2017年03月10日

つい先日、日経新聞に以下の記事が投稿された。

復調アップルの深謀 成熟スマホ市場で販売最高
減産が続いていた米アップル、iPhoneの販売が増え始めた。最新モデル「7」は革新性に乏しいと受け止められたものの、昨年末は過去最高のペースで出荷した。スマートフォン(スマホ)の世界市場の成長が止まりかけたとたんの再加速は韓国サムスン電子の発火問題という敵失だけが理由ではない。コモディティー(汎用品)化にあらがうアップルの囲い込みモデルが成熟市場で奏功し始めた。

自分が所有しているアップル製品は以下の通りだ。

■MacBook Pro
■iPhone7
■iPad Pro 12.9インチ
■Apple Watch2
■Apple Pencil
■AppleTV
■AirPods

数多くのアップル製品を購入しているが、実はメインはWindowsで、WebはGoogleサービスをこよなく愛するという少々変わったユーザだ。経験的にWindowsとの親和性を最優先に考えるのならばiOSよりもAndroidだが、なにゆえにアップル製品を好むかというと、ごくごく普通の人たちにとって常に最良のOSとマシンを提供しているからだ。

古くからのアップル製品を知っている人ならば理解してもらえるかと思うが、その昔、アップルが提供するOSは出来が悪かった。いつなんどき突然凍結(フリーズ)するのかが分からないために、ちょっとでも負荷のかかる作業をしているときなんかは、ドキドキハラハラものだ。

この変換作業、うまくいくかな・・・・大丈夫かな、大丈夫かな・・・でもかなり心配・・・orz

こんな心境でプログレスバーを見続けた経験はオールドユーザならば誰しもが持っているはずだが、安定性と信頼性に多少欠けながらも、それでもその出来の悪いOSが個人的には好きだった。

馬鹿な息子ほど可愛いとはよく言ったもので、出来が悪い反面、親しみやすさは文句なし。その琴線に触れる愛想の良さが多くのユーザを虜(とりこ)にしてきたのは衆目の一致するところだが、以来、アップルは親しみやすさ、愛想の良さをさらに磨き上げ、そしてOSの安定性・信頼性を高めてきたように感じている。

最近さらに推し進めているのが、異機種間での統合感、密着度合いの高さで、他社が容易にはマネできない異次元領域に到達した感すらあると言っていいのが、iPhone7 & Apple Watch2のコンビネーションだろう。

そこで本記事は日常的にアップル製品を使用する中で、痒いところに手が届く機能でありながらも他社からすれば現時点では限りなく無理ゲーだろうな・・・と思われる機能をピックアップしてみた。

AirPods導入から日が浅いのでまだまだ使いこなしているとは言い難いが、iPhone7,Apple Watch2,そしてAirPods。こういう製品を出されたら、もう同じ土俵で他社が勝負するのは無理なんじゃないの・・・そんな気がしている。

20170310_Apple_1
↑最下段の"▲AirPods"をタッチすると・・・・

↓音声を飛ばす先を選択することができる。アップルファミリーならではの親和性の高さを感じる。
20170310_Apple_2

■一つのモバイルSuicaをiPhone7とApple Watch2で共用することはできないが、両端末間の行き来が簡単なために、iPhone7→Apple Watch2へモバイルSuica移動、またはその逆が瞬時にできる。

■コンビニでは厚手のコート着用でも袖をまくることなく、Apple Watch2による決済が完了する。支払いが完了すると手首に微振動が伝わるために、袖をまくって画面上で確認しなくても、支払いが円滑に行われたんだなと確認できる。

■Apple Watch2によるモバイルSuica決済が完了すると、よく二重で引き落としがされていないか、たまに不安になるときがある。そのときにはiPhone7で支払い明細をすぐに確認することができる。

■Apple Watch2単体でチャージできるのが実にありがたい。金額を入力しなくて済むように、100円,200円,300円・・・・100円単位のチャージが簡単にできるし、チャージが完了するとiPhone7でもその確認をすることができる。

■クレジットカード・モバイルSuicaについてはiPhone7とApple Watch2では完璧に同期されており、時間差がほとんどない。利用者からすれば使用しているのが、iPhone7なのか、それともApple Watch2なのかの差異にすぎないと言って良いほどの密着度を感じる。

■iPhoneに着信があると、同一無線LAN環境下のアップル製品でも着信を確認することができる。MacBook ProまたはiPad Pro 12.9インチでも着信表示画面が現れるので、電話を取り逃がしたくない人には実に有益な告知方法だ。

■Apple Watch着用中にiPhoneに着信があると、iPhone常時マナーモード状態でもApple Watch微振動で電話着信を知らせてくれる。環境によりマナーモードのON,OFFをする必要が全くなくなり、iPhoneは常にサイレント状態で可となる。

Android Wearにも同種の機能はあるが、Apple Watch2のように決めの細やかな微振動告知ができないために、洗練度で数段落ちる。現在、Androidスマホをメインで使用できない最大の理由がこれ。携帯電話で通話することが多い人にとってはこの【おもてなし】にハマると、他機種への乗り換えはまず考えられなくなる。

■AirPods単体で音量調節を行うときはSiriを利用するが、公衆の面前ではなかなか発声しにくい。AirPodsの音量調整がiPhoneで行えるのと同様の気軽さで、アプリが対応していればApple Watch2でもAirPodsの音量調節を行うことができる。

■iPhoneで【radiko.jp】をON,AirPods経由でラジオを聞きながら、音量調節はApple Watch2で行うことも可能だが、このとき一切の遅滞が発生ぜず、継ぎ目無く(シームレス)連携しているのがお見事の一言だ。

■iPhone7,Apple Watch2,AirPods装着状態で音楽を聴いているときに電話着信があると、最初に音楽がフェイドアウトし、音がでなくなったのとほぼ同時にApple Watch2に微振動が伝わる。そしてワンテンポ遅れてAirPodsからは電話着信音が流れるのだが、この流れが実にスムーズで寸断が全くない。機器間の連係プレイが高度で調和している証(あかし)を垣間見る瞬間だろう。

復調アップルの深謀 成熟スマホ市場で販売最高
世界のスマホ市場は2016年に転換点を迎えた。米IDCによると市場規模は14億7千万台。5年前に比べ3倍だが前年比では1桁成長に落ち込み、2%しか増えない。先進国では2、3回目の買い替えサイクルに入っている。

機能の向上が鈍化し、購入時の製品への満足度が下がると、多くの消費者は割安さを求めるようになる。米グーグルの基本ソフト、アンドロイド搭載端末の平均価格は200ドル程度と5年で約半分まで下がった。メーカーの利益が下がると研究開発の方向性も革新より、価格を抑える技術に向かう。製品価値の下落に伴う低価格競争が始まった。

市場の成熟によりアップルも伸び悩んだ。故スティーブ・ジョブズ氏が10年前にiPhoneを見せたときのような驚きをいつまでも消費者に与え続けることはできない。アップル製品も機能向上が鈍化する一方、中国勢は次々にiPhoneに似た製品を発売する。16年の年初からはiPhoneの減産が始まり、昨年は「アップルの最良の日々が過ぎ去った」(米運用会社サンフォード・バーンスタイン)と評された。

だが年末商戦では、目立った機能の向上が防水などにとどまった「7」が売れた。16年10~12月のiPhoneの世界販売は前年同期比5%増の7829万台と、四半期ベースで過去最高となった。

市場の成長鈍化に逆行するように復調した理由はiPhoneに慣れたユーザーが離れないためだ。市場の中心が買い替え需要に移る中、iPhoneのリピート率は8割。慣れた操作感を捨て、アンドロイド端末を選ぶ利用者は少ない。

アップルはタブレットやパソコンをまたぐ一貫した使い心地を重視し、クラウドや音楽のサービスで顧客を囲い込む。サムスン機の発火問題で目立ったトラブルがないアップルの安定性も改めて評価が高まった。

みずほ証券の中根康夫シニアアナリストは「利用者はiPhoneの使いやすさやアプリに慣れ、大きな機能拡充がなくても買い替える仕組みが築かれている」と見る。消費者がスマホに求めるものが操作性や安心といった基準に移りアップルの優位性が高まる。

直近4カ月で3割近く上昇した株価もアップルの復調を裏付ける。今年1月には著名投資家のウォーレン・バフェット氏がアップル株を買い増した。バフェット氏は自身のひ孫たちにもどうやってiPhoneを使っているのか聞き込み、「アップル製品は消費者の定着率が高い。有用な製品だ」と評価するに至ったという。世界首位の時価総額は約83兆円でトヨタ自動車の4倍に達している。

今秋の新モデルでは液晶パネルの2機種に5.8型の有機ELパネル製品が加わる。人気の高い大画面品を増やし、直近で700ドル弱と3年前に比べ1割上昇した平均価格をさらに引き上げようとしている。

経営環境は万全とは言えない。収益の柱の中国市場は減速し、欧州で課税逃れが指摘されるなど各国当局との関係も良好ではない。今年前半は新モデル発売前となり、消費者の買い控えも想定される。

ただ、毎年2億台超を出荷するiPhoneは大量の買い替え予備軍がいる。需要を伸ばすのは革新性だけではない。一定の機能向上と変わらぬ使い心地のバランスを重視し、顧客に自然に買い替えを促すアップルの深謀が成熟市場で浮き立つ。


Lancer2000lancer2000 at 19:53│コメント(8)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヒロ(hero)   2017年03月13日 04:41
シチズンからスマートWatchでたね。iOS 対応とか。時計会社も競争に巻き込まれるのかな。
iPods最近見掛けるようになり、耳からうどんと投稿をみたがうなずけた。黒色に塗装に出そうかなぁ。
2. Posted by MNP素人の関西人   2017年03月13日 06:00
AirPods良さそうです。

AmazonでBluetoothイヤホン買いましたが、ペアリングがなかなかAirPodsのようにはいきませんね。

MacBook Air、iPhone7Plus、SOL26、Xperia Z3 Tablet Compactの中でいちいちBluetoothを切ってからお目当の機種のBluetoothをOnにしないといけないので、出先以外には使わなくなりました。

AirPodsの両耳が繋がってるバージョン?って発売してましたっけ??
AirPodsだとなくしてしまいそうで。。。
3. Posted by milfoil   2017年03月13日 06:13
「■iPhoneで【radiko.jp】をON,AirPods経由でラジオを聞きながら、音量調節はApple Watch2で行うことも可能だが、このとき一切の遅滞が発生ぜず、継ぎ目無く(シームレス)連携しているのがお見事の一言だ。」
これこそがAppleの目指す真骨頂なのかも知れませんね。

後は無くしやすさをどうするか・・・。^^;

milfoil

4. Posted by Lancer2000   2017年03月13日 23:03
4 ヒロ(hero)へ。

『シチズン エコ・ドライブ Bluetooth』
http://citizen.jp/news/2017/20170215.html

↑これのことね。ちょっと価格が高いかも・・・・でもいいね。Pixel後継機種を諦めれば買えるかな?

>黒色に塗装に出そうかなぁ。

アメリカでAirPodsをブラックに塗装してくれるサービスが開始!!注文殺到により順番待ち状態
http://sumasapo.co/?p=13686

アメリカではこんなサイトがあるから、日本でも遅かれ早かれ同種のサービスが始まるだろね。自分はブラックサービスが始まったら結構悩みそうな気がするな。
5. Posted by Lancer2000   2017年03月13日 23:13
4 MNP素人の関西人さん

【徹底比較】「AirPods」を買うべきか、それとも「BeatsX」を買うべきか、悩める人向けに両製品を徹底的に比較してみた
https://corriente.top/post-32818/

このサイトが参考になるけれど、紛失を恐れるんだったらBeatXでしょ!

自分は今までずっとEarPodsを使っていて、ワイヤレスイヤホンはほとんど使用したことがなかった。で、AriPodsで初めて本格的にワイヤレスイヤホンを使い出しんだけれど、やっぱりケーブルに煩わされないのはありがたい。

それとこの接続作業の気軽さ。この付けたり、外したりするのがちょっとウキウキするって、アップルはこういう作業がうまいなぁ・・・・

彼女にプレゼントするもよし、自分は嫁さんに買ってあげるつもりね!
6. Posted by Lancer2000   2017年03月13日 23:23
4 milfoil隊員へ。

世界最軽量に返り咲き? 富士通の13.3型ノートPC「実は761gでした」
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1702/23/news051.html

2017年の年明け早々、富士通とNECがこのクラスのノートPCで世界最軽量合戦を繰り広げて話題となったことは記憶に新しい。(引用終了)

富士通とNECはミリグラム単位の軽量化で競争しているけれど、アップルは異機種間の接続のスムーズさ、心地よさの徹底した追求で、間違いなくコンマ何秒単位の調整でシノギを削っている。

Androidスマホ&Android Wear,iPhone & Apple Watchを使っていると、それがよく分かるかな。ホテルで言えば快適・おもてなし度の最高ランクを目指していると言ったらいいのか・・・・

次世代iPhoneでは、EarPods同梱版、AirPods同梱版の2種類を発売してほしい!!
7. Posted by ヒロ(hero)   2017年03月15日 03:15
連結する紐が売りに出てる。
ワイアレスの意味薄れるけど、ランニングとかするなら欲しいかも。
8. Posted by Lancer2000   2017年03月16日 21:06
4 ヒロ(hero)へ。

毎日のようにAirPodsを使っているけれど、いまのところ外れて落ちそうな気はしないね。

ただ通勤時、混雑している雑踏で人とぶつかった時がやっぱり心配かな。落としたらすぐに誰かに踏まれそうだし・・・その意味でいつも気をつけている。

でもこの使いやすさ、たまらないね、ちょっと良い気持ち!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字