2005年11月22日

・「女系天皇」容認という問題の意味を考える 〜2600年の歴史を鑑みて〜

「女系」天皇容認に批判も−愛子さまの「次」で:サンスポ
 皇位継承順位が男女を問わず天皇の長子(第1子)を優先する「長子優先」案に変更された場合、皇太子さまの次に愛子さま、さらにそのお子さまが皇位を継ぐ道が開ける。将来、愛子さまが民間男性と結婚、そのお子さまは男女の別なく父方に天皇を持たない「女系」として、史上初めて即位する可能性が高い。このため「男系」維持を求める一部の学者らからは「皇室の男系継承の伝統に反する」との批判は避けられそうにない。
 皇室の伝統を重視する「男系維持派」が注視するのは、愛子さまのお子さまが「男系」か「女系」かという点だ。こうした学者らの間では、これまで維持されてきた男系継承を断ち切ることに抵抗感が強く、女系天皇が即位すると「皇統は断絶する」と受け止める専門家さえいる。
「男系の伝統を理解していない」「愛子さまが外国人と結婚したらどうするのか」。男系維持派が18日、東京都内で開いた集会では、出席者から女系容認に反対する意見が相次いだ。
 男系維持策として、政府の「皇室典範に関する有識者会議」は旧皇族の復帰や養子を皇室に迎える案も検討したが「国民に受け入れられるのは難しい」と判断した。
 吉川弘之座長は「世論が2分されるような事態は避けなければならない」と、男系維持派にも理解を求めていく考えだが、両者の溝を埋める作業は難航しそうだ。

★皇位継承は長子優先−皇太子の次は愛子さま

 小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大学長)は21日、16回目の会合を都内で開き(1)皇位継承順位は男女に限らず天皇直系の長子(第1子)を優先(2)女性皇族は結婚後も皇室にとどまり宮家を創設−の方針で一致した。女性、女系天皇を認める報告書の骨格が固まり、議論は終了。報告書の文案を最終調整した上で24日の会合で首相に提出する。
 政府は報告書に基づき皇室典範改正案を次期通常国会に提出する。改正が実現すると、現行の「男系男子」に限定した皇位継承資格が女子やその子どもの「女系」皇族にも拡大、皇太子さまの次に愛子さまが皇位を継ぐ道が開けるとともに、伝統的な皇位継承制度は大きく転換する。 (一部略)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで
 私はこの問題に対してあまり詳しくなく、最近この話題がマスコミに登場するまで、「男系」と「女系」の違いもよく知りませんでした。現在諮問機関によって行われいる議論も、最初は単純に「女性天皇」を認めるかどうかくらいにしか捉えておらず、時代の流れから言っても男性に限る必要は必ずしもなく、歴史上にも女性天皇は存在したはずであり特に問題ないのでは?と、お恥ずかしい話、これくらいの認識しかありませんでした。
 しかし最近の報道やネット上での議論を見ているうちに、そう単純な話ではなく、むしろ日本という国の歴史と伝統の根幹に関わる重要な問題であることがわかりました。
 この問題の最大の焦点である、「男系」「女系」とはそもそも何か。これはわかり易く言えば、「男系」とは、Y染色体を継承しているかということです。高校の生物の授業で習ったと思いますが、男性はXYという染色体を持ち、女性はXXという染色体を持ちます。そしてその子供は、男性側と女性側から一つずつの染色体を受け継ぎます。そのとき、男性側からY染色体を受け継げば子供は男性となり、Xを受け継げば女性となります。つまり「男系」を維持してきた現在の日本の皇室は、天皇制という制度が出来たはるか古代から、現在までずっとY染色体を継続してきているのです。これは単純に血が繋がっているというレベルの話ではなく、世界中見てもこれほど一貫した由緒のある王朝は他に存在していません。
 しかし、もし「女系」が認められれば、神武天皇以来2600年以上(確実に確認できるだけで1400年以上)にわたり受け継がれてきた由緒あるY染色体の継承は平成のこの時代で途切れてしまうことになるわけです。
 
 ここで注意しなければいけないのは、「女系天皇」と「女性天皇」の違いです。「女性天皇」は過去の歴史においても、男系男子がまだ若すぎる等の理由で即位することはありました。現代においてもこれは問題がないと思われるのですが、多くの日本人が、この「女性天皇」と「女系天皇」を正確に理解しておらず、現在行われている議論が単純に「女性天皇」を認めるかどうかだと勘違いしている方が多いと思われます。これは非常に問題であり、日本という国家の歴史と伝統の根幹に関わるこの問題について、政府の責任でこの問題は正確に国民に説明するべきではないでしょうか。
 私は、2600年以上続いているこの日本の由緒ある伝統を、この我々の時代にたった数人の諮問機関によって、天皇家の意見も一切聞かず、また国民の意見も一切聞くことなく途切れさせてしまっても良いのか大変疑問に思います。 2600年以上も続く日本の古来からの伝統です。少なくとも、この問題は天皇家を含め国民の意見を広く取り入れ、時間をかけて議論されるべきです。そして最終決定には国民の真意を問わなければいけないくらいの重要問題だと感じます。

参考サイト:天皇家の万世一系(男系)による皇位継承という伝統を守ろう!

参考書籍:
皇統断絶―女性天皇は、皇室の終焉
中川 八洋
4828411909

天皇家の歴史
高瀬 広居
4309224423


人気ブログランキングバナー←このBlogに何かを感じたらクリックして下さい。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 新幹線技術まで貢中!? ??日本は受注すべきではない??  [ ☆独断雑記 XYZ ]   2005年11月22日 11:37
日本の誇る新幹線技術、果たして受注すべきでしょうか…? 日本は技術だけを渡す結果にならないように注意、注意!! 残るのは補償を要求されるだけ…!?     中国の新幹線、日独が半数ずつ受注…日本6社近く契約   YOMIURI ONLINEより引用 >中国政...
2. 第16回 皇室典範に関する有識者会議  [ Tempus Fugit〜光陰矢のごとし〜 ]   2005年11月22日 14:28
 皇位継承は長子優先で一致…皇室典範会議 小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)は21日の第16回会合で、皇室典範の改正に関す 
3. 女系天皇容認は??男女同権??論ではない!  [ 拾い猫日記 ]   2005年11月22日 15:03
≪下図:Wikipediaを参考に作ってみました。クリックすると拡大します。≫
4. 安易過ぎるのではないか。  [ 親父の威厳BLOG.ver ]   2005年11月22日 17:02
チェスの5秒指しというが。 (色々熟考しても最初に考えた指し手に8割強の確率でなる。) 皇位継承は長子優先 有識者会議で方針一致  小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大学長)は21日、16回目の会合を都内で開き(...
5. 小泉自民や小泉信者は自分達の悪事に気付かないと、必ずそれが自分自身に跳ね返るだろう  [ 大和ごころ。ときどきその他 ]   2005年11月22日 17:23
皇位継承、長子優先 内親王は宮家創設へ 有識者会議、24日最終報告 産経新聞  政府の「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大総長)は二十一日の会合で、女性・女系天皇を容認した場合の皇位継承順位について、男女を問わず長子(第一子)優先とする...
6. 遅いよ「厳格な法適用」  [ 特定アジア・メモ ]   2005年11月22日 19:03
今まで何やってたんだ。誰が邪魔してたんだよ。 対北「厳格な法適用」  整理回収機構(RCC)は、破綻した在日朝鮮人系信組の不良債権の一部について朝鮮総連から直接回収に乗り出す。政府は「回収作業は法に基づき淡々と進める」(政府高官)と政治判断とは無関係で...
7. 皇室典範改悪に反対  [ 曇りのち晴れ ]   2005年11月22日 19:09
小泉首相の諮問機関である「皇室典範に関する有識者会議」がどうやら「男女にかかわらず長子優先」という結論を出したようです。この問題はどう転ぶかわからなかったので最後まで様子見だったのですが、この結論には全く賛同出来ません。 ・選考の経緯不明の10人だけによ....
8. ★ 加藤哲郎 『象徴天皇制の起源』 平凡社新書(新刊)  [ 書評日記  パペッティア通信 ]   2005年11月22日 19:30
こんな本が、新書で可能なんだ、ということに驚いた。「象徴天皇制」戦争終結と占領政策に天皇を利用したいルーズベルト大統領のアメリカと、「国体護持」を至上命題とする日本支配層の合作として誕生。その源流はこれまで、1942年〜43年の国務省ラインにおかれてきた。こ...
9. このままでは「小和田王朝」となる、と。  [ * 園丁日記 * ]   2005年11月22日 19:49
(これは、21日記事の関連記事ですのでコメントくださる方はこちらに) …そういう喩えも出てくるお話のようなのですね。 これはちょっと思ったより深刻なお話であることを 隠蔽されていやしないか、という憂慮は、 やはりされておられる方が前々からおられましたが。 朝日...
10. 皇室の価値  [ 電脳空間「高天原」 ]   2005年11月22日 20:18
皇位「第1子優先」の適用、愛子さまの次世代から (朝日新聞) - goo ニュース  女性天皇や母方だけに天皇の血筋を引く女系天皇を容認することを決めている小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が、皇位継承順位を男 女を問わない「第1子優先」とする変...
11. 愛子内親王をQちゃんとかと同列に見てるとしか思えんな  [ なんか良さげなあれこれと日々なんとなく思うこと ]   2005年11月22日 21:28
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 皇位継承は「長子優先」で一致…皇室典範会議  小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)は21日の第16回会合で、皇室典範の改正に関する報告書の概要を決めた。  女性・女系天皇を認める....
12. 昔も今も・・・お世継ぎをどうする!?  [ びーちぇの「ヲシテのクニ」 ]   2005年11月22日 22:07
先日、お世継ぎ問題で一応の見解が発表されました。 女性天皇容認。お子のうち長子
13. 伝統は大事よ。【その2】  [ 【風変わりな男】 ]   2005年11月22日 23:23
先に天皇家について女系天皇は拙いんじゃないか、と言うようなことを エントリーしました。 日本の伝統を大事にしようとの主旨ですが、本日はその続きです。    皇位継承は長子優先で一致…皇室典範会議                           ...
14. [ガンキャラネタ]W あぁ、日本海が・・  [ とりかご 島根県のお歳暮販促中! ]   2005年11月22日 23:33
 こちらトレーズ・クシュリナーダ。今宵は我々が優美に担当させてもらう。  任務・・完了。  皆様。ご機嫌麗しゅう♪  今日は何かネタ無いんですか?  弾幕。と言うべきか。検索語を張らせてもらう。期待していい。 検索語 カップリングバーサーカー  お、認知された...
15. 皇位継承問題 「長子優先」案がダメな3つの理由  [ 日本の心を育むネットワーク ]   2005年11月22日 23:47
【日本政策研究センターオフィシャルWEB週刊ニュース】より転載   ■皇位継承問題「長子優先」案が   ダメな3つの理由      「皇室典範に関する有識者会議」の吉川座長は、三笠宮寛仁親王殿下の御発言について「それによって、どうということはない」と...
16. 最近、なんかお盛んですが…☆★憲法改正論議☆★  [ 森羅万象?! 痛快?なりゆき言いたい放題!お気楽Blog ブロブロ☆ブログ! ]   2005年11月23日 01:27
自民党が圧勝して、増税と同時に持ち出されたもうひとつの大きな問題が憲法改正論議。紀宮さまのご結婚から噴出した皇室典範の改正問題も含めてこういう類の議論が最近盛んです。 つい先日も「たけしのTVタックル」でやっておりましたな。 それを見る限りでは、自民党....
17. 人生設計  [ 俺のHR。 ]   2005年11月23日 01:53
昨日仕事で友人にライフスタイルシミュレーションを作って送った。 ライフスタイルシミュレーションとはお客さんの人生設計のひとつの目安になるものでいままでいろんな友人に作っては説明し、いろいろ見直して貰った。 いままでここまでしてくれたことはないと言ってくれ....
18. 女系天皇以前に、女性天皇に無理がある  [ worldNote ]   2005年11月23日 02:31
旧宮家の竹田家の人から女系天皇問題への発言(テレビインタビュー)と皇室の歴史を扱った本の出版が公表された。ここまで言わせてしまう状況になっているという事だ。事態は切迫している。 平沼氏の意見は知られているが、どこかぬるい。一般に女性天皇は容認され、女系天...
19. 女性は賛成、女系は反対。  [ 随思録 ]   2005年11月23日 02:46
皇位継承は長子優先 有識者会議が論議終了 (共同通信) - goo ニュース いまだに「女性」天皇と「女系」天皇を混同している人がいるけれど、二つは異なる概念である。 愛子様が即位すればそれは「女性」天皇。これは先例がある。 そして愛子様の次の皇位に、愛子様のお子様...
20. じゃあ何を考えてたの?  [ The Blog of ウラ達ネット ]   2005年11月23日 11:23
「私たちは歴史観や国家観で案を作ったのではない。」って、じゃあ何を考えてこんなクソみたいな案を作ったのか。 ...
21. 自律自尊の意識改革を地方議会から  [ 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN ]   2005年11月23日 11:24
日本会議首都圏地方議員懇談会 常任幹事 上島よしもり 世田谷区議 に聞く ●プロフィール かみしま よしもり 昭和44年東京都生まれ。青山学院大学経営学部卒。平成7年、八王
22. 皇統が断絶しそうな流れと一度ほんとに断絶しかけた話  [ ふなやすさんの退廃した生活 ]   2005年11月23日 12:16
「女系」天皇容認に批判も−愛子さまの「次」で 長子優先のほうが有力になってきました やはり危険なこと、女性天皇には反対はしませんが男系の維持はなんとしてもしてほしいものですが・・・ ・ちょっと非人道的解決策、愛子様が皇室とつながる人(皇籍離脱した人とか)と...
23. 【比例】日教組出身の国会議員さん【選出】  [ 日々是勉強 〜 教育としての塾 仕事としての塾 ]   2005年11月23日 14:17
     みなさん・・・あの日教組が国会議員を生み出していたって、知ってましたか!?   神本美恵子参議院議員がその人です。   どんな議員さんかは、さきの特別国会で人権擁護法案を早く成立させろと小泉首相に催促したことからもお分かりでしょう。(人権擁護法案...
24. そういうことまで抜きに出来るの?  [ そして僕はぼやき続ける(BLOG) ]   2005年11月23日 18:52
ロボットとかそういう話ではないと思います。 皇位継承、長子優先 内親王は宮家創設へ 有識者会議、24日最終報告
25. 「女性天皇」と「女系天皇」  [ Tommy Be Splendorous! Blog Edition ]   2005年11月23日 21:26
急いては事をし損じる、こんな事にならないようにじっくりと時間をかけて議論すべきではないですか?
26. 改めて女性天皇、女系天皇を考える  [ 凪論 ]   2005年11月23日 21:40
 「アジアの真実」において、「『女系天皇』容認という問題の意味を考える〜2600年の歴史を鑑みて〜」という内容がアップされている。是非ご一読いただきたい。  「アジアの真実」において語っている内容については大筋同意できる。しかし 「『男系』とは、Y染色...
27. 皇室典範改悪を疑問に思っている人々  [ 日々雑感 ]   2005年11月23日 22:38
御先祖さまが守り続けてきた、世界最古の王朝がいま、断絶させられようとしています。歴史にも伝統にも無関心・無知識な少数の人たちが密室での会議で重大な決定をしてしまいました。 私には 「法隆寺を燃やせ」 「奈良の大仏を溶かせ」 「人間国宝を殺せ」 そう言っている...
28. 皇室典範改悪を疑問に思っている人々  [ 日々雑感 ]   2005年11月23日 22:44
御先祖さまが守り続けてきた、世界最古の王朝がいま、断絶させられようとしています。歴史にも伝統にも無関心・無知識な少数の人たちが密室での会議で重大な決定をしてしまいました。 私には 「法隆寺を燃やせ」 「奈良の大仏を溶かせ」 「人間国宝を殺せ」 そう言っている...
正しいことを行う勇気と知恵が必要だ/桐蔭横浜大教授 ペマ・ギャルポ  小泉純一郎首相は伝統を破ることが好きなようだ。今まで内閣が新しい顔ぶれで記念撮影をする際は大臣経験の多さや派閥勢力などを配慮して、総理の両脇には大物政治家が立つのが慣例であり、...
30. 勘違い無用!皇位・皇統の問題、熟慮・確定は、これから  [ 憂国メモランダム ]   2005年11月24日 02:28
小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は、皇位継承問題について、女性天皇、及び、女系天皇を認めるとともに、長子優先で一致した。 では、私的諮問機関とは何か? 国家行政組織法                               (第3...
31. 小泉は飽くまで皇家を潰すつもりである・・・  [ 三輪のレッドアラート! ]   2005年11月24日 08:02
いよいよ小泉は、次回の通常国会に皇室典範改正、いやさ女系天皇の道を開く為の「日本亡国シナリオ」を断固として上程すると決定した様です。専横壟断の末、国民を騙して権力を奪取した小泉クーデター政権に日本人はNOの声を挙げるべきです!
32. 速報 新たなる皇家を狙う動きの始まり  [ 三輪のレッドアラート! ]   2005年11月24日 08:04
本来宮内庁長官に任命される資格の無かった羽毛田長官、黒い噂と疑惑の人風岡次長。小泉首相と公明党の仕掛けた宮内庁包囲網と皇家解体計画。日本の歴史を冒涜し、日本国の名誉を破壊し、日本民族の精神に死刑を宣告しようとする姦賊達を糾弾せずにはおかれない!
33. 皇家の後継に口出しする庶民は逆賊であろうよ  [ 三輪のレッドアラート! ]   2005年11月24日 08:06
逆賊の企む殺逆や主家の廃絶の企みは歴史書の中ではなく、今現実に進められている最中であります。 暗愚な宰相と、その周辺の悪意ある取り巻き、漫画の中でしか見かけられない滑稽かつ深刻な図式が、この日本の中枢にあるのです。 国民よ怒れ!真実に目を開き、かかる悪逆を....
34. ■盗まれた物は取り返せ  [  ◆ ケシクズ ◆ ]   2005年11月24日 10:22
 やああっと上がってきましたね、この話題。  ・RCC、総連を提訴 朝銀系信組不良債権628億円を返還請求  ・朝銀系信組、不良債権 整理回収機構、きょうにも貸付金と認定  ・整理回収機構、朝鮮総連を提訴 貸金返還求める  データ改竄マンションの話題と...
35. 小泉改革の狙いは「グローバリゼーション」という日本のアメリカ化なのか  [ 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN ]   2005年11月24日 10:31
大谷和正氏より以下の投稿がございましたのでご紹介します。 小泉首相は郵政民営化を争点とし、選挙に圧勝し改革への流れを確実にした。見事な戦いぶりであったが、何となく後味が??
36. 虚構は細部に宿る  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2005年11月24日 15:02
もう1年以上前の論稿なのだが<「半神半人」の仮構でなる天皇制度>(西部邁)を読む。意外にも西部さんは「女系女子にも皇位認めよ」だった。
37. 男系女性天皇と女系天皇の違い  [ うーぱーるーぱー ]   2005年11月24日 23:42
三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051103-00000001-yom-soci 三笠宮寛仁さま(59)が、自身が会長を務める福祉団体の会報で「女性天皇」に触れ、「歴史と伝統を平成の御世(みよ)でいとも簡単に変更して良いのか」...
38. 女性・女系天皇の容認は時代の潮流  [ 僕の伝言板 ]   2005年11月25日 08:52
「皇室典範に関する有識者会議」の報告書で、女性天皇や母方が天皇の血筋を引く「女系天皇」を認めることを柱とした最終報告書がまとまった。皇位継承順位は男女を問わず、第一子を優先し、その子孫の女系皇族にも広げる。この二つが大きな柱である。将来にわたって安定した...
皇位継承、長子優先「女系」を容認 有識者会議が報告書提出 大雑把にですが記事も報告書も読んでみました。まぁ「拙速」という言葉がそのまま当てはまりますよね。随所で言われていることをそのまま焼きなおすみたいで恐縮ですが。 皇室典範に関する有識者会議報告書 吉川....
40. 「女性天皇問題」は歴史の知恵に学べ前篇  [ 悪の教典楽天市場店 ]   2005年11月28日 21:05
 初めて楽天広場に記事を書いたのがちょうど一年前、「中島らも追悼写真展東京開催へ」なる記事であった。以来三百六十五日全て埋めてきて、今日から二年目に突入した。 去る十月九日に「愛子内親王殿下がおかわいそう」なる発言をしたが、世の中には似た様な事を考える...
41. 矢田亜○子と押○学の深夜合体写真!!  [ ヤリマンクラブ【NEWジェネレーション】 ]   2005年12月03日 12:47
 今日はねぇ??いい物もってきちゃったよ!  よ??く考えよ??お金は大事だよ??って歌ってる  あの矢田亜○子と押○学の夜の合体写真!!  これはもう俺の腕でしか撮れないような代物だから要チェック!!  だって部屋にカメラしかけて夜10時間以上も張り込んだからま
42. 2005-11-30 SCRAP  [ mySCRAP ]   2005年12月04日 23:03
「先進国が目標」という大統領、「すでに先進国」という秘書室長 【Worl...
43. 2005-11-27  [ mySCRAP ]   2005年12月04日 23:04
今、水道局から電話来て来月の水道代が 120万になるっていわれたんだが… ...
44. 朝日新聞よ堂々と本音の「皇室廃止」を唱えよ  [ Right or wrong are also nothing. ]   2006年02月03日 13:05
朝日新聞の2/2付社説。 タイトルは「寛仁さま 発言はもう控えては」である。 三...

この記事へのコメント

1. Posted by 刀舟   2005年11月22日 11:47
この論争を受けて気になるのが、
有識者会議座長の吉川弘之元東大学長の存在です。
何故この方が座長なのでしょうか?
この方はロボット工学が専攻でしょう。
何故…
もしかして、最初から結論は決まってるの…?
そう思われてなりません。

PS 関係ない話題ですがTBさせていただいてます。
不快な場合、削除してください。
2. Posted by ギムネス   2005年11月22日 12:03
おおお、ついにこの国体上の大問題を取り上げて頂き感謝致します!
私は常々「有識者」と言う名の欺瞞が国を危うくしていると感じております。

反対意見には耳も貸さず「男系維持は現実的でない」と根拠も無しに切り捨てるやり方には怒りすら感じます。

記事では男系の維持は制度として不安定である等と書いて有りましたが、不安定
なものが2600年も続く訳がありません。それでも不安定だと言うなら安定
するようにすれば良いのです。男系の養子や旧皇族の復帰が「国民に受け入れ
られない」というのは全くの独善です。天皇家が2600年続いた唯一無二の
男系皇統であるという事実を殆どのマスコミは正しく伝えていません。そんな
状態でいくら国民からアンケートを取っても信頼できる回答は期待できません。
3. Posted by ギムネス   2005年11月22日 12:03
朝日や毎日は「国民の過半数が女性天皇容認」などと書いてますが「女性天皇と女系天皇」の違いには全く言及していません。

このまま成り行き任せで「女系天皇容認」に国論が傾く事には強い危機感を感じます。声を挙げましょう。静かにはっきりと。

「2600年の伝統を」たった10名の人間が僅か1年の話し合いで覆して良いのか?と
4. Posted by nanasi   2005年11月22日 12:16
何度か女性天皇が即位されてるという事は
何度か由緒あるY染色体の継承は断絶してる事じゃないのですか?
5. Posted by ギムネス   2005年11月22日 12:21
断絶してません。全ての女性天皇は一代限りで、女性天皇の子供が天皇になった例は一例もありません。女性天皇の後には必ず男系の天皇が登極されています。

あくまでも女性天皇は「一時凌ぎ」の存在なのです。
6. Posted by unname   2005年11月22日 12:31
女系天皇を認めれば、王朝の交代と世界では捉えられるかもしれません。
イギリスは、ヴィクトリア女王の死後は、彼女の夫アルバート公にちなんで、ハノーヴァー=サクス・コバーグ・ゴータ朝と称されたりもしてますからね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%EF%BC%9D%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%BF%E6%9C%9D

この問題では、小泉さんがかなり力を入れているし、世論も、女系天皇と女性天皇の違いをわかっていないので、この流れをとめるのは難しいかもしれません。加えて、保守系の人たちは、先の選挙で落選している人が多いので、かなりやばい状況です。何とか皆さんで、この問題を広く認識させましょう。
7. Posted by たじまはる   2005年11月22日 12:34
単純にY染色体があると男になる、としか知らないのですが、遺伝子としてそんなに重要なものなのでしょうか。生物にはあまり詳しくないので・・・
8. Posted by hinomoto   2005年11月22日 12:36
 生物学的な問題もそうなのですが、
愛子様が即位し(ここまではよい)、
そして皇統の血を持ってない民間人と結婚して
そのお子が即位するということになると、
そのお子の父系・母系系譜をいくら遡っても
神武天皇まで行き着くことはない(Y染色体が
受け渡されないということはこのことを生物学的に
実証する)から、万世一系の皇統が断絶してしまう
(これが問題)。つまりそのお子から新皇統が
始まるということになってしまいます。
9. Posted by hinomoto   2005年11月22日 12:37
(つづき)
 今までの皇統とは関係のない皇統を「皇統」としてよいの
でしょうか?だとしたら、「天皇」は伝統の裏づけが
なくてもよい存在ということになってしまうので、
極端な例ですが、国民投票で選んでもよいではないかと
いうことにもなりかねません。
 こういう大問題に関して、何の「有識者会議」だか知りませんが、
それが「始めから結論ありき」の拙速な議論で結論を出して
いいのでしょうか?長い伝統をこの平成の世で断ち切って
しまっていいのでしょうか?伝統を維持するには旧皇族の
復帰しか道がないと思います。「国民に受け入れられるのは
難しい」という判断の根拠は何なのでしょうか?
 まったくの門外漢が座長を務めるこの会議の存在意味がそもそも
よく分かりません。
10. Posted by 友遊   2005年11月22日 12:51
諮問委員会はほぼ1年かけて議論しており、その間に専門家よりヒアリングを実施したり、中間報告を発表して、世論の反応を伺うのが通常です。
重要なのは語論がおかしな方向に行かないように、公開資料(議事録)を逐次読み、国民の一人としてメールなり手紙なるで意見をぶつけることです。専門家へのヒアリングも、人選ミスの場合がありますので、気が付いた人が指摘してください。
また中間報告に問題があれば、直ぐに意見を出さねばなりません。そうしないと、そのまま最終報告に繋げてしまいます。ただ、ほとんどの審議会や諮問委員会についてマスコミが伝えるのは、結論が固まった後なのです。
後の祭りになっている事が多いのも実態です。
11. Posted by 友遊   2005年11月22日 12:53
(続き)

でも、今からでも遅くはないと思います。通常は、最終報告の前に国民からパブリックコメントを求めます。パブコメの意見を最終的に審議して調整するのですが、今回は、やるのでしょうか?是非、やってもらわねばなりません。
既に多くの方が動き始めていますが、「最終報告の前に、国民が意見を言える機会を作って欲しい。その意見を踏まえて、もう一度審議して欲しい」
と多くの方が意思表示することが必要と思います。

議事録・論点整理は以下のサイトで読めます。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/index.html
12. Posted by ふきや   2005年11月22日 12:57
私も女性天皇と女系天皇を同じように思っていました。
マスコミ(特にテレビ)はあえて混同するようにしているように思います。
このマスコミの動きは、憲法9条が平和の名の下でタブーであったように、
男女平等を謳い文句に女性天皇(過去にもいて反対する人がいない?)と
女系天皇を混同させて世論操作しようとしているように思います。
女系天皇を支持する知識人が、総じて靖国反対派であったり、
護憲派の人が多いのは、偶然一致とは私には思えません。

彼らは、本質的に日本文化・伝統に価値を見出せない人達なので、
近い将来、(例えば愛子様に子供がいない場合など)
天皇制廃止、共和制移行を言い出すのではないでしょうか。
13. Posted by     2005年11月22日 12:58
雅子様のご様子からして第二子を望むのは酷なことかと思われる現状を察するに
側室制度を容認でもしないと、男系男子を維持するためには旧宮家の方々に皇族復帰してもらうしかありませんね。
しかし、今この事態で慌てるくらいなら、皇太子様のお相手を早急に決める
べきでした・・・。それならば男子誕生の可能性も上がったと思うのですが、仮定の話をしても仕方ないですけどね・・。
14. Posted by 富士   2005年11月22日 13:05
Y染色体云々と言う話はなんだか皇族の方々を物扱いしているみたいであまり好きではありませんね。そもそも古代の日本人がY染色体なんていう事を知っていたわけでもないでしょうし。文化に属する事柄を生物学的に論ずるのは違和感があります。

もちろん、皇室の将来に関する事は慎重に論じなければならないのはわかりますし、旧皇族の復帰や養子を皇室に迎える案でうまくいくのならそれでいいのかも知れません。でも、側室制度なしでこれらの案がうまく行くのでしょうか?私は不安に感じてしまいます。

また、旧皇族の復帰や養子を皇室に迎える案がうまくいかなかった場合、女系天皇を否定されている方はどうされるのでしょうか?その時には皇統断絶と見なすのですか?それとも仕方なく女系天皇を容認されるのですか?
15. Posted by ありあ   2005年11月22日 13:16
あまり把握しておられない方がいるようなので私も補足させて頂きます。
この問題は、Y染色体とX染色体の優劣とかそういうものではなく、
「2600年間続いている同一のY染色体」が「世界でも認められた価値あるもの」
であるという事です。あまり国民には浸透していませんが、我が国の天皇家は
(1)世界で認められた、現存する最古の王朝であり
(2)エリザベス女王も天皇陛下には上座を譲り
(3)米国大統領がホワイトタイで空港へ出迎える
 (この歓迎の仕方をするのは、天皇陛下とローマ法王と英国君主のみ)
大変高貴であり、かつ貴重で重要な存在として扱われております。
16. Posted by ありあ   2005年11月22日 13:17
過去に即位した女性天皇は全員「男系」女子です。
男系女子とは、「神武天皇のY染色体を継ぐ男性」の子供であるということです。
愛子様はこれに当たります。
ですが男系女子であっても、女性ですからY染色体は無く、生まれた子供には
神武天皇のY染色体は継がれません。生まれた子供が男の子でも、持っている
Y染色体は、神武天皇ではなく旦那である方の家系のものだからです。

重ねて言いますと、女性はXX、男性はXY。Yを持つのは男性のみです。
女性のXと男性のYが組み合わさるとXYで男となります。逆にXXを持つ子供では、
「その次の代」で「男性側のXが続いた」と確認する術が無いのです。
別にYだから大事な訳じゃありません。Yでしか、同一の遺伝子が続いていると
確認出来なかったからです。長い歴史を持つからこそ世界でも認められている、
神武天皇の遺伝子が、男系でなければ続かないのはこのような理由なのです。
17. Posted by ありあ   2005年11月22日 13:18
※ネットで少し検索をかければ幾らでもこの手の情報は出てきます。
特にこの話題についてはあちこちで取り扱われていますので。
マスメディアは卑劣にも一切詳細な報道を致しませんが、私達にはネットがあり
いくらでも「テレビで隠された情報」を知ることが出来ます。無知は罪です…。
どうかほんの一部分の限られた人間たちの思惑に染まらないで下さい。
この国の異なる面、本当にある面、過去にあった物事を知って下さい。
18. Posted by ことぶき   2005年11月22日 13:45
ロボット工学専攻・・・・
人間の感情や行動を化学反応と電気刺激反応で分析・解析したりするんでしょうな。
血も涙も無いような、そんな連中がよってたかって「皇室典範会議」?
ギャグですか?
19. Posted by ありあ   2005年11月22日 13:54
>富士さん
この問題を捉え違えているように思います。
>また、旧皇族の復帰や養子を皇室に迎える案がうまくいかなかった場合〜
今「有識者」とやらの方々が進めている話は、決して上記のような男系維持の
2400年の血統を貫く方向ではなく、その逆であるとの認識が大半です。
それを何とかして止めなければ、というのが今の話かと思います。

また、今存在する旧宮家の復帰や男系男子の養子に困難がありますか?
世論や該当者の意思ですか?それは「案が通った」時点で当人の思惑とは
かけ離れた場所へ置かれてしまいます。不条理な、と思うのであれば、
それが通っているのが現状であり、通させているものがあるから
そうなっているのです。社会とはそういうものです。

確かに、あなたの述べた案が通らなければ皇統断絶でしょう。
ですが、女系天皇が容認された場合でも、それは皇統断絶かと思います。
20. Posted by ことぶき   2005年11月22日 14:08
何よりGHQが悪い。
それに言及しないマスコミ。
「WGIP」の影響だろうな。



21. Posted by ますろう   2005年11月22日 14:16
>ロボット工学専攻・・・・
>人間の感情や行動を化学反応と電気刺激反応で分析・解析したりするんでしょう>な。
>血も涙も無いような、そんな連中がよってたかって「皇室典範会議」?
>ギャグですか?

ロボット工学はそのような学問ではありません。
そして血も涙もない人間でもありません。

正直皇室なんぞどうでもいいですが、ロボット工学の悪口は言わないで下さい。
文系の人間が似非科学を振りかざして見苦しいです。

22. Posted by       2005年11月22日 14:19
>Y染色体云々と言う話はなんだか皇族の方々を物扱いしているみたいであまり好きではありませんね。

そもそも生まれ持って役割が与えられている(生まれで差別を受けている)皇族に人権とか平等とかいう概念はナンセンスですよ。
伝統を維持できないのなら続ける意味も無くなってしまいます。

まずは伝統を守る方向で議論すべきなのは当然な論理だと思います。
23. Posted by がーん   2005年11月22日 14:25
天皇陛下のご存在が日本の伝統の象徴であるばかりでなく、
外交的観点からも日本の国益にかなっていることの説明
はこちらが詳しいです。

http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html

その上で、まだ「女系」天皇容認の問題点が分からない方は、
こちら。

http://www.geocities.jp/banseikkei/

この件の裏には、天皇制廃止を推進する勢力が形を変えて
攻めてきている実状があります。そしてその勢力の裏には、
当然特定アジアの存在があります。小泉首相はその点を分
かっているのかどうか分かりませんが、理解している人間
だけででも、阻止せねばなりませんね。
24. Posted by 鉄火   2005年11月22日 14:26
Y染色体にどれほどの意味があるかはわかりません。桓武天皇の遺伝子からはかなり変質しているでしょう。しかし、千年以上もそのルールを守ってきたというのはすごい。平安の前から守られているルールを、たかだか100年しか生きられない一世代の人間が変えていいとは思えません。
25. Posted by hana   2005年11月22日 14:29
結局男子出産のプレッシャーを受け続ける雅子妃への「同情」が
世間一般に多いので、このような結論が導かれたのではないだろうか。
つまるところ、「人権」と「伝統」のどちらが大事なのか、ということだ。
現代人の考える人権と、古代からの伝統が相容れないのだから、
どちらかを諦めるしかないのかもしれない。
ただ現実的に考えた時、愛子様の結婚相手は果たして見つかるのだろうか。
男子の皇太子でさえお妃探しに難渋するのに、お婿さん探しはさらに
難しくなるのは今から見えているのではないだろうか。
もう、天皇陛下、皇后陛下以外の方々には公務を課さずに、
就業し普通の暮らしをしていただくなどしなければ、
女性天皇と結婚しようなどという人は現れないと私は思う。
26. Posted by ギムネス   2005年11月22日 14:31
>富士さん

 仮定の質問に何か意味があるのでしょうか?
 無意味にに論点を分散されるのは如何なものでしょう。
 それこそ反日勢力の思うツボだと思います。

>ますろうさんへ

>正直皇室なんぞどうでもいいですが
 失礼かつ場違いな発言です。どうぞ御引取下さい。
 それとも貴方はロボット工学が馬鹿にされる度に相手に「悪口を言うな」
 と文句を言う趣味でもおありですか?それはそれで見苦しいと思います。
27. Posted by ケロケロ   2005年11月22日 14:31
>正直皇室なんぞどうでもいいですが、ロボット工学の悪口は言わないで下さい。

っていう発言自体がすでにロボット専門家は血も涙もなさそうな印象を与えてますよw
28. Posted by あ   2005年11月22日 14:57
当初有識者会議の見解が出た際は
女性天皇と女系天皇を混同している
人が非常に多く、またマスゴミは
わざとその話を混同させることに
よって、愛子様の皇位と女系を
摩り替えていました。

ようやくここに来て正しい知識を得て
反対の声を上げる人が増えてきたのは
非常によろこばしい限りです

個人的な見解では、小泉首相は
有識者会議での結論には興味は
あまりないのでしょう。
男系維持となればそれでよし
もし女系容認の結論ならば
世論が動くであろうと。

だからあえて有識者会議と
世間の目に晒されるような
状況にしてあるのだと思われます。

対ジェンダーフリーのために
あえて男女共同大臣などという
意味不明なポストを作ったのも
同様な理由。

まぁそれはともかく、これからしばらく
この問題に関しての山場です。
気を引き締めて行きましょう。
29. Posted by 猪   2005年11月22日 15:15
ロボット博士が有識者と呼ばれてノコノコ出かけて皇室について議論をする、分を弁えない人間が何で有識者なの?
マスコミは女系、女性を判っても居ないし、現代の思考で歴史を消して仕舞う不遜を何とも感じないのだろうか。
ロボットの専門家には伝統は必要が無いのかね、小さいものが積み上がり結果が出るのが科学じゃないの?ある日突然出てくるものじゃないでしょう、伝統とは何処の世界にも有る、但し日本の皇室の伝統、思想は世界には稀有な存在、世界が守るべき存在と思うよ。
30. Posted by 普通の国民   2005年11月22日 15:16
先日NHKアーカイブスで皇居、皇室、昭和天皇の一日を追う番組を流していました。
天皇陛下の仕事は各国からの王室や大統領などの国賓との晩餐会から、勲章の賞状の名入れまで非常に多いものでした。はたして女性が安定した情緒で、朝から晩まで時間を拘束
され、古めかしい儀式と伝統の意味を理解して耐えられるのでしょうか。体力的に。
マラソンの高橋選手の例はありますが、たとえば生理中で体が痛くて辛くても来賓は待
っています。休みたくても休めない事も多いと思います。私は戦争になるとすぐに「軍の最高司令官としての天皇」が国民の声で復活すると考えています。日本の国難があれば、(たとえば中共の沖縄への核攻撃)自衛のため、日本も核ミサイルを北京と上海に打つ必要が出るかもしれません。愛子様が天皇におなりになるのであれば、国体として悩み、男の参謀の意見に従って、つらい決断をする日も来ると思われます。
 
31. Posted by ごまみそずい   2005年11月22日 15:18
Y染色体に拘るのであれば、旧宮家の方の復帰や養子が妥当な線なのでしょうね。

ちなみに、素朴な疑問です。
仮に、旧宮家の方が天皇になられたとしても、この先、男子が全く誕生しない場合はどうなるのでしょうか?
未来の話ですが、決してありえないことではないですよね??

最悪、クローンでしょうか?
32. Posted by 一競馬ファン   2005年11月22日 15:23
 こういう血統の話は一般の人にはピンと来づらいかも知れません。ほとんどの人は家系図なんて意識もしないでしょうし。神武天皇からつづく系譜を見せられれば一発で理解するでしょうが。
 競馬をやっている人間なら、一度は血統図を見たことがあり、父系と母系の違いを理解しています。母系にあっても父の血統の流れを重視します(いわゆる母の父=BMS)。
 マスコミはジェンダーフリーとからめて、あえて血統の系譜ではなく、「女性天皇容認」という流れを作っているような気がします。

 記事にもあったように、これは一審問期間が議論するレベルの話ではないと思います。十分に議論し、かつ国民に情報を伝達し、その上で国民投票で決めるようなレベルかと思います。

 私は断固として父系の系譜を守るべきだと思います。それがかなわず血統が途絶えたとき、はじめて我々は落胆すべきかと思います。自らの手で皇室を壊すような選択は容認できません。
33. Posted by 一競馬ファン   2005年11月22日 15:27
文字数制限が出たので、分けて書きます。

ロボット工学の人は別に悪くないと思いますよ。その人なりに色々考えた結果でしょう。一番の問題はこの件を考えるに当たって、「有識者」を選んだ関係者にあると思います。

あと、クローンで血統を継続するのは、いかがなものでしょう? 2600年の皇室に泥を塗るような行為かと思います。
34. Posted by 普通の国民   2005年11月22日 15:29
>ごまみそずい様

 若い十代の側室を持つか、人工授精を試すか。科学が勝つでしょう。クローンは
猫で成功し、300万前後で前の猫のクローンを作っている会社もあります。
あとは倫理上の問題と細かい技術上の問題でヒトには試してはいけないことになっています。クローンで生まれた天皇は、今は世間が許さないかもしれません。ただ近い将来に
クローンがあたりまえで一般的な技術になれば、クローンもありかもしれませんね。
35. Posted by あんじゅ   2005年11月22日 15:35
>「国民に受け入れられるのは難しい」と判断した。

勝手に判断してる。

36. Posted by インク   2005年11月22日 15:36
>正直皇室なんぞどうでもいいですが
この発言はロボット工学云々ではなく、日本人として恥ずかしい事と思います。

情報科学専攻より
37. Posted by az   2005年11月22日 15:39
管理人殿、皇位継承問題の取り上げ感謝します。

小泉総理が女系に積極的というのは本当なのでしょうか。何故に???
小さい政府の方向で皇室経費を増大させない・お世継ぎを途絶えさせない という
単純なテーマで 人選丸投げ私的諮問機関に委ねたのではないかと勝手に考えてしまう。
日本の長い歴史伝統の系譜を自分の代で断つ総理となる覚悟の利と理があるのか??
総理といえども皇室専門家でなく認識不足からの出発としか今は理解できません。

小泉氏の支持率は相変わらず高く外交や財政改革の推進力となっています。
保守からの小泉批判が高まって喜ぶのは媚中韓旧勢力でもあり
日本を大切に思う民の分断に利用される事のないよう慎重でありたいものです。
国会前の典範改革案作成段階で歯止めがかかり 公正な審議が尽くされる事を望みます。
38. Posted by ありあ   2005年11月22日 15:48
>ごまみそずいさん
そう仰るあなた自身はどう思われますか?
仮定の仮説などそれこそ如何様にでも立ちますが、現実味が伴うでしょうか。
「ありえるかもしれないから」ではクローンも男児断絶も絵空事です。
皆が考えなければ止まらない環境破壊や地球温暖化とは違って、
その立場になられた方々の行動如何で幾らでも回避出来る事だと思われます。

男児が生まれなくなった時の対処法ですか?無理でしょう。
よほど当事者の方々に危機感が無いか、何かの悪意が介入しない限り
そうなる前に対応が取られると思います。今の問題のように。
39. Posted by がーん   2005年11月22日 15:59
有識者会議の議論をリードしてるのは官房長官であり、細田さんから
安倍ちゃんに変わったことはせめてもの救いです。阿部ちゃんは女系反対
のはずですので。
ただ、小泉首相が女性・女系天皇容認に前のめりだとすれば、安倍ちゃん
も方向転換させずらいのではないでしょうか。何せ最近の小泉さん、自分
と違う考えのヒトは「抵抗勢力」と反射神経で判断してる感じがするので。。。
いや、そんなことないと信じたいんですよ、私も。
40. Posted by 通りすがり   2005年11月22日 16:21
XYとか言われてもピンときませんが歴史ものだと、平家物語、源氏物語とか。
少なくともその当時からの歴史ですよね。(さすがに2600年と言うのも照れるので)
藤原氏が娘を嫁がせ、次代天皇を産み参らせる。外祖父としては君臨出来ま
したが、そのものが天皇となることは出来ませんでした。
女系に移っていたら、源氏の後の北条氏的なんですかね。
41. Posted by あま   2005年11月22日 16:22
とある半島系の陰謀と言う話があります。

そこの人々は過去を消したいようです。
日本は古くからの歴史と伝統を持っています。これの一番の象徴が
天皇になります。
そこの人々はこれがかなり羨ましく苦々しいようです。
この象徴を解体する事で、日本人の自信というか心のよりどころを
なくしたい。
物的にも支配したい、精神的にも支配したい。
現在も様々な方面で謀略が行われており、その幾つかは既に効力を
発揮しており、進行中です。
42. Posted by ろぼ子   2005年11月22日 16:31
自分も女性と言う性を持って居るので男系維持を訴える人達を初めは男尊女卑じゃないかと
も思いましたが、偶然とは言え男系の血筋で引継がれており、天皇家が日本の歴史の軸に
なって居るのは否定出来ない事。
ここで簡単に女系を認めるのは過去、それを守ってきた先祖と、未来の子孫に対してとても
失礼な事だと思います。
又、安易な判断は天皇家の存在意義を認めて居る諸外国にも馬鹿にされるのではないで
しょうか。
 ローマ法王が認める唯一の「エンペラー」ですし。
遺伝子上の問題をコジツケに感じる人も居るかと思いますが、逆に万が一にも卑弥呼の子孫
が女系で残っていたら、それは又天皇家の男系の血筋と同様に歴史的に稀有な存在だった
だろうと思います。
決して天皇家の男系維持は男尊女卑に当てはめる事が出来ない問題です。
43. Posted by 新宮十郎行家   2005年11月22日 16:31
不敬罪覚悟で言わせて貰いますが、まだ一人しか生んでないのに男系維持は難しいってどう言うことよ。
せめて3人位生んでそれでも男子が生まれないなら話分かるけど・・・
財政的になんら不安のない皇室からして少子化煽ってどうするよ。
44. Posted by ところてん   2005年11月22日 16:36
冷静に考えると小泉総理任期中の決着は無いと思います。当然小泉氏本人もそう考えているでしょう。
総理の視点で見渡すと自身の任期中に出来るだけ多くの問題に着手した歴史を残したい。
それも話題性のある今まで触れるのも憚られた様な話題こそ触れる価値がある。そう考えている側面もあるのではないでしょうか?
一方で郵政改革のタブーに着手したと自賛したり、日朝関係改善に前のめりだと言われるほど無理難題に挑もうとしたり、
その一環として皇室典範見直し論にも手を伸ばしたと見ることも出来そうです。

穿った見方をすると、あえて最初はどさくさに女系天皇容認論を大量に放出させ
世論のゆり戻しを狙った天皇家のあらましの再確認・足場を再度固めるが真の目的とか…

勝手な推測ではありますが
45. Posted by H   2005年11月22日 16:39
私は今上天皇・皇后両陛下のお人柄を深く敬愛しています。
単なる親しみだけではなく、尊敬できるからこそ、大切に思っています。
と、そんな話をしたら、ある人から「それは右翼じゃないネ(笑)」と言われました。「右翼だったら、どんなお人柄であろうとひたすら受け入れるでしょう」と言っていました。ちなみにその人は400年続いた武士の家系なので(もう今更何のメリットもないそうですが、その人の思考の随所に武士っぽいなぁ〜と感じることがあります)、ちょっと説得力がありました。
しかしながら、女系になってしまったら、皇室はあってもなくてもいい、ぐらいの考えになってしまいそうです。
、、そうなれば万々歳と思っている人たちの罠に既にはまっているのでしょうか、、? えぇ〜、、、
46. Posted by hinomoto   2005年11月22日 16:56
 まあロボット工学の話はひとまず置いといて・・・
ロボット工学専攻の方が血も涙もない人間であるというのは
偏見でしょうから・・・立派な方もたくさんいらっしゃいますし、
ロボット工学が将来性のある工学分野であることは誰も否めないでしょう。
文系・理系お互いに偏狭になっても何の実りもありません。

 問題は皇統が断絶してもいいのかということだと思います。
そのときこれまでの皇統に繋がらない「天皇」が果たして
国家・国民の代表、あるいは「国民統合の象徴」としてすら
機能するのかどうか疑わしいのではないでしょうか。
仮に女系天皇となった場合、その「天皇」が初代となる
まったく新しい皇統ですから、
極論すれば今後誰でも新しい皇統を開ける可能性を排除出来なく
なり、2600年の重みを持つ皇統の伝統的権威が完全に失われる
ということになってしまいます。
47. Posted by hinomoto   2005年11月22日 17:11
(つづき)
それは取りも直さず、平将門の「新皇」
宣言ではありませんが、時の権力や武力や人気によって「天皇」
が決まりかねないという可能性を将来に亘って残して置くことに
他なりません。例えば国民の人気投票で選ばれる「天皇」なんて
想像できますか?それが果たして国家の求心力としての機能を
全うしうるのでしょうか?
 特アの国など国家の求心力がないから、反日デモやって一所懸命
「求心力」を作り出そうとしているわけではありませんか。
「愛国無罪」なんてね・・・。女系天皇容認によって皇統断絶と
いうことになれば、それは日本国家分裂の序幕となります。


48. Posted by hinomoto   2005年11月22日 17:12
(連投失礼・・・これでやめますので)
そしてそれこそ特アの国々および国内の反日勢力の目的に他なりません。
反日マスゴミが女性天皇と女系天皇の違いに触れようとしないのも
うべなるかなです。
 女系天皇問題は将来に亘る日本国家存亡の問題です。文系・理系
問わず真剣に考えねばならない問題です。
49. Posted by うなぎ犬   2005年11月22日 17:22
反日左翼が喜びそうな内容(女系天皇ごり押し)ですね。次は、「隣国との強固な繋がりを作ろう!」などとぬかして、韓国より婿を迎えよう!
という流れにでもなるのでしょう。その企みが成功した時こそ、皇室制度が廃止される契機となるでしょう。
男性の血統のみを正当とする儒教的価値観だと、この場合、韓国が日本を併合したとも受け取れます。
そして、日本国民の多くは、そんな皇室を日本の象徴として敬う気にはならないでしょう。そんな象徴などいらん!という流れになると思います。
民主党の鳩山議員が、同様の見解を述べていました。珍しくまともな事を発言しているなーとビックリしました(笑)
50. Posted by 非国民   2005年11月22日 17:23
>女系天皇問題は将来に亘る日本国家存亡の問題です。文系・理系問わず真剣に考えねばならない問題です。
小生も男女にかかわらず長子が継ぐというのには世間に迎合し過ぎで違和感を覚えるけど、そんなに大げさな問題かな。
51. Posted by ゆうな   2005年11月22日 17:40
昨日のTVで、旧宮家の竹田恒泰氏が発言されていましたね。
旧宮家には現在男系男子が11人(うろ覚えですが…)いらっしゃるとのこと。 この全員とは言いませんが、皇族に戻ってもいいという方、またその資質がある方には戻ってきていただいてもいいのではないでしょうか。 GHQに無理やり一般人にさせられた訳だし。

竹田さんは今30歳です。 例えば今彼が皇籍に復帰したとして、この方が将来天皇陛下になるのはどうかなと思いますが、この方が結婚して(もうしているのかどうか知りませんが)、男子が産まれたら、その子は産まれた時点から皇族です。 赤ちゃんの時から皇族男子の教育(天皇教育)受けられるのであれば、国民にもちゃんと受け入れられると思うのですが。

竹田氏は皇籍復帰については恐れ多くて考えたことがないとおっしゃってましたが、本心はどうなのでしょうか。




52. Posted by sam   2005年11月22日 17:44
この問題は、「靖国問題」に通じるものがあります。
つまり、
1.本質論の問題と、
2.本質論を論議する以前の問題
があります。

当ブログの参加者のほとんどが、靖国問題は中国の単なる「言いがかり」と認識しており、私もそのとおりだと思います。「2.本質論を論議する以前の問題」です。
「女系天皇」問題は、我が国自身のことながら、「2.本質論を論議する以前の問題」も何ら明確になっていないのに、結論だけが出されようとしています。つまり、「“有識者会議”に本質論を論議する資格があるとは到底思えない。」ということです。「無経験な陪審員」にこのような重要なことをまかせられるわけはありません。

最後に本質論になりますが、かりに愛子様のお子様が天皇になるとしたら、愛子様の配偶者の染色体が入ります。愛子様の配偶者に中国人や朝鮮人の血が濃く入っていたらどうなるでしょうか。
53. Posted by ごまみそずい   2005年11月22日 17:46
>競馬ファン様
そうですね、クローンでの血統継続は、倫理観に反しますね。
そして、皇室の方々に失礼ですね。
気軽に発言してしまい、浅はかでした。

>普通の国民様
クローンに対する丁寧なご回答ありがとうございます。
やはり、クローンは倫理観に反しますね。
が、そうでした、人工授精という考えもありました。
(側室は、今の時代、なり手がいるかどうか・・・)
人工授精である程度産み分けも可能のようなので、断然現実的ですね。
54. Posted by ごまみそずい   2005年11月22日 17:47
>ありあ様
正直に申しますと、私自身は女系天皇でも構わないと思っていました。
ただ、こちらのサイトで皆さんの意見を拝見し(かつ、幾つかのサイトを巡回し)、2600年の歴史を持つ男系天皇の素晴らしさを理解できました。
だからこそ、この後、男子が生まれない場合が気になった次第です。
私としては、かなり問題性の高いクローンしか思いつきませんでした。
最終的に男系が途絶えてしまったら、神武天皇のかすかな血脈を残す一族として女系天皇もありか?と、またまた女系天皇容認に舞い戻ってしまい、何か他の方策はないのか?と、こちらに質問したのです。
でも、確かに一庶民の私が考えるような問題ではないですね。
うえの方々にお任せする問題でした。
55. Posted by ROMしてた   2005年11月22日 17:56
ちょっとだけ。

>ごまみそずい
>>うえの方々にお任せする問題でした。
上である有識者会議が、現状ああいうメンバーであるのを見ると
任せるのは危険かな、と。
56. Posted by ギムネス   2005年11月22日 18:01
こういうメンバーです。

吉川弘之  産業技術総合研究所理事長、元東京大学総長 
座長でロボット工学の大家
岩男壽美子 武蔵工業大学教授、慶應義塾大学名誉教授
緒方貞子  国際協力機構理事長
奥田碩   日本経済団体連合会会長
久保正彰  東京大学名誉教授
佐々木毅  前東京大学総長
笹山晴生  東京大学名誉教授
佐藤幸治  近畿大学法科大学院長、京都大学名誉教授
園部逸夫  元最高裁判所判事
古川貞二郎 前内閣官房副長官
57. Posted by ギムネス   2005年11月22日 18:06
こうして見ても選考基準がさっぱり分りません。
というか選考した人に聞きたい。

なんで皇室の専門家も歴史の専門家も皇族も居ないの?

これじゃ憲法の専門家が誰一人居ないのに作られた日本国憲法と
変わらない結果になるとしか思えません。
58. Posted by 佐倉河   2005年11月22日 18:26
>そんなに大げさな問題かな。
積み重ねられた時間を考慮すれば、十分に大袈裟な問題だと思いますよ。
怒られそうな酷い喩えですが、例えば法隆寺の五重塔が劣化したからといって、新品の木材で建て直しても同じ文化財としての価値が出ると思いますか?
新品の複製品に同じ価値が無いとしたら、その差異は何でしょう?
それは1000年を越える経過時間ですね。

この場合は皇統を維持し続けた伝統と言い換えられます。
伝統があるから価値がある、伝統を覆せば価値がないという事象も世の中にはあるのですよ。

個人的にですが、Y染色体云々に言及すると「皇統は立証できない」という方向へ話を持っていくことも可能となるので、あまり言って欲しくは無いですが。
そもそも言い出したのは、遺伝学とは縁もゆかりもない経済学の先生ですし・・・
59. Posted by http://www.geocities.jp/banseikkei/   2005年11月22日 18:27
このブログで取り上げてもらえないかとずっと思っておりました。私をこういう道を引きずり込んだのはこのブログといっても過言ではないものですから。。。この問題に気付いてから http://www.geocities.jp/banseikkei/ というサイトを作っております。

私の一番の主張は、「まずは皇族の方々に意見を伺うべき」です。有識者会議とやらはそれすらやっておりません。家督を誰に継がせるかという話なのに当事者を無視するとは一体何を考えているのでしょうか?

こう書くと、もし皇族の方々で話合いをしてその意見がまとまらなかったらどうするのか?と聞いてくる人がいますが、その場合はなおさら皇族の方々で納得できるまで話合って頂くしかありません。まとまらないから国民とか自称国民の代表者が勝手に決めるだなんてことこそこそあり得ない話です。
(続く)
60. Posted by http://www.geocities.jp/banseikkei/   2005年11月22日 18:27
(続き)
2chでずっと議論を見てますが、女系(皇統外)強行論者が一番嫌がっているのは、やはり皇族や旧皇族の発言のようですね。それらの発言があると個人攻撃、誹謗中傷が始まります。絶対に皇族に意見を伺うべきだとは言いません。これだけで本当の目的が透けて見えるような気がします。

最後にY染色体の話ですが、私のサイトではY染色体には触れておりません。科学的な根拠があろうとも無かろうと、2665年、確認できるだけでも1400年も父系(男系)が続いてきているという伝統に価値を感じるからです。
61. Posted by やっと   2005年11月22日 18:29
やっと管理人さんが書いてくれてよかった
62. Posted by /con/con   2005年11月22日 18:30
とりあえずY染色体のカウンター置いておきますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B4
63. Posted by よしと   2005年11月22日 18:54
ネットでは小泉総理と飯島秘書官が半島系というウワサが
あるのだが、本当でしょうか?
64. Posted by まんちゅりあ   2005年11月22日 19:01
元宮家(皇族)の竹田宮家の恒泰さん(オリンピック委員長の恒和さんの子)については、来月皇族についての本を出版されるそうです。

語られなかった皇族たちの物語
若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」
http://www.takenoma.com/kouzokushinjitsu.html
65. Posted by はにまる   2005年11月22日 19:07
いつもROMばかりで、今回初めて書き込ませて頂きます。
今回の皇室典範改正は多くの方々がご指摘されているように日本の根元そのものに関わる問題です。
何人の方が旧皇族を復活させてもまた後継者不足になるのではとおっしゃられていますが、これまでの歴史上においても、当時の直系が途絶えてもいくつもの傍系は必ず存在し、ずっと万世一系は保たれてきました。
側室制度と複数の傍系皇族が2段構えで皇統の安全装置として働いてきたんです。
江戸時代の徳川御三家などの例がわかりやすいですね。

天皇の存在は皇室外交や国民統合の象徴としてお金には換えられない価値があります。
数多くの人たちがこの重要性に気づいて、議論を活発化してほしいですね。
66. Posted by はにまる   2005年11月22日 19:11
ちなみにこの問題を扱った動画が「チャンネル桜」というスカパーの放送局サイトで見ることができます。
約1時間の動画が3つとかなりのボリュームですが、どれほど重要かがこれで確認できると思います。

そして、毎日新聞の11/22付けの社説としてこの問題を取り上げていますが、女性天皇と女系天皇を一緒くたにして、明らかに読者のミスリードを誘っている内容です。
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20051122k0000m070146000c.html
67. Posted by サラ金   2005年11月22日 19:11
今の人はYとかXとか知っているけど、昔の人は確かに知りませんね。
でも「種は男」ぐらいは古代の人もわかっていますよね。だから男系重視なのです。
男尊女卑だろうが、差別だろうが不平等だろうが
どんな理屈を言っても「種は男」なんです。どうしようもないのです。文句あるなら、そう創った神様に言ってもらいたいものです。
68. Posted by nomnom   2005年11月22日 19:12
この問題に関して最も罪があるのは、
「皇室なんてどうでもいい」なんてことを平気で言える日本人をつくった
戦後の教育だと思います。

日教組に代表される反日教育者は
「戦争中は天皇のためといって多くの若者が無駄死にした」
などと先の大戦のほんの一面に過ぎぬことをまるで全てであるように誇張し、
古代の御世から近世にいたるまでの「天皇が存在する客観的メリット」を
意図的に無視してきました。

「天皇ってぶっちゃけいらないんじゃないの〜?」
「なんで皇室なんてもんを俺らの税金で養わなきゃならないんだよ?」

僕自身も、こんな発言があたかも「進歩的」だとか「民主的」だなどと
思いこんでいた時期がありましたし、そう印象付けられもしました。
ネットがなければ、今もそのままだったかもしれません。
69. Posted by Q太郎   2005年11月22日 19:12
党本部と官邸にしっかりと抗議メールをしておきました。朝日やTBSの報道のしかたにはかなり偏りが見られます。愛子様の映像をちらつかせ、且つ男女平等をうたい文句に「女性」、「女系」天皇の違いなどを意図的に混同させてさかんに報道しております。多くの国民はおそらくこの問題の重要性を全く理解していないと思いますよ。
70. Posted by は   2005年11月22日 19:20
そういや先日の某番組で細木和子が女性天皇について言いたい感じだった。
71. Posted by 奈菜氏   2005年11月22日 19:56
 女系天皇が認められたとしても、お世継ぎ問題の解決にはなりません。むしろ、先送り、悪化させるだけ。
 愛子様の皇位継承が認められたなら、今度は「結婚」「出産」問題がのしかかってきます。それは、雅子様が直面しておられる問題や苦悩を、愛子さまに摩り替えるだけではないでしょうか?
 まずは「皇室の方々」のご意見をきちんと伺って欲しい。そして、日本人全体で議論していくべき。「女性天皇」と「女系天皇」の違いをはっきりと知ったうえで。
72. Posted by 刻廉   2005年11月22日 20:04
女系が認められた場合、女性の皇族が結婚しても皇籍離脱しないから、将来皇族が増えすぎて予算を圧迫するってことになりかねないんじゃないか?
73. Posted by 枇杷   2005年11月22日 20:07
「女性天皇」と「女系天皇」の違いを報じないマスコミ、非常にとんでもないことをしているのです。ヨーロッパの王室を例に出すのはいいですが…ヨーロッパの王室(貴族に至るまで)同士がみな姻戚関係といっていいくらいのことになっているということを言わないでそれを仰る。(意見はどうあってもいいですが)事実でないことを報じる報道はいけません。
(続きます)
74. Posted by milesta   2005年11月22日 20:08
有識者会議の方々は、これまでの皇室の方々が総力を挙げて男系を繋いでいらしたことに敬意を払うべきです。皇女の方が宮家に嫁いだり、傍系の天皇が伝統的な行事を復活させたりと、ご努力なさってきたことをよく考えて欲しい。
75. Posted by 枇杷   2005年11月22日 20:09
(続き)
日本の皇室が世界に数ある王室のなかでも外交儀礼上のランクが高いのは、やはり「古い血統であるからこそ」なのです。ヨルダン王室が人質事件などの解決に尽力くださったのも、ODAもありますが、皇室外交が一助しています。文化を守る役割だけではありません。愛子内親王殿下が一般人と結婚し、そしてその子供に皇位継承となると、この皇統が絶えるということになります。今の英国王室も、エリザベス女王がウインザー家最後の女王かも知れません。ご夫君であるエディンバラ公がギリシャ王室の方であるため、今の皇太子が即位すれば、家の名前が変わるのです。

こういったことが、日本の皇室で起ころうとしているのです。
76. Posted by ますろう   2005年11月22日 20:26
たまたま見たブログでロボット工学の悪口を見かけたので反応してしまいました。
申し訳ありませんでした。
どうぞ生産性のない議論を続けてください。
失礼致します。
77. Posted by 最後っ屁はみっともないですよ、ますろうさん。   2005年11月22日 20:35
この問題について抗議したいと思うんだけど、どこに言えばいいのかな。
78. Posted by H   2005年11月22日 20:37
畏れ多いのですが、、、
殿下は皇室の継続を特別望んでいらっしゃらないのでは、とふと思いました。
何故ならば、、男系維持の御自覚がしっかりとあるのならば、
3姉妹出身の妃殿下をお選びにはならないだろうと思ったからです。
男子が兄弟におられる女性をお選びになるのではないでしょうか?
お妃選びの際、噂の範囲ですが、殿下が大変妃殿下に御熱心であったとか。
妃殿下を随分と御説得されたとか、、。
そう考えると、殿下はまず御自分の人間としての素直な感情を優先され、それを良しとしたと思われるのです。男系維持は最優先事項ではなかったのでは、と。
(つづく)
79. Posted by H   2005年11月22日 20:37
(つづき)
我々庶民でも、結婚し子供を作る将来を思えば、綺麗事やその時の熱情だけではなく、冷静に様々のことを考えませんか、、?
ここだけは譲れないという条件があるかと思うのです。
しかし殿下はそうされなかった、と私には見えるのですョ、、。

皇室の方々のお苦しみも想像できますし、
かといって女系はなかなか受容れ難いし、
この話題は本当に胸が苦しくなりますね、、。
80. Posted by ところてん   2005年11月22日 20:41
有識者会議を批判するがために一人のロボット工学者を引き合いに
ロボット工学ジャンルの全体をさげすむ(ともとれる)発言をした人も

その暴論に対する批判意見を一部の人に叩かれたからといって
このブログでの議論参加者全体をさげすむ(ともとれる)発言をした人も

同類といえば同類ですね。

今回の女系・女性天皇の問題に関して個人的に思うことは
とある一族の世界的に類を見ない血統のしきたりに対して
軽々しくジェンダーフリーなどと絡めて何でもありに仕様という勢力には賛同できません。
81. Posted by http://www.geocities.jp/banseikkei/   2005年11月22日 20:41
>この問題について抗議したいと思うんだけど、どこに言えばいいのかな。
http://www.geocities.jp/banseikkei/ に連絡先なども書いてありますので御参考に。
82. Posted by GEN   2005年11月22日 20:53
> 最後っ屁はみっともないですよ、ますろうさん。 さん
抗議というか、首相官邸へ意見すればいいんじゃないかな。
この諮問機関は、小泉首相の私的な諮問機関なわけだから。
諮問機関の結論は別として、自分はこう思う、と。
それが「国民の意見」だと思うし。

> ますろう さん
三行目が恥ずかしすぎる。ヒトとして。
何かの仮説について議論している中で、自分の言説に反論がついたら
「どうぞ生産性のない議論を続けてください」
って席を立つなんて、少なくとも学問の世界にいる人間なら最低の
行いだし、その行為によって実質的に生産性を下げているのは
ほかでもないあなた(と、ぐだぐだ言っている俺)だぞ。
83. Posted by 種馬小僧   2005年11月22日 20:53
女系天皇の容認の問題については、染色体というより姓が問題になるのではないかと思います。

そもそも皇室には姓がありませんが、それは姓が天皇から与えられるものだからです。また、いままで男系を保ってきたのは、姓が父系の血縁によって継承されるものだからであります。

なので、枇杷さんの仰る通り、愛子内親王殿下が一般人と結婚し、そしてその子供に皇位継承となると、その一般人の姓が天皇に継承されることになり、天皇に姓が生じることになってしまいます。

家の名前が変わるどころではない訳です。
84. Posted by だったら   2005年11月22日 21:00
 だったら、皇室離脱して弟が継ぎ、弟に男子を産んでもらうか、他家、宮家復活させてそこに男子が生まれるまで待てばよい。、秋篠宮、眞子カコさま合わせてもあと50年は大丈夫』なのに、何故、『合計たった20時間10カ月』、たった数人の素人(専門家一人だけ)で決め、『我々が歴史を作るんだ!』と彼らは勝手に叫んでいるのですか!

85. Posted by 通   2005年11月22日 21:02
全ての日本人が天皇制を大切だと思ったり興味もったりすることはないでしょう
女系容認や天皇制批判するとすぐに左翼、在日、日本の恥などの発言を某所などでよく見かけますが
余計に反発して理解されなくなると思います
86. Posted by 。   2005年11月22日 21:03
単純に、そんなトンチキな皇室典範案、国会で葬ればいいだけのことジャマイカ、とか思う自分はノンキ者ですかそうですか。

国会が政府案を全て通さなきゃいけない義務はないんだし。
みんなの大嫌いな人権擁護法案だって、あの手この手で(現時点では)つぶしてるでしょ。同じことをまたやりゃいいだけのことじゃないでしょか。

つーか2ヶ月前、サヨマスゴミ、バカ野党に対するサイレントマジョリティの勝利だ!と怪気炎あげていた皆さんはどちらにいらっしゃるのかしらん。あの意気ですよ。

それをなんかこの世の終わりのように嘆いたり慌てふためくばかりの一部保守人士を見ると、そっちのほうが心配になる。
気持ちはわからんでもないけど。
87. Posted by 。   2005年11月22日 21:10
その吉川ってセンセも、首相に「とりあえず案を出してみて」と言われて出しただけであって、ロボット工学やらなにやら全人格を否定してギャーギャー言ってみたって始まらんのじゃないでしょうかね。

一番ベストは世論を読むのは天才級の首相が「あ、やっぱこの案じゃみんな納得しないからダメだわ、はいどうもご苦労さん」で葬ってくれることだろうけど、それがダメでも国会審議で絶対葬る、って覚悟が必要なんじゃなかろか。

要は、俺らが国会議員にプレスかけまくることが重要じゃまいか。
88. Posted by か   2005年11月22日 21:55
ぶっちゃけ男系って、伝統というか、こうでないと何十代も続けられないから採用されているわけでしょ。制度を弱体化させてどうする。
大正天皇みたいに直ぐに崩御された場合にも対処できまいよ。
89. Posted by 奈菜氏   2005年11月22日 22:01
>日韓翻訳掲示板で、秀逸なスレを見つけました。
>自分の気持ちにピタっとはまりこんだ「皇室典範改正案」だったので、転載させてもらいます。

日 : 最近になって私が考え始めた皇室典範改正案【やや長文】
http://bbs.enjoykorea.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_8&nid=1512622&work=list&st=&sw=&cp=6

皇位の継承については、男系の男子に限っていたものを次のように改める。

第1条・皇位は、男系の皇統皇族が継承する。
この場合、男系であれば、男女関係無く、
嫡流長子を優先して皇位継承順位を決めていく。
例えば、愛子殿下に弟が出来ても、皇位継承順位は、
愛子様が上で、弟殿下が下とする。

但し、愛子様が男系の皇統皇族、あるいは、
その血を継承する男子と結婚しなければ、
その子は、皇位継承出来ないものとする。

(続く)
90. Posted by コン   2005年11月22日 22:01
その国固有の伝統や文化を理解できずに口当たりのいい、しかし、内実の伴わない自由・平等・平和を口にする左巻きやマスコミ、有識者と称する人々。拙速に結論を急ぐ諮問機関の姿勢は彼等自身の認識不足、愚昧さの証明のようにしか思えません。

しかも、彼等の都合のいいように世論が何だと、まるで国民が女系天皇を容認しているかのように宣い、我々に責任を押しつける態度はまさにご都合主義の、責任転嫁。

国の象徴にかかわる問題なのだから、「国民投票が筋なのでは?」と思いますが、そうすると、彼等は「国民の多くはこの問題に無知だから諮問機関が設置された」という。ならば、世論などという言葉が如何に虚しいか。彼等の主張の矛盾を感じずにはいられません。

91. Posted by 奈菜氏   2005年11月22日 22:02
他方、旧宮家については、再び皇籍に戻すのではなく、
「準皇族」として、旧宮家の了承を前提として国の管理下に置き、
皇族において、男系皇統皇族が絶える危険がある時は、
準皇族から男系男子をその時の天皇の養子に迎えて、立太子させる。
言わば、準皇族は、徳川幕府で言う御三家や御三卿のようなものとする。

ちなみに、2005年現在、旧宮家には、4家に合計10人の男系男子がいる。

女性皇統皇族の宮家創設については、
男系の皇統皇族、あるいは、
その血を受け継ぐ者と婚姻した場合に限り認め、
それ以外の場合は、婚姻しても皇族の身分を保証する代わりに、
その配偶者と子までの二代限りの皇族とする。

(続く)
92. Posted by 奈菜氏   2005年11月22日 22:03
この方法ならば、

1,男系継承を守れる。

2,且つ、男系を優先する事を除けば、男女同権の論理にも適う。
(もっとも、男女同権の論理で皇位継承を語る事自体望ましい事ではないが、
国民を納得させるためには、こういう考え方も必要と思う。
普通の家庭でも、家を継ぐのは、一般的に男性が優先されるしね。)

3,コストが遥かに安く抑えられる。

事になります。
どうでしょうか?
93. Posted by takataka   2005年11月22日 22:05
私は男系維持して頂きたいと願う一国民です。
私も管理人さん同様、最近までこの問題のことを理解しておりませんでした。
ネットで女系・女性天皇の違い等について色々と書かれていることを読み
ようやく理解したのですが、まさにこれは日本の根幹に関わる問題だと思いました。
で、首相官邸のHPにある「ご意見募集コーナー」へメールを送ったのですが、
内閣官房・宮内庁の方へも送付した、との返信を頂きました。

こういった一国民の声がどこまで届くか分かりませんが、
周囲の人と議論してこの問題の重要性を少しずつでも広げる一方、
皆さんも意見を送られてみてはいかかがでしょうか?
94. Posted by びーちぇ   2005年11月22日 22:27
本当に心配です。どうなってしまうのでしょう。

近年発見された、古事記・日本書紀の原典であった古文書「ヲシテ文献」によると、有史以来我が国では男系男子の皇統を守り続けてきたことが記されています。
神武天皇どころか、はるか紀元前からと推定されるのです。

一度皇位が途切れそうになったこともあったのですが、皇統をさかのぼり傍系の皇子が即位されております。
また、長子はほとんど問題にされず、ふさわしい方が次男、三男でもこだわりなく皇位につかれております。

現在、その時以来の日本の危機だと思っております。
なんとか・・・ならないものでしょうか。

95. Posted by jpn   2005年11月22日 23:42
天皇家のことは、天皇家で解決するのが筋であり、
外野があれこれ言うのは滑稽です。

中韓が日本に内政干渉しているみたいで
嫌な気分にさせられるよ
96. Posted by ギムネス   2005年11月22日 23:46
非常に真剣かつ活発な議論となり嬉しい限りです。

補足ですが、男系皇統の維持の根拠は2600年の伝統だけでは無いと
私は思います。

天皇家とは日本国民と不可分の存在であり、原点でもあります。
2600年前に遡れば、何処かしらで天皇家と関わりが出来ている家系は
かなりの数になると思われます。臣籍となった源氏系の子孫は日本中に散ら
ばっていますし、地頭や豪族などの身分に広まった系譜は更に拡大します。

無論、科学的な証明は困難でしょうが、血の一滴も天皇家と無関係の日本人
は渡来系日本人を除けば、むしろ少数派と見るべきではないでしょうか?

私の友人にたまたま五摂家の子孫が居るのですが、彼は何処にでも居る平民
です。しかし、400年程遡ると天皇家と関係しているそうです。
97. Posted by ギムネス   2005年11月22日 23:47
ド平民の私でさえ1300年前に遡れば天皇家と関係があります。これは別
に珍しい事ではなく、系図さえ残っていれば証明は簡単に出来ますし、苗字、
家紋や出生地から、ある程度推測する事も出来ます。

つまり天皇家は遠い祖先そのものと見るべき存在でもあります。
多くの日本人にとって、決して明の他人では無いのです。
誰しもが「神武天皇の遠い子孫」である可能性があるのです。
そしてその一体感こそが日本人の日本人たるアイデンティティなのです。

ですから、天皇家とド平民の私を区別するには正確な「尺度」が必要なのです
。それが「男系皇統」になる訳です。女系を認めると極端な話、私でも天皇
の地位に就ける事になります。これは不合理です。恐れ多い限りです。

正確な「尺度」が崩れれば日本国民の特異性が霧散してしまいます。伝統も
ありますが、こういう観点からも女系には反対と言うよりありません。
98. Posted by 総理が   2005年11月23日 00:17
小泉総理自身が、女系の子ですよw
家督ののっとり?日本ののっとり計画が進行中です。
99. Posted by 愚禿   2005年11月23日 00:29
>samさん

>最後に本質論になりますが、かりに愛子様のお子様が天皇になるとした
>ら、愛子様の配偶者の染色体が入ります。愛子様の配偶者に中国人や朝鮮>人の血が濃く入っていたらどうなるでしょうか。

の発言に関してですが、そもそも天皇家は朝鮮系の血を引いていますよ。
天皇ご自身が、そのような発言をなされています。
正確には「私自身としては、桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されていることに韓国とのゆかりを感じています。」と発言されています。
100. Posted by 一日本人   2005年11月23日 00:59
過去に女性天皇の男子が皇位を継承したことはあります。しかし、これらは全て女帝が皇后か皇太子妃であったため、結果的にその男子の父親は天皇か直系男子ということになり、男子は男系ということになる訳です。つまり、その男子が幼いうちに天皇が死去した場合など、その男子の成長を待つ期間の天皇として女帝が即位した訳であり、いわゆる男系の皇位継承のための中継ぎとしての即位だった訳です。過去の女帝の中で皇后か皇太子妃以外の人物はみな、女系の皇太子が誕生するのを防ぐため、全て独身でその生涯を通しました。有識者会議の人選については、http://d.hatena.ne.jp/sakuratorao/20051105で詳しく解説されていました。
101. Posted by ぴ   2005年11月23日 01:05
朝鮮系って、今の朝鮮半島に住んでいる民族と同じではないと思います・・・。

社会的に、愛子様が20代で天皇になれば、
萌えるよな〜。とも思いますが、
遺伝子的なことを含めて考えると、やはり男子に限るべきなのでしょう。
雅子さまガンガレ!(オイ)
102. Posted by 平凡太郎   2005年11月23日 01:06
>桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫
百済王家の血筋は扶余族(古代に満州に住んでいたツングース系とされる民族)であり、馬韓人(古代韓半島中南部原住民)ではありませんよ。
※中国の南朝への文書でも、姓を余と自称しています。
しかも、今問題になっているのは女系天皇を認めるか否です。桓武天皇の生母が渡来系であっても、男系天皇で皇位は継承されています。
どなたかも指摘されていましたが、民主党の鳩山議員の以下の発言が、日本国民一般の意見に近いのではないでしょうか。
103. Posted by 平凡太郎   2005年11月23日 01:08
〜上記投稿の続き〜
●皇位継承「第1子優先」に異論 民主・鳩山幹事長
 民主党の鳩山由紀夫幹事長は18日の記者会見で、首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が女性・女系天皇を認め、皇位継承順位は男女を問わず「第1子優先」の方向で集約していることについて、私見として「男の子がいる場合は、男の子がついだ方が天皇家が安泰ではないか」と述べ、兄弟姉妹の中で男子を優先すべきだとの考えを示した。
 鳩山氏はその理由として「(第1子優先なら)女性天皇が存在する確率は半分になり、歴史伝統から見て大きな変化。女性天皇の夫が将来天皇になる資格があるのか、私の中で整理がつかない。その子が天皇になるとなれば、自分の家を将来天皇家にしようという意図を持つ人たちが行動するのではないか」と述べた。
http://www.asahi.com/politics/update/1118/014.html
104. Posted by gennmaicha   2005年11月23日 01:49
とりあえず愛子ちゃんは「男系の女性天皇」ってことでOK。で・・
あの憂識者会議の結論はどうあれ、“運用”自体をどうにかして、
愛子ちゃんが、旧皇族の男系男子と結婚すれば、男系がなんとか
死守できるんではないか?と思うのだが・・・どないだす?
105. Posted by 稗田   2005年11月23日 02:47
遺伝子レベルの話であれば、Y染色体だろうがX染色体だろうが天皇の血統に違いはありません。男系でも女系でも受け継ぐ遺伝子は半分です。従って染色体を根拠とする男系論はナンセンス。
また、天皇の血を引くこと(その血の濃さ)が条件となるのならば男系でも女系でも構わぬ筈で、むしろ重要なのは親等では。実際、過去にもそのようにして継承してきた節があります。

ついでに言えば2600年の伝統というのは真に受けるべきでない情報で、実際に天皇制が確立されたのは5世紀前後の事でしょう。天孫降臨からの「現人神」神話部分を根拠とするのは、聖書を根拠に「世界が7日で創造された」などと主張するのと変わらぬレベルです。
106. Posted by ロム   2005年11月23日 02:53
なんかあの「有識者会議」は釣りじゃないかと思えるようになってきました。
ここまで論議を呼び、国民の関心を煽り、皇室に対する意識を高めた意義は実に大きなものではなかったかと。

 結局、「万世一系当たり前」「男系天皇当たり前」ってことを皆が認識することになろうかと思えます。過去125代の天皇の中には男系を守るために自分のかわいい子供の即位を諦めている例があるそうですし、「有識者会議」なんぞなくったって、必死に伝統を守り抜いてきていただいているわけですよね。
 私も今回の件で、天皇家についての理解が深まった輩の一人です。どう考えたって、女系にはなりえない。知れば知るほどそう思う。
 行き着くところは皇族費用だけになるのではないでしょうかね。中国の渡す金があったら、それを皇室費に回せばいいだけの話じゃないですか。
107. Posted by hinomoto   2005年11月23日 03:26
 問題は結局日本という国家全体を代表する正統性を持つ者は誰なのかということだと思います。それは天皇陛下以外の誰でもありません。その正統性は日本の長い歴史・伝統に鑑みて他の何人も持ち得ないものです。小泉首相だろうが麻生外相だろうが、日本国全体の代表となることはできません。もし女系天皇容認によって、万世一系である皇統が断絶してしまうと、この正統性も断絶し、従って何の伝統も正統性も持たない者が権力や武力や人気に訴えて「我こそ国家の代表である」と名乗ることが可能となってしまいます。そしてこのような者が複数出てくるとしたら・・・。日本は分裂しかねません(今だって工作員やマスゴミなどの反日勢力の暗躍で反日プロパガンダに洗脳されている人が多数いて、国内がガタガタしているのですから)。しかもそこに中共やら半島人やら在日やらが絡んできたら・・・考えるだけでそら恐ろしくなりませんか?
 
 
108. Posted by hinomoto   2005年11月23日 03:27
(つづき)
 我が手で亡国への道を整えるようなことをしてよいのでしょうか!
 ジェンダーフリーだから女系でも何でもいいよ、だなんて平和ボケしている日本人が多数いる現状ではお先真っ暗ですね・・・書き込み見ても、問題の重大性が分かってない人とか関心を持とうとしない人がいたりしますね(少数ですが)・・・

 ところで、お隣の国が天皇陛下のことを「日王」などと呼ぶのを放置しててよいのでしょうか?陛下は "Emperor" であって、king ではありません。「日王」という呼称は日本と陛下に対する重大な侮辱表現であり、外交問題にしてもおかしくないことだと思います。本当にあのバカ国家何とかなりませんかね・・・
109. Posted by J   2005年11月23日 04:20
憲法改正についていろいろ論議されてる今日この頃、この問題が日本の根底に関わる問題だとわかってない方が意外と多そうなのにびっくりしてます。国の成り立ちをどのように説明するかということにも直結してる問題なのに。やっぱマスコミはなんとかしないと駄目ですね。
110. Posted by sophy   2005年11月23日 06:12
>稗田さん
子どもは両親の遺伝子を半分ずつ受け継ぎますが、孫は祖父母4人の遺伝子を4分の1ずつ受け継ぐわけではありません。モデル的には4分の1ずつと考えるのが妥当ですが、それは外からの観察ではわかりません。しかし、男系男子のときのみ、Y染色体が誰の由来かをいうことができます。23対の染色体のうち、たった一つの由来が保障されるだけなので、遺伝子の濃さという観点からすれば、たいした意味を持たないでしょう。様々な要因によって染色体は変質していて、オリジナルとは程遠いかもしれません。しかし、ここにあるものの価値は、生物学的なものではなく、もっと超越的なものなのですよ。1400年もの間、同じルールを守り続けてきたものだけに与えられる価値、どんなに強大な力を持ってしても、どれほど科学が発達しても、絶対に覆せない価値がそこにある。
111. Posted by I   2005年11月23日 07:29

私もそうでしたが、”女系”という意味がわからない人が多いんじゃないでしょうか?私は以前、”母方の実家のほうから皇位継承者を探してくる”ことだと思っていました(恥;

個人的には、愛子さまに愛着があって好きなので、(雅子さまの年齢的な事も考えて)将来皇位継承されることを望んでいます。

国民の受け的な事も、少し考えてみました。案外国民の”愛着”について語られる事が少なくて、残念に思います。無理をして、国民の知名度のほとんど無い”遠縁”から継承者を見つけ出してきて、国民は納得するんでしょうか?
112. Posted by 閲覧常習者   2005年11月23日 07:58
ファミリーをお守りするのではないのです。

遠縁であろうと、男系の皇統者でなければ天皇ではありません。
これが歴史的事実であり伝統なのですから、もし女系となった時点で、保守派は、男系の者を立ててクーデターを起こす必然が出来てきます。
内乱の始まりです。

ジェンダーフリー思想、自虐史観、マスゴミ化、・・・と、天皇の存在を否定するための準備工作が丹念に施されてきたことを感じますね。

あらためて、小泉首相も許せない国賊の一人であると思います。
113. Posted by ぐみん   2005年11月23日 08:25
伝統に裏打ちされた華やかさ上品さ厳かさ等に、多くの国民は素直な憧れや親近感や誇らしさを感じているとは思います。
と同時に日々の生活とささやかな娯楽で手一杯で大局を見ない(or見る余裕や下地の無い)多くの一般人にとって「男でも女でもいいじゃん」「誰でもいいじゃん」「そもそも天皇って必要なの?」という考えが少なくないとも思います。
基本的に「他人事」という事です。
これは現代に限った事ではなく、古今東西普遍的な一般庶民の正直な本音ではないかとも思います。
どの時代でも、こちらで発言されているような心から志の高い人はそうそう多くはないと思いますよ。
(続きます)
114. Posted by ぐみん   2005年11月23日 08:26
しかも戦後教育やマスコミによる筋違いの「個人主義」、それによる価値観の相対化(何でもアリ=何もナシ)、また「和を貴ぶ」精神の成れの果て=付和雷同、雰囲気で判断するという現代の国民性では、この「他人事」という感覚が強くなっているのも仕方ない事かと。

そのためには「他人事でない」と思えればいいわけですよね。
1400年の伝統とか、かの半島出身者が天皇になる可能性とかでは、残念ながら多くの国民には響かないでしょう。
主に金銭面での物理的なデメリットを例示するのが最も効果的ではないかと思うのです。

悲しいかな現代日本人にとっては(いえ、繰り返しになりますが本音の部分ではおそらく時代地域問わず大多数の庶民には)、これが最も本気かつ身近に、自分の事として考えられる事ではないでしょうか。

長文失礼しました
115. Posted by 閲覧常習者   2005年11月23日 08:45
しかしいつの時代も、真っ当な有識者たちの指導が生きていたわけです。
今は、日本の歴史から分断された大衆による民主主義=愚民主主義の時代となってしまいました。
これを是とするのは、ナイーブに過ぎると思われます。

116. Posted by []   2005年11月23日 08:48
この記事を読んで初めて意味がわかりました。
マスコミも具体的に報道してほしいところですね。
117. Posted by x   2005年11月23日 09:15
天皇家に朝鮮の血が流れているというのは、遺伝学的には正しいのですが、母系(女系)なので特に意味はありません。陛下が「ゆかりを感じます」と発現されたことをもって、韓国で「日王が我が民族の出身であることを認めた」などというトンデモ報道がされましたが全く違います。
山部親王(桓武天皇)の母・高野(和)新笠は百済の亡命王族の子孫であることをもって「朝鮮の血」と表現していますが、高野新笠という名からも分かるとおり完全に日本に帰化した後数代を経ての話です(さらにいえば百済人は現在の朝鮮人の祖先である新羅人とは全く別の民族なので現在の韓国人とは関係ありません)。まして桓武天皇の父・光格天皇は天智天皇の子であり、父系(男系)は紛れもなく皇統に連なっております
118. Posted by ぐみん   2005年11月23日 09:25
>>これを是とするのは、ナイーブに過ぎると思われます。

言葉が足りませんでした。
決して愚民主主義が良いとは思っていないのですが、これは今後何代何十年もかけて人々の意識を変えていくしかないと思うのです。

しかし女系論議はそんな悠長な事は言っていられないので、即効性のある対策として庶民感情に訴えやすい即物的なものが良いのでは?と思った次第です。

ただしそれをマスコミが伝えない限りどうにもならないのですが。。
119. Posted by Nyao   2005年11月23日 09:48
愛子様が女性天皇になって朝鮮人や中国人と結婚したら、と言う声はよく出ますが、それって男系男子が例えば黒人の奥さんもらったら、とかと同じ心配じゃないんですかね?Y遺伝子に関係なければ、見た目上どう考えても東洋人じゃなくてもかまわないって事なのかしら。朝鮮人に惚れる可能性はあるが、白人や黒人に惚れる心配はしてないと言う事かしら?なんだか「過剰」って気がします。

ところで、お世継ぎができないのは雅子様が原因じゃないと言う噂を聞いた事がありますが、そう言うのは下世話な勘ぐりだから関係ないのか?
どうあってでも男系男子と言うのであれば、正直秋篠宮の方が子宝には恵まれやすいでしょうに。こんなに国が大揺れに揺れているのに、ご本人達が協力する気はないんですかね。
120. Posted by 寝待月   2005年11月23日 09:53
はじめまして
Hatさんのコメントが引っかかったので、ツイ、きてしまいました。スミマセン。
>Hatさん
染色体で見れば、女はXX、男はXYとなります。
女性の作り出す卵子にはX染色体しかなく、男の作り出す精子にはX染色体とY染色体の二種があるわけで、受身の女の側にはどうしようもないのではないでしょうか。
女姉妹ばかりのところから妻に迎えたから、女しか生まれないとは、大昔でいうところの女腹と言われているように感じます。
女姉妹の家に生まれ、結婚し、男の子を産んだ人もいるわけで、責任はすべて男性側のY染色体の頑張りひとつだと思います。

若干、下品ですみません。
(続いてスミマセン)
121. Posted by 寝待月   2005年11月23日 09:54
ぽやーんと思いついたのが、愛子内親王殿下の伴侶は、皇族のY染色体を持つ、終戦後(でしたっけ?)皇統から外された家系の男子以外認めないってことで、今から婚約者でもあてがっておいて、最終的には結婚させてしまえば皇統のY染色体は戻りますよね。
ダメですか?
古い血統(Y染色体による嫡流)を守り、万民も納得しやすいと思うケド。
雅子妃殿下の体調不良も、男の子産まなきゃというプレッシャーからくるものだろうし、そのプレッシャーがなくなれば意外と、ぽろっと男の子が生まれるかもしれない。
側室制度も無いのに、男系男子に固執するのがどだいムリ。
本来、宮家にも男子を産む義務があるはずなのに、宮家にだって女ばかりなのだから、80年後かそこいら(今上帝+現東宮+愛子内親王の単純計算)での皇統の断絶は避けられないと思う。
122. Posted by aki   2005年11月23日 10:08
コメント、トラックバックに見当たらなかったので貼っておきます


http://www.ch-sakura.jp/index.php
チャンネル桜 トップページより

皇室典範改悪に反対する全国草莽崛起の会

平成17年11月26日(土)
午後1時 三河台公園集合
東京都港区六本木4-2-27
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線 六本木駅徒歩3分
都バス 都01 渋谷駅〜新橋駅 六本木4丁目
午後2時 デモ出発
123. Posted by I   2005年11月23日 10:09

>閲覧常習者さま
>ファミリーをお守りするのではないのです。

ファミリーをお守りすることが大事だと思いますが。
いまどき「Y染色体」などとわかりにくい事を言って誰が納得するのでしょう?

皇室ご一家は、日本人のアイドルでもあります。皇太子ご夫妻ご一家のご苦悩も思いやってみましょう。
124. Posted by     2005年11月23日 11:05
「女系」天皇なんて呼ぶから問題の本質が見えにくくなる。
「皇統外」天皇と呼ぶべき。
125. Posted by 日本の明日はどっちだ?   2005年11月23日 11:49
しかしこの記事を読んで初めてとか、ここ最近この問題について知ったとか…
日本人の皇室(というより伝統・文化)に対する意識の低さがものの見事に露呈しましたな。

>「女系」天皇なんて呼ぶから問題の本質が見えにくくなる。
>「皇統外」天皇と呼ぶべき。
同意です。
126. Posted by 彦勘助   2005年11月23日 11:54
私も、この問題に関しては管理人さんと同じような認識しかありませんでした。
皆さんの意見もいろいろと読ませていただきましたが、私としては、やはり『男系』を維持して欲しいと思います。
と同時に思うのは、日本人にとって『皇室』というのは、本当に特別な存在なんだ、ということです。
他のサイト・ブログを見ても、皇室関係の話題になると、(賛否両論はありますが)どんどん意見が書かれて行きます。このこと一つ取っても、皇室というのは日本国民にとっては特別な存在であるし、だからこそもっと慎重に論議し、我々国民や、直接関係のある皇室関係の方々の意見も取り入れて行って欲しいと思います。
127. Posted by ふなやす   2005年11月23日 12:12
皇統はいちど武烈→継体天皇のときに大ピンチを迎えていますが根性で乗り切りました。
今回も根性で乗り切ってほしいものですが・・・
(継体天皇は現代なら皇籍離脱しそうなぐらい離れた血族)
128. Posted by 散漫次郎   2005年11月23日 12:14
>しかしこの記事を読んで初めてとか、ここ最近この問題について知ったとか…
>日本人の皇室(というより伝統・文化)に対する意識の低さがものの見事に露呈しましたな。

別に多少意識が低くてもいいんじゃないですか。こんなもんです。
普通に社会生活してると皇室に関わることって皆無ですからね。
まして仕事であったり家庭であったりもっと大切なものは沢山ありますし。
そうやて意識の低い人を馬鹿にして、意識の高い人だけで話していけばいいと思います。
129. Posted by 説明   2005年11月23日 12:18

 『天皇と皇室は万世一系(男系)遺伝の系譜。』
 『王室は遺伝の血統を守らない、他国の元首を迎えている方式。』
 つまり女性で遺伝血統を作った場合は、男子Y系遺伝が無く、血筋が受け継がれない。
遺伝学では男子が元の遺伝を保持している。
130. Posted by 説明   2005年11月23日 12:18
Iさんへ

 万世一系(男系)天皇制とは

  『皇位(=日本、和の心)の私物化は許されない
→ 皇位は先代、先々代(の君民含めた祖先)から『預かって未来の子孫へと繋ぐもの』
→ 直系優先ではなく時に傍系に移ることで『皇位の源泉を確認し、』
 先祖(神武天皇)
 からの積み重ねの重さを再認識する仕組みが万世一系』

131. Posted by 説明   2005年11月23日 12:19
Iさんへ


 要するに女系ってのは、
我が家かわいさ、我が子かわいさで、皇位を自分たち=現世代の既得権のように
捉えて、自分のところ(直系)で相続をさせること。
 『皇室一族は直系だけの物ではない。』

132. Posted by 説明   2005年11月23日 12:19
Iさんへ



 『万世一系(男系)の継承方法は何世代か毎に傍系に移る事を前提としている。』
いつも男子・男孫を授かるわけではなく、
『こうした際に傍系の他家に移す事で、皇位が直系相続出来る私的なものではない、
皇位の由来は現天皇家ではなく、先代、先々代、…と
神武天皇に遡る歴史的な繋りがあるという事』を、
君民共に確認出来るような
配慮を盛り込まれている継承方法なのだ。

133. Posted by 説明   2005年11月23日 12:21
Iさんへ

 今の天皇家の直系・東宮だけを過去未来に渡って崇め奉るなんて、『ただの個人崇拝でしかない。』

 『皇統ありきの皇位がことの本質』。それが天皇家を敬う前提であり、皇位を外戚から脅かされたときの盾となる。
 今ある伝統を保持するということは、
『個人崇拝だけに頼らずにすむという事。』
 万世一系(男系)維持は、非常にバランス感覚に優れた制度。

134. Posted by 読んで下さい   2005年11月23日 12:21
読んで下さい

 http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html

135. Posted by 頓珍漢事変   2005年11月23日 12:44
なんか殆ど、清洲会議と化してるな。(笑)

羽柴秀吉=女性天皇容認派
丹羽長秀&池田恒興=中間容認派
秀吉の膝の上の三法師丸=愛子
柴田勝家=女性天皇反対派
織田信雄&神戸信孝=旧皇族

徳川家康=某近隣反日国家

この歴史過程で行くと、日本の近未来は極めて危ういですな。
136. Posted by Nyao   2005年11月23日 13:33
自覚のない宮家の方々に「男を産んでください」と促せる人って、存在するんですか?
または大人になった愛子様に「この男の息子を産みなさい」と説得できる人って、存在するんですか?
いなければ、いくら男系を望んでも絵に書いた餅。
誰の子供を何人産むかなど所詮今の時代本人の問題で、指揮命令できる人などいないのでは?
137. Posted by じゃあ   2005年11月23日 14:06
Ny
138. Posted by じゃあ   2005年11月23日 14:07
 じゃあNyanさんは、水俣病のチッソのオワダ一族が天皇になっても良いんだ

139. Posted by ギムネス   2005年11月23日 14:15
>Iさんへ

基本的な事ですが、皇室はアイドルではありません。

Iさんが愛子様に愛着があるのは分りますが、その根拠が
「愛らしいから、好きだから」だけでは厳粛に守られてきた
皇位継承の理由には全くなりません。また愛子様の皇位が
継げなければ皇室ファミリーが可愛そうと言う趣旨の発言が
以前にありましたが、その根拠は何でしょうか?
140. Posted by ギムネス   2005年11月23日 14:16
実子である愛子様に皇位が継げられなければ皇太子殿下や
雅子妃殿下が涙を流して落胆するとIさんは考えているの
でしょうか?

愛子様には一介の日本国民として自分で伴侶を決め、自由な
人生を歩んで欲しいなどと、両殿下は考えてもいないので
しょうか?

感情論で皇室を語るのはあまりにも危険です。それではもし
皇室が嫌いになったら即、皇室廃止論になってしまいます。
141. Posted by ギムネス   2005年11月23日 14:16
今必要なのは皇統をいかにして守るかという議論であって
国民的な受けなど考えても仕方がありません。そんな考えでは
大正天皇で天皇制は終わっていた事でしょう。

大正天皇は今日でも間違ったイメージが流布されている天皇です。
あまり幸せでない少年時代を過ごしており、病弱で失言癖があり
人気も存在感も薄い天皇でした。本当は気さくで努力家で決して
歴代天皇にも負けない人物なのに最後まで影の薄い天皇でした。

国民的な人気など天皇の資質とは無関係です。天皇は人気取りの
パンダでは無いのです。
142. Posted by I   2005年11月23日 14:26

>説明さん
>要するに女系ってのは、我が家かわいさ、我が子かわいさで、

日本国民の目から見ても、ロイヤルファミリーはかわいいですよ。非常に大切な存在です。

>今の天皇家の直系・東宮だけを過去未来に渡って崇め奉るなんて、『ただの個人崇拝でしかない。』

”崇め奉る”っていうのがどういう事なのかわからないですが(「愛する」という事ならばそうでしょう。)、しかし”外戚が皇位を脅かす”などというオドロオドロシイ考え方は、今の時代には受け入れられないと思いますよ。そもそも、遠縁の方をお迎えした場合、ちゃんと”天皇陛下”をこなせるのでしょうか?
143. Posted by インド人を右に   2005年11月23日 14:34
>自覚のない宮家の方々に「男を産んでください」と促せる人って、存在するんですか?

そんなことを言わなくても、自分達の存在意義にかかわる問題なんだから。
間違いなく協力するでしょう。
女系になるということは、皇統外(王朝が変わる)になる、つまり自分達の親戚(近親)だった天皇家が他の家のモノになる。血が離れていくわけですから。

普通に嫌がるし、止めたいでしょう。

「天皇という制度(位)が残るだけで、中身(王朝)が変わる。」

この現実を受け止める覚悟(他国からの評価も当然下がる)があるのか?
ってことでしょう? 要は。

日本人に突きつけられているのはその一点なんですが。

マスコミはそれを知らせてくれないんですよねえ・・・。
144. Posted by I   2005年11月23日 14:35

>ギムネスさん

私は、”皇統”を守るというよりも、”皇室”を守りたいという意識が強いのだと思います。(人事のようですが)
女性皇族の方々が、一般人になるか、皇族として暮らし続けるかは、それこそご本人のご希望に従えばよろしいのではないかと思います。
145. Posted by 説明   2005年11月23日 14:50
再び
Iさんへ

 『旧宮家復帰といっても、民間育ちの人=今生きている人が
即位するわけではない。
皇族復帰した後、生まれた男系男子を皇族として、
皇太子、秋篠宮もみたいな生まれてからの教育を受け、品格を身付けるから問題ないと思う。皇太子、秋篠宮も生まれた後に気品を身付けるから、帝王学によってね。』
 その子を成長した後、直系の養子に迎える方法もある。養子自体は英王室も一般社会もやっている。

146. Posted by クマー   2005年11月23日 14:56
有識者会議は第一子優先でまとまったようです。
敬宮さまの後のことを次の世代に任せるという発想はないようです。
内親王が配偶者を持たれた場合も夫となる新たに皇族となるとか。
きっと皇族が増え過ぎたケースでどういう手を打つかも決まっているのでしょう。

有識者の皆様は新たな伝統の創始者として名を残すつもりでしょうか?
床下を破壊してリフォームと称する輩と重なって見えます。
家が壊れたなら壊れたであとは地上げ屋がよろしくやってくれるでしょう。
147. Posted by Nyao   2005年11月23日 15:38
> そんなことを言わなくても、自分達の存在意義にかかわる問題なんだから。
> 間違いなく協力するでしょう。

それなら皇太子夫妻に子が出来にくいのがわかった今現在、どうして他の宮家は自主的に子作りに励まないのでしょうか。。
問題はそんなに簡単なのか?

ギムネスさんみたいな極端なお考えの方々は、皇族なら好きでもない人と結婚させられたり欲しくもない子を産まされたりしても、当然しょうがないでしょって事なんですかね?いくら伝統でも、それはちょっとと思う人が大勢いるのは自然な事だと思います。
148. Posted by 隠者の夕暮   2005年11月23日 15:56
>I さん
 「分かりやすさ」を求めるのは自分が「馬鹿」だと言うコトを公言しているのと同じ。世の事象は概して難しくて複雑なもの。無知を恥だと思わない風潮は現代日本の病理。

 (反日)マスコミが騒がない理由は簡単、この件が保守の盛大な自爆だから。共産党がどんなに工作しても壊せなかったモノが自壊しようとしているのだから笑いも止まらない。この内容なら万年反対の共産党も皇室典範改正(悪)には賛成するだろう。

 グローバル化勢力にとって伝統や国柄は「抵抗勢力」。まぁ、中国、韓国だけじゃなくアメリカにとっても天皇、皇室は邪魔ってコトだ。以下のオロモルフ氏の論考が興味深い。男系男子の伝統は想像以上に重い。
 男系継続の確率計算
http://www.asahi-net.or.jp/~xx8f-ishr/dankei.htm
 小泉自民党はもはや「朝敵」となった。
149. Posted by ギムネス   2005年11月23日 15:56
>Nyaoさんへ

他の誰かとお間違えではないでしょうか?上記の文章は明らかに私の主張と異なります。私は一貫して「皇室は天意に従う存在」と主張しております。皇統の維持に関しても旧宮家の復活を主軸に主張しています。これが極端な考えだとは思えません。もし、違うというのなら過去の私のコメントから該当個所を示して下さい。
150. Posted by 空色   2005年11月23日 16:01
皇室に関する議論では、自分と反対の意見に対して、激しい憎悪をぶつける方々がたまに見受けられます。これを私は危険に感じます。皇室に何ら興味を持たない人々から見れば、このような方々の激しい感情は、カルト宗教の無気味さと同様に受け取られかねないからです。もしも皇室を大切に思うならば、一般国民の皇室に対する心情を考慮しなければなりません。一部の方々の言動(それが皇室を思ってであっても)によって、一般国民をシラケさせる結果になれば、本末転倒です。冷静に議論しましょう。(実はビビってる空色)

151. Posted by とおる   2005年11月23日 16:02
小泉首相の「皇室典範に関する有識者会議」は、皇室・天皇制を破壊するものと思います。
皇室・天皇の関わることに対して、当事者である皇室・天皇関係者が入らないばかりか、意見も聞かれないというのは、政治による天皇の利用です。
日本文化・伝統の最も根源的な天皇というものに疎かにすれば、日本というものは壊滅することになります。
152. Posted by 空色   2005年11月23日 16:03
で、一般国民の中の一意見ですが
また、私には皇室を敬う根拠、皇統を存続させる根拠が全く理解できません。日本国民が皇室とともにあったのは、一時期です。現代ではそのような意識を持つ人々は少数だと思います。古い血統だから日本の皇室が外国から尊重されているという話も理解できません。そのような皇室を持つ日本人が、それを理由として外国人から尊敬されている訳ではありません。
天皇は日本国の祭主、神主さんの一番上の位という位置だと思いますが、雅子妃は「皇室外交」をしたかったようです。その時点でもう皇室は本来の意味を失いました。つまり、皇室を利用して何かをしようという意図を持たれてしまったのですから、それを容認した時点で皇室は自ら「国家」の付属物という立場におりてしまったのです。
ですから、雅子妃の時点で皇室は変質してしまっています。
153. Posted by 巨躯   2005年11月23日 16:06
> 「分かりやすさ」を求めるのは自分が「馬鹿」だと言うコトを公言しているのと同じ。世の事象は概して難しくて複雑なもの。無知を恥だと思わない風潮は現代日本の病理。

恥ずかしさを自覚できてるならあなたは厚顔無恥ですね。
だから隠者なのかな。
154. Posted by 空色   2005年11月23日 16:14
天皇家には、天皇家以外には決して知られない儀式などがあるそうです。皇室は神官の家系です。一般の家庭とは違います。ですから、天皇家の事を政治家であれ、学者であれ、また国民であっても決めるなどできないのです。それを無理にやっている戦後が異常なのです。天皇家の事を天皇家が決められないとなると、もう皇室は終わっているという事になるのです。
もしも皇室を大切に思うならば、天皇家の事に国民が、総理大臣でも国民投票の結果でも、口を出さないという法律をきちんと定めることです。
155. Posted by Nyao   2005年11月23日 16:47
> ギムネスさん
「血」が大切なのだから、いくら遠くても遺伝子を継いでいる者を連れて来いと言うお考えなのではないのですか?それってとっくに一般人と同じように生活が出来上がっているような方を、Y遺伝子の為に「天皇になってください」とやると言う事ですよね?私のにわか知識では、現宮家も全員女の子なのですよね?と言う事はそれよりももっと遠くから連れてくるのですよね?
それって私からすると、愛子様に好きでもない男の子を産みなさいと言うのと、大して変わらない話に聞こえてしまうのですが。

今も昔も、日本と言う国は「お国のためなら喜んで」を求められるのでしょうか。本当に「喜んで」と言う方が名乗り出てくださるならまだしもです。
156. Posted by Nyao   2005年11月23日 16:51
> 空色さん
> カルト宗教の無気味さと同様に受け取られかねない
私にはもう十分にそのように見えておるのですが。。ついでに靖国参拝に関しても。

> で、一般国民の中の一意見ですが
のご意見に賛同します。
157. Posted by ギムネス   2005年11月23日 17:01
>空色さんへ

 私には貴方が理解出来ませんが・・・
 冷静に議論も何も、理解できません理解できませんと繰り返す人と
 何を議論しろと?

 天皇家に対する認識についても知識不足です。天皇家と神道は別物です。
 天皇家が神道の祭主なら、どうして法皇が存在するのでしょうか?
 法王・・・出家し仏門に入った上皇(太上天皇)
>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E7%9A%87

>Nyaoさん

 Nyaoさんの誤解です。
 旧宮家を復活させれば、その男子が皇統を継ぐだけです。
 愛子様を無理矢理結婚させる必要が何処にあるのでしょうか?
 愛子様は好きな方と結婚なされば良いのです。

他の方が愛子様と旧皇族の結婚を示唆した事はありますが、私は
 決してそのような論調に同意した事はありません。
158. Posted by ROMしてた   2005年11月23日 17:02
政治色のない外交ができるって言うのは、かなりの利点になると思うんですけど。

>そのような皇室を持つ日本人が、それを理由として外国人から尊敬され
>ている訳ではありません。
当たり前のことで、尊敬されるの皇室でないかと。
それが外交に役に立つと思うんですけど。

外交上、ローマ法王と同等の扱いを受けるというだけで、かなりのもだと思うのですが。
159. Posted by g@],r   2005年11月23日 17:13
>Nyaoさん
160. Posted by ギムネス   2005年11月23日 17:17
>Nyaoさんへ

補足ですが

旧宮家の復活に関しても本人の意思を無視して無理矢理
復活させろなどと書いた覚えもありません。

内々で復活に前向きな宮家もあるらしいので、別段問題は
無いと思います。誤解です。どこまでも誤解です。
161. Posted by ギムネス   2005年11月23日 17:20
コメントで送信失敗したようです。お手数ですが、見苦しければこのコメント共々に消してください。>管理人様
162. Posted by sky   2005年11月23日 17:31
> 空色さん
> 日本国民が皇室とともにあったのは、一時期です。
あんたの認識してる「一時期」っていつだ?

> 古い血統だから日本の皇室が外国から尊重されているという話も理解できません。
あんたが理解できなくても、皇室が諸外国から尊ばれているのは事実なんだよ。
皇室に比べればアメリカ大統領なんて下の下クラス。
イギリス王家だって上座を譲る。
対等の立場なのはローマ法王くらいだ。

自分が理解できないからって何でもかんでも消去法で解決しようとするなよ。
理解できないなら理解しようと努力してみろ。
163. Posted by 五月雨   2005年11月23日 17:38
古い血統だからと尊重されているのは本当でしょうか。
途中男系血統が入れ替わったとしたら尊重されなくなるのでしょうか。
その辺ソースないですかね。
日本の皇室と同じくらい続く伝統があって天皇より軽視されてる方いらっしゃる
のでしょうか。法王は血統関係なく尊敬されていますね。

>自分が理解できないからって何でもかんでも消去法で解決しようとするなよ。
>理解できないなら理解しようと努力してみろ。

自問自答ですか?

164. Posted by hinomoto   2005年11月23日 17:46
 空色さんの
>また、私には皇室を敬う根拠、皇統を存続させる根拠が全く理解できません。日本国民が皇室とともにあったのは、一時期です。現代ではそのような意識を持つ人々は少数だと思います。古い血統だから日本の皇室が外国から尊重されているという話も理解できません。

という意見も分からないでもありません。皇室・皇統に対して敬意を持つ人もいれば持たない人もいるのですから・・・。
 ですが、(前にも書きましたが)それでは日本国家を代表する正統性を持つ者はいったい誰なのですか?選挙結果や党内事情によってコロコロ変わる首相や外相が代表たりえないことは明白です。職務として代表を務めることはあるでしょうが、その代表性は歴史・伝統に基づく正統性を付与されたものであるとは言い難いでしょう。
165. Posted by hinomoto   2005年11月23日 17:48
(つづき)
つまりその時々の事情で簡単に変わってしまうものには「仮の」代表性は認められるが、国家の歴史・伝統に基づく「真の」代表性は認められないのです。
(すみません。また後でつづき書きます)
166. Posted by hinomoto   2005年11月23日 18:33
 歴史や伝統に基づく代表者の決定方法にはいろいろあります。コンクラーベによるローマ法王の選出方法とか、活仏を探してくるチベット(しかしチベットに対する中共の侵略は言語を絶するほどの酷さですね・・・反日政策も実はチベット侵略問題から世界の目をそらすためのものだ、などという説もあるくらいで・・・また東トルキスタンも酷い状態です。共産党一党独裁なんてのは所詮ファシズムに他なりません)の代表選出方法とかね・・・。
 日本では、日本の長い歴史をその皇統と共に背負ってきた「万世一系」を国家の代表性の正統性の「根拠」としてきたのです。他に選択肢が無いではありませんか。
167. Posted by きょくとー   2005年11月23日 18:51
>つまりその時々の事情で簡単に変わってしまうものには「仮の」代表性は認められるが、国家の歴史・伝統に基づく「真の」代表性は認められないのです。

つまり共和制の国の真の代表者はいないってこと?
そんなあほな、その国が今日からこの人が代表者ねって言えばその人が代表者で、仮も真もありゃしませんよ。
そして、伝統に基づくかどうかは国民が決めりゃいいことで、「選択肢がない」とは言えないんじゃないですかね?
168. Posted by hinomoto   2005年11月23日 18:56
もし女系天皇容認による「万世一系」の皇統の断絶、延いては皇室制度否定が正しいのだから、その「根拠」は覆されてもよいのだと仰るならば、今後日本国を代表する者を別に選出し、その者の代表性の正統性に関する新しい「根拠」を提出しなければならないと思います。それは何なのでしょうか?財力でしょうか、武力でしょうか、それとも人気でしょうか?
  (fortgesetzt)
169. Posted by hinomoto   2005年11月23日 18:57
どれも伝統に基づくものではなく、その時々の事情でコロコロ変わるものです。そんな移ろいやすいものに国家存立の拠所を求めるのは土台無理な話です。国家の求心力としての機能を果たせません。しっかりした求心力のない国家はやがて「我こそは国家の代表なり」と自称するデマゴーグが乱立して内乱が起こり、やがて外圧を招いて崩壊するしかありません(権力闘争に明け暮れてきた中共もいずれそうなるのでは・・・?また、あの北朝鮮の金王朝だって、権力委譲には血筋による正統性が要求されているのではありませんか?    
(つづく)             
170. Posted by hinomoto   2005年11月23日 18:59
金日成ー金正日ー金正哲(?)の系譜見れば明らかで、一族以外の人間に、その人がどれほど有能であっても、国家権力が委譲されることなどないでしょう。何らかの伝統に基づく正統性がなければ、国民がいつまでもついてくることなどないのです(一時は権力を揮えるでしょうが、長続きしません)。
  (連投になってますので、いったん中断します)
171. Posted by インド人を右に 改め スーパーウリアッ上   2005年11月23日 18:59
Nyao氏から なんかレスついてたので。

>> そんなことを言わなくても、自分達の存在意義にかかわる問題なんだから。
>> 間違いなく協力するでしょう。

>それなら皇太子夫妻に子が出来にくいのがわかった今現在、どうして他の宮家は>自主的に子作りに励まないのでしょうか。。

皇籍に復帰できるかどうかもわからないのに?
トキじゃないんですから。 最後の一人ならわかるけど。
男系の血を引いた人は、まだたくさんいるでしょう?
あせる必要は無いのでは??
なぜそんなに Nyao氏が、結論や行動することを急がせるのかが解らないのだけど・・・。
(つづく?)

172. Posted by インド人を右に 改め スーパーウリアッ上   2005年11月23日 19:00
>問題はそんなに簡単なのか?

すごく簡単だと思います。

私の前の発言でも言ったけど、

「天皇という制度(位)が残るだけで、中身(王朝)が変わる。」

アメリカなど新興国家が、幾ら金を払ってでも”喉から手が出るほど”欲しいと思っている「歴史(千数百年の連なり)」を捨てるか捨てないか?

ってことでしょ。

切っちゃ駄目だと思うよ。

しかし、日本人自らからが「尊敬を受け得る伝統」を なぜ棄てようとするのかがわからん・・・。


173. Posted by スーパーウリアッ上   2005年11月23日 19:07
渡部昇一氏(上智大学名誉教授)の面白いエピソードが紹介されているブログ
がるので。

新・へっぽこ時事放談

http://hepoko.blog23.fc2.com/blog-entry-43.html


渡部氏が昭和30年にドイツへ留学した時のエピソードだそうで。

神話 -> ギリシャ王の例えは、分りやすいと思った。
174. Posted by アイスファーム   2005年11月23日 19:08
皆さん始めまして。
有識者会議の吉川座長が
「私たちは歴史観や国家観で案を作ったのではない。歴史観は国会で議論すべき問題だ」
と、二十一日の会合後の記者会見で発言したそうです。
175. Posted by きょくとー   2005年11月23日 19:10
>もし女系天皇容認による「万世一系」の皇統の断絶、延いては皇室制度否定が正しい

今日から女系でもok。でも皇室はこれからも維持していこう。じゃなんでだめなんですか?
根拠は国民の代表(国会)がそう決めましたでいいんじゃないの?

で、共和制の国家の求心力はないんですか?
176. Posted by Kymko   2005年11月23日 19:36
>今日から女系でもok。でも皇室はこれからも維持していこう。じゃなんでだめなんですか?

天皇制で最も大切なのはそこに存在してる人々ではなく、2600年続いている「家系」そのものだから駄目。
女系天皇を容認した瞬間、今まで続いてきた天皇制は終焉を迎え、新しい天皇の家系が始まる。
そこには伝統も歴史も何も引き継がれない。
177. Posted by きょくとー   2005年11月23日 19:45
血は引き継がれるからok。と考えれば問題ない。
伝統と考えるか、古いしきたりかを判断するのは、主権者である国民がやればいいかと。
皇室なんて国民がもういいや、となれば終わっちゃうもんだから国民が別に女系でもよくね?っつーんならいいじゃないですか?
178. Posted by とおる   2005年11月23日 19:47
> で、一般国民の中の一意見ですが
> また、私には皇室を敬う根拠、皇統を存続させる根拠が全く理解できません。

私も「一般国民の中の一意見ですが」。
日本で二番目に古い家系である出雲大社の宮司の家系も尊重しています。(一番古いのは天皇家です。)
古いだけでも尊重する価値があります。

世界的に活躍する人を輩出しているユダヤ人が、自分の国家を持たず、長い放浪・迫害で存続し得たのは、ユダヤ教とヘブライ語の聖書です。
日本というものを存続するに必要なものとして、天皇家は大切なものです。
179. Posted by hinomoto   2005年11月23日 19:56
(つづき)
で、女系天皇容認で皇統断絶ということになれば、今まで日本国家の代表性の正統性を支えるとみなされてきた「根拠」が失われてしまいます。

>今日から女系でもok。でも皇室はこれからも維持していこう。じゃなんでだめなんですか?

とのご意見ですが、私には分かりません。このときの「皇室」の存在意義は何なのでしょう?愛子さまのお子が即位されて、仮に皇統に繋がってない民間人と結婚して、これまでの皇統と断絶した新皇統が始まったとしたら、その暁には、これまでの皇統に連なる皇室を置いておく意味は何なのでしょうか?それでも「皇室」を置くというのなら、選挙によって民間人から「皇族」を「選出」するとでも仰るのでしょうか?それはいったい何の身分で?
           (つづく)
             
180. Posted by スーパーウリアッ上   2005年11月23日 20:04
>今日から女系でもok。でも皇室はこれからも維持していこう。じゃなんでだめなんですか?
>根拠は国民の代表(国会)がそう決めましたでいいんじゃないの?

例えば、天皇家の皆様の名字を「佐藤さん」(不敬だとすればお詫びします)とすれば、「佐藤朝日本(サザン朝ペルシャみたいな例え)」なんですよ。
女系だと、鈴木さんと結婚すると「鈴木朝日本」に変わって始まるわけです。
切れたらマズイでしょうと・・・。 
鈴木さん家を税金で支援?てこと。


>で、共和制の国家の求心力はないんですか?

無いですね。
求心力があるなら ケネディ家に”(歴史の浅い)アメリカの国民は、まるで王家に模するようなマネをしてる”と笑われたりすような、信仰に似た扱いはしないと思う。
他の大統領のご子息で、あんな扱い受けてる家ないでしょう?

181. Posted by hinomoto   2005年11月23日 20:13
人気取りのパンダが「皇族」になるのでしょうか?全く新しい皇統が始まってもいいというなら、誰もが新たな「皇統」を起こしたって原理的には何もおかしいところはないということになりませんか?伝統の重みに対する理解を全く持ち合わせず、その時々の議論や情勢で何でも決めてしまって構わないのだというのは乱暴過ぎやしませんか?

182. Posted by hinomoto   2005年11月23日 20:15
(つづき)
>根拠は国民の代表(国会)がそう決めましたでいいんじゃないの?

で、共和制の国家の求心力はないんですか?

 ふ〜ん、その時々の政治情勢で決まる、何の正統性も持ち合わせてない「代表」がその場凌ぎの役割演じていればいいということですね・・・?
それから逆に訊きますが、「共和制の国家の求心力」って何なんです?
国旗、国歌、それとも憲法?しかしそのようなものに、国家存立の究極の拠所が求まるのですかね?国家存立の根源的条件の外形的表現にはなるでしょうけど。日本で言えば、憲法前文の理念だろうと九条だろうと、それが国民統合の「求心力」になるなんて、私には想像できませんね・・・。

 関係ありませんけど、朝日やら毎日の人が来てるのかな・・・?

183. Posted by ギムネス   2005年11月23日 20:20
なんかコメントを読んでいると、11/16日のコメントで自爆して果てた
(なんというか氏=tora氏)と同一人物が混じっているような気がします。

いい加減な知識で無益な議論をふっかけ、論破されると名前だけ変えて
再登場するも、管理人さんからIPアドレスが同一と晒されて惨めに消えた
あざ笑うしか無いような人物ですが、正体がバレるまでは議論を引っかく回
す分だけPANDA氏よりは反日工作員としては有能かな?

まあ、頑張って下さい。所詮、私の敵では無いのだし。
PANDA氏・・・もしかして強制労働場送り?
184. Posted by スーパーウリアッ上   2005年11月23日 20:30
>伝統と考えるか、古いしきたりかを判断するのは、主権者である国民がやればいいかと。

暴論です。家のことは、陛下と宮家の皆様に任せるべきだと考えます。
「税金で食わせてる」という考えがあるのなら、それは”歌舞伎役者に注文をつける(芝居をしらない)スポンサー”くらい無粋で野暮な考えですねえ。


>皇室なんて国民がもういいや、となれば終わっちゃうもんだから国民が別に女系でもよくね?

もういいのなら、天皇家廃止をみなさんに訴えてください。
男尊女卑(平等)の観点から、女系を訴える人がいますが、民主主義(人権、男女平等)という一般市民の物指しで計るなら、まず「天皇家廃止」を主張すべきです。
「天皇家という身分差別はいいけど、男尊女卑は駄目」それはダブルスタンダードです。

天皇家は、市井のしきたりと違う世界で存続しているモノです。
我々(民衆)の一存で決めていいものでは無いと思いますねえ。
185. Posted by きょくとー   2005年11月23日 20:32
スーパーウリアッ上さん
鈴木さんは佐藤さんの家に婿入りして佐藤さんになるのでok。
ともいえるんじゃないかと。

>求心力があるなら ケネディ家に”(歴史の浅い)アメリカの国民は、まるで王家に模するようなマネをしてる”と笑われたりすような、信仰に似た扱いはしないと思う。
他の大統領のご子息で、あんな扱い受けてる家ないでしょう?

それで「国家の求心力」にはなんの変化もないじゃないですか
186. Posted by きょくとー   2005年11月23日 20:33
hinomotoさん
>このときの「皇室」の存在意義は何なのでしょう

1400年位血がつながってることが貴重ですねってこととか。

>その時々の議論や情勢で何でも決めてしまって構わないのだというのは乱暴過ぎやしませんか?

それが民主主義とやらじゃないのですか?

>共和制の国家の求心力

アメリカの学校では毎日国歌を歌っている、見たいなものでしょう。
天皇もそれと同じようなものかと。ただ天皇のほうが時代がかなり古いっていうことじゃないですか?
ようは、国民を一つにまとめられるかどうかなんだから、国民が女系でいーじゃんとなれば女系でいいんでしょう。
187. Posted by きょくとー   2005年11月23日 20:40
スーパーウリアッ上さん
>暴論です。家のことは、陛下と宮家の皆様に任せるべきだと考えます。

国民主権の時代ですよ?国民が好きなように決めるべきです。

>もういいのなら、天皇家廃止をみなさんに訴えてください。

もういいっていってませんけど・・・

>男尊女卑(平等)の観点から、女系を訴える人がいますが、民主主義(人権、男女平等)という一般市民の物指しで計るなら、まず「天皇家廃止」を主張すべきです。
「天皇家という身分差別はいいけど、男尊女卑は駄目」それはダブルスタンダードです。

これは同意できます。
188. Posted by 三輪の何某   2005年11月23日 20:47
政治ランキング上位のアジアの真実でも、とうとう皇統の問題について取り上げて下さいましたか・・・。嬉しいですね、本当に。

http://www.geocities.jp/banseikkei/

こちらに良い纏めサイトがあります。
参考にして頂ければ嬉しく思います。

女系天皇は、日本の皇統の断絶を明確に意味します。
現在世界には皇帝の血筋は日本にしか存在していません。
つまり、我々が阻止しなければ、皇帝の血筋を日本人が日本人の意思で絶やしたと判定されます。

189. Posted by 三輪の何某   2005年11月23日 20:47
サリカ法典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%B3%95

これに基づけば、女系天皇は「新王朝」の誕生を意味しますので、「民主主義による革命が発生し、皇統は途絶えた」と明確に判定されます。

意図していても居なくても、革命によって「最後の皇帝の血筋」が絶え、新しい王朝が誕生したと判定されるのです。
ナポレオンがブルボン王朝の最後の正統を殺害した時にも、この判定によりブルボン王朝の消滅が宣言されました。

ちなみに、女系天皇の夫が外国人であった場合は、日本国憲法の規定によれば、「国家元首が外国人」になります。

民主的に外国に日本は支配される訳です。
その後に憲法の改正とか、各種法手続き(宣戦布告も含む)は外国人の手に拠って執行されます。

日本国憲法をよーく皆様お読みになって下さい。
その上でいろいろと判断なさって下さい。
190. Posted by スーパーウリアッ上   2005年11月23日 20:50
>鈴木さんは佐藤さんの家に婿入りして佐藤さんになるのでok。
ともいえるんじゃないかと。

あなた個人の感想なので私としては何も・・・。
それと同じ発言を後世の歴史家や、他国、他の王家が言ってくれるか?が問題なんで・・・。


>それで「国家の求心力」にはなんの変化もないじゃないですか

前にあなたがおっしゃったのは、「民主国家に求心力が有るか無いか」の話でしょ? 

「なんの変化もない」ってなんですか?

有るか無いか? デジタルに1か0か?って聞かれたから「無い」って答えたのですが??

質問の意味が解らないのですが??
191. Posted by 三輪の何某   2005年11月23日 20:54
すみません、「国家元首が外国人」ではなく、「国家元首が外国人の配偶者」になる訳です。

もちろん、国家元首とは名目上のものですし、外国人はただの配偶者であるとも言えます。
ですが、「宣戦布告、内閣の解散等の究極的な事項の決済」を行う者が外国人の配偶者を持っていた場合、そんな国が世界の目からみて、どれ程異常か考えてみれば如何です?

イギリスの女王が外国人の夫を持った事はありません。
けれど、日本ではどうなのでしょうね?
私はありえそうに思えます。
民主党の鳩山議員、あのド左翼すら、その心配をしている位ですからね。
それと、愛子内親王殿下の婿入りを狙う危険な輩が暗闘を繰り返すだろう事も彼は想定していますよ。
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20051119AT1E1800T18112005.html

ド左翼すら、そう言う心配をするのです。保守派はいわんやおやでしょう。
192. Posted by きょくとー   2005年11月23日 21:00
三輪の何某さん

なぜサリカ法典に基づく必要があるのでしょうか?
世界中の王朝はみなサリカ法典に基づいているのですか?

あと憲法に国家元首の規定はありませんし、女系天皇が各種法手続きを行います。


193. Posted by きょくとー   2005年11月23日 21:07
スーパーウリアッ上さん
>あなた個人の感想なので私としては何も・・・。
>それと同じ発言を後世の歴史家や、他国、他の王家が言ってくれるか?が問題なんで・・・。

国民がそう思うかどうかが問題かと。

>「なんの変化もない」ってなんですか?

ケネディ一家が馬鹿にされようがアメリカ国家は痛くも痒くもないってこと。
別にケネディーうざいから国旗とか揚げないことにするとかないでしょ。

194. Posted by きょくとー   2005年11月23日 21:10
三輪の何某さん
>ですが、「宣戦布告、内閣の解散等の究極的な事項の決済」を行う者が外国人の配偶者を持っていた場合、そんな国が世界の目からみて、どれ程異常か考えてみれば如何です?

それ男系男子でも一緒・・・

>愛子内親王殿下の婿入りを狙う危険な輩が暗闘を繰り返すだろう事も彼は想定していますよ。

それはしっかり注意せないかんね。
195. Posted by hinomoto   2005年11月23日 21:15

>このときの「皇室」の存在意義は何なのでしょう

1400年位血がつながってることが貴重ですねってこととか。

 ↓
 ほら、あなただって、「万世一系」の伝統の重みを認めてるじゃあないですか?自爆の自覚がありませんか?

 あなたのいう民主主義って、衆愚政治とほとんど変わらないようですね・・・国歌歌うだけで求心力ができるなら、中共・北鮮始めとしてどこの国も苦労しませんて・・・
 それから、国民が女系天皇容認でこの先まとまるとは思えません。仮に女系天皇が即位したとしても、必ずその正統性を問題にする人が出てきます。
第二の南北朝の可能性が排除されません。
 
196. Posted by きょくとー   2005年11月23日 21:20
スーパーウリアッ上さん

すいませんよみちがえてました
求心力って自国民向けの求心力だという先入観で見ていました。
つまり外国から言われていると・・・

べつに外国から(天皇やケネディが)どー思われようが、それによって諸外国の外交政策が変わるとは思えんし、国内問題として考えるべきかと。
197. Posted by きょくとー   2005年11月23日 21:33
>ほら、あなただって、「万世一系」の伝統の重みを認めてるじゃあないですか?自爆の自覚がありませんか?

だからあなたが選択肢がないっていうから、国民が女系でもいいなら女系になりうるでしょといってるでしょう。
で、女系を認めても血がつながってるしいーじゃんともいえるだろと言ってるわけです。

>衆愚政治とほとんど変わらないようですね

(特に天皇について考えたこともない)日本人にとっての天皇もアメリカ人にとっての国歌も一緒名様なもんでしょ。あなたにとっては違うでしょうが。

>第二の南北朝の可能性が排除されません。

女系天皇でクーデター起こす売国奴なんてこの国にはほとんどいないと思いますけどね。
198. Posted by 閲覧常習者   2005年11月23日 23:21
売国奴は確かにいますね。
199. Posted by 説明   2005年11月23日 23:28

■ 『女性皇族の宮家設立を認めたら
 眞子・佳子さまが特定アジアの人と結婚したら、それも皇族になる?
 それが、日本国民の象徴である? 』

 そんな危険な制度でよくもまあ、わかりやすいから、愛国心を大事にしようなどと政府や自民党は言えますね。
 皇室・象徴天皇制、いわんや天皇を外国、特定アジアに明け渡すつもりですか?!


200. Posted by takataka   2005年11月23日 23:28
きょくとーさん

>女系を認めても血がつながってるしいーじゃんともいえるだろと言ってるわけです

違うでしょ?
血がつながっているとは言えども、どの国においても、女系が即位するということは王朝が変わることを意味しているじゃないですか。血がつながっているだけということと、男系を存続させるということは、全く意味が異なるでしょう?

>女系天皇でクーデター起こす売国奴

クーデターと売国奴がなぜつながっているのか、私にはよく理解できませんが?
201. Posted by 説明   2005年11月23日 23:28

 たかじん委員会である人は愛子様のご結婚相手は韓国人かもねと言っていたし。
 まあ、特定アジアに渡すという意味ではわかりやすいけど。


202. Posted by takataka   2005年11月23日 23:45
Posted by 日本の明日はどっちだ? at 2005年11月23日 11:49

>しかしこの記事を読んで初めてとか、ここ最近この問題について知ったとか… 日本人の皇室(というより伝統・文化)に対する意識の低さがものの見事に露呈しましたな。

しょうがないでしょ。
何がしたいのかよく分からない日教組が教育の現場仕切ってるんですもの。
今となっては自分の無関心さに後悔しています。
私は、この問題の重要性・皇室等について、最近になって知った一人ですが、小・中学校などでしっかりと教えてもらっていれば皇室に対する考え方もまるっきり変わっていたとはっきり言えます。
「日本人の皇室に対する意識の低さ」ではなくて、それを教えない現代の教育の問題だと私は思いました。
203. Posted by 空色   2005年11月23日 23:58
1、ギムネスさん
 >私には貴方が理解出来ませんが・・・
 冷静に議論も何も、理解できません理解できませんと繰り返す人と
 何を議論しろと?
  って、ちょっと反応過敏ですよ。そんなに言われるほど繰り返してませんし。もしも皇統を永続させたいのならば、大多数の国民の意識をあなたと同調させなければなりませんよ。そのためには理解できない人々を啓蒙しなければならないんです。いいですか、腹を立てて反対者にかみついていては、ノンポリ層はそういう態度に嫌悪感を持つんです。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いって奴でね、皇室に敬意なんか持たなくなっちゃうんですよ?
 人は感情の生き物です。どんな素晴らしい思想でも、それを語る人に好意を持てなければ受け入れないんです。

 (続きますけど)

 
204. Posted by 空色   2005年11月23日 23:59
皇室がどーなってもいいんならば、どうぞ無理解な人々にかみついてください。
 でも、本当に皇統を大切に守りたいならば、理解できていない人やどうなってもいいと考えている人にも誠心誠意、相手の人格を傷つけず丁寧に接しましょうよ。こういう努力さえできないんならば、あなたが足ひっぱる存在になっちゃいますよ?
205. Posted by 無知な一国民ですが   2005年11月23日 23:59
すみません、無知で物知らずな者なのですが、生まれてきた子供の父親が本当にその父親の子であるという証明は代々されているのでしょうか?たまたま世継ぎができないので他の男性からのを正室が跡継ぎにするなんてことは
一度もなかったのでしょうか?
(そんなの母親にしかわからないことですよね?)
無知ですみませんが、ちょっと疑問に思ったもので。
206. Posted by 説明   2005年11月23日 23:59
takatakaさん

仕方ないよ。中学高校までは。

日教組はマルクス・レーニン主義だし(部会もある)、学校や学校の特別授業や抗議団体は、人権という言葉がついている団体ですが、中身はチェチェ思想(北朝鮮の金正日を讃える思想)やジェンダーフリー団体ですから。

207. Posted by hinomoto   2005年11月24日 00:01
>だからあなたが選択肢がないっていうから、国民が女系でもいいなら女系になりうるでしょといってるでしょう。
で、女系を認めても血がつながってるしいーじゃんともいえるだろと言ってるわけです。

 「選択肢」に関して私が言ったことをもう一回読めば分かるかと思いますが、天皇が国家の代表であることの正統性の究極的根拠は「万世一系」以外
にないということで、これに代わる根拠の「選択肢」は無いと言ったのです。
 多くの方々が指摘しているように、女系天皇ではこの「万世一系」が途絶えてしまいます。そのときこの「天皇」の「正統性」は何に基づくことになるのでしょうか?国民の人気でしょうか?
208. Posted by hinomoto   2005年11月24日 00:02
(つづき)
もしそうなら、理屈の上からは、人気がなくなったらすぐに退位ということにもなるわけで、そうなるとこの「天皇」は選挙によって選ばれる「議員」と大して変わらないということになってしまいます。これまでの伝統による正統性の裏づけがない「天皇」はもはや「天皇」と称する根拠も必要も持ち得ない存在となるでしょう。
 ここにいる多くの方々のご意見の繰り返しになりますが、旧宮家の復活ということで男系が維持される可能性があるのですから、一年にも満たぬ議論で女系天皇容認という、「万世一系」の伝統を覆すような結論を出すのは拙速かつ無分別かつ危険きわまりないということです。
209. Posted by 説明   2005年11月24日 00:03
 実は、この有識者会議の座長はこのチェチェ思想団体 の代表と一緒に仕事したり、ジェンダーフリーの書物を書いています。

 また、有識者会議にはジェンダーフリーをまさしく推進している人もいます。

210. Posted by きょくとー   2005年11月24日 00:07
>違うでしょ?
血がつながっているとは言えども、どの国においても、女系が即位するということは王朝が変わることを意味しているじゃないですか。血がつながっているだけということと、男系を存続させるということは、全く意味が異なるでしょう?

別に古事記とかに「天皇は男系だけよ」ってかかれてないんだから、日本の場合は女系でも天皇は天皇なんだよ、でいーじゃない?
もしイルボンは王朝変更したニダとか言ってくれば、内政干渉なわけで。

>クーデターと売国奴がなぜつながっているのか、私にはよく理解できませんが?

国会が決めたことを気に入らんからってクーデター起こすのは、まさに国を売るような行為でしょ。
211. Posted by 空色   2005年11月24日 00:10
えーっと、あと、ギムネスさん、天皇家と神道が別ではないですよ。宮内庁にお聞きください。

次〜、skyさん
>あんたが理解できなくても、皇室が諸外国から尊ばれているのは事実なんだよ。
皇室に比べればアメリカ大統領なんて下の下クラス。
イギリス王家だって上座を譲る。
対等の立場なのはローマ法王くらいだ。

って、んんんん?もうすこし冷静にね。「あんた」とか、そうやって喧嘩腰じゃだめですよ。ギムネスさんにも言ったけど、そこまで言ってしまっては普通の人はひいちゃいますよ。
大切なのは日本国民の大多数の気持ちなんですよ。仲良くしなきゃいけません。マジでこの平成で皇室が存亡の危機に直面してるんですから。あなたの感情でぶちこわす結果になったらどうするんですか?めっ!
212. Posted by きょくとー   2005年11月24日 00:22
>これに代わる根拠の「選択肢」は無いと言ったのです。

「血」が根拠。これは国内問題として扱うべき(=外国の価値観とか評価は気にしない)
そして、「血」が根拠になりえるかどうかは、憲法に書いてあるとおり国民が決めるべき。

天皇が存在できるのは、国民が「いてもいーんじゃね」と思ってるから。
国民が「金の無駄」と思えば廃止される存在。



213. Posted by 空色   2005年11月24日 00:29
hinomotoさん
>ですが、(前にも書きましたが)それでは日本国家を代表する正統性を持つ者はいったい誰なのですか?選挙結果や党内事情によってコロコロ変わる首相や外相が代表たりえないことは明白です。職務として代表を務めることはあるでしょうが、その代表性は歴史・伝統に基づく正統性を付与されたものであるとは言い難いでしょう

ということですが、コロコロ変わる首相や外相が国を代表するのが民主主義国家です。決して民主主義が完璧ではありませんが、日本は民主主義を選択しました。国民主権ですから、代表を選ぶのは国民です。戦後、天皇は「象徴」になりました。代表ではありません。

214. Posted by hinomoto   2005年11月24日 00:31
>実は、この有識者会議の座長はこのチェチェ思想団体 の代表と一緒に仕事したり、ジェンダーフリーの書物を書いています。

 すみません、細かいところなのですが、「チェチェ思想」ではなくて、「チュチェ思想」ではなかったですか?「チュチェ(主体)」だったような・・・私の記憶の誤りかもしれませんが。
215. Posted by 空色   2005年11月24日 00:36
それから万世一系というのは証明不可能です。家系図というものは信用に値するものではありません。それに万葉集などにも不倫の歌があります。その時代は一夫一婦制ではありませんでしたし、不倫がそれほど罪悪ではなかった訳です。美人の家には何人もの男が通ってきました。また、子供は母親の家で育てられました。子供のすりかえも可能だったでしょう。
科学的に考えれば、疑問を持つ人も多いのではないでしょうか?ですから、伝統であるとか万世一系とかという理屈では、理解できていない人に説明することは難しいのではないかと思います。
216. Posted by 空色   2005年11月24日 00:36

日本国民の大多数が皇室を尊重する、皇統を大切に思うようにしなければ、平成以後、皇室はどうなるかわかりません。ですから、自分の感覚(世界最古の家系への敬意、あるいは皇族への敬愛)は置いておいて、まずは理解していない人々の気持ちを考えて見る事が必要ではないでしょうか?なぜ彼等が理解していないのかがわからなければ、理解させる糸口が見つかりませんから。
217. Posted by 五月雨   2005年11月24日 00:43
>実は、この有識者会議の座長はこのチェチェ思想団体 の代表と一緒に仕事したり、ジェンダーフリーの書物を書いています。
>また、有識者会議にはジェンダーフリーをまさしく推進している人もいます。

会議なんで色んな人がいていいと思いますけど。全員そうだってなら別ですが。
あとソースとか示してくれると有り難いです。
まあこちらでも調べて見ますが。
218. Posted by 空色   2005年11月24日 00:49
ついでに、
大切な事は、簡単に言えば、天皇は国家全体の神主さんだということです。国家レベルの祭祀、つまり国の安寧を祈るのは天皇にしか許されていないそうです。
アメリカ、ヨーロッパはキリスト教の国、日本は神道の国なんです。それは宗教という枠を超えて、民族の哲学なのです。

ですから、国民が古神道に親しめば(あくまでも「古」神道です)理屈ぬきに感情ですっとはいってくると思います。ちなみに、古神道は宗教ではないと思います。哲学です。
219. Posted by hinomoto   2005年11月24日 01:05
>国民主権ですから、代表を選ぶのは国民です。戦後、天皇は「象徴」になりました。代表ではありません。

 それは憲法の条文上そうなるというだけの話です。日本国憲法は「神聖不可侵」ではない(こういう錯覚に陥っているサヨク系の人多いですね)ということは別にして、国民が選ぶ代表はその時々の「仮の」代表でしかないということです。
  
220. Posted by hinomoto   2005年11月24日 01:06
(つづき)
天皇と首相とではなぜ各国元首の対応が違うのでしょうか(もちろん天皇の方が格上のもてなしを受けるわけですが)? 
 靖国参拝を取り上げてみても、小泉首相が参拝する場合と今上天皇が参拝する(残念ながら参拝はありませんが)場合とでは全く意味合いが違いますし、諸外国の受け取り方も全く違ったものとなるはずです。まさしく天皇は日本国家の真正の代表とみなされているのでなければこういったことは説明がつかないのではないでしょうか。単に職務で代表「役」をこなすというのとはワケが違います。条文上の「代表」ではなく、国家の本質的な「代表」だということです。憲法の「象徴」という言葉は、天皇は本質的な代表であるが行政権やら立法権やらの実質的な権力は伴わないということを言い表すために選ばれた言葉だと思います(条約署名等の天皇の国事行為に関しては別に議論がありますが)。
221. Posted by hinomoto   2005年11月24日 01:10
訂正です。

×日本国憲法は「神聖不可侵」ではない(こういう錯覚に陥っているサヨク 系の人多いですね)

○日本国憲法は「神聖不可侵」(こういう錯覚に陥っているサヨク系の人多いですね)ではない

222. Posted by     2005年11月24日 01:13
女性天皇・女系を認めて、愛子様が中国人や韓国人と結婚でもしない限り
目が覚めないんだろうね(;´Д`)
223. Posted by 説明   2005年11月24日 01:17

 象徴だから、国民が選ぶなんて憲法のどこに書いてありますか?『日本人の血筋の尊き皇統の象徴』ですよ。

 『国民主権は、3権分立に対して作用するもの』ですよ。勘違いしないで下さい。


224. Posted by 説明   2005年11月24日 01:18

 LDの社長日記のコメント読んでみたら?

225. Posted by 説明   2005年11月24日 01:19
ソース1

 座長と、
 チュチュ思想(北朝鮮の金正日を讃える思想)の団体の代表
と一緒に仕事していたみたい。

http://homepage1.nifty.com/lseforum-jp/people.htm
http://www.kokuren.net/officers.html

226. Posted by 説明   2005年11月24日 01:19
ソース2

私的諮問機関の座長の執筆
 「男女共同参画社会〜キーワードはジェンダー」
(日本学術協力財団‖編集、[ほか]執筆) http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/tosyo/sousyo3.html

227. Posted by 説明   2005年11月24日 01:20
ソース3

■皇室典範に関する有識者会議メンバー  岩男壽美子

ジェンダーにとらわれない職場の常識(全2巻)
■監修
■岩男壽美子(いわお・すみこ)
http://www.nikkei-bookdirect.com/video/item.php?did=42560&tid=2


228. Posted by 説明   2005年11月24日 01:22
ソ-ス1はそこにある、珍しい名前の人でググり、更にその団体をググって下さい。

229. Posted by きょくとー   2005年11月24日 01:24
説明さん

国民の総意に基づくとは書いてあるね。

>日本人の血筋の尊き皇統の象徴

憲法上は日本国と国民統合の象徴ですよ。

第一条【天皇の地位・国民主権】
 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
230. Posted by 説明   2005年11月24日 01:31
総意≠選ぶでなく、総意=国会の認証≠作るです。

憲法用語勉強して下さい。

231. Posted by 説明   2005年11月24日 01:32
訂正


総意≠選ぶ、
総意=国会の認証≠議員が作る決める
です。

憲法用語勉強して下さい。

232. Posted by 説明   2005年11月24日 01:32
【重要】

 皇族の家族の将来に関わる事なのに何故当事者の意見を聞かないのか? 忘れてはならないが、
『憲法で天皇陛下は政治に関わるのは国事行為のみに限定されてるが、
皇族に関しては、何の制限もない。』

233. Posted by 説明   2005年11月24日 01:32

■【普通の家庭なら親族を集めて家族会議を開いて自分達の将来を決めるのだから、『皇族が集まり会議を開いて『自分達の将来に関わる』事柄・ルールを『自分達の会議で』決めて、それに則り政府が法律を変えれば良い』話、それが普通。】
 しかし、私的諮問機関は『素人・赤の他人』の自分達が『皇室の将来に関わるルールまで作るんだ、皇室はそれに従えば良い』という風になってしまっています。

234. Posted by ヘビー   2005年11月24日 01:35
空色さん
間違ってますよー
外相や首相は国を代表していません、政治を司ってるだけです。大臣ですから臣下です。つまり統治上の最高権威は天皇です。無元首ではあっても、首相が代表者ではありません。
国家の最高権威と、権力者は別です。
首相が国の元首なら、名称は総理大臣ではありません。大統領です。
政治体制に民主国家であることと共和国家であることは別問題です。別問題でなければブッシュ米大統領は英国と戦争しなけりゃならなくなります。
国家主権が国民にあったとしても、国家元首を国民が選ぶことにはなりません、何故なら日本が共和国ではないからです。国家元首を国民が選挙により選ぶ体制を共和国と言います。

戦後の天皇が象徴であると仰ってますが、そもそも戦後天皇を象徴にしたのは日本国民ではないでしょう。さらに象徴になったと言っても国事行為は天皇が執り行ってるので、実質元首です。
235. Posted by tugi   2005年11月24日 01:40
>別に古事記とかに「天皇は男系だけよ」ってかかれてないんだから、日本の場合は女系でも天皇は天皇なんだよ、でいーじゃない?

皇室典範というのは皇室の歴史を調べ抜いて、過去の慣習を成文化したわけです。作ったというよりは文章に起こしたというか。そしたら歴代天皇全て男系男子だったわけです。皇室典範がかかれる前までは不文法だったってだけなわけです。男系男子が一つの例外なく続いてきたことがわかった以上、その理屈じゃ納得できないと思いますが・・・
反日の輩に付け込まれることになると思います。
236. Posted by きょくとー   2005年11月24日 02:11
説明さん

>総意≠選ぶ、
>総意=国会の認証≠議員が作る決める
>です。

>憲法用語勉強して下さい。

教えくれてありがとうございます。

『憲法で天皇陛下は政治に関わるのは国事行為のみに限定されてるが、
皇族に関しては、何の制限もない。』

ついでに質問なんですけど、「天皇をどうするか?」も国政の一部とは考えられないのでしょうか?
237. Posted by きょくとー   2005年11月24日 02:18
tugiさん

>その理屈じゃ納得できないと思いますが

こればっかしは各々がどう思うかなんで、納得できる人もいればいない人もいるよということかな。
ただ、国民がこれに納得すれば女系も仕方ないかなとは思いませんかね?

>反日の輩に付け込まれることになると思います。

これは十分注意すべきですが、女系天皇とは別の問題かと。
238. Posted by 五月雨   2005年11月24日 02:51
説明さん

ありがとうございます非常に助かりました。
239. Posted by 説明   2005年11月24日 03:16
今回の事は

 天皇をどうするか、憲法にどう位置づけるか、
ではなく、(憲法改正は国会議員と国民投票)

 皇室一族の跡継ぎ(天皇)を誰にするか、
という一族のルール(皇室典範)です。

 先に書いた、その質問の前の文章を読んで下さい。

続く
240. Posted by 説明   2005年11月24日 03:21
 忘れてはならないのが、『皇室典範・変更の認証が可能なのは国会のみだが、内容は皇族でも決められる。』
 「一族の跡継ぎはこの人。従いなさい。」と突きつけられたら、普通の一族・家庭はどう思うか。
 特に、座長がチュチュ思想団体代表と一緒に仕事をしたり、ジェンフリ派の書物を執筆したり、メンバーにジェンダーフリー推進者がいる、たった数人からだったら。(酷い言い方なのはすみません。)

続く
241. Posted by 説明   2005年11月24日 03:24
 皇室一族は直系だけの物ではない。

 『万世一系(男系)の継承方法は何世代か毎に傍系に移る事を前提としている。』
いつも男子・男孫を授かるわけではなく、
『こうした際に傍系の他家に移す事で、皇位が直系相続出来る私的なものではない、
皇位の由来は現天皇家ではなく、先代、先々代、…と
神武天皇に遡る歴史的な繋りがあるという事』を、
君民共に確認出来るような
配慮を盛り込まれている継承方法なのだ。

242. Posted by 説明   2005年11月24日 03:28

■【普通の家庭なら親族を集めて家族会議を開いて
自分達の将来を決めるのだから、
『皇族が集まり会議を開いて
『自分達の将来に関わる』事柄・ルールを
『自分達の会議で』決めて、
それに則り政府が
法律を変える
=その変更を認証すれば良い』話、
それが普通。】
243. Posted by アイスファーム   2005年11月24日 03:36
そもそも1400年以上続いていて、
なおかつこれからも続ける事ができる
皇室の男系継承の伝統を、
なぜあえて終わらせる必要があるのだろうか?
244. Posted by 説明   2005年11月24日 03:41

1400年ではなく

2665年です。

245. Posted by アイスファーム   2005年11月24日 04:07
説明さん補足ありがとうございます。
1400年以上というのは少なくともという意味です。
説明不足ですみませんでした。
246. Posted by 説明   2005年11月24日 04:09
こちらこそでしゃばってすみません
247. Posted by 説明   2005年11月24日 04:20
管理人さん

コメント欄を汚してしまうので、すみません。

248. Posted by 説明   2005年11月24日 04:20
■1 マスコミのミスリード
 まずTVは全て女系容認派(ゲストのきれいな発言に注意)。
新聞は産経、朝日だけ男系維持派という珍しい組合わせ、
なんと読売までも女系容認派。
 竹田氏がTVに出てこの人が天皇?やだなあと、ミスリードするのはマスコミの常套手段。注意。
 宮家の男系男子は他にも沢山いる。

249. Posted by 説明   2005年11月24日 04:20
■【重要】
 『旧宮家復帰といっても、民間育ちの人=今生きている人が、
即位するわけではない。
皇族復帰した後、生まれた男系男子を皇族として、
皇太子、秋篠宮もみたいな生まれてからの教育・帝王学を受け、品格を身付けるから問題ない。
皇太子、秋篠宮も生まれた後に気品を身付けている。
帝王学によって。』
 その子を成長した後、直系の養子に迎える方法もある。養子自体は英王室も一般社会もやっている。

250. Posted by 説明   2005年11月24日 04:21

■2 女系の言葉・テロップや系図の時に、必ず夫妻・愛子様の映像を付ける。
『これは有名な映像メディアの印象操作。
メディアリテラシーを身付けましょう。』

 マスコミは時と場合により男女平等を利用しています。
『ジェンダーフリーが天皇制に入ってしまう』と言えば、事の重大さ深刻さが解ると思う。
 なんとジェンダーフリー推進者、チェチェ思想と一緒に仕事をした人までこの諮問機関にはいます。

251. Posted by 説明   2005年11月24日 04:21

 すぐに男女平等を言う人がいますが、
 《男女平等は『雇用機会の平等+仕事上での待遇の平等』であり、
『結果までの平等ではなく』、
ましてや、『伝統・宗教を破壊してまでの平等ではありません』、
ローマ王朝がそうです。》

 『朝敵が伝統破壊+皇室断絶の為に使う悪しきジェンダーフリーを皇室の伝統にまで持ち込んではいけません。』

252. Posted by 説明   2005年11月24日 04:21

■3 伝統と風習は違う。

 古いやり方を変えて、近代的なトレーニング方法を選手が取り入れる事はある。これは風習を変える。
 しかし伝統は変えない。ローマ法王には女性がならない、土俵には女性は上がらないなど。

 『忘れてはならないが、
女性が守る伝統もあり
男性が守る伝統もある
という事。』
女性、男性各々に守るべき伝統があるが、ジェンダーフリーは男女平等を使って、伝統まで壊してしまう。

253. Posted by 説明   2005年11月24日 04:22

■4 時間がないじゃない?という人がいるが、それは『愛子様の教育問題だけ』である。両方の教育(皇室に残る、残らない)を受ける方法もある。後から済む教育は後に回す事も可能。
 『皇太子、秋篠、眞子佳子様を合わせても 50年以上はまだ時間がある。』
だから、上記の旧宮家復活後に生まれる子の教育も時間的に充分可能。

254. Posted by 説明   2005年11月24日 04:22

 何故、『合計たった約20時間10カ月たった14回だけの』、
たった数人の素人(専門家一人だけ)で決め、
『我々が歴史を作るんだ!』
と彼らは声高に叫んでいるのでしょうか。

255. Posted by 今北さん   2005年11月24日 04:22
盛り上がってまいりましたーw

皇室廃止を目論む輩が女系天皇推進派に紛れていて
これはヤバイと女系・男系の違いに気付いた一人です。

そして現ロイヤルファミリーの長子継承にやたら拘るのは
先の戦争責任を永久に飯の種にしたい連中の
差し金ではないかと思う今日この頃です。

中共は日本開放工作の手順を変えたのやも知れませぬ。
256. Posted by 説明   2005年11月24日 04:23

【重要】
■【万世一系(男系)天皇制は世界平和のバランス・文化的な世界遺産に値する。】


 『白人・キリスト教以外の、
黄色人種・アジアからのエンペラーという事は、
世界の宗教・人種バランス=世界平和にとって、
重要な役割を果たしている。』
(特定アジアは反発しますが。)
 『この私的諮問機関の酷すぎる独断は、
十数年、百年単位で
世界の宗教・人種のバランス=世界平和を崩す恐れ』があります。
257. Posted by 説明   2005年11月24日 04:23

■知っておくべき天皇・皇室の知識 世界平和のバランスの役割 http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html

258. Posted by 説明   2005年11月24日 04:23

■例
 『人質事件でヨルダン王室が尽力したのはODAだけではなく、尊き皇統によるエンペラー皇室外交の力』です。王朝が変わればエンペラーでなくなります。

259. Posted by 説明   2005年11月24日 04:25

■チベットの例
【国民統合の象徴は国際政治のおもちゃにされる。】

 中国共産党はチベットの大高僧パンチェン・ラマ11世就任式で偽者を仕立て、チベットを支配している。チベット人は偽者パンチェン・ラマ11世を崇拝し、偽者パンチェン・ラマ11世の言う事であれば、どんな無茶な政策でも強制的に受け入れる。

260. Posted by 説明   2005年11月24日 04:25

 胡錦涛のチベット統治時代、パンチェン・ラマ10世は中共批判発言の後で死亡した。そこで、外国に亡命中の最高僧ダライ・ラマ14世(最近、米大統領と会談)がチベットの賢い子、ニマ少年をパンチェン・ラマ11世として認定した。が、胡錦涛がニマ少年を拉致しすり替え、中共の言う事ならなんでも聞く子供、ノルブ少年で就任儀式を済まさせた。

261. Posted by 説明   2005年11月24日 04:25

 現在のチベット人は立派な青年になった偽者パンチェン・ラマ11世の命令どおりに動く強制ロボットになった。
 ちなみに、朝鮮人は、日本の女性皇族と結婚した李氏王朝最後の王族を穢れた人間として扱い→歴史から排除→李氏王朝は終わり→南北分裂した。

262. Posted by 説明   2005年11月24日 04:25
■【万世一系(男系)皇室・エンペラー
≠王室・キング】

 『天皇と皇室は万世一系(男系)遺伝の系譜。』
 『王室は遺伝の血統を守らない、他国の元首を迎えている方式。』
 つまり女性で遺伝血統を作った場合は、男子Y系遺伝が無く、血筋が受け継がれない。
遺伝学では男子が元の遺伝を保持している。
 これを大和・日本・和の心の民は、歴史を受け継ぎ、それを生きた歴史・伝統として世界に証明したきた。

263. Posted by 説明   2005年11月24日 04:26

■特定アジア+ジェンダーフリー(マスコミの男女平等)による
日本の伝統侵略+精神的支配

1 靖国批判→日本的生死観の否定
2 女系天皇→歴史と伝統の破壊
3 ジェンダーフリー→家庭の破壊
4 外国人参政権→政治レベルの破壊
5 人権擁護法案→特定アジアへの抵抗勢力排除=言論弾圧
6 特許の共有+技術移転(≠作ってあげる)=物作り国家の終焉(衆議院議長の経済統合発言と共有は韓国が今要求中)
264. Posted by 説明   2005年11月24日 04:27

【重要】
■1
 万世一系(男系)天皇制とは

  『皇位(=日本、和の心)の私物化は許されない
→ 皇位は先代、先々代(の君民含めた祖先)から『預かって未来の子孫へと繋ぐもの』
→ 直系優先ではなく時に傍系に移ることで『皇位の源泉を確認し、』
 先祖(神武天皇)
 からの積み重ねの重さを再認識する仕組みが万世一系』

265. Posted by 説明   2005年11月24日 04:27

 要するに女系ってのは、
我が家かわいさ、我が子かわいさで、皇位を自分たち=現世代の既得権のように
捉えて、自分のところ(直系)で相続をさせること。
 『皇室一族は直系だけの物ではない。』

266. Posted by 説明   2005年11月24日 04:28

 一方、万世一系、男系継承は、わが家かわいさよりも先代から預かった伝統、 歴史、蓄積の重み=皇位の源泉を重視して、これを守る義務感から
いさぎよく他家(先代、先々代…に遡った男系男子)に相続させる継承方法。

267. Posted by 説明   2005年11月24日 04:28

■2
 『直系優先でなく、皇位を先代から預かったものとして男系継承、万世一系の原則』
だけは、どんなことがあっても守ってきた。
 吉川座長は傍系に移ることが不安定などと言っているが、逆だ。
268. Posted by 説明   2005年11月24日 04:28

■3
【重要】
 『万世一系(男系)の継承方法は何世代か毎に傍系に移る事を前提としている。』
いつも男子・男孫を授かるわけではなく、
『こうした際に傍系の他家に移す事で、皇位が直系相続出来る私的なものではない、
皇位の由来は現天皇家ではなく、先代、先々代、…と
神武天皇に遡る歴史的な繋りがあるという事』を、
君民共に確認出来るような
配慮を盛り込まれている継承方法なのだ。

269. Posted by 説明   2005年11月24日 04:30

■4
 今の天皇家の直系・東宮だけを過去未来に渡って崇め奉るなんて、『ただの個人崇拝でしかない。』

 『皇統ありきの皇位がことの本質』。それが天皇家を敬う前提であり、皇位を外戚から脅かされたときの盾となる。
 今ある伝統を保持するということは、
『個人崇拝だけに頼らずにすむという事。』
 万世一系(男系)維持は、非常にバランス感覚に優れた制度。

270. Posted by 説明   2005年11月24日 04:30
■『別・王朝になってしまうという事』

 国際的な慣例として、男系がとぎれた場合は別王朝とみなされる。日本人がいくら同一王朝だと言い張ったところで、各国の新聞や世論は
日本の皇室の終演、王朝交代と書き、公式文章でも別王朝として扱われる。

271. Posted by 説明   2005年11月24日 04:30

 例。英王室、現エリザベス女王陛下が崩御なされて、チャールズ殿下が即位なされた時点で、今までの王朝とは違い御夫君フィリップ大公殿下の血統を引く新王朝となり、公式文章も全て書き直されます。

 『国際社会では、この制度に準じた形で扱われるから、
日本の2665年の神武朝も終演』を迎えます。
272. Posted by 説明   2005年11月24日 04:31

■2
 女系天皇にするなら、日本という国名も変え、
国旗日の丸や国歌君が代も変えるのが普通。それまでの日本とは違うのだから。
 歌詞も神武王朝の公式和歌集からの引用だし。前王朝の歌詞を使うなんてありえない。
 女系にするというのは、そう言う意味。
 国を全く違う血脈の元首のものに統合しようとするものだから。
273. Posted by 説明   2005年11月24日 04:31

 『この事から、どこの団体が女系容認派かわかりますね。
賛成議員の種類も。
ジェンダーフリー推進団体の本当の目的、
そのジェンダーフリー団体のバックにいる団体も。』

274. Posted by 説明   2005年11月24日 04:32

■3

 ユダヤ人はイスラエルに住む人間のことではなく、ユダヤ教を信奉する者のことを指す(イスラエルとユダヤの対立)ように、
 『日本人とは日本の国体=万世一系(男系)天皇を認識し、敬い、かつ日本国籍を有する者という事からも、女系になったら全く別の国≠日本になってしまい、世界平和のバランスも崩れます。』

275. Posted by 説明   2005年11月24日 04:32

■4
 特定アジアの反日活動のターゲットは、現在は総理+靖国批判だが、『もし女系天皇が誕生したら、
 その正統性に疑義を唱えて「天皇をターゲット」とした反日活動をする』
危険性がある。

 『国際儀礼上、ローマ法皇と同格とされる日本の天皇を直接的に非難するようなことは難しい』が
『「王朝の正統性が消失した」として格下に扱う動き』を取る可能性は高い。

276. Posted by 説明   2005年11月24日 04:32

■ 座長「私たちは歴史観や国家観で案を作ったのではない。歴史観は国会で議論すべき問題だ」と強調した。
 じゃあ、2665年綿々と続いてきた伝統を破壊する事を何によって決めたの?
 個人的な感情論、東宮妃に対する同情、愛子さまを取り巻く人・団体の思惑?
 ジェンダーフリー、チェチェ思想?

277. Posted by 説明   2005年11月24日 04:33
【重要】
『天皇制壊滅の悪しき意図の証
+外国人参政権の恐怖』

■ 在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会 講師:李○○さん

ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、
 外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。

278. Posted by 説明   2005年11月24日 04:34

 というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。ある統計では、100年後には五人 の内 三人が外国系になるといいます。
 そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。
 だから、私はあと100年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。
 これが夢です(笑)。

279. Posted by 説明   2005年11月24日 04:34

 そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。こうした素晴らしい戦術があるのに、
 それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、
 いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか。

280. Posted by 説明   2005年11月24日 04:34

http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizen  ship/siryousyuu7.htm
※↑既に削除。

■9月28日までは記載されていたクライン孝子さんの日記 http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=119209&log=200409

281. Posted by 説明   2005年11月24日 04:34

 『特定アジアが外国人参政権を欲しがる本当の理由の一つがしっかり説明されています。』

282. Posted by 説明   2005年11月24日 04:36
■重要

 『フォラツェン氏(北朝鮮の人権問題に携わるドイツの医師)へのインタビュー。』

 『ソウルはキム・ジョンイルに乗っ取られてしまった。日本も乗っ取られつつある。』

http://nishimura-voice.seesaa.net/article/8806652.html
(mp3)

283. Posted by 説明   2005年11月24日 04:36

 天皇家の権威失墜+滅亡を意図する『GHQにより皇族除籍させられた11もの旧宮家』の復活など方法はある。復活は過去にもあった。
 『今、自民党はGHQによって作らた憲法は良くない直そうと言っているのに、何故GHQによって追い出された11もの旧宮家を復活させないのか。』
284. Posted by 説明   2005年11月24日 04:37

【重要】

 皇族の家族の将来に関わる事なのに何故当事者の意見を聞かないのか? 忘れてはならないが、
『憲法で天皇陛下は政治に関わるのは国事行為のみに限定されてるが、
皇族に関しては、何の制限もない。』

285. Posted by 説明   2005年11月24日 04:37

【エンペラーの歴史的意味と伝統】

 『天皇は世界でEmperor(皇帝)と呼称される。何故なら、万世一系(男系)の系譜。世界史的には、普通途中で絶えるか滅ぼされるから。』
 外国では王族は危機にあったり殺されたりして、子孫の血(女系)は残っても万世一系(男系)なんて無い。
286. Posted by 説明   2005年11月24日 04:38

 日本のマスコミは地味に扱ったが、
『法王が自ら足を運んで昭和天皇と会談しに行ったのは、向こうから見たら異常な状況。』
エリザベス女王とか米国大統領とかでも、会談の場まで自分達が法王の元へ赴くのが普通だから。

287. Posted by 説明   2005年11月24日 04:40
■ 民主党の鳩山由紀夫幹事長は18日の記者会見で、首相の私的諮問
機関「皇室典範に関する有識者会議」が女性・女系天皇を認め、皇位
継承順位は男女を問わず「第1子優先」の方向で集約していることに
ついて、私見として「男の子がいる場合は、男の子がついだ方が天皇家
が安泰ではないか」と述べ、兄弟姉妹の中で男子を優先すべきだとの
考えを示した。

288. Posted by 説明   2005年11月24日 04:40

 鳩山氏はその理由として「(第1子優先なら)女性天皇が存在する確率
は半分になり、歴史伝統から見て大きな変化。女性天皇の夫が将来天皇
になる資格があるのか、私の中で整理がつかない。その子が天皇になる
となれば、自分の家を将来天皇家にしようという意図を持つ人たちが行動
するのではないか」と述べた。

289. Posted by 説明   2005年11月24日 04:40

■ つまり、外戚(嫁がせた)や朝敵勢力や、特定アジアの男性と愛子さまが結婚し、その子供が天皇になったら・・・という事。どれだけ日本の伝統やアイデンティティーに危険かわかりますね。
 『特定アジア、朝敵による天皇家断絶や、愛子さまとの結婚画策し特定アジアや、朝敵からの初の天皇つまり王朝・交代』となります。

 恐ろしい事態です。
290. Posted by 説明   2005年11月24日 04:40

 さらに私的諮問機関のロボット工学者の座長は、
『(11もの)旧宮家復活は【メンドクサイ】(大変だったかな?)から、
女性天皇、第一子優先が解りやすいから。』『我々が歴史を作る』(=たった数人の素人が伝統・歴史・世界平和を破壊する)
という意味の発言までしています。

 『政治が面倒くさい事から逃げて、日本や統を守れますか。』

291. Posted by 説明   2005年11月24日 04:40

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/index.php?day=20051027

http://kahkun3601.at.webry.info/200509/article_14.html

292. Posted by 説明   2005年11月24日 04:42

http://www.geocities.jp/banseikkei/qa.html

http://www.geocities.jp/banseikkei/

293. Posted by 説明   2005年11月24日 04:42

 日本国の二千年を越える歴史を顧みれば、連綿たる万世一系の天皇が治められて来た国なのです。(「万世一系」というのは、王朝が一つであるということです)このような国は世界中どこを探しても他にはありません。これは日本の国体(国柄)であり、誇るべきものとして、子供達に伝えるべき。という趣旨が書かれています。

294. Posted by 説明   2005年11月24日 04:42

八木氏が示す現実的な男系継承。旧宮家の皇籍復帰。
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/01291/contents/309.htm

歴史と伝統、そして心情的に男系維持に賛成な方の意見。
http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/d17e724705f700bdfbeeb75dc85e5552


295. Posted by 説明   2005年11月24日 04:54

http://konn.seesaa.net/article/8943506.html

http://blog.m.livedoor.jp/manasan1/c.cgi?sss=stseugroodevil&id=50248436

http://blog.m.livedoor.jp/manasan1/c.cgi?sss=stseugroodevil&id=50247768


296. Posted by I   2005年11月24日 06:49
>説明さん

そうですか、男系の遠縁の方を引っ張り出してきても「帝王学」するので問題ないというわけですか?

でも、そう簡単にいきますか?
「帝王学」は、幼少のころに開始しなくては、間に合わないものだと聞きましたよ。愛子さまもそろそろ始めなければなりません。「帝王学」は、そう簡単に施せるものではないと思いますよ。秋篠宮のように、ご兄弟でお育ちになられた場合よりも、はるかに距離は遠くなるはずですよね?いきなりじいさんになって即位して「公務も上手くこなせん、英語も下手、和歌も読めん、あれも苦手、これも苦手…」っていう事にもなって、「日本の皇室、ダメじゃん!」っていう悪い評判が立つ方が、私は嫌ですが。それから、韓国人が喜んで日本の皇室に嫁入りするんでしょうかね?「非国民!」と罵倒されるのでは?
297. Posted by I   2005年11月24日 06:57
続き

近隣諸国の女性が皇室に嫁いだ場合のことを心配している方がいらっしゃるようですが、可能性としては限りになくゼロに近いのではないでしょうか?
有名人が親日本を書いただけで、世の中から干されるような反日国是の国々ですよ。仮にそういう事態になった時は、信じがたいほど近隣諸国との関係が良好で成熟している証拠でもあります。お互いの国民が兄弟のように仲良くしていてできる話ではないでしょうか?

実際には、そんなことは絶対にないでしょう。

298. Posted by ギムネス   2005年11月24日 07:51
>空色さん

>いいですか、腹を立てて反対者にかみついていては、ノンポリ層はそういう
>態度に嫌悪感を持つんです。
なるほど。つまり私には貴方を説得する程の技量がなければならないとおっしゃる訳ですか?  そういうルールだと貴方は凄く楽ですよね。私がどんなに説得しても土下座しても「分らない、納得できない」と言うだけで済むんですから。
そして議論に熱が入ると言葉尻を捕らえて「もっと冷静に」と水を差す。
「理屈はどうあれ、お前が嫌いだ」と言われれば手の施し様がありません。
299. Posted by ギムネス   2005年11月24日 07:53
法皇の存在についてまともに反駁もせず、一言「 宮内庁にお聞きください。」
で片付けるのでは議論にもなりません。そんな人の説得に人生を費やす趣味は
ありません。あしからず。

>人は感情の生き物です。どんな素晴らしい思想でも、それを語る人に好意を持>てなければ受け入れないんです。
 それは法治国家の思想ではありません。生涯の伴侶を選ぶ思想です。
 正に亡国の愚論ですな。
300. Posted by 三輪の何某   2005年11月24日 08:01
>l様

>近隣諸国の女性が皇室に嫁いだ場合のことを心配している方がいらっしゃるようですが、可能性としては限りになくゼロに近いのではないでしょうか?

根拠を宜しくお願いします。

自分がそう思えるからと言うのは無しで、明確な根拠をお願いします。

*****

http://battlestation.seesaa.net/article/9193761.html

ここを読めば、婿の選定に関わる「宮内庁」がどれ程悪い方向に変質しているのか理解できると思います。

「悪意を持って」皇室典範の改悪を行おうとしている連中達が現在居る訳ですので、今後の展開もまた「悪意に満ちた」婿選びが行われる心配があると思いますがね?
私なんかは凄く思いますがね?
301. Posted by コピペごめんなさい。   2005年11月24日 08:30
この会議の座長代理である園部逸夫(元最高裁判所判事)は、「定住外国人に地方参政権を付与しても、憲法に違反することはない」との例の最高裁判例の張本人です。
当時の最高裁の判事達は、外国人に地方参政権を付与する事は違憲であるという結論が大勢であったところ、園部判事が他の判事を必死に説得して、あの結論になったとのことです。
ジュリストだったか何かに、園部判事の回想録が書かれており、その中で、「強制連行された在日の人達に、何かをしてあげたくてあの判断を導き出した」と自慢げに語っていました。

302. Posted by 説明   2005年11月24日 08:30
Iさん

長い文章だけど、しっかり読んで下さい。

ちゃんと書いてあります。

愛子さまについてと、旧宮家復帰の話。

もう一度書きます。

303. Posted by 説明   2005年11月24日 08:32

■1 マスコミのミスリード
 まずTVは全て女系容認派(ゲストのきれいな発言に注意)。
新聞は産経、朝日だけ男系維持派という珍しい組合わせ、
なんと読売までも女系容認派。
 竹田氏がTVに出てこの人が天皇?やだなあと、ミスリードするのはマスコミの常套手段。注意。
 宮家の男系男子は他にも沢山いる。

304. Posted by 説明   2005年11月24日 08:33

■【重要】
 『旧宮家復帰といっても、民間育ちの人=今生きている人が、
即位するわけではない。
皇族復帰した後、生まれた男系男子を皇族として、
皇太子、秋篠宮もみたいな生まれてからの教育・帝王学を受け、品格を身付けるから問題ない。
皇太子、秋篠宮も生まれた後に気品を身付けている。
帝王学によって。』
 その子を成長した後、直系の養子に迎える方法もある。養子自体は英王室も一般社会もやっている。

305. Posted by 説明   2005年11月24日 08:33

■4 時間がないじゃない?という人がいるが、それは『愛子様の教育問題だけ』である。両方の教育(皇室に残る、残らない)を受ける方法もある。後から済む教育は後に回す事も可能。
 『皇太子、秋篠、眞子佳子様を合わせても 50年以上はまだ時間がある。』
だから、上記の旧宮家復活後に生まれる子の教育も時間的に充分可能。

306. Posted by ギムネス   2005年11月24日 08:37
>空色さん

>相手の人格を傷つけず丁寧に接しましょうよ。こういう努力さえできないん
>ならば、あなたが足ひっぱる存在になっちゃいますよ?
 だんだんと本性が出てきましたね。それは中国、韓国日本に対して無理難題
 を言う時の使い古された言い回しと同じです。断れば「お前は平和の敵だ!
 」ってね。

>マジでこの平成で皇室が存亡の危機に直面してるんですから。
 そりゃ貴方みたいな曲学漢がいるからです。めっ!

 という訳で以後のルールを変えます。

 空色さんには男系皇統論者を説得する義務があると見なします。
 空色さんは決して感情的にならず、私を説得しなければなりません。
 少しでも私の人格を傷つけたら皇室の足を引っ張る不忠者と認定します。
307. Posted by 説明   2005年11月24日 08:37

■ マスコミのミスリード
 竹田氏がTVに出てこの人が天皇?やだなあと、ミスリードするのはマスコミの常套手段。注意。
 宮家の男系男子は他にもいます。

308. Posted by ギムネス   2005年11月24日 08:38
 >戦後、天皇は「象徴」になりました。代表ではありません。
  天皇は国家元首です。宮内庁に問い合わせて下さい。
 (文句はありませんよね?)

 >それから万世一系というのは証明不可能です。
  それも証明されてます。宮内庁に問い合わせて下さい。
 (文句はありませんよね??)

 >まずは理解していない人々の気持ちを考えて見る事が必要ではないでしょう >か?
  国民は皆皇室を尊重してます。宮内庁に問い合わせて下さい。
 (文句はありませんよね???)

 >天皇は国家全体の神主さんだということです。
  貴方は嘘を言ってます。宮内庁に問い合わせて下さい。
 (文句はありませんよね????)

  ・・・少しだけウスラ左翼の気持ちが分った。
  こりゃ楽だわ。不毛で虚しいけどね。
309. Posted by 説明   2005年11月24日 08:39

■【重要】
 『旧宮家復帰といっても、
《民間育ちの人
=今・生きている人》が、
即位するわけではない。
 《皇族復帰した後、生まれた》
男系男子を皇族として、
生まれてからの教育・帝王学を受け、品格を身付けるから問題ない。
 皇太子、秋篠宮も生まれた後に気品を身付けている。
帝王学によって。』
 その子を成長した後、直系の養子に迎える方法もある。養子自体は英王室も一般社会もやっている。

310. Posted by 説明   2005年11月24日 08:42

 愛子さまの教育問題は、《両方の教育(皇室に残る、残らない)》を受ける方法もある。後から済む教育は後に回す事も可能。

 皇太子、秋篠、眞子佳子様を合わせても 50年以上はまだ時間があります。

 だから、上記の旧宮家復活後に生まれる子の教育も時間的に充分可能。

311. Posted by ことぶき   2005年11月24日 10:33
座長いわく・・・
「色々大変だから第一子優先」

さすが唯物的・即物的で合理性を重んじる学者先生達。
結局、問題の答えは「最短距離」と「再現性」「利便性」ということから導いたということで、お後がよろしい様で。

でも学者先生なら「Y染色体」が「天皇家の血筋のトレーサー(追跡子)」だと気付いてもよさそうなものなのだが...

312. Posted by *   2005年11月24日 10:37
万系一世というものに日本人が価値を見出すかどうかに尽きると思います。
側室という男系安定システムを廃止した以上、女系でも天皇は天皇という方が、ムリヤリ男系維持より自然な気がします。
海外からの評価は仕方ないというか、国内で皇室をどうしたいかが先決であり、
それによる海外の評価は甘んじて受ければ良いのではないでしょうか。
海外の評価を気にして皇室のあり方を決めるというのはいかがなものかと。

もちろん、数人が拙速に決めることには反対です。
国民の総意で皇室のあり方が決まれば良いと思います。
個人的には直系男子が理想なので側室を設けるのが良いんじゃないかと。
現実的でないかもしれませんが。
313. Posted by I   2005年11月24日 10:37
>説明さん

旧宮家の復活ですが、すんなりいくんですかね?ご本人たちの反発もあるんじゃなかろうかと思うんですが。そうした場合はどうするんですか?
それから「帝王学」というのは、環境も整わなければ難しいでしょう?

>三輪の何某さん
>根拠を宜しくお願いします。

根拠はないです(笑)
しかし、反日を国是としているような国の女性が国民からのすさまじいバッシングに耐えて勇敢にも皇室に嫁がれ、和歌などをよまれたりするのでしょうかね?本当にそんな女性がいらっしゃったら、ものすごい親日家ですよ、その人は。
314. Posted by とおる   2005年11月24日 10:44
皇室典範を検討する会議に、首相の私的諮問機関としてでも、座長やメンバーにロボット工学者を起用するとは、非見識であり無礼なことです。
首相は、天皇をロボットとして扱いたい現れのように見えます。
この件については、首相はダメです。
315. Posted by 七紙   2005年11月24日 10:52
歴史だ伝統だと言っても万世一系は男尊女卑ですよね。
男子が生まれず女子だけ生まれているのは万世一系に拘るのをやめなさいという
天照大神の思し召しかもしれませんよ。
旧皇族に男子がいても臣籍降下されたのだからご加護がなかったんでしょう。
彼らが皇位継承するとして、醜い争いを繰り広げることになったら
国民の支持を失いかねませんし。
316. Posted by 五月雨   2005年11月24日 11:08
>でも学者先生なら「Y染色体」が「天皇家の血筋のトレーサー(追跡子)」だと気付いてもよさそうなものなのだが...

別にY染色体によらないでも遺伝子は引き継いでいますよ。
というかY染色体云々は詭弁なのでどうでもいいと思います。
基本的に説明さんが発言されているように皇統と尊いものです。

> 女系天皇にするなら、日本という国名も変え、
>国旗日の丸や国歌君が代も変えるのが普通。それまでの日本とは違うのだから。
> 歌詞も神武王朝の公式和歌集からの引用だし。前王朝の歌詞を使うなんてあり>えない。
> 女系にするというのは、そう言う意味。
> 国を全く違う血脈の元首のものに統合しようとするものだから。

説明さんへ
イギリスでは王朝が変わったそうですが、国歌や国旗が変わった記憶はありません。
別に国旗や国歌を変える必要性はないのではないですか。

317. Posted by ヘビー   2005年11月24日 11:51
七紙さん
万世一系は男尊女卑とかいう次元の話ではありません。
血統の正統継承者の条件がたまたま男系であったというだけで、女性だから駄目だというわけではありません。
女系で続いているなら女系が受け継ぐことが重要になります。

男子が今現在産まれてないからといって、いきなり思し召し、というのはカミカゼ的な発想と同等です。
安定運用の為の宮家の絶対数が少ないんですから、今のような結果になっても不思議ではありません。
加護どうこうと仰ってますけど、臣籍降下したのは、GHQの仕業ですので人災です、なにかと神様のうんたらというのは筋違いです。

続きます
318. Posted by ヘビー   2005年11月24日 11:52
続きです

さらに旧宮家の誰かが皇位継承すると仰ってますけど、今までの文の中でそうはならないと何度も書き込まれています。
今一度説明致しますと、旧宮家が皇族に戻ったとしても、旧宮家の男系男子は市井で育てられており、王になる為の教育を受けていません、血統的に十分ではあっても、王としての教育を受けていなければ王として君臨することはできません。よって次の天皇は、旧宮家が皇族に戻ってから産まれた男子を養子に出し、次代の天皇になる為の純粋な教育を受けることになります。
皇位継承順ははっきりしているので、皇位を争うことはありません、争うような地位でもありません。
宮家は全て初代天皇の子孫ですので、直系か傍系かは一時代の人間の主観でしかありません。
319. Posted by ヘビー   2005年11月24日 11:52
五月雨さん
>イギリスでは王朝が変わったそうですが、国歌や国旗が変わった記憶はありません。
>別に国旗や国歌を変える必要性はないのではないですか
日本の建国者は天皇家一族です。国家の王であり正統継承者である天皇の存在が失われるのなら日本国という国自体がなくなるのと同義です。日本国の歴史は間違いなく天皇を軸として動いています、その国家の中心がなくなるという状況で国家という概念を表現する国旗国歌が残った所で何の意味もないと思われます
320. Posted by Tamanegi   2005年11月24日 12:09
>Iさん
 横から失礼。

>反日を国是としているような国の女性が国民からのすさまじいバッシングに耐えて勇敢にも皇室に嫁がれ、和歌などをよまれたりするのでしょうかね?

 「かの」反日国ならば、国を挙げて「天皇の起源は朝鮮!」「和歌の起源も朝鮮!」「つまり日本の伝統は朝鮮の下にある!」とでも妄言を吐き続けるのでしょう。
 そして当の配偶者は密かに北朝鮮で教育された筋金入りのスパイだったり(…笑えない)

 これはまあ単なる「最悪想定の妄想」でしかありませんが、それに似たことはすでにやられてますからね。

「天皇の起源は朝鮮!」
「和歌の起源も朝鮮!」

 ↑これはすでにかの国で学説として採用されてるんですよ。
 反日にかける彼らのエネルギー、甘く見ない方がいいかと。
321. Posted by うなぎ犬   2005年11月24日 12:25
>『特定アジア、朝敵による天皇家断絶や、愛子さまとの結婚画策し特定アジアや、朝敵からの初の天皇つまり王朝・交代』となります。

これが、女系天皇推進派の動機でしょう。韓国、層化学会、在日、反日左翼それぞれ同床異夢の面もあるでしょうが。
ニダニダ訛りのキムチ臭い韓国マンセー皇室ファミリーなど、普通の日本国民は国民の象徴として敬う気にはならないでしょう。おそらく、皇室制度の廃止を求める声や、別の人物を皇位につけるべし!との声が国民から出てくると思います。どっちにしろ、日本は相当混乱するでしょう。

田嶋陽子氏のテレビ番組における以下の発言も非常に暗示的です。

   「女性天皇の相手(探し)は韓国まで飛ぶかもしれないね。」
322. Posted by sophy   2005年11月24日 12:36
空色さんの言ってることは、「万世一系を守りたいのなら、自分(=空色さん)のような人間、つまり一般的な日本人を説得する必要がある」ということでしょう。空色さんが万世一系支持派を説得する必要はないが、万世一系を守りたい人たちは、空色さんのような人を説得する必要がある。すでに世論は大きく傾いているのだから、対等な議論ができる状況ではない。感情で動く、あるいは天皇制について何の関心もない、大多数の日本人を説得するためには、正しさを説得するだけではだめということでしょう。
323. Posted by 七紙   2005年11月24日 12:57
万世一系は男尊女卑ですよ。
妻が息子を産まなければ離縁したり妾を持ったり。
女を息子を生ませるための道具としてませんか。
男系>女系ということでしょう。
324. Posted by はて?   2005年11月24日 13:19
五月雨さん

>Y染色によらないでも遺伝子は引き継いでいる
>Y染色体云々は詭弁

ここんとこ詳しく。

325. Posted by ROM   2005年11月24日 14:37
>七紙さんへ
>万世一系は男尊女卑ですよ。

天皇家の長くに渡り続いてきた伝統を、ごく最近になって出来た男尊女卑という現代的な価値観を当てはめることはあまりにも強引でしょう。

七紙さんは「男尊女卑=悪」という現代的な前提を利用しているようですが、それが当然だった時代もあります。というかそちらの方が断然長かったのが日本の歴史=文化でしょう。

>女を息子を生ませるための道具としてませんか。

これはいかにも女性が虐げられているような表現ですが、果たして天皇家の人々が女性を道具を捉えているか、世継ぎを授かる為の尊い存在と考えるかはあくまで価値観の問題だと思います。
326. Posted by ROM   2005年11月24日 14:53
伝統や文化を現代的な尺度で測ろうとするのは、本当に正しいのでしょうか?
もちろん現代において男女の「機会」平等は大切はこととは思いますが、男女の違いを「区別」(差別ではない)して考えることもまた同じように大切でしょう。
「男尊女卑=悪」という考えはどうも悪用されやすくてレスしましたが皆さんはどう考えますか?私は男尊女卑の善悪はあくまで時代背景や、その時代の価値観を加味して考えることが重要であると考えます。(まあこれは日教組や戦後学校教育の負の遺産で早急に改めるべきことである。とも考えています。)

天皇家の歴史や価値観と近現代的な男女のあり方の問題は「区別」して考えるべきだと思います。さらにこういった「論理のすり替えが安易に行われる風潮」もマスコミを含めて、この問題を解りづらいものにしていると感じています。
327. Posted by 非国民   2005年11月24日 15:26
政府の女性票に対する迎合もあるだろうが、アメリカの圧力があるのではないか?アメリカは「日本は異質な国だから、その構造を変えなければならない。」と堂々とのたまっていたからね。郵政民営化にしてもアメリカの意向ぽいし。
いわゆる「特定アジア」や左翼勢力の工作もあるんだろうが、、、
328. Posted by *   2005年11月24日 15:58
男尊女卑=悪という現代の尺度で天皇家の歴史まで否定するのは明らかにおかしいです。
しかし、同時に現代の価値観を無視して制度を維持することもまたムリがあるのではないでしょうか。
側室という直系男子維持の手段が廃止されて久しいです。
側室を持つのが当然という時代から持たないのが当然という時代の変化に皇室といえど無関係ではないということです。
ただ、男系男子というシステムが男尊女卑から来てるのかは疑問があります。
男系男子が指示されたのは、跡継ぎが得やすいからだったんじゃないでしょうか。
1年にひとりしかできない女性より、男のほうが生産性が良いということだとおもいます。
ただし、側室があればですが。
側室のない今、男系男子というシステムは「歴史的に役割を終えた」のかもしれません。
329. Posted by アイスファーム   2005年11月24日 16:16
*さんへ
私は男系男子のシステムの是非は、
実際に男系男子のシステムの維持が困難になった時に
議論すべき事だと思うのですが。
はたして今その事について議論すべき必要が本当にあるのでしょうか?
330. Posted by ROMしてた   2005年11月24日 16:21
>*様

側室がない=男系男子というシステムは「歴史的に役割を終えた」
何故そうなるのでしょうか?
短絡的な気がするのですが。
331. Posted by ROM   2005年11月24日 17:34
*さんへ
>側室を持つのが当然という時代から持たないのが当然という時代の変化に皇室といえど無関係ではないということです。

ご指摘その通りだとおもいます。しかし天皇家が「男系男子で維持したい」と望むのであればそれは尊重されても良いと考えます。もしかしたら天皇家が「時代の流れからいって女系でも仕方がない」と思っているかもしれませんし。

この問題を語る時、現在一般の人に天皇家が考えていることが直接的に知ることは難しいと言うことです。ここは外せない点であると思うのですが、どうも当事者不在のまま議論が進んでいる気がします。現時点では私の考え自体も推測の域を出ない所がありますし。
332. Posted by ROM   2005年11月24日 17:40
ただ天皇問題はこうして語られることが今まで少なかったので、こうやって注目されること自体は歓迎しても良いと思っています。天皇家の意見が(採用されるされないは別にして)しっかり国民に向かって伝えられるシステムが早急に必要と感じています。

>男系男子というシステムは「歴史的に役割を終えた」の”かも”しれません。

*さんの指摘は今の諮問委員会の議論の流れを見るとその通りかもしれませんね。私も現在の流れでは「そうなっちゃうのかな」という不安の方が大きいです。*さんもそういった意味で”かも”という言葉を使っているような気がしますがいかがでしょうか。

333. Posted by ROMちゃん   2005年11月24日 17:55
1000年以上続いたものに、
皇室典範などというケッタイな
宗教を導入してしまったため、
たかが100年足らずで頓挫している。
      ※↑皇室典範という宗教の品質。
歴史を評価していない、
歴史を評価出来ない、
諮問←委員会、
小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」、
が恐ろしい。
334. Posted by ヘビー   2005年11月24日 18:17
今までの継承者が全て男系なので男系なのです、継承者は男系であるという条件に対して、男系だから男尊女卑、って言う理屈は合ってるようで間違っています。
女系が継げないのは女系だから問題なのではありません、男系ではないから継げないのです。
最初から女系であったのなら保持するのは女系です。
この場合男か女かが重要なわけではありません。
権威を受け継ぐ存在の条件を満たすことこそが重要なわけです。それがたまたま天皇家においては正統継承者は男系であるというだけに過ぎません。

335. Posted by 説明   2005年11月24日 18:45
 旧宮家復帰は、GHQによって除籍させられた際に宮内庁から(今の宮内庁と志しが一緒かは疑問符がつくが)、何時でも戻って来られるように、心構えをしておいて下さいみたいな事を言われました。

 環境については、先に書いてあります。

 七紙さん、それはジェンダーフリーの考え方であって、男女平等ではありません。男女平等についても先に書いてあります。

336. Posted by 説明   2005年11月24日 18:51
 天皇家一族の意見と言いますが、天皇家一族は直系だけのものではありません。

■4
 今の天皇家の直系・東宮だけを過去未来に渡って崇め奉るなんて、『ただの個人崇拝でしかない。』

 『皇統ありきの皇位がことの本質』。それが天皇家を敬う前提であり、皇位を外戚から脅かされたときの盾となる。
 今ある伝統を保持するということは、
『個人崇拝だけに頼らずにすむという事。』
337. Posted by 説明   2005年11月24日 18:51

■3
【重要】
 『万世一系(男系)の継承方法は何世代か毎に傍系に移る事を前提としている。』
いつも男子・男孫を授かるわけではなく、
『こうした際に傍系の他家に移す事で、皇位が直系相続出来る私的なものではない、
皇位の由来は現天皇家ではなく、先代、先々代、…と
神武天皇に遡る歴史的な繋りがあるという事』を、
君民共に確認出来るような
配慮を盛り込まれている継承方法なのだ。

338. Posted by 説明   2005年11月24日 18:52

【重要】
■1
 万世一系(男系)天皇制とは

  『皇位(=日本、和の心)の私物化は許されない
→ 皇位は先代、先々代(の君民含めた祖先)から『預かって未来の子孫へと繋ぐもの』
→ 直系優先ではなく時に傍系に移ることで『皇位の源泉を確認し、』
 先祖(神武天皇)
 からの積み重ねの重さを再認識する仕組みが万世一系』

339. Posted by 説明   2005年11月24日 18:52

 要するに女系ってのは、
我が家かわいさ、我が子かわいさで、皇位を自分たち=現世代の既得権のように
捉えて、自分のところ(直系)で相続をさせること。
 『皇室一族は直系だけの物ではない。』

340. Posted by 説明   2005年11月24日 18:52

 一方、万世一系、男系継承は、わが家かわいさよりも先代から預かった伝統、 歴史、蓄積の重み=皇位の源泉を重視して、これを守る義務感から
いさぎよく他家(先代、先々代…に遡った男系男子)に相続させる継承方法。


341. Posted by Nyao   2005年11月24日 20:12
> ギムネスさん
> 内々で復活に前向きな宮家もあるらしいので

おお!それは全く存じ上げませんでした!そうとあらば、先の私のコメントは完全に勘違いですね。申し訳ありませんでした。
それならそれで、いざその方が名乗り出てくださった時には、すでに「長子が継ぐ」と法改正されていたとしたら、一大事ですものね。事実としてぜひもっと広く知れるべき話だと思います。

ただ、では例えば、その遠縁の男系男子の方が継ぐか、愛子様かと言われれば、私はどちらでも良いのでは?と思うのです。皇族方で一族会議を開いて良く話して頂いて、ご本人方が最善と思われる結果を天皇の口から国民に発表できたりすれば良いのにと思います。法改正するなら、選択肢が広がるように、なるべく「ねばならない」を無くすように改正すれば良いなと。
342. Posted by Nyao   2005年11月24日 20:18
息子が今、日本史で大化の改新だの壬申の乱だのと勉強していますが、昔はみなが天皇の地位を欲しがって跡目を争ったのですよね。女性達もこぞって跡目を産もうと必死になった。それもこれも天皇と言う地位に多大な権限があったからこそです。
引き換え今は、制約とノルマ、責任ばかりが山盛りで、権限など何もありはしない。言ってみれば「貧乏くじ」ですし、継ぐ人は「一生涯をかけての多大なボランティア」をしなくてはいけないような感じ。
皇族が自主的にこの先何代まで続けられるかに挑戦するのは良いかもしれませんが、実際はもう崩壊している制度ではないでしょうか。
343. Posted by ヘビー   2005年11月24日 21:22
Nyaoさん

今現在の天皇家に生まれた人間が貧乏くじであっても、なくして良いという理屈にはなりません。
天皇家は歴史に生きる家です、国家建国から今に至るまで全ての時代を国家の頂点として経験しています。それはもう様々な時代を経験しています。
今の時代、生まれて不遇だからもうやめようというのは国家の歴史に対する冒涜です。
制度がおかしいと言うのならより良い制度、より良い運用をすればいいだけの話です。
344. Posted by ROMしてた   2005年11月24日 21:37
天皇を国家の象徴として捉えるのか、個人として捉えてるか。

それによって考えが違ってきますね。
345. Posted by ヘビー   2005年11月24日 22:22
ROMしてたさん
国民的には個人でも、国家的に見るなら個人ではないんですけどね。
正統継承者であるかどうかは国家の問題でしょう。
346. Posted by 空色   2005年11月24日 22:33
ギムネスさん

そういう噛み付き方が、普通の人から見ると「恐い」のですよ。他人が皇室について思っている事を表現すると、物凄い勢いで攻撃する。そういう態度は「変」ですよ。どうしてそこまで感情的になっちゃうのか、多くの人は理解できないと思います。だからカルト宗教のように見られてしまう。
今、平成です。「不敬罪」はないんですよ?あなたの気持ちの中では、皇室に対して平伏しないのは許しがたい冒涜なのでしょうね。でも、この時代では、それ、「変」なんです。

>少しでも私の人格を傷つけたら皇室の足を引っ張る不忠者と認定します

なんて言ってる時点で、もう「オカシイ」です。不忠者なんて、戦前の言葉でしょう?今は明治でも大正でも昭和初期でもないんです。平成ですよ?2005年ですよお〜っ????

この世界のヒトって、マジ恐いゎ…
347. Posted by ギムネス   2005年11月24日 22:45
反日活動家に何を言われても痛痒は感じませんね。

その言葉はそのままお返し致します。上記発言は全て貴方の発言からの引用です。そのままどうぞ、天に向かって唾を吐いていて下さい。

・・・くっくっくっ・・・あ〜はっはっはっはっ!コメディアンとしては貴方は最高でしたよ。
348. Posted by I   2005年11月24日 22:55

>Tamanaegiさん
>そして当の配偶者は密かに北朝鮮で教育を受けた筋金入りのスパイだったりして

確かにそれは恐ろしいです。
しかし、その危険性は「男系男子」であっても同じなのではないでしょうか?民間からお嫁さんをもらっている時点で、常に危険はあります。しかし、今までそのような事は一度もありませんでした。
普通ご結婚までの期間は長く、相手の方のご両親はじめご家族の皆さん、それからご親戚の方々などとお会いして親しくお付き合いした後に晴れてご夫婦になられるのであって、北のスパイだったりしたら、さすがにその間にバレるでしょう。
349. Posted by I   2005年11月24日 23:22
それから

>>万世一系

これについてですが、実はどこかで断絶していると聞いた事があります。万世一系について証明できる方はいらっしゃいますか?
もし途中で断絶していたら”単なる思い込み”ってことになって、説得力が無いわけですが。

>「女性天皇の相手(探し)は韓国まで飛ぶかもしれないね。」

さすがにこれは、田嶋陽子個人の願望(妄想)でしょう…。(なぜあえて韓国なんでしょうね?)
350. Posted by 空色   2005年11月24日 23:30
ギムネスさん

本当に、そういう態度でいいんですか?あなたが、皇室について自分と違う考え方の人にそういう態度を取っていると、その結果どうなるかわかりますか?
あなたは他の人にも、そうやって、皇室についての考え方が違うだけで嫌がらせをするでしょう。
そういう事をされれば、誰でもシラケてしまいますよ?皇室なんてどーでもいいわ、もう!って思われてしまいますよ?
あなたは、自ら皇室に背を向ける人を増やしているのですよ?

何が

>・・・くっくっくっ・・・あ〜はっはっはっはっ!コメディアンとしては貴方は最高でしたよ

ですか!皇室に関する議論は遊びなのか?自分のやっている事がどれほど愚かな事か考えなさい。
351. Posted by ヘビー   2005年11月24日 23:46
Iさん
万世一系は皇室の系譜上確定されています。
というか断絶していないから、今もまだ天皇家があるのです。
単なる思いこみって、天皇家は国家の建国者の一族であって、ぽっと出ではありませんから。戦国大名じゃあるまいし、わざわざ系譜を偽造する必要はありません。
352. Posted by める   2005年11月24日 23:53
 皇室の血統を守るためには、一夫一婦制を破壊すればいいと思う。皇室においては世継ぎを作るために、特別に子作り用の女性を用意する。これで問題解決。
353. Posted by hinomoto   2005年11月25日 00:03
 男系皇統が途絶えたら、朝廷は終わりです。そして新朝廷を置く意味がなくなります。どんなに国民に人気があろうとも、どんなに優れた方が「皇位」につこうとも、日本の歴史と伝統と隔絶した新朝廷には朝廷としてもはや何の正統性も持たなくなるのですから。それはせいぜい「人寄せパンダ」と大差ないものとなり果てるでしょう。
              (つづく)
354. Posted by アイスファーム   2005年11月25日 00:03
めるさんへ
今の時代にそんなことしたらジェンフリ論者とかが
一斉に非難すると思いますよ。
355. Posted by hinomoto   2005年11月25日 00:04
「それでいーじゃん、次にはその「皇室」を廃して共和制でいこーじゃん」なんて声が聞こえてきそうですが、そう考える人が大多数だとしたら、現在の日本は所詮その程度の認識しか持ち得ないのだということなのでしょう。民主主義・多数決が常に最高の価値を体現するなどという考えは、あまたある価値観のひとつに過ぎません。民意がどうであろうと、それによって左右されないもの(例えば宗教的伝統)は確かに存在するのです。それは科学がいかに発達しようとも、科学によって左右されないものが厳然と存在するのと同じことでしょう。
356. Posted by hinomoto   2005年11月25日 00:32
 しかし田嶋だの上野だの辻元だのその他諸々のサヨク系の人って、いったい日本をどうしたいのかね?お隣の国の属国にしたいのか、それとも中国日本自治区にしたいのか?ひょっとしたら、「どうしたいのか」すらないんじゃないの?日本の恩恵受けてヌクヌク暮らしてるくせに、反日喚くしか能がないっていうなら日本人やめて反日やってる国に行けばいいのにね・・・。それとも日本の国体毀すことに躍起になってる工作員気取りなのかね?サヨク系が信奉する唯物論は、原理的に伝統的価値や精神的価値に無縁の理論だからなぁ・・・伝統だの何だのいくら言ったって理解できないんだろうな。
357. Posted by ヘビー   2005年11月25日 00:32
めるさん
側室制度って言うほど効果的ではないのですよ、男性側に問題があれば意味ないですしね。
直系にこだわる理由がないのなら側室制度は大した意味がないです。
それよりも母体を増やして裾野を広げた方が効果的です。
男性一人に対して女性複数という状態を作るよりも、夫婦の数を増やした方が効果的です。

何より、それだけは天皇陛下は了承されないでしょう。

358. Posted by 五月雨   2005年11月25日 00:39
>五月雨さん

>>Y染色によらないでも遺伝子は引き継いでいる
>>Y染色体云々は詭弁

>ここんとこ詳しく。

別にY染色体じゃなくても先祖の遺伝子は引き継いでいますよ。
まあ発現していないDNAかもしれないですけどね。

と言った理屈など不要なほど皇室の伝統は深く尊いものということです。
359. Posted by 五月雨   2005年11月25日 00:45
読み返してみると日本語が変でしたね。
誤解を招いて申し訳ありませんでした。
360. Posted by sophy   2005年11月25日 02:03
>五月雨さん
神武天皇からn世代離れているとして、一代経るごとに親の遺伝子が2分の1になると単純に仮定すると、23/2^(n-1)の染色体が神武天皇由来であると期待されます。17世代経ていれば23/65536で、17世代目の方々から、神武天皇の遺伝子を1本でも受け継いでいる人を見つけ出すのは困難です。

生物学専攻の人に無知を指摘されそうなモデルですし、神武天皇の遺伝子に拘らないのであれば、それはそれですが。理屈など不要という意見には賛成です。
361. Posted by アイスファーム   2005年11月25日 03:02
五月雨さんへ
Y染色体を継承している、というのは
男系と女系の違いを
わかりやすく説明しているだけで、
特に深い意味は無いと思います。

でも誤解を招きやすい表現なので、
あまり適切ではないかもしれませんね。
362. Posted by トビウオ   2005年11月25日 05:03
「国を割ってしまう可能性をわざわざ作ってどうする」ってかんじですね。

万世一系であるからこそ、天皇陛下には国の頂点に立つ正統性があったわけで
そうではなくなった場合、正統性がなくなる、
もしくは正統性を認めない勢力の出現もありえます。

小泉さんは結構評価していたんですが、
これをやったら悪い意味で歴史に名が残りますよ。「国を滅ぼした」としてね。
363. Posted by 説明   2005年11月25日 05:14
 あと、私的諮問機関のメンバーの中身に関しては、下記の記事のコメント欄に詳しく書かれています。

http://hepoko.blog23.fc2.com/blog-entry-43.html


364. Posted by 説明   2005年11月25日 05:17
 あと、私的諮問機関のメンバーの中身に関しては、下記の記事のコメント欄に詳しく書かれています。

http://hepoko.blog23.fc2.com/blog-entry-43.html

 ケータイの人は重たいと思うので、一旦すぐにキャンセル(画像オフ)してから、見て下さい。

365. Posted by nabe   2005年11月25日 06:30
日本は伝統があり四季のある美しい国
で有るが故に世界から敬われ憧れられる国であるのに、自ら伝統を放棄して後世に日本は 伝統は”あった”(が今は違う)と言わせたいのか?と

日本の格式も文化と言われる物も歴史に基づいた物であるのは周知の事実
例えば歴史のない茶の湯に道も魂もわびさびもないし、歴史のない神社仏閣に信仰はない

唯一の物であるから貴重なのに
日本人が日本人たる歴史そのものである皇室を切り捨ててまで日本人は日本人足り得るか?と
その時に世界に胸を張って自分は日本人であると言えるのか?と 諸氏に問いたい

世界における日本という国の立場は失墜する。その時に日本は世界からどういう扱いを受けるか?
まして近所に「水に落ちた犬は死ぬまで打て」なんて国があるのに・・・ (続く)
366. Posted by nabe   2005年11月25日 06:38
ジジババが功名心に駆られて特定アジアの手先になるのも人の業だけども、今までの歴史に対する敬意や果たすべき義務、そしてその後日本をどうするか?という100年先千年先の計がないのが問題

ましてやこの女性天皇容認論をブチ上げてたのは日本のためなのかは甚だ疑問

この委員達は国益というものを私欲を満たす道具にしているだけだ

小泉総理は胸の奥の言葉を話さない
歴史をもてあそんで気持ちいいんだろうけれども、一般人はたまったもんじゃない
情報社会で本人の言葉(一次ソース)がないのが一番困る。何をしてこの人選なのか、まぁ言わないのも戦略なんだろうけど・・・ちょっと今回は結果オーライじゃねぇだろ?と
367. Posted by nabe   2005年11月25日 06:51
例えばギリシャの遺跡なり兵馬俑跡なりは前世紀の遺産であり史跡である。 つまり海外で観光地となっている場所は終わった歴史の跡でしかない。 かつて都であり皇帝しか入れなかった場所に数百円のチケットを買って入って記念写真♪ 絵はがき買って終了・ああ旅行に行ってきましたよ♪ってなもんで・伝統なんか感じることは出来ない。

終わってる物からどう感じろ?と

京都は・出雲(他も)は確かに観光地化されているかも知れないけれど、それを絶やすぬ様に守っているからこそ生きている伝統なのであって、歴史に敬意を払わない物に価値なんて無い。

今回の面子はそこまでの覚悟でやってんのかな?そうじゃねぇだろうな・と思うから皆むかついてるわけで・・・
(日本語変だし連投スマソ)
368. Posted by I   2005年11月25日 08:14


>ヘビーさん
>万世一系は皇室の系譜上確定されてます。

系譜上では確定されているはずですよ(そうでなくてもそう記す以外にありません。)しかし、2655年間も皇統が続いていることをY染色体の関係で科学的に証明できるわけでもないでしょう?


(まぁ、現実的に考えて、旧宮家を復活させるのは非常に困難だという思いがあるんですよね…)
369. Posted by ギムネス   2005年11月25日 09:40
>Iさんへ

神武天皇陵から御遺体をひっばり出して調べればある程度の証明は
出来ると思いますが・・・とても罰当たりな事ですよね。
ですからこの方法は取れません。

次に皇統文献批判の大家として津田左右吉先生(1873-1961)が挙げられます。
Iさんと同じく「皇室は好きだけど、本当に皇室の記録は正当なのか?」と
学者として調べ上げた硬骨漢です。時代が時代なので天皇不親政、大逆思想
犯として訴えられるなど、まさに命がけだったと思います。

370. Posted by ギムネス   2005年11月25日 09:40
いつくかの天皇を架空の存在と考え、日本書紀、古事記の記録の不整合を
徹底的に指摘されましたが、その津田先生でさえ皇統の正当性を否定は
していません。さらに今日ではその津田学説さえも「所詮は津田氏の
一方的な解釈で根拠が無い」との批判にさらされています。

所詮は専門家ですら古すぎて調べ様が無い部分が殆どだったと言う事です。
信じる信じないは個人の自由という所でしょうか。
371. Posted by 説明   2005年11月25日 10:11

旧宮家は
『昭和天皇の孫』
=『昭和天皇の娘が母』や

『明治天皇の娘が祖母』や

などです。
と言ったら旧宮家に対する印象はどうなりますか?
マスコミは絶対に言いません。
 勿論、父系は男系です。

372. Posted by 説明   2005年11月25日 10:12
訂正

旧宮家は
『昭和天皇の孫』
=『昭和天皇の娘が母』や

『明治天皇の娘が祖母』や

などです。
と言ったら旧宮家に対する印象はどうなりますか?
マスコミは絶対に言いません。

 勿論、父系はちゃんと男系の天皇に繋がっています。

373. Posted by ことぶき   2005年11月25日 10:44
「私達は国家観や歴史観で案を創ったのではない」。
    
                       BY 有識者会議一同


374. Posted by I   2005年11月25日 11:24

>説明さん
>旧宮家に対する印象はどうなりますか?

身近に感じられるようになりますね。

女系か男系かでは意見が分かれていますが、「女性」は容認していかなくてはならないだろうと思います。旧宮家を強引に復活させたとして(中には抵抗されるご家族もあろうかと思います。)もなお、女性のお子様ばかりがお生まれになる事もあるのですから、「男系男子」に関しては、やはり非現実的だと思うんです。
375. Posted by ROMしてた   2005年11月25日 11:40
現状だと旧宮家の方々に話も聞かずに復帰無しとしているのが
問題だと思います。
戻られる意思がある方々には戻っていただく、またはそれを議論するとか。

>I様
強引に戻す必要はないのではないかなと、私は思います。
旧宮家の方々が誰も望まないのであれば、それも致し方ないかと。
それと、
>>女性のお子様ばかりがお生まれになる事もあるのですから
ですが、現在旧宮家全体で10数人の男系男子がいらっしゃることを
考えるに、よほどの事がないとそうはならないと思います。
(戻られた旧宮家が極端に少なかったとか)
376. Posted by ya   2005年11月25日 11:58
日本では、娘が婿をとって跡を継ぐのは普通のことである。
男系だけに限定するのは、支那朝鮮である。
377. Posted by ヘビー   2005年11月25日 12:02
Iさん
>系譜上では確定されているはずですよ(そうでなくてもそう記す以外にありません。)しかし、2655年間も皇統が続いていることを>Y染色体の関係で科学的に証明できるわけでもないでしょう?

何故染色体レベルで確認できる必要があるんですか?
系譜上確認されているのなら充分なんですが。
天皇家の血筋は伝統と歴史であって生物科学ではないのです。

378. Posted by ヘビー   2005年11月25日 12:13
>日本では、娘が婿をとって跡を継ぐのは普通のことである。
>男系だけに限定するのは、支那朝鮮である。
伝統的な正統継承者の条件が問題なのであって、男性であるか女性であるかは問題に全く関係ありません。
伝統が女性が継ぐことになっていれば、女性が継ぐことを守るだけです。
性別的特徴に基づく区別ではありませんので、差別ではありません。
むしろ歴史的正統性を無視して、ただ一時代の人間の愛着に迎合する行為の方が支那朝鮮の名にふさわしいです。
379. Posted by ヘビー   2005年11月25日 12:20
Iさん
>女系か男系かでは意見が分かれていますが、「女性」は容認していかなくてはならないだろうと思います。旧宮家を強引に復活さ>せたとして(中には抵抗されるご家族もあろうかと思います。)もなお、女性のお子様ばかりがお生まれになる事もあるのですから、「>男系男子」に関しては、やはり非現実的だと思うんです。
宮家に戻した後、それでも女性ばかり生まれ、手を尽くしてもどうしても無理だというのなら、その時に女系を認めればいいだけの話です。
今認める理由には全くなりません。
天皇家は国家の歴史なので、ほんの少しでも長く続けるべきなのです、手を尽くさず、追いつめられてるわけでもないのに、はいもう終わりにしましょうは許されるはずがございません。
380. Posted by うなぎ犬   2005年11月25日 12:25
>日本では、娘が婿をとって跡を継ぐのは普通のことである。男系だけに限定するのは、支那朝鮮である。
だからこそ、女系天皇を認めさせ、その相手(婿)に韓国・朝鮮人にするべし!と考え、行動している人々がいると考えるべきでしょう。儒教的価値観にて考えると、合法的に日本の皇室を乗っ取る事が可能ですから。
ここ数年無理に煽られている韓流ブームなるものも、その一環とも邪推できます。
※そのうち、韓国男に惹かれる日本女性というパターンのドラマが繰り返し放送されるようになるのでは?
例えば、金日成の血族と女系天皇が結婚するというのはどうでしょう。まさにキムチ(金氏)皇室の誕生です!(笑)

「欧州連合(EU)や米国と競争するためには、韓日両国の経済を統合するしかない。 韓日FTAを締結し、東アジア経済共同体の基礎を築くべき」
とか発言している河野太郎という議員もいますしね・・・・
381. Posted by ROMしてた   2005年11月25日 12:50
どうやら有識者会議の結論のまま国会を通りそうですね。。
与野党共に賛成の議員のほうが多いみたいですし。

小泉総理はかなり前から男系には拘らないとの発言をしていたようですし、
選挙で大勝した後な分だけ厳しいですね。
382. Posted by ナポレオン.・ソロ   2005年11月25日 13:45
 ネットで反対の意思表示を行うべきです、今回の自民大勝の一因はネット世論による自民支持だった筈ですから、日本という国家の成り立ちの基本である天皇制の存続、国民の象徴たる皇室に関する事は、「一宰相が決めるべきレベルの問題では無い」事を主張しましょう、況してや、その選抜に国民の一片の意志さえ存在していない有識者によって出された案が、そのまま国会を通って、2600年の永きに亘って存続した天皇を危うくする事となれば、小泉首相は、その権勢が如何に、国民に支持されたものであったとしても、この一事で、「国の精神文化を危うくした宰相」として、名を落す事になるでしょう。
383. Posted by ナポレオン.・ソロ   2005年11月25日 14:49
連投失礼します。
>「欧州連合(EU)や米国と競争するためには、韓日両国の経済を統合するしかない。 韓日FTAを締結し、東アジア経済共同体の基礎を築くべき」
 おぉ、正に、蛙の子は蛙ならぬ国賊の子は国賊ですな。
 一体、国と言う仕組みは、何の為に存しているのか、この人は考えた事が無いんでしょうか、国民の財産と生命を護る為にあるワケです、ですから、取るに足らなく見える絶海の岩礁一つの領土の帰属にさえ、莫大な経費を掛けて灯台を造り、周囲に軍船を派遣するのでしょう、この様に国家間の利益は相反する事が多いのです、領土問題一つ解決できないで、東アジア共同体なんて夢物語を超えて最早、売国思想そのものですよ。
384. Posted by I   2005年11月25日 15:07

>ヘビーさん

必ずしも「女系」とは言っていませんよ。「女性」です。女性天皇は、過去にもいらっしゃいました。推古天皇とか。少なくとも女性天皇は容認すべきではないでしょうか?

>うなぎ犬さん

陰謀論ですが、何か具体的な証拠がありますか?
金日成の親戚が婿入りする前に、親類縁者の素性は探られてしまうと思うんですけど。
385. Posted by ヘビー   2005年11月25日 15:59
Iさん
女性天皇は実際認めた所で正統性の維持には大して役に立たちません。
繋ぎにはなりますが、紡ぎ手ではないからです。
繋ぎでしかない以上、その存在に次はありません。歴史という過去から未来へ続いているものの中で、次のないものを前面に立てることは全く意味のない行為です。
女帝の存在は、候補者が幼齢の場合にのみ、成長するまでの間であるなら、という条件のみの特例措置としての扱いであるなら容認しても構いと思わいますが。
歴史的にも女帝はそのような存在ですしね。
386. Posted by 隠者の夕暮   2005年11月25日 17:41
lさん>
 わざといってるんですよねぇ、あなたはこの大転換に陰謀が無いと?どう見ても状況証拠だらけだろう。
1、小泉純一郎の「私的」諮問機関で議論されたこと。
2、委員に専門家を一人も招かなかったこと。
3、「結論ありき」で進められたこと(吉川座長の証言)
4、皇族、関係者の意見に一切耳を傾けなかったこと。
5、元皇族に男系男子が8名存命であるにも拘らず、養子を選択肢に入れなかったこと。
6、男子優先の選択肢もありえたのにあえて長子優先と結論したこと。(今後男系男子が誕生しても愛子様が優先される。)など等…
 
 「男女平等」「少子化」など諸々のモノは我々民草の論理。それらを天皇に適用して権威の失墜、「神殺し」を画策しているのが現在の官邸。
 郵政民営化騒動の際、自民公明党の圧勝を狂喜乱舞したエセ保守はマルチン・ニーメラーの言葉を思い出すが良いよ。
http://www.n-seikei.jp/2005/04/0411a.html
387. Posted by このスレでのコメント最後?   2005年11月25日 18:30
陰謀として、嫁がせた相手の大物。元外務官僚。

小泉総理は去年この大物と会ったというのが総理の一日を書いている新聞に出た。
私的諮問機関のメンバーは専門家一人を除いてこの人と親交がある。
宮内庁のNO1、2も親交あり+皇室歴史知らない人。出向役人も外務省が一番多い。
外務省で逆らえる人いない。
わが孫かわいさ、娘への親の感情、一族の過去の事などを一気に自分が生存中に片付ける。今この老人病気中だし。
388. Posted by ・   2005年11月25日 18:59
そのような老いぼれにはご退場願いたいものですね。
389. Posted by unname   2005年11月25日 21:03
今回の女系天皇容認と言うのは、人選などを見ても、小泉さんが「女系天皇」容認の方針であると言うことは間違いないでしょう。
なぜ、彼がそこまで女系天皇を擁立させたいかの理由は
・彼の家が女系家族であること。(彼の父は婿養子)
・世論迎合
・女性天皇を擁立させた人物として、歴史に残りたい。
・日本が嫌い
などではないでしょうか。

本当に、あの人なんで自民党にいるんだろうか?
自民党って歴史や伝統を重んじる"保守政党"ですよね?自民党の結党50周年では、改革、改革と叫んでいましたが、保守が改革、改革と言って壊してはいけないものまで壊してどうするつもりなんでしょうか?
郵政民営化に皇室典範。これが終われば、次のターゲットは健康保険ですかね。
390. Posted by さらに   2005年11月26日 01:12
外務省の機密費用流用が散々騒がれたのにパツタリ止んだ。

もし、その大物が関わっていたら、皇室にまで影響するしね。噂では逮捕される直前だったらしいけど。

愛子天皇、さらに女性宮家創設認めたら、無罪放免、家系はチッソではなく、天皇に繋がるように変更されるしね。

391. Posted by I   2005年11月26日 06:47
>ヘビーさん

たとえ「つなぎ」であっても、女性(必ずしも「女系」ではない)は容認していかないと、側室制度の無い今日、大空位時代が到来しないとも限りませんよ。私は、その事が一番恐ろしいです。

>隠者の夕暮さん
>わざといってるんですよねぇ

すみません、マジで言っていました。
”金日成の親戚が婿入りする事態”というのは、さすがにありえにくい話だと思いました。「陰謀」というのは、そういった”外国の思惑”を念頭においたものです。その事に関する「陰謀」についてご存知でしたら、教えてください。
392. Posted by ヘビー   2005年11月26日 12:11
Iさん
よく読んでもらえると分かると思うのですが、女性天皇は特例措置としてならば認めるべきと書いています。
よく読んで下さい。
393. Posted by 神龍一門協力会・神志亮   2005年12月26日 00:48
皇室典範の改正論は、男系天皇維持の検討が不十分だ、崩御皇位継承・宮家復活・摂政天皇などの再考である。現皇太子妃は雅子様・紀子様とも若い、後皇子が誕生しないとも限らない。その時、再度改正とはいかない。
何よりも「皇室の人権」を考慮すべきである。皇族も人間である。人間としての幸せを持つ権利を持っておられるはずだ。天皇は、日本の伝統中の伝統である。実は現皇位継承者第1位の浩宮。第2位の秋篠宮の2人の妃の旧性に不思議を思う。12〜3年前、いたずら書きし乍ら電話していて偶然気がついた。大和田雅子、川島紀子の名前をひらがなで書いて並べると、
お わ だ ま さ こ
 × × × × ×
か わ し ま き こ   ・・・これだけだが、天皇家の長男と次男の嫁である。不思議な因縁を感じるのは自分だけだろうか。

394. Posted by yuukoku kouwa   2006年01月07日 18:48
5 女系外国系天皇が日本国に誕生したら嬉しいか (憂国皇和塾) 2006-01-07 18:38:14

遠い先の心配であるが、女性天皇に「道鏡のような問題」が起こったらどうするか。
それも、日本人ならばともかくとして、外国人の道鏡が現れて道鏡で終わらなかった場合、日本国の天皇は女系外国系天皇となる。


395. Posted by 霧   2006年02月21日 17:02
笹山先生は、日本史の世界で知らない人はいない学者です。何十年も皇室御用達の家庭教師をしている方で、昭和天皇から美智子皇后、皇太子夫妻にいたるまで、教えてきた人です。松村派の政治家・故・笹山茂太郎(農林省事務次官→かつての自民党から大臣一歩手前までのぼりつめた人。数少ない気骨ある政治家として知られています)の長兄です。兄弟に元衆議院議員・笹山登生がいます(自民党→民主党→無所属)。笹山先生ご自身は学者の中の学者というか、若い頃から歴史学の世界に没頭されていた方ですから、政治的な偏りはなく、あくまでも中立な立場から有識者委員会に参加なさっていると思います。

それにしても、このような経歴を調べもせずに極左だとかいう「ガセネタ」を流す愚かな人がいたとして、それを簡単に真に受けて恥ずかしげもなくネット上に流す人達の顔がみたい。極右サンということでしょうかね。
396. Posted by cheap soccer cleats   2011年05月31日 13:12
 つまり女性で遺伝血統を作った場合は、男子Y系遺伝が無く、血筋が受け継がれない。
遺伝学では男子が元の遺伝を保持している。
397. Posted by wholesale shoes   2011年05月31日 13:12
通させているものがあるから
そうなっているのです。社会とはそういうものです。
398. Posted by polo outlet   2011年05月31日 13:13
この問題は天皇家を含め国民の意見を広く取り入れ、時間をかけて議論されるべきです。
399. Posted by トリーバーチ 肩掛けバック   2012年10月16日 16:56
が日韓交渉をめぐる別の文書について開示を求めた訴訟では昨年5
400. Posted by モンクレール ダウン   2012年10月20日 17:46
の会場内からの通話数は50万回を数えるという。

 「映像配信方式がSD(標準画質)からHD(高精細度)や3Dに変わり、画像や写真も高解像度化したことなどで、トラフィック量は北京大会の時と比べて4~7倍に膨れ上がった。そうした技術進化によって、ネットワークに大きなチャレンジがあった」とディッケル氏。なお、北京大会の
401. Posted by モンクレール ダウン   2012年10月29日 15:30
Git 1.8.0登場 - Windows及びGNOMEのキーチェーンへの
402. Posted by 東京女子医科大学卒業の旧華族出身の『至誠会』の医学博士より   2012年12月27日 09:38
◆雅子妃は北朝鮮人ヤクザグループ団体一族◆

→廃妃サマリー

※皇室の雅子妃である旧姓、●小和田雅子と双子の妹の渋谷節子と池田礼子の祖父で雅子妃の母親の優美子氏の父親の

※江頭豊

は悪党すぎた。

理由は江頭豊(●北朝鮮人男性→→インターネット写真確認可能)は●水俣病の会社の社長であるから、途中からチッ素が人間の●殺人物質、だと知っていながら知らん顔で最低限は4年間はのチッ素をたれ流して何万人〜何千人となく、熊本県水俣市で●大量大虐殺、を繰り返し、●胎児性水俣病患者さんの障害児童、まで大勢を作成して被害遺族を無視して●賠償金を踏み倒して、平気な顔をして大金の成金となった。(江頭豊は→●50万円の金額で工場稼働ストップ可能だったのに、江頭豊(●北朝鮮人男性)は大勢の熊本県の日本人の人命よりも50万円が大切だった。→最低限度はみて見ぬ振りの知らん顔で殺人によるお金儲けを最低限度は4年間は継続していた。)。



→雅子妃(●在日北朝鮮人)と小和田一族グループ団体は人間であること自体を辞めませんか(?_?)?



403. Posted by 東京女子医科大学卒業の旧華族出身の『至誠会』の医学博士より   2012年12月27日 09:41
◆雅子妃は北朝鮮人ヤクザグループ団体一族◆

→廃妃サマリー


※江頭豊

は水俣病患者さんに以下のように暴言を吐いて、冒涜をして賠償金を値切って最終的には、●賠償金まで踏み倒して自分自身は豪遊したのが、江頭豊は98歳の天寿を幸せにまっとうした。

★貧乏人が腐った魚を食って病気になった!

★水俣病は身体障害者の言いがかり!

★原因がチッ素でも社会的責任はない!

と水俣病患者さんを冒涜を平気な顔をでして、明治大正の貧しい日本背景の時代に、不良なサングラスとユニークな不良の学ラン姿の格好に、不良のユニークな角刈りのヘアースタイルの肖像画撮影をして正式写真にしている=(●北朝鮮ヤクザファッション→江頭豊は在日●北朝鮮人(or華僑の外国人の中華の土地柄の人種)の世界史に永久保存版で名前の残る超一級極悪人犯罪者)→※インターネット写真確認可能)。




→雅子妃(●在日北朝鮮人)と小和田一族グループ団体は人間であること自体を辞めませんか(?_?)?




404. Posted by 東京女子医科大学卒業の旧華族出身の『至誠会』の医学博士より   2012年12月27日 09:45
→→→※さらに雅子妃の祖父の●江頭豊(●北朝鮮人男性→インターネット写真確認可能)は暴力団も雇用して、善人なる水俣病取材の外国人アメリカ合衆国メディアの●ユージンスミス氏などを襲撃し、スミス氏は背骨を折られ失明させられ、●奥さんは強姦までされたが泣き寝入りし???最終的には2人は離婚に至った。→スミス氏は母国のアメリカ合衆国で障害者となり障害がもとで失意のうちに死去。スミス氏の●お嬢様は14歳で強姦、による徹底的弾圧の江頭豊の水俣病の犯罪行為を口封じまでされているらしい????(→ユージンスミス一家は●江頭豊(●北朝鮮ヤクザ男性)の徹底的殺戮殲滅暴力団雇用による弾圧行為に、泣く泣くアメリカ合衆国に泣き寝入り帰国するしか当時の飛行機の皆無な時代は方法論がなかった。)

→※それでも、さらに、江頭豊(北朝鮮人)の娘の雅子妃の母親の●小和田優美子は、貧しいお米すら手に入らない戦後の日本の時代背景の東京で、高級品の豪華な●ヒョウ柄の生地を手に入れて、

※全身ヒョウ柄の高級ドレスを作成し着用(=●北朝鮮ヤクザ女性ファッションの証拠→→→インターネット確認可能。)

→にて小和田優美子は日本人全体に食べるお米すらなく泣いていた戦後の貧しい時代背景の東京で豪遊。




→雅子妃(●在日北朝鮮人)と小和田一族グループ団体は人間であること自体を辞めませんか(?_?)?




405. Posted by 東京女子医科大学卒業の旧華族出身の「至誠会」の医学博士より   2014年02月25日 08:10
、「diary-daily」

が小和田(江頭)優美子(皇室の雅子妃の母親(→在日●北朝鮮人〜中華の●「華僑」3代前に日本に移民した一族(●江頭豊→●北朝鮮人男性→インターネットより写真確認可能→●熊本県●「水俣病」の日本人の約●2万人の死傷者作成(●サムライ文化の日本人の「大和民族」の価値観から離れした異常な被害者数(?_?)?→「日本人」と「イギリス人」の●「公害病」は被害者約数百人〜3000人数程度→正確に調査しないと間違ったコメントかも知れないですが…。)しながらお金儲けして、賠償金を踏み倒して派手な海外渡航に動物虐待の豪華な●毛皮のコート(→日本人女性の価値観からかけ離れした法外な金額と予想されます(インターネットより写真確認可能)→小和田優美子は●中国人女性(●華僑)の価値観や思想の外国人女性→独身時代に●全身ヒョウ柄ドレス作成(?_?)→●中国人女性の証拠→インターネット写真確認可能→「ドス子の事件簿」)で豪遊(?_?)、さらに水俣病取材のアメリカ人メディアの→◆ユージンスミス一家を暴力団雇用にて失明、背骨を折りカメラを取り上げ証拠隠滅して奥様を口封じのために●強姦(●1972年の事件→雅子妃も記憶にあるはずの事件である!→小和田優美子も小和田恒も成人(?_?)?)●14才のお嬢様も●強姦による口封じ殲滅をした人間としての●鬼畜の娘)))の『自作自演』雅子妃養護ブログである!

□NHK『梅ちゃん先生』

が洗脳メディア操作ドラマらしいです。





406. Posted by 東京女子医科大学卒業の旧華族出身の「至誠会」の医学博士より   2014年02月25日 08:12
→『産経新聞』

が小和田関係者(在日●朝鮮人一族グループ団体)と東宮職員が『外務省』出身(※「大鳳会」→東京の外務省の在日北朝鮮人ヤクザ集団or勧誘された日本人)の雅子妃の父親の→●小和田恒(在日北朝鮮人〜在日中華の「華僑」)の部下である(→メディア操作して日本人を混乱させています)。→※●『大鳳会』、という北朝鮮ヤクザ宗教の●『創価学会(池田大作→実名→●ソンテジャク→在日朝鮮人一族)』のネットワークが外務省にも作成されています。

あ『朝日新聞』

も一部、メディア操作されているらしいという意見もあります。(→雅子妃の養護のために都合悪い内容は小さくしか記載しないみたいです)→●「朝日新聞社」にも日本と日本人を破壊する●在日朝鮮人ヤクザ工作員います。






407. Posted by 東京女子医科大学卒業の旧華族出身の「至誠会」の医学博士より   2014年02月25日 08:13
ア『朝鮮人』『政治家』

のキーワードでインターネット検索したら

→『与党も野党も在日朝鮮人ヤクザの集団だった!』

というブログサイトあります。

→※●小泉総理大臣まで●母方も●父方ともに「朝鮮人」で(?_?)離婚した●妻も朝鮮人(?_?)付き合っている●愛人も在日「朝鮮人」ですから、いくらなんでも日本人女性一族が一人もいません(?_?)。→在日●朝鮮人政治家の数があまりに多すぎます!→(ここは日本人のための日本ですから、2人数や3人数の在日朝鮮人なら納得ですが、どうして「朝鮮人」が●7割合から8割合と異常な割合で日本の政治界にはびこっているのか(?_?)→在日朝鮮人はもう3世さんなら日本人も同然ですから、21世紀の時代背景にもかかわらず、どうして●地道な「日本人の職人芸」の世界で生きてゆかないのですか(?_?))→在日朝鮮人政治家はカルト北朝鮮宗教の●『統一教会』(→北朝鮮宗教)と深いつながりがあります。(→ロサンゼルスの和食レストランも100パーセント●『統一教会系』(→北朝鮮宗教)らしいです)


→※日本国内のパチンコ屋さんの年商が●20兆円から30兆円であり、在日●朝鮮人が経営していますから(?_?)(→どうして日本のパチンコ業界に朝鮮人がはびこっているのですか(?_?)→自分たちのふるさとの朝鮮半島ではパチンコ屋をなぜ開業しないのですか(?_?))、そのお金を在日朝鮮人政治家に横流しして政治資金にいますから!→さらに日本人の税金etc....お金で在日●朝鮮人を選挙事務所に雇用して、日本人を雇用しない小ずるい団体。

→※雅子妃の双子の妹たちの●池田礼子、渋谷節子、も自作自演の自画自賛のメディア操作の出版物→→●『幸せな子』を作成してメディア操作していますから!→→→インターネット確認可能。

→※要するに、雅子妃と小和田関係者は●北朝鮮ヤクザグループなのですよね…。






408. Posted by 東京女子医科大学卒業の旧華族出身の「至誠会」の医学博士より   2014年02月25日 08:14
→※●『創価学会(●池田大作→実名→ソンテジャク→在日●朝鮮人一族)』(→●北朝鮮宗教)や『創価大学』(→●北朝鮮ヤクザ学校)を作製して日本人を●北朝鮮で洗脳しておきながら!池田礼子は我が子は●学習院初等科、に進学させますから(?_?)???→※要するに、創価大学(●北朝鮮学校)卒業で日本人をヘンテコリンな人間にしておいて、我が子だけはノーマルな日本人の超一流名門校の●天皇陛下御用達の●『学習院初等科』進学ですから(?_?)(?_?)、創価学校(→北朝鮮学校)が日本人に悪い内容だと知っていながら日本人を『創価学会』(→●北朝鮮宗教)や『創価大学』(→●北朝鮮学校)でお金を巻き上げて、我が子には●創価大学(→北朝鮮ヤクザ学校)は絶対に進学させませんから、、、、(?_?)???(●池田礼子のマンションの家賃が月々●250万円(?_?)?→「大和民族」である●サムライ文化の日本人の民族の価値観からかけ離れた法外な金額の家賃→だが祖父の●江頭豊(●北朝鮮人男性→インターネット写真確認可能)の●熊本県の●「水俣病」の日本人被害者2万人を丸無視(→賠償金を踏み倒して◆ユージンスミス一家(●アメリカ人の「水俣病」取材メディア)を暴力団雇用にて障害者にして奥様と14才のお嬢様を●強姦による徹底的弾圧と殲滅口封じ→●1972年→雅子妃も小学生→記憶にある内容の事件)して●アグネスチャン(●中華)の朝鮮半島ボランティアには参加(?_?)?→だが「日本人」に対する「熊本県」のボランティアは無視する(?_?)?)






409. Posted by 東京女子医科大学卒業の旧華族出身の「至誠会」の医学博士より   2014年02月25日 08:15
→雅子妃(●江頭豊→●北朝鮮人男性→インターネットより証拠写真確認可能→●熊本県●「水俣病」の日本人を●2万人死傷者作成しながらお金儲けした犯人(→異常な多数の被害者作成によるお金儲け(?_?))→雅子妃の母方の祖父)と小和田関係者は●在日北朝鮮人(●江頭豊→北朝鮮人肖像画写真、●小和田恒も新潟県で3代前に家系図の行方不明の→北朝鮮〜中華(●華僑)から日本の移民の日本人に対する中国人犯罪者一族。)の日本人になりすました団体で、日本人と日本を●韓国〜北朝鮮〜中国(●朝鮮半島)の「植民地」にしようと画策している●在日朝鮮人の日本国内存在する北朝鮮ヤクザグループなのですよね…。→◆原田正純教授(●「水俣病」治療医師)に対する●「慰問」、●「表敬訪問」をも無視するのですか(?_?)?奥様は九州地方にご存命ですが!






410. Posted by 東京女子医科大学卒業の旧華族出身の「至誠会」の医学博士より   2014年02月25日 08:16
Βフジテレビ

も一時期『韓流ドラマ』が流れていましたが、日本人を洗脳するためのメディア操作でした!


→京都大学医学部の●山中伸弥医師

→ノーベル生理学医学賞(スウェーデン)受賞

→ips細胞=人工多能性幹細胞

の医学研究のご成果


→天皇陛下の●「京都御所」の世界一の日本人文化が海外で受賞していて●天皇陛下、が世界中で金賞受賞の威力発揮していていますよ。


→雅子妃のハリボテの外国製の見た目だけが素晴らしいハーバード大学の必要以上に華やかな高学歴だけが人間の100%を決定するのは大間違いですよ。→●サムライ文化の「日本」と「日本人」の素晴らしさが必ずありますよ…。





この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: