2018年02月18日

2017年度上期のスマホ出荷台数は前年比12.9%増 SIMフリーはHuaweiがシェア1位

国内におけるスマートフォン販売台数のiPhone比率は約50%。アップルSIMロックフリーiPhoneもあるにせよ、そのほとんどがキャリアiPhoneだと仮定すると、おおよそ2年に一度は契約満期を迎える。

満期を迎えたiPhoneが一斉に中古市場に流れ、例えばイオンやヨーカドー内に設置された中古ショップでも購入できそうだが、個人的には未だにそのようなショップにはお目にかかったことがない。というのも、iPhone中古市場を形成するだけのiPhoneが、日本国内には出回らない仕組みになっているからだ。

この中古iPhone市場については当ブログの5部作に詳しい。

【キャリアiPhoneをファクトリーアンロックでSIMロック解除する仕組み】

20150523_simlock_02

■序章

■第1章-キャリア下取りiPhoneのSIMロック解除

■第2章-GSXとはなにか?

■第3章-iPhone GSX情報を移植する原資

■第4章-改竄ファクトリーアンロックは必要悪か

中古iPhoneが市場に出回ると、当然のことながらキャリア販売iPhoneの売り上げが落ちる。販売ノルマが課せられたキャリアiPhoneの販売台数を確保するためには、2年に一度の機種変更時に旧機種は回収し市場に出回らなくすればいい。

日本国内から回収されたiPhoneは、キャリア合法のSIMロック解除手段によってSIMロックフリー端末となるや否や海外へと転売され、新興国へとなだれ込む。もちろん売却益が見込めるためにキャリアにとっては実においしい転売方法だ。

競合他社がうらやむ圧倒的なブランド力を背景に、アップルはiPhone販売契約交渉でも常に高飛車だ。一説によると100万台以下の販売台数では交渉の場すら持てなく、現にここ日本ではUQモバイルやY!mobileなどのキャリア系列以外の事業者はiPhoneを取り扱っていない。

2年に一度の契約更新時、顧客には高価格iPhoneだけを勧めて旧機種は店頭で回収する。まさに一挙両得を地で行く販売手法だが、MVNO SIMが台頭するにつれて、このキャリアiPhone寡占に風穴を開けようとする機運が生まれた。

というのも新型iPhoneの入手が難しいのであれば、せめて中古iPhoneを入手したいという顧客ニーズは依然として強く、女子高生の7割近くはiPhoneを好むというデータもあるからだ。中古iPhoneであれば販売ノルマが課せられないこともMVNO SIMとセットで販売する上で好都合だ。

中古スマホの流通透明化 団体設立、買い取り価格下げ要請

20180218_rmj_1

そして、そんなニーズに応えるために今から1年前の2017年3月14日に、中古スマホの流通経路透明化、中古端末の流通を促進するために、リユースモバイル・ジャパン(RMJ)が設立された。

中古スマホ市場は年間約230万台前後で、キャリア3社の年間約3000万台と比較すると1割にも満たない。そのRMJの資料によると、当時のiPhone6sの買い取り価格は以下の通りだ。

■キャリア3社 iPhone6s買い取り価格 21600〜26400円
■RMJ加盟企業 iPhone6s買い取り価格 12000円

RMJは中古スマホの国内流通量の60〜70%を占めているが、買い取り価格差が1万円以上あるために、なかなか国内中古市場には旧型iPhoneは出回らなかった。キャリアが高値で旧型iPhoneを買い占めて、国内には流通させないようにしているのだ。

ところが、2016年8月には公正取引委員会が、国内での中古端末の流通量が少ないことを疑問視する報告書を公表したことにより風向きが少しずつ変わり始める。総務省は中古市場の活性化を図るために、SIMロック解除期間を従前の180日からさらに短くするようにキャリア3社に求めた。

キャリア3社に対してiPhone買い取り価格を引き下げるように要請したこともあり、2017年9月頃からRMJでのiPhone買い取り台数が大幅に増加するようになった。

中古iPhone、9月買い取り5割増、RMJ調べ
2017/10/25 14:40

中古携帯端末の業界団体のリユースモバイル・ジャパン(RMJ)が25日まとめた9月の中古のスマートフォン(スマホ)の販売動向調査によると、2017年9月の米アップルの人気スマホ「iPhone(アイフォーン)」の買い取り台数は前月比52%増の1万8491台だった。iPhone8など新機種の発売で、中古スマホ専門店に古いiPhoneの買い取りで訪れる利用者が増えた。

RMJにはゲオ(名古屋市)や携帯市場(東京・千代田)など、有力な中古スマホ事業者が加盟している。これまでNTTドコモなどの携帯大手が中古スマホを利用者から買い取り、新たなプランを薦めることが多かった。

ただ格安スマホの普及で中古専門業者へ売る人が増加している。今後もこうした傾向が続き、中古スマホ市場が拡大するとみられている。

もちろんキャリア3社合計で年間約3000万台のスマホ販売台数と比較すると微々たる数字だが、激戦市場で引き続き顧客を獲得していくには中古市場の整備が欠かせない。ロー・ミドル・ハイエンドとの棲み分けが確立されつつある今、中古市場の体制・確立が急務となってきつつあるのだ。

JCOM、中古iPhoneで格安携帯プラン 大手より3割安く
2018/2/14 20:37

ケーブルテレビ最大手、ジュピターテレコム(JCOM)は米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone」の中古品を使った新たな通信サービスを15日から始める。ほぼ新品と変わらない中古端末を使い、月額料金が、大手携帯会社系列の格安スマホ事業者のプランより3割程度安くなる。中古携帯市場が一段と拡大すれば、同様の格安サービスが広がり価格競争が激化しそうだ。

JCOMはKDDIと住友商事の折半出資。今回のサービスは、KDDIとNTTドコモの回線を使用する。料金プランは端末「iPhone6s(64GB)」と本体価格と通信サービス料金を加えた月額料金が、データ通信が月3ギガ(ギガは10億)バイトの場合、約3200円で利用できる。契約は複数年が前提となっており、他の大手系列の格安スマホ事業者と同様に、2年目以降は月1080円が上乗せされる。

KDDI系のUQモバイルやソフトバンク系のワイモバイルなどの格安スマホ業者は、型落ちの新品を提供する。UQモバイルの場合、iPhone6sで月3ギガの利用の場合、初年度は月額約4300~4800円だ。

JCOMが取り扱う中古iPhoneは総務省が認定した事業者が電池パックや一部部品を交換・修理した上で提供する。JCOMは中古スマホ業者から年間数千台のiPhoneを購入する契約を結んでいる。

格安スマホ事業者は、数千万の契約件数を抱える携帯大手各社と違い、アップルから大量に購入できないため、最新型のiPhoneを取り扱うことができない。しかし、国内では端末市場でのiPhoneのシェアが5割を超えるなど人気は高いことから、JCOMは中古のiPhoneと通信サービスを組み合わせ顧客をとりこむ。

中古品を使ったプランは他の格安スマホ事業者も手がける。楽天はアップルなどメーカー側が認定した工場で整備された端末を扱っているが、調達量が限られる。

中古スマホ市場は拡大傾向にある。2016年8月に公正取引委員会が国内の中古スマホの流通量が少ないことを指摘。総務省は携帯大手に新規端末の価格が2年前の同型機種の買い取り価格を上回るように求めた。その結果、契約更新時に携帯大手に下取りに出さず中古市場で売却する消費者が増えた。

中古スマホ業者の業界団体リユースモバイル・ジャパン(RMJ)によると、会員企業によるiPhoneの買い取り台数は17年10~12月に前の四半期を6割上回る約7万台に達したという。

ただ、中古品スマホには課題もある。携帯大手の店舗数は約8500店あるが、中古スマホの販売店は少ない。故障時のサポート拠点を増やすことが求められそうだ。

ここ日本では新品需要が根強いのは事実だが、2020年東京オリンピック開催に向けて中古スマホ市場も整備され、イオン・ヨーカドーなどの商業施設で中古iPhoneを気軽に購入することが出来るのかもしれない。

Lancer2000lancer2000 at 15:39│コメント(5)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この記事へのコメント

1. Posted by ヒロ(hero)   2018年02月19日 00:22
身体に触れるものの中古は好きじゃない。キショく感じるから。時計なんてもってのほか。
人体移植するくらいなら死を選ぶ。
iPS細胞で自分のから作って欲しい。
実は、吊革を持てない潔癖症で少し病的かも。
だから銀行のオンライン開発で銀行のセンター内の端末で操作するが、キーボードが個人のものじゃないから汚い。仕事だから仕方無く。
パソコンレベルで開発する様になってからは社用の使わず自分で買って使っている。スペックも違い過ぎて社用のなんて時間の無駄だと思う。
2. Posted by ぽんちき   2018年02月22日 12:50
来る、ではなくて、イオンモバイルでは普通に中古iPhone売っているんですが…。
近所のイオンモールではガラスケースに入った大量のiPhone見かけます。
3. Posted by ぽんちき   2018年02月22日 12:56
連投すいません。途中で送ってしまいました。

私の住む大阪のイオンでは、3大キャリアを扱うコーナーに当たり前のように中古iPhoneが置いてあります。
それを使ってキャリア契約は出来ないようですが。
SIMフリー機も在庫あったのですが、皆さん一括0円にばかり目がいっているのかあまり注目はされていない様子でしたね。
4. Posted by Lancer2000   2018年02月24日 11:20
4 ヒロ(hero)へ。返事が遅れてすまない。いまようやく一休みしているところで、このところ平日はダメだなぁ・・・・

友達で潔癖症の人が居たのでよく分かる。電車のつり革が触れない・・・って言っていたからね。

自分はそこまで気にしない人間で、ただパソコンのキーボードの使い古しは、最初はちょっと苦手だけれど、そのうちに慣れちゃうタイプ。

そういう人にお勧めしたいのがアップル製品の場合、リファービッシュ。知っていると思うけれど、知らない人のために書くと

Apple認定整備済製品
https://www.apple.com/jp/shop/browse/home/specialdeals

スマホでよく耳にする「リファービッシュ」製品とは何か?
https://gigazine.net/news/20180219-what-is-refurbished-smartphone/

これ、かなりきれいっていうか、言われなければ新品と思うかも・・・
5. Posted by Lancer2000   2018年02月24日 11:28
5 ぽんちきさん、返事が遅れてすみません。

>来る、ではなくて、イオンモバイルでは普通に中古iPhone売っているんですが…。

これは大変失礼しました。

自分が嫁さんといつも行くヨーカードーはかなりの大規模複合施設なのですが、いくたびに携帯ショップを覗いております。でも中古ショップはなくて、これぐらい大きなヨーカドーですらないのだから、無いんだろう・・・と早合点しました。

イオンも大規模複合施設があるのですが、車でしか行けないのが難点で、ここ最近イオンは殆ど行っていません。

貴重な情報ありがとうございました。

嫁さんは買い物大好き人間ですが、私はモバイルIT・PC以外の買い物には全く関心がなく、ヨーカドーに行くといつも本屋で時間を過ごすばかり。

さすがにヨーカドーにはPCショップは出来ないでしょうから、中古SIMロックフリーiPhoneショップが出来れば行く楽しみが増えるんですけれどね。

コメントする

名前
 
  絵文字