iOS

2018年07月22日

それにしても今年後半はお金がいくらあっても足りないかもしれない。次期iPhoneX,iPad Pro 12.9インチ3rdまでは購入する予定にしているが、Apple Watch4とかMacBook Proとかはダメっぽい。

購入する側の都合を一切考慮しない怒濤の新製品ラッシュは高揚感と寂寥感が交錯するだけに、もうちょっと分散してよと愚痴の一つや二つは言いたくなってしまうが、今年こそはGoogle Pixel3をGETする夢も捨てきれずに複雑な心境だ。

【2017年05月19日】アンドロイド端末20億台を突破
米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した携帯端末の稼働台数が世界で20億台を突破した。「次の10億人」獲得を狙う同社が力を入れるのが新興国の開拓。低価格スマートフォン(スマホ)でも素早くウェブサイトを閲覧したり、通信環境が貧弱でも途切れることなく動画を視聴したりできるように、OSやアプリの“ダイエット”に乗り出した。

Windows,Android,iOS搭載端末の稼働台数を調べてみた。Androidは1年前の記事なので現在は20億強と推定されるが、問題はWindows。なにしろネットを巡回した限りでは正確な数字を記載した記事が見つからないので複数の記事を基に算出してみた。

A【2018年05月08日】Microsoftの説では今Windows 10が動いているデバイスは全世界で7億台弱

B【2018月06月05日】Windows XPが増加 - 5月OSシェア

2018年5月デスクトップOSバージョン別シェア
20180722_OS_1

Windows10シェア 34.7%
Windows全体シェア86.9%

C【2015年06月05日】6億台のPCがWindows 10へと変わる大きな波
講演の最後にパーカー氏は「Windows 10は7月29日にリリースされる。既に市場には15億人のWindowsユーザーがおり、そのうちの6億台は4年以上前に販売されたPCだ。

2015年の時点でWindowsユーザーは15億人であることが分かる。Aの記事でWindows10稼働台数は2018年5月時点で7億台と判明しているので、あとはOSのシェアさえ分かればおおよそのWindows稼働台数は推測できるはずだ。

BはあくまでもデスクトップOSのシェアなのでノートPCは含まれていないのだろう。そこで仮にデスクトップもノートもOSのシェアがそれほど変わらないと仮定すると、(86.9%÷34.7%)×7億台=17.5億台(Windows)という数字になる。

A,B,Cという土俵が異なる記事を参考にしているので信頼性はやや欠けるかもしれないが、2018年6月時点でのWindows稼働台数は全世界で約16〜17億台と見ても差し支えないのではないか?

そしてiOS搭載端末は推定で約12〜13億台。全世界でのMacintosh稼働台数は不明だが、Windowsが約16〜17億台なので、単純にMacintosh OSのシェア(5〜8%)を掛けると1億台前後が稼働しているMacintoshの台数となる。

【2018月02月02日】クック氏が決算で語った「13億台」の重み
■世界スマホ出荷、初めてマイナス

「四半期決算の説明に入る前に、私たちの重要なマイルストーンについて話しておきたい」。米太平洋時間の午後2時に始まったアップルの電話決算会見、クック氏はそう断ると、ある指標について話し始めた。「アップル製品の稼働台数は1月に13億台に到達した。この2年間で30%も増えている」。

稼働台数というのは、これまでにアップルが販売した「iPhone」やタブレット端末「iPad」、腕時計型の「アップルウォッチ」などのうち、実際に使われている台数を指す。1人が複数のアップル製品を使うケースも多いので、純粋な利用者数とは一致しない。

■Windows稼働台数 約16〜17億台
■Android端末稼働台数 20億強
■iOS搭載端末 約12〜13億台

2017年度の携帯電話販売台数は約15億台。推定シェア約85%のAndroidは年間で約13億台のAndroid端末を販売しているはずだが、それでも稼働台数が20億強ということは、想像するに短命に終わる機種が多いのだろう。

ちなみに2017年度PC販売台数は2億5950万台、iPhoneは2億1580万台、iPadは4380万台。2億5950万台の中にはアップルMacintosh(1966万台)も含まれているので、単純に差し引きすればWindows PCは約2億3000万台前後、アップル製品は2億7896万台となり、すでにWindows PCを販売台数で凌駕しているのがよく分かる。

単年度ではすでにiOS搭載端末はWindows PCよりも3000万台弱多く販売しており、Macintoshも含めれば5000万台弱。このペースを維持することが出来れば近い将来に稼働台数でもWindowsを超えることが視野に入ってくる。

1995年のWindows95発売から約20年かけて築き上げたWindows生態系の切り崩しを狙うと同時にApple生態系への宗旨替えを画策していると言って良いが、そのことを念頭に置いて以下の記事を読むと、より一層アップルの方向性が明確になるはずだ。

【2018月02月02日】クック氏が決算で語った「13億台」の重み
なぜ、稼働台数を重視するのか。クック氏は「アップル製品の強さと信頼性、私たちのエコシステム(生態系)が顧客に満足してもらえていることを表す」と説明する。もっとも、情緒的な話にはとどまらない。iPhoneという基幹製品だけに依存せず、音楽配信の「アップルミュージック」や、データを保存する「iCloud」といったサービスを含めた生態系としての収益モデルを描けるかは、アップルにとって中長期での課題だからだ。

アップルの決算発表から約3時間後に米調査会社のIDCが出したリポートが、状況を端的に示している。「17年の世界のスマホ出荷台数は前年比0.1%減の14億7240万台」。ごくわずかな比率ではあるものの、アップルが07年に発売したiPhoneで「スマートフォン」という市場を創造してから初めてのマイナスだ。IDCのアナリスト、ライアン・レイス氏は「1~2%は回復する年もあるかもしれないが、スマホ市場は明らかに変局点を迎えた」と断言する。

現在iPhone,iPad,Apple Watch,AirPods,AppleTV,そしてMacBook Proを所有しているが、他社製品として比較して常に感じるのは品質感の高さ、そしてそれらの製品が有機的な構造体として密接な関係を保ち、満足度の高い製品に仕上がっていることだ。

当ブログでは何度か言及したが、二種の異なるIT機器間でのシームレスな連携の、現時点での最高レベルの調和をiPhoneとApple Watchに見ることが出来るが、"Best One & Only One"を標榜するアップルは今後他のアップル製品でも同様の手法を展開していくことになるのだろう。

iPhone登場から約10年でWindows生態系を侵食しつつ、iOS生態系を拡張しようとする試みの鍵となるのはやはりiOS12だろうか。現状iPhoneとiPadのユーザーインターフェイスは微妙に異なる。

FaceID投入による新操作体系確立までの過程としてやむなしと捉えているが、新OSリリースまでおおよそ2か月。目新しい機能の積極的な導入は販売面で必要だとはしても、主軸は安定性・バッテリー改善、そしてアップル製品間でのシームレスな連携に置いてくるのでは?そんな気がしている。

■競争の軸を変えられるか

アップル自身は17年に0.2%の出荷増を保った。とはいえ、iPhoneの販売を増やすことで過去10年成長してきたアップルにとって、看過できない変化だ。10~12月期に882億ドルだった売上高のうち7割はiPhoneの販売に依存している。

この期は10万円を上回る「X」の発売で単価を上げることに成功した。だが、数の成長が止まると価格競争が激化し、モノを安く生産するプレーヤーが台頭するのがこの世界の常だ。実際、17年のアップルの出荷台数は前年比0.2%増だったが、中国の華為技術(ファーウェイ)は9.9%増、OPPO(オッポ)は12%増だ。いずれアップルの屋台骨を揺るがしかねない。

だからこそアップルは競争の軸を変え、外部環境が停滞しても成長を続けられる仕組みを作る必要がある。クック氏は決算のたびに「20年までにサービス事業の売り上げ規模を16年比で2倍にする」と話す。アマゾン・ドット・コムやグーグルに大きく遅れながらも来週からスマートスピーカー「ホームポッド」を発売するのも、生態系の構成要素を増やすためだ。

ただ13億台にのぼる稼働端末の大半はiPhoneだ。アップルの生態系に入るiPhoneという入り口が狭まることへの不安は拭いきれない。アマゾンやグーグルも別の利用者囲い込みを進める。クック氏の願い通りに生態系が育つかどうかは未知数だ。

2017年末、PC業界に起こりつつある変化とは?
AppleがiOSとmacOSでアプリの共通化を進めているというニュースが話題になっているが、将来的に現在クリエイター以外でMacを利用する層の多くを「iPad」などに誘導するのが狙いだと筆者はみている


追記 書き込んでもらいました方、今しばらくお待ちください。

Lancer2000lancer2000 at 16:38│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年02月05日

あ、そう言えば・・・と思い出したのがつい最近。確か母親のiPad Air2って2年経過しているかも・・・と調べてみると、案の定、2年半が過ぎていた。毎月の支払い金額はいくら?とこれまた聞いてみると3000円強だった。最新のiPadに乗り換えることも考えたが、母親の使い方を見ていると、現行のiPad Air2で必要にして充分だ。

いま解約したら解約手数料がかかるのかな?でもとりあえずドコモnanoSIM→格安SIMに切り替えておいたほうが得策だ。ちなみに母親のデータ使用量はだいたい毎月2〜3GB程度。このぐらいだったら使い勝手が分かっているmineo Dプランがいいでしょ?ということで、現行のドコモnanoSIM→mineo Dプランに切り替えることにした。

mineo公式サイトから専用プロファイルをダウンロードしてインストール。あとはnanoSIM交換ぐらいなので、うまくいけば10分もかからないはずだが、もちろん母親がこなすのは無理というもの。自分が母親宅に行って手続きをする必要があるが、これぐらいは親孝行?の一環としてやらなくちゃ・・・ということで母親宅に行って来た。

20170205_mineo_1

mineo DプランのSIMカードだからすんなりと認識するはずだけれど、キャリアiPad Air2だから何があるのかわからないよね。なんか不測の事態が生じるかもしれないし、と一抹の不安を抱いていたが、事前にmineo公式サイトで下調べをしたこともあり、作業そのものはスムーズに完了した。

うん、これで良し、これで1,2週間使い込んでもらって、速度を含めた感想を後日聞けばいいだろう・・・毎月の支払い金額が3000円→900円になるわけだから、金銭面でのお買い得感は相当のもの。さてと、やることはやったし、これで帰るか?と帰り支度を始めた途端、事態は思わぬ展開を見せることになる。

このところ、動画が見れないのよね。名前、忘れたけれど、ユーチューブだっけ?あれが見れないのね。

えっ、そんなことはないだろう?

YouTubeアプリを起動してタッチするだけなんだから、そんなに難しい作業ではないはず・・・・

どういうことなんだろう?と調べてみると、確かにYouTubeが起動しない。で、その理由は?というとiOSのバージョンが古いことが判明した。現行のiOSのバージョンは10.2.1なのに対し、母親のiPad Air2のそれは、なんとiOS7。つまり購入してから一度もOSのバージョンアップをしていないわけだ。うーん、これはうかつだった・・・orz

20170205_iOS_1

よくよく考えてみれば、初タブレットゆえにOSは常に新しくしなくてはならない・・・ということを母親が知らなくても無理はない。これは自分が定期的にチェックしてあげるべきだったな、と反省したが、さてと一体どうやってiOS7→iOS10.2.1へアップグレードしよう?母親宅には専用のネット回線を引いていないために、mineo Dプラン+iPad Air2が唯一のネット回線だ。

たまたま同行した嫁さんが言うには、ええっ、iOS7→iOS10.2.1へのアップグレードって大変じゃない?だってiOS7→iOS8,iOS8→iOS9って一つ一つOSのバージョンを上げていかなければならないわけでしょ?何時間か、かかりそうね・・・と相変わらず失笑を買う発言を繰り返しているが、その前にやるべきことはネット回線の確保だ。

公衆無線LANが期待できるような場所ではないので、mineo Dプラン+iPad Air2で乗り切ろうとしたが、設定画面をみると、無線LAN経由のみアップグレード可能となっており、自力回線アップグレードは不可能なことが判明した。不測の事態に備えてMacBook ProとLightningケーブルを持参していたことが功を奏し、自分のau回線を利用することにした。

20170205_iOS_2


▪️au iPhone7テザリング
▪️MacBook Pro & 母親のiPad Air2接続
▪️iOS7→iOS10.2.1へアップグレード

ちなみに自分のau回線はデータ定額3。毎月3GBまで使用可能となっており、いつも1〜2GBしか使用しないので、余力があると言えば余力がある。iOSダウンロードに一体どれぐらいのパケットを使うんだろう?1GBだっけ?それとも2GB?答えが分かったとしても他に手段がないのだから、au iPhone7テザリングで乗り切るしかない。

出だしは順調だった。ダウンロードのプログレスバーを見ると、少しずつ進展していることがはっきりと分かる。が、iOSダウンロードをしたことがある人ならば分かっていただけるかと思うが、一発でダウンロードが完了するときと、そうでない時がある。つまり途中でダウンロードに失敗し、最初からダウンロードし直しを余儀なくされるのだ。

もし仮にiOSアップデート容量が2GBだとしよう。1GBまでダウンロードした時に失敗すると、単純計算でも3GBを消費することになり、これは完全にアウトだ。

不安は的中した。

1GBぐらいまでは順調にダウンロードしていたのだが、どうやらダウンロード失敗に終わったらしく、再度やり直し・・・・

焦りの色が濃くなってきた。もしまた途中で止まったら、骨折り損のくたびれもうけを地で行く展開そのものだ。データ定額3を完全に使い切ったにも関わらず、iOS10.2.1アップグレードに失敗という目も当てられない事態となってしまう。運を天に任せ、ひたすらプログレスバーを見ていると、やけに進行が遅いことに気がついた。

止まったわけではないのだが、つまりダウンロードに失敗したわけではないのだが、遅々として進まないのだ。すでに作業開始から45分が経過しているが、いくらなんでも1GB,2GBダウンロードするのに時間がかかりすぎる。これはおかしい・・・・

auから一通のメールが届いた。

【auからのお知らせ】残データ容量のご連絡

平素より、auをご利用いただき、ありがとうございます。
お客さまがご利用中の下記対象回線の残データ容量をお知らせします。
残データ容量がなくなると通信速度が制限されますので、快適にご利用希望であれば制限前にチャージをおすすめいたします。
===
・対象回線:08012345678
・通信速度低下まで残り約0.01 Gbyte
===
○今すぐチャージしたい
 https://dataoption.au.kddi.com/lp/use-data-charge/

このメールが到着してからすでに5分が経過しているということは、すでに3GB使い切って通信速度は128kbpsに低下したと考えるべきか・・・・・道理でプログレスバーが進まないわけだ。

結局、母親宅でのiOS10.2.1アップグレードは諦め、自宅まで持ち帰ることにした。4G/LTE→128kbpsに通信速度が低下したのであれば、このさき何時間かかるか分からないからだ。やれやれ、やっぱりスマートフォンの4G/LTE回線を利用してのOSアップグレードって無理があるのね。最初から素直に自宅に持ち帰ればよかった・・・・orz

でも毎月データ定額3で4200円も支払っているのに、さらに追加料金を支払わないと、通信速度をLTEに戻さない・・・ってなんだか高くない?余ったデータ容量の翌月繰越もデータ定額3はできないし・・・と怒りの矛先は自分の失敗を棚に上げて、なぜかauの料金プランに・・・・

20170205_iOS_3

癪に触ったので追加チャージの申し込みはしないで、嫁さんにデータ容量のプレゼントを依頼した。嫁さんのことだから、自分と同様に毎月の1GB,2GB余るはずだから、それをもらおうと言うわけだ。

すると嫁さん、この借りはデカイわよ・・・・と恩に着せようとする。

【教訓】
▪️外出先でのiOSアップデートはやらないほうがいい。
▪️データ定額3GBだとiOSアップデートに成功する確率は低い。
▪️iOSアップデートは極力自宅などの無線LAN環境下で行ったほうが良い。



Lancer2000lancer2000 at 18:35│コメント(4)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年02月01日

2016年11月18日 iPad Pro 12.9インチを1年間使い続けた感想

最近は休日になるとパソコンよりもiPad Pro 12.9インチに触れている時間の方が長くなってきた。寒いときはこたつに入り、読書・動画・サイト巡回などを繰り返しながら過ごすことが多いが、こうなってくると、MacBook ProよりもiPad Pro 12.9インチの方が利便性は高い。怠惰な姿勢で画面をいじくるには構えが必要なパソコンよりも、簡単なタッチ操作で済むタブレットの方がはるかに気楽だ。

なので休日には座右の銘ならぬ座右のタブレットと化したiPad Pro 12.9インチだが、iPad Proの最大の弱点は何?と聞かれたら、アプリ間の連携が弱いこと、つまり作った書類や写真の使い回しがとてもしにくいこと・・・と答えている。

先日、Xperia XZで撮影した写真を友人に送ろうと、こたつでiPad Proを開いたときのことだ。そのグループはLINE連絡なので、仕方なくiPad ProにLINEをインストールしたが、こういう状況下だと写真をiPad Proから送るのは確かに手間暇がかかる。

■Xperia XZ→LINEアプリなし
■iPad Pro →LINEアプリあり

一番手っ取り早いのはもちろんXperia XZにLINEをインストールすることだが、長文になりそうなのでiPad Proのキーボードを使いたかったこと、そして二画面同時表示でブラウザを起動しながら情報も合わせてコピペしたかったこと、などからXperia XZにLINEをインストールすることなくiPad Proを取り出したのだが、Xperia XZ→iPad Proにどうやって写真を持ってくるべきか?で少考した。

Xperia XZ→Googleフォトへ写真自動アップロード→LINEからGoogleフォトの写真を取り込み

自分の場合、Xperia XZで撮影した写真は無線LAN環境下では自動的にGoogleフォトにアップされる。なのでLINEから直接Googleフォトにアクセスできれば、すぐにLINEに写真を取り込むことができるのだが・・・それができなかった。

LINE初心者なのでなにか別案?アドオン?があるのかもしれないが、写真1枚送るのに、あまり時間をかけてもなぁ・・・・ということで素直にアップル純正アプリ"写真"にGoogleフォトから取り込み、そしてLINEからアップル純正アプリ"写真"にアクセスしてことなきを得た。

なんだ、そんなにたいしたことじゃ、ないじゃないの?そんなこと、いちいち書くなよ・・・・って思われる方もいるかもしれないが、実はここにiOSゆえのジレンマ、最大の長所と短所が端的に集約されていると言っていいだろう。

【理想】 Xperia XZ→Googleフォトへ写真自動アップロード→LINEからGoogleフォトの写真を取り込み

【現実】 Xperia XZ→Googleフォトへ写真自動アップロード→アップル純正アプリ"写真"に一度ダウンロード→アップル純正アプリ"写真"から写真をLINEに取り込み

1ステップ多いだけだが、iOS搭載機器はこのように1ステップ,2ステップと余計な手順を踏むことが少なからずある。仕事柄、いかに時間を短縮するかを常に考え、Windowsマシンでは主要ショートカットキーを完全にマスター、マウス不要・ブラウザを含む、ほぼ完全キーボード操作を実現しているだけに、iOS搭載端末の1ステップ,2ステップ多い操作は少々歯がゆいところ・・・・

蛇足ながらWindows OSでブラウザChromeを使用している方にお勧めのアドオンがVimium。これをインストールすると、マウス無し・キーボードだけで圧倒的に高速なネット巡回が可能となる。機会があったら【これが私的最強のWindows環境!】なんて記事を作りたいが、AS/RとこのChrome & Vimiumは間違いなく最上位にランクインする。

閑話休題、ではなにゆえにステップ数が多いのか?というとそれはiOS独自のシステム構成にあるのだ。

20170201_sandbox_1

例えばiPad Proで写真の編集・加工を行うときに複数のアプリを使い分けるとしよう。Windowsであれば、写真Aを編集アプリBで加工、その後でさらに編集アプリCで加工する・・・・といったことが何の造作もなくできるが、iPadでこれをやるとなるとできなくはないが、確実にWindowsよりもステップ数が多くなる。以下の記事に書いてあるように、アプリ間のデータ移動をしにくくしているためだ。

iPhoneのアプリは「砂場」で動く、ってどういうこと? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
2014/08/21

iOSアプリは、「サンドボックス構造」により高いセキュリティが実現されています。サンドボックスとは、外部からのアクセスを遮断した環境下でプログラム(アプリ)を動作させるしくみのことで、スマートフォン用OSやパソコン用OSで採用が進んでいます。名前の由来は、外部と仕切られた状況が"子どもが遊ぶ砂場"に似ていることにあります。

サンドボックスはアプリ専用の領域としてディスク上に確保されるため、ウイルスなど悪意のプログラム(マルウェア)による攻撃を受けません。反対に、アプリの動作に問題が生じたときも、その影響がシステムや他のアプリに及ぶことはありません。文書データなどを保存するために利用する領域、アプリの設定ファイルを保存する領域も、アプリごとに明確に分離されています。

ただし、例外はあります。ペーストボードを介して文字列や画像といった特定のデータ種をコピー&ペーストすることや、URLスキームという方法でごく短い文字列を受け渡すことは可能です。

このサンドボックス構造はiOSで徹底されており、アプリの安全性を支える大きな要因となっています。サードパーティーがドライバや常駐型サービスなどOSの低位レイヤーで動作するプログラムを開発できない原因となっていますが、この秋公開予定のiOS 8ではアプリ間連携(App Extensions)という機構を用意することにより、他のアプリに機能を提供するサービス的プログラムを開発する道が開かれました。

サンドボックス構造を砂場とする比喩に従えば、「他の砂場にシャベルやバケツを貸せる仕組み」とでもいえるでしょう。

iPhone(iPad)でもウイルス対策ソフトは必要か?
2016年05月11日

またウイルス感染しても無効化する仕組みとしては、アプリの活動をiPhoneが制限している、というものです。具体的には、どのようなアプリであっても、システムや他のアプリ、データにアクセスすることができないように、封じ込まれた状態になっています。

iPad / iPhoneのサンドボックス構造とアプリ間連携とは?
20170201_sandbox_2
2016.06.01

この結果、ウイルスなど悪意のプログラム(マルウェア)による影響を受けることがありません。また、例えば1つのアプリケーションの動作に問題が生じてしまった場合にも、サンドボックス構造で構築されたアプリケーションごとに仕切られた領域の範囲が影響をうけるだけなので、他のアプリケーションは脅威にさらされることはありません。

サンドボックス構造は、OSが更新される度に、アプリケーションからファイルへのアクセスや、設定、ネットワークリソース、ハードウェアなどを制限できるセキュリティの仕組みなのです。

古いなんて言わないで。8年落ちのMacBookを愛用する真性マカー、魂の叫び
2016.03.23 18:30

見ていた方はご存知かと思いますが、その中でアップルの副社長であるフィリップ・シラー氏が「世界には、5年以上前のPCがまだ6億台以上ある」、「これは悲しい(sad)現実だ」という話をしていました。

6億台以上あるPCを少しでもiPad Proに置き換えたい・・・というのがフィリップ・シラーの本音であるとしたら、噂される2017年3月発売?の次期iPad Proはデータ移動ないしは受け渡しをもう少し気軽にできるようにする必要があると考えているが、手綱を緩めた途端、セキュリティが低下するのは世の常、人の常、アップルの本意ではあるまい。

セキュリティ機能の低下を防ぎつつ、なおかつデータ移転を容易にする手法の開発が技術者として腕の見せ所となるが、となると必然的にiOS刷新となる。毎年新型iOSが登場するのは新型iPhone発売時と相場は決まっているだけに、もし2017年3月にiPad Proが発売されるのであれば、iOS10.3?となるはずだが、であれば従来型iPad Pro同様にWindowsマシンのようなデータ使い回しの利便性向上は望めないだろう。

でも、iPad Pro 12.9インチの2ndモデルだし、1stよりも完成度を高めてくるんじゃないの?立ち位置をタブレットからもう少しノートパソコン方面に軸足を移してくれれば万々歳なのにね・・・・いまはそんな気持ちで3月発売を楽しみに待っている。

Lancer2000lancer2000 at 20:48│コメント(1)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年06月16日

20140616_iPad_001


母親にiPad Airをプレゼントすることにした。東京近郊に在住とは言いながらも、いまどき珍しくネット回線がない家だ。いちおうブログを運営している以上、記事ネタとして考えていたのは、Expansys iPad Air 16GBのセルラー版+MVNO SIMの組み合わせ。

キャリア版にはなさそうな面白い話題がいくつか提供できるんではないのかな?と思ったからだが、よくよく考えるとITモバイル知識が全くない母親に海外SIMロックフリーiPad Airを渡してもなぁ・・・・使うのは自分ではなくて母親なんだから・・・・ということで思いとどまることにした。

それにキャリアiPadを購入しておけば、いざというときに駅前ショップに駆け込むことができるが、Expansys iPad Airは母親にとって難行苦行そのものだ。ドコモ,auのどちらのiPad Airを購入するのか迷ったが、キャリアiPad Airを購入する以上は毎月の維持費が安い方がありがたい。調べてみると、ドコモiPad Airならば毎月2700円でいけそうなことが分かり、ドコモ版iPad Airを購入することにした。ということで、久方ぶりにiPad Airの情報を集め出したのだが、気になる記事がいくつか見つかった。

話題のau MVNOの格安SIM「mineo」をいろんな端末に入れた
プロファイルをダウンロードすると、「4G」表示に切り替わり、データ通信が可能になった。ちなみに動作確認端末一覧では、au版iPhone 5sではテザリングは不可となっているが、今回試したケースではなぜか動作した。とはいえ、今後の変更で使えなくなる可能性もあるので、“たまたま使えた”と理解するのがいいかもしれない。

MVNO SIMは1枚も持っていないので実験することができない。ゆえに各種記事情報をもとに研鑽に励んでいるところだが、iPhoneやiPadなどのいわゆるiOS搭載端末+MVNO SIMの組み合わせではテザリングはできないと思っていたにも関わらず、このアスキーの記事によるとテザリングが可能だったという。

mineo(マイネオ)の公式サイトを見ても、au版iPhone5s,SIMロックフリーiPhone5sともにテザリング不可と明記されている。だからなのだろう、わざわざ【今後の変更で使えなくなる可能性もあるので、“たまたま使えた”と理解するのがいいかもしれない】との一文を挿入しているのだ。ではなんでテザリングにこだわるのかというと↓

価格とRetina非搭載を度外視すればiPad miniが最強の7インチタブレットだが、モバイルルータとしても最強だと考えた理由

過去にこういう記事を投稿したこともあり、iPad AirやiPad miniはロングライフバッテリーなので、今度iPad AirやiPad miniを購入するときはセルラー版も選択肢としてありかも・・・・なんて考えているのだ。ただこのiOS搭載端末+MVNO SIMの組み合わせはいろいろと問題があり、そのあたりを噛み砕いて説明しているのがこのITmediaの記事だ↓

MVNOのSIMカードでテザリングやおサイフケータイは利用できる?
2014年05月02日 17時00分 更新

ただし、MVNOのSIMカードだと、この機能が使えなくなるケースがある。ドコモ端末とMVNOのSIMカードという組み合わせが、それに該当する。これはなぜかというと、端末側にテザリング時にAPNを変更する機能が組み込まれているからだ。APNは第4回で説明した、データ通信を行うための接続先を指定する値のこと。このAPNがMVNOのものだったら通信はできる。ところが、ドコモの端末はテザリング時にのみ、端末側にあらかじめ設定されたドコモのテザリング専用APNに切り替わる仕様になっている。そのため、ドコモ端末とMVNOのSIMカードでは、テザリングした際にAPNがSIMカードの契約情報と適合せず、通信ができなくなってしまう。

これは、かつての料金プランの名残だ。LTEの料金プランでは、テザリングを使おうが使うまいが料金は一定だが、3G用のプランはテザリング利用時のみパケット通信料が上がっていた。ユーザーがテザリングを使ったことを見分けるなら、APNを切り替えるのが手っ取り早い。また、APNを通常の通信と分けることで、データ量が多く、回線を占有しがちなテザリングだけを通常の通信と分けておけば、帯域のコントロールがしやすくなる。ただし、この仕様は利用者にとって不便なことに変わりはない。テザリング利用の有無によって料金の違いがなくなった今、こうした仕様はぜひ再検討してほしい。

iPhoneはドコモのSIMカードを認識すると、APNの設定画面がふさがれてしまう。そのため、MVNOのSIMカードを利用するには、プロファイルをダウンロードして内部の設定を変更する必要がある。ただし、ここで変更できるのは、iPhone単体で通信を行う際のAPNのみ。テザリング用のAPNはユーザーが直接変更することができず、ドコモ端末と同じようにテザリング時に正しいAPNを指定できない。

APN 【 Access Point Name 】
携帯情報端末などを携帯電話ネットワークに接続してデータ通信を行う際に必要となる、接続先を指定する文字列のこと。家庭のパソコンなどからインターネットに接続する際のプロバイダの設定に当たるもので、各種のネットワークサービスやインターネットへの接続を提供する、自分の契約した事業者の識別名を設定する。

20140616_iPhone_001

このITmediaの記事を読む限り、MVNO SIMユーザに対するドコモの嫌がらせ?みたいな印象を受けてしまうが、ことiPhoneに関する限り、【テザリング用のAPNはユーザーが直接変更することができず、ドコモ端末と同じようにテザリング時に正しいAPNを指定できない】のはアップルが規定したiPhoneの仕様でもあるらしく、キャリア内部事情が原因ではないために事態はかなり深刻だ(後述)。

さてITmediaの記事はau用のMVNO SIMであるmineoが発表(2014年5月15日)される前に投稿されたものだが、もしau版iPhoneも同じような仕組みを導入しているのであれば、MVNO SIMであるmineoでのテザリングはできないことになる。が、現時点ではテザリングが可能・・・・・ということは、【ドコモとauではAPN設定の仕組みが異なる】か、【ドコモ版iPhoneでも設定をいじくればMVNO SIMによるテザリングができる】という推論が成り立つのかもしれない。

SIMフリー版iPadでIIJmio SIMをご利用の皆様へ(テザリングが使えなくなりました)
従来、このSIMフリー版のiPadでは一通りの機能が問題なく利用できていました。ですが、5月31日に配信された「キャリア設定(キャリアプロファイル)のアップデート」を適用したiPadでは、インターネット共有(テザリング)が利用できなくなりました。Wi-Fi、USBケーブル、bluetoothのいずれも利用できません。対象は現行モデルのiPadだけでなく、発売済みのSIMフリーiPadすべてです。1類似の事象はiPhoneでも発生しましたが、影響が現行モデル(iPhone 5s/5c)だけにとどまっていたiPhoneと比べ、iPadでは過去のモデルにまで影響が出てしまいました。

「キャリア設定のアップデート」とは?

「キャリア設定」は、iPhoneやiPadの中に組み込まれている設定ファイルの一つです。この中には、世界中のモバイルキャリア(携帯電話事業者)の情報が書き込まれており、iPhone・iPadに取り付けたSIMカードに合わせて、iPhone・iPadを自動的に設定するようになっています。

今回配信された新しいキャリア設定では、今まで登録がなかったdocomo用iPadの情報が追加されたものと思われます。

IIJmioはdocomoの通信網を利用したMVNOです。また、IIJmioのSIMカードに書き込まれている情報はdocomoのものと区別がつきません、そのため、IIJmioのSIMカードを使っている場合でもキャリア設定のなかのdocomo用の設定が有効になってしまったのだと思われます。

キャリア設定には、インターネット共有の可否以外に、APNの設定も含まれています。iPhone 5s/5cではAPNの設定画面が表示されないというのも、このキャリア設定の記述のためです。

iPhone・iPadにはキャリア設定以外に、構成プロファイルという仕組みがあります。APNの設定はこの構成プロファイルを使って上書きができるため、iPhone 5s/5cでも、IIJmioで用意したAPN構成プロファイルを使えばAPNの設定をすることができました。しかし、インターネット共有の可否は構成プロファイルで上書きすることができません。残念です。

当面の間は、前述の通りアップデートを無視することでiPadでインターネット共有を使い続けることができますが、iOSのアップデートが行われると回避はできなくなると思われます。iPadでインターネット共有をお使いの方は、今のうちに他の通信方法をご検討頂ければ幸いです。

SIMロックフリー海外版 iPad 情報スレ 10
248 名前:John Appleseed[sage] 投稿日:2014/05/31(土) 23:40:33.82 ID:fGvpkKGo [1/3]
431 ・ 437,441,463: 非通知さん [sage] 2014/05/31(土) 23:17:17.60 ID:7vP+Ibc20 (10/18)
>>416
キャリアアップデートに、ドコモネットワークで必要なパラメータの調整情報とテザリング時のAPN強制変更の情報が両方載ってて、iOSでは通信事業者コードに対応して一つしか配布を許さない仕組みになってる。

だからドコモがネットワークのパラメータ調整を配信するにはテザリング時APN強制変更も一緒に配信せざるを得ない。

文句があるならAppleにキャリアアップデートを一つの事業者コードでも複数配信できるようにしろよってまず言え。まずそれができるようAppleがiOS修正してからだ。

250 名前:John Appleseed[sage] 投稿日:2014/05/31(土) 23:44:22.13 ID:fGvpkKGo [3/3]
あと、

400 ・ 416,437,455: 非通知さん [sage] 2014/05/31(土) 23:01:08.41 ID:7vP+Ibc20 (7/18)
>>392
テザリング時APN強制設定はAndroidやiOSに標準で組み込まれてる機能で、米国ベライゾンなども使ってる。

で、MVNOについていえば
日本みたいに「ドコモと認識されるまま実はMVNO業者がサービスに使う」っていうのが海外では異質で、海外では普通「キャリアとして認識される値もMVNO事業者になる」って仕組みが一般的なのでテザリング時APN強制で誤爆が起きない。だが日本のMVNOの仕組みだと起きてしまう。

というゴチャゴチャした状況なんで、キャリアだけやり玉に挙げるのは筋違い。

たとえばMVNO事業者の参入障壁がもっと高くなる代わりに、事業者コード自体MVNO事業者がしっかりもって運用するようにしろって国に働きかけるところからはじめないといけない。

って話らしい

256 名前:John Appleseed[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 01:21:54.00 ID:n7qNiooT [1/2]
>>252
一から話そうと思ったが248と250にあったのでそれをよく読もう

テザリング時のAPNに関してはキャリア云々じゃなく総務省に凸してMVNO各社にIMSIを付与する、またはAppleが1つのIMSIに対して複数のキャリアプロファイルを流せる、またはユーザーが選択できるように動いてもらわないとどうしようもない

しかし前者の方法は時間もかかる上に非現実的だからiPhone販売事業者を通してAppleへ要望として上げてもらうのが良いのではないかと思われる

この問題で責められるべきは総務省電波関係の一部課、またはApple

ドコモ以外のMVNOが広まってきたらそっちでも問題になることだから早期に解決しないと面倒なことになる

以上SIMロックフリーiOS搭載端末+MVNO SIMの組み合わせではなぜテザリングができなくなるのか?について調べてみた。2ch情報がもし真実だとすれば総務省のさじ加減で問題は解決に向かう可能性はなきにしもあらずだが、早急な解決は望み薄だ。なぜならハードルを高くすればするほど、SIMロックフリーiOS搭載端末+MVNO SIMでのテザリングは現実味を帯びてくるが、総務省の本意はそこにはないはずだからだ。

大手キャリア独占の現状体制に風穴を開けるべく、広く門戸開放を目指すのが真意だとすれば、天秤に掛けられるのは裾野の広がりとテザリングとでどちらに重きを置くかだが、答えは言わずもがな。現時点ではテザリングに比重を置くのであれば、キャリア版iOS搭載端末を購入するのが正解なのだろう。

【参考記事】 権謀術数うずめくMVNO接続料は既得権益保護のための面従腹背なのかもしれない

Lancer2000lancer2000 at 21:07│コメント(22)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年03月04日

さて激務状態で二週間近く仕事に専念していたとは言いながらも、相も変わらず情報収集に手抜かりはなく、毎日iPhone5s & au SERIE SHL22で次なる獲物を物色している真っ最中だ。週末のみ稼働するWindows Phone Nokia Lumia520をいじっていると、このモダンユーザーインターフェイス(Modern UI)の魅力に改めて取り付かれてしまうが、どうやら日本国内でも正式にWindows Phone8が発売されたらしい。

Windows Phone 8スマホがSkype公式サイトで国内販売されていることが明らかに
販売業者を介するとはいえ、携帯電話会社と折り合いが付かず、なかなか国内発売にこぎつけられないでいたWindows Phoneをマイクロソフト傘下のSkypeが公式販売に乗り出したというのは同プラットフォームを待ち望んでいた人々にとってうれしい話。しかし残念ながら国内販売されても海外製端末には技適(技術基準適合証明または技術基準適合認定)問題が付きまとうのが現状です。

ソフトバンク孫社長に言わせると、Windows Phone眼中に無し・・・・っていうことになるのだろうが、我々のようなWindows世代にとってはやっぱり腐っても鯛、それとなく自然に湧き上がる親近感を抑えることはまずもって不可能というぐらいに惹かれてしまうのだ。昔付き合っていた女性と似ている女性が職場内に居たとしたら、後ろ髪を引かれるとまではいかなくとも、気になってしまう男性諸氏は多かろうと思うが、例えるのならばそれと全く同じ。

ゆえにわざわざ日本未発売のWindows Phone Nokia Lumia520を購入したわけだが、これで出来が悪かったら心情的に想いが断ち切れたはずなのだが、ふたを開けたら、予想外にというよりもそのあまりの素晴らしさに思わずため息が出るほど。月下美人ならぬ青天白日がもたらす印象は【Nexus5を買うことなくしてAndroid OSを語ることなかれ!!【年末恒例】2013年度に購入したモバイル機器BEST10!】で堂々の第三位にランクインしたほどだが、残念ながらドコモiPhoneをメイン携帯として利用している以上、なかなかNokia Lumia520を常時使用するわけにはいかない。

■ ドコモnanoSIMでiPhone5sとAndroid Nexus5,Windows Phone Nokia Lumia520を共用する方法

ドコモnanoSIMは、iPhone5s,Nexus5,Lumia520で共用する設定にはしてあるのだが、アプリ充実度が今一つのWindows Phoneはいろんな意味で現時点ではサブ携帯として使うのが正しいのだ。

レノボ、スマホで日本参入検討 「モトローラ」ブランドで
2014/2/26

中国レノボ・グループの楊元慶・最高経営責任者(CEO)は、米マイクロソフト(MS)の基本ソフト(OS)ウィンドウズを搭載した「モトローラ」ブランドのスマートフォン(スマホ)で日本市場への参入を検討していることを明らかにした。開催中の世界最大の携帯電話見本市「モバイル・ワールド・コングレス」でインタビューに応じた。

楊CEOは市場調査中としながらも、法人に強いMSのブランド力を評価しており「日本でウィンドウズOSを搭載したスマホの販売を検討している」と語った。日本で展開するブランドは米グーグルから端末部門を買収する「モトローラ」を中心に据える。

昨年から取り沙汰されていたブラックベリーの買収に関して「当面はない」としたものの、将来的な可能性については否定しなかった。

モトローラの端末部門を買収した狙いについて「ブランドだけでなく、知的財産も重要。グーグルに残った特許についてもライセンス契約を結んだ」と話し、スマホ開発に必要な特許について、グーグルに対価を払う代わりに、ほぼ自由に使える条件だったことも明らかにした。

こういう記事を読むと、ついにここ日本でもWindows Phoneの新機種が発売か?なんて思ってしまうが、この調子だと発売されたとしても2014年末か、場合によっては2015年にずれ込む可能性が限りなく高い。そこまでは待てんな・・・・・ということで次第に興味の対象はWindows Phoneから最近複数メーカーから発売されだしたWindowsタブレットに移行し始めた。

2011年7月24日に投稿した【Windowsマニアの心をくすぐるドコモF-07C】はお気に入りの記事の一つだが、当時この携帯電話を購入しなかった最大の理由は、暴れ馬すぎて調教するのが難しかったから、ただそれだけだが、さすがに昨今のWindowsタブレットはそんなことはあるまい。Nexus7よりちょっと大きいだけの8インチタブレットでWindows8.1が動作すること自体、Windowsマニアにとっては感涙ものだが、Dell Venue 8 ProやASUS VivoTab Note 8などは4万円前後とだいぶ価格もこなれてきた。

ということで2ch Vivoスレを読んでいたら、面白かったのがこれ↓

【画像あり】 パソコン初心者にありがちなことwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
1 : エルボードロップ(岡山県):2014/02/17(月) 20:48:54.85 ID:LGEHvt/x0 ?PLT(12030) ポイント特典

パソコン初心者です!!!!!!!インターネットが狭いです!!!!!!どうすればいいですか??????????



もう、これ、ネタとしか思えないのだが、運営側にやりたい放題やらせておくと、こうなってしまいますよ・・・・っていう典型的な事例かもしれない。やっぱりPCはスマートフォンやタブレットと比較すると敷居が高いのかもね、っていうことで白羽の矢が立ったのが、たまたま見ていた週刊アスキーの以下の記事。

2014年3/4号128Pから引用↓
20140301_vivo_002


上新電機、ASUS「VivoTab Note 8」に39,800円からの32GBモデル

20140301_vivo_001

iPad AirもNexus7もあるので、要らないっていえば要らないのだが、この大きさのWindows8.1っていったいどんな風な使い心地なんだろうと、確かめたい気持ちは結構強い。そしてもしVivoTab Note 8を購入すると、モバイルマニアならば誰しもが夢見る?うらやむ?さてまたバカにされる?盤石の体制を築き上げることは間違いない。

その昔、au oneブログ時代は5回線完全制覇(ドコモ・au・ソフトバンク・イーモバイル・ウィルコム)という、今にして思えば実にバカなことをしていたと思うが、今回はAndroid,iOS,Windows Phone OSという、主要3大モバイルOSのスマホ&タブレットをすべて所有するという快挙の達成だ。

20140123_lumia520_001


■ iOS iPhone5s & iPad Air
■ Android au SERIE SHL22,Nexus5 & Nexus7(2013)
■ Windows Phone OS Nokia Lumia520 & VivoTab Note 8

iOSとAndroidの複数機器所有者はそれほど珍しくないはずだが、Windows Phone OSともなるとハードルは一気に高まる。他のブログは殆ど読まないので同類が居るのか居ないのかは定かではないが、普通に考えても Windows PhoneとWindowsタブレットを所有している人はそれほど多くないはず・・・・・・っていうことで購入予定なのが、このVivoTab Note 8。

Windows 8.1搭載っていうことは、やっぱりPCのWindows OSと同様に、1年に一度は初期化しなければならないのかどうかはさておき、 Windowsタブレットの魅力を思いつくまま列挙すると以下の通りだ。

■ iOSやAndroidとは根本的に異なるモダンユーザインターフェイスの使い勝手の良さ

WindowsデスクトップPCやノートPCでモダンユーザインターフェイスを親しんでいる人はそれほど多くないかと思うが、この大小、さまざまな大きさのタイルを配置した独特のデザインは、どう考えてもタブレットや大画面スマートフォンに向いている。

■ タイル配色の妙味

20140127_Windows_8_Start_UI

iOS,Androidの現在のインターフェイスもさまざまなアイコンを取り入れて視覚的に楽しいのだが、単色タイルの配置、および組み合わせの妙味はWindows Phoneならでは。原色を効果的に組み合わせたそれぞれのタイルは、まるでレゴブロックを積み立てるかのような楽しさに満ち溢れ、本日天気晴朗、気分はお出かけ日和というときには、これほどワクワクさせてくれるインターフェイスはないんじゃないのかなと思ってしまう。

■ Windows PCとの連係プレイ

持ち運び前提のタブレットともなると、いかにして素早くWindows PCと同期をとるのか?焦点はこの一点に集中しているといっていいかと思うが、WindowsデスクトップPCとVivoTab Note 8は果たして1タッチあるいは2タッチ程度で同期をとることができるのか?興味津々だ。

■ ビジネス用途に適しているかどうか
 
そして最大の関心事はマイクロソフトOffice搭載タブレットはビジネスで使えるのかどうか?持ち運び可能であらゆる用途に耐えうる機種となると、やっぱりWindowsノートPC以上に優れたものはないというのが持論だが、VivoTab Note 8はどのような使い心地を提供してくれるのか?これからAmazonで購入してみようかなと思っている。

サラリーマン川柳コンクールとは・・・

最後に掲載するのはこの時期の風物詩といってもよい【サラリーマン川柳コンクール】

公式サイトは文字の羅列で少々味気ないが、たまたまもらった広告を見ていると、中には思わずニヤリとしてしまうものも少なくない。夜寝る前の暇つぶしとしては最適なので紹介したい。

201403042038_0001


201403042038_0002


Lancer2000lancer2000 at 21:20│コメント(2)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote