2006年01月13日

・破格の扱いで歓迎された首相のトルコ訪問 〜親日国家トルコとの歴史〜

小泉首相トルコ訪問 現地メディア 破格の扱いに:産経
 小泉純一郎首相がトルコを訪問し、両国関係の強化を打ち出したことについて、トルコのメディアは十日から十一日にかけて一斉にトップ級で報じた。
 小泉、エルドアン両首相の会談を受けた十一日の主要新聞は「お祭り騒ぎ」(ホテル従業員)といったところだ。「中東における連帯」(テュルキイ紙)、「中東和平のためのトルコ・日本の協力関係」(イェニ・シャファック紙)、「トルコ・日本間の協力関係」(ラディカル紙)、「鳥インフルエンザへの共同対策」(ヴァタン紙)−などの見出しで大々的かつ肯定的に伝えた。
 一方、テレビも十日の両首脳の共同記者会見を四局が生中継し、ニュース専門局「NTV」などは約五十分に及んだ会見を、時間を延長して最初から最後まで完全放送した。
 外交筋は「他の主要国首脳の訪問の際には見られない破格の扱い」と驚きを隠せない様子だ。

 日本人としては嬉しいニュースです。これは小泉首相がトルコで特別人気があるからではなく、他でもない日本の首相がトルコを訪問し、トルコとの協力関係を鮮明に打ち出したことに対する、トルコ人の歓迎を意味しています。
 親日国家として有名なトルコですが、中国や韓国とのあまりの差に驚かされます。トルコでは、日本のODAで建設された施設等にはしっかりとそれが明記されており、多くの国民がそれを認識しています。また日本からの旅行者には、一般市民もとても親切にしてくれると聞きます。旅行者に対し、誇らしげに「これは日本の援助で作った建物だ」等と声をかけられたという話も良く聞きます。
 なぜトルコはこれほどまでに親日なのでしょうか。その理由はいろいろあります。トルコと日本の近代史の境遇が似ており、ヨーロッパ列強と対抗しながら、遅れた近代化を成し遂げる過程にあり、それを早期に実現していた明治日本を尊敬し、お手本にしようとしたこと。トルコにとっても敵であった大国ロシアを日本が破ったこと。等々他にも様々なエピソードがあります。その中でも、特に有名なのがエルトゥールル号遭難事件です。多くの方がご存知だとは思いますが、改めてここにも紹介したいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 1889年、早期の近代化を成し遂げていた明治日本に大きな親近感を持っていたトルコ(当時オスマン帝国)は、親善のため軍艦エルトゥールル号を日本に派遣しました。11ヶ月の航海後、日本の大きな歓迎の中に到着したエルトゥールル号は、トルコ初の親善訪日使節団として明治天皇に親書を奉呈しました。しかし帰途についたエルトゥールル号は途中台風に遭い、和歌山県沖で沈没し、生き残った船員が和歌山県大島村に流れ着きました。そこで村民は今まで見たこともない異国人に恐れを抱くこともなく、貧しい中で自分達の非常食を差し出してまでの献身的な救助活動を行い、69名を救出しました。そして救出されたトルコ人達は日本海軍の戦艦「比叡」「金剛」2隻によりトルコへ送られ、無事帰国することができました。この事件はトルコで大々的に伝えられ、この話は今尚ほとんどのトルコ人が知っていると言います。

 その後、トルコは日露戦争の際、ロシアの黒海艦隊が日本海へ向かうバルチック艦隊と合流できないようにボスポラス海峡を封鎖したり等の、トルコの恩返し的なエピソードもいくつかあります。その中で最も有名なのが、1985年のイラン・イラク戦争の際のエピソードです。

 1985年、イラン・イラク戦争が開始された際、多くの日本人がイランのテヘランにいました。緊急出国をしようにも、テヘラン上空を飛ぶ航空機は民間機も無差別に撃墜するという声明の中、民間機の発着数は激減し、欧米の航空会社は自国民救出を優先させた為、日本人の多くが搭乗を拒否され、200人余りの日本人が取り残されました。その時トルコ政府は日本人の救出の為だけに、戦火の中へトルコ航空の航空機を派遣し、日本人をテヘランから救出しました。トルコ政府はこのとき「エルトゥールル号のお返しだ」と説明したと言われています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 普段度を越した反日国家に囲まれている為に気付きにくいですが、トルコに限らず、親日国家とは実は意外に多いものです。しかし、我々日本はその気持ちを知り、十分に応えているでしょうか。国家間の友好関係とは一朝一夕に出来上がるものではありません。今ある友好関係を大切にし、トルコを初めとした日本に好意的な国家に対して、ずっと暖かい友好関係を守っていって欲しいものです。そしてそれは、未来の日本の為の重要な外交政策にもなるはずです。

人気ブログランキングバナー←このBlogに何かを感じたらクリックして下さい。

参考書籍:
救出―日本・トルコ友情のドラマ
木暮 正夫
475200254X

親日アジア街道を行く―日本近代史の真実
井上 和彦
4594050026

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 友好関係の築き方  [ 電脳空間「高天原」 ]   2006年01月13日 14:20
首相、邦人救出のトルコ人元機長に謝意 「日本人は感動した」 (産経新聞) - goo ニュース トルコ訪問中の小泉純一郎首相は十二日午前(日本時間同日午後)、イスタンブール市内のホテルで、イラン・イラク戦争の最中の一九八五年三月に、テヘランに取り残された日本人二百...
2. まさにその通りだね  [ W-ZERO3な日々 ]   2006年01月13日 14:21
リンク: アジアの真実:・破格の扱いで歓迎された首相のトルコ訪問 ??親日国家トル
3. Today TrackBack  [ B-NEWS JAPAN ]   2006年01月13日 14:49
Good News
4. 「 Sugu-Aeru 」  [ 「 Sugu-Aeru 」 ]   2006年01月13日 14:55
地域密着型!「スグ逢える」! こんな可愛い子、こんなに沢山?! 見て楽しい!遊んで楽しい!「逢って」楽しい!
5. ■日本とトルコ  [ 【音静庵】 ]   2006年01月13日 15:19
<div class="divtxt">1887年、知る人ぞ知る「エルトゥールル号事件」が起こり、 以後、トルコ側からの対日感情は、日本側からの想像を超えるものになり、 それが、日露戦争で増幅さ...
6. 国際的日本人-2  [ さぁ みんなで読んでみよう ]   2006年01月13日 15:26
感謝されない日本人  小泉首相は12日(日本時間同日午後)トルコ・イスタンブール
7. 小泉首相の真意とは何か−皇室典範改正をめぐって  [ 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN ]   2006年01月13日 15:27
安倍官房長官の「党議拘束」問題があらゆるところで物議を醸しています。この真意については正確には語ることが出来ませんが、新聞報道(毎日・朝日・産経 1/11朝刊)で知る限りでは 
8. 国際的日本人-2  [ さぁ みんなで読んでみよう ]   2006年01月13日 15:43
感謝されない日本人  小泉首相は12日(日本時間同日午後)トルコ・イスタンブール
9. 日本の親友トルコ  [ 『日々日常』〜ブログページ ]   2006年01月13日 16:11
『日々日常』本サイト 人気blogランキングへ (以下引用) 『小泉首相トルコ訪問 現地メディア 破格の扱いに』 【イスタンブール=高木桂一】小泉純一郎首相がトルコを訪問し、両国関係の強化を打ち出したことについて、トルコのメディアは十日から十一日にかけ....
10. トルコへの感謝  [ あさひ素材 社長ブログ ]   2006年01月13日 17:40
気分よし !
11. 月と星の国と太陽の国の友情は続く  [ 駄目と無駄 ]   2006年01月13日 18:12
小泉首相、日本人215人救出の「命の恩人」と面会 2006年01月12日20時46分  トルコ訪問中の小泉首相は12日午前(日本時間同日夕)、イスタンブール市内のホテルで、トルコ航空の機長だったアリ・オズデミルさん(75)と面会した。オズデミルさんは85年、イラン・イ...
12. 小泉首相を喜ばせた”親日”トルコ  [ ユーラシア漂流 ]   2006年01月13日 19:01
今年最初の外遊先としてトルコを訪問した小泉首相。現地での予想外の歓迎ぶりに、痛く感動したようである。 トルコ国民の親日ぶりは有名だ。その理由は様々だが、トルコ共和国建国の父・アタテュルクが大の親日家だったことが、最も大きな影響を与えていると言える。 ....
13. 小泉首相、トルコでは歓待  [ BBの独り言 ]   2006年01月13日 20:13
周りに異常な反日国があるせいか、中朝韓との違いがこれでもかという程見えてしまいました。小泉首相がトルコを訪問しましたが、かなり歓待されたそうです。 以下引用 小泉純一郎首相がトルコを訪問し、両国関係の強化を打ち出したことについて、トルコのメディアは十....
14. トルコで小泉首相が現地メディアの注目の的に  [ ないちょの雑記帳 ]   2006年01月13日 21:46
-----------------------引用------------------------ 小泉首相トルコ訪問 現地メディア 破格の扱いに 2006年 1月12日 (木) 16:09  【イスタンブール=高木桂一】小泉純一郎首相がトルコを訪問し、両国関係の強化を打ち出したことについて、トルコのメディアは十日か...
15. 古い義理を忘れないトルコ人とそれを知らない戦後日本人  [ 稲穂のブログ ]   2006年01月13日 22:19
[産経新聞]小泉首相トルコ訪問 現地メディア 破格の扱いに 小泉純一郎首相がトルコを訪問し、両国関係の強化を打ち出したことについて、トルコのメディアは十日から十一日にかけて一斉にトップ級で報じた。  小泉、エルドアン両首相の会談を受けた十一日の主要新聞は....
via http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/50317484.html [http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060112-00000024-san-int:title=小泉首相トルコ訪問 現地メディア 破格の扱いに:産経]  小泉純一郎首相がトルコを訪問し、両国関係の強化を打ち出したことについて、...
via http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/50317484.html [http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060112-00000024-san-int:title=小泉首相トルコ訪問 現地メディア 破格の扱いに:産経]  小泉純一郎首相がトルコを訪問し、両国関係の強化を打ち出したことについて、...
18. 日本とトルコ  [ 中南海ノ黄昏 ]   2006年01月13日 23:51
今日は、ちょっといい話。 1月9日から13日までの予定で小泉さんは、トルコを訪問していました。トルコでは、各紙1面トップで大きく報道されていたようです。 【イスタンブール=高木桂一】小泉純一郎首相がトルコを訪問し、両国関係の強化を打ち出したことについて、トル....
19. またまた9条  [ **ムーンライト伝説** ]   2006年01月14日 03:24
けっこう反響があった昨日の記事。気付いたことはですね、どうやら9条を守ろうとしている人たちは、日本が他国から侵略される可能性は限りなくゼロだ、という立場に立っていることが判明しました。日本が侵略される可能性がないから、自衛のための戦力を保持する必要がない...
この記事の言いたいことは一体…     http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann/20060113/20060113-00000006-ann-pol.html                                             yahoo!ニュース(ANN)より引用 >小...
21. 【平和大好き】日本共産党の教育政策(その1)【全教の親玉】  [ 日々是勉強 ]   2006年01月14日 12:44
  政党の教育政策を楽しく知りながら、教育の世界が抱える問題点も理解しよう・・・ということで、今回はこのシリーズのトップバッター、日本共産党にご登場いただきます。   共産党というのは、当たり前ですが共産主義の政党です。共産主義の国というと、旧ソ連、中国...
22. 100年前のお礼に20年後のお礼  [ Atopic Information:アトピー性皮膚炎のblog ]   2006年01月14日 22:08
以前何で知ったのかは忘れたが、イラン・イラク戦争の時に在留日本人を救出したトルコのお話と、このときから100年近く遡った明治時代の日本とトルコ(当時はオスマン帝国)のお話を思い出す記事があった。
23. [国際]トルコとの友好  [ 愛国のススメ〜一期栄華一盃酒〜 ]   2006年01月15日 01:07
小泉首相トルコ訪問 現地メディア 破格の扱いに  【イスタンブール=高木桂一】小泉純一郎首相がトルコを訪問し、両国関係の強化を打ち出したことについて、トルコのメディアは十日から十一日にかけて一斉にトップ級で報じた。  小泉、エルドアン両首相の会談を受...
24. 日本は比類無き力を持った国  [ 若手(?)整体師の独り言 ]   2006年01月15日 11:58
親日国と良い関係を結ぶべき。
25. 韓国軍vsモーニング娘  [ 酒好きノルウェージャンの独り言??タイ海外移住・起業 ]   2006年01月15日 13:53
ちょっと昔に流行ったモノなんですが、
26. あなたに下など言われる筋合いはありません  [ Tommy Be Splendorous! Standard Edition ]   2006年01月15日 18:43
同列に扱ってもらってはこちらが迷惑です。
27. ───────────‘2006年、年明け緊急TrackBack’───────────  [ 『真実のみを徹底追究するBLOG』 ]   2006年01月16日 14:53
新宿着8時14分、中央線電車内で発生した“痴女事件”の全貌。容疑者女性接触から被害者男子学生射精に至るまでの全記録を公開。女性であっても痴漢は立派な犯罪行為です!
28. 親日国トルコについて  [ 流れ解散 ]   2006年01月16日 18:03
小泉首相:トルコ航空元機長に謝意 イ・イ戦争で邦人救出   トルコ訪問中の小泉純一郎首相は12日午前(日本時間同日午後)、イラン・イラク戦争の際にテヘランに取り残された邦人約250人を特別機で救出したトルコ航空の元機長、アリ・オズデミルさん(75)とイ...
29. 親日国トルコについて  [ 流れ解散 ]   2006年01月16日 21:58
小泉首相:トルコ航空元機長に謝意 イ・イ戦争で邦人救出   トルコ訪問中の小泉純一郎首相は12日午前(日本時間同日午後)、イラン・イラク戦争の際にテヘランに取り残された邦人約250人を特別機で救出したトルコ航空の元機長、アリ・オズデミルさん(75)とイ...
30. 親日国トルコについて  [ 流れ解散 ]   2006年01月16日 22:01
小泉首相:トルコ航空元機長に謝意 イ・イ戦争で邦人救出   トルコ訪問中の小泉純一郎首相は12日午前(日本時間同日午後)、イラン・イラク戦争の際にテヘランに取り残された邦人約250人を特別機で救出したトルコ航空の元機長、アリ・オズデミルさん(75)とイ...
31. トルコ記念館  [ 北辰Hの語り・日記 ]   2006年02月13日 19:49
アジアの真実:・破格の扱いで歓迎された首相のトルコ訪問 ?親日国家トルコとの歴史? - livedoor Blog(ブログ) どこかドライブ行きたいというものだから近場で済 まそうと思ったが、遠くに行きたいなどと。 日帰り出来る所ねー、どこがいいだろうか。北の方 は、雪が...

この記事へのコメント

1. Posted by su   2006年01月13日 12:35
小泉メルマガでトルコ訪問を取り上げています。
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2006/0112.html
「このときの機長アリ・オズデミル氏は健在です。今日、お会いして、改めてお礼を述べたいと思います。」とのことです。
2. Posted by 普通の国民   2006年01月13日 12:50
アメリカに出張していた時にトルコの人(110kg、男性)と知り合いましたが、温厚で
ユーモアもあり、信頼されていましたね。しかし青い目、白い肌でもアメリカでは、いわゆる「白人」というよりはアジアを感じるというか、純粋な白人という扱いではなかったかもしれません。トルコはイスラム圏ですし、移民や出稼ぎを恐れてEU加盟も問題になっていましたね。トルコには東郷ビール?は今もあるのでしょうか。古い話では「トルコ風呂」が、トルコに失礼であると「ソープランド」になりました。実際にトルコ大使館に「若い女はいるのか?サービス内容は?」などと電話したアホもいましたので。

3. Posted by あき   2006年01月13日 12:53
はじめまして。
毎日かかさず読んでおりますが書き込みは初めてです。
ブログ主さん、そしてレスするかた皆さん博識の方ばかりで、勉強させていただいております。

昨年、卒業旅行と称して息子はエジプト、トルコに行きました。
これまでいくつかの国に行きましたが又行きたい国はトルコだと。
とにかく親切で買い物にしても(金持ち?)日本人だと言う事でぼったくりが無かったのはトルコだけだと。
居酒屋で年配のトルコの方と一緒に撮った楽しそうな写真もあります。
息子曰く「ぜひ、お母さんも一度行ったほうがいいよ」と^^

反日教育のカノ国、子供達が描いた絵を見てここまでやるの・・・とかなりショックを受けた事もあります(少し嵌りぎみでした^^;)

トルコの皆様、ビンボウ旅行の息子達に親切有難うございました(ってか読んでる訳無いけど^^;)
4. Posted by けん   2006年01月13日 12:55
トルコで地震災害があって、日本から医療団が派遣された時、いろいろな国から医師が派遣されているのに、多くのトルコ人は日本の医師のところに並んだそうです。そんなトルコを大事にしていきたいです。
5. Posted by 通りすがり   2006年01月13日 13:00
親日的な国家であれば、他にもポーランドとフィンランドでしょう。
大切にしたいですね。
6. Posted by 屋根の上のミケ   2006年01月13日 13:41
小泉首相トルコ訪問 現地メディア 破格の扱いに:産経←うれしいニュースですね。ミケ
7. Posted by 行ける人はお願いします   2006年01月13日 13:44

「皇室典範改悪阻止!!」日比谷野音国民総決起集会
●参加費:無料
●会場:日比谷野外音楽堂(千代田区日比谷公園1-3)
●日時:平成18年1月14日(土)
開場:12時/開演:13時(入場無料)/デモ出発:14時30分
●主催「皇室典範改悪阻止」草莽崛起の会

8. Posted by 行ける人はお願いします   2006年01月13日 13:44

続き
E-mail:matsuura@joy.con.ne.jp
http://bx28.ja-21.net/koushitu.html

●登壇者
渡部昇一、西尾幹二、名越二荒之助、西村幸祐、井尻千男、小田村四郎
伊藤哲夫、伊藤玲子、遠藤浩一、、大高美貴、加瀬英明、河内屋蒼湖堂
小堀桂一郎、田久保忠衛その他(敬称略)

9. Posted by    2006年01月13日 13:48
私もトルコに旅行しましたが、街中で「日本人か」と尋ねられ、握手を求められることが一度や二度ではなく、大変に驚きました。
10. Posted by 毎日通りすがり   2006年01月13日 13:48
上記のエピソードのフラッシュ
http://hamaniyo.jp/~taz/flash/Japan-Turkey.swf
11. Posted by とおる   2006年01月13日 14:15
トルコはアジアの西の端にあります。(トルコのイスタンブールは、ヨーロッパにありますが。)
「日本はアジアで孤立している」と騒ぎ立てるマスコミは、都合の悪い事には無関心や虚言で誤魔化すのでしょうね。
12. Posted by by   2006年01月13日 14:26
日本での自動販売機荒しの犯人は大半がトルコ人らしいですね。
これはちょっと悲しいです。
13. Posted by まさ   2006年01月13日 14:40
昔何かのテレビで、日本人観光客相手に10倍以上ぼったくってましたね。それに大してトルコ人は「日本人はコミュニュケーションが下手だからだ」と苦しい言い訳をしていました。そういう人ばかりではないのでしょうが、あまりいい印象は無いですね。関係ないですが台湾人も日本でバイクを盗んでいたりするので親日だからといって油断しないほうがいいでしょうね。
14. Posted by gir   2006年01月13日 14:46
>まささん

 それを言ったら私も反日国家韓国に仲の良い友人がおりますし、日本人ですら日本人を騙し、殺します。国家間の雰囲気と歴史で話をしないと話がこじれると思いますw
15. Posted by とおる   2006年01月13日 14:49
ボッタクリというよりも、定額商品の流通が稀な国では、まず高値をふっかけて価格交渉するのが常識なので、別の言葉が妥当と思います。
日本のように定額商品で溢れている地域の方が少ないと思います。
16. Posted by とみい   2006年01月13日 14:54
昨日、筑紫哲也の番組で首相はトルコを訪問し視察をしただけ、成果を疑問視する声も・・・アジア諸国との関係悪化による八方塞がりの外交・・・とグダグダ呟いてました。
「小泉首相はトルコで熱烈な歓迎をうけました。これからは近隣諸国のみならずアジア全体との外交が重視されなければならないでしょう。」とゲストも含めて口が裂けても言いたくないようです。

もっと世界に目を向けようよ筑紫さん! 日本人は韓国なんか興味ないんだからさ。
17. Posted by 巡礼者   2006年01月13日 15:23
トルコが比較的親日国家なのは間違いないと思います。
というか、日本と中国と韓国の区別がつかない中近東国家が多い中では、かの国は日本人と韓国人と中国人を見分けたりして驚かされます。
ただ、今回これほど大きく取り上げられたのはトルコを取り巻く国際情勢に起因するところが大きいようです。何しろ最近はEUを含めどこの国ともイマイチうまく言っていない状況になっているのです。
また、実は日本にだけ親しみを感じているわけではなく、極東アジアの国々(北朝鮮は知りませんが)全般に対して非常に好意的です。
中国、韓国との外交に関しても結構ニュースでは大きく扱われており、八方ふさがりなトルコ外交の最後のよりどころとして日中韓に対する期待は相当高いようです。
18. Posted by さとう   2006年01月13日 15:31
久し振りに大変気持ちのよいお話で嬉しくなりました。トルコの人達は素晴らしい人達ですね。本当の友人です。観光名所も一杯。旅行してみたくなりました。
19. Posted by クイン   2006年01月13日 15:34
日本人は日本のことは歪曲され嫌悪するように工作教育を受け、特ア重要教育で洗脳→洗脳が強ければ強いほど視野の狭い固定観念まじりのカルト反日日本人になると。
こういうのが朝鮮宗教の餌食になんのよね。

魅力的な国は世界にたくさんあるのになあ。

日本は世界的に見ても魅力的な国だけに(礼讃するつもりはないよ)目立つし工作対象にされても仕方がないなあと思う。
ブラックホール文明なんてほかにある?←勝手に名付けた
20. Posted by ノマド   2006年01月13日 15:34
トルコには、仕事で毎年行きます。 コリやチンは全く信用出来ないというのが、大方の普通の人の感覚です。 中国に期待するなど、特別な人以外はありえません。 イランも同じです。
21. Posted by まる   2006年01月13日 16:21
たとえるなら、勉強するときは苦手なものを底上げするより、得意なものを伸ばすほうが簡単だし、効果も絶大です。親日国との関係強化はとても重要だし、スムーズに進みやすい。特アとの関係改善は必要ですが、時間がかかりそうなので、まず親日国との連携を重視するべきでしょうね。
22. Posted by Yu   2006年01月13日 16:58
親日的なトルコでも、イスタンブールだけは(大都市だけに)日本人を
狙う犯罪者もいるそうですね。ま、それは仕方ないでしょうけど。

田舎に行くとさっき会ったばかりなのに「なぜウチに泊まらないんだ?」
とか言われるらしい。ホントかよ!?
23. Posted by L5   2006年01月13日 17:11
親切すぎて不気味に感じてしまう日本人も少ない無いそうです

親日国家とは是非良好な関係を続けていきたいですね
24. Posted by nomnom   2006年01月13日 17:15
そういえば私も、サヨク史観から脱出したきっかけの一つが
エルトゥールル号とイラン・イラク戦争のエピソードでしたねえ。

「トルコ人」にはいろいろいらっしゃるでしょうが、
「トルコという国」とは友人として誠意をこめて付き合いたいですね。
25. Posted by えのき   2006年01月13日 17:21
笑韓→嫌韓→嫌中韓になってから
こういうニュースを見るとホントに癒されます。
パラオなどにもぜひ訪問してもらいたいです。
きっと勇気をもらって帰ってくるでしょう!
26. Posted by k   2006年01月13日 17:31
エルティールル号事件の(AA劇場)
http://iroiro.alualu.jp/syosetu/torukoaa.html

日本とトルコflash
http://www.kokueki.com/swf/toruko.htm
27. Posted by 反日教組   2006年01月13日 17:33
そういえばトルコでは東郷平八郎長官を称え、東郷通りという道があるそうですね。こういうことは真正日本人ならしっかりと親から子供へ伝えていきましょう。
孫文の発言もしかり。こういう、外国における日本の評価を子供の時からしっかり教えておけば、根拠のないサヨク教師のいう事に生徒も疑問を感じるはずです。
工作教師に洗脳される前に親がしっかり裏付けををもとに子供を教育すべきです。
28. Posted by バルタ   2006年01月13日 17:36
これだよなあ…
協力してもらったら礼を言う。
親切にしてもらうと嬉しいから、相手にも親切にする。
そんな当たり前のことが、特定アジアとはどうして出来ないかねえ。

なんで「当たり前じゃない国」が日本の隣なのか。
なんで「当たり前じゃない国」と無理して付き合おうとするのか。
なんで「当たり前の国」を無視するのか。

まったく、中国と韓国が隣にあることが日本の最大の不幸ですな。
トルコにはトルコなりの、豪州には豪州なりの問題があるんでしょうが、
ここまでヒデェクソな隣人がいる国って他にないんじゃないかと思います。
29. Posted by ひろ   2006年01月13日 17:55
いいニュースですねw
トルコは親日なのは知ってましたが、これほどとはw

今の日本人はこういう国があることも知らないんですよね。

マスコミのせいなのですが。

中韓の気持ち悪い親日ばっか取り上げて、こういう事をほとんど取り上げない今のマスコミ。

こういう事から真の友好が生まれると思うのですが。

どうしてもっともっとこういう事を報道しないのかな。
アジアは韓国、中国だけじゃないです。
30. Posted by 鬼 多和司   2006年01月13日 19:18
 度々、失礼します。
久々にいい話聴かせてもらいました、偏向歴史教科書に、トルコとの友好関係、ねじ込んでやりたいですね…
31. Posted by kim   2006年01月13日 19:20
トルコは乞食国のようにEUに加盟したいですが、何回も拒否され。今回の特別扱いは日本に好感あるという原因より TAKE SHOWしてEUに見せるのが根本的の原因だろう。小泉も寂しいですね 行く所がなくて 政治も経済もあまり関係ない、それに鳥インフレーも流行っている国ーートルコに行って 珍しい熱い扱いを逢って 涙も出るだろうか(爆笑)
32. Posted by CC   2006年01月13日 19:30
これはまた、凄い釣り師が来ましたねw
33. Posted by たいと   2006年01月13日 19:30
kimって、あなた・・・orz
34. Posted by hong   2006年01月13日 19:36
kimなんて朝鮮系みたいな名前を使って,トルコを罵倒するのはどうかと思いますよ。トルコと朝鮮の方に失礼ですよ(ゲラ
35. Posted by うひょ   2006年01月13日 19:55
ちょっと前に

神「日本という国を作ろう。四週を海で囲い、美しい四季があり、勤勉な人々を住まわそう」
天使「神様、それではあまりに日本が恵まれすぎています」
神「大丈夫だ。隣に韓国を作っておいた」

ってのみかけて爆笑したなぁ…
36. Posted by 中凶殲滅   2006年01月13日 20:33
 「乞食国」って、アンタの祖国のことだろ?
37. Posted by 朝鮮ヒトモドキ   2006年01月13日 21:22
kimよ、鳥インフレーってなんだ?
鳥インフルエンザなら知っているんだがw
トルコのいい話は高尚過ぎて、民度の低い南チョンにはわっかんねーだろうな。
一生かかっても無理っ!無理っ!!無理っ!!!
38. Posted by 馬鹿チョン   2006年01月13日 21:31
今日もNHKは「中韓に配慮しよう」とニュースで脅迫していた。毎日、中国礼賛番組と韓国自称「スター」だらけの我が国のTV.早く処刑すべしだろう。
39. Posted by にゃ   2006年01月13日 21:34
>>ってのみかけて爆笑したなぁ…
いやほんと爆笑!!


中に依存してる人的資源とか韓との経済関係(経熱なのか知らないけど)とか全部他の親日的なアジア・中近東諸国でまかなえないのかな??
あとメイドインジャパンはブランドになるんだからもっと国内で作れないもんなんですかね??
まぁそんな簡単じゃぁないんだろーけど、中韓と付き合わなくちゃいけないのが経済に起因するものならそれを他の国々でカバーして、一刻も早く特亜とは国交断絶するべきだよ…
このまま特亜にこだわってたら本当の意味でアジアで孤立しかねない(>_<)
40. Posted by おたま   2006年01月13日 21:41
トルコも親日国ですが、それ以上に台湾が親日国です。
李登輝先総統に代表されるように、日本語世代の人たちは
こちらが恐縮するくらい日本に親しみをもってくれています。
若い人達も結構日本びいきだし。
日本はこれまで親日的な国々に冷たすぎました。
今回のトルコのことをきっかけに台湾やパラオなどの
本当の親日友好国との友好を深めて欲しいものです。

もしかしてこのトルコの一件は今年5月に訪日予定の
李登輝氏のための伏線か?などと勝手に思ったりしてます。
41. Posted by ふぎゅ   2006年01月13日 21:50
昨年の終戦記念日近辺にNHKがやってた戦後60周年記念の
一般人参加の対談番組で、どうみても北か中か姦の工作員にしか見えん
東京都の学校教師のオバチャンが
「靖国参拝はやめるべきです。アジアの国々もみんな反対しています。」
ってほざいたのに対して、櫻井よしこ先生が発した
「あなたのおっしゃるアジアってどこの国のことかしら?」
っていうフレーズが忘れられん。
42. Posted by てんてけ   2006年01月13日 21:58
日本でサッカー・ワールド杯があったとき、和歌山県の大島村の人たちでしたっけ、
トルコの旗を振ってトルコチームを応援していたのは。
代々自分のとこの歴史を伝えているのですね。
43. Posted by くれなゐ   2006年01月13日 22:28
いつも、いつも辟易とする反日国家の罵声を聞き慣れているためにか、
こういうニュースを聞くと感無量で、目頭が熱くなるような想いです。

金を搾り取るだけの物乞国家や、非人道的な行いを善しとする犯罪国家にODAを与えるくらいなら、
トルコのような親日国家との親睦をもっともっと深めて、両国の発展に貢献した方が絶対に良いと思いました。
44. Posted by 浩一   2006年01月13日 22:34
みてみて!!
最新情報満載!!
http://sezaki.page.ne.jp
45. Posted by 真実   2006年01月13日 22:47
 このエルトゥール号事件は、こちらのHPに詳しく出ていますので参照頂ければと思います。

ここをクリック:日本・トルコ友好秘話

 海上自衛隊のイージス1番艦の「こんごう」のパンフレットにも簡単ですがこの事件の顛末が記されて、初代「金剛」の偉業を讃えています。

 ちなみにこの「金剛」は、大東亜戦争で活躍した戦艦「金剛」(2代目)ではなく、イギリスで建造された初代の「金剛」で排水量2200トン全長70mの小型装甲艦でした。

 また、トルコは宿敵ロシアのバルチック艦隊を撃破した東郷元帥を敬愛しており、「東郷ビール」もあります。

 トルコのように恩義を忘れず、感謝の気持ちを伝え、お返しをできる機会を得ては躊躇わずに行動に移せる、日本もそんな国であり続けたいものですね。
46. Posted by 太郎   2006年01月13日 23:15
トルコの恩返し、いい話や、感動した!あまり馴染みのないトルコではあるが、こういう親日国家との付き合いは大事にしたいものですね。

そういえば高田馬場でたべたトルコ名物「サバサンド」うまかったなぁ(笑
47. Posted by ももんが   2006年01月13日 23:32
トルコといったら日本人女性を軽蔑してることで有名ですけどね・・・。ナンパしたら必ずタダでヤらせてくれるとか
48. Posted by 中凶殲滅   2006年01月13日 23:51
>ナンパしたら必ずタダでヤらせてくれるとか

 トルコに限らず、この手の話はあちこちの国で言われてるわ。
 節操の無い日本人女(イ○ローキャブってのもそんな意味で使われたり
することがあるようだ)が多いのか、日本人女を騙る韓国人女やら中国人女も混じっているのか・・・。ともかく「大和撫子」は死語となったようだわい・・・orz
49. Posted by xray2662   2006年01月14日 01:25
>「らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ」より
>昭和60年、イラン・イラク戦争の最中、爆撃にさらされたテヘランから脱出しようとする在留邦人を救ってくれたのがトルコでした。

 トルコ訪問として上の内容が掲載されていました。政府、内閣としての政策を絡めたPRをホームページを使ってするべきだと思う。
 PRの内容としては、当時と同じ事が現在において起こって場合に政府として、どの法律を使ってどのような対応を取るのか、今後予想される憲法改正がどのような意味を持つのか。日ごろから政府と日本国民とのコミニュケーションを取るべきだ。
 こういった内容はマスコミによって行われるから、する必要が無いと言う意見もあるかもしれない、しかし、憲法改正まで見越して政策と絡めた記事になるか分からない。マスコミにそこまで頼ったままでよいのだろうか。
50. Posted by バカは   2006年01月14日 01:31
死ね
51. Posted by ゆき   2006年01月14日 01:40
親日国との話題はほんわかしますね。

そういえば、先日うるるんで清水圭が台湾に行って大きな独楽回しに
挑戦していましたが、
独楽には、台湾と日本の旗が仲良く描かれていました。ええねぇ、台湾。
って、こういうの普通なら良くありそうな光景です。

特アではありえないでしょうね。
ありえないより、今は特アとは仲良くなんてこちらから願い下げかしら。
52. Posted by 元 大和撫子   2006年01月14日 02:04
>47,>48
トルコは比較的イスラム色の薄い国ではありますが、一応イスラム国。
イスラム教の女性蔑視はものすごいですからね。
節操のない女性旅行客がいたことでそういう話になっているのもあるでしょうが、それよりも、イスラム国では、半袖の服だとかショートパンツを着ているだけで「異教徒の女>タダでやってもいい」という認識になってしまう事が多いので、ある意味仕方のないことなんです。(でも白人女性は大きいしコワイからそう手は出せない)
そういった前情報を調べてた上で厳重な覚悟や装備をしないで、旅する女の子がいるからダメなんです。

でもま、ここは国家間の話ですから、別の話題としましょうよ。
せっかくいい話なんだから。
53. Posted by 庵   2006年01月14日 02:37
初めてコメント失礼します!
今でこそ上京して一人暮らししていますが、実家が串本町でした。
小さい頃からトルコ記念館・遭難碑・灯台などにも頻繁に行っていたので、トルコは大好きな国の一つです。
遭難碑がある場所は、花がたくさん植えられていて、咲く季節になるととても綺麗ですよ^^
掃除もすごく手が行き届いていて、如何に大事にされているかが良くわかります。
もっと両国の関係が良くなるといいですよね!
54. Posted by <丶`∀´>ニダ   2006年01月14日 02:58
日本の最大の不幸は朝鮮半島が隣にあることだ。
戦後補償が済んだにもかかわらず、未だに謝罪賠償喚き散らす特定アジアより、親日国家と交流を深めるべきだな。
55. Posted by p   2006年01月14日 03:43
トルコ人の友人がいるんですよ。先のサッカーのワールドカップでトルコ対韓国の試合の時にそいつと一緒にトルコ料理店に行って応援してきました。みんなしてニヤニヤしながら「でーはみんぐ」コールしたりして面白かったですw
56. Posted by I   2006年01月14日 08:11
親日国家を失望させてはだめですね。
人間関係では難しいですが、国と国との関係では、いい人はいい人であり続けなければならないと思います。アメリカは、かつての親米国家とやたらと敵対して戦争までしていますが、日本に限っては、己の利益で友人を売るようなことをしてはならないと思います。

それから…トルコで軽蔑されないように、できるだけ手足の隠れる服装をして、堅実に振舞いましょう。>日本女性
また、日本にいるトルコ人が失望して国に帰るこのとないように厚くもてなしましょう。礼には礼を…
57. Posted by X   2006年01月14日 09:33
トルコ人は日本人旅行者をよく騙します。騙される日本人も悪いですが。いいカモ、騙しやすいカモ、金持ったカモに見えるのでしょうね。情けない話ですが、事実ですし。もちろん親日家のいいトルコ人の方が断然多いですが。


何はともあれ、親日国家は大切にしたいですね。
58. Posted by crossroad   2006年01月14日 09:43
親日国家といえばモンゴル国は外せません。
来年はモンゴル建国800周年記念のビッグイベントイヤーですが、マスコミからは黙殺される可能性大の予感。
59. Posted by 彦勘助   2006年01月14日 09:50
トルコのように、他国から受けた恩は忘れないようにしたいものです。
我々日本人も、1985年のイラン・イラク戦争の時に受けたトルコからの恩は忘れず、子どもたちにも伝えるべきでしょう。それが将来の国際平和につながるでしょうから(というのは大げさかな?)。
ちなみに私はトルコの『シシケバブ』や『チーズピデ』が好きです。ああ、また食べたくなった・・・。
それにしても、トルコのような国もあれば、○○のような忘恩の国も・・・。
60. Posted by ギムネス   2006年01月14日 10:45
トルコについて興味があるなら入門編としてはやはりこの本でしょう。

「トルコで私も考えた」 1−4巻 各900円

ヤングユーコミックスワイド版
高橋 由佳利 (著) コミック (2005/04/19) 集英社

トルコ人と結婚した少女漫画家がトルコでの日常生活を紹介しています。
トルコ人の良い所も悪い所も面白可笑しく解説されています。
知人に薦められて、私はハマリました。
61. Posted by ノマド   2006年01月14日 10:51
>Xさんへ: トルコ人と一般化するのは間違いです。観光地には、印度やイランなどでも、その手のワルが必ずいます。 それがいやであれば、少しはトルコ語を分かるように努力し、かつ観光客が集まる所には近づかないことです。
62. Posted by 坂本   2006年01月14日 12:53
トルコとの話、初めて知りました。
本当、感動しました。
こういう話こそ、教科書にすぐにでものせるべきですよね!

管理人様、素晴らしい記事です。
知らせてくれて、ありがとうございました!
こう言える、大手新聞がないのが悲しいですね・・・・。
63. Posted by guldeen   2006年01月14日 19:05
>>53 庵さん
私も今は、串本から50kmほどの町にIターンで住んでおります。親父が大阪から来訪したときは、通勤で使うクルマに乗せて例の「エルトゥールル号遭難記念碑」のある樫野崎灯台まで連れて行ってあげました。それ以前に、1度目はさびしく一人で行って、碑などの写真を撮りまくっておりました。
追悼記念行事は5年ごとに行なわれており、最近でも2005年に雨の降りしきる中で行事がありました。

エルトゥールル号遭難事件については、Wikipediaも詳しいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%AB%E5%8F%B7%E9%81%AD%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

>>62 坂本さん
地元紙・紀伊民報は、この事件と救助に当たった地元民の人の献身ぶりを記す教科書が、じわじわと増えつつある記事を載せています。
http://www.agara.co.jp/DAILY/20050929/20050929_004.html
64. Posted by blackhawk   2006年01月14日 20:17
なんか、「トルコでは日本人女性が馬鹿にされ〜」とか「トルコでは日本人観光客がボッタくられ〜」とか言ってる人がいるけれど、ボッタくりに関しては中国、女性蔑視(及びレイプ)は韓国が一番酷いと思うぞ?
イヤな話だが両方とも身近で被害があったし。(中国は骨董好きの上司が西安で身包み剥されて、韓国では向こうの社員の妄言を論破しちゃった後輩の女性が「女に仕事が出来るか!」と言われて殴られた。ついでに別の子は出張してきた韓国人に襲われかけた)

日本的な感覚から言ったら、トルコだけで無く「日本以外」の全てが多かれ少なかれ弱肉強食の世界。
その辺を弁えずに「トルコは〜」なんて言ったって、自分の無知を晒すだけですよ?
65. Posted by hinomoto   2006年01月14日 20:39

 まったく仰る通りです。
日本は島国で、地続きの隣国と血で血を洗う抗争に明け暮れてきたという経験がありませんものね。四海海に囲まれて、完結した一種のアルカディア(?)だったわけですから、「おひとよし」の国民気質は当分変わりそうもありませんね。そんな国と国民を外から見たら、「どうぞ食べてやって下さい」と言わんばかりに映るのではないでせうか。まあいろいろな要因はあるでせうが、土下座弱腰外交、「差別ニダ!賠償汁、反省汁!」と言われるとすぐにあたかも自分たちだけが悪いと思い込んでしまう国民性というのは美点と言うべきか弱点と言うべきか・・・。こればっかりはつらい経験積まなければ何とも変わりようがないでせうね。
66. Posted by 親日国家と更なる交流を   2006年01月14日 23:44
こういう親日国家・・・うれしい限りです。正直今まで知らなかったことです。日本の歴史教科書はもっとこういう「いい話」というものをもっと載せていくべきです。そして、もっと交流を深めていければいいと思います。いままで日本は、こういった国家に冷たすぎたと思います。だから、これからは隣にいる反日国家へのODAよりも親日国家へのODAを重視すべきだと思います。外交も優先度は「親日国家>普通国家>反日国家」でいいと思います。それと同時に反日国家の工作員になった日本人対策もしていったら、日本も少しはまともな国家になるのではないでしょうか。
67. Posted by 無銘   2006年01月15日 00:25
串本に住んで居ます。

先日の追悼記念行事を運良く参加する事(実際はただ見ていただけですが…)が出来ました。
生憎、当日は天候に恵まれませんでしたが…

串本では、社会(歴史)の時間にこの事件のことを習いますし、
数年に一度程度ですが、トルコから人を招いたりもしています。
一昨年は、海軍大佐が来られました。
こちらからは、短期留学として、学生をトルコに派遣したりしています。
私は行きそびれましたが。

近くの反日国と、遠くの親日国。
大切にするべきはどちらなのでしょうか?
68. Posted by にゃ   2006年01月15日 00:54
>>ふぎゅさん
>>「靖国参拝はやめるべきです。アジアの国々もみんな反対しています。」
ってほざいたのに対して、櫻井よしこ先生が発した
「あなたのおっしゃるアジアってどこの国のことかしら?」

の後が気になります!!そのおばはんは何て答えたんですかー??
まぁ想像はつきますが


>>事実さん
本当ですね!感動するだけじゃなくて、日本も同じ事が出来るような国にしたいですね!
69. Posted by チャッピー   2006年01月15日 11:14
ビザンチン美術が好きでトルコには3回行ったけど、国家として戦略的に親日を演じてる印象。都市の一般人は病的な欧州コンプレックスに冒されていて痛々しいくらい。欧州では子供しかやらないアジア人観光客に対しての「チン・チン・チョン」、トルコでは大人も平気でやる。民度低すぎ。
まあ、東部の田舎の人たちは欧州コンプとも無縁で親切だったけど、西部は駄目。
個人的に一番親日だと思ったのは99年に行ったユーゴスラビア。中国人移民に荒らされる前で、みんな信じられないくらい親切だった。
70. Posted by 煬帝   2006年01月15日 13:41
外国で騙されたりするのは何処の国でもあり得るでしょう。
日本人の警戒心が無さ過ぎる方が問題。

外交レベルでは「仲良くしよう」と言ってくれる国は大切ですね。
71. Posted by 悲しい卒業生   2006年01月15日 15:28
>チャッピーさん
>国家として戦略的に親日を演じてる印象。
いいじゃないですか。
お互いに利点が無ければ友好なんて続かないですしね。

お隣は
国家として戦略的に反日を演じてる事実…ですし。
72. Posted by 非国民   2006年01月16日 13:42
自国以外は全て「反日」か「普通」くらいに留めておくべきだと思うよ。
それでなくとも単純でお人よしのおめでたい民族なんだから。

>都市の一般人は病的な欧州コンプレックスに冒されていて痛々しいくらい。
同感というより、少なくともイスタンブールあたりのトルコ人は日本なんて興味ない。彼らの眼中にあるのはヨーロッパだけ。ま、トルコのことをよく知ってる日本人なんて殆どいないからどっちもどっちだけどね。

>欧州では子供しかやらないアジア人観光客に対しての「チン・チン・チョン」、トルコでは大人も平気でやる。民度低すぎ。
あれ「チャン・チュン・チョン」だと思ってたら「チン・チン・チョン」だったのか。
73. Posted by かわたろう   2006年01月16日 18:01
親日国の話は、読んでいて嬉しいですね。
パラオやマレーシアなど親日国は多くあります。
むしろ、中・韓の方が世界各国で嫌われているようですね・・。
私も、駄文ながら記事にさせていただきました。TBさせてください。
74. Posted by 北辰H   2006年02月13日 19:53
遅ればせながら、感動しました。
小泉首相が謝意を述べたというところも
この国の国民として嬉しいです。
TBさせて頂きました。
75. Posted by cheap soccer cleats   2011年05月31日 12:07
私はただ見て、私はコメントしない
76. Posted by wholesale shoes   2011年05月31日 12:07
私はただ見て、私はコメントしない
77. Posted by polo outlet   2011年05月31日 12:08
私はただ見て、私はコメントしない
78. Posted by pasang iklan baris   2011年11月12日 13:35
自力で近代化出来なかった。自力で独立も出来なかった。この劣等感は「龍馬伝」を楽しんでいる日本人には理解出来ないだろう。
79. Posted by bisnis online   2011年11月12日 13:38
仮に、竹島に韓国民の居留実績があったり、島で活動中であったのを追い出したのならともかく、全くそのような痕跡もないのに何故自国の領土と主張されるのですか。鬱陵島から見えるだけで(それもはなはだ怪しいのですが)、自国の領土と主張されるセンスを疑います。昔の東洋的な感覚(単に見えるということ)と近代の国際ルールとは全く違います。韓国民が竹島へ渡ったという文献的根拠もはなはだあやしいものです。海洋民族でない韓国の人が何で岩礁にすぎない竹島へ渡る必要があったのですか?単に見えるというのでは根拠になりません。これまで、何故韓国民が竹島へ渡る必要があったのか合理的な説明を聞いたことがありません。
80. Posted by Montblanc   2012年01月07日 10:38
旅行現金マエストロ
81. Posted by amcap free download   2012年01月08日 04:34
アーヴィングテキサス州の旅行代理店
82. Posted by spill milk notebook   2012年01月13日 20:51
ジュネーブの旅行代理店
83. Posted by savanna2jungle download   2012年02月13日 20:12
vancityの旅行保険
84. Posted by tth download   2012年04月01日 13:57
エドモントンの旅行代理店
85. Posted by vt320 download   2012年05月23日 18:31
カルパソスに移動
86. Posted by ares new download   2012年05月24日 14:48
旅行カタン
87. Posted by Hetasupa   2012年10月09日 21:45
トルコかぁー。この話は有名だしウチの学校の道徳の教科書にも載ってたな。まだやってないけど。

いっぺん行ってみたいし本場のドルマ食べたいな のびのび
88. Posted by トリーバーチ   2012年10月16日 17:56
のうち650万円を川端エンジニアリングが手
89. Posted by モンクレール メンズ コート   2012年10月16日 18:36
中村優(大阪・関
90. Posted by AGEN SBOBET   2012年11月25日 16:24
親日国の話は、読んでいて嬉しいですね。
91. Posted by AGEN BOLA   2012年11月25日 16:24
外国で騙されたりするのは何処の国でもあり得るでしょう。
92. Posted by AGEN BOLA   2012年11月25日 16:25
年、知る人ぞ知る「エルトゥールル号事件」が起こり、 以後、トルコ側からの対日感情は、日本側からの想像を超えるものになり、 それが、日露戦争で増幅さ...
93. Posted by BUY COMPUTERS ONLINE   2012年11月25日 16:25
周りに異常な反日国があるせいか、中朝韓との違いがこれでもかという程見えてしまいました。小泉首相がトルコを訪問しましたが、かなり歓待されたそうです。 以下引用 小泉純一郎首相がトルコを訪問し、両国関係の強化を打ち出したことについて、トルコのメディアは十...
94. Posted by ELECTRONICS STORES   2012年11月25日 16:25
以前何で知ったのかは忘れたが、イラン・イラク戦争の時に在留日本人を救出したトルコのお話と、このときから100年近く遡った明治時代の日本とトルコ(当時はオスマン帝国)のお話を思い出す記事があった。
95. Posted by プラダ 財布 メンズ   2013年11月20日 13:38
“Sure,” said Crooks. “And a manure pile under the window. Sure, it’s swell.”
プラダ 財布 メンズ http://sfceed.jp/blog/waseda02/data/prada1.php

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: