2012年01月

2012年01月30日

Xperia acro HD SO-03Dを購入しようか検討中


今現在使用しているドコモF-06Bも購入から一年半以上経過し、そろそろ後継機種をマジメに考えなくてはいけない時期に入ってきた。理想は2012年8月頃にLTE iPhone5がドコモから発売されてF-06B→LTE iPhone5に機種変更なのだが、そうは問屋が卸さないかもしれない。そもそもLTE iPhone5 by Docomoは単なる願望あって、実現の可能性はかなり高いと思っているが、確定ではないのだ。

ちなみに現時点での後継機種の条件はただ一つ。おサイフケータイ機能を搭載していること、ただそれだけだ。というのも、いつもはドコモとauの携帯2台を持ち歩いているのだが、常にどちらかはおサイフケータイなのだ。au iPhone4Sに追加機能としておサイフケータイ機能が搭載される可能性は望み薄。であるのならば、F-06Bの後継ドコモ携帯には必須機能となってしまう。

なので、ただいまお気に入りのドコモOptimus L-04Cも基本性能に殆ど不満はないので、できれば今夏iPhone5が発売されるまで継続使用したいところではあるが、au iPhone4SとドコモOptimus L-04Cを持ち歩くときにはおサイフケータイが使えない。ということで早速後継機種の選定を開始した。

当初は今冬に発売されたドコモLTEスマートフォンのうちガラパゴス機能が搭載されている機種を購入する予定だったのだが、どうも評判が今一つ。悪くはないのかもしれないが、やはりLTE対応初号機種として改善すべき余地は結構ありそうだ。LTEスマートフォンは旬な携帯ではあるものの、ここは見送り2ndモデルを購入する方が得策のような気がしてきた。

ということで、白羽の矢が立ったのが、なんといってもXperia acro HD。日本で発売されるXperiaとしては実質三代目ともなれば、どんどんよくなる法華の太鼓ではないが、その完成度の高さは推して知るべしと言っていいだろう。そういえば昨年はXperiaタッチ&トライキャンペーンに参加したから、今年もできれば参加したいものだと思ってネット巡回していたら、1月17日にすでに終了していることを知ったというていたらく。

なんだ、もうタッチ&トライキャンペーン、終了してしまったの?これはあかんわな、どこかで第二段やっていないかと思って再度ネット巡回したら、ようやく東京は有楽町のドコモスマートフォンラウンジで展示されていることを突き止めた。

訪問する前にネット情報を集めないとマズい、っていうことで価格com掲示板の【Xperia acro HD SO-03D】を読んでいたら、この書き込みが面白かった。

【PCサイト】 夏あたりには、クアッドコアモデル出ますかね?

【モバイルサイト】 夏あたりには、クアッドコアモデル出ますかね?

富士通からは夏頃にクアッドコア搭載機が出るかもしれませんね。
http://juggly.cn/archives/50996.html

Xperia NX SO-02Dが2月発売予定、Xperia acro HD SO-03Dが3月発売予定からすると、
夏頃に発売というのは少し早い気がしますが、どうなでんしょうか?
出るとすれば、Xi対応になる気がしますね。
2012/01/17 23:34 [14035324]


夏にGalaxy S3、少し遅れて秋冬に他のグローバルメーカーで出る見込みです。
Xperiaは基本的に開発が遅いので早くて冬でしょう。

富士通のは・・・デュアルコアで真冬に発熱が処理できてないで問題になってるのに、夏にタブレット用クアッドコア積むとかギャグでしょう。間違いなく産廃です。
2012/01/18 01:21 [14035720]


>富士通のは・・・デュアルコアで真冬に発熱が処理できてないで問題になってるのに、夏にタブレット用クアッドコア積むとかギャグでしょう。間違いなく産廃です。

それでも、出してくるのが富士通です (^^;)
2012/01/18 01:28 [14035740]


富士通のTegra3採用Arrows プロトタイプ 実機ギャラリー&動画
20120112_arrows_001


個人的にはLTE非対応が残念だが、現状のLTEの普及度合いを見ればそれも納得する。ソニエリからすれば、現状はまだまだエリアが狭いLTEに無理に対応して、よりバッテリー持ちを悪くさせるよりはLTE非対応ながらも既存技術に磨きをかけた方が得策と判断したのだろう。その考えは決して間違っていないが、2012年末ぐらいにはLTE対応Xperiaを発売して欲しいなと思ってしまう。

2chでよく表現されている手法を借りるのならば、現在の端末メーカーの順位は以下のようなものだろうか?もちろん全ての会社の携帯電話を持っているわけでもないので、各種掲示板を斜め読みした個人的な感想だ。

アップル>超えられない壁>サムスン,HTC>ソニエリ,シャープ,LG>パナソニック,NEC,富士通東芝

もちろん2011年度通年のスマートフォン世界出荷台数No.1はサムスンであることは知っているが、ハードウェア単体ではすでにiPhoneよりもGALAXYの方が高性能だとは思う。が、GALAXYには創造性を感じることは殆ど無いのだ。

車好きの人ならば理解してもらえるかと思うが、このiPhone対GALAXYの構図は一昔前の欧州車対日本車の構図とそっくりだ。こと車を道具や足として見たときには確かに日本車は便利な道具として申し分ないが、道具であるがゆえに情緒が感じられない、全ては欧州車の模倣に過ぎない・・・・挙げ句の果てには自動車の歴史において画期的な発明は全て欧米から産まれており、後世代に多大な影響を与える発明を日本は行っていない・・・・とはよく言われたものだ。

アップル、スマホ世界出荷首位 サムスンから奪還 10~12月米社調査

2012/1/27 17:50
サムスンは高精細な有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)パネルを搭載した「ギャラクシーS2」などの販売を伸ばしたが、僅差でアップルを下回った。サムスンのシェアは前年同期比12.9ポイント増の23.5%。10~12月期はアップルに抜かれたが、11年通年では出荷台数が4.1倍の9740万台に達し、フィンランドのノキアを抜いて初の首位になった。


ソニエリファンの方には申し訳ないが、Xperia acro HDも同様のことを感じてしまう。確かに公式サイトを見る限り、ハードウェアの仕様はすでにiPhoneを凌駕している。まさか防水性能(IPX5/IPX7等級)は驚き以外の何ものでもないが、ソニーならではのアイディア満載の新世代のAndroidスマートフォンとしての訴求力が少々弱いような気がしてならないのだ。

着実に改良を重ねた完成度の高い携帯としては文句なしなのだろうが、次世代Androidスマートフォンとしての新しい提案がいまのところは見えてこない。これがシャープだったら別に文句も言わないで、おお、いいね、なのだろうが、ソニーであるがゆえに期待してしまうのだ。100%子会社であるソニー・ミュージックエンタテインメントやソニー・ピクチャーズエンタテインメントを傘下に抱えているのだから、なにかできないのかなとか、Xperia NX SO-02Dではせっかく外部メモリスロットを廃止したのだから、VIAOと連携したソニー版iCloudはできないのかなとか。さすがにLinuxを元にした独自OS開発は難しいだろうから、Androidという土俵で戦う以上はやはり付加価値の高いサービスが欲しいと常々思う。

とはいえ、質の高い国産Androidスマートフォンを購入しようとするのならば、やはりソニーかシャープかなと考えているので、実際に触ってみないと分からないXperiaワールドを体験するには購入するのが一番。あとはサクサク動いてくれるかどうかだが、去年タッチ&トライキャンペーンに参加した感想からはそれも危惧に終わるような気がしている。購入してみたら、いやいやこれは予想以上に新しい側面を見せつけてくれたかな・・・・になればいいかなと思っているのだ。

Xperia acro HD SO-03D 予約状況と発売時期



Lancer2000lancer2000 at 20:09│コメント(8)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年01月28日

20120128_docomo_001


会社の仲間に携帯電話で連絡をとろうとしたが、相手方が出るなり、いきなり通信遮断。おかしいな?朝方は別に問題なく携帯電話で話をすることができたのに・・・・・同じことを二度、三度繰り返してみても相も変わらず。まあ仕方ないや、きっと電波状況の悪い場所に居るんだろう。レスが速いヤツなので、いずれかかってくるはずだから、それまで待つとするか・・・・と思いつつも結局はかかってこなかった。

2012年1月25日のドコモの通信障害が発生した日には多くの人がこんな感じだっただろう。通信障害が発生すると、【以後このような事態が発生しないように改善に努めます】なんて言うけれども、実際には改善されるどころか、スマートフォンの爆発的な普及により綱渡り状況にあるのかもしれない。通信整備とウイルス対策は後ろ向きの投資だから、あんまりやりたくないのは分かるけれども、でもシェア50%を握るドコモがこう何度も通信障害を起こしているようでは、少々情けない。改善に努めます、なんて言っておきながら何でこう何度も発生するのか、日経新聞の記事からまとめてみた。

ドコモの通信障害の真相、背景にスマホ依存のジレンマ ジャーナリスト 石川温


・Android OSそのものは制御信号を28分に1回発生させるだけである。
・それに対し無料通話を楽しめる「VoIP」やチャットができるコミュニケーション系アプリは3~5分に1回の割合で通信を発生させる。
・これらのアプリは、ユーザーが使用していないときも制御信号を断続的にやり取りし、端末がデータを送受信し続ける。
・VoIPアプリを利用しているユーザー数や使われているアプリ種類などの利用実態の把握調査をきちんと行っていなかった。
・NTTドコモは制御信号量を1時間あたり1200万と推定し、新型パケット交換機では1410万を処理できる能力で設計していた。
・実際は1650万の制御信号が発生した。
・新型パケット交換機は能力を上回る制御信号を処理できず、音声通話にまで及ぶトラブルとなってしまった。
・1月25日9時過ぎにJR東日本で起きたダイヤの乱れも相まってトラフィックが上昇、影響が拡大した。

簡単にいえば、鳴り物入りで絶対の自信を持っていた新型交換機が、利用実態把握調査が全く済んでいないコミュニケーションアプリの制御信号に対応しきれず、JR東日本で発生したダイヤの乱れがそれに拍車をかけて通信障害が発生したということになるのだろう。

個人的にはドコモとauはネットワーク容量に絶対的な自信を持っているかのように見えるのだが、それはあくまでも自分たちの管轄下、あるいは管理下にあるサービスやアプリに対してのみ。今回のように韓国系のVoIPアプリの発生する制御信号までは把握しきれていないために、今後もこのようなことは起こるのかもしれない。そのあたりを石川さんの文章を拝借すると、以下のようになる。

iモードが全盛だった時代は、ネットワークの容量、端末のスペック、サービス内容をすべて携帯電話会社がコントロールして仕様を決めていた。例えば音楽や動画では、画面の解像度とネットワークの帯域幅に合わせてファイルサイズを設定できていた。しかしスマホでは、プラットフォームは米グーグルや米アップルが決め、様々な開発者がアプリを作り、マーケットを使って配布する。携帯電話会社に口を挟む余地はなく、ネットワークインフラだけが使われていく。


ちなみにAndroid端末とiPhoneを併売しているauの田中孝司社長の言葉によると、【ネットワークに与える負荷はiPhoneよりもAndroidの方が大きい】とのこと。この事実は初めて知ったが、普通に考えればiPhoneもAndroidもそんなに変わらないんじゃないの?と思うかもしれない。

ここからは個人的な推測だが、Android端末は自由度が高いがゆえに個々のアプリの発生する制御信号も野放図とは言わないが、開発者側にある程度の裁量が与えられているような気がするのだ。以前にも記事として投稿したが、似て非なるアップルiPhone、マイクロソフトWindows Phoneに共通する事象が全部で三つある。両社ともに過去30年近くPC黎明期からOS開発を続けていること、アプリを自社の管理下に置いていること、そして画面解像度を一つの規格に絞っていること。

これに対するGoogleはどうかいうと、OS開発に関しては新興勢力であり、アップルやマイクロソフトのような積み上げはなく、アプリ管理や画面解像度に至っては事実上野放図状態。反面自由度は高いので、カスタマイズマニアにとってはいじくり甲斐のあるOSだが、それがスマホウイルス勢力拡大の一因となっていることは否定のできない事実だろう。Android 5.0 Jelly beanあたりから大幅なOSの改変をしてくるような気がしてならないが、Googleの行動規範と照らし合わせればそれもある程度読めるかもしれない。

2011年11月08日 Android端末の動作不安定になったら

自分たちの思い付いたアイディアを実行することにより、多少の弊害が発生することが事前に予想されたとしてもまずは実行し、広く世に問う。そして批判が強くなれば軌道修正を行いながらも、基本は自由を尊重し続ける。Googleマップストリートビューがその代表的な事例だと思うが、【アイディア即、実効】→【基本自由を追求】→【プライバシー侵害】→【自由を追求しつつも妥協策としてぼかしを入れる】ということから判断すると、Android OSも決して現状のままではないような気がするのだ。

と、思っていたら、ドコモがGoogleに対して申し入れを行ったとのこと。日本の通信会社にすぎないドコモの言うことを素直にGoogleが聞き入れるとはとても思えないのだが、果たしてAndroid OSはどのような進化を見せていくのだろうか?これはこれで面白くなってきた。

相次ぐ通信障害 ドコモ、米グーグルと対策協議 ソフト改良を要請

2012/1/28 2:00

NTTドコモは携帯電話通信障害の頻発を受け、米グーグルにスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」に組み込まれている自動通信機能の頻度抑制を要請する。自動通信はデータ量の増大につながっている。ドコモは世界の通信会社と協調し、アプリ(応用ソフト)開発者にも通信頻度の抑制を呼びかけていく考えだ。25日に発生したドコモの通信障害は、無料通話などを実現するアプリが原因の一つだった。

これらのアプリは操作していないときも3~5分に1回の頻度で外部と自動通信するため、従来の携帯電話の10倍の頻度で「制御信号」が出る。この制御信号の処理能力が不足して通信障害が起きたとみられる。通信障害が頻発すればアンドロイド端末の普及の妨げにもなるため、ドコモはグーグルと対策を協議する。

OSのアンドロイドも28分に1回の割合で自動的に制御信号が出る仕組み。ドコモはこの頻度を下げることをグーグルに要請する。各国のアプリ開発者に対しては、ドコモなど通信会社とグーグルが協調して制御信号の頻度抑制を求める。

ただアプリを自由に開発し、自由に取り込めるのが「アンドロイド」の強みであり、アプリ開発者が制御信号の頻度抑制に協力する保証はない。業界では「通信会社などがデータ量を制御するのは困難」(KDDI幹部)との見方もある


ドコモの通信障害の真相、背景にスマホ依存のジレンマ ジャーナリスト 石川 温

2012/1/27 7:00

NTTドコモでは1月25日午前、都内の一部エリアで音声・パケット通信とも利用しづらくなるなど252万人を巻き込む大規模なネットワーク障害が発生。総務省は2011年度にNTTドコモが起こした5件の事故を挙げ、設備増強など改善策を講じるよう指導した。(途中省略)

昨今、スマホユーザーには無料通話を楽しめる「VoIP」やチャットができるコミュニケーション系アプリが人気となっている。これらのアプリは、ユーザーが使用していないときも「制御信号」を断続的にやり取りし、端末がデータを送受信し続ける。ドコモのスマホのほとんどが採用している「AndroidOS」は、それだけなら制御信号を28分に1回発生させるだけで済むが、コミュニケーション系のアプリは3~5分に1回の割合で通信を発生させる。(途中省略)

NTTドコモは制御信号量を1時間あたり1200万と推定し、新型パケット交換機では1410万を処理できる能力で設計していた。しかし実際は1650万の制御信号が発生。新型パケット交換機は能力を上回る制御信号を処理できず、音声通話にまで及ぶトラブルとなってしまった。

特に都心部では通勤時間帯にスマホ利用が増え、トラフィックが増大する。ユーザーが移動すると、それだけで現在地を更新するなどして制御信号が増える。トラフィックが上昇した8時26分はまさに通勤時間帯であり、この日の9時過ぎにJR東日本で起きたダイヤの乱れも相まってトラフィックが上昇、影響が拡大したのだった。(途中省略)

「BeeTV」などの動画配信に積極的なことを見てもわかるように、NTTドコモはネットワーク容量には絶対的な自信を持っており、ウェブ閲覧や動画再生などは予想の範囲内だった。しかしコミュニケーション系アプリが、テレビCMの効果もあってユーザーを急増させていた点をドコモは見抜けなかった。(途中省略)

iモードが全盛だった時代は、ネットワークの容量、端末のスペック、サービス内容をすべて携帯電話会社がコントロールして仕様を決めていた。例えば音楽や動画では、画面の解像度とネットワークの帯域幅に合わせてファイルサイズを設定できていた。しかしスマホでは、プラットフォームは米グーグルや米アップルが決め、様々な開発者がアプリを作り、マーケットを使って配布する。携帯電話会社に口を挟む余地はなく、ネットワークインフラだけが使われていく。(途中省略)

NTTドコモが不運だったのは、現時点ではスマホ戦略をAndroidに頼らざるを得ないところだ。iPhoneとAndroid搭載機の両方を販売するKDDIの田中孝司社長は「(ネットワークに与える負荷は)Androidの方が大きい」と語る。

今回のトラブルを取材していて筆者が思い出したのは、2年ほど前にブラックベリーを扱うカナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)のCEOが語っていた言葉だ。「ブラックベリーはAndroidに比べてデータ送受信量が3分の1程度にすぎない。携帯電話会社のためのスマホだ」――。

ソフトバンクモバイルはほかの携帯電話会社よりもスマホユーザーの比率が高いが、ほとんどがiPhoneのユーザー。Androidユーザーがほとんどを占めるドコモに比べれば、まだ状況は恵まれているかもしれない。しかも同社はiPhoneの取り扱い期間が長く、数年間にわたってじっくりとユーザーを増やしてきた。スマホを受け入れるノウハウが他社よりも蓄積されていると推測できる。(途中省略)


Lancer2000lancer2000 at 19:56│コメント(4)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年01月26日

20120126_autosalon_001

2012年01月14日 スマートフォンの冬春モデルの一口批評とオートサロン

2012年01月22日 Windows Phone IS12TのMNP新規一括0円を待ちわびるマニアたち

本日の記事は上記2本の記事の続編です。初めて訪れた方は上記の記事の一読をお勧めします。

いやね、実はさぁ、オレの車、出展してくれって言われちゃってさぁ・・・・・

出展してくれって、なんに?

決まっているじゃん、オートサロンだよ、オートサロン。

ええっ、マジかよ?スゲーじゃん!!

ここしばらく会っていないものの、仲間にハンパじゃないマニアが居る。もう完全にクルマ道楽。で、もらった金、全部をクルマに注ぎ込んでしまうのだ。乗っているのはチューンド○○○○。本当は車種を書きたいところなのだが、見るヤツが見ればこの会話からどの展示車両を言っているのか察してしまうので、伏せ字にしたことはご理解願いたい。

でも、あれだろう?オートサロンに出て欲しいなんて言われるぐらいだから、相当カネかけたんだろう?一体いくらぐらい注ぎ込んだんだ?

当ブログでも何度か紹介している東京オートサロン。東京モーターショーが自動車業界の王道ならばオートサロンは裏街道ばく進中のクルマばかりが勢揃いする。とはいえその道を極めたマニアが湯水のごとくお金を注ぎ込んだ愛情溢れるクルマが登場するために、生半可なドレスアップでは門前払いなのだ。

500万ぐらいかな・・・・

マジかよ?ドレスアップに500万?いや、それも凄いカネのかけかただな・・・・・それだけカネかければ相当目立つだろう?だから出てくれって頼まれるわけか?でもあれだろ?確かオートサロンって出展料払わないとまずかったんじゃないの?いったいいくら払ったの?

出てくれって頼まれれば普通は出展料不要と思うかもしれないが、出演料をもらうどころか逆に出展料を払わないと展示させてくれないのは世の常、人の常。オートサロンとて例外ではないのだ。

20万払った・・・・・・でもよ、実際には20万払ったけれど、後で10万バックあるって言っていたよ。

おいおい、たった3日展示しただけで20万か?いくら10万バックがあるっていっても、それもぼったくりだな。ドレスアップ500万、出展料10万かぁ・・・・・で、どうだった?楽しかったか?

もちろん!!!全国各地からさ、みんなオレ様のチューンドカーを見に来るんだよな。燦々(さんさん)と降り注ぐダウンライトの真下の舞台中央には、500万のカネを注ぎ込んだオレ様のチューンドカーが煌(きら)びやかな光に包まれて輝きを放っているわけだ。もう汚れ一つ無いように徹底的に磨き込まれたドレスアップボディの両側に立っているのは、これまた徹底的に贅肉をそぎ落としたナイスボディのコンパニオン。なんかさあ、自分がチヤホヤされているみたいで、たまらんぞ、おい!!もうこの世じゃないみたいでさぁ・・・・

と、まあこんな具合だ。開催期間中3日間の饗宴を510万円で買ったという見方もできようが、どの世界でもマニアと言えばこんなもんだろう。が、損得勘定抜きにして情熱を降り注ぐサマは見ていてすがすがしいものがあるのだ。だからというわけでもないが、私も現在のお気に入りの携帯であるiPhone4Sに同様の愛情を注ぐことに決めたのは以前記事として書いた。復習すると、

2011年12月27日 バッテリー・ワンセグチューナ・無線LANルータでiPhone4Sを強化する方法

【バッテリー内蔵のハードケース 約1700円】

【450Mbps対応の高速無線LANルータ"AtermWR9500N" 約13000円前後】

【Phoneでワンセグの視聴・録画ができる!ワンセグチューナー"SEG CLIP mobile" 約6000円】

総投資額2万円強なので前述のオートサロン出展車両とは比較にならないが、ハードケースと無線LANルータは実にお買い得だった。この金額でこのコストパフォーマンスならば文句なしっていうところで、残るはあと一つ。製造の遅れからか、なかなか発売されなかったワンセグチューナー"SEG CLIP mobile"がようやく手もとに届いた。
20120126_iodata_001


20120126_iodata_002


20120126_iodata_003

別にiPhone&iPad用のワンセグチューナーがなくても困ることはないが、最強のiPhone4Sを目指すためには他のAndroidスマートフォンや国産ガラパゴス携帯に機能面で見劣りすることは許されないのだ。いわゆるチューンドiPhone4Sの完成だが、大容量1900mAh搭載のハードケースとMAX30Mbps overの無線LAN速度は実に快適でストレスフリー。

これで後は公式サイトで【iPhone 4Sには正式対応しておりません。】と記載されているワンセグチューナーが動作すれば完璧だと思いつつ、早速実験開始。小一時間ほどしか視聴していないので断定はできないが、いまのところワンセグチューナー"SEG CLIP mobile"はトラブルもなく順調にiPhone4Sで稼働している。

それにしてもこのワンセグチューナー"SEG CLIP mobile"は機能的にちょっと凄い。なにが凄いかって、一番驚いたのはこれ↓

【タイムシフト再生機能】
視聴している番組の時間を戻して再生できるタイムシフト再生に対応。録画をしていなくてもさっき見たシーンをもう一度再生できます。

あれ、ちょっと今の画面、もう一回見たいんだけれど、っていうときに重宝するかと思うが、録画していなくてもスライドバーを左に移動するだけで簡単にさっき見た画面が再生されるのだ。こんな小さなモバイル機器でタイムシフト再生ができるなんて、なんか凄すぎ。そのうちに再度記事アップしたいが、最大の目的はiPhone4Sに番組を録画することにあるのだ。

テレビで録画した番組をiPadやiPhone4Sにコピーしようと思って、いろいろと実験したけれど、やっぱり感じたのは変換作業のステップ数が多すぎて面倒くさいっていうこと。時間があれば別にステップ数が多くても構わないのだが、さすがに多忙を極めるとどうしても作業が楽でないとなかなかiPhone4SやiPadで録画番組を見ようと思わないのだ。そこで考えたのはiPadやiPhone4Sで直接ワンセグを受信して録画できれば、わざわざPCで変換する手間暇がなくなるだろうということ。

予約録画まで対応しているのかどうかまでは分からなかったが、個人的には視聴中の番組が録画できれば充分に使える用途にありそうな気がする。その点、この"SEG CLIP mobile"は【番組視聴中に、[録画]ボタンをタップするだけの簡単操作です】と書かれており、ごくごく簡単にテレビ番組が録画できそうだ。

ちなみに導入の手順に至っては間違えようがないだろう?っていうぐらいに簡単で拍子抜けするほどだった。同封の小冊子を見れば誰でもできると思うので、安価で手頃なiPhone&iPad用のワンセグチューナーをお求めの方にはうってつけだ。

と、ここまで来ればあとは、おサイフケータイ機能の搭載だが、現時点ではiPhoneにおサイフケータイ機能は搭載されていないために、Suica(スイカ)などのカードを収納できるハードケースを別途購入するぐらいしか手段がない。とはいえ、明るい日差しが徐々に見え始めているので、次期iPhone5では期待が持てるかもしれない。

iPhoneを「お財布ケータイ」に 米社がmicroSDカード活用で 
2012/1/13 23:00

米DeviceFidelity社は、近距離無線通信技術「NFC(near field communication)」機能を搭載したmicroSDメモリーカードを開発した。米Spring Card System社と組み、このカードをスマートフォンのモバイル・ペイメントに活用するサービス「moneto」を2012年1月に始めた。同月10日(米国時間)から米国ラスベガスで開催中の民生機器展示会「2012 International CES」で対応機器のデモを見せている。

DeviceFidelityなどが始めたのは、米Apple社のスマートフォン「iPhone」と組み合わせたサービス。iPhoneはmicroSDカードスロットを備えていないため、microSDカードを利用するためのケースとのセット販売になる。

microSDメモリーカードとiPhone用のカバーケース、米銀行のUniversity National Bank社が発行するプリペイド・カードをセットにして販売する。価格は79.95米ドルで、プリペイド・カードには、あらかじめ10米ドルが課金してあるため、実質的な価格は69.95米ドルになる。モバイル・ペイメント・サービスは、米MasterCard社の非接触決済サービス「PayPass」を使う。

スマートフォン用のアプリをダウンロードし、カバーケースに設けた挿入口にmicroSDメモリーカードを差し込むことで、iPhoneでNFCによる通信が可能になる。カードに組み込んだ通信用の小型アンテナと、カバーケースのアンテナを連動させてデータ通信を実現する。ユーザーは、プリペイド・カードのアカウントにオンラインで所望の金額の電子マネーを振り込んでおける。店舗では、それを使って日本の携帯電話機を使ったモバイル・ペイメントと同様に買い物ができる仕組みだ。

2012年第2四半期には、Androidを搭載したスマートフォンにも対応する。AndroidスマートフォンはmicroSDメモリーカードの挿入口を備えているため、そこに差し込んで使う仕様に変更する。カバーケースの裏側に付属のアンテナ・シールを張ることで、通信が可能になるという。


Lancer2000lancer2000 at 20:20│コメント(6)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年01月24日

KDDI「丸ごと作戦」の勝算

20120124_price_001

1月16日のau発表会以降、日経新聞ではauスマートバリュー関連の話題が多くなってきた。上記に掲載した日経新聞の表を見ても分かるように、固定電話と携帯電話を組み合わせると実にお得なサービスなのだ。もちろん対象地域が限定されるために、全てのau携帯利用者が享受できるわけではないのだが、先日掲載した記事のようにうちの嫁さんでさえ敏感に反応するぐらいだから、多くの人がこのサービスを利用すべきなのかどうか思案中なのは間違いのないところだろう。というのも2ch掲示板を読んでいたら、こんな書き込みを見つけたのだ。

【au】 auスマートバリュー総合 【固定回線値引】


22 非通知さん [sage] 2012/01/16(月) 20:44:11.93 ID:25g66Qfv0 Be:

20120124_au_smart_001



このページのソース見るとさ
  • <"/ryokin_waribiki/ryokin/smartvalue/image/logo_index_06.gif"
    width="135" height="40" alt="ロゴ: 伊賀上野ケーブルテレビ" />

  • <"/ryokin_waribiki/ryokin/smartvalue/image/logo_index_08.gif"
    width="167" height="40" alt="ロゴ: 射水ケーブルネットワーク株式会社" />


  • こんな感じで logo_index_07.gif が抜けてるけど
    http://www.au.kddi.com/ryokin_waribiki/ryokin/smartvalue/image/logo_index_07.gif
    は存在はしていてイッツコムのロゴが出てくる。

    なんか話がまとまってないのかね?

    イッツコム回線でケーブルプラス電話にも入ってるんだけど、期待していいんだよな。


    少々分かりにくいかと思うので以下解説を行う。

    原則として皆さんが見ているサイトの写真や画像には通し番号が付けられている。もちろんサイトを閲覧しているときにはそんな番号の存在は知らなくても何ら問題はないのだが、サイト製作者からすれば連続で番号を付けて写真や画像を管理した方が圧倒的に楽だ。そこで、このスマートバリュー対象ケーブルテレビの各社のロゴマークには全て通し番号が付けられてるのだ。どのような番号が付けられているのか知りたい方は、PCの場合、右マウスでクリックし、画像のURLをコピーすれば一発で分かる。

    現在のところ48社のケーブルテレビのロゴが表示されているので、サイト製作者はそれぞれのロゴマークに1から順に番号を付けたのだろう。

    logo_index_01.gif
    logo_index_02.gif
    logo_index_03.gif
    logo_index_04.gif
    logo_index_05.gif
    logo_index_06.gif→伊賀上野ケーブルテレビ→掲載中
    logo_index_07.gif→イッツコム→非掲載ながらもサーバーにはアップされている
    logo_index_08.gif→射水ケーブルネットワーク株式会社→掲載中

    logo_index_50.gif

    ところが上記の書き込みをした人は、全48社表示だったら1番からスタートして48番で終わるはずなのに、調べてみると1番からスタートして最後は50番のロゴで終わっていることに気が付いたのだ。48社しか表示されていないのになぜ通し番号は50社まであるのか?

    答えは簡単、2社だけ通し番号が与えられているにも関わらず、このauスマートバリュー対象ケーブルテレビからは最後の最後で漏れてしまったのだ。その理由についてはもちろん我々が知るよしもないが、その漏れた2社のうちの一社が、イッツコムで自分が利用しているケーブルテレビ会社。通し番号まで与えておきながら対象ケーブルテレビ一覧表には掲載されていない。なので、近い将来、対象ケーブルテレビになるんだよね、っていう書き込みなのだ。

    そしてさらにこの番号表示からは別な読み取りをすることが可能だ。日本全国のケーブルテレビ会社が一体いくらあるのかは知らないが、Wikipediaによると相当な数に上る。数えるのも大変なぐらいだが、ざっと見たところ数百はあるだろう。っていうことはサイト制作者からすれば将来的に提携ケーブルテレビ会社が増えることを予想して、

    logo_index_01.gif

    logo_index_001.gif

    と普通は三桁管理をするはずなのだ。サイト運営に精通している人間であれば、2桁表示と3桁表示が混在することの煩わしさを嫌というほど経験しているだろうから、すでに対象会社が48社もあるのであれば、まず3桁連番管理を選択したいところ。それをしなかったということは、逆に言えばもうこれ以上対象会社を極端に広げることはないっていうことなのだろうか?まあ深読みのしすぎと言われればそれまでだが、そのサイトのソースが読めるようになると、いろいろと考えてしまうのは事実だ。

    そして気になったのが、いわゆるauガラパゴス携帯はスマートバリューサービスを本当に利用できないのかということ。というのも、

    auスマートバリューの対象機種

    〈対象機種について〉
    注1) 条件を満たした場合、スマートフォン以外のauケータイも割引の対象となります。


    と明記されており、誰しもが思うのは【スマートフォン以外のauケータイ】って具体的になに?ってことだろう。【スマートフォン以外のauケータイ】で【ISフラットまたはプランF(IS)シンプル】を選択すればスマートバリュー対象となるはずだが、【ISフラット】を読む限り、いわゆるauガラパゴス携帯でも【ISフラット】に加入できそうなのだ。

    このあたりは人によって解釈の仕方が異なるので断定はできないが、auガラパゴス携帯+ISフラットでもスマートバリュー対象になる可能性は現時点では皆無とは言えないようなが気がする。申し込み受け付け開始が2月14日だが、早くもうちの嫁さんは臨戦態勢。さっと加入してすぐに1480円割り引いてもらうと鼻息は荒い。そのときにちょっと聞いてきてもらうつもりだが、もし可能であるのならば今夏2年契約満期を迎えるIS01の後継機種選定に結構影響が出るかもしれないのだ。

    そして当然気になるのがドコモの対応だが、現時点での日経の記事によると以下の通り。

    auが仕掛けたスマホ通信料下げ ドコモの対抗策は

    2012/1/17 7:09
    これまで国内のスマホのデータ通信料は、ソフトバンクモバイルが販売する米アップル製の「iPhone(アイフォーン)」(月4410円)が最安だったが、最初の2年間はKDDIの方が安くなる。携帯と固定の一体営業を事実上、禁じられているNTTは同様の値引きができない。(途中省略)

    国内最大の通信インフラを持つNTTドコモはスマホのデータ通信料を一律月5460円に設定し価格競争に巻き込まれない戦略をとってきた。しかし「2台目需要に適した料金を検討したい」(ドコモの山田隆持社長)としており、今後は多様な形で割安感を打ち出す動きが広がるのは確実だ。


    さらに気になる記事を掲載すると・・・・・

    ありもしないNTT法規制を報じたお粗末 全国紙各紙の経済報道は信頼できるのか?

    先週KDDIが発表したスマートフォン関連の新たな販売、経営戦略の報道にあたり、読売、朝日、毎日の全国紙各紙がそろって、NTT法(日本電信電話株式会社法)の規制の存在を根拠にKDDIの対応を高く評価する記事を掲載した。

    しかし、この報道には首をかしげざるを得ない。というのは、その大前提となった「NTT法の規制」が存在しないからだ。

    電気通信事業法と並ぶ、通信市場の憲法とでもいうべきNTT法の規制体系について、事実誤認のミスを犯すような各紙の経済報道は、果たして信頼に値するのだろうか。問題の発端は、KDDIが1月16日に開催した「au発表会」だ。



    最後にauひかりサービスを利用できるマンションに引っ越したい方はこちらから。





    Lancer2000lancer2000 at 20:46│コメント(8)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    2012年01月22日

    ことの発端はこのサイトだった。

    HTC EVO WiMAX ISW11HTの毎月割が2845円から1095円に大幅減額されるときも、いち早くその情報を流したために、その真偽を巡ってネット上で侃々諤々(かんかんがくがく)の議論が交わされたのは記憶に新しいことだが、今回もIS11TとIS12Tが1月18日から毎月割3100円に大幅増額される情報を他サイトに先駆けて流したのだ。毎月割の過去最大数字はなんといってもIS04FVの2845円。

    Windows Phone IS12T
    20120122_is12t_001


    不具合全部入り携帯であるがゆえに在庫が積み上がり、過去半年近くにわたりキャッシュバック(CB)付きで販売されている携帯マニア御用達の携帯といっていいだろうが、なにゆえにマニアはこの携帯を追い求めるのだろうか?いくら何でも不具合満載携帯では日常生活に支障を来すと思うのだが、実は彼らの狙いは別のところにあるのだ。

    IS04FVは通常MNP新規一括0円販売は当たり前としても、さらにCBが付く。3,4万のCBはざらにあり、中には5,6万のCBもあったように記憶している。安売り携帯ショップでMNP新規一括0円でIS04FVを入手、本体そのものはオクで売却し、SIMカードを自分のレベル2ロックフリー端末であるXperia acroに入れるのだ。こうするとお気に入り機種であるXperia acroを日常生活では使いながらも毎月割2845円が適用されるために、毎月の支払金額は大幅に減少し、しかも数か月後にはCB数万円が郵送されてくるというおいしさ。

    IS04FV本体オク売却+SIMカードacro運用+後日CB数万円郵送と、まさに濡れ手で粟状態と言っていいかと思うが、そのIS04FVの2845円を大幅に上回る毎月割3100円携帯の登場に当初は飛び上がらんばかりに驚いたことは想像に難くない。このWindows Phone IS12TのSIMカードさえ手に入れることができたら、それを自分の愛機に差し込む。そうすればIS04FVの2845円よりも、さらに毎月255円支払金額を減額することができるのだ。

    AndroidとiPhoneの両スマートフォンに挟まれて存在感の薄かったWindows Phoneへの理解力が欠如していたこと、さらにはWindows Phoneの相場感覚が掴めなかったこともあり、【すわ一大事!IS04FVの再来か】と当初ネットでは以下のような数字が掲載されていた。

    携帯電話閲覧の方はこちらをクリック。
    Windows Phone7 IS12T 
    毎月割適用開始2012年1月18日 
    新規 3100円×24月 
    機種変更 3100円×24月 
    プランSSシンプル 980 
    ダブル定額 2100 
    ユニバーサル料 
    毎月割 -3100 
    WEBで請求 -21 
    毎月支払料金 -36 
    【注意事項】ネット情報では、IS NETは外すことができるとのこと。外すとメールアドレスはなくなるが、毎月割の維持は可能なのだ。ただ、IS NETを外すとダブル定額も外されそうになるので、ダブル定額は残してIS NETだけを解約するところがポイント。毎月割を継続するためのテクニックの一つらしい。    


    ええっ!!

    Windows Phone IS12Tを購入すれば毎月36円もらえる計算になるじゃないの?これって本当なの?

    確かにテクニックを駆使し、毎月の支払金額を極力抑えればお金が浮く計算になるが、MAXまで膨らんだ期待感が一気にしぼむまでそう時間はかからなかった。というのも、IS12Tの新規一括金額は73,500円。つまり新規で購入するにしろ分割で購入するにしろ、最終的には端末価格が73,500円なので、うま味が少なすぎるのだ。計算上は【3100円×24月-73500円=900円】となり、900円得することになるが、これではIS04FVのMNP新規一括0円と比較すると、7万円以上の出費となるためにお買い得感は全く無い。端末代金は確かにタダなのだが、それ以外の毎月の支払料金を計算すると、食指が動かなかったのも無理はないと言えるだろう。

    携帯電話閲覧の方はこちらをクリック。
    Windows Phone7 IS12T(分割購入)
    毎月割適用開始2012年1月18日 
    新規 3100円×24月 
    機種変更 3100円×24月 
    プランSSシンプル 980 
    端末割賦金 3062 
    ダブル定額 2100 
    ユニバーサル料 
    毎月割 -3100 
    WEBで請求 -21 
    毎月支払料金 3026 
    【注意事項】ネット情報では、IS NETは外すことができるとのこと。外すとメールアドレスはなくなるが、毎月割の維持は可能なのだ。ただ、IS NETを外すとダブル定額も外されそうになるので、ダブル定額は残してIS NETだけを解約するところがポイント。毎月割を継続するためのテクニックの一つらしい。    


    が、このWindows Phone IS12Tは、【読者が選ぶケータイ of the year】の第3位に選出されており、かつまた2011年度グッドデザイン賞も獲得しているので、地味な存在ながらもその潜在能力は高いとみるべきなのかもしれない。

    蛇足ながら個人的に2012年に最も興味があるのは、なんと言ってもWindows8。当ブログではアップルiPhoneやiPadの記事が多いためにアップル信者と誤解されそうだが、実はWindows愛用者でもあるのだ。このWindows8の発売に合わせてPC購入計画を立てなければならないので、どうしてもWindows8の動向には関心を払う必要がある。

    もちろんWindows8搭載パソコンを購入するのではなくて、その逆。Windows8搭載パソコンが発売される直前にWindows7搭載パソコンを購入するのだ。そしてWindows8への無償アップグレード権を確保しつつ、Windows7搭載パソコンのハードディスクを即座に分割し、Windows8をいつでもインストールできるように空けて待っておく。なぜならWindows8発売直前のWindows7搭載パソコンこそ、最も完成度の高いOSを搭載しているために安定度の面では抜群だ。大幅改良が予定されているWindows8パソコンを新規購入するのは危険極まりなく、ここはやはりWindows7&8のデュアルブート構築が正解だろう。

    メトロインターフェイスの概要はおおよそ理解しているものの、やはり実際に操作してみないとその利便性はなかなか分かりにくい。2月ベータ、10~11月頃製品版が登場する予定のWindows8。そのための慣らし運転としてこのWindows Phone IS12Tは実に魅力的だ。もちろん新規一括購入金額73500円は支払う余裕がないので、IS04FVと同様にMNP新規一括0円販売がその条件となる。果たして柳の下に二匹目のドジョウは存在するのだろうか?多くのWindows愛好者が固唾をのんで、この3月末の期末販売セールスに照準を合わせているのは間違いないのだ。

    2011年10月01日 家電量販店の格安携帯購入の巡回活動は利益が出るのか?

    2011年08月12日 Windows Phone IS12Tのデザインの秘密

    2011年08月03日 KスタでWindows Phone IS12Tを触ってきた

    2011年07月26日 7月27日発表のWindows Phone7に期待したいこと

    【乞食速報】Windows Phone IS12Tが「-34円」

    318 : 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です : 2012/01/17(火) 23:31:17.76 ID:dJ958VUb0
    とりあえずWP7常用してる俺からひとこと。

    良いとこ
    ・微妙にカスタムできるUIはiOSとAndroidの中間な感じ。俺は好き。
    ・ひっかかりなくぬるぬる動く
    ・カレンダーを除く常用アプリは揃ってる
    ・防水なのでお風呂のお供になる
    ・GPS常にON、Wi-Fi常にONでも電池の減りは気にならない

    悪いとこ
    ・auのメーラーがまじでオワットル(auがサーバーを更新する際にある程度改善する予定)
    ・まともに使えるカレンダーアプリがない
    ・電池残量の残りパーセントがTOP画面で見れない(特殊なことをすれば見れるけども)

    とりあえずキャリアメールを使ってないなら、
    動作も安定してるしすごくおすすめできる端末。

    349 : 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です : 2012/01/17(火) 23:49:18.37 ID:38Z2cKHG0
    大雑把に言えば月々の支払いは、

    ■分割払
    端末頭金0円
    基本料1000円+定額料2100円+端末割賦代3100円-毎月割3100円=月3100円。
    ■一括払
    端末代74400円
    基本料1000円+定額料2100円-毎月割3100円=月0円。

    昔多かった端末ゼロ円機種と同じ。
    ただし馬鹿高い機種を買って毎月の料金を割り引く方式だから、
    即解約すると割引の恩恵を受けられない。

    373 : 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です : 2012/01/18(水) 00:01:12.94 ID:d1iysTh30
    とりあえず、

    お前ら明日auショップや量販店行っても端末0円の維持費格安はないからな。
    騙されんなよ。時間の無駄。
    MNP一括0円あればマシですわ。
    あるのは実質0円という本体代6,7万の品。
    本体代先に払えば格安維持は出来るけどな。

    3月まで待てば新規一括0円もあるかもしれんが。
    年度末まで店をチェックするほど暇じゃないだろ、正直。

    439 : 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です : 2012/01/18(水) 01:36:57.73 ID:1BXOFKcL0
    料金システムの難易度

    低:ウィルコム

    中の下:ドコモ
    中:au
    中の上:ソフトバンク




    特上:イーモバイル

    440 : 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です : 2012/01/18(水) 01:53:08.85 ID:h8TQM52w0
    >>439
    イーモバって、そんな複雑なの

    441 : 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です : 2012/01/18(水) 01:54:50.46 ID:1BXOFKcL0
    >>440
    本カタログ貰ってきてじっくり読み込んでも理解できない
    まじおすすめ

    442 : 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です : 2012/01/18(水) 01:56:12.41 ID:R8lObG2O0
    >>440
    にねん特割
    にねんM
    にねんMAX
    似てる名前でも上から順に違約金9975円、33600円、69600円

    444 : 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です : 2012/01/18(水) 02:03:39.89 ID:h8TQM52w0
    機種少ないのにプランは複雑なんだなw

    【追記1】いささか時機を失した感はあるものの、先日掲載したオートサロン2012のYouTube動画を紹介したい。ダンスを披露しているコンパニオンにローアングラーが忍び寄り、慌てて制止する警備隊が・・・・でもノリノリなんで楽しい!!!!


    【追記2】 本文中の支払料金はネット情報をまとめたものですので、その真偽については直接auに問い合わせるようお願いします。当方に質問されても返答しかねます。


    Lancer2000lancer2000 at 18:13│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote