2023年10月05日

20231005_TORQEU_G06_1

つい先日発表されたau TORQUE G06。そのあまりの精悍なデザインに一目惚れ、これはGoogle Pixel8よりも欲しいかも・・・・iPhoneと比較すると税込98,000円と比較的購入しやすい価格であることにも押され、Pixel8にするべきか?TORQUE G06にするべきか?遅疑逡巡になってしまった。


以前TORQUE G04を所有していたので、おおよその使い勝手は分かっている。カメラ性能は悪い、バッテリー持ちも悪い、ややモッサリ感は拭えないと悪い点ばかりが目立つが、そのデザインは唯一無二の比類なきもので所有感を満たしてくれる。G05は購入しなかったので、いやが上にも購買意欲は高まるというものだ。

さて10月05日(木)早朝のPixel8発表会。お目当てはPixel8 128GB一択だ。自分はデカい携帯があまり好みではなく、iPhone Pro Maxや Pixel Proの最上位機種は過去一度も購入したことはない。横幅72ミリ以下の携帯が好みなので、Pixel8の横幅70.8ミリの記事を読んでいたら思わず小膝を打ちたくなった。

2023-10-05-Google_Pixel8_5

2023-10-05-Google_Pixel8_4


これは買いかも・・・・実はPixel7購入時に付与されたGoogle Storeクレジットが21,000円残っており、有効期限は本日まで。つまりPixel8購入の可否は本日中に決断しないとマズいのだ。価格を見ると、税込102,636円とPixel7よりもなんと36%もアップしている。

昨年度のPixel7発売時は大盤振る舞いで思わず食指が動いたが、さすがに今年はそこまで甘くはなかった。それにしても7年間OSアップデート保証とは大風呂敷を広げたものだ。歴代iPhoneのOS保証期間一覧はこのサイトに詳しいが、iPhone6s/6s Plusは7年間を保証しているので、向こうを張る必要あり!とのことなのだろう。

Pixelシリーズに期待するのはiPhoneよりは抑えめの価格ながらも、Androidの最先端機能を提供してくれること。正直過不足のないデザインなので、冒頭で記載したau TORQUE G06のように所有欲を満たしてくれるようなデザインではないが、裏面のカメラ配置を見ても個性的であることは間違いない。

まあデザインは良し、価格は目安としていた10万円越えだけれど、最重要視するAndroid最先端機能はどうなの?と調べるとこれがかなりのてんこ盛りなので正直驚いた。

ベストテイク
複数の画像を合成して最適な1枚をつくる機能で、集合写真を撮った際に誰かが目をつぶり、正面を向いていないといった状態を避ける。

動画ブースト
夜間に撮影した際などの画質を改善する。

生成AI・Bard(バード) & 音声アシスタント・グーグル・アシスタントの組み合わせ
「今週受け取った重要なメールを見せて」「この写真に適切なキャプションを付けて」といった指示に応えられるようにするらしい。

その場で翻訳
リアルタイム翻訳では、対面の会話をその場で49の言語に通訳できるほか、メッセージの音声文字変換を行ったり、看板を翻訳することが可能。

【Pixel7・下取り価格43,100円+ストアクレジット21,000円】なので実質購入価格は48,800円。次年度に使用可能なストアクレジット30,000円なので大盤振る舞いとは言えないものの、これ以上欲をかいたらGoogleさんに怒られそう。アップルも見習ってほしいもんだと思いつつ、10月12日の到着を待つことにした。

2023-10-05-Google_Pixel8_6


Lancer2000lancer2000 at 22:20│コメント(8)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年09月26日

2022年10月初旬にGoogle Pixel7を購入したときに、21,000円のGoogleストアクレジットを付与された。Googleストア内でのみ使用できるクレジットで、当時は噂されていたPixel Tabletの購入資金に充当しようかと考えていた。

が、iPad mini6,iPad Pro12.9inch(2022)と大小2種類のタブレットを所有しているので、10.95型のPixel Tabletを追加購入しても新鮮味は薄い。Google謹製Androidタブレットへの関心は高いが、付け入る隙が全くない天上天下唯我独尊とでも表現すべきiPad Pro12.9inch(2022)を愛用していると、Pixel Tabletへの食指が動きにくかったのは事実だ。

20230926_Pixel8

以来ストアクレジットのことはすっかり忘れていたが、つい先日複数回にわたってGoogleストアからメールが届いた。2023年10月5日までにストアクレジット21,000円を使用しないと失効しますよ!!との注意喚起&購入督促メールだ。

21,000円あればUSB-C対応のAir Pods2が一番欲しいんだけれど・・・・・さすがに問屋が異なるからダメだよね、さてとどうしようと沈思黙考。いや待てよ?Google Pixel8の発表日はいつだっけ?調べると、現地時間10月4日午前10時・日本時間では10月4日(水曜日)23時より開催するとのことだった。

つまり10月5日(木曜日)早朝に起きてPixel8の機能・仕様・価格を確認したら、即断即決しなければならないわけだ。iPhoneであれば発表日と予約日にはタイムラグがあるので情報を収集する時間が残されているが、今回のPixel8はそうは問屋が卸してくれない。

前向きに購入を検討しているが、予想外に高価格だったらどうしよう?そのときはPixel Watch2でも買っておくか?いやGoogle Nest Camもいいかもね・・・・・と妄想は膨らむ。ネットを巡回して見つけた記事【Pixel8とPixel8 Proの米国における価格がリーク。8のみ100ドル値上げ】によると、Pixel8は約10万円らしい。

iPhone15 Pro 128GB/税込159,800円と比較するとかなりお買い得の金額だが、ストアクレジットを利用すれば8万円で購入出来る。ちなみに現所有のPixel7/128GBはショップでの買い取り価格が4万円強。つまりうまく事が運べば、実質4万円でPixel7/128GBを購入することが出来るわけだ。

2022年10月10日【Google Pixel7を実質12,750円で購入した】のような大盤振る舞いはさすがに今年はやらんだろう?米国同様に13万出すからPixel Wathc2をセット販売してくれたら嬉しいかも・・・・・などと期待が膨らむが、実質4万円強でPixel8が購入できるのであれば、これは悪い話ではない。

さて、ここで1年間Google Pixel7を使用した感想をまとめておくと以下の通りだ。

●バッテリー持ちが悪い
●カメラ連写で発熱する
●顔認証の精度が低い

iPhone14 Proはハイエンド、Pixel7はミドルハイなので同じ土俵で比較するわけにはいかないが、携帯電話としての完成度はやはりiPhoneの後塵を拝する。特に改善して欲しいのがカメラ連写時の発熱とバッテリー持ちの悪さ。

行楽地に出かけるとき、自分の使用方法でiPhone14 Proであればモバイルバッテリーは不要だが、Pixel7では必須。特にカメラを多用するとあっという間にバッテリーが減少し、しかもかなりの発熱量となる。当代随一のSoCであるA16 Bionicと比較するのも酷かもしれないが、Tensor G2は未だ発展途上だ。

これらの点を除けば、iPhoneと伍する名実ともに代表的なAndroidスマートフォンであるだけに、Pixel8への期待は高い。Google生成AIとの親和性の高さを売りにしたAndroidスマートフォンとして登場することを切に望んでいる。

Lancer2000lancer2000 at 23:04│コメント(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年09月21日

律儀にも毎年iPhoneは新型機種に乗り換えているが、それに連れてApple Watchも・・・・というわけにはさすがにいかない。近年iPhone Proシリーズはハイエンド路線まっしぐらなので、Apple Watch Ultraを購入したら2台で30万は確実だ。ちなみに現在使用しているのは、3年前に購入したApple Watch6。

20230921-Apple_Watch_1

Apple Watch3→Apple Watch6に機種変更した結果

平日は朝から晩まで使用して帰宅後に充電、寝るときに再び装着する。土日祝祭日は外出時のみ着用といった使い方を3年間繰り返してきた。モバイルSuica決済・天気予報・SNS着信音・各種健康測定・睡眠測定などかなり使いこなしている方だとは思う。

3年経過して動作速度が遅いとか?もっさりしているとかいったことはなく、まだまだ充分に使えそうだ。ところがApple Watch9の機能を見ていたら急にやりたくなってきたのが、ダブルタップ。こういう物珍しい所作を見ると途端に欲しくなってしまうのだ。

Androidスマートウォッチは最近購入していないので断言は出来ないが、このダブルタップのような動作は多分アップルの独壇場のような気がする。っていうかWearOSじゃ無理なんじゃない?と思っているが、アプリ・ハード垂直統合のアップルならではの真骨頂と言っていいのかもしれない。

20230921_Apple_Watch_2

現在の購入優先順位は、iPhone15 Pro→Google Pixel8→Apple Watchなので余力があったら購入したいが、いや待てよ、10月4日には確かGoogle Pixel2も発表されるはず。満を持しての2代目登場だけに初代よりも圧倒的な完成度でリリースされるのは疑う余地のないところだ。Pixel2もかなり欲しいかも・・・・と最近は一人悦に入って妄想をしている。

と、そんなことを考えていたらこちらの気持ちを見透かすかのように【Apple Watchの買い替え時は3~5年? バッテリー劣化やOSサポート終了との関係を解説】なる記事が流れてきた。何でも【判断基準はバッテリー劣化、OSサポート終了、使用感の悪化など】で決めるべし!とのことで、この基準に照らし合わせると自分の場合はまだ交換不要になるが・・・・


購入するべきか?それとも見送りか?で逡巡しながらYouTubeを巡回していたら【Apple Watch選びの"絶対法則"について話をさせてください。】という動画が見つかった。【全てのアップル製品の中で一番最新モデルが必要無い製品、つまり旧型を狙え!】との結論には笑ってしまったが、実際言われてみると確かにそうかもしれない。

【毎年のアップデートでは1つか2つの新機能が搭載されるだけなので、ほぼ変更点はない】【シリーズ5以降の人は買い換えても多分大きな感動はない】との分析も素晴らしく、言い得て妙だ。とはいえ興味津々のダブルタップは現所有のApple Watch6では使えないし・・・・やっぱりここは10月4日のGoogle新製品発表会次第かなという気がしている。

Lancer2000lancer2000 at 22:56│コメント(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック