2018年10月14日

発表日当日のブログ記事作成に熱中するあまり、肝心のグーグルPixel3の購入申し込みがおろそかになってしまった。普通の人たちはこういう携帯電話を買わないから、2,3日遅れても大丈夫でしょ?ぐらいに考えていたのが甘かった。まさに逡巡、好機を逃すの典型的な事例だが、現時点でもPixel3の申込窓口は閉鎖状態で、この調子だと手に入るのは12月ぐらいだろうか?

さて前記事ではGoogle Pixel3に否定的な掲示板の書き込みを掲載したが、自分はPixel3を購入することにした。iPhoneXSはeSIM搭載が決定打となったが、Pixel3のそれは"auの相互接続性試験をクリアした機種として、グーグルが提供するスマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」を追加した"からだ。

SIMロックフリー機種を所有している人は先刻承知だろうが、auは基本自社販売スマホしかLTE接続できないようにしている。なのでPixel3のように3キャリアが公式に接続を発表している機種は、iPhoneを除くとおそらく指を数える程度だ。

au製Google Pixel3の販売見送りに対する妥協案として、発表日初日に接続試験合格を公式サイトで披露したことは想像に難くないが、いずれにしてもこれで3キャリア公式接続、そしてFeliCa対応のSIMロックフリー機種が販売されるわけだ。

以下、自分なりにGoogle Pixel3発表会を見て感じたことを書いていくことにする。まずは短所から。

■一見するとコストパフォーマンスが悪い。
■iPhoneデュアルSIMに対してシングルSIM。
■下取り価格がiPhoneよりは多分安い。
■Apple Watch対抗馬が存在しない。
■FeliCa対応による購入後に発生する障害。

一番心配しているのは、FeliCa対応による購入後に発生する障害で、OSアップデートやセキュリティアップデートの遅延を懸念しているのはもちろんだが、それよりも心配なのが例えばアップデートしたらBluetoothイヤホンから音が出なくなった、あるいは無線LANの接続性が悪くなった・・・などの障害だ。

どうやら国内版Pixel3は日本専用機種であるために、FeliCa対応への検証はどうしても後回しになる。アップデート後に予期せぬ障害が発生する確率は0ではないような気がするが、このあたりiPhone & FeliCa同様にトラブル無しでいけるのかどうか?グーグルが満を持して3年ぶりの国内販売に踏み切るだけに単なる杞憂に終わることを期待している。

そして事前予想が皆無だったことから期待はしていなかったが、出来ればGoogle謹製のスマートウォッチを発売して欲しかった。ネットでは純正スマートウォッチ発売を望む声も少なくないようで、かくなる自分もその一人。

現時点で、iPhone,Apple Watch,AirPodsの組み合わせはモバイル史上比類がないほどの圧倒的な完成度を誇っているが、Pixel3,Pixel Budsと揃っているだけにどうしてもスマートウォッチには期待してしまう。

Google、今年は独自スマートウォッチを投入せず Pixel Watchの噂もありましたが……
これまで海外サイトなどでは、GoogleがPixel Watchを「Pixel 3」と同時に10月のハードウェアイベントにて発表すると伝えられてきました。また9月10日には、クアルコムはWear OSデバイスを発展させる新型プロセッサの発表会を予定しており、Googleのスマートウォッチにもこのプロセッサが搭載されると期待されていたのです。

さらについ先日には、GoogleはWear OSの最新バージョンを公開しました。ですので、これらがGoogleのPixel Watch発表の予兆だと思っていた人は、おそらくがっかりしたことでしょう。

次に挙げたいのはやっぱり価格。元々XLではなく小型のPixel3を狙っていたが、さすがに7万円は無理にしても85,000円前後かな?と思っていた。64GBでは支障を来すから128GBを選択する予定だが、となると税込み107,000円とまさかの10万円越えだ。

なんだか対iPhoneで無理矢理高価格を演出している気がしないでもないが、2019年3月期末MNP一括乱売の可能性も少なくないだけにもう少し下げて欲しかった。

とはいえ価格を除けばそれほど気になる短所もなく、3年ぶりの国内販売、HTC統合後の初の謹製スマホ、3キャリア完全対応、FeliCa対応と個人的には琴線(きんせん)に触れまくる素晴らしい出来映えとなっている。

ネットでは今時周回遅れのSnapdragon845に10万も出せないよ、という意見も散見されるが、これ、気持ちはものすごくよく分かる。自分も新型CPUが搭載されるたびにそれこそ1年前後でWindowsパソコンを買い換えていた時期があり、スピードこそ命を金科玉条のごとく守っていたからだ。

が、その考えも時代とともに変わり、今ではトータルバランスを最重要視するようになってきた。アップル製パソコンのMacBook Proなどを使用している方ならご理解いただけるかもしれないが、MacBook Proは他のWindows PCと比較して突出している機能・仕様は何一つない。

というよりも個々の機能・仕様を同価格帯のWindows PCと比較すると見劣りすることの方が多いのだ。にも関わらずアップルがチューニングすると数字だけでは決して表すことのできない満足度が飛躍的に上昇し、圧巻の完成度を誇る。

過去何十台もWindows PCを購入してきたが、ここ10年前後はノートブックに限って言えばWindowsノートブックは購入を止めて、全てMacBook Pro & Boot CampでWindows PCを動作させている。

Windows専用ノートPCを購入するよりもMacBook Pro & Windowsの組み合わせの方が満足度が高いからだが、となるとグーグルにもそれを期待したく、HTCをわざわざ自社に組み込んでまで開発したスマホも、ハードウェアだけに目線を合わせているようでは到底理解できないような気がするのだ。

もし本当に4K動画・無制限保存可だとしたらこれはスゴすぎる
20181014_Pixel3_1

「データとAIでiPhone超え」 グーグルスマホ担当者
2018/10/10 12:00

米グーグルが10日、自社開発スマートフォン「Pixel(ピクセル)」の最新モデルを日本に初投入すると発表した。グーグルがユーザーから蓄積した膨大なデータと人工知能(AI)を組み合わせ、カメラ補正など様々な機能を充実させた。発売に合わせ来日したナンダ・ラマチャンドラン上級ディレクターは「データとAIを生かし米アップルのスマホ『iPhone』を乗り越える」と話した。

■グーグルのサービス、最優先で搭載

ラマチャンドラン氏はピクセルがiPhoneなど競合スマホに比べて優位なのは「(グーグルのサービスを通じ)長年集積した膨大なデータを学習させたAI」にあると強調した。たとえば笑顔やまばたきを認識し、写真の写りを良くするカメラ補正のほか、利用者の使い方のパターンを踏まえ、電池を長持ちさせたり、画面の輝度を変えたりする制御などにAIを使っている。ピクセルのカメラで撮影した商品をネット通販で直接買える機能も開発した。

さらにピクセルには「グーグルの様々なサービス・ソフトがいち早く配信される」(同氏)のも魅力だ。iPhoneはもとより、グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した韓国サムスン電子など他社のスマホよりも優先される。

グーグルは、これまで欧米中心に販売していたピクセルの販売地域をiPhoneのシェアが特に高い日本や台湾にも拡大。今後もさらに販売地域を広げていく。

ピクセルの過去2モデルは、音声自動応答の日本語対応や、非接触IC「フェリカ」への対応に手間取り、日本での発売が先延ばしになっていた。だが日本は、アンドロイド向けアプリ市場でも世界有数の規模がある。アプリの開発者はピクセルを購入すればグーグルの最新のOSを使って開発を進められる。こうした、確実に計算できる法人需要がある。日本ではピクセルの販促にコンテンツやアプリの利用を促す購入補助特典などもつける。

販売地域を拡大するのを機に「廉価版を開発する可能性もある」(ラマチャンドラン氏)という。現在の価格は記憶容量64ギガバイトの5.5型で799ドル(約9万円)。アップル同様にブランドを毀損しない形で提携先の通信会社や小売店の店舗内にグーグルブランドを強調したブースを増やす計画だ。

■スマホの競争軸変えられるか

ラマチャンドラン氏はピクセルを開発する目的を「グーグルのブランド価値の向上」(ラマチャンドラン氏)と話す。ピクセルをグーグルのサービスの「ショーケース」と位置づける。同社のスマホ開発はアップルに近く、ソフトとハードの一体で開発する形だ。スマホを、同社が強みを持つネットサービスへの入り口として位置づけ、ハードへの投資がしやすい体制を整えてきた。

米調査会社IDCによると、4~6月の世界のスマホ出荷台数は前年同期比1.8%減の3億4200万台。ピクセルの2017年の出荷台数は390万台規模で、販売は伸びているが主力の米市場でのシェアは3%程度にとどまる。開発コストがかかる端末だけで採算をとるのは難しい。それでもグーグルは18年に台湾スマホ大手、宏達国際電子(HTC)の開発部門の一部を買収し、スマホ自社開発への投資を拡大している。

同氏は「先進国でスマホ市場は成熟し、市場開拓の余地は小さくなっている。だが、データを活かしたAIによってスマホ開発の新たな軸を生み出すことは可能だ」と指摘する。

スマホなどの端末開発はこれまでアップルが先行してきた。ユーザーの規模の大きさを、部品調達と開発で有利に働かせるやり方だ。だが端末の新機能の多くがデータやサービスからもたらされるようになり、スマホ戦略は大きく変わりつつある。これに合わせてグーグルはアップルを追う体制を整えつつある。データ活用やAIの開発力では後れを取ったアップルの方もプライバシー保護を前面に出すブランド戦略で違いをアピールしている。

スマホの競争軸が「ハードの完成度」から「データ」に移る。iPhoneの金城湯池だった日本市場をピクセルがどこまで崩せるか。その販売動向はグーグルのデータ戦略の真価を占う上で重要な意味を持っている。

■グーグルのサービスを通じ長年集積した膨大なデータを学習させたAI。
■笑顔やまばたきを認識し、写真の写りを良くするカメラ補正。
■利用者の使い方のパターンを踏まえ、電池を長持ちさせたり、画面の輝度を変えたりする制御。
■ピクセルのカメラで撮影した商品をネット通販で直接買える機能。
■スマホの競争軸が「ハードの完成度」から「データ」に移る。

もちろん前々記事で書いた
■Google理想のAndroid Worldが提供される。
■必要最低限度のアプリのみで構成される。
■マイナーを含めOSの更新頻度が早い。
■最新のセキュリティパッチを適用できる。
■Androidの中でも最高のカメラ性能を誇る。
■無圧縮・無制限で写真動画のUPが可能である。

も魅力的だが、ハードウェアの個々の機能や仕様よりも、ユーザから収集したAI学習機能をソフトウェアに取り込んだ完成度の高い逸品をGoogle Pixel3には期待しており、iPhoneXSとは甲乙付けがたいのではないか?そんな気がしている。

Lancer2000lancer2000 at 16:26│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年10月10日

情報の価値は鮮度と正確性、この二つに集約されると言って良い。いくら正確でも時宜を逸した情報には誰も見向きもしないのと同様に、速報であっても正確性に欠けると判断された情報はフェイクニュースと疑われ埋没してしまうからだ。従って理想は鮮度と正確性を兼ね備えた情報だが、言うは易く行うは難し・・・・・

鮮度と正確性の両要素を追求するあまりタイミングを失すると、他社にリークを出し抜かれる可能性も少なくない。ゆえに提供側としては二兎追うものは一兎をも得ずではないが、見切り発車で掲載しなければならないときもあると言っていいだろう。2018年9月12日、日経新聞に掲載された【グーグルスマホ、10月にも日本に iPhoneに対抗】はその典型的な事例だ。以下再掲する。

グーグルスマホ、10月にも日本に iPhoneに対抗
2018/9/12 21:45

米グーグルが10月にも自社開発のスマートフォン(スマホ)「ピクセル」を日本市場に初めて投入する。新型機の販売についてソフトバンクグループやNTTドコモと交渉している。本体価格は7万円以上になる見通しで、米アップルやソニー、韓国サムスン電子が押さえている高級スマホ市場に割って入る。

グーグルは米国で10月9日に新型スマホを発表する予定。同社が2016年から販売するスマホ「ピクセル」は米国で、アップルの「iPhone」の最上位モデルの有力な対抗機種として評価が定着してきた。未発売だった日本にも投入する方針を固めた。

グーグルは音声認識や自動応答、画像処理といった先端サービスへの入り口としてスマホやスピーカーなどのハードウエアを開発している。強みを持つソフト開発力をカメラの補正処理、音声操作といったスマホの機能にも応用している。

同社は18年に入り、台湾のスマホ大手、宏達国際電子(HTC)の開発部門の一部を買収した。同社はグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を採用したスマホ開発の経験が豊富で、新モデルはグーグルが元HTCの人材を取り込んで開発した初のモデル。

日本のスマホ市場では首位のアップルが半分近くのシェアを握る。残り半分をソニーなどで分け合うが、ここにグーグルが加わる。グーグルのOSの最先端機能が実装されたスマホとして、ヘビーユーザーを中心に一定の需要が見込まれる。

何の前触れもなく唐突に掲載されたこの日経新聞記事は、Androidマニアたちの間で燎原の火のように燃え上がると同時に、大いなる期待を持たせることになった。なにしろ約3年ぶりの純正Androidスマホの国内発売、そして比較的求めやすい【本体価格は7万円以上】とあらば、堰(せき)を切ったように各種掲示板でマニアたちが書き込みをするのも無理はなかった。

20181010_Pixel3_1

ライバルiPhone XS Max 512GBは税込み177,984円という前代未聞の、いやもとい驚天動地の価格で登場したが、Androidならではの、ハイエンドとは言いながらも比較的求めやすい価格帯での入手を予想させる【本体価格は7万円以上になる見通し】の文言にマニアたちは心躍った。

そして情報がダダ漏れだったこともあり発売されるのは4機種であることが事前に判明すると、価格帯は4機種それぞれ7,8,9,10万円前後ではないのか?との噂がまことしやかに囁かれる。

周回遅れSnapdragon845搭載、シングルカメラレンズ搭載、ハードウェア的に他機種はおろかiPhoneXS & XS Maxを凌駕する機構装置は搭載されないことが確実視されていたために8~10万が妥当な数字だろう、ハイエンド路線一直線のiPhone XS & Maxよりはかなり下回る価格で発売されることは確実だ、マニアたちはそう読んだ。

iPhoneXSとXS Maxには最上位機種として512GB機種が存在するが、Google Pixel3にはない。そこでiPhone XS,XS Maxの256GB機種で価格を比較する。

■iPhone XS 64GB 121,824円
■iPhone XS 256GB 140,184円
■iPhone XS Max 64GB 134,784円
■iPhone XS Max 256GB 153,144円

■Pixel3 64GB 95,000円
■Pixel3 128GB 107,000円
■Pixel3 XL 64GB 119,000円
■Pixel3 XL 128GB 131,000円。

発売されるグーグルPixel3の大小2機種のうち、横幅68.2ミリの小型Pixel3はiPhoneXSよりも求めやすい価格で発表されたが、本命とされるグーグルPixel3、つまり横幅76.7ミリの大型機種はiPhoneXS Maxに敵愾心(てきがいしん)を燃やすかのように131,000円。

予想価格、期待価格、願望価格のさらに斜め上を行く法外価格にマニアたちは周章狼狽し、そして茫然自失とした。機能・仕様と価格との釣り合いが取れていないのではないか?この仕様であればこれに見合う中国製端末、しかもリーズナブルな価格で入手できる端末はいくらでもあるのではないか?

そして発売日が発表されると、さらに追い打ちをかけるかのように鬼胎(きたい)を抱くことになる。Pixel3の米国発売日は10月18日(木曜日)だが、ここ日本では遅れること2週間後の11月1日(木曜日)。この遅滞は、いわゆる現時点ではガラパゴス機能と言っても良いFeliCa搭載のためではないのか?最新OS享受、新機能賞味を第一目的として購入を画策するマニアたちにとって、FeliCa搭載のために発売が遅れることを看過することは出来なかった。

角(つの)を矯(た)めて牛を殺す、という故事がある。牛の曲がっている角をまっすぐに直そうとして、かえって牛を死なせてしまうことから、小さな欠点を直そうとして、かえって全体をだめにしてしまうたとえだが、FeliCa搭載はまさに角(つの)を矯(た)めて牛を殺す、小さな親切 大きなお世話というわけだ。

Google Pixel/Pixel XL シリーズ Part19
15 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2018/10/10(水) 01:32:20.01 ID:hGg9hgCc [2/2]
こっちも
日本版はeSIMが消されてfelicaがつくローカライズされる。
アップデートに支障がでるのは間違いない
https://i.imgur.com/HCBM90a.jpg
https://i.imgur.com/NJRiulY.jpg

17 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 01:33:11.44 ID:hdNwCiR3
普通の3の投げ売り来い!って祈りながら冬に備えるわ

27 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 01:37:59.27 ID:qvbceJAe [1/2]
劣化版の845で9万ってやる気あるのかよ

44 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2018/10/10(水) 01:45:04.72 ID:ZlMyJtWM
10万もだしてiPhone7レベルのスマホなんか買わねえよ

62 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 01:55:54.06 ID:9S2aIase
よっぽどのGoogle信者じゃなきゃOnePlusかXiaomiにいくわな

71 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 02:01:13.77 ID:u8v1zXJT [1/2]
スカるには理由がある
毎度毎度このクソ高い価格で出してて何の自信があるのか問いただしたい

75 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 02:05:55.30 ID:H6LFDYeh [11/15]
無印をキャリアでぶん投げる時にMNPで買ってコンデジとして使う。
うんコレに決まり

102 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 02:25:09.19 ID:ba00GTc/
根本的になんか勘違いしてるんとちゃうか

111 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 02:38:23.47 ID:AcO4cbhg
FeliCa搭載は歓迎だけどアップデート遅れなければいいが…
日本だけ独自仕様とか最悪…

162 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2018/10/10(水) 07:22:48.91 ID:Cz9qqN0Q [1/4]
普通の日本なら「10万出すなら iPhone買うわ」ですよねーw w w

174 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2018/10/10(水) 07:30:19.03 ID:9sd5LHQg [3/15]
むしろこの内容で肯定的になれる人が羨ましい

175 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 07:32:02.94 ID:BM4/A0Lr [3/3]
これといってiPhoneより明らかに性能突出していい
と思うところがないな
この価格差ならiPhoneで別によくね

179 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 07:40:06.70 ID:lFClhGOJ [1/2]
今回大爆死して撤退やろなあ
Pixel4からはまた輸入せな手に入らない時代に…

196 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 07:53:51.96 ID:ggCcAcff
iPhone市場に殴り込みみたいな提灯持ち記事があったがこの価格じゃ勝負出来ないだろ
Pixel買うのなんて殆どオタクだけなんだし
ローカライズは悪いことじゃないけどトータルで考えるとねぇ…

218 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2018/10/10(水) 08:22:59.74 ID:DKXPo9Ee
ミーハーには理解不能
これの凄さが分かるのはかなりのオタだけ
150g以下でSD845という時点で競合機が存在しないとか
瞬時に見抜ける奴にしかわからないだろう

256 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 08:57:30.41 ID:t3biJqwo [1/2]
どんな勝算があって日本市場に戻ってきたんだろうな
どんな計算しているのかガチで気になる

271 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 09:25:12.62 ID:wZ7Gb1j5
Pixel3に失望した方の移動先

■Androidじゃなくても良い人
iPhone

■ピュアだか素のAndroidじゃなくても良い人
Xiaomi Mi MIX3
OPPO Find X
Vivo Apex
Pocophone F1
OnePlus 6T
Huawei P20 Plus

■FeliCa・アップデートが少し早い
AQUOSシリーズ Android One

283 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 09:40:13.46 ID:wd7YF/j7 [2/2]
>>278
GooglePayでSuica対応って宣伝してるのにGoogle謹製の端末が非対応とかあり得ないでしょ

289 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 09:49:49.15 ID:UoyD5HyS
>>283
ここでそれは言わない方がいいよ、すげぇー叩かれたし

321 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2018/10/10(水) 11:17:27.34 ID:gb93IZi2 [1/7]
色々不満はあるけど、まあ買うよ・・・

327 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 11:30:57.67 ID:1/VabqVH [3/4]
Androidのリファレンス機として、買わないわけにはいかないんだよね。
って人は多いだろね。
性能はそんなに不満ないけど、値段は大いに不満。

479 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2018/10/10(水) 15:00:48.48 ID:gb93IZi2 [6/7]
キャリアとしては今回も「分かってる人しか買わない・売りたくない」端末だな
いくらおサイフケータイ対応とかいっても1年後に鬼割引されるのは目に見えてるわ

500 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 15:22:29.66 ID:PZa26U6Q
劣化版SD845
RAM 4GB
Single SIM
糞ダサでかノッチ
低バッテリー容量
価格は10万

中華に完敗!

572 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2018/10/10(水) 16:32:29.86 ID:TuE+wTr2 [2/8]
確かにDualSIMとかRAM6GBとか欲しいけど、それ以上にFeliCaやBand8,18,19が欲しかったからそこまで文句無いな
PixelでdocomoMVNOやUQmobileが使えるのは本当に助かる

585 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2018/10/10(水) 16:48:15.97 ID:6ZxJiOdH [10/10]
10万もするフラッグシップ機並の価格なのにそれらと比べて性能が落ちる
3代目なのに初代pixelと同じ4GB

632 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/10/10(水) 18:24:14.08 ID:N+7UNFjn [20/22]
「Pixel 3」はau VoLTEもつながる
https://japanese.engadget.com/2018/10/10/pixel-3-au-volte/

683 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2018/10/10(水) 19:20:28.39 ID:T2InzD4x [4/10]
でもなぁ
Nexus5Xの例で言うと、このpixelもすぐ投げ売り端末になるんじゃね?
スペック低いし、google謹製端末って言っても一般人にはどうでもいいことだし。
それより一般人はおサイフケータイ機能、フルセグ、カメラ機能最新でてんこ盛りって言う、
XperiaやGALAXYを買うんだから。
ここで盛り上がってるスマホヲタクには以外はたぶん魅力的端末ではない。
スペック低いならdocomo withの方が安いじゃんって言う一般人が多数だし。
俺の予想では年末年始には一括0円端末、購入サポート端末の仲間入りかと。

【追記】記事投稿を優先しました。書き込んでもらいました方々、今しばらくお待ちください。

Lancer2000lancer2000 at 22:25│コメント(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年10月06日

DSDSな香港版「iPhone XS Max」を入手 こんなワクワクは久々だ

香港版 iPhoneXS MaxはFeliCa対応なのでモバイルSuicaが使えるとのこと。もし香港版 iPhoneXSが物理デュアルSIMだったらこれはもう、すわっ、香港!の一大事だったかもしれない。

アップルオンラインショップで購入したばかりのiPhoneXS 128GBは売却して、嫁さんと一緒に【香港iPhoneXS・物理デュアルSIM購入ツアー】を企画しなければならないところだった。その意味では香港版iPhoneXSはeSIM搭載で良かったのかもね、と安堵しているところだが、舞台は風雲急を告げているのは確かだろう。

なにしろ日本時間10月10日発表のGoogle Pixel3まであと指折り数える程度。まさかのキャリアPixel3発売でグーグル公式オンラインショップ未発売の肘鉄砲を食らわせるようなことはないとは思うが、油断は出来ない。

Apple Watch4購入を見送ってまで正座待機しているのだ。グーグルには過去2年連続で純正Android端末投入を見送った責任を取って欲しいぐらいだが、そういえばNexsu4、9か月遅れで日本に投入したという悪しき前例があるから、まさかのどんでん返しでPixel2発売なんてことはないよね・・・・

捲土重来ではないが、FeliCa対応、あるいはProject Fi展開なんてやってくれたら、諸手を挙げて大喜びしてしまうのだが、正式発表が期待されるグーグルPixel3、実はGIZMODOに発表を前にして完全図解が掲載されている。

情報がダダ漏れで隠す気なんてさらさら無いからね、というグーグルの太っ腹な方針には感謝したいが、個人的にはPixel3 XLではなくてPixel3の一本釣りで決定している。iPhone同様に大画面化よりも使い勝手を優先したいので、横幅68.2ミリは自分にとって感謝感激のベストサイズそのものだ。

さて、GIZMODOでは【Pixelシリーズの魅力】として次の二つを挙げている。

スマホ最高峰のカメラ

Pixel 2は発売当初、スマホ史上最高のカメラという評価を受けていました。当時流行りだったデュアルカメラのiPhone 7 PlusやLG G5も押さえ、シングルカメラのPixel 2がDxOマークでトップに輝いたのです。実際の撮影例やレビューでも絶賛の嵐。

今となっては夜景の撮影でHuawei(ファーウェイ)のP20 Proに劣りますが、一週間前に発売されたばかりのiPhone XSにも勝るという声が多数出ています。そんなPixel 2を超えてくるであろうPixel 3のカメラには期待しかありません。

新機能がいち早く試せる

PixelシリーズはAndroidの開発元であるGoogleお手製のレファレンス機として、最新のAndroidのアップデートをいち早く受けとれるという特徴があります。それだけでも十分魅力的なのですが、実はGoogleのAIパワーを活用した新機能もAndroidのアプデとは関係なく、まずPixelにやってくるんです。

20181004_dxo_1

ともに正論で当ブログでもかつて何度もその長所には言及しているが、特に期待したいのが、やっぱりPixel3のカメラ性能だ。というのも現時点でもグーグルPixel2のそれはiPhoneXを抑えて堂々の第8位。

発売から1年経過した携帯電話としては異例の高評価を受けていると言ってよいだろうが、そのカメラ性能に例年にも増して期待する理由が、HTC統合による開発スピードの迅速化、そして相乗効果による一段と磨き上げられるはずの端末完成度だろう。

【アップルやファーウェイ、サムスンらの端末が全てトリプルカメラなど複数のレンズ仕様となっているなかで】シングルレンズ採用が濃厚なPixel3。他社とは全く異なるアプローチで高性能を実現する野心的な試みには、個人的には大いに惹かれてしまう。

日本国内では3年ぶりのピュアAndroid端末、そして名実ともにGoogle謹製という言葉がふさわしいPixel3はこれだけで買いだが、それ以外にも見逃せない点の一つとしてセキュリティアップデートの迅速さは挙げたい。

大部分のAndroid端末、Google配信のセキュリティパッチを完全には網羅せず――独セキュリティ企業の調査
それによると、欠落していたパッチの数が0~1と最も少なかったのは、Google、Sony、Sumsung、Wikoの4社の端末だった。次いで1~3件がXiaomi、OnePlus、Nokia、3~4件がHTC、Huawei、LG、Motorola。TCLとZTEの端末は、欠落パッチが4件以上と最も多かった。

ただし調査対象とした端末は、メーカーによって5~9台から50台以上と幅がある。また、今回の調査は全てのパッチを対象とはしていないことから、実際に欠落しているパッチの数はもっと多い可能性があるとしている。

「現代のOSは複数のセキュリティ対策で守られており、少数のパッチが抜け落ちたとしても、一般的には、リモートからAndroidに攻撃を仕掛けるには不十分」とSecurity Research Labsは解説する。それでも「さまざまなセキュリティ層をの効率性を保つ上で、パッチは決定的に重要」と強調した。

アップルの「一強ぶり」鮮明、世界のスマホ利益の86%を独占

現時点でもスマホの利益の80%以上はアップルの独り占めとなっているのであろうが、となるとAndroid端末製造各社は残り10%強の利益配分を巡って、他社を蹴り落としてでも自らのそれを確保しようとするのだろう。

その際全く金にはならないセキュリティの確保が後退するのはAndroid端末の宿命であり、セキュリティ対策が後手後手に回るのは仕方の無い側面があるのかもしれない。蛇足ながら現在所有しているZenPad 3 8.0のセキュリティパッチレベルを調べてみると、2017年6月1日で止まったままで更新する気配は全くない。

逆に言えばそれだけ富を独占しているからこそセキュリティに潤沢に資金を投入出来るのがアップルの強みと言えるのかもしれないが、個人的には徹底的にとは言わないまでも、それなりにセキュリティ対策には気を遣って欲しいところだ。

過去様々なAndroidスマートフォンを使用してきたが、経験的にセキュリティパッチ更新に関して積極的・適宜更新・放置の三種類に分かれる。

どのキャリア、どのメーカーがどこに分類されるのかを報道した記事はかなり少ないので、このあたりは自身の経験を基に判断するしかないのだが、その点、現所有のNexux5Xには2018年10月5日のセキュリティパッチが適用されており、純正ならではの安心感をもたらしていると言って良い。

以上個人的にPixel3に惹かれる点を列挙したが、改めてまとめると

■Google理想のAndroid Worldが提供される。
■必要最低限度のアプリのみで構成される。
■マイナーを含めOSの更新頻度が早い。
■最新のセキュリティパッチを適用できる。
■Androidの中でも最高のカメラ性能を誇る。
■無圧縮・無制限で写真動画のUPが可能である。

Pixelは今まで購入したことがないので確認できないのが残念だが、Engadgetの記事によると以下の通りだ。

Pixel 2では写真や動画をオリジナル画質のまま、2020年の終わりまで無料で無制限にアップロードできます。それ以後は、高画質モードで無制限のアップロードが可能です。2020年が過ぎても、2020年いっぱいまでにアップロードした写真には変化はありません。あなたは常に元の品質のままでそれらにアクセスできます。

私たちは、多くの人々が2~3年ごとにスマートフォンを買い換える傾向があることを考え、Pizel 2ではそれに見合った期間、ストレージを提供します。

iPhoneXSのカメラ設定画面
20181004_iPhone_1


4K動画撮影の難点は容量を必要とすること。1分間の動画撮影で170〜400MBって2,3分撮影したらすぐにGB単位となってしまい、ハードディスクがいくらあっても足りないことになる。

なので自分は今まで標準の解像度から変更したことはないのだが、Pixel3が4K動画を撮影できるのであればこれは朗報だ。帰宅後4K動画は無線LAN経由で全部Googleフォトにアップすることが出来るからだ。むろん4K動画が撮影できなくても、動画容量無制限アップロード可能というのが嬉しい。

FeliCa対応してくれればもちろん嬉しいが、別に対応しなくても構わない。そんなことよりキャリア限定発売だけはやめて欲しいかな。10月10日(水曜日)朝、起きたらGoogle公式サイトでPixel3の受付開始が始まっていることを痛切に祈っている。

Lancer2000lancer2000 at 15:59│コメント(17)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote