あります。
 また、先日のNHKの従軍慰安婦番組に政治介入したと一方的に報道された自民党の安倍氏は、真偽も不明な状態であるのに(おそらく潔白でしょう)自宅に投石がありました。このように身に危険が及ぶ可能性もあります。

 残念ながら日本においては、以上のような「可能性」があり、現段階で私は実名を晒す勇気はありません。
 
 しかしながらこのように実名を隠して情報発信しなければならない日本がいつまでも続くことは悲しむべきことであり、私のやっていることが結果としてそのようなことのない日本へ繋がる一端になればとも思っています。

 皆さんに応援していただけるのであれば非常に心強いです。これからもよろしくお願いします。
10. Posted by 船原長生(Chosei Funahara)   2005年01月18日 09:35
>Lancer1さん了解しました。
>Hiro-sanさん、私はアメリカ在住30年以上です。ブログに関しても新聞投稿に関してもアメリカ人は匿名を嫌います。アメリカ人の性格だと思いますが、自己主張だけで生きている国ですから、全てにreactionaryな国民です。私もそうです。GHQのアメリカ政権のさなかに生まれ、アメリカ文化で育ちました。 欧州とか日本の奥行かさは私を含めてアメリカには微塵もありません。それがアメリカの良さでもあり、悪い所でもあります。申し訳ありません。
11. Posted by 周界   2005年01月19日 22:47
こういう内容の文章、今までは、読んでいて寒気がするものばかりでした。が、このBlogは、当たり前の常識を持つ人が、当たり前の感覚で書いている、という安心感を感じさせてくれます。
 韓国で、自らの近代史を再検討する人たちが出始めているようですが、これは、結局、彼らの現在の自分たちへの自信がそれを可能とさせているのだと思います。
 ただ、当時の朝鮮人に対して、我々日本人の多くが差別意識をもっていたことも確かでしょう。こういう内容を書く人は、この点を看過しがちであると思います。私の母は、今の韓国の全羅南道生まれなので、やはり、話を聞いていると、そういうことを意識してしまいます。従軍慰安婦は、その言葉の成り立ちからも、意図的な露骨な悪意の過剰反応の所産だとは、韓国側の証人の話を聞いていても感じてきましたが、今の日本人には理解できない、陰湿な差別意識があったことは、自虐ではなく、きちんと認識してほしいと思います。
12. Posted by める   2005年01月20日 22:54
周界さん

 戦前の日本人にあった中国人や朝鮮人に対する差別意識は伝統的東アジアにおける秩序、観念を否定しなければ、富国強兵政策、近代化を強力に推し進めることができなかった、という国策最優先の風潮が根底にあったと思います。
 遅れてスタートした日本が西欧列強並みに力を蓄えるのは大変なプレッシャーでした。その中で、それほど近代化に積極的に動かない、中国や朝鮮の人々は日本人にとって否定しなければならない存在だったのではないでしょうか。
 戦前はマスコミなどにも差別的な表現が出てきますが、そういった事情があって差別を肯定していたのだと思います。
 元々日本人には異質なものを排除する傾向が強く、いじめをして喜ぶという精神的欠陥が民族の傾向として存在しますので、それらが時代背景によって肯定され、強められた、というのが周界さんが指摘する戦前の差別意識ではないかと推測します。

 そういった差別観があったのは否定しませんが、だからといってそれで凶悪犯罪者のようなことを日常的にやっていたというのは飛躍がありすぎます。そして実際、日本人は戦前からまじめだったと言える客観的データも多く存在します。控えめでも誇張でもなく、事実を等身大に見つめればもっと評価されるはずであると思っています。

 「陰湿な差別意識」としてどんな体験があったか聞かせてもらえるとありがたいです。
13. Posted by lancer1   2005年01月20日 23:28
>周界さん
 コメントありがとうございます。めるさんも書かれていますが、当時の日本人の「陰湿な差別意識」とは具体的にどのようなものだったのでしょうか?これは反論ではなく質問です。同じく日本領であった台湾のエピソードなどをあさってみましたが、「陰湿な差別意識」というのは今のところ見つかりません。当時は純粋な日本人を「一等国民」、台湾人、朝鮮人を「二等国民」と分けていたそうですから、制度の上でも多少の差別があったのは間違いないでしょう。しかしそれは「陰湿な差別意識」という言葉とは違うと思うのです。よろしければ勉強の為に教えて下さい。
14. Posted by 周界   2005年01月21日 22:04
めるさん、lancer1さんへ

 私は、今、本当に、強い衝撃の真っ只中にいます。陰湿な差別意識と書けば、誰にでもわかるであろう、自明の前提として軽く書きました。ところが、おふたりの文章を読むと、そういう意識・感情が、その内側に、全くないように感じられました。そういう意識・感情の萌芽を自覚しておられない方々に、どういう言葉で、どう伝えられるのか、本当に、深く、深く、途方に暮れています。ですから、少し時間をいただけますか。申し訳ありません。
 それから、めるさん、私は、凶悪犯罪者のようなことを日常的にやっていたなどと、書いた覚えはありませんよ。また、日本人に、「いじめをして喜ぶという精神的欠陥が民族の傾向として存在する」なんて、私は認めませんよ。
 私は、ここで、差別をする側として、日本人を書きました。でも、本当は、朝鮮・韓国の社会の方が、激しく、強烈に差別を続けてきた歴史があることぐらいはわかっているつもりです。加えて、日本人の方が、彼らから見下され、差別されてきた歴史が長いことも承知しているつもりです。そして、彼らの反日の端緒に、そういう伝統的な意識・価値観があるのに、本当は、彼らの心の底でも、日本人に勝てないのではないか、という劣等感があったことも。そういう、様々に、複雑にもつれ合った意識・感情にスポットライトを浴びせることなく、嫌韓だ、韓流だなどと言われても、シラケルだけでした。この程度の認識、門外漢の私でさえ、入門書レベルの数冊の本をよんだくらいでわかりましたのに。
15. Posted by 隙間   2005年01月22日 02:09
初めて書き込ませていただきます。隙間といいます。
周界さんへ

陰湿な差別を説明するにはやはり具体例を挙げるのが一番ではないでしょうか?これは皮肉とかではなく率直にそう思ったことですので気を悪くしないで下さい。日本人としては全く差別だと思ってないことでも朝鮮人には差別と感じることがあるかもしれませんし。正直、陰湿な差別とはあまりにもぼんやりし過ぎていて人によって捉え方が大きく変わってしまうと思います。
そういう状況であえて周界氏が言いたいことを勝手に私は考えて見ました。間違ってたらごめんなさい。
もしかして日本人には朝鮮人を昔から敬遠、ストレートに言えば嫌悪してる方が結構いますが、こういう方たちを指しているのですか?これなら、日本人は朝鮮人は自分勝手ですぐ問題起こす奴が多いなどと言って相手に問題があるという感覚ですが、逆に朝鮮人側に立つと、本人たちはなぜ自分たちが嫌われてるかわからない、だから差別をされてるという感覚になるでしょう。
こういうことなら、なぜ陰湿な差別と言うものを自覚してないのかということは説明がつくのですが、どうでしょうか?
16. Posted by める   2005年01月22日 06:25
周界 さんへ

 私は周界さんを論駁しようと思ってコメントを書いたわけではありません。周界さんのいう差別というものを元に自分の思ったことを書いた、と受け取ってください。ですから
 「凶悪犯罪者のようなことを日常的にやっていた」
 「いじめをして喜ぶという精神的欠陥が民族の傾向として存在する」
といった表現は自分の感想を述べるために持ち出した、ということです。

 私自体差別することにもされることにも無縁な人間ですし、正直言って陰湿な差別といっても実感がありません。
 周界さんの文章を拝見しますと、朝鮮人側にも問題があったと読み取れます。差別してきた歴史があり、嫌われる原因があったということであれば、差別されたとしても日本人が悪いとばかりはいえないということになります。
 実体験に基づいた事柄を理屈だけで割り切るつもりはないので、断定はしません。そしてやはりイメージできないからこそ、差別体験なるものを聞きたい、という思いが有ります。
17. Posted by moon   2005年01月22日 18:31
皆様の意見を読んでいますとまるで差別が存在しない、もしくは存在させてはいけないという風に聞こえますが、これはハッキリ言いまして無意味だと思います。

「戦争はいけない事だ」ともう随分昔から言われているでしょうが、現実として全く無くなっていないのです。差別もこれと同様であり、絶対に無くならないのです。もしも差別がなくなる社会があるとしたら、その環境に他者は存在しない、自分一人の世界であることが前提になってしまいます。
問題は差別の’質’であり、これは時代と共に変化して行きます。(根本は同じですが)異民族に違和感を感じ排他的に暴力を振るったり、罵ったりなど。つまり戦前の時代は日本に限らず、世界中何処でも今より遥かに人権意識が低かった訳ですから差別の度合いも露骨だったでしょう。
今の日本においてもチマチョゴリを着た朝鮮人が電車に乗っているのを見たら、とりわけ大した感情はなくとも「あっ、朝鮮人だ」と感じ、ある人はチラチラと彼女に見入ったり、ある人は見て見ぬ振りをする。これは違和感のある民族衣装をみたのですから、ある程度当然の行為と言えます。
しかし朝鮮人女性に「チョゴリを着ていると白い目で見られる」と思われた時点で差別となってしまう可能性すらあります。セクハラみたいなものですね(笑)

ですから戦争も差別も存在し、絶対に無くならないと云う大前提のもと、その時代の感覚にあわせて差別とつき合って行くしか無いのです。人間は人間である前に動物であると云う前提を忘れて傲慢になってはいけません。動物界では厳然と差別が行われております、そこには自己保存を最優先とするDNAの呪縛と云う確固とした理由があるからです。ここで人間と動物の差は差別のバランスを考えられるかどうかであって、けして人間だから差別をしないという机上の空論ではありません。
18. Posted by いち   2005年01月22日 18:43
この掲示板の冷静さを見た上で、敢えて本音を書きます。私は『意識の中の差別(≒好き嫌い)』と『制度としての差別』は分けて考える必要があると思っています。

個人の中にある差別意識は、人間が人間である以上、仕方のないものであり、誰の心の中にもあるものだと思います。韓国人が嫌いな日本人もいるでしょうし、同様に日本人が嫌いな韓国人もいるでしょう。学力が低い人間を蔑む人もいれば、ハゲなんてまっぴら御免という人もいるでしょう。

人間は、感情を持つ生き物であり、完璧な存在ではありません。完璧な差別意識の排除を求めるのは単なる理想論であり、メルヘンです。

問題は、この不完全な生身の人間が、どのようにお互いに折り合いをつけて心地よく暮らしていけるように知恵を絞るかです。

そのためには『制度としての差別』こそ憎むべき問題であり、排除するべきものなのではないでしょうか?

具体的にいえば、黒人と同じプールに入るのを嫌う白人がいます。嫌いだという差別意識はその人の価値観であり、好き嫌いであり、思想の自由です。しかし、プールへの黒人の入場を認めないというのはどうでしょう?これは制度としての差別であり、許されないことです。どうしても一緒が嫌なら、その白人が黙って去ればいいのです。逆に、白人に『差別だ!我慢して入れ!』と強要することは、ナンセンス極まりないことです。

残念ながら、どうも日本の言論界、マスコミ界には、この区別がつかない人が多いように感じられます。

周界さん。

残念ながら、あなたの仰るように差別意識は誰も(日本人も、韓国人も、中国人も)が持っているでしょう。それを説明しろ、証明しろと言われて困惑するのは理解できます。

しかし、戦後の日本人は上記の区別がつかないマスコミ、教育環境の中で育ってきました。意識の中の差別すら、肯定すべきでない悪だと思い、自らの中の差別意識を肯定することを恥だと感じています。

私は周界さんに、どんな人間でも等しく持っている差別意識の証明など求めるつもりはありません。しかし、許されざる存在である制度としての差別(=具現化、具体化した差別)には興味があります。是非、それを具体例として教えていただければと思います。
19. Posted by 周界   2005年01月23日 11:01
周界です


 皆さんは、私の言っている問題の捉え方が、まるで理解できていないようです。(ただ、moonさんは、違うと感じています)
 
 アメリカの白人で、黒人と同じプールに入るのを嫌うものがいる、といちさんが書いていらっしゃいます。いちさんは、その意識を、個人的、個別なものでしかないと認識していらっしゃるようです。私は、ここに、問題点が二つある、と感じます。嫌う側の白人の意識・感情がどういうものなのかを、きちんと把握しておく必要があるのでは、という点が一つです。もちろん、私が書いた、陰湿な差別意識に接近する為です。そして、二つめは、そういう白人の意識は、今では力が弱くなっているが、昔は、いちさんの言う、制度的な差別に近い状態から、社会・学校で、それこそ馴致されていた名残であろうと思われる点です。
 
 moonさんが、差別の質、それは、時代とともに変わり、昔は人権の意識が低かったから、差別も露骨だったのだろう、と書いていらっしゃいます。同感です。ただ、人権の意識と書くより、もっと細かく書けば、例えば、白人による黒人の差別には、黒人が人類ではなく、サルに近いケダモノだ、という本気の意識・感情があり、一度は、我々の中の、どの人種も同じ人間だという前提を取っ払ってみなければならないと考えます。私は、これから先をどう捉えていいのか、すぐには摑みかねているので、大きく困惑しているのです。陰湿な差別意識と書いたのは、次元・内容は異なりますが、これに近いところから書かねばならないのです。そして、これは、いちさんのいう、制度的なものに近かったから、問題にしておく必要がある、と考えているのです。看過すべきではない、と考えているのです。

 いちさんの、「許されざる存在である制度としての差別」ですが、そういうわかりやすいものがなかったからこそ、未だに残る、日韓の断層があると考えます。ただ、就職や、出世を、閉ざされていたという記述を読んだことがあるのですが、残念ながら、こういうことも、制度とまでは言えないと思います。制度と言えるほど明瞭ではないところで、微妙に、巧妙にコントロールされていたようです。問題は、これを当然視していた雰囲気が、陰湿なものに連なっていたと感じる点です。

 今の韓国人は、自尊心という言葉を非常に大切にするそうです。その韓国でも、昔のことは、若い人にはわからなくなっているようです。しかし、彼らが日本のことを意識する時、私には、国を奪われたという物理的な面の腹立ちだけではなく、陰湿な差別を被ってきた腹立ちを感じた人が、意図的に日本を悪く教育した名残があると考えます。若い人には、そういう反日の端緒の意図・ねらいがわからなくなっていることを、深刻に考えますが。

 薄れかけていますが、彼らの反日は、到底理性的なものだとは思えません。自尊心を問題にする民族性は昔からだと思われ、それを傷つけられた過剰反応が、ああいう反日になったと思います。当時のことを、一部だけ取り上げ、それがすべてであった、というやり方だったと思います。そういうことは、実際は、今の時代でも、ニュースに取り上げられるような、例外的なものが多かったと思うのですが。また、彼らの日本観は、戦後のことは、断片的なものが少々伝わっているだけだと感じます。

 最後に、もう一度お願いします。書ける段階になったら、皆さんのこの問題に対する関心がなくなっているのかもしれませんが、ともかく、もう少し、時間をください。

 
20. Posted by 隙間   2005年01月23日 19:04
moonさん

>皆様の意見を読んでいますとまるで差別が存在しない、もしくは存在させてはいけないという風に聞こえますが、これはハッキリ言いまして無意味だと思います。

と書いていますが、私を含め、moon氏の書き込み以前の人が書かいている差別とは、moon氏が言っているのとは違うと思いますよ。少なからず私はそうです。
どういうことかと言うと、moon氏は

>今の日本においてもチマチョゴリを着た朝鮮人が電車に乗っているのを見たら、とりわけ大した感情はなくとも「あっ、朝鮮人だ」と感じ、ある人はチラチラと彼女に見入ったり、ある人は見て見ぬ振りをする。

と書いていますが、moon氏はこれも差別の一種だということで書いたのだと思いますが、私はこれを差別の種となりえるものだが、差別そのものではないと考えています。なので、私が書いている差別とはmoon氏の意見では酷い差別にあたると思います。なので、moon氏が上の議論を読んで感じた、差別はあってはならない、というモノは酷い差別はあってはならないと言うことだと思いますよ。つまりmoon氏が捉えてる差別と、上の議論の中で使われている差別とは違いがあるということです。moon氏の言う差別であれば、存在してはならないとは誰も思わないでしょう。なぜなら、moon氏の言うようにそんなのは、なくなりっこないからです。

同様に、周界氏がmoon氏の意見が近いというようなことを書いていることから、周界氏の言う差別もmoon氏の差別と近いのだろうと推測できます。そうなると、陰湿な差別というものを理解できないのは、差別の捉え方が違うためのように感じます。
21. Posted by める   2005年01月23日 20:51
 戦前の差別については周界さんが「もう少し、時間をください。」と仰っていますので、それを待ってからコメントするとして、次の点についてだけコメントしたいと思います。

周界さん
> 陰湿な差別を被ってきた腹立ちを感じた人が、意図的に日本を悪く教育した名残があると考えます。
-------

 これは可能性としてあると思います。ただ私はこれは違うと見ています。
 呉善花さんという評論家の著書に「生活者の日本統治時代」という本があります。この中で植民地時代に朝鮮半島に住んでいた日本人、韓国人に対してインタビューしています。サンプル量が少ないので、その内容から一般論を導き出すのは不十分なのかもしれませんが、それでも興味深い点があります。
 インタビューした日本人は戦前の体験をそのまま話すのに、韓国人は戦前の体験よりも戦後メディアで培った情報を語り、良くない対日感情を話した、という点です。呉善花さんが、どういう体験をしたのかそれが聞きたいと正しても、自分はそれほど悪い体験は記憶に無い、戦後それを知った、という答えが多くあったということです。
 サンプル量は少なくとも、当時の朝鮮半島の雰囲気は十分に感じ取れます。横暴な日本の官憲におびえる朝鮮民衆、という姿は見えて来ません。また人口比が半島においては圧倒的に朝鮮人の方が多かったですから、ごく少数の日本人から大多数の朝鮮人に対して行われる陰湿な差別というのは効果が薄いです。

 私は直接体験から日本に対する反感が生起した、というよりも次の理由により意図的に生成、増大、反復されている方がはるかに大きいと見ているのです。
 政治的
  ・日帝の協力者、加害者であることを否定するために被害を強調する
  ・自国の民族主義、アイデンティティーの構築に利用する
  ・植民地時代は悪、とした方が都合がよい
  ・日本に金などを要求する口実にする
 個人
  ・日本人に差別意識を持っている
  ・自尊心が高く、異民族支配によりそれが傷ついた恨み
  ・日本人に対する嫉妬心
  ・悪口が好きな民族性
  ・些細な事でも執念深い民族性
  ・怒りっぽい民族性
  ・事実を元に客観的な判断ができない思考形態

 戦後60年も経って日本を非難し続ける韓国は、被害の痛みから来る恨みというよりは、自分達の都合、感情に合わせて非難したいだけなのではないでしょうか。
22. Posted by lancer1   2005年01月23日 23:25
>周界さん
 周界さんをはじめ、皆さん何か問題を複雑にとらえてらっしゃる気がしますが、私の質問は単純です。

「陰湿な差別」とは具体的にどのようなことだったのでしょうか?

この一点です。周界さんは私の書いた記事カテゴリー「アジア各国から見た太平洋戦争 http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/cat_578328.html」を読んで頂けましたでしょうか。日本に併合されていた台湾や、日本軍が侵攻していた東南アジアやその他地域は、韓国、中国と同じ立場であったはずなのに、韓国、中国のように酷い反日行動はしません。逆にびっくりするくらい親日だったりします。周界さんは東南アジア等を旅したことがあるでしょうか?日本人だとわかると、驚くほど親切にしてくれる人がたくさんいます。最初は金をたかろうとしているのかとも思いましたが、正に「無償の親切」です。私は直接言われたことはありませんが、はっきりと「日本には昔大恩があるから当然なんだ」と言われた人もたくさんいます。

 先に紹介したエントリの中にも書いていますが、私はこの点が非常に疑問なのです。なぜ韓国と中国のみで、官民一体となった度を超した反日行動が起きるのでしょうか。日本は中国と朝鮮のみに周界さんの言う「陰湿な差別」を行い、他の支配地域には素晴らしく温厚に接したのですか?私はそうは思えないのです。
 もし、「他のアジア地域にはしなかったのに、朝鮮人だけにはこんなひどい陰湿な差別をしたんだ」という具体例を教えて頂ければ、大変参考になるのです。制度としてはなかったけれど、心の中で陰湿な差別があったでは説明になりません。
 話せる段階になったらで結構ですよ。お待ちしています。
23. Posted by moon   2005年01月24日 06:38
隙間さま

違うのですよ、私の言っている「現在の許される差別」と「戦前戦後の酷いとされる差別」は全く同質のモノであると主張しているのです。何故?わたしが差別と戦争を対比しながら展開したかと言いますと、過去の大戦時においては日本に限らず世界中何処の国でも、植民地や資源目的の半ば侵略戦争と云う行為が堂々と行われて来たわけで、これはある意味「不正な事ではない」という当時の認識が国際的コンセンサスでありました。(機能していない国際的なルールではなく現実の問題として)
当時世界を代表する様な日本やソ連、ドイツ、イタリアなどの大国の殆どが軍国主義国家だったわけで、それ以下の発展途上国の中国、韓国などはもっと前近代国家並みだった訳ですね。そしてこれらの国家観が肯定される時代だったという事なのです。

つまりこの時代の人権意識、国家観においてこれのアクションが決定されていたという事であり、現代において「侵略戦争は間違っている」と言う事とは全く性格が違うのです。人権意識と差別は直接リンクするものであり、つまり今から考えれば、昔の差別は酷かったが、当時としては、ある意味常識的行為だったという事にも繋がるわけです。

ですから差別を考えるにはその時代の人権意識などの時代背景を無視しては始まらないという事です。ココでの本当の問題とは、高い人権意識が国際的コンセンサスとなっている21世紀の現代においても、過去の侵略戦争が正当化されていた時代と全く同じ様に、武力を背景にチベットなどを占領し続けている中国や、餓死して行く国民を放置している北朝鮮の様な低い人権意識しか持てない国家の存在なのです。つまりこの様な国家においては、5〜60年前の【今では許されない差別】が現在進行形で行われているというわけですね。

人権意識の良い例え話として、こう言うのがあります。何十年ぶりかで同窓会が開催され、小学生当時いじめられていたガキ大将などに対して、「あの頃のお前の行為は人権蹂躙だ!」などと本気で抗議する人間などいないでしょう?つまり、当時はお互いに子供であり、全ての認識、知識、価値観、経験値において幼かったという暗黙の了解が存在するので、全く問題にならないという事なんです。国家間の差別と言う問題も実はこれと似た様なものなんですよ。ただ何故か?国家間の問題になると時間軸的なファクターを排除した非論理的なレトリックに陥りやすい傾向にあるのではないでしょうか?
いちさんが仰ってらした様に、その時代の人権意識により、差別の線引きとしての法律や倫理観などの「制度」が確立し反映されて来た訳です。

【根拠ある差別と言われない差別】

この二つは分けるべきでしょうね。日本人は鼻が低い、朝鮮人はエラがはっている、黒人は肌が黒いという類いの、当事者としては選択権がなく、改めようも無いルックスや見かけでの差別において、これらを’非難’する人間は「いわれの無い差別主義者」であり、許せるものではありませんが、韓国中国人は犯罪者が多いからイヤだ、日本人は野蛮だからイヤだ、黒人は病気を持ってそうだから近づきたくない。という類いは差別する側もある意味事実としての根拠に基づいての差別ですから許される範囲だと考えます。
これらの主張により差別される事を嫌うのであれば、差別される側が根拠とされる「事実」が真実では無い事を証明したり、もし事実が本当ならば、民族全体で改めて行く事、これらに取り組めば名誉挽回出来る訳ですし、名誉が回復する程までは取り組まないという結果であれば、差別されても当然だと自覚するべきでしょうね。とにかく全ての民族は差別において加害者・被害者、両者の顔を持ち合わせています。そして差別して当然であるケース、差別すべきではないケース、差別されても当然であるケース、差別されるべきではないケースなど、現在の倫理観を基本に考える事が重要だと思います。
24. Posted by しむ茶   2005年01月24日 15:13
韓流うざすぎ、なんか不自然じゃね?→サイト韓流なんていらない発見→コメントでこちらのサイトへジャンプ

という順序でこちらへ飛びました。これらの問題を、とことん追求しているこちらのブログは、とても勉強になります。リンクをはらせて頂きました。
25. Posted by はるオンパックス   2005年01月25日 22:59
はじめまして、さるさる日記から飛んできました。差別についてですが、日本人は理由も無く差別するようなことはまずないと言って良いと思います。珍しがられたり、困惑したりすることはあっても理由も無く嫌うような人は「それってどうなの?」と言うことで逆に周りから嫌われてしまうと思うんですよね。日本人は寂しがりやだし出来れば皆仲良くやろうよというのが本音かと思います。

では、なぜ韓国人(朝鮮人)の人達は差別されたと思うのかと言うことですが、まずここは日本だということです。日本という国は日本人にとって住みやすいように形作られている国です。日本で韓国の民族衣装を着れば誰だって「!何のコスプレ・・・?」と思う人もいるかもしれないし、「歴史サイトで見たのとちょと違う」とちらちら見る人もいるかもしれません。旅館ですきやきがでて来た時に「なぜキムチを入れない?」と苦情をだされてもここは日本だからです。

日本には「郷に入っては郷に従え」と言うことわざがありますが、外国・もしくは国内であっても他所の土地へ出かける時はその国に住む人達のやり方にあわせるのが上手くやっていくコツだと日本の祖先の人達は知っていらしたようです。どうもその辺が韓国・中国人は苦手なようで欧米や東南アジア等、世界中の国で最近問題になってきているみたいですね。韓国・中国人は地域に馴染もうとしない、貢献しようとしない、ルールを守らない、自分達だけで固まってしまう・・・etc。

差別される状況を改善したいと思うなら、moonさんが言われる通り自分達から改善していかないと改善は不可能だと思います。そもそもの発端は戦争での強制連行などという神話ではなく、今の時代と変わらない出稼ぎ目的の密入国であり、一割くらいの徴用者たちにしても自らの意思で戦後残ったのですから我侭を通し甘えずに自己改革で朝鮮人の名誉回復をして欲しいと願っています。実際戦前のほうが朝鮮人は好かれていたと思いますよ。軍人では幹部にまで昇進し尊敬を集めた人が居たようですし、力道山とかスポーツ選手でも居ましたよね。現在でも芸能人には在日の人が多いみたいだし。戦後、酷く日本人をいじめた事件が多発したから裏切られたと言うことで嫌悪感が広まったのだと思います。自分の母も戦前と戦後で手のひらを返したように酷い目にあったり物をよく盗まれたと話していました。

とりあえず、名誉の回復は拉致問題に積極的に韓国人が立ち上がり運動に関わるとか、ゆがんだ歴史教育を見直すとか一度日本に「今まで滅茶苦茶やってごめんね」とか公式に謝るとか何か行動しないともう無理かと。
ただ、個人に限って言えば節度と礼儀を備えていれば何処の国の人であれ好かれる事はあっても嫌われることは無いと思います。

長々と書き込んでしまい失礼しました。
最後に一言、「竹島返せ!」
26. Posted by 隙間   2005年01月26日 15:32
moonさんへ

昨日までちょっと忙しかったので書き込むのが遅くなりました。すいません。
あなたの主張についてはわかってたつもりです。私のめちゃくちゃな駄文ではちゃんと私のいいたいことが伝わらなかったようなので、端的に言います。
私の言いたいことは二つあります。ひとつは差別の定義があなたや周界氏とは違うということです。そして、あなたが書き込む前に周界氏と議論されていた方々もあなたや周界氏とは違うようだということです。
そして二つ目は差別の定義が違うのだから

>皆様の意見を読んでいますとまるで差別が存在しない、もしくは存在させてはいけないという風に聞こえますが、これはハッキリ言いまして無意味だと思います。

というのは的が外れているということです。
27. Posted by 在日   2005年01月27日 11:52
歴史というのは、立場によって様々な解釈があり、それがその国の正しい歴史として出来上がっていくものです。それを今更どちらが正しいと議論しあってもいたずらに感情を逆なでしあうだけでしょう。アジアの青年達の今の現状をもっと見て、この先どうしたらいいのかを考えるほうがいいですよ。産経新聞ばっかり読んでないで中国、韓国の新聞も毎日読みましょう。日本人以外のアジアの人々が、いま何を考えているのかも知りましょう。アジアの真実というより、愛国主義者の独りよがりブログになってますよ。過去のことをないがしろにするつもりはサラサラないけれども、これからを考える事にエネルギーを使うほうが健全的だし支持者も集まりやすいっつーもんだろう。
28. Posted by lancer1   2005年01月27日 12:43
>在日さん
 「歴史というのは、立場によって様々な解釈があり、それがその国の正しい歴史として出来上がっていくものです。それを今更どちらが正しいと議論しあってもいたずらに感情を逆なでしあうだけでしょう。」
 立場が違えば解釈が違うかもしれませんが、事実を捏造した歴史を作り上げるのはそれ以前の問題ですね。そのような国の歴史とは同じ土俵で解釈を比べることなどできませんね。

 あなたはせっかく日本にいるのだから、客観的な歴史を勉強できるチャンスでもあるのですよ。あなたの国にいる一方的な歴史しか勉強できない人とは違うのです。もっと勉強しませんか?
 
 「産経新聞ばっかり読んでないで中国、韓国の新聞も毎日読みましょう。」ご指摘いただいていますが、同じテーマについて、日本の主要紙や地方紙、朝鮮日報や新華社等のニュースソースにも目を通していますよ。あなたはどうなのでしょうか?
29. Posted by ?   2005年01月28日 20:38
在日 氏

もう日本人は、だまされませんよ、あなたがたの従来の手法はもう通用しませんよ、

正しい(捏造や歪曲なしの)歴史は日本で燎原の火のように広がっています、もう止める事はできませんよ、

今のうちに祖国に帰国された方が良いですよ、在日さんはこれまでうそをついて日本にどれだけ損害を与えてきたかを、思い起こせば分かる事でしょう
今回、最高裁で、在日のわがままが通らない事が証明されましたよね、
これから日本は在日にとってますます暮らしにくい国になっていきますよ、
(実際には、普通の国になるだけですがね、)
30. Posted by める   2005年01月28日 21:44
在日さん

> アジアの真実というより、愛国主義者の独りよがりブログになってますよ。
 ここでの言論が、愛国主義者の独りよがりなものならば、あなたには容易に反論ができるのでしょう。あなたの今後の言論展開に期待します。私には、このブログの内容を「愛国主義者の独りよがり」と評する人こそ、「独りよがりな反日主義者」なのではないかと思えます。これは言われたから言い返すということではなく、本当にそう思います。
 私のこの思いが単なる偏見であることを証明するためにも、あなたが独りよがりな人で無いならば、きっと我々を納得させてくれるすばらしい言論を展開してくれるはずだと期待しています。
31. Posted by 周界   2005年01月30日 14:03
lancer1さんにのみ訴える
           by 周界


 今更こういうことを書いても逃げているようにしか思われないかもしれませんが、私は、「陰湿な差別」とは、一度も書いていません。「陰湿な差別意識」と書いてきました。当時の日本人が、朝鮮人だというだけで、どういう見下し方をしてきたか、その感情のヒダは、もう、当時の日本人でさえ、わかりにくくなっている、と考えていたので、最初の書き込みのような書き方をしました。しかし、それは、なんとなくぼんやりとではあるが、そういうことを書けば、今の日本人にも、どういうことだか推測がつくだろうと、単純に考えてもいました。そういうことだったのに、それ以後の展開になってしまい、それが韓国人の反日の強さにあるのではないか、と憶測されていると、あなたの私への呼びかけで気がつきました。
 彼らの反日の強さは、彼ら固有の精神史というか、民族性・国民性の構造からきていると、私は、もうだいぶ前に結論づけました。ですから、アジアの真実とこのブログが名乗るならば、そういう問題意識で書いていただくことを望みます。中国人も、韓国人のことを、偏激だと感じていると、どこかで読んだような記憶もあります。我々日本人には、どちらもそう感じている人ばかりでしょうが、記憶しておいていいことだと考えます。
 これも精神史のひとこまと言っていいのですが、あの国の党争の歴史を踏まえることと、戦後は反日派が制覇したし、以後もそうであり続けている、という理解も必要です。ただ、どっちにしても、あの国の反日のことは、単純なひとつふたつの項目では理解できないほどの複雑なことであるとも考えています。我が国とは、もの凄く異質な精神風土なのだと、そう強く言いたいです。
 意外かもしれませんが、私は、自分のことを、親韓派だと思っています。あの国が築いてきた文化に、羨望と憧憬を抱いているところがあります。もちろん、それ以上に、愛国的であり、日本主義者と言っていい考え方の持ち主ですが。言いたいことは、彼らの反日を嫌悪するようなレベルで、アジアの真実をとどめて欲しくない、ということです。
 在日氏のことですが、この国にい続ける考えならば、取り敢えず、一刻も早く、日本国籍を取れ、と言いたいですね。在日なんていう鬱陶しい言葉、死語にしてくれ、と考えていますから。私は、このブログに書いてある裁判の原告さんにも、この国にい続けるつもりならば、日本国籍を取れ、取ることについて、法務省の役人の態度が気にいらないなら、それはそれで、この国の世論に訴えろ、と言いたいですね。民族を変えろとか、創氏改名しろなんて、これっぽっちも思っておりません。朴春琴氏以来の韓国名を名乗る、我が国の国会議員の誕生は、喜ばしいことだとも思っています。
 あと、あなたが書いている東南アジアとは、どこのことですか。フィリピンとミャンマーでは、日本に対しての感情はだいぶ違うはずですし、あの地域では、華人の存在も考えてしまいます。
 
32. Posted by moon   2005年01月30日 14:43
隙間様へ

隙間様は周界氏が一部私に同調されているという事から、私も周界氏と同質の見解だと勘違いされておりませんでしょうか?むしろ私は周界氏とは真逆な立場であると思っております。
私は単にリアリストとしての立場から、差別は絶対に無くならないので、全ての差別の’存在’自体は積極的に肯定すべきと言う主張です。
また、全ての民族は、差別において何時でも加害者であり、被害者であると云う二面性上、差別して当然、差別してはいけない、差別されて当然、差別されるべきではないというファクターを踏まえながら差別と上手につき合って行くべきと考えております。一言で言えば、私の主張とは、基本的に「戦争は違法行為」としている国連においても、’戦争は絶対に無くならない’と云う現実的な視点を踏まえているので問題解決の手段として「最終的な武力行使」を認めている様なものだと考えます。

日本人が一切の差別をしないと言うのも、差別をなくそうというのも、完全なる幻想であり、だとすると周界氏がもうされている、戦前戦後の朝鮮人達への差別とは、国際的な人権意識などをはじめとした当時の時代背景を考慮した場合、ある程度正当な差別であったのか?それとも不当な差別であったのか?
ブロードバンド回線でコタツからネット掲示板に好きな意見を書き込める温々とした現状から、全く時代背景が異なる過去を見つめ’差別だ’などと言っても始まりませんし、これこそが不毛であると言いたかった訳です。

在日さま

何か愛国心を否定されている様に聞こえますが、愛国心とは主観性から来る極自然な感情であり、全ての客観性は主観と云うフィルターを通過させてからしか見る事は出来ないのです。
これを’絶対的客観性の破綻’と申します。あなたの仰っている主張は、愛国心と云う’主観的感情’を捨て、客観的存在であるアジア人になりきり、アジア人の立場で物事を考えようと言う、まさに’絶対的客観性の破綻’を含んだ幻想的な考えである事を自覚された方が宜しいと思います。

日本人であれ、中国人であれ、韓国人であれ全ての民族は愛国心を持っています。中国人や韓国人のナショナリズムが露骨で稚拙に感じられるのはそれぞれの国民性の’民度’でしょうから、これ自体に問題はないのですが、問題は愛国心が形成されているファクターの信憑性という話になります。
従軍慰安婦や強制連行、南京大虐殺という事実自体が捏造であり、当然韓国・中国側の提示した数字が非論理的である事が解明されて来た現代において、愛国心を見直さざるを得ない状況に追い込まれた中国、韓国は、果たして論理的な手法をとれるのか?はたまた論理ではなく’戦略’として現状を維持するのか?

これらの言い分が、日本もしくは中国韓国側のどちらの主張が客観的事実に近いか?という事を国際的視野で判断しますと、金正日やフセインをも賛美する出版物が店頭に並び、一般の誰もがこの情報に触れられる日本と、親日的な出版物は有害図書として扱われ、著作者が逮捕される韓国中国とどちらが客観的事実において信頼性が存在する国であるかは一目瞭然でありましょう。
33. Posted by 隙間   2005年01月30日 15:02
moon氏へ

なるほど、そういう意味で無意味だと書いていたのですか。勘違いしていたようです。些末なことで粘着してすいませんでした。
34. Posted by lancer1   2005年01月31日 13:05
>周界さん
 コメントありがとうございます。今回頂いたコメントでわかりましたが、私と周界さんの間に認識の違いはあまりないと感じました。周界さんのおっしゃるとおり、
 私がこのBlogで何度も言っていることの一つに、「なぜ韓国、中国のみがあれほど極端に反日なのか。なぜ事実を捏造してまで反日に徹しなければならないのだろうか。これはただ単に民族性という言葉一つで片付けていいもの」ということがあります。それに関して、周界さんのコメントで、それは「陰湿な差別(差別意識)があったからである」と明言している風に感じたため、以後のやりとりになったようです。おわかりであるとは思いますが、私は嫌韓という意識だけでこのBlogを書いているわけではありません。また、周界さんの、「韓国の異質な精神風土」という考えは大変参考にもなります。
 しかしながらまだ解せないのは、

「朝鮮人だというだけで、どういう見下し方をしてきたか、その感情のヒダは、もう、当時の日本人でさえ、わかりにくくなっている、と考えていたので最初の書き込みのような書き方をしました。しかし、それは、なんとなくぼんやりとではあるが、そういうことを書けば、今の日本人にも、どういうことだか推測がつくだろうと」

 とあるのですが、なぜ周界さんがその当時の日本人の朝鮮人に対する感情を正確に理解されているのかということなのです。文面からすると、当時実際に朝鮮人と触れ合った日本人その人でなければ書けない言葉くらいに重みのあるものです。周界さんは当時を生きた人なのでしょうか?もしそうでなけれはなぜそこまで当時の日本人の意識というか精神に深い認識があるのでしょうか。
 
 今回の頂いたコメントで私と多くの点で考えが共通していると感じましたが、その点だけがやはり不思議に際立っている言葉のように思えます。  
35. Posted by moon   2005年01月31日 22:26
>彼らの反日の強さは、彼ら固有の精神史というか、民族性・国民性の構造からきていると、私は、もうだいぶ前に結論づけました。ですから、アジアの真実とこのブログが名乗るならば、そういう問題意識で書いていただくことを望みます。

これは間違えだと思います。今韓流ブームと呼ばれる現象がありますが、これにより日韓の真の友好などはあり得ません。冬ソナなどよりもずっと昔に、ケイ・ウンスクやチョー・ヨンピルなどの歌手が数々のヒット曲を発売し、日本人を大いに楽しませてくれました。そしてこれらのヒット曲は今でもカラオケなどにより歌い継がれ、パッと出の冬ソナなどよりもトータルで大きな利益を上げている事も事実です。両国間の経済的な取引も以前から活発になっており、また日韓両国においての国際結婚も、とっくの昔から右肩上がりで推移し続けております。

つまり民間レベルに限っての日韓友好などはとっくの昔から築かれているという証明であり、日本人と韓国人の友好関係に民族性などは無関係である事も同時に証明されているのです。

では何故?一方では増々反日感情・反韓、反中感情が両国間において増加しているのか?これは結論から言ってしまいますと、韓国、中国側にのみ問題が存在し、日本は全く問題がないのです。これらの国の反日思想とは、現在も行われている反日教育が全ての悪の元凶である事は論理的に証明出来ます。
儒教が背景にある韓国において目上の教師と言う存在は’絶対的’なもので、その教師が学校と云うオフィシャルな空間において、まだ自己確立もされていない子供達に、客観的事実を無視した反日的内容の教育を毎日の様に行うのです。これはカルト宗教のマインドコントロールと同質であり、心理学的見地からみても大いに問題が存在する事は論理的に証明出来るのです。更に国家としても反日法などの法律を制定している訳で、友好関係において韓国、中国の政府だけが障害要因となっているのです。民間人の意識は根本的な原因ではありません。

一方日本における反韓・反中感情とは、一般の成人が自由な個人的情報収集において築かれた結果、自然に導きだされた感情なので全く問題がないのです。日本は核を落とされ、実質上占領され、憲法まで押し付けられたアメリカに対してでさえ公的な反米教育などは全く施していないのです。

つまりは、当然ですが公的な反日教育、これのみが日中韓間の障害であるのです。
36. Posted by める   2005年02月01日 12:34
周界さん

 周界さんの想いは複雑ですね。文章を拝見していてそれが伝わってきます。日韓両国の狭間に生きるものとしては自然なことではないかと、私には思えます。むしろ在日の人もそうであるべきじゃないかと思えるのですが、彼らの反日一辺倒というのが私には不自然に思えてならないです。まぁ、実際には一部の在日なんでしょうけど。
37. Posted by 通りすがり   2005年02月16日 11:10
うっ(T_T、せっかくのいい内容かと思うのですが、cssのmainのフォントサイズ指定なんですけどfont-size:x-smallを止めてもらえませんか?
私はMozzilla使ってるせいなのかもしれませんが字が小さくて読みづらいのです、もう少し大きくsmall指定とかでお願い出来ませんか?
すみません、どこに書いたらいいか分からなかったのでここに書きました、結果変わらなくても方針として受け入れます、このコメントは読まれたら消して下さい。
38. Posted by lancer1   2005年02月16日 12:59
>通りすがりさん
 ご意見ありがとうございます。IEを標準に作っていたのですが、確かにMozzillaで見ると、そのままだと極小サイズになってしまうようです。検討を考えますが、ここに訪れてくれる方の85%くらいがIEを使用しているみたいなので、もしかしたらご希望に副えないかもしれませんが、そのときはご了承下さい。
39. Posted by Rardigost   2005年02月17日 22:09
初めまして。平松茂雄教授の懐かしい名前を拝見したのをきっかけに、書き込みをさせて頂こうと筆を取りました。
 中国の南シナ海に行った拡大海洋戦略が日本にも及んで来るはず・・・との見識に立たれ、その事を強く主張なさっていたのが教授です。私も、一学生として彼の授業を受けたのを懐かしく思います。
 しかるに、最近の中国の動向は、平松教授が述べられていた、まさにその通りになってきており私自身悔しい事と思っておりました。今の日本の行動は、以前の様に中国の行動に唯々諾々と従うのではなく、多少の抗いを見せており日本の変化を多少頼もしくも思っている次第です。
 私も、何かしら日本の役に立つことはないかと、国防の道に進みましたが、日々の生活に疲れ、初心を忘れかけておりました。が、本ブログを読ませて頂き、この様な活動を精力的なさっているLancer1殿を見習い、私も頑張っていこうと心機一転させて頂いた次第です。これからも、必ず拝見させて頂きます。どうか、頑張って頂きたい。心から応援しております。
40. Posted by lancer1   2005年02月18日 11:07
>Rardigostさん
 コメントありがとうございます。平松教授の授業を受けられたことがあるのですね。私がこのような問題に興味を持ったのは、このBlogの文中でも書きましたが、中国の海洋進出と、それに対する日本の情けない対応を疑問に思ったのがきっかけでした。その頃に比べれて、最近の日本の変化にはRardigostさんと同じく頼もしくも思っています。
 私自身ができることはないかと考えたとき、インターネットでの情報発信という手段をとりましたが、Rardigostさんは国防の道へ進まれたということで、私とは違う何かができるのではないかと勝手ながら思っています。そういう立場にいる方が何かと制限が多いものかもしれませんが、志を同じくする者として、お互いがんばっていければと思っています。
41. Posted by ゆ〜た   2005年02月26日 01:44
はじめまして。僕は最初、日露戦争について興味をもち、いろいろと調べてました。
そして、そこから太平洋戦争へと興味の対象が次第に変わっていました。
本格的に太平洋戦争について調べ始めたのは今から1年前の中2の終わりごろでした。
最初は教科書に記されている文を良く読みそしてそこから知識を得てそれが真実だと信じきっていました。
僕はインターネットを通じても調べていたのですがインターネットで調べていると「太平洋戦争」の裏側といいますか「真実」がわかってきました。
そしてふとうちの学校で使用している歴史教科書を見てみるとなんといいますか、教科書に書かれてることは
ほとんど大まかな歴史しか記されておらずそこに至る過程が非常に浅くしか記されていないんです。
「高校受験に出る単語や年号を載せているだけ」であって、「教育」のための道具としては使えないものなんです。
そんな教科書を授業で強制的に見ることを強要される・・・。本当に嫌になってきます。
僕は、インターネットや数々の書籍を通じて歴史の裏側を知ることができまだマシですが僕の周りには
「歴史の授業とかホントに面倒くさい」「歴史とか疲れるしね」などの意見を持った友人が非常に多く、
それは恐らく教科書の「暗記」のみしか行なわない授業自体に問題があるのではないかと僕は思っています。
そして僕はそんな授業を少しでも変えようと、
身近に同じくインターネットを通じて太平洋戦争の歴史の真実を知った友人と共同戦線をくみ、
授業中に「反日洗脳」を行なおうとした先生を論破したことがあります。
実際に自虐的な歴史教科書を「使っている」立場から最後に一言いわせていただきます。
「この国は教育から変わるべき」だと思います。
長文で更にまとまりがなくて申し訳ありません。
42. Posted by lancer1   2005年03月02日 23:15
>ゆ〜たさん
 はじめまして「歴史の授業とかホントに面倒くさい」「歴史とか疲れるしね」というレベルの問題であれば、私も危惧しないのですが、何より「偏った歴史」が教えられているのが問題だと私は感じています。
 あなたのように、学生の時から歴史の間違いや真実に興味を持ち、勉強されるような人は、これからの日本にとって非常に重要なことです。今後も今の気持を忘れず、日本を変える原動力となるようお互いがんばりましょう。

>皆様
 従軍慰安婦問題など、個別の問題についてはこのエントリには書かないようにして下さい。既に書かれているコメントについては、私の方で個別エントリの方へ転記しておきますのでよろしくお願いします。
43. Posted by くー   2005年03月08日 17:19
はじめまして
私は東京在住の40才の日本人です。

最近とみに気になっている事なのですが、若い世代に反韓が強まっているのは何故なのでしょうか。
ネット特有の排他性で「在日だろ」「帰れ」的な総攻撃が行われているだけなのでしょうか。
それとも、拉致問題からアジアカップでの反日報道・竹島問題の反日デモ報道に対して、ただただ対抗意識を持ったというだけなのでしょうか。
女性主導の軽いノリの韓流ブームに対して、逆にネット上での感情的なアンチ意識は重い感じがしますし、一体どこから来ているのか、すごく疑問なのです。

私自身は実体験から朝鮮人(南北の区別がつかないので)は嫌いです。
周界さんのいうところの民族性・国民性の構造の違いからなのだと考えていますが、ただ、私の嫌いには根拠があるわけです。
だから日韓友好には無理があると考えてますが、そんな私でさえ、このアンチ勢力のすごさに少々とまどいを感じてしまうのですが。

韓流ブームの裏に在日のしかけがあるという二階堂サイトも興味深いですが、このアンチ勢力にも裏があるとしても乗せられている人間の過激な根底には何があるのか、どなたか解る方がいたら教えて下さい。


44. Posted by lancer1   2005年03月08日 18:20
>くーさん
 こんにちは。
反韓感情が高まるのは当然と言えば当然です。
極めて偏向された歴史教育を施して国民に一貫した反日感情を植え付け、反日活動を国策としているのですから。
 従軍慰安婦や強制連行といった事実を捏造し、40年前に締結された条約を自らの都合でやり直せと発言し、謝罪、賠償と事あるごとに繰り返す。さらには竹島の不法占拠や日本製品の違法コピーなど、その悪行はとどまるところを知りません。これに対してそ知らぬ顔をして、見せかけだけの友好を装う方が異常です。ただ単にネット特有の排他性という単純な問題ではありません。

 今までこいうった情報に触れることはタブーとされ、マスコミも学校教育でも隠し続けてきました。一般の国民が知ることは少なかったのです。しかしインターネットの発達で、こういうった情報や、真実を知ることができるようになってきました。若い世代に多いというのは、インターネットを使うのが若い世代が多い為でしょう。まさにこのBlogの趣旨は今まで隠されたそういった情報を広く知らせ、日本のとるべき方向性を考えてもらうことにあります。

 さらに、在日韓国人等に対する反感は、在日の方自信の行動に問題があるからです。先の鄭香均の例が典型です。度を越した反日活動を行いながら、日本に住み続け、それなのに帰化は絶対に拒む。その一方で参政権や公務の管理職のポストを要求し、拒否されれば日本を罵倒する。これでは嫌われて仕方ありません。尚、ご注意いただきたいのは、確かに2chなどでは「在日全体=悪」という概念で発言されている傾向もないことはないですが、このblogではそういう趣旨はありません。それはそうでない在日の方の存在もちゃんとあるからです。(「コリアン・ザ・サードのらーさんなど」)

 私はこの流れは真実を知れば当然の結果であり、しかも間違っていることではないと考えます。ただ単に嫌うだけでは日本も韓国と変わりはありませんが、我々は真実を知り、それに応じた、時には断固たる態度を取れる日本にしていかなければならないと思っています。
45. Posted by くー   2005年03月08日 19:56
ありがとうございました。
皆さん正しい情報認識による反韓感情の盛り上がりだったわけですね。
安心しました。

私の世代ではまだ偏見というか差別がありましたから、実体験として反韓感情を持つ人も多かったでしょうし、逆に在日の反日感情もあったと思うのです。でも昨今は一見だけでは在日とは判りませんし、昔ほどの差別も無くなったと思っていたので、身近なところで若い世代には嫌悪しあう現実は無いだろうにと考えていたわけです。
知識や頭で抱いている反韓感情が例えあったにせよ、実体験として悪い事がなければ個人間から反目感情が消えていくものだし、特に若い世代になれば薄れていくものだと思っていたわけです。

もちろん我々日本人がまず正しい歴史認識をすべきですが、同時に相手にも伝えなければ意味が無いと思うのです。
言い方は悪いですがネットを利用して中国や韓国にうまく波及させ、こういった真実や戦後保障的ODAの存在等を誘導するのが手っ取り早い方法かとも思いますが、できれば人と人との関係から改善できればベストですよね。
らーさんのような方の存在はうれしく思いますが、本当は総連や民団の中から表に出てきて実態をオープンにして欲しいものですね。

46. Posted by 田吾作   2005年03月16日 13:18
>しかし最近それらに興味を持っていろいろ調べるうち、それらの多くは中国や韓国、または日本の特殊な団体によって捏造された事実だと知りました。
そもそもあなたは何を根拠にして捏造された事実だと思っているのですか?
あなたも捏造されたと何で感じたのかは私は知りませんが、それこそ自虐的歴史感を刷り込まれた人間のようにそれを妄信している点で同じとは言えないでしょうか?
もし従軍慰安婦とか他諸々の問題が捏造だったとしても根底にある日本の戦争責任は揺るがないわけですし・・・アメリカに釣られた面があったとしても、自治権を奪い、言葉を奪おうとした歴史は変えられない訳ですから。
それをダシに使った外交には腹が立ちますが、最近の一元論的反韓の人たちには嫌気がさすし、日本にいる変な韓国人はそれはそれで分けて、スルーすればいいと思うんですよね。
それらを問題提起して一般化しようとする最近の傾向は誤ってると思います。
民族性への理解が難しくとも、友好的になる必要があるか?では無く、友好的にならなくてはいけないんだと思います。相手が敵対的であったとしても・・・ね。
47. Posted by カメレオン   2005年03月17日 23:29
なぜ敵意すら感じる隣人に友好的にしなければならないのか正直疑問です。
そのような生ぬるい態度だからこそなめられ教科書にまで口出しされるのです。
日本の戦争責任が問われるのは敗戦したからであって本来なら東京大空襲の指揮官や
原爆を落とすことを決定した人間も大虐殺の戦犯として裁かれるべきなのです。
日韓併合は抵抗運動がクローズアップされているだけで全ての朝鮮人が反対した
わけではないのです。むしろ推進した人々もいるくらいですから。

このサイトには大いに共感しました。
正しく歴史を捉えてこそ日本人はこの国に誇りを持てると思います。
これからも毎日のぞきに来たいと思います
48. Posted by 田吾作   2005年03月18日 01:54
>そのような生ぬるい態度だからこそなめられ教科書にまで口出しされるのです。
生ぬるい態度だから口出しを受ける。強硬な態度なら口出しを受けない。それは・・・ありえないと思いませんか?
>日本の戦争責任が問われるのは敗戦したからであって本来なら東京大空襲の指揮官や原爆を落とすことを決定した人間も大虐殺の戦犯として裁かれるべきなのです。
戦争に理不尽さを感じずにはいられないところですね。
>日韓併合は抵抗運動がクローズアップされているだけで全ての朝鮮人が反対したわけではないのです。むしろ推進した人々もいるくらいですから。
清国の影響を免れるため等、色々な要因があったんでしょうが、日韓併合が今日における韓国大衆のアイデンティティを傷つける結果になってしまったことは間違いないかと思われます。

私も韓国というひとくくりにしたもので見れば、私も敵意・・・というか反感は感じます。竹島を一方的に占領しておきながら、指を切るという最近の事件も生理的嫌悪感すら感じます。
しかし、私が言いたかったことを集約すれば、このサイト(2chとひとくくりにしてしまうことはちょっと間違ってるかもしれませんが・・)やこの類のサイト、特に2chで語り合われてることが、はたして建設的なものに結びついていくのかというところに疑問を感じる、一点です。
ただ韓国人は低能だ、とか嫌韓を吐き出す場になっていたり、日本の負の部分に目をつぶっての歴史認識をする場に成り下がってはいないかということです。

追記ですが、私は日本にサッカーFIFA最終予選を突破してもらいたいと勿論思ってるし、韓国にも(中国は一次予選得失点差-1で最終予選に進出できませんでしたが)突破してもらいたいと思っています。
もしこういう考えを持つ私がこのHPに存在する必要が無ければ、私は消えます。
49. Posted by カメレオン   2005年03月18日 09:34
>もしこういう考えを持つ私がこのHPに存在する必要が無ければ、私は消えます。
この辺は私ではなく管理人さんが決めることですので。でもあなたのようなバランスの取れた考え方をできる方はなかなかいないと思います。
なにより、感情的になりやすい問題を冷静な視点で見れていることは素晴らしいと思います。

>生ぬるい態度だから口出しを受ける。強硬な態度なら口出しを受けない。それは・・・ありえないと思いませんか?
教科書問題に関しては明らかな内政干渉なわけです。しかし、ドイツなどの例を見ると戦勝国と敗戦国のバランスが取れているわけです。
ドイツのほうからほかの国に抗議することの方が多いと聞きます。
日本政府にはもう少しこの問題でバランスを取るために強硬までいかなくとも強い姿勢を持って欲しいわけです。
大切なのは双方のバランスだと思うのですが。

>アイデンティティを傷つける結果
これは韓国の民族性ですね。同じく支配を受けた、いや人権においてははるかにひどかった台湾では反日感情はほとんどないと聞きます。
さらに日本の植民地支配は欧米の物に比べればはるかに現地の住民のことを配慮しているわけです。
教育もインフラも日本と同等の物を与えていたわけですから。

>戦争に理不尽さを感じずにはいられないところですね
>私が言いたかったことを集約すれば、このサイト(2chとひとくくりにしてしまうことはちょっと間違ってるかもしれませんが・・)やこの類のサイト、特に2chで語り合われてることが、はたして建設的なものに結びついていくのかというところに疑問を感じる、一点です。
ただ韓国人は低能だ、とか嫌韓を吐き出す場になっていたり、日本の負の部分に目をつぶっての歴史認識をする場に成り下がってはいないかということです。

私が思うにこのサイトの目的は敗戦したがために戦前の日本を悪とする捏造された歴史観ではなく正しい歴史を知り上に書いてあるとおり、
>中国人、韓国人の全てが悪だと言うつもりはありません。しかし我々はこれらの国の真の姿と正しい事実を知る必要があります
ことだと思うのですがいかがでしょうか?

歴史はその国の認識が正しいとは限りません、中立の第三国を交えてでも正しい歴史を教育に使うべきなのです。
歪んだ歴史は歪んだ国しか創れない。私はそう思います。
50. Posted by マイルド   2005年04月04日 20:30
皆さん凄い。私は個人事業主で何人かアルバイトを雇っています。彼らの中には、10年以上海外で生活していたカメラマンなどがいて私にいろいろなことを教えてくれます。インドネシアで日本人だから良くしてくれた、とか。亜細亜独立の母とか。私は間違った教育で洗脳されてたような気がします。日本は一方的に悪いと思って、この年まできたのがはずかしい。亜細亜は中国、韓国、だけでわないのです。子供たちにちゃんとした歴史を、、、、。
51. Posted by なむさん   2005年04月14日 20:03
http://www.rsf.org/article.php3?id_article=2285

反日暴動が過熱化してきていますね。町村外相の訪中に併せてまたデモが起きるのでは無いかと考えております。

中国、しかし自分で自分の首を絞める行為をどんどん繰り返していってくれますね。

「2008年、北京オリンピックをボイコットしよう!」と言う署名サイトが出来ました。
対日本への暴動は取り上げておりませんが、中国の人権侵害を主な理由として、IOCへ五輪開催地に中国は相応しくないと働きかけをしていこうと言う趣旨です。

賛同してくれる方は是非、署名に参加していただけないでしょうか?
52. Posted by ru11ko   2005年04月21日 13:52
書き込みありがとうございました。トラックバックをしようとしたのですが、ライブドアのシステムが良く分らなかったので、すみません、勉強不足で、あなたのHPはとても共感いたしました。私も自分の習った教科書が事実とは違うことが少しづつ分り、非常にショックでした。昨日は夜遅くまで、新・ゴーマニズムとやらを読破して・・・・慰安婦問題を考えました。右翼左翼傾向などとは、無縁な生活をしていましたが、返事を頂ける人を見てビビッタリしながら、正しい真実を知ることをしている最中です。このHPはまさに、新しい教科書に見えます。これからも勉強させてください。
53. Posted by hatimitutoringo   2005年04月22日 12:49
反日暴動が起きてから、こちらを訪れるようになりました。

歴史観がしっかりしているので、読んでいて、不安がありませんね。

私も「つくる会兵庫県代表」をつとめたことがあり、国民の95%が、マックのウオーギルトインフォーメーションに洗脳されていると考えていますが、最近はネットができたので、洗脳から醒める人が多くて嬉しく思います。

楽しみにしておりますのでがんばってください。

なお勝手ながらリンクを貼らせてもらいました。
54. Posted by meisui   2005年04月24日 05:09
はじめまして。
私は今台湾に留学中です。最近は中国、韓国、台湾の動向に目が離せません。
こんな状況の中、他国の方と交流していると、
日本人として 申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
竹島の問題については、韓国の留学生に
「小さい頃から竹島は韓国のものだと習ってきた」
言及され、私はつい最近になって竹島を知ったので、
熱意が違う…と思いました。
なんというか、敗北感や申し訳なさでいっぱいでした。
しかし、最近はメディアに踊らされている自分に気づき、
真実とは何か?と思うようになりました。
どうかこちらのBlogで勉強させてください。
55. Posted by キャプテン☆山手   2005年04月24日 21:51
先日、何度かトラックバックさせていただきました。
お礼を申し上げます。

本日はリンクの報告にお邪魔しました。
私のブログ(HPの日記として運営しています)ではなく、
HP本館のトップページにてリンクをさせていただきました。

なにか問題等ございましたら、ご一報ください。

それではよろしくお願いいたします。
56. Posted by カオスの縁   2005年04月27日 17:36
オーナーさんが冒頭で書かれている認識の変化は、
同時代的に、様々な人に起きているのだと思います。
57. Posted by NAO   2005年05月02日 22:16
私は歴史ファンで大学はもちろん日本史専攻した身でありながら、
西洋化した明治以降ましてや近代史には興味なく、
ほとんど勉強しませんてせした。
とても恥ずかしいと思いました。
また日本の誇り為に散っていった勇士たちにも全く申し訳ないです。
我が先祖にも志願兵がいるというのに・・・

しっかり勉強しようと思います。
あとこのたび日本人の自虐性が問われていますが、自身でもそういう
面がありますので見直すいい機会だと思います。

日本人どうしなら問題ないと思いますが、国際社会では自虐性は問題
ということが良く分かりましたので。

日本では盗むほうが悪いですが、外国では盗まれるほうが悪いという。
価値観の違いは心得ていきたいと思います。
58. Posted by さっくん   2005年05月05日 23:11
初めまして、反日運動で政治に関心をもった者です。
大雑把に読ませていただきました。時間があれば、じっくりと読ませて頂こうと思っています。

一つ質問です・・・ここの管理人さんはどんな方ですか?
教えてください
59. Posted by 桜子1   2005年05月06日 11:42
はじめまして。私はアメリカの大学に通ってるのですが、このサイトを見て勉強させていただいてます。海外に出てからは日本の素晴らしさに気付きました。台湾やインドネシアの学生のほうが昔の日本のことをよく知っていて、日本が好きです。自分の勉強不足に反省しております。しかし、それ以上に誤解をしているアメリカ、ヨーロッパの学生の数が多い。日本国内はもちろん、今はまだアジアのことをあまり知らないアメリカ、その他の国の人々にも正しい歴史を知ってほしいと思います。(彼らも興味もありますよ!)言い訳として受け止められます。英文で書かれる日本の主張はいつも結論だけだからです。例えば“どう考えても南京虐殺の中国側の主張はおかしい。”見たいな感じです。何も知らない彼らには言い訳にしか聞こえません。
60. Posted by 桜子2   2005年05月06日 11:43
それを裏付けるだけの十分な根拠が必要なのですが、そういったものがほとんど日本語で、日本国内でのみ広がっています。反日運動でも、中国側は日本の倍以上に英文でいろんなところに情報を送ったのに日本側はほとんどない。英文で書かれた中国側の言い分だけを見てる彼らはますます誤解をする。そして日本が言うことはどんどん言い訳になる。悪循環の繰り返しです。ここのサイトに載せられてるような根拠を英文で見ることが出来たなら、きっと彼らも考え直すはずなのに…と残念な気持ちでいっぱいです。そこで、提案です。こちらのサイトの英語バージョンも作られてはいかがでしょう。想像も出来ないくらいに大きな反響(プラスな)が来ると思います。
61. Posted by lancer1   2005年05月06日 12:39
>さっくんさん
 はじめまして。私がどのような人かという質問ですが、特に歴史学者や政治学者というわけではありません。ごく普通の日本人と思っていただいてかまいません。

>桜子さん
 はじめまして。英語バージョンの製作ということですが、確かに中韓のプロパガンダは、国際的にも大々的に行われており、真実を知らない欧米人も多いことでしょう。第二次大戦中に連合国側になった国ならなおさらかもしれません。
 確かに英語で、日々同じものを世界に向かって発信でき、中韓のプロパガンダから目覚めてくれる欧米人が少しでもいてくれたら素晴らしいことですね。非常に興味ある提案ですが、私の英語力や、時間などの関係から非常に難しいのが現状です・・・
 
62. Posted by さっくん   2005年05月06日 22:08
南京虐殺の事ですが、何かのテレビで当時出兵された方が、「掃討とは、レイプが目的」だと言っていました・・・「戦争にはルールなんてものは無くい」と言っていました・・・
 
アメリカがイラク戦争をして沢山の罪の無い方が亡くなりました。
都合の悪い情報は流さないでいるとは聞いたことがあります・・・
今のような情報化社会ならともかく、当時のような時代なら、事実を隠せるように思えます・・・

日本は南京虐殺を否定していますが、もし、権力により事実を隠滅したのなら、大変な事になります。

これはとても難しい問題だと思いますし、当時の知っている方が高齢の為、解決に時間がかけられないと思います。

私たちは今、何かをしなければいけない・・・
63. Posted by カオスの縁   2005年05月07日 01:33
「掃討とはレイプが目的」
は、どう考えても、元兵士はウソをついていますね。 
64. Posted by 桜子1   2005年05月07日 03:05
御返答、ありがとうございます。時間を作るというのは何より難しいことです。残念ですが納得です。私が南京虐殺や太平洋戦争についての論文を書いた際、アメリカ人の教授は「認める勇気を」とコメントしました。悔しかったのですが無知で無力な私は何もできませんでした。すると、一人の台湾人が必死になって弁論を始めたのです。「日本は敗戦により多く犠牲者を作ったがそれ以上に利益と発展を残した。中国や韓国の粗捜しの結果、悪事ばかりが広がってる。」日本領土とされてた台湾の子がこんな発言をしたことにより、一転して質問攻めです。
65. Posted by 桜子2   2005年05月07日 03:05
彼女はこのサイトに書かれていたような根拠を述べました。すると様々な国の生徒が「知らなかった。もう一度私の論文を読みたい。」と言い出したのです。私たちの説明に彼らは「目から鱗だ。」と。挙句の果てには「論文をWEBに載せたい。」とまで…。もちろん断りました。私たちが口で説明した、このサイトに書かれているような根拠がなければ悪循環の一部になるだけです。教授のコメントがその証拠です。御返答、ありがとうございます。時間を作るというのは何より難しいことですよね。残念ですが納得です。そして生徒が口をそろえて言ったことは「日本は何故言わないんだ。」です。
66. Posted by 桜子3   2005年05月07日 03:08
今、必要なのは外国人にも伝わる根拠です。彼らは本当に興味を持ってます。台湾人の友人が日本の歴史を正そうと一生懸命にみんなの前で弁論している姿を見て、嬉しい反面、無知だった自分を情けなく思いました。右よりレッテルを恐れて黙っている政治家より、アメリカに集まる様々な国の留学生のほうが大きな力になります。日本の歴史知識を正そうとしてるのは日本人だけではありません。日本の政治家の重い腰を上げるためにも、何年かかっても、いつか外側からも読める、海外からも影響を与えれるようなサイトが出来ることを願ってます。そして、ほんの小さな力ですが、自分が他の国の人々に問われた時に正しく応えれるよう、これからもこのサイトを拝見させていただきます。
長々と申し訳とございませんでした。
67. Posted by 桜子   2005年05月07日 03:11
桜子2の変なところに「御返答、ありがとうございます。時間を作るというのは何より難しいことですよね。残念ですが納得です。」という文が入ってしまいました。削除してください。お手数お掛けして、申し訳ないです。
68. Posted by アニ   2005年05月09日 23:56
はじめまして。アニと申します。
最近は中国・韓国での反日運動のおかげ(?)で歴史認識の問題が、日本人の中でより意識されるようになってきたように感じます。歴史認識よりも、歴史的事実の問題を解決しなければならないと思います。

より多くの人に「アジアの真実」を知ってもらいたく、Linkを貼らしてもらいました。問題ありましたらご連絡下さい。
69. Posted by お茶(前半)   2005年05月28日 11:14
こんにちは。はじめまして。いつも興味深く拝見させていただいております。このブログに出会ってからまさに目から鱗。もっともっと沢山の人々が目にして日本を考え直してくれたらいいなと思っております。
ところでワタクシはただいま2ちゃんねるにて
【中韓】to海外HPプロジェクト【なにするものぞ】
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1113592165/
にて活動しているものです。多数の方の賛同を得られましてついに先日とある方の手により
e-japanesehistory
ttp://www.ejapanesehistory.com/top.php
の開設に至りました。
70. Posted by お茶(後半)   2005年05月28日 11:14
目的は英語にての中韓のプロパガンダ撲滅です。そこでお願いなのですが貴HPをリンクさせていただいてもよろしいでしょうか。また、これは提案なのですが、桜子さんもおっしゃっていたように是非このページを英訳しませんか?私自身も海外の大学に留学中でつたない英語力ではありますができるだけのことはさせていただきたいと思っております。他にも友人やボランティアを募って英訳スタッフを増やすことも可能です。このページが世界の目に触れることを切に願っております。どうかご一考ください。よろしくお願いいたします。
ながながと失礼いたしました。応援しています。
71. Posted by くすり   2005年06月03日 17:29
はじめまして。今年に入ってから、じっくりと読ませていただいています。いつもありがとうございます。私は、例えば影響力と言われた時に、それってはたしてどういう意味を指すんだろうと考え、読み手はそんなにバカじゃないから大丈夫だよおと笑い、ハッ私はバカにされているのかしらんと絶句してしまう単純な人間です。そして、書きたいことを多くにウケるように書くのと、書きたいことをできるだけ多くに読んで考えてもらいながらも意図は曲解されずに伝えられるよう書く、というのはとても違うよなあと思います。大変なことだと思いますが、どうかそのまま、その姿勢をお続けになっていただきたいと切に望みます。
読み手が増えるということは有名になるということで、有名税というのは異様に高くつくのでこれも大変ですが、しなって折れずにいてください。応援しています。
72. Posted by lancer1   2005年06月06日 21:44
>お茶さん
 お返事遅れてすいません。
私も、海外への中韓のプロパガンダには危機感を感じ、日本での情報発信と同時に、その間違ったプロパガンダの訂正行動を海外へ向けて行うことが必要だと感じていました。

お茶さんの考えには全く同意しますし、協力できるところは協力させて頂きたいと思っていますので、私にできることがあればおっしゃって下さい。

とりあえずリンクは問題ありません。連絡事項などありましたら、お送りしたメールにご返答下さい。
73. Posted by 風野   2005年06月12日 11:29
こんにちは。春頃から拝見しております。応援してます。リンクをはらせて頂きたく書き込みました。問題があればご連絡下さい。
74. Posted by 13億分の1   2005年06月15日 15:53
皆様の書込みを読んで、国同士の間に「信頼関係」を築くことは如何なる困難だろうと改めて実感しました。

「アジアの真実」と自称する貴サイトの管理人さんに一つ提言します。

アジア全域ではなくても結構ですが、東アジア諸国だけを回せば、如何でしょうか。自分の目で、自分の耳で中韓に於ける所謂「反日感情」を把握して、その実相を皆様に紹介しましたら、もっと信頼に値するでしょう。

「真実」には呼掛けや自分の見解、コメントなどより、歴史的事実や根拠を列挙することは遥かに重要でありましょう。

貴サイトは今後、もっと学術的なサイトになるよう、心よりお祈りします。

75. Posted by とくめいで   2005年06月20日 16:19
今日のスーパーJチャンネルで韓国の親日派の排除?のニュースやるみたいですよ、ご報告まで
76. Posted by 人類愛   2005年08月06日 11:18
斎藤吉久:「朝鮮独立を支援した神道人」,正論,平成11年4月号.産経新聞社
これ是非読んでみてください。日韓双方に志あるものがいたことに驚くとともに葦津珍彦(あしづ・うずひこ)の言葉と姿勢に感銘しました。幸いなことに斎藤吉久さんがご自身のサイトにて加筆の上、掲載しておられます。今すぐ読めます。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/saitohsy/chousen-dokuritsu1.html
77. Posted by HAYANO TAMIO   2005年11月01日 23:45
私も学校に行くようになって、先生方から、「日本はちっぽけな国だ。その日本が何を血迷ったか大国のアメリカを相手に戦争をしてコテンパンに負けた。日本人は猿真似がうまいから外国の文明を真似て何とか国の体をなしているが、日本本来の伝統や文化には何もいいものはない。外国に対しても悪いことばかり行ってきた。」などと吹き込まれ、それを真に受け、日本人として生まれたことに失望を感じだしたものです。
ところが、それが全く逆だと父や母、それに叔父連中に何度も何度も教えられました。
いまでは父達の方が正しいことが判っていますが、もし、そのことが無かったならば私の人生はどうなったのだろうと思うと、慄然とします。
78. Posted by はあ   2005年11月18日 11:41
朝日洗脳から産経洗脳に変わっただけじゃないの?
老人が活字を真実と思い込むように、
コドモはネット上の情報を真実と思い込む。
現実を見る手間なんかかけたくないけど、
知ってるつもりになりたいからか。

実際反日国家を回ってみても、
日本人であることでグチャグチャ言われることなんかないね。
北朝鮮の人間ですら半年ぐらいで日本人が悪鬼羅刹ではないと理解した。

自虐する必要はないが、無責任であることとは話が違う。
「日本の悪口言うからお前ら死ね」
程度のヒステリーを愛国心と呼ぶのは幼稚すぎる。
相手がそうだから日本もそうなっていいということもない。
79. Posted by takataka   2005年11月22日 22:10
>はあさん

いつ北朝鮮に行かれたのですか?
80. Posted by たっくん   2005年12月04日 17:15
はじめまして。アジアからの植民地観には、思うところありますね。私も太平洋戦について、今後、考察していこうと思っております。

やむにやまれず起きた戦で、満州は当時の西欧列強の帝国主義と同様であるけれど、基本的には防衛戦争であるとの立場です。(満州経営にあっても対ロシアの脅威があってとの点も考慮すべきか)

植民地政策をみても西洋的領土拡張とは、ちょっと違うでしょう。版図の拡大以上に八紘一宇的な要素が多く見られ、戦後のアジアが、日本びいきなのも当然と思います。中国、韓国にても、政治的に反日なだけの気かします。

いずれ、当方で、書けましたら、ご報告申し上げます。引用箇所は、「アジアの真実」よりと明記します。

まあ、いつになるかですが。
81. Posted by 主婦   2005年12月05日 09:41
このようなブログを作ってくれて感謝しています。無知でした。
ところで、ブログの入り口付近に「奇形豚」等の写真を表示できないでしょうか?このような分野に興味のない人たちが、少しでも興味を示す取っ掛かりにならないでしょうか?
中国産の野菜は「安いし最近は大丈夫だろう」と買ってる人がいます。
パソコンの事も政治問題もよく分からないのに生意気な事を言ってすみません。
82. Posted by 田中   2005年12月12日 19:37
日本が「自虐史観」であることや、多くの捏造された情報によって惑わされているというのも事実でしょう。それに中国が主張するような「南京大虐殺」はなかったというのも事実に近いのではないかと思います。
けれど、重箱の隅をつつくような言い方ですが、この「中国が主張する南京大虐殺」がなかったのであり、実際に「南京大虐殺」はありました。石川達三著の「生きている兵隊」という小説を読んだことがあるでしょうか。
一方からの情報に惑わされず双方の情報で、公正な記事を書かれることを望みます。私自身は、反中、反韓的な考えをもっているものの1人でもありますが、このブログが日本を正しい道へという高い志をお持ちになっているからこそ意見させていただきました。
様々な憶測や推測があるとは思いますが、事実が語られるブログであって欲しいと思います。
83. Posted by 長崎の風   2005年12月24日 07:46
3 日本には、日本人らしくない日本人が沢山いる。日本人らしくないと言う意味は、自分の国を食い物にし、自分だけが、自分の家族だけが上手い汁を吸う、その様な日本人の輩を言う。

外国に住んでいる日本人の中にも、日本人を食い物にしている日本人が何と多い事であろうか!!元々日本人には愛国心其のものが無い人が多い。それは、島国平和ボケの結果です。

日本人の為の日本国を守るべき政治家も、自分達だけの為に、外国人と組んで、日本人、日本国を滅ぼして行く。政治屋、高級官僚、暴力団の固い絆に守られた一部の特権階級が、あぶく銭を、日本国から、日本人から貪りとっている。
越後の土建政治屋の娘が、私は国会議員ですと、メディアで番組を持ってのさばっている。嘆かわしい限りです。

来年こそは、国民一人一人が政治に、世の中の動きに目を光らせて、新生
日本になるように勉強しよう。私も勉強します。!!!!!
84. Posted by OJIN   2006年01月08日 20:31
5
「クライン孝子の日記」で紹介されておりましたURLから
当ブログを拝読させて頂きました。

ご趣旨に賛同!!リンクを架けさせて頂きました!
http://chinachips.fc2web.com/linkhp/12etc.html

お時間のございます時に、当サイトの
「満州回顧録」などもご覧頂けますと幸甚でございます。
http://chinachips.fc2web.com/repo1/015gosaku.html#t1

ーーー宜しくご交誼を頂けますよう、お願い申し上げます。
85. Posted by サンフラン春男   2006年01月08日 23:49
私もojinさんと同様、1月8日付の「クライン孝子の日記」で紹介されておりましたURLから当ブログを拝読させて頂きました。Lancer1さんの趣旨に賛同いたします。私もlancer1さんと同じように普通の日本人のつもりです。(54歳。男性、民間会社の社員です。)4年前の日韓共同開催のワールドカップでの韓国の応援態度への違和感、その年の秋の北朝鮮拉致問題の発覚、2年前のサッカーアジア地区予選での中国での試合での異常なまでの日本糾弾、昨年の春の中国での反日暴動、そして韓国の竹島領有問題、などなど、中国、北朝鮮、韓国をめぐるこうした動きはなぜおこるのだろうか、そしてそれに対して日本はどう受け止めて、どのように対応すればよいのか。今後、このブログでさまざまな意見・情報を得ながら、考え、ゆくゆくは、自分の考えも発信していきたいと思います。
86. Posted by zainiti   2006年01月14日 04:44
ima nihon ni inainode nihongo itemasen..yominikukute sumimasen.

tokorode,kono Blog ha,naniga iitaindesuka??
~azia no shinjitu~ tte wariniha,sabetugo no renpatu desuyone^^

bokumo zainiti desuga,nihonde umare,nihonde sodati,nihongoshika syaberemasen. kedo,nihonjin niha naremasen..
dakaratte nihonjin wo sittosuruwakedemo naku,warugutiga sukinaminzokushinmoarimasen. motiron nihonde ikite ikunara nihonjin nohouga iidesukedo^^

kanrininsan ha, ~zainiti no tokken wo nakuseba,sabetuwonakuseru~ to ittakeredo,soreha tigauto omoimasu.
jissai tuumeiseidoha nakusanaihouga iito omoimasu.bokunanka,kankokujin tte kotoga iyadashi,nihonde umarete,zutto ikiteirundakara nihon no namae ga attemo iito omoimasu.
87. Posted by zainiti2   2006年01月14日 05:01
motiron hokano kunidattara sonnakoto iimasen.kedo.jissai senjityuu,soushikaimei toka attashi,kankokujin ga muriyari nihon ni turetekorareta nomo jijitudesu.kankoku to nihon no kankei ha,sukoshi tokusyu dato omoimasu.sainitino tokken toka iukedo,naniga dou tokusuru kenri nandesuka? america ha,americade umareta subeteno hitini shiminkenga ataeraremasu.demo,nihon ha tigaimasuyone? nihon wo kaeteikitainara,souitta kotomo toriageru bekinanjya naidesyouka??
soreni,sabetu wo surutumorijyanai to ittemasuga,dattara naze sabetugo no kakikomiga attemo nanimo iwanaindesuka? kankokuya,tyuugoku no kotobakkari waruiyouni kaitemasenka?
88. Posted by zainiti2   2006年01月14日 05:11
soreni,mukashikara konkoku ha,nihon ni yuukoutekini kouyuu wo mottekitato omoimasu.toyotomi hideyoshi kara hajimari,tewo dashite itta noha nihon no houdesuyone? yasukunijinjya no monadi mo,yahari koizumisouri no handan ha tekisetu jya naito omoimasu.sore wo kitinto,izoku no hitoni ayamarimosezu,koizumisouri no hatugen ha matigatteru to omoimasu.
bakumo,kanrininsan ga mezashiteru kotoha matigatteha naito omoimasu.
dakedo,moshi jibuntatiga itterukotoni matigai ga attara,sunaoni mawarino ikenmo kiki,yoriyoikangae wo motteitta houga iito omoimasu^^
soreto,~GO~ nituite kaitemashitaga,syukantekini shika monogoto wo,mitemasenyone?zainiti no hitokara mieru kakudomo arushi.kyakkanteki toha ,ippouteki ni mirudakejyanaku,tahoukuukaramo miru to iukotojyanaidesuka?
89. Posted by zainiti2   2006年01月14日 05:17
bunmatuni,~sakusya ha,annojyou zainiti deshita~ to attakedo,sorega sudeni sabetu wo shiterutte kotojya naindesuka?
itteru koto to,kaiterukatoga,tigauto omoimasu.
darekaga,~nihon to kankoku ha,yuukokukankei niha narenai~ to attakedo,kono blog no syushi no touri,yoriyoi houkouni nihon wo kaete ittara,shizento ii kankei ni narerunjya naidesyouka?motiron,kankoku ya,tyuugoku mo issyodesu.

90. Posted by zainiti2   2006年01月14日 05:25
sabetu ha konoyakara kierukotoha arimasen.demo.kitintoshita kyouiku wo shite,onaji ningento iukoto wo wasurezu,sesshite ikeba iito omoimasu.
kanrininsan ha,totemo atama ga iinode,bokuga itteru kotomo wakattemoraeruto omoimasu^^
bakuha, ~I love Japan and Korea~ tte kanjinande,minnanimo otagai wo sukini natte moraitaidesu.

(14sai nanode bun ga heta desuga,sumimasen><
91. Posted by sophy   2006年01月14日 06:42
日本語が書けない状況なら、日本に戻るまで待つとか、日本語ソフトを手に入れるとか、いろいろと対策はあると思います。これだけの量のローマ字書き込みを読ませるのは、はっきりいって拷問に近いですよ。書くほうは楽でしょうけどね。"I love Japan and Korea"は立派な心がけだと思いますが、それ以前に、他人に対する思いやりを身に付けるべきだと思います。あなたが自身をどのように評価しているのかはわかりませんが、あなたの行動には思いやりがありません。以下は彼の発言のうち直しです。
92. Posted by zainitiさん曰く1   2006年01月14日 06:43
今日本にいないので日本語打てません。すみません。

ところで、このブログは何が言いたいんですか。
「アジアの真実」ってわりには、差別語の連発ですよね^^
僕も在日ですが、日本で生まれ、日本で育ち、日本語しかしゃべれません。けど、日本人にはなれません。だからって、日本人を嫉妬するわけでもなく、悪口が好きな民族心もありません。もちろん、日本で生きていくなら日本人のほうがいいですけど^^

管理人さんは、「在日の特権を無くせば、差別をなくせる」と言ったけれど、それは違うと思います。実際、通名制度は無くさないほうがいいと思います。僕なんか、韓国人ってことが嫌だし、日本で生まれて、ずっと生きているんだから日本の名前があってもいいと思います。
93. Posted by zainitiさん曰く2   2006年01月14日 06:48
もちろん他の国だったら、そんなこと言いません。けど、実際戦時中、創始改名とかあったし、韓国人が無理やり日本に連れて来られたのも事実です。韓国と日本の関係は、少し特殊だと思います。在日特権とかいうけど、何がどう得する権利なんですか?アメリカは、アメリカで生まれたすべての人に市民権が与えられます。でも、日本は違いますよね?日本を変えていきたいなら、そういったことも取り上げるべきなんじゃないでしょうか??

それに、差別をするつもりじゃないと言ってますが、だったらなぜ差別語の書き込みがあってもなにも言わないんですか?韓国や中国のことばっかり悪いように書いてませんか?
94. Posted by zainitiさん曰く3   2006年01月14日 06:51
それに、昔から韓国は、日本に友好的に交友を持ってきたと思います。豊臣秀吉から始まり、手を出していったのは日本のほうですよね?靖国神社の問題も、やはり小泉総理の判断は適切じゃないと思います。それをきちんと、遺族の人に謝りもせず、小泉総理の発言は間違っていると思います。

僕も管理人さんが目指していることは間違ってはないと思います。
だけど、もし自分たちが言ってることに間違いがあったら、素直にまわりの意見を聞き、より良い考えを持っていったほうがいいと思います^^

それと「GO」について書いてましたが、主観的にしか物事を見てませんよね?在日の人から見える角度もあるし。客観的にとは、一方的に見るだけじゃなく、他方向からも見るということじゃないですか?
95. Posted by zainitiさん曰く4   2006年01月14日 06:56
文末に「作者は、案の定在日でした」とあったけど、それがすでに差別をしているってことじゃないんですか?言ってることと書いてることが違うと思います。

誰かが「日本と韓国は友好関係にはなれない」とあったけど、このブログの趣旨の通り、よりよい方向に日本を変えて行ったら、自然といい関係になれるんじゃないでしょうか。もちろん、韓国や中国も一緒です。
96. Posted by zainitiさん曰く5   2006年01月14日 06:58
差別はこの世から消えることはありません。でも、きちんとした教育をして、同じ人間と言うことを忘れず、せんっして行けば言いと思います。
管理人さんはとても頭がいいので、僕が言っていることもわかってもらえると思います^^

僕は”I love Japan and Korea”って感じなんで、皆にもお互いを好きになってもらいたいです。

(14歳なので、文が下手ですが、すみません><)
97. Posted by zainitiさん曰く5(訂正)   2006年01月14日 07:12
差別はこの世から消えることはありません。でも、きちんとした教育をして、同じ人間と言うことを忘れず、接していけばいいと思います。管理人さんはとても頭がいいので、僕が言っていることもわかってもらえると思います^^

僕は”I love Japan and Korea”って感じなんで、皆にもお互いを好きになってもらいたいです。(14歳なので、文が下手ですが、すみません><)
98. Posted by sophy   2006年01月14日 07:25
>管理人氏
少し出すぎた真似をしたかもしれません。91から98までの書き込みは、適宜削除していただけるとありがたいです(特に96はただの間違いなので)。
99. Posted by zainiti2   2006年01月14日 09:23
sophy san meiwakukakete sumimasendeshita><
100. Posted by める   2006年01月14日 09:49
zainiti2さんよ。「すみませんでした」と言いつつ、同じ事をまたやるなよ。
101. Posted by zainiti2   2006年01月14日 10:07
You are foolish.
102. Posted by める   2006年01月14日 11:11
zainiti氏について

 14歳だと、学校や家で教わった事をそのままリピートする位の能力しかないと思う。実際私がそうだった。情報の真偽を検証したり、歴史や社会の全体を俯瞰し、情報の取捨選択をするような能力はほとんどない。

 在日でもこういう教育、環境しかない人が居て、現在もそういう人間が生産されているという事実を、zainiti氏の投稿は我々に教えてくれる。事実認識については極めてお粗末なので、内容は敢えて反論するほどの価値もない。しかし、自分で調べる気があるかどうか分らないので、少しだけ反論しておきたい。

 特にこの「韓国人が無理やり日本に連れて来られたのも事実です。」つまり強制徴用と、自分達がその子孫だという思い込みは、いい加減改めるべきだ。お粗末過ぎる。こういう自分達は被害者という大前提に立ち、日本との関係を考える事が諸悪の根源なのだ。
103. Posted by める   2006年01月14日 11:11
〜続き〜
 日本が「いつも手を出した」というのも間違い。元寇には、高麗王による日本侵略の進言があったのを知っているのだろうか。

 また、朝鮮はずっと中国の属国だったから、他国への武力行使を自分達だけで意思決定する事が出来なかった。それと元々衰退した社会だったので、日本と単独で争える国力が無かった。日本侵略が無かったのは、ただそれだけの事と見るのが妥当だろう。最も弥生時代まで遡るならば、大陸民の流入は侵略行為と見る事もできる。しかしこれについては不明瞭な点も多い。
104. Posted by める   2006年01月14日 11:12
〜続き〜
 好んで日本国籍を取得する事を拒否し続けている在日と、アメリカ国籍を取得した(生まれがアメリカならば拒否しない限り国籍が取得できる)アメリカ人に市民権がある事を比較するのは誤りだ。比較するならば、帰化した朝鮮系日本人に市民権が与えられていない(そういう事実は無いが)、というのだったら判るが、外国人に過ぎない在日とアメリカ国籍のアメリカ人を比較するのは間違い。

 私が賛成するのは、差別語は控えるという事と、「I love Japan and Korea」くらいだ。zainiti氏の人生はまだ長い。差別などという妄想を手に日本社会を批判するよりも、もっと真実を見極める訓練をして欲しいものだ。

 By める@おろかなコメントに対しては教育的指導モード
105. Posted by zainiti   2006年01月15日 01:31
Thank you,do study.
106. Posted by rom   2006年01月15日 02:14
反日在日の思考形態、行動、知性などを読み解く記録に遭遇し、感謝しています。荒らしの書き込みをこのまま残しておいてください。w

デザインが変わったんですね。
久々に来ました。これからもlancerさんの活躍を期待しています。

107. Posted by こうへい   2006年01月15日 22:41
こんばんは、今日初めて書き込みさせていただく29歳の者です。

自分は、20年くらい前からのサッカーファンで、何度も苦杯をなめさせられてた韓国をライバル視してました
一応断っておきますが、あくまでサッカーの世界だけの話です。

そして前回の中国でのアジアカップで、異常なまでの反日運動について、なぜ今になって?という疑問を持ったのが、そもそものきっかけで
決定的におかしいな・・・と思ったのは、昨年の日本での北朝鮮戦の報道のされ方が、
「北朝鮮のサポーターは日本の選手に声援と拍手を送っていたのに、日本のサポーターは北朝鮮の選手にブーイングをしていたのが残念だった」
と、実際にスタジアムにいたという人が平然と言っていたり
日本代表の事よりも在日朝鮮人の一日を追いかけた特集とかの方が多く、メディアはどっちを応援してるのか分からなくなってしまいました。
108. Posted by こうへい2   2006年01月15日 22:42
その日に、実際にアウェー側ゴール裏近くにいた者として、北朝鮮のサポーターが日本の選手に拍手をしていたのは一度も見てませんでしたので・・・
そして、メディアはあんな報道をするのかに疑問を持ち、時間がある時に地道に色々と調べていたら、ここに辿り着きました。

他のいくつかのサイトには、主観的な憶測と思われるただの反韓、反中の意識から書かれているものもありますが
概ね真実と信じざるを得ない記述が数多くあり、それに共通しているのは、ただの憶測ではなくしっかりとした根拠から書かれているものだと確信しています。

このブログも、まだ全部は拝見してませんが、とても勉強になってます。
もしも管理者様の方で問題がなければ、自分のブログでもリンクと引用をさせていただきたいと思います。

長文、乱文失礼致しました
109. Posted by toto   2006年02月15日 12:46
こんばんは。
突然のメールで失礼します。
以下の記事は2月13日にニューヨークタイムズの社説で掲載されたものです。
よくまぁこれだけ偏った記事を天下のニューヨークタイムズ紙がとりあげたかと驚くと同時に、
反日の方々の海外でのプロパガンダの力の強さをまざまざとみせつけらています。
このままではねつ造事実が既成事実となっていく事に危惧を覚えます。
110. Posted by toto   2006年02月15日 12:47
(ニューヨークタイムズ紙の記事−1)
Japan's Offensive Foreign Minister

Published: February 13, 2006
People everywhere wish they could be proud of every bit of their countries' histories. But honest people understand that's impossible, and wise people appreciate the positive value of acknowledging and learning from painful truths about past misdeeds. Then there is Japan's new foreign minister, Taro Aso, who has been neither honest nor wise in the inflammatory statements he has been making about Japan's disastrous era of militarism, colonialism and war crimes that culminated in the Second World War.
111. Posted by toto   2006年02月15日 12:48
(記事−2)
Besides offending neighboring countries that Japan needs as allies and trading partners, he is disserving the people he has been pandering to. World War II ended before most of today's Japanese were born. Yet public discourse in Japan and modern history lessons in its schools have never properly come to terms with the country's responsibility for such terrible events as the mass kidnapping and sexual enslavement of Korean young women, the biological warfare experiments carried out on Chinese cities and helpless prisoners of war, and the sadistic slaughter of hundreds of thousands of Chinese civilians in the city of Nanjing.
112. Posted by toto   2006年02月15日 12:49
(記事−3)
That is why so many Asians have been angered by a string of appalling remarks Mr. Aso has made since being named foreign minister last fall. Two of the most recent were his suggestion that Japan's emperor ought to visit the militaristic Yasukuni Shrine, where 14 Japanese war criminals are among those honored, and his claim that Taiwan owes its high educational standards to enlightened Japanese policies during the 50-year occupation that began when Tokyo grabbed the island as war booty from China in 1895. Mr. Aso's later lame efforts to clarify his words left their effect unchanged.

113. Posted by toto   2006年02月15日 12:49
(記事−4)
Mr. Aso has also been going out of his way to inflame Japan's already difficult relations with Beijing by characterizing China's long-term military buildup as a "considerable threat" to Japan. China has no recent record of threatening Japan. As the rest of the world knows, it was the other way around. Mr. Aso's sense of diplomacy is as odd as his sense of history.
長くて失礼しました。
114. Posted by toto   2006年02月15日 13:03
簡単に要約しますと、
「麻生外相は、第二次大戦中の悲惨な軍国主義、植民地支配、累積された戦争責任に全くけしからん見識を持っている。最近の学校ではきちんとその責任を教えていない。その責任とは、韓国の婦女子の大量誘拐、性的奴隷、中国市内で行われた細菌兵器の実験、捕虜の虐待、そして何万、何千万という南京での大虐殺。
だからアジアの多くの人々は、麻生外相が語った天皇靖国参拝論、台湾での教育水準の上昇といった発言に怒っている。又、中国は日本を軍事的に脅しているという事実が近年ないにも関わらず、外相の”中国の考慮すべき軍事的脅威”発言は日中の関係をさらに悪くしている。」
といった感じの内容です。
115. Posted by toto   2006年02月15日 13:05
これに関しての毎日新聞の記事の一部です。
”衆院予算委で慎重姿勢を貫いた麻生太郎外相だが、最近の歴史認識発言に内外で批判が広がっている。麻生氏は対中韓関係について「一部の話だけが悪いからみんなが悪いという意識は持っていない」との姿勢を貫いているが、関係改善を模索する政府にとって「外相発言」は足かせになりつつある。慎重ぶりの背景には、こうした事情もあったとみられる。
 最近の発言は「天皇陛下の(靖国神社)参拝が一番だ」「日本が(植民地支配下の)台湾に義務教育を持ち込んだ。結果としてものすごく教育水準が上がった」など。13日の米紙ニューヨーク・タイムズは「外交センスは彼の歴史認識と同様に奇妙」と酷評し、14日の北朝鮮内閣機関紙「民主朝鮮」は「政治的人気を上げて、総裁選で有利な位置を占めようとしている」と決め付けた。
【中田卓二】”
116. Posted by momo   2006年04月14日 10:52
朝鮮人にたいする差別については、戦争中は私国民学校の生徒でしたが、学校の中にはに関してありませんでした。名前も韓国名でした。差別ができたのは戦後彼らが別の学校になってからと違いますか。
117. Posted by オヤGナイト   2006年04月27日 13:53
いつも拝見させていただいています。
ども〜(^^)初めてコメントさせていただきます。私の死んだオヤジがよく朝鮮や中国のことを話してくれました。オヤジは戦時中は満州で電通の仕事をしていたのです。当時の朝鮮の人や中国の人の話をオヤジは私の幼い頃からよく聞かせてくれていたのです。ロシアの無線や中国、韓国の無線なんかも傍受したりして当時極寒の地で大変だったと聞いています。当時の占領地での日本兵の虐待とかは全然なかったとオヤジは言っていました。鉄道や学校など何もない地に日本人は何とか人並みの生活ができるようにと現地の人達と建設したりして頑張っていたそうです。極寒の地で一緒に酒を飲みながら頑張っていたようです。戦後、日本が負けて内地へと引き上げてきましたがその当時の日本にいた朝鮮の人達はかなり酷いことをしたそうです。略奪、強盗、強姦、放火など今の外国人強盗団と同じです。
118. Posted by オヤGナイト   2006年04月27日 13:53
南京大虐殺の報道もオヤジは異を唱えていて「一部の軍事衝突はあったが虐殺なんかなかった!こりゃ嘘を書いとる!」と怒っていました。
私も小学校、中学校、高校で自虐歴史観を教えられましたがオヤジが言ってることが本当だと思い社会・歴史のテストではいつも違う答えを書いていました。点数は赤点でもオヤジは「よく書いた!」と褒めてくれたものです。「いつか本当のことが分かる世の中になるよ!」とオヤジはいつも私に言っていましたがまさに今がその時なのです。
ルバング島からの帰還兵小野田寛郎元少尉がもっとテレビで話してくれればかなりの説得力があるでしょうね〜!でもあの人はマスコミ嫌いだからな!
119. Posted by みみ   2006年07月21日 10:17
伝聞証拠というものは現在の刑事訴訟法下では原則証拠能力を否定されています。
だから、うちのオヤジが〜だの、ジイサンが〜って言ったところで何の証拠力はないことになります(あくまでも、現在の法律の下ではですが)。
そもそも一般人が情報統制化の下、政府内のことをどんだけ知っているというのでしょう。
一般人が知りえたのは、当時の生活から近くに住んでいた朝鮮人・中国人の実体ぐらいでしょう。

120. Posted by みみ2   2006年07月21日 10:17
ちなみに、私の場合、祖母のお父さんが言っていた話としては(祖母から聞いた話ですが)、
「朝鮮人に対しては移民も結構いたし、そこそこ日本に馴染んでいたが、
徴用されてきた中国人に対する扱いはひどかった」らしいです。
朝鮮人と中国人に対して扱いを変えることで、支配の強化と異人同士で
憎しみ合うように仕向けた、これはつまり江戸幕府のえた・ひにん的な
役割があったのでしょう。
当時の差別語として、シナ人、チャンコロ、なんて言葉がよく使われていたと言ってました(だからシナラーメンというラーメン屋が今住んでるアパートの近くにあるよって言ったら祖母は、驚いてました)。
労働力としてつれてこられた人間に対する扱いなんてどこの世界も同じです。
欧米列強もみんな同じことをしていた。
日本だけが非難される言われはない。
少なくとも支配国に対しては(被支配国に言うのは別だと思うけど)。

121. Posted by みみ3   2006年07月21日 10:17
もちろんこれも伝聞証拠で、何の証拠能力にもならないないですけどね。
一方でアジアの独立のために命を捧げた日本人もいた。
人の数だけ歴史は存在しますよね。

その中で忘れられやすい他人の痛み、というものに目をつぶるのは
私にはできないです。
100人救うために1人が犠牲になったならば、その1人を絶対に忘れないようにしようと。
122. Posted by 幡 (はた)   2009年11月19日 16:41
ネット上で、朝日新聞社が年内か来年早々に

会社更生法を申請するという噂が広まっています。

この噂が現実のものになる事を切に望んでいます。
123. Posted by モンクレール アウトレット   2012年09月25日 17:48

 米AppleのiOS向け広告ネットワーク「iA
124. Posted by TheTaoofBadass   2012年09月26日 02:35
のiOS向け広告ネットワーク「iA Whats this
125. Posted by トリーバーチ 靴   2012年09月26日 16:35
任を持つべきだとの考えを改めて強調した。町議会一般
126. Posted by エルメス 財布   2012年09月26日 16:35
価格は2万8877円(税込み)。


127. Posted by IPhone5 ケース   2012年10月05日 12:55
●在庫情報随時更新!(*^-^*)
S/SS品質 シリアル付きも有り付属品完備!
全物品運賃無料(日本全国)
不良品物情況、無償で交換します.
税関没収する商品は再度無料で発送します.
安心して、安全に引き渡します.
広大な客を歓迎して買います
http://www.tokyo-apple.com/iphone5-cases/
128. Posted by トリーバーチ アウトレット 店舗   2012年10月06日 00:06
学校(宮本早苗校長、29人)の2
129. Posted by トリーバーチ   2012年10月12日 18:40
役(撮影・伊藤隆)(写真:サンケイスポー
130. Posted by モンクレール メンズ ヴェスト   2012年10月20日 18:10
8日、美浦トレセンで行
131. Posted by r4i   2012年10月26日 17:03
なっていた。ボタン幅が広いので、使いたい時にタップで呼び出しやすい。ソフトェアキーボードの反応も良好で、割と軽快にタイピングできた。

また、2012年秋冬モデルの共通アプリを試用してみた中では、デスクトップにショートカットが用意されている「デスクトップアプリメニュー」の使い勝手が良かった。Windows 7のスタートメニューに近い役割のソフト、いわゆるランチャーだ。インストールされ
132. Posted by モンクレール 2012   2012年11月01日 10:36
きチームから着想を得た映画「綱引いちゃった!」に主演し、昨年11月から1カ月の撮影期間中にみ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: