IS01

2014年10月06日

その昔、IS01という実にマニアックな携帯電話があった。au初のAndroidスマートフォンでありながら、画面をタッチするもよし、メール作成の時にはフルキーボード搭載で文字入力することもできる。今となっては珍しい形態のスマートフォンと言っていいかと思うが、IS01の最大の魅力はその形状もさることながら、当時auが実質タダでばらまいたことにあった。そのあたりは以下の記事に詳しい。

【2010年08月16日】IS01狂想曲 No.1
が、いつしかその新スパボ一括セールスも8円で維持する事が出来なくなると、金の切れ目が縁の切れ目とばかりに、次第次第に多くの携帯マニアが2ch新スパボ一括スレから遠のいていった。しかしながら、今年の6月30日にau初のAndroid携帯としてIS01が発売されると、2ch掲示板で異変が生じた。(途中省略)

久方ぶりのご馳走にマニアは色めき立った。MNP新規でCB1万、無線LAN only運用で毎月の支払い料金は8円。近年稀に見る大盤振る舞いの好機を絶対に見逃すわけには行かない。ひょっとしたらISデビュー割の実施期間制限の9月30日間近になれば、通常新規でも0円購入可能になるだろうという思惑も錯綜する中、我慢しきれない携帯マニアはあの手この手の奇策をひねりだし、MNP新規でIS01を購入しようとする。

20141006_IS01_02

【2010年08月21日】IS01狂想曲 No.2
なんと普通のau shopのすぐ隣の店舗が携帯格安ショップ。つまり同じフロアに隣り合わせでau shopと携帯格安ショップが並んでいるのだ。ダメもとでもう一度その携帯格安ショップに電話してみると、案の定、IS01はMNP0円で購入可能であるとのこと。入荷してもすぐに品切れになるから欲しい方はお早めにと、CMのような売り文句についつい釣られて意気揚々とした気分で訪れてみた。

20141006_IS01_01

振り返ると当時はAndroid端末の黎明期。今現在であればAndroid端末のシェア70%,80%は決して珍しいものではないが、au初のAndroidスマートフォンということもあり、シェア獲得のためのばらまきは政策上、必須のものだったと言えるのかもしれない。さて昨晩au田中社長によるFirefox OS搭載端末発売の一報を聞いたときに、即座にというか反射的に思い浮かべたのが、このIS01だ。

なにしろその生い立ちが実に似通っている。

■au初の・・・・
■マニアックすぎる
■普通の人は見向きもしない
■価格が高いと誰も買わない
■実用性が高いようには見えない

これだけ条件がそろっていると、何やら不幸な生い立ちを想起してしまうが、やはり同じ穴のムジナというべきか、同様のことを考えている人はどうやら多数居るらしい。さすがに歴戦の勇者だけにその意見の多くは【タダでくれるんならもらっちゃおうかな?】に集約されるが、現状の国産Androidガラパゴススマートフォンと同価格帯、つまり一括6~8万円での販売は望むべくもないだけに、マニアの間での期待は高まる一方だ。

20141006_Firefox_004

KDDI 田中社長、Firefox OS搭載端末を「クリスマスプレゼントとして提供する」
1 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[sage] 投稿日:2014/10/05(日) 17:03:23.40 ID:maGc6xVK0 [1/2] ?2BP(1000)
sssp://img.2ch.net/ico/sasuga.gif
2014年4月には田中氏が「年度内に発売する」と明言していたが、
10月5日の今日、「クリスマスプレゼントとして提供する」とビデオメッセージで明らかにした。
なお、動画内では田中氏が、実際に発売する端末と思われる端末を操作していたが、
モザイクがかかっており、どのような端末か確認することは出来なかった。
http://news.mynavi.jp/articles/2014/10/05/kddi/

7 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[sage] 投稿日:2014/10/05(日) 17:04:40.01 ID:Zk6FYhEL0
プレゼントの意味分かって言ってんだろうな

8 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/10/05(日) 17:04:43.11 ID:NMGxiXjN0
よしプレゼント交換だ

10 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/10/05(日) 17:04:53.86 ID:SdF2PRkh0
タダでくれるって事は原価相当安いんだろうなw

19 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[sage] 投稿日:2014/10/05(日) 17:08:21.25 ID:lhuFmOHi0
回線契約無しで、売ってくれるなら欲しいな。

22 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/10/05(日) 17:09:06.91 ID:V/q4j7y0i
プレゼント→一括5万円

25 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/10/05(日) 17:10:43.72 ID:ovGq7ksY0
くれるのかと思ったわ
もう13年もau使ってるんだから俺にはくれても良いだろ

33 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[sage] 投稿日:2014/10/05(日) 17:17:40.06 ID:SdZYWyhy0
これにしても、Windowsphoneにしても、今からキャリアで出しても売れないのはわかってんだから、2万ぐらいでSIMフリー端末で国内販売すればいいのに。

37 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/10/05(日) 17:22:24.58 ID:kcqOUuzG0
ただでくれるの?(´・ω・`)
ほしいなぁ(´・ω・`)

50 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[sage] 投稿日:2014/10/05(日) 17:55:53.02 ID:AOqNOUj10 [1/3]
まあ間違いなくIS12Tの二の舞になる
サービス含めて展開できない限りは冷や水でしかない

65 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/10/05(日) 18:22:10.76 ID:jaXXKf/Si
SIMフリーで2万円以外じゃないとFirefox OSのメリットがないぞ

68 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/10/05(日) 18:29:10.97 ID:7hJPeoSN0 [1/2]
またガジェヲタにおもちゃを配って終わりになりそうな予感しかしないな。
まあ安く手に入るなら欲しい。

69 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[sage] 投稿日:2014/10/05(日) 18:31:23.39 ID:5KUv3Jko0
ドコモ網対応でSIMフリーで2万以下なら買う

80 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/10/05(日) 20:38:28.59 ID:U37LCvXmO
iPhone:自由がない
Android:治安がない
WindowsPhone:何もない
Firefox端末:???

81 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/10/05(日) 20:40:46.43 ID:f+ICRVKg0 [3/3]
Firefox端末:金がない

100 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[sage] 投稿日:2014/10/05(日) 23:04:13.03 ID:tCPRHSVI0
>>80
旨味がない

92 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/10/05(日) 22:09:12.48 ID:oWZfZZXe0
スマホ黎明期のISシリーズのことを思い出せば初物は間違いなく不具合だらけの
クソ端末なんだよなあ
でも欲しいお

104 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/10/06(月) 04:52:58.96 ID:zC0a1CmW0
たしかKDDIの田中ってガジェットオタクだよな
Firefoxスマホなんてオタクらしくて良いと思います
買わないけど

そもそもFirefox OSってなに?っていう方々にお勧めしたいのは自ブログのこの記事↓

2013年02月27日 スマートフォン向け各種OSの特徴とFirefox OSの実態とは?

これを読むとAndroid OSやiOSとの差異、さらにはFirefox OSの置かれている環境が理解できるはずだが、個人的にはFirefoxを運営しているMozillaの生殺与奪の権利はGoogleの掌中にある以上、Google別働隊あるいは隠れ蓑の感を完全にぬぐい去るのは少々難しい気がする。順当に行けば、2014年11月にはGoogleとMozillaとの間で契約更新がなされるはずだが、Googleからすれば生かさず殺さず・・・・が案外本音なのかもしれない。

【Mozilla公式】よくある質問
■Mozilla の 2012 年度の総収入はどのくらいでしたか?

Mozilla の報告書に記載された 2012 年度の連結総収入 (Mozilla Foundation およびすべての子会社の収入) は3億1,100 万米ドルで、2011年度の1億6,300万ドルより約90%向上しました。

■Mozilla の収入源は何ですか?

Mozilla の収入の大半は、Firefox 製品に搭載されているGoogle、Bing、Yahoo!、Yandex、Amazon、eBayなどの主要検索パートナーが提供する検索機能によるものです。Mozillaの報告書に記載された収入には、個人および企業からの非常に重要な寄付金や助成金が含まれ、これが大幅に増えています。また、Mozillaの投資対象資産から得られたその他の収入も含まれています。

FirefoxをリリースしているMozilla財団は収益の90%をGoogleに依存

Firefox OS端末が日本で年度内に発売されないであろう5つの理由
2014年06月10日 18時18分更新

順風満帆に見えるFirefox OSだが、筆者は2014年度内にはFirefox OS端末は発売されないと考える(リファレンス端末を除く)。最初に断っておくと、筆者は開発中であるFirefox OS v2.0のソースコードをほぼ毎晩ビルドして、実機でFirefox OSの動作を確認している。2.0は1.1のころと比べると格段に進歩してはいるが、正直まだ製品版と呼べるものには程遠い。

現在、Mozillaとパートナーシップを結んでいる携帯メーカーには、安定版としてv1.3が提供されているが、残念ながら、それでも最新のAndroidやiOSとは比べものにならないくらい機能が貧弱だ。

それにしてもITmediaでは【Firefox OS端末が日本で年度内に発売されないであろう5つの理由】とまで書かれていたにも関わらず、かつまた正鵠を射た記事であったにも関わらず、クリスマス商戦に間に合わせたところを見ると、田中社長の執念たるや恐るべし・・・・とここは素直に脱帽したい。

が、最大の難関は前述の通り、その価格設定だろう。というのもこの手のマニアック端末を一番購入しそうなマニアの関心事はGoogle Nexus6の価格設定にあるからだ。折しも10月発表,11月発売?と噂されるNexus5の後継機種Nexus6は、前機種よりも若干価格が上がり、5~6万円前後と予想されるだけに、同価格帯での勝負は極めて難しい・・・・というよりも完敗になるだろう。

では3~4万ならば購入するのかと言えば、だったら2015年3月まで待てばCB(キャッシュバック)付きでのばらまきが充分予想されるだけに、これまたおいそれとは手を出さず、熟柿作戦を取る可能性が高い。つまり、いずれにしてもタダに近い価格でなければみんな購入しないのだ。2ch掲示板・該当スレ・書き込みの【プレゼントの意味分かって言ってんだろうな】はけだし名言だと思うが、個人的には一括価格2万以内+必要最低限度のアプリ搭載+SIMロック解除端末であれば買いかなと考えている。

※熟柿作戦=熟した柿の実が自然に落ちるのを待つように、気長にその時機の到来を待つ

auのFirefox OS スマートフォンはXmasに発売。社長動画にモザイクで新端末披露(更新)
2014年10月05日 17時42分

KDDIは、Mozilla 主催のイベント において、Firefox OS搭載のスマートフォンを年内に発売すると発表しました。かねてより同社は2014年度内の発売をにおわせていたところですが、KDDIの田中社長はビデオメッセージにおいて「クリスマスプレゼントとして提供したい」と語りました。

20141006_Firefox_001

20141006_Firefox_002

20141006_Firefox_003


【追記】 記事投稿を優先しています。書き込んでもらいました方々、今しばらくお待ちください。

Lancer2000lancer2000 at 21:32│コメント(6)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年04月10日

生返事はするものではない!

今週末、ちゃんと予定、あけているんでしょうね?

週半ばに嫁さんからこう声をかけられたものの、あいにくと失念していた自分に気がついた。そういえば先週からなんか言っていたような気がするな。たしかバスに乗ってどこかに出かけるような算段をしていた記憶があるが、さてとどこに何をしに行く計画だったのか?寒ければコタツにくるまってiPadでネット巡回、暖かければ電脳都市・秋葉原散策を無類の楽しみとする私にとって、怠惰なバスツアーは苦痛以外の何ものでもない。が、ここ最近は多忙を極めており夫婦そろって出かけることがまれになってきたために、せめてもの罪滅ぼしというわけでもないが、生返事をした記憶が蘇ってきたのだった。

夜桜見物?

夜ともなればまだまだ肌寒いのに、わざわざ1時間半も時間をかけていく遠隔地の夜桜見物とは酔狂そのものだと思うが、近年写真撮影の腕をめきめきと上げてきた嫁さんにとってはまたとないチャンス、まさに千載一遇の好機らしい。四季折々の風情が織りなす郊外地の夜桜の機微よりも、喧噪渦巻く携帯マニアの悲喜こもごも、喜怒哀楽に惹かれる私にとっては是非とも避けたい夜桜見物だが、すでにバスツアーの申し込みは完了、後は当日晴天を祈るのみとあらば渋々承諾せざるを得ない。

今週末、コタツにくるまりビールを飲みながら欧州チャンピオンズリーグを見ることはできないのか・・・・・改めて生返事したことを後悔したが、時すでに遅し。であるのならば気を取り直して怠惰なバスツアーを極楽バスツアーに切り替えるべく、様々なモバイルグッズの実験に取り組むことにした。現在iPadやiPhoneでテレビを見る方法はいくつかあるが、過去記事を引用すると以下の通りとなる。

2012年01月26日 ワンセグチューナーでiPhone4Sを機能強化+おサイフーケータイ+オートサロン秘話

2011年08月29日 iPhone,iPad,Androidでテレビを見る方法~VULKANO FLOW(ボルカノフロー)

2011年07月18日 iPhone,iPad,Androidでテレビを見る方法 No.2

2011年07月12日 iPhone,iPad,Androidでテレビを見る方法


iPhoneで地上波・BS・CS・自宅録画を見る方法


自宅録画ビデオ及びBS,CS視聴したいとき → ボルカノフロー

地上波ワンセグ放送を視聴したいとき → ワンセグチューナー"SEG CLIP mobile"

つまり二種類の手法を使い分けることにより、地上波・BS・CSの全てを視聴可とし、さらには自宅録画ビデオまで見ることができる盤石の態勢を取っているのだが、その効果をいよいよ実験するときがきたのだ。バスの中でそんなに悠長にテレビを見ている暇なんてないんじゃないの?と思われる方もいるかもしれないが、モバイルマニアは見て楽しむよりも視聴可能という達成感の喜びに重きをおいてしまうといっていいだろう。

最近はやや失速気味とは言いながらも安定度No.1のドコモF-06Bでテザリング、そしてそのF-06BにNew iPadを接続し、そのあまりにも美しすぎるRetinaディスプレイでハイビジョン動画を楽しむ。いやいや、これがもしうまくいけばたまらんかも・・・・・と一人悦に入っていたら、苦痛に思えた夜桜見物も期待と興奮に満ちあふれてくるというものだ。

当日。

バスツアー開始直後は雑談で時間を過ごしていたものの、30,40分も経過すると、次第次第に好奇心の首がもたげてきた。残すところあと30分程度で現地に到着するのだろう。自宅にセットしておいたビデオレコーダーに録画した映像を、New iPadで視聴するには絶好の機会だ。嫁さんに今からいいものを見せてあげるからね、と少々得意気に話しかけると、早速鞄からiPadを取り出した。が、いざ視聴アプリであるボルカノを起動しようとしたら・・・・・ない。

あれ?おかしいな?自宅録画ビデオを外出時に視聴するときには専用アプリであるボルカノが必須なのだが、見当たらないのだ。どうしてないのだ?としばし考えてようやく思い出した。iPad2→iPad3に機種変更するときに不要不急のアプリはインストールしなかったのだ。容量16GBなのであまりたくさん入れると、あっという間に満杯になってしまう。だったら必要な時に必要なアプリを入れればいいだろう、ということでボルカノアプリは後回しにしてしまったのだ。

うーん、なんたる失態。すぐさまAppStoreからダウンロードすることも考えたが、PC用のボルカノソフトは確か100MB,200MBだったか、かなりの容量だった。バスツアー移動時にドコモ3G回線で100,200MBをダウンロードするのはまず難しく、途中で断線することも考えるとあまり現実的な方法ではない。やっぱりここは素直にワンセグチューナー"SEG CLIP mobile"でワンセグを見ることにするか?と方針転換することにした。【注釈】後で調べたらPC用のボルカノソフトは100MB越えなのに対し、iPhone4用のそれは17MB弱と結構軽かった。

これが最強のワンセグマシン!

が、満を持して装着した"SEG CLIP mobile"も高速道路ではテレビ電波をきちんと捕まえることができないのか、しばし映像が乱れ、画面が消えたりする。これではとてもテレビを楽しむことができず、やむを得ず最後の奥の手、au IS01に登場してもらうことにした。au IS1といっても今から2年近く前に発売された機種なので殆どの人は知らないかもしれないが、Android最強スマートフォンと目されているGALAXY NEXUSよりもさらに一回り大きい、5インチの大型液晶を搭載したスマートフォンだ。

QWERTYキーボードを搭載したAndroid傍流スマートフォンとしてマニアの間ではつと知られた存在だが、実はこれ、ワンセグマシンとしては非常に有能なのだ。ディスプレイの角度調整が自由自在にできるために現時点でも卓上ワンセグマシンとして活用している人は結構居るはずだが、これに切り替えると実にスムーズにワンセグを視聴することができた。

"SEG CLIP mobile"の小さい筐体では感度が悪かったのかもしれないが、au IS01は画面が殆ど切れることがない。やっぱりボディが大きいと感度が高いのかも・・・・・と思ってしまったが、au IS01の能力の高さを再認識した。ということで郊外地に向かうバスツアーではIS01が行きも帰りも活躍することになったが、ここで肝心の夜桜見物についての話を少々。

20120410_girl_001老若男女、皆さんが訪れており活況を呈していたのは事実だが、中でも健闘していたのはやはり20代と思われるうら若き女性たち。当日の私の出で立ちはセーターに革ジャンを着込んだ完全防備態勢だったが、それでも寒く、現地に到着するや否や帰りたくなってしまうほど。いくら夜桜見物とは言いながらもこれだけ寒ければ、いや、今日はスルーでいいや、のレベルなのだが、ミニスカート、ホットパンツで脚線美を見せつける女性たちがなんと多かったことか。

原宿・表参道じゃないんだからとは思いつつも、いや、本当にご苦労様、夜桜見物よりもこっちの方が楽しいやと思った男性諸氏は少なからず居るはず、というよりも殆ど全ての男性は私と同じような志しだったように思うのだ。嫁さんは嫁さんで、あら、きれい!なんて言っているが、適当に相づちを打ちながらも視線は上を見つつも時折、下の方向へと行ったり来たり、あ、いや、これは・・・・・だったことは言うまでもあるまい。

【追記】記事投稿を優先しました。書き込んでもらいました方々、いましばらくお待ち下さい。


Lancer2000lancer2000 at 20:24│コメント(2)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年09月12日

本職は自称"PCライター"なので、もともとは物理キーボード派。PCは全ての操作をキーボードからのみ行い、マウスに持ち替える時間すら惜しいと思ってしまう人間なので、どうも生理的に合わないのが、昨今スマートフォンやタブレット型PCに搭載されているソフトウェアキーボードだ。

メカニカルな打鍵音がないのが寂しく、なかなか好きになれない。これではいかんと言うことで、iPod touchでソフトウェアキーボード入力アプリを購入して、それなりに練習してみた。そこそこは入力出来るようになったが、どうも押打感がないのが今もってあまり馴染めないのだ。

とはいえ、これから先ますます肩身の狭くなる国産ガラパゴス携帯&物理キーボードだけに、そろそろスマートフォン対策を考えておかなければならない。過去に所有したau携帯歴は以下の記事に掲載しているが、この中で文字入力だけに絞って考えると、一番入力しやすかったのが、G'zOneTYPE-X。あとはW43H,W42CA,W53CAぐらいだろうか?

2011年08月10日
au携帯所有歴・2006年から2011年まで

いま振り返っても当時の感触を機種ごとに思い出すことが出来るぐらい、指に馴染んでいたが、スマートフォンになると、こういう機種ごとの感触が無くなって画一的になるのが少々寂しい。構造的にタッチパネルだから仕方の無いこととはいえ、iPhone3GS,iPhone4,iPhone5は、それぞれ押したときにこういう感触の差があってね・・・で、特に入力しやすかったのがiPhone5なんだよねぇ・・・・なんて会話が無くなってしまうのかもしれない。

でも昔テレビで見ていて凄いなと思ったのは、車の車種をドアの開閉音だけで当てることが出来る人間が居たこと。もちろん目隠しをしているから本人の目の前にある車種は当然見えないのだが、レポーターが車のドアを開けたり閉めたりするだけで、その微妙な音感の差から車種を当ててしまうのだ。それも百発百中だ。

車好き人間ならば車体の一部分の拡大写真を見ただけで、その車種を当てることなどいとも簡単に出来るはずだが、さすがにドアの開閉音だけで車種を当てることが出来る人間はそうそう居るまい。っていうことは、そのうちにスマートフォン目隠し機種当てクイズなる問題が出て、タッチパネルを触っただけで、これは、iPhone3GS、これはiPhone4だ、なんて当てる人間が登場するのだろうか?

さて話を元に戻すと、そんな訳で、過去メイン携帯とは別に常にqwertyキーボード搭載のモバイル端末を所有するのが好きなのだ。qwertyキーボードがことさら好きなだけに、往時を偲びつつ、過去に所有したモバイル端末を振り返りながら、今の時代に相応しいキーボードを探してみた。

 2004年11月10日 Zarus SL-C3000 
20110912_slc3000_001今まで所有したqwertyキーボード搭載モバイル端末の中で一番愛用した機種。au oneブログの初期の記事はこのZarus SL-C3000で下書きをよく作成していたのが今となっては懐かしすぎるぐらい。親指入力マシンとしては今でもこの大きさがベストだと思うが、いかんせん使用頻度の一番高いブラウザが古すぎて、最新のwebサイトを再現出来ないのが致命的となってしまい、泣く泣く退役処分にした。

 2008年 3月28日 イーモバイルS11HT 
20110912_s11ht_001画面解像度が320×240ドットと当時の趨勢から一段低かったことを除けば、文句なしの多機能機種。初めて購入したテザリングマシンとしてiPod touchとの組み合わせで大活躍したが、さすがにこれだけ小さいと文字入力はしにくかった。つや消しキーボードは今でも気に入っているが、個人的にはqwertyキーボード搭載端末の限界サイズはこれぐらいという認識を確認させてくれただけでも貴重な体験だった。

 2010年 6月30日 au IS01 
20110912_is01_001名前は変われども、愛用したZarus SL-C3000のDNAは間違いなくこの機種にも受け継がれており、親指入力マシンとしては現時点ではベストと考えている。ややストロークが深いのが残念だが、文字入力のしやすさ、快適さは同型機種が殆どないだけに、この機種の最大の持ち味だろう。Android1.6のままでも使いこなせれば充分楽しめる機種だと思っているが、さすがにAndroidマーケットで対応アプリが少なくなってきているのが、何とも寂しい。

 2011年 3月10日 NEC LifeTouch NOTE 
20110912_lifetouch_001キーピッチは16.8ミリと、両手10本指を使用したqwertyキーボードとしてはこれ以上小さくすると、タッチタイピングが出来なくなる。当時はAndroidスマートフォンはまだ購入する気になれず、とはいえAndroid 1.6搭載のIS01より進化したAndroid OSを確認したく、フルサイズキーボード搭載が決め手となって久方ぶりに実機を見ることなしの衝動買いとなってしまった。au IS01との比較表も作ったので関心ある方は是非ここをクリック。

手軽に持ち運びできるフルサイズキーボード搭載のAndroid OS搭載機種として非常に貴重だが、これで画質をあと2ランクぐらい上げてくれたら誰にでもお勧めできるのだが・・・・

 2011年 3月10日 NEC LifeTouch NOTEとau IS01の比較 
20110912_lifetouch&is01_001上段の端末がau IS01で下段の端末がNEC LifeTouch NOTE。両手10本指を使用したフルサイズキーボードを使いたいのであれば、このLifeTouch NOTEが限界サイズ。これ以上小さくなると、個人的にはタッチタイピングは難しいと思う。両手親指を使うだけで充分という方にお勧めしたいのは、au IS01。今でもヤフオク辺りで1万円前後で購入出来るはずだから、入門機として購入するのも悪くない。

 2010年 8月上旬 TK-FBP017BK 
20110912_bt_keyboard_001そんなにqwertyキーボード搭載端末を持っているんだから、必要ないんじゃないの?と思われるかもしれないが、Androidスマートフォンを購入したらしたで欲しくなりそうなのが、Bluetoothキーボード。どこかのサイトに一覧表はないのかなと探してみたら、ケータイwatchに2010年12月22日時点でのBluetoothキーボード一覧表が掲載されていた。

Bluetoothキーボード特集

購入したことはないが、サイト記事を読む限りこのエレコム製品がかなり気に入ってきた。キーピッチ18ミリで、さらにスマートフォンスタンドが付属品らしいので、スマートフォン1台で全部済ませるにはこれが一番いいかもしれない。




 2011年8月10日 iBOW mobile 
20110912_ibow_mobile_001マイコミジャーナルによると、"Bluetoothを利用してiPhoneやAndroid端末とワイヤレスで接続し、通話やキーボード入力、オーディオの再生が可能なコントローラーである。バックライト付きのキーボードは36キーで、約7mmのキーピッチ"とのことだが、フルサイズキーボードではなく、いつでもどこでも入力出来るマルチコントローラーとして1台あれば重宝しそうな予感する。とはいえ電車内などで吊革につかまりながらの文字入力作業は難しいだけに、時と場所を選ぶことは間違いなし。




 2011年9月9日 REGZA Phone IS11T 
20110912_is11t-001物議を醸したIS04だけに、東芝端末購入にはかなり慎重にならざるを得ないが、それでもこのキーボードは魅力的だ。前述したS11HTのキーボードはキーとキーとの間隔が全くなく隣接していたので、誤入力が多かったのかもしれないが、このIS11Tはキーとキーとの間に若干の隙間が空いている。なので、後は店頭で確認するだけだが、やっぱりスライドすれば即座にキーボードが出現するというのは利便性が高い。これで不具合が発生しなければいいのだが・・・・




[追記]携帯画面だと多少崩れて見えるのでPC閲覧を推奨します。本日の記事は騎兵隊隊長としての任務を全うすべく投稿しました!!

Lancer2000lancer2000 at 20:09│コメント(17)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年08月10日

記事投稿を優先しました。書き込んでもらいました方々、明日までお待ちください。

No.1 W21SA
20110809_001_w21sa



パケット割引の定額サービスは当時auしかやっていなくて、その後しばらくしてからドコモが追随したように記憶しているが、そのパケット定額サービスを利用したくて、ついにau携帯を購入することになった思い出の機種。多機能でFMラジオ入りとまさに何でも入りが魅力的だったが、それに勝るとも劣らずで気に入っていたのが、このカラーリング。この配色が好きで、地味ながらもかっこよくてちょっと見とれていたのをよく覚えている。今となっては少々厚すぎるが、au oneブログに加入するきっかけとなった機種だけに思い入れは深い。au端末で初めて2軸回転ヒンジを搭載など、使い勝手も抜群だった。




No.2 W43H 2006年9月25日
20110809_002_w43h

過去購入したau携帯全12台の中でベストは何?と聞かれたら、たぶんこの機種を挙げることになるかもしれない。当時は出張が多くて携帯電話が旅の友達みたいなもんで、よくいじくり回していたっけ。ワンセグ搭載機種が欲しくてこの携帯を購入したのだが、ミステリックバイオレットは、見る角度によって色がゴールドから紫に変化する塗料マジョーラを採用しているために、かなり上質に見えた。嫁さんがこの光の変化をやけに気に入ったので、自分も買おうかななんて言っていたけれど、結局はW42Hに。個人的には何でも入りの神機種だと思っているけれど、この頃からようやくブログが軌道に乗り出し、コメント数が増えるようになった。メール・ブログ・ワンセグ・FMと大活躍してくれたお気に入りの携帯だ。

No.3 W42CA 2006年11月18日
20110809_003_w42ca
車はドイツ車が好き。父親が外車大好き人間だったので、様々な車を乗り回して遊んでいた頃が一番良かったかな。中でもドイツ車が好きであのドアを閉めたときの感触、剛性感の塊のような、それでいて閉めるときには一瞬だけふっと軽くなるような微妙なヒンジのさじ加減がたまらず、だからかもしれないけれどこのW42CAには一目惚れ。時代に逆行するかのような、丸形卵型のラウンドフォルムの厚みはなんと29ミリ。デザイン的にも唯一孤高の存在で、他キャリアを探しても同型機種が全く存在しないだけに、所有しているだけでも満足することが出来た。同世代の他機種と比較すると機能的には見劣りするけれど、G'zOneマニアはそんなこと意にも介さず。画面をもう少し大きくして、CPUをSnapdragon換装で発売してくれたら、即、買い間違いなしの機種だ。

No.4 W53CA 2007年9月15日
20110809_004_w53ca

前機種とは対照的にきしみ音が随時感じられ、おなじメーカーが作っているのになんで?と思ったことがあるが、カシオ携帯の売りは使いやすさとカメラ性能。この頃から下手の横好きで写真に凝るようになり、携帯電話もカメラ性能を優先するようになってきた。とはいえ、フラットつや消しのキーボタンは入力操作がしやすく、携帯電話でもタッチタイピングが出来るように、この機種で一生懸命練習したのを覚えている。性能そのもは平凡で取り立てて自慢するようなものはなかったが、まさにオールラウンドプレイヤー的な作りが好みだった。

No.5 Xmini 2009年3月30日
20110809_005_xmini

このXminiを除く全ての機種は自分の意思で購入したものだが、このXminiだけは当時プラン変更する必要があり、S001との抱き合わせで購入した記憶がある。au携帯の安売りは今に始まったことではないが、大量に在庫が売れ残ったのか、一時期はどのお店でも無料で機種変更することが出来た。全12台の内訳を見ると、カシオ日立6台、ソニエリ3台、シャープ2台、サンヨー1台とやはりカシオ日立の携帯が好みとなってしまう。もう少し使い込みたかったのだが、さすがに小さすぎて日常生活メイン携帯として使用するのは無理があった。

No.6 S001 2009年3月30日
20110809_006_s001

実質初めてのソニエリ携帯。しかもスライド式のゴールド携帯と初めてずくしだったが、センターキーが押しにくいこと、バッテリー持ちが悪かったことを除けば文句なしの出来映えで、持っているだけで写真を撮りたくなる携帯だった。カメラ撮影のためにキーボタン配列を考えたのでは?と思わせるほどに一にも二にもカメラ機能を優先し、撮影したあとの写真を一つ一つ確認するためのビューワも秀逸だった。スライド式は画面が傷つきやすいからと思っていたのだが、使ってみると即座に大画面に情報が表示されるので重宝した。この頃がたぶんモバイルタンク4(旧名称・騎兵隊の徒然日記)の絶頂期だったと思う。よくまあ、こんな駄文を思いついたものだと思うが、初めて訪れた男性諸氏は一読の価値あり。

2009年03月18日 春一番が吹くと

No.7 CA002 2009年6月24日
20110809_007_ca002

前機種W62CAの評判があまりにも悪かったので購入見送り、そして捲土重来。一年後に発売されたCA002に飛びついたのだが、時すでに遅し。やはりこのIT業界で一年遅れは致命的な周回遅れで、カシオ開発陣に言わせればこれが本来のW62CAの姿だったのだろう。機能的にも平凡過ぎてこれといったものは何も無かった。とは言いながらもやっぱり持っているだけで嬉しくなってしまうのが、G'zOne CA002。画面がもう少し大きければと思ったのは私だけだろうか?

No.8 CA003 2009年11月30日
20110809_008_ca003

S001をメインで使用していたが、そろそろ通常の折り畳み携帯に戻そうかなと思っていた矢先に、タイミングよろしくカシオから1217万画素のCA003が発売されたので飛びついてしまった。PCの漢字変換機能はATOKを使用しているが、もう他の漢字変換機能に移行することは出来ないほどに指操作が慣れきっている。それと全く同様で、カシオ携帯のキー配列やメニュー表示がもう自分に合っているのだろう。この機種もカメラ性能以外は特筆すべきことは何もないのだが、その平凡さがごくごく普通の人には受けるのだ。今は嫁さんの愛機となって大活躍しているのをみると、やっぱりカシオ携帯で良かったなと思う。

No.9 SH006 2010年3月5日
20110809_009_sh006

ドコモ携帯はシャープとNEC以外は一度も購入したことが無く、Zaurusを発売していたこともあり、シャープは好きな会社の一つ。そのシャープから無線LAN搭載の携帯電話が発売されるとなると、これはもう購入しないわけにはいかない。パケット定額0円目指して、無線LANだけで運用可能かどうかを実験してみたく、CA003を購入したばかりなのに勢い余って購入した。久方ぶりにブルー携帯を購入したが、動作が少々とろかったかもしれない。でも普通にメール・カメラ等を使用する分にはさほど問題は無く、これも多機能入り携帯として重宝したものだ。

No.10 IS01 2010年8月21日
20110809_010_is01

Xmini以来の久方ぶりのau大盤振る舞いに飛びついて早速0円で購入した。Zaurus後継機種として期待していたが、より薄く、より軽く、そしてより精悍になって登場したのを見たときには思わず嬉しくなってしまったものだ。現在の使用頻度から書くと、ドコモF-06B,au IS01,au S001となるだけに、自分にとってはなくてはならない存在になってしまった。CPU換装でリニューアル版を発売してくれないだろうか?Android1.6のままでも充分に使えると思うのだが、いかんせんマーケットで販売されているアプリが徐々に対応しなくなってきているのだ。もう1台白ロム購入して、最新版のAndoido搭載で延命を図るべきかどうか思案中。でもそれぐらい気に入っている。

No.11 G'zOneTYPE-X 2010年12月9日
20110809_011_g'zonetype-x

これが最後だから・・・・・たぶんそういう思いを託してこの携帯を開発したのだろうと思わせるほどにカシオ開発陣の意気込みを感じさせる素晴らしい仕上がりとなっている。なのでSnapdragon非搭載が余計に悔やまれるが、速度より安定を優先したのだろうか?5年後、ストレート型全面タッチパネル搭載のスマートフォン全盛の時に2011年を振り返ったとしたら、この機種独特の一種の異彩を放つデザインはさらに輝きを見せるような気がしてならない。個性ってなんなの?って聞かれたときに、黙ってこの携帯を差し出せば全てが一目瞭然に分かる。もうこういう携帯は出てこないんだろうな。

No.12 S006 2011年8月5日
20110809_012_s006

いま思っていること。S006+iPad2+Bluetoothキーボード、これが最強の組み合わせかもしれない。出来ればF-09C+iPad2+Bluetoothキーボードの方がより好ましいが、スマートフォンでは無くて国産ガラパゴス携帯の長所とは何かを改めて考えさせてくれる素晴らしい携帯だと思う。確かにバッテリー持ちが悪いが、起動迅速・動作快適・操作楽々の三拍子そろった出来映えは文句なし。これでテザリング機能さえ搭載してくれれば・・・・・と今でも思っている。


最後に本日の記事とは全然関係ないけれど、備忘録として掲載。

アップルの時価総額 一時米企業トップに エクソンモービル上回る

2011/8/10 7:07

【シリコンバレー=岡田信行】米アップルの株式時価総額が9日、一時、米資源大手エクソンモービルを上回り、初めて“米国で最も価値ある企業"となった。米株式市場の通常取引の終値ベースではエクソンが首位を保ったが、アップルは好業績が続いており、今後、両社の株価に注目が集まりそうだ。9日の米株式市場でエクソンの株価は下落、アップルは値上がりし、米東部時間9日午後1時半近くにアップルがエクソンを上回って初めて首位に立った。

その後、エクソンが再びアップルを上回り、終値ベースでの時価総額は米メディアの算出によるとエクソンが約3483億ドル(約26兆8100億円)、アップルが約3467億ドル(約26兆6800億円)となった。アップルはスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」などのヒットで急ピッチの収益拡大を続けている。

Lancer2000lancer2000 at 21:57│コメント(17)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年07月16日

考えてみたら今年に入ってからすでに7か月以上経過しているのに、携帯電話やスマートフォンは1台も購入していない。逆に言うと現状のモバイル機器に満足しているからなのだろうが、前々から作りたいと思っていたau IS01とNEC LifeTouch NOTEの比較表(PC&スマートフォン閲覧推奨)を作ってみた。

フルサイズキーボード搭載の両機種を持っている人はそうたくさんいるまいと思って意気揚々と比較表を作っていたが、上には上がいるようで、そう珍しいものでもないのかもしれない。とはいえここ数か月使い込んだ感想なので、NEC LifeTouch NOTE購入を考えている人にとって役立つかも・・・・なお携帯電話閲覧の方はすみません。文字の羅列でみにくいと思われるので、表形式を箇条書きに直したものを最後に掲載します。

NEC LifeTouch NOTEとau IS01
20110714_Lifetouch_NOTE&IS01_001


 au IS01 NEC LifeTouch NOTE 
   
質感 ZaurusのDNAは確実にこの端末にも受け継がれていると思っているが、表面素材の仕上がりといい、画面を開いた時のツヤ消しの仕上がりといい文句なし。手のひらサイズのモバイル機器の仕上がりはかくあるべしという見本のような出来栄えはとても気に入っている。 実物を一度も触ることなく衝動買いしてしまったが、それにしてもこの仕上がりは安っぽい。NECパソコンは何十台も使用しているだけに絶大な信頼感を持っていたのだが、それが完全に裏目に出てしまった。アップルとまでは言わないが、もう少し質感を高める工夫をして欲しいもの。
画面の大きさ及び画質必要にして充分の大きさで、とても美しい画面はモバイル用途として充分なぐらい。PCサイトを見るときには特に横長画面は重宝する。ワンセグ画面もこれぐらい大きいと、少々あらが見えてくるが、大規模災害発生時には重宝したのがいい思い出となってる。NECともあろうものが、この画質の出来栄えには完全に拍子抜けしてしまった。いまどきこの画質は無いだろうと思うほどに、iPhone,iPadの画質と比較すると見劣りする。いくらモバイル機器とは言いながらも次作はもう少し頑張って欲しい。
 キーボードキーボードの質感と押打感覚がともに気に入っている。親指入力になるが入力しやすく、このサイズのモバイル機器としてはベストに近い。キーボード右上に配置されたトラックボールは秀逸だ。 タッチタイピングできるギリギリのサイズでこれ以上小さいと、入力が厳しくなる。慣れるまでに時間を要するが、慣れてしまえば通常のキーボードとほぼ同等の速さで入力出来ると思う。
動作速度複数アプリを起動していると、若干動作が遅くなるような気がするが、ブラウザ・メール程度ならば速くもなく遅くもないといったところか?G'zOneTYPE-Xよりもサクサク動くが、タッチパネルの反応は鈍い時が往々にしてあり、あまり使う気になれない。レスポンスも早く、瞬間起動・動作快適で文字入力マシンとしては非常に使い勝手が良い。売りのアプリであるライフノートは、思いついたことをどんどん入力していくのに重宝するが、エディタというよりは物書きアプリとでも呼ぶべきもので、書いた文章を一発でメール転送出来るなどの細かい配慮も行き届いている。
 バッテリー3G回線使用せず・無線LANのみの運用だが、特にバッテリーもちが悪いとも思えない。が、特段いいともいえない。ブラウザ・メール程度の使用ならば一日充分持つが、電源OFFでも微量の電力を使用しているようで、満タン→3日程度使用しなかったときに充電残量が0に近くなっていたこともあった。
 現状の使い方ブログ閲覧・ブログ解析・ワンセグ・辞書・メール送受信・RSS・2ch・Google Reader・ヤフオク・Goal.com・Amazonと大活躍中。G'zOneTYPE-Xよりも触れる機会が多く、ドコモF-06Bと並んでモバイル機器としては非常に役に立っている。文章作成・ネット巡回・ブログ解析・メール送受信・RSS・2ch・Google Readerと、ブログ内容の下書きとして使っている。ブログの最終仕上げは殆どPC処理だが、画面を開けばすぐに文章を入力出来る点が素晴らしい。
次期モデル 音声通話としては全く使ったことはないが、横長大画面はワンセグ使用時とともに便利なので、CPU換装で次期モデルを登場させて欲しい。そしてオプションで以下に掲載するBT Phoneを付けてくれれば文句なし。いつでもどこでも物書き作業に特化したい、そのような用途に一番向いていると思うので、Windowsでいうところのワンタッチアプリ切替キー(alt+tab)を標準で搭載することを切に望みたい。そしてブラウザ閲覧時の文章のコピペ作業がもっとスムーズに出来るようにタッチパネル精度の向上を望みたい。
使ってみて良かったところ Android OS入門機として、その実力を推し量るにはぴったりのモデルだった。1.6→2.2への改変も可能なようだが、1.6のままでも満足度は高く、使えるところまで、この機種でいこうと思っている。iPhoneとは別の、PCライクな趣きが好きな人にはたまらないモデルかもしれない。各種Googleサービスとの親和性が高く、Gmail,カレンダー,Map,ギャラリー,ドキュメントの完成度はお見事の一言。Googleサービスをガンガンに使い込んでいる人にとっては必要最低限のサイズのGoogleサービスモバイル機器として重宝するはず。


au IS01で通話をしている人はあまり少ないと思われるが、でも機能として通話機能を搭載しているのだから、いざという時に電話出来れば結構便利かもしれない。公衆の場でIS01本体で電話をする気にはなれないが、代替案はないのかなと思ってネットを探していたら見つけたのがこれ。まだ発売されていないようで、実際に使えるのかどうかは不明だが、仕様を見る限りIS01でもいけそう。ネットメイン、電話はたまにという人には向いていると思う。

JPG


以下の文章は上段の表形式を箇条書きに直したものですので、携帯電話閲覧の方はこちらを読んでください。

質感

au IS01
ZaurusのDNAは確実にこの端末にも受け継がれていると思っているが、表面素材の仕上がりといい、画面を開いた時のツヤ消しの仕上がりといい文句なし。手のひらサイズのモバイル機器の仕上がりはかくあるべしという見本のような出来栄えはとても気に入っている。

NEC LifeTouch NOTE
実物を一度も触ることなく衝動買いしてしまったが、それにしてもこの仕上がりは安っぽい。NECパソコンは何十台も使用しているだけに絶大な信頼感を持っていたのだが、それが完全に裏目に出てしまった。アップルとまでは言わないが、もう少し質感を高める工夫をして欲しいもの。

画面の大きさ及び画質

au IS01
必要にして充分の大きさで、とても美しい画面はモバイル用途として充分なぐらい。PCサイトを見るときには特に横長画面は重宝する。ワンセグ画面もこれぐらい大きいと、少々あらが見えてくるが、大規模災害発生時には重宝したのがいい思い出となってる。

NEC LifeTouch NOTE
NECともあろうものが、この画質の出来栄えには完全に拍子抜けしてしまった。いまどきこの画質は無いだろうと思うほどに、iPhone,iPadの画質と比較すると見劣りする。いくらモバイル機器とは言いながらも次作はもう少し頑張って欲しい。

キーボード

au IS01
キーボードの質感と押打感覚がともに気に入っている。親指入力になるが入力しやすく、このサイズのモバイル機器としてはベストに近い。キーボード右上に配置されたトラックボールは秀逸だ。

NEC LifeTouch NOTE
タッチタイピングできるギリギリのサイズでこれ以上小さいと、入力が厳しくなる。慣れるまでに時間を要するが、慣れてしまえば通常のキーボードとほぼ同等の速さで入力出来ると思う。

動作速度

au IS01
複数アプリを起動していると、若干動作が遅くなるような気がするが、ブラウザ・メール程度ならば速くもなく遅くもないといったところか?G'zOneTYPE-Xよりもサクサク動くが、タッチパネルの反応は鈍い時が往々にしてあり、あまり使う気になれない。

NEC LifeTouch NOTE
レスポンスも早く、瞬間起動・動作快適で文字入力マシンとしては非常に使い勝手が良い。売りのアプリであるライフノートは、思いついたことをどんどん入力していくのに重宝するが、エディタというよりは物書きアプリとでも呼ぶべきもので、書いた文章を一発でメール転送出来るなどの細かい配慮も行き届いている。

バッテリー

au IS01
3G回線使用せず・無線LANのみの運用だが、特にバッテリーもちが悪いとも思えない。が、特段いいともいえない。

NEC LifeTouch NOTE
ブラウザ・メール程度の使用ならば一日充分持つが、電源OFFでも微量の電力を使用しているようで、満タン→3日程度使用しなかったときに充電残量が0に近くなっていたこともあった。

現状の使い方

au IS01
ブログ閲覧・ブログ解析・ワンセグ・辞書・メール送受信・RSS・2ch・Google Reader・ヤフオク・Goal.com・Amazonと大活躍中。G'zOneTYPE-Xよりも触れる機会が多く、ドコモF-06Bと並んでモバイル機器としては非常に役に立っている。

NEC LifeTouch NOTE
文章作成・ネット巡回・ブログ解析・メール送受信・RSS・2ch・Google Readerと、ブログ内容の下書きとして使っている。ブログの最終仕上げは殆どPC処理だが、画面を開けばすぐに文章を入力出来る点が素晴らしい。

次期モデル

au IS01
音声通話としては全く使ったことはないが、横長大画面はワンセグ使用時とともに便利なので、CPU換装で次期モデルを登場させて欲しい。そしてオプションで以下に掲載するBT Phoneを付けてくれれば文句なし。

NEC LifeTouch NOTE
いつでもどこでも物書き作業に特化したい、そのような用途に一番向いていると思うので、Windowsでいうところのワンタッチアプリ切替キー(alt+tab)を標準で搭載することを切に望みたい。そしてブラウザ閲覧時の文章のコピペ作業がもっとスムーズに出来るようにタッチパネル精度の向上を望みたい。

使ってみて良かったところ

au IS01
Android OS入門機として、その実力を推し量るにはぴったりのモデルだった。1.6→2.2への改変も可能なようだが、1.6のままでも満足度は高く、使えるところまで、この機種でいこうと思っている。iPhoneとは別の、PCライクな趣きが好きな人にはたまらないモデルかもしれない。

NEC LifeTouch NOTE
各種Googleサービスとの親和性が高く、Gmail,カレンダー,Map,ギャラリー,ドキュメントの完成度はお見事の一言。Googleサービスをガンガンに使い込んでいる人にとっては必要最低限のサイズのGoogleサービスモバイル機器として重宝するはず。

Lancer2000lancer2000 at 18:52│コメント(7)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote