iphone5

2012年12月20日

いまだに素晴らしいiPhone5のタッチパネルフィーリング

正直なところ、iPhone5とiPad miniさえ持っていなければその差は分からないと思う。比較さえしなければGoogle Nexus7,ZETA SH-02E,Kindle Fire HDといったAndroid端末のタッチフィーリングは悪くないのだ。特にSH-02Eは、おそらく現時点で国産端末の頂点を極めるほどの完成度の高いAndroidスマートフォン。でもSH-02EからiPhone5に持ち替えると、すごくホッとするのもこれまた事実なのだ。

SH-02Eは機能や仕様の面で完全にiPhone5を凌駕しており、感性以外の項目点でiPhone5が勝てる箇所は少ないように思うが、なかでも微妙な差ながらも確実に存在するのがパネルのタッチフィーリング。iPhone5にシャープは液晶パネルを供給していることから、ひょっとしたら今現在、自分が手にしているiPhone5のそれはシャープ製なのかもしれないが、それでも味付けが微妙に異なる。

SH-02Eのパネルのタッチフィーリングは素晴らしく、画面応答、画面追随性、画面切り替え、拡大縮小のどれをとっても文句は出ない。初めて手にしたスマートフォンがSH-02Eならば充分に満足できる製品となっており、誰もがこれでいいじゃないの?と思うだろう。

だが指の先に画面が吸い付いているかのような、より人間の指の動きに忠実な反応というか、画面が絹のように滑らかに人間の指に合わせて動いてくれるかのような感覚、感性はまだまだiPhone5の方が一枚上手だ。幼少の頃運動会でムカデ競争をした経験は誰にでもあるかと思うが、そのムカデ競争に例えるのならば、前者から最後尾の者までが一寸の狂いも無く、綺麗に手足の可動部分がものの見事に揃っているのがiPhone5だという気がする。GALAXY S III αはまだ触れていないので断定はできないが、Androidスマートフォンが追いつこうとしてなかなかその境地に到達できないのが、このタッチフィーリングだろうと思う。

もう自分の感性がiPhoneフィーリングにピタリと当てはまって、他のAndroidスマートフォンだと納得しなくなっているのかもしれないが、やはり多くの人が記事を書いているようにiPhoneのタッチパネルのフィーリングは素晴らしいのだ。となると誰しもが思うのが、ではなぜ?という疑問だ。その疑問に技術的な観点から解説した記事が日経新聞に掲載された。

iPhone 5中核部品に見た、究極の「独り勝ち戦略」

2012/12/19 7:00

「驚きがない」――。米Apple(アップル)の最新スマートフォン「iPhone 5」に対し、世間では「完成度は高いが、ユーザーを驚かすような目新しさがない」という評価が定着している。しかし、iPhone 5に搭載された部品を詳細に解析していくと、それが事実ではないこと分かった。中核部品に自らが開発した技術を盛り込むことで、「究極の独り勝ち」を目指す新しいメーカーの姿が見えてきた。

【ディスプレイ】 自らの特許をベースに開発、他の追随許さず

iPhone 5は、「Apple史上で最も薄いディスプレイ」(同社)を搭載した(図1)。筐体(きょうたい)表面のカバー用ガラスを含めた、ディスプレイの厚さは約2.2mm。従来機種「iPhone 4S」の約3.1mmに比べて、約0.9mm薄い。

ディスプレイの薄型化に向けて、Appleが新たに導入したのが「インセル」と呼ばれるパネル技術である。これまで外付けだったタッチパネルの機能を液晶パネルに内蔵するものである。実現するための技術的なハードルは高く、製造が高価になるため用途が限られてきたが、iPhone 5に搭載されたことで本格的な離陸期を迎えたといえる。

日経エレクトロニクス誌では電子デバイスの解析・評価などを手掛けるエルテックと、複数のディスプレイ技術者・関係者の協力を仰ぎ、iPhone 5のインセルパネルを分析した。そこから見えてきたのは、Apple自らが技術開発を手掛け、それをパネルメーカーに作らせるという、これまでにない構図だった。

■米国や日本で数多くの特許を出願

Appleが採用したインセル技術を使ったパネルは、詳細が明らかにされていないものの、ジャパンディスプレイ(旧・東芝モバイルディスプレイ(TMD))とシャープ、韓国LG Displayの3社が供給しているもようだ。

端末メーカーの中で現在、インセル技術を推進するのは、Appleのみ。競合他社は、筺体表面のカバーガラス(強化ガラス)にタッチ入力用配線を形成する「カバーガラス一体型」技術を導入し始めているところだ。

分析の結果、今回iPhone 5に採用したインセルパネルの技術開発をApple自らが手掛けていると、日経エレクトロニクス誌は推測した。そのように考える最大の根拠は特許だ。同社は、米国や日本などでインセル技術の特許を多数出願している(図2)。

■パネル構造は特許のものと同じ

パネルメーカー3社は、この技術を基に、生産しているとみられる。我々が入手したiPhone 5用パネルの構造は、Appleの特許に書かれているパネル構造と、「ほぼ同じもの」(エルテック)だった。

液晶パネルの開発は、機器メーカーからの画面寸法や表示性能などの要求仕様に対して、パネルメーカーが自社の技術を用いて設計し、生産していくのが一般的な流れだ。半導体業界のような「ファウンドリービジネス」がほぼ存在しないため、「Appleのように、機器メーカー自らがパネル技術を開発するのは珍しい」(パネル設計に詳しい技術者)といえる。

■狙いは二つ

Apple自らが開発を進めた狙いとして考えられるのは、以下の二つだ。

まず一つが、同社が複数社からパネルを調達した場合に、互換性を確保しやすくなること。インセル技術には、タッチ入力の検出の方法によって「光学式」「抵抗膜式」「静電容量式」など、幾つかの検出方法が存在する。

パネルメーカー各社が得意とする方式は異なるため、「ユーザーインタフェース(UI)に直結するタッチ性能に、各社で差が出る可能性がある」(インセル技術に詳しい技術者)。Apple自らが技術を開発すれば、こうした問題は起きない。

■競合他社はマネできない

もう一つの狙いが、今回用いたインセル技術を、競合他社に導入させないことだ。Apple社が特許を保有する以上、パネルメーカー3社は、他の機器メーカーに向けて、今回の技術を導入したインセルパネルを供給できない。Appleは製品の競争力の源泉となる主要部品を自社で囲い込めるわけだ。

推測されるこれら二つの狙いのうち、パネルメーカーに与える影響が大きいのが後者だ。これまでは、「まず、最新技術を盛り込んだパネルを先行の機器メーカーに提供し、歩留まりが安定した段階などで他の機器メーカーに展開できた」(パネル設計に詳しい技術者)。しかし、今回はその手が使えない。「Apple社は競争力を維持できるが、パネルメーカーにとってはうま味が少ない」(同氏)といえる。

とはいえ、パネルメーカーにとって同一パネルを大量に買い取ってくれるAppleとの取引を止めるのは自殺行為に等しい。

今後、パネルメーカー各社は、自らが技術開発を手掛けるAppleのようなメーカーと、どう付き合うべきかを考える必要に迫られている。

■外付けのタッチ機能をパネルに導入

Appleが開発したインセル技術は、どのようにタッチ入力を検出しているのか。結論から言えば、薄膜トランジスタ(TFT)基板上にセンサー配線を形成することで、投影型の静電容量式タッチセンサーの機能を内蔵している(図3)。

20121220_iPhone5_001


液晶パネル駆動用の共通電極(ITO)の上に新たに形成した金属配線と、TFTの「ゲート層」に追加した金属配線を、タッチ入力の検出に利用する。ユーザーの指先がパネル表面に触れた際に、それぞれの電極間の容量分布の変化を検出する仕組みだ。「一般的に用いられている、外付けの静電容量式タッチパネルの機能を、そのままパネル内部に導入した」(エルテック)ものである。

この記事からは、アップルは自社主導で数々の特許を持つタッチパネルを開発し、他社が容易にその技術を利用できない戦略を採用していることが分かる。ほぼアップルの独壇場と言っても良いユニボディが産み出す比類の無い質感と同様に、タッチパネル技術でもその追随を許してなるものかということなのだろう。

とはいえ、昨日掲載したアマゾンKindle Fire HDのあまりの完成度の高さからは、今後この価格(15,800円)のこの出来映えが事実上の標準となる可能性もあり得るのだ。その意味で2013年の第一弾アップル製品はおそらくiPad5(ひょっとしたらMacBook Air?)だろうが、価格面を含めた機能および仕様が気になるところ。IGZO液晶パネル搭載で劇的な変化をもたらすことができるかどうか、試金石となる気がする。

「インセル」型液晶パネルに秘められたアップルの仕掛け

「電話を再発明する」――。故スティーブ・ジョブズ氏が2007年1月にこう宣言して発表した初代「iPhone」は、タッチ・パネル機能と独自のグラフィカル・ユーザー・インタフェース(GUI)画面により、携帯電話機の操作と表示に革新をもたらした。第6世代品であるiPhone 5が示したのは、それから5年が経った今もアップルがタッチ・パネル関連技術で業界の先頭を走り続けていることだった。


【2012年11月27日】
神の領域に到達したアップルデザイン!次世代 iPhoneに搭載が噂されている夢の新素材とは?
【2012年09月24日】
新型 iPhone5のドコモ運用はメリットが殆どないので、素直にau iPhone5を買って良かったと思う
【2012年09月22日】
新型 iPhone5の工業製品としての完成度が高すぎて度肝を抜かれた
【2012年08月13日】
工業製品としての美しさと質感を極めるアップルユニボディの秘密とiPhone5
【2012年06月19日】
現代工業最先端技術を注ぎ込んで製造されたAppleTVリモコンとiPhone5にユニボディが搭載されたら

Lancer2000lancer2000 at 21:00│コメント(4)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年11月23日

iPhone5の自宅内無線LAN速度は?

20121123_iPhone_001

2012年1月8日に【無線LANルータ交換でiPhone4S over100Mbpsを狙う】を投稿したが、iPhone4Sの自宅内無線LAN経由の速度を調べると、良くて30Mbpsぐらいだった。その後もなんどか計測したが、40Mbpsの大台に到達したことはなかったように記憶している。なのでiPhone5でも同じような数字だろうとたいして期待もしなかったのだが、ご覧のように好調時には50Mbpsまで、あともう一息という実に素晴らしい数字を叩き出している。もちろん常時50Mbps前後の数字というわけでもなく、だいたい25Mbps~50Mbps弱という感じなのだが、無線LANの実効速度で50Mbpsというのはよく健闘していると言える数字だ。

auひかりの1Gbps回線、無線LANルータはAtermWR9500NとiPhone4S計測時と全く同じ条件なので、iPhone4S→iPhone5への機種変更によるパワーアップがその最大の要因と考えていいように思うが、これでiPhone5を利用する環境はますます快適になってきた。自宅に居るときには無線LAN経由で25Mbps~50Mbps弱、外出時にはLTEで2Mbps~10Mbpsと数年前から比較すると考えられぬほど高速になってきている。で、何が言いたいのかというと、巷間よく比較されるau対ソフトバンクのスピードテストだが、外出時のLTE or 3G計測だけではなにやら片手落ちのような気がしないでもないのだ。

au iPhone5/16GB支払明細

au iPhone5/16GB支払明細 料金 
誰でも割980
LTE NET 315
LTEフラット 5460
機器分割代金 2570
ユニバーサルサービス料 3
通話料 0
支払金額9328
毎月割 ▲2180
スマートバリュー ▲1480
最終支払金額 5668


もちろん会社で過ごす時間の方が圧倒的に長時間にわたるのは理解できるが、多くの人が週休二日であることを考えると自宅内速度も結構重要だ。その意味で改めてauスマートバリューを眺めると実に魅力的なサービスであることに気が付く。ちなみに毎月の支払料金は以下の通りで、これにあと加算されるのは通話料だけ。なので、嫁さんとの家族間通話が殆どのわたしの場合、毎月の金額が6000円を超えることはまずない。テザリング込み・自宅内50Mbps弱・支払金額5600円強でこれだけ充実していれば徐々に人気が出るのも理解できるが、たまたま読んでいた週刊東洋経済11月24日号51Pには次のように記載されている。

20121123_KDDI_001


KDDIの快進撃のもう一つの原動力は、今年3月からスタートした「auスマートバリュー」だ。いわゆるスマートフォンと家庭の固定回線とのセット割引である。光回線「auひかり」やKDDIが連携するケーブルテレビなどとauスマホをセットで契約すると、1台当たり最大2年間、月額1480円(3年目以降は980円)が割引される。従来型の携帯電話からスマホに替えると通信料金が高くなるケースが多い。負担を抑えたい顧客の心をとらえた。

9月末までの半年間で、契約数は200万件を突破した。スマホの新規顧客の3割弱が加入している。スマートバリューで連携する固定回線の事業者は103社、世帯カバー率は全国の約80%に上る。これらの事業者がKDDIのスマホへの加入を促していることも大きい。「家族4人で契約すると、光回線(6000円前後)が実質タダになる(1480円×4台の割引)」といった売り方もされている。

ソフトバンクも同様のセット割引を打ち出しているが、対象となる固定回線のほとんどがADSLであり、通信速度が遅い。またNTTの場合、ドコモとNTT東西が独占的にセット割引することが法規制上できない。「他社とうまく差別化できている。進捗は想定以上で、ライバルといえるサービスもない」(KDDIコンシューマ事業企画部長の都築実宏氏)。


さてauでもいよいよiPad4 & iPad miniを取り扱うことが決まった。もうしばらくすれば公式サイトにその販売価格が明示されるはずだが、果たしてLTE iPad4 & iPad miniの毎月の支払い料金はいくらになるのだろう。ドコモモバイルルータ"BF-01D"とau iPhone5を所有しており、そして近々ドコモAndroidスマートフォン・冬モデルを購入するので、さすがにLTE iPad miniは購入できないが、auならではのあっと驚くプランを発表して欲しいものだ。iPhone5購入者にはスマートバリュー1480円→2480円ぐらいにしてくれないと、なかなか食指が動かない気がする。

【2012年03月31日】
iPhone4Sとauスマートバリューが最強・・・・かもしれない!

【2012年01月24日】
auスマートバリューにauガラケーは入れるのか?そしてドコモの対抗策は?

【2012年01月18日】
家族にターゲットを絞ったauスマートバリューの分析と毎月割増額変更

【2012年01月16日】
au春モデル所感とauスマートバリューの1480円割引


NTT東西、光回線値下げ 戸建てなど最大3割 スマホとの併用促す

2012/11/21 2:00
20121122_NTT_001

NTT東日本、西日本は光回線サービスの料金を大幅に下げる。戸建て向けの月額料金を現行基本料金より約3割安い3600~3700円台にする。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)を通じてパソコンなどをインターネット接続する利用者が増え、光回線の契約数は伸び悩んでいる。スマホと割安に併用できるようになれば、家庭のネット利用環境向上や通信料負担の軽減につながる。

両社は12月から、最も広く使われている通信速度が最大毎秒200メガ(メガは100万)ビットの光回線サービス「フレッツ光」の料金を下げる。

NTT東は現在5460円の戸建て向け月額料金を、来年4月末までに2年契約を結ぶ新規顧客について3600円台にする。契約戸数に応じて現在月額3千~4千円台のマンション向け料金も2年契約の場合に最大3割下げ、一律2800円程度にする見通しだ。

NTT西の戸建て向け料金は現在月額5670円。既存顧客も含め契約年数に応じて段階的に料金を下げる。最初の2年間は月4500円台、3年目を4300円台とし、8年間利用した場合に最終的に3700円台とする。マンション向けも同様に8年目に最大3割値下げする。

スマホ向けの高速携帯電話サービス「LTE」では光回線並みの最大毎秒100メガビットのサービスも登場。通信の安定性は光回線が優れるがネット接続をスマホで済ます利用者が増えている。NTT東西の2012年度の純増数は約130万契約(11年度約150万契約)にとどまる見込みだ。

NTT東は今回の値下げを新規顧客向けの2年限定の割引としている。ただ光回線の解約を防ぐには既存顧客対策が欠かせず、今後既存顧客向けの追加値下げに踏み切る可能性がある。

光回線サービスで競合するKDDIは、戸建て向けを月5460円(ネット接続料金込み)で提供している。NTT東西の場合はネット接続料金が別途必要だが、合わせてもKDDIを下回る見通しだ。

NTTグループではNTTドコモがスマホのLTEサービスを手がける。光回線からのシフトが強まればスマホの通信の混雑が増す。光回線との併用が進めば混雑緩和効果を見込める。

NTT東西から光回線を借りている通信会社のサービス利用者には今回の値下げは関係なく、料金を見直すかどうかは個々の通信会社の判断になる。ただ通信会社側から今後、NTT東西に光回線の貸し出し料金の引き下げを求める声が高まる可能性がある。


Lancer2000lancer2000 at 19:11│コメント(2)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年11月11日

過去に掲載したドコモiPhone5運用の是非を調べた記事

【2012年09月16日】
新型iPhone5をドコモで運用することの現時点での可能性を探ってみた

【2012年09月24日】
新型 iPhone5のドコモ運用はメリットが殆どないので、素直にau iPhone5を買って良かったと思う

【2012年10月20日】
au iPhone5のnano SIMは他のAndroidスマートフォンと共有できるのかどうか?

以前ドコモiPhone5運用の是非を調べてみたが、結論としてはドコモ回線でiPnone5を運用することは可能ではあるものの、auまたはソフトバンクiPhone5を上回るメリットはないということだった。ごくごく一般的なユーザからすればなんでauまたはソフトバンクで普通にiPhone5が購入できるのに、わざわざドコモで運用しようと思うの?ということだろうが、この世の中、だめと言われても果敢に挑むチャレンジャーは後を絶たないのだ。

まあiPhone5Sが発売されるまで、ドコモiPhone5の話題はしばらく見送りかなと思っていたが、ここにきてまたぞろドコモiPhone5の話題が勇猛果敢な勇者たちの間で囁かれるようになってきた。特に当初はドコモiPhone5ではLTEを利用できないことが実証されていたのだが、iOSのマイナーアップデートにより状況は少しずつ変化してきているようだ。そこで"au & ソフトバンク"以外のiPhone5の現況はどうなっているのかを調べてみた。情報源は主として玉石混淆の2ch掲示板、そしてネット巡回。キャリア非公認の使用方法であるがゆえに、もしこの記事を読んで実際に試される奇特な方が居たとしても自己責任にてお願いしたい。

さて海外SIMロック解除iPhone5の入手の仕方はいろいろとあるだろうが、いまマニアの間で人気なのは米国Verizonが販売しているiPhone5。なぜ人気が高いのかというと、SIMロックされていないために様々なキャリアで使用することが可能なのだ。

米Verizon WirelessのiPhone 5はSIMアンロック版 - 海外報道

米国ではAT&T、Sprint、Verizon Wirelessら大手キャリア3社からiPhone5がリリースされているが、このうちCDMAネットワークを全米に展開するVerizon WirelessのiPhone5が、実はSIMアンロック(SIMロックフリー)版であり、他社のSIMを挿入して国内外で自由に利用できるという。


つまりベライゾンiPhone5はベライゾンSIMを使用できるのは当たり前としても、米国他キャリアのSIMを挿入しても使用することができる、キャリア公式の、実に珍しいSIMロック解除iPhone5となっているのだ。となるとこれを日本に持ち込んでと考えるのはマニアならば自然の摂理。つまりベライゾンiPhone5は、ひょっとしたらドコモ,au,ソフトバンクのどのキャリアでも使用できる、いわゆるオールマイティーiPhone5じゃないのかというわけだ。

しかし、いくらオールマイティーiPhone5とは言いながらも実証するには、ドコモ,au,ソフトバンクの3種類のnanoSIMが必要となってくる。それだけの費用と労力をかけてまで実験するマニアがいるのかというと、これが実際にいるのだ。以下に掲載する書き込みは2ch掲示板から引用したものだが、当時はまだiOSアップデートによるドコモLTE回線利用の不可が分からなかったとき。

ベライゾンiPhone5購入→ドコモ運用不可ならば→au nanoSIM利用→jailbreak後にドコモでLTE回線を利用を夢見る

とまさにマニアの中のマニアたちだ。そんな彼らの言動を集めてみると・・・・・

【ジェイルブレイク"Jailbreak"するメリットとデメリット】

【Unlocked】SIMロックフリーiPhone購入の話37台目


18 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/10/30(火) 15:29:58.59 ID:XarJ6wln0
docomoからnanoUIMカード11月1日から提供開始
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/121030_00.html

24 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/10/30(火) 20:05:54.29 ID:BrQd1WnA0 [2/2]
これでますますベラ5人気が上がるな。
MVNOとauで使い分けたいな。
パンツからメール来てたよ。反応早いw
10月初旬にベラ5予約した(SKSじゃない)けど、未だ連絡無しorz

31 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/10/30(火) 23:11:10.89 ID:/cyvvfXH0
docomoナノsimでXi使えれば、神対応なんだが
無理だろうなぁ。きっと。
使えれば、au5からMNPすることも考えるんだが。
プラスエリアなしでXiも使えないなら、意味ねぇ。

105 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/11/01(木) 08:19:59.31 ID:c+0WmGvm0
JB来てLTE動けばネ申

【注釈】 JB=jailbreak=ジェイルブレイク

110 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/11/01(木) 08:48:35.22 ID:0QWfId2T0 [1/7]
>>105
それ試してみたいがためにVerizon版注文したw

273 名前:iPhone774G[] 投稿日:2012/11/04(日) 22:41:43.34 ID:E8uWIQEe0
結局、幸せになれる組み合わせは
アメリカでVerizon版iPhone 5を買って
日本国内ではau でLTE 回線を使う。
海外では現地SIMにてLTE or 3Gの格安回線でiPhoneライフを楽しむってことでOK?

274 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/11/04(日) 22:47:18.82 ID:TC4QKecb0
>>273
現地に依るんじゃね?
プリペイドnano SIM提供されてるところなんてほとんどないぞ
SIMカッター持ち歩いたところで、それじゃLTE使えないし
そんなことするくらいなら4Sで良い

322 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 10:10:34.56 ID:0PE3Xj5x0 [2/2]
ベラならauのSIMで7G使って、その後は三円docomoSIMで7G使えるって事に気がついた。
通話は050プラスだから大丈夫だ。

というか、Xiエリア内はdocomoの刺しとけばいいのか。

うはwww
めんどくせ

397 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 12:57:11.32 ID:mwQ/fSXw0 [2/4]
デュアルSIM出来る様になったら、auとdocomoのSIMでLTEやるんだ。

398 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 12:59:18.72 ID:AD0+Q1Gv0
>>397
ランニングコストがすごいことになりそうだな

452 名前:iPhone774G[] 投稿日:2012/11/08(木) 08:02:46.19 ID:drh2jK3Y0 [2/2]
>>448-449
うわぁ・・ってなる俺のiPhone5購入の経緯
SIMフリーiPhone5が欲しい理由
・1台で海外でも現地SIMで使いたい
発売週
・GSM1429を当初注文。
→早漏すぎてプラスエリア問題、LTE問題が顕在化する前だっため、後にGSM1429は購入価格のまま友人に売却
・2個持ち止むなしと1回は考え、KDDIにMNPする。
10月中旬
・Verizonの情報を知る。 SKSにカモられる
現在
・ebayのトップセラーに注文
au版は中古で売却かヤフオクを検討中
海外に行く頻度を考えるとローミングの値段を考えると
一連の金銭の流れでもまだ、こっちのほうが黒になるんだよね・・。
いや馬鹿なのは間違いないんだけれど。。。


と、ここまで来ると、まさに感服するしかないが、現時点での動作状況を調べると以下の表のようになる。

通話ドコモ au ソフトバンク 
香港(GSM) △ ×○ 
Verizon(CDMA)△ ○ 


 ドコモ au ソフトバンク 
通信3GLTE3GLTE3GLTE
香港(GSM)△ × × ☆ ○ □ 
Verizon(CDMA)△ × □ □ ○ □ 

【△】 プラスエリア(850MHz)非対応(4/4Sで使える都会のエリアでも圏外又は不安定になる可能性あり)
【□】 nanoSIMは動作可。SIMカットでは動作不可(キャリア側のサービス登録が必要)
【☆】 3G側不可のため、エリアは極めて狭く実用性には欠ける、SIMカットの動作可否不明(多分無理)

ひとつのことを心に込めて行えば必ず成し遂げられるという意味で、虚仮(こけ)の一念岩をも通すということわざがあるが、まさに初志貫徹、新型iPhone5発売時点ではドコモでLTE運用は不可だったはずなのに、iOSマイナーアップデートを機に再びトライ。試行錯誤を重ねた上で見事にドコモLTE運用を可能にしているのを知ると、改めて機を見るに敏な動きに驚嘆してしまう。いやはやこの行動力があれば・・・・というのはさておき、その成果はアスキーのこの記事に詳しいので関心ある方は是非ともご覧いただきたい。

SIMフリーiPhone 5がドコモLTEをつかむまで:週間リスキー


先週末、TL上がプチ祭りになっておりました。何がって、iPhone5のSIMフリー版+ドコモXi契約SIM(ちょっきんVer)で諦めかけていたLTE接続が、ナントiOSを6.0.1にアプデしたことにより可能になったというウワサが飛び交ったのでございますよ。(途中省略)

Xi契約のチョッキンSIMは、ドコモが先日発表したナノSIMと同等なモノと思われますので、これにてiPhone5(SIMフリー版)をドコモで心置きなく使え……あ、FOMAプラスエリアの問題がありましたね……。こればっかはハードウェア的に対応していないと思われますので、ニンともカンとも……


こうなってくると最後の関門はFOMAプラスエリアの問題。個人的にはLTE運用も大事なポイントの一つだが、それよりも切実なのはどう考えてもFOMAプラスエリアなのだ。他キャリアと比較したときにドコモFOMAプラスエリアが使えないのでは、やっぱりドコモでiPhone5を運用することの魅力は半減してしまう。で、実際問題としてドコモiPhone5でFOMAプラスエリアを利用することは可能なのかどうか、なぜ利用できないのかを調べてみると・・・・

346 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 17:48:39.29 ID:YMxOfvksP [2/4]
しかしプラスエリア掴めないのは悲しいな
何やら取り扱いへ向けて動いてるようだけどもこの先どうなるやら

348 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 18:03:11.88 ID:kZVj5EHTP [2/3]
>>346
ハード的にプラスエリアは無理なんじゃないの?

361 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 21:28:05.29 ID:yy+IBfI/i [5/6]
ドコモのxperaスレだとみんないかにLTEを殺すかに躍起なのに
iPhoneだといかにLTEを認識させるか躍起になって
人間って面白いよな\(^o^)/

そのうち電池の減りとか気にしだして
また元の3Gだけに戻したくなるぞw
そっちのやり方の確立もしといた方がいいな

364 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 22:11:22.45 ID:kZVj5EHTP [3/3]
>>361
まともにiPhone5を使いたい人はもうここには残ってないでしょ。
ここにいるのは維持でもdocomo回線でiPhone5を使いたい、docomo狂信者だけ。

405 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 15:03:12.52 ID:M4JPkqyg0
>>404

周波数的にはDocomoの800は使えるかもしれないけれど、Docomoの800用のテストをしていないがために、使えないようにしているのではないか?という話がでている。
http://wnyan.jp/3503

407 名前:sage[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 15:04:31.88 ID:hXkL2/v70
3GSの時はアップデートで対応したな。

408 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 15:14:55.68 ID:5QZ6q/G3i
>>407
3GSは電磁的表記で技適通して公式に使えるようにしただけで最初からプラスエリアは掴んでた

417 名前:iPhone774G[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 17:03:34.91 ID:XIllTz7o0 [1/3]
今回の混乱の真相っぽい。
http://blog.backspace.jp/2012/11/ntt-docomo-lte-xi-on-ios-601.html


他社製品の携帯電話機などをドコモのSIMカードでご利用する際の手続き

■ドコモnanoUIMカードを使用する機器は、ドコモnanoUIMカードの形状に合うものを使用してください。ドコモnanoUIMカードの形状に合わない機器を使用した場合は、データの消失や故障の原因となります。

■ドコモにおいて現時点で把握しているnanoUIMカードに対応した端末は、アップル社のiPhone5のみとなります。ドコモnanoUIMカードを挿入し、ドコモの通信サービス(FOMAサービス・「Xi」(クロッシィ)サービスなど)をご利用いただく場合、以下の制約事項がございますので、ご理解の上、ご使用願います。

■LTE通信が利用できません。※5

■800MHz帯、および1.7GHz帯を使用したFOMA(3G)通信が利用できません。※6

※5 XiエリアにおいてもFOMA(3G)通信となりますのでご注意ください。
※6 FOMAプラスエリアなどの800MHz・1.7GHz帯単独エリアにおいては、一切通信ができませんのでご注意ください。


ドコモからnanoSIMカードがついに発売されたが、iPhone5発売前からいずれドコモからも対応nanoSIMカードが発売されるだろうという噂話はあった。アスキーなどの記事を読んでも分かるように、ドコモまたは日本通信から対応カードが発売されるのはマニアの間では確信に近いものがあっただけにさほど驚きはないのだが、ドコモにしては動きが速すぎるのが少々気になるのだ。というのもこのnanoSIMカードを購入する層を考えると、かなりのニッチ層であることは誰にでも分かる。

普通の人たちは間違っても購入しないし、現時点でもドコモでiPhone5を利用するメリットはまず無いのだ。ドコモ公式ではLTE、FOMAプラスエリアともに不可と明言されているし、au iPhone5を上回るパフォーマンスをドコモiPhone5が発揮できる可能性は非常に低い。個人的には年明けぐらいかなと思っていたので、その決断の速さに少々驚いてしまったが、逆に考えると、ドコモはiPnoneパワーユーザのiPhone5の利用状況を逐一掴むことができるのだろう。公式ではLTE非対応とはなっているものの、nanoSIMカードを積極的に購入するユーザの腕を持ってすれば簡単にLTE対応に変えてしまうことぐらいわけのないこと。

ひょっとしたらパワーユーザたちのiPhone5 LTE利用状況を把握したいがためにnanoSIMカードを早めに発売したのでは?と邪推したくなってしまうのだ。ではなぜそこまでしてiPhone5 LTE利用状況を掴みたいのかということについてはまた次の機会に・・・・・

ドコモ、iPhone 5が対象の「nanoUIMカード」を提供

契約形態は従来と同様で、nanoSIMカードでもXiを含めドコモのネットワークに対応した料金プランを契約できる。なお、「iPhone 5」はXiでは通信できない。ドコモの回線を新規に契約する場合、SIMカードの発行手数料は無料。新規契約時には契約事務手数料は3150円が必要になる。既存のドコモ回線をnanoUIMカードに移す場合、SIMカードの発行手数料は1年に1回までは無料、1年で2回目以降の発行は1回につき3150円がかかる。(途中省略)

なお、「iPhone 5」は日本国内においてソフトバンクモバイル、KDDIが取り扱っているが、どちらもSIMロックの解除には対応しない方針。ドコモでは、海外で販売されているSIMロックフリーの「iPhone 5」での利用を想定している。

SIMロックフリーの「iPhone 5」においては、ドコモのSIMカードを装着した場合、端末側の仕様によりFOMA(W-CDMA)の2GHz帯のみを利用でき、Xi(LTE)およびFOMAの800MHz帯と1.7GHz帯は利用できない。このためSIMカードはXiに対応していても、実際の契約はFOMAの料金プランが案内されることになる。


Lancer2000lancer2000 at 18:11│コメント(8)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年11月09日

ドコモからiPhoneが発売されない方がユーザ利益は高まるという説

【ドコモからiPhoneが発売されない方がユーザ利益は高まるという説】を2012年4月30日に投稿したが、改めていま読み返しても説得力は確かにある。というのもいささか旧聞に属するが、10月26日に発表されたドコモの第2四半期決算説明会では次のように述べられているからだ。

Q1
今期の利益見通しの修正について、800億円の費用増を織り込んでいるとのことだが、その内容について説明していただきたい。
A1
これまで「家族セット割」や「Xiスマホ割」等の施策を実行しているが、その効果を見極めつつ、タイミングやバランスに留意しながら今後も戦略的に施策を実行していく。施策の内訳については回答を差し控えさせていただきたい。

この発言を聞いて色めき立ったのは当然のことながらGALAXY NEXUS祭り以降、日干し状態にある携帯マニアたち。時期的にはまだ早いかもしれないが、2012年6月28日に発売されたGALAXY S III SC-06Dがひょっとしたら12月年度末には、販促費800億円の名目の元にばらまかれるのではないか?干天の慈雨と言っても良いドコモの販売施策に、すわ!一大事!!とばかりに日本通信のMNP弾を仕込んだ携帯マニアも多かろう。

【携帯マニア御用達!MNP弾調達先"b-mobile"日本通信SIMカードの規約変更を巡る悲喜交々】

【"GALAXY NEXUS SC-04D"ばらまき宴の終わった後に訪れるものは?】

iPhone5に翻弄されるドコモの巻き返しは(1)

2012/12/10/30

国内携帯電話業界で不動の1位に君臨するNTTドコモが、米アップルの人気スマートフォン「iPhone」(アイフォーン)シリーズに翻弄されている。ドコモは10月26日、2013年3月期の営業利益が8200億円(前期比6.2%減)になる見通しだと発表した。従来は9000億円と増益を予想していたが800億円の下方修正になるとともに、7年ぶりの営業減益となる。

下方修正に至ったのは、ドコモを追いかけるKDDI(au)、ソフトバンクへの対抗策として販売促進費用を大幅に積み増すためだ。背景にあるのが、9月に発売となった「iPhone5」の快進撃である。(途中省略)

ドコモの下方修正は、これに対抗してスマホの拡販を進めるために800億円以上の費用を競合対策として積み増すのが要因だ。26日の会見で加藤薫社長は「具体的な施策は言えない」としたが、業界が盛り上がりをみせるボーナス商戦に向け、大幅な値下げや乗り換えキャンペーンなどを打ち出す可能性もありそうだ。

が、GN祭り再来を許してなるものか?そうはさせじとばかりに反旗を翻したアナリストがいる。弥縫策(びほうさく)もいい加減にして欲しい。これだけ株価が低迷を続けるのは経営政策に問題があるのではないのか?それに対してどのように考えているのか聞かせて欲しいという現経営陣にとっては実に耳の痛い話だ。

ドコモ株主がブチ切れる「800億円を販促費に充てても、乞食へのキャッシュバックに消えるだけでは」

2012年10月27日21:32

クレディスイス・早川氏:

我々十数年株式市場に携わってきて、ここにいる方にはそれ以上の方もいらっしゃると思いますが、ドコモさんとお付き合いしてきて、これほど不誠実なプレゼンテーションもなかったかなと、はっきり言って思っている。

iPhoneをやるやらないということではなくて、何でこういう現状になっているか、何でお客さんが抜けているのか、なんでデータARPUが他社に比べて伸び悩んでいるのか。もう少し掘り下げてほしい。

800億を投下した上でのリターンについて「内容は言えない」のかもしれないが、ここにいる人間の9割9分はこれは販促費に化けるだろう、投資家ではなくて(CBとして)消費者に回るだろうと思っている。それでは株価は上がらない。

我々セルサイドとしては、御社の収益予想モデルを作ってバイサイドさんへの投資判断を真剣に下すのだが、バイサイドも真剣に投資家のお金を運用しているわけで、この800億の下方修正を受けてドコモさんをどう取り扱っていけばいいのか、真剣に悩む。

ご回答を求めるというか、魂の叫びとして聴いてもらえばいいのですけど、我々としてはこれだけの時価総額の銘柄が、こういった形で株価が低迷する、他社にお客さんが抜けていく、この現状をマネージメントがどう認識しているのか、聞かせてもらいたい。


ちなみにドコモの株価については以下のグラフを見れば一目瞭然だ。週刊東洋経済の9月1日号の74Pから引用したものだが、2000年2月に42兆円もの時価総額を誇ったのも今は昔。iモード人気の一人勝ち状態でまさに我が世の春を謳歌していたドコモだが、その後は低落の一途。現在は時価総額は5兆円と往時の面影今いずこと見るべくも無い状態だ。この低迷をどのように判断するのかは人それぞれだが、個人的には新しい価値観を創造することができていないと分析するのが正しいように感じている。

20121109_docomo_001


アップルがiPhone & iPadで人々の生活様式を劇的に変化させたのとは対照的に近年のドコモは鳴かず飛ばず。6000万顧客という強固なバックボーンがあるがゆえに経営は盤石そのものだが、人々の意識を根本的に改変してしまうような新種のサービスや端末を開発できていないのが最大の原因だろう。

だからというわけでもないのかもしれないが、【真水】を増やそうと判断したのが、【各種事務手数料の新設・改定について】。新設・改定という名目のもと、実質的な事務手数料の値上げと捉えていいかと思うが、その最大の目的は800億円の販売促進費用が広く、本来の目的のために使われるようにという、まさに携帯マニアにとっては厳しい施策。そのあたりを2ch掲示板から拾ってみる。

【東日本】docomo 買増一括情報★166

392 名前:非通知さん[] 投稿日:2012/11/08(木) 15:13:14.03 ID:cakUqhH20 [2/3]
これは古事記に追い討ちってやつですか

http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/121108_00.html

393 名前:非通知さん[] 投稿日:2012/11/08(木) 15:15:17.04 ID:R5+Re/kt0 [1/2]
乞食終わった

394 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:15:58.07 ID:ftxiQt4Y0
かなりの痛手だな・・・

396 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:17:13.02 ID:T5edCZ9Z0 [4/20]
完全に乞食の締め出しに掛かってるな

397 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:17:24.56 ID:01nmOrMb0
なんなのこれw

398 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:18:23.96 ID:aNQd2DIz0 [2/5]
おおお、これはこれは。

399 名前:非通知さん[age] 投稿日:2012/11/08(木) 15:18:24.99 ID:MjXcYOZm0 [2/4]
アカン、吐き気してきた

400 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:19:13.70 ID:aNQd2DIz0 [3/5]
携帯屋もつぶれそうだな。

401 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:19:37.50 ID:7OV5ekfBP [1/7]
これで庭・禿各社も追従だね。

402 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:21:18.07 ID:ckJDzqQ10
おいおい、sim変更を伴う機種変は
手数料だけで4200円もかかるじゃねーか…

403 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:21:29.16 ID:86gAdzU0P [1/3]
来月からSIM変更も完全有料かよ
今月中にUIMへ変えとくか

405 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:23:21.71 ID:fxfnTS150 [2/5]
こうなると駆け込み開始だな
急いで埋めよ

409 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:26:47.85 ID:86gAdzU0P [2/3]
この分だと音声→データも有料になりそうだな
年末に投げ売り出ても余りまくる悪寒
マキコじゃないけど業界からのブーイングで撤回されんかな

410 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:27:11.91 ID:Njy1WnlA0 [1/2]
これは痛い

415 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:29:31.07 ID:3ss8Qbk/0 [1/13]
うわ なんだか凄まじく古事記に厳しい策を打ってきたな 冬の時代の始まりか…
これはドコモの3ヶ月縛りに続く、「ここ一年あまり古事記に好き放題やられてきたことへの対策」として、制度の穴塞ぎの一環だろうな

古事記の存在を相当疎ましく思って排除しようとしてるようだけど、一方で産廃処理業としての古事記の存在・上手い活用の恩恵もあったことは事実なんだからまたしばらくしたら規制緩和して欲しいな

416 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:33:46.06 ID:r7PsgjFD0 [2/10]
docomoの言いたいことはここかもねw
>引き続き事務手続きを円滑に行っていくため、各種事務手数料を以下の通り新設および改定します。

乞食対応にはそれ相応のコストかかるんだから、払っていただきましょう!ってことなんじゃ?w

417 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:34:08.40 ID:psYtmaWq0
乞食も養分様も割を食う糞改悪じゃねーか

419 名前:非通知さん[] 投稿日:2012/11/08(木) 15:36:04.27 ID:co7EazZn0
MNPが残ってるジャマイカwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
買い増しの時代なんざーとっくに終わってんだよ
お?お?お?お?お?お?お?お?お?お?
どんどん出ていけば決算発表で責められ続けて800億を入れる決意wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
どうなるか見ものだわな次の決算説明会

438 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 15:50:29.48 ID:3ss8Qbk/0 [3/13]
ご愛顧3ヶ月縛り(ご愛顧以外は高額で機種変意欲の減退)とこの手数料徴収改悪で機種変(買増)は完全に詰んだね

これからの古事記業はMNPで凌ぐしかないのか でも禿は論外だし庭もアイポンウハウハでMNPに渋いし厳しいな

MNP勝負だと純粋に回線数がモノを言うだろうから一家総出で古事記業とかっていう最下層ファミリーを増やす原因になりそうな気がするけどな

465 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 16:05:30.20 ID:4JfVSxfY0 [2/7]
ドコモ不調で800億いや1000億ばらまきだーとか浮かれてた糞乞食笑える

466 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 16:06:16.98 ID:HCliYgTR0
終わった… このスレも終わったな これからはMNPが最後の砦だ

510 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 16:35:13.54 ID:3ss8Qbk/0 [7/13]
ご愛顧3ヶ月と今回のダブルパンチで古事記は阿鼻叫喚だけど、販売店はこの発表どう思ってんだろう?
間違いなく不良在庫が捌けなくなると思うが… そういう意味では12月からの販売店の機種変施策が見ものではある

520 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 16:41:18.87 ID:du6uMNv+0 [11/33]
19万がよっぽど堪えたんだろうな
動きが早すぎる


ここまで読めばお分かりの通り、ひたすらiPhone台風が過ぎ去るのを待つドコモだが、MNP移転流出による業績への影響は徐々に深刻なものになりつつある。来週日曜日または火曜日には【ドコモnano SIMカード販売】についての記事を投稿したいが、その前に日経新聞の記事をお読みいただきたい。

NTTドコモ、iPhone不在の堅忍不抜

2012/11/1 6:00

NTTドコモのひとり負け――。ドコモは10月26日、2013年3月期の連結営業利益は前期比6%減の8200億円になる見通しだと発表した。従来の3%増から一転、減益となる。

順風の中での失速と言っていい。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)と新しい通信規格のLTE(高速携帯電話サービス)の普及は通信各社の追い風になっている。スマホ利用者はデータ通信量が増えるためで、実際ソフトバンクとKDDIは増益基調だ。市場はドコモにも今期の増益を期待していただけに、「ネガティブサプライズ」(いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員)と受け止めた。決算発表の翌営業日である29日の株価は一時、前週末比8000円(6.5%)安の11万5400円と上場来安値を更新した。

「問題ははっきりしている。iPhoneがないことだ」(モルガン・スタンレーMUFG証券の津坂徹郎アナリスト)。9月にソフトバンクとKDDIが米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)5」を発売した影響をまともに受けている。9月のドコモのMNP(番号持ち運び制度)は9万5200件の転出超。10月はさらに転出超が膨らんでいる可能性がある。

26日の記者会見で加藤薫社長は「ポートイン(転入)は負けていない」と強調した。これが逆に、転入を大幅に上回るほどの顧客が他社のiPhoneに流出してしまっている深刻さを物語っている。通信会社にとってiPhone利用者はデータ使用量が多く、様々なサービスも使う優良顧客でもある。ドコモは割引サービス拡大や音声通話量の減少で、1契約当たりの通信料収入(ARPU)の下落にも歯止めがかからず、収益の柱である携帯電話収入が下落している。


こうした失速を受けて、ドコモ経営陣が動いた。下期に追加で800億円を投じ、販促費などに使う。ドコモはその分だけ13年3月期の営業利益予想を従来予想(9000億円)より下方修正した。加藤社長は「利益より数をとった。戦うというメッセージだ」と強調したが、クレディ・スイス証券の早川仁アナリストは「iPhoneに押されて顧客が流出する構造は変わらない」と手厳しい。iPhoneの人気がいつまで続くかはわからないものの、現時点ではiPhoneの取り扱いの有無が業績を左右している。

ドコモも手をこまぬいている訳ではない。業績回復のために映像・音楽やゲーム配信などを強化し、サービス関連新事業の売上高を11年度比2.5倍の約1兆円に引き上げる。だが期初の9000億円という13年3月期の営業利益予想の到達について加藤社長は「できるだけ早く」と明言を避け、社長自身が利益貢献に自信を持てていない。

通信品質というドコモの切り札にも疑問符がついてきている。10月14日の埼玉県所沢市の西武ドーム。プロ野球クライマックスシリーズで西武ライオンズとソフトバンクが熱戦を繰り広げる中で、携帯電話の通信品質も試される場でもあった。

野球のソフトバンクファンが球場の半分近くを占めていたため電波の混雑が予想されたがソフトバンクの携帯電話はつながり、ドコモの携帯電話はつながらないケースが多かった。この日を境に、12年間のドコモとの契約を打ち切り、MNPを使って他社のiPhone5に乗り換えることを決めた利用者もいた。

他社より劣るとは言い切れないが、少なくともつながりやすいという圧倒的な優位性はなくなりつつある。ソフトバンクが31日に発表した12年4~9月期の連結営業利益は前年同期比8%増の4027億円。孫正義社長は電波が届きやすくなっていることを強調し、「16年度に国内の営業利益だけで1兆円を超える」と改めて宣言した。

iPhoneを扱うとネットワークを提供するだけの会社になってしまうとの危惧から、NTT幹部は「歯を食いしばってiPhoneを売らない」と語っていた。iPhoneを扱わないという堅忍不抜はいつまで続くのだろうか。


【追記】 記事投稿を優先しています。書き込んでもらいました方々、明日までお待ちください。

Lancer2000lancer2000 at 21:36│コメント(2)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年10月22日

【Unlocked】SIMロックフリーiPhone購入の話36台目

455 iPhone774G [sage] 2012/10/20(土) 20:35:15.88 ID:PqM9x3qx0 Be:
俺、アップル製品を買い続けないと死んでしまう病気なんだけど、今買うものなくて困ってる
iPhone 5のSIMフリーはまるで魅力ない
4Sの予備でも買っとくか


なにか面白い話題はないのかな?と思って2ch掲示板を斜め読みしていたら、上記の書き込みを見つけた。まあマニアともなれば、デスクトップiMac,ノートMacBook Air,iPad,iPhoneは毎年のように買い換えるらしいが、それにしても【買い続ける】こと自体を目的化しているのには思わず失笑してしまった。こういう筋金入りのマニアたちに支えられているんだからアップルは繁盛しているのだろう。いよいよ明後日早朝に迫ったiPad miniの発表、【買い続ける病気の人】もきっと購入するんだろうなと思いつつ、でもRetinaディスプレイが搭載されたら本当に欲しくなるかも・・・・・ということで、いま話題のRetinaディスプレイについて調べてみた。

「紙の発明」に匹敵するインパクト――新型iPadは、これから奇跡を起こす

しかし、今回の新型iPadのインパクトは、それとは比較にならないほど大きなものだ。そのユーザー体験がPCを超えただけでなく、有史以来もっとも古くて重要なメディアである紙をも超えたのだ。紙の発明に匹敵するほどの意義を、Retinaディスプレイを搭載したiPadは持っている。デジタルの世界が、アナログの世界についに肩を並べた。新型iPadを使えば使うほど、その直感が実感に変わっていった。


■iPad mini!7インチタブレット市場にRetineディスプレイ搭載で登場するのかどうか?(2012年10月06日)

■MacBook Pro Retinaディスプレイモデルの魅力とiPad3をMacBook Air風に見せる方法(2012年06月23日)

■Retinaディスプレイ非搭載MacBook Air登場!悲喜こもごもの宴(2012年06月13日)

■あまりにも美しすぎるRetinaディスプレイと電子部品納入メーカー(2012年03月17日)

【Retinaディスプレイ】

Retinaディスプレイとは、AppleがiPhone4で採用したディスプレイのことである。元々、Retinaは「網膜」という意味の英語である。Retinaディスプレイの大きな特徴は画面解像度の高さにある。1ピクセルの幅が78ミクロンと肉眼では見えない程度に小型化され、画面サイズは従来のiPhone3やiPhone 3GSと同じ3.5インチのまま、960×640ピクセル、解像度326ppiと4倍以上の解像度を実現している。コントラスト比も従来比4倍で、より鮮明で深みのある色を表現できる。


【MacPeople 2012年10月55P】
『Retina』とは『網膜』という意味であり、文字どおり肉眼では構成するピクセルを認識できないほど細かいところから名付けられた。ピクセルを人間が裸眼で識別できるのは、一般的に200から300ppiとされており、『Retinaディスプレイ』はこれに肉薄するピクセルピッチを有することで、ドット感のない非常に滑らかな表示を実現している。


【ppiとは】
ppi(ピーピーアイ)とは、pixel per inchの略で、ビットマップ画像におけるピクセル密度(画素密度、pixel density)を示す単位である。画素密度とは、すなわち、画像を表現する格子の細かさを画素密度と呼び、一般に1インチあたりのピクセルの数を表す(1平方インチあたりではない)。ppiで表したピクセル密度のことを単にppiと呼ぶことがある。


早い話、1インチ(25.4ミリ)に326個のピクセルを並べたのがiPhone5と捉えていいかと思うが、人間が裸眼で認識できるのは200~300ppi程度。実に細かい数字だと思うが、どの製品にRetinaディスプレイが搭載されており、非Retinaディスプレイ製品はどれなの?というとマニア以外の方には今ひとつ分かりにくい。そこでMacintoshマニア御用達雑誌【MacPeople 2012年10月54P】から引用したのが、以下の表だ。【注意】表組みにつき携帯電話閲覧の方はこちらをクリック!

現行ゲンコウMacおよびiOSデバイスの解像度・ピクセルピッチ一覧表     
 パネルサイズ表示実寸パネル解像度アスペクトピクセルピッチ
 MacBook Air 11.6257×144mm1366×76816:9135ppi
13.3288×179mm1440×90016:10127ppi
 MacBook Pro 13.3288×179mm1280×80016:10113ppi
15.4332×207mm1440×90016:10110ppi
iMac  21.5476×268mm1920×108016:9102ppi
27597×336mm2560×144016:9109ppi
MacBook Pro Retinaディスプレイ15.4332×207mm2880×180016:10220ppi
Thunderbolt Display27597×336mm2560×144016:9109ppi
iPhone3G/3GS3.550×75mm320×4802:3163ppi
iPhone4/4S3.550×75mm640×9602:3326ppi
iPhone5450×89mm640×11369:16326ppi
iPad/iPad29.7147×196mm768×10243:4132ppi
iPad39.7147×196mm1536×20483:4264ppi


"MacBook Pro Retinaディスプレイ"というのは15.4インチのノートパソコンのことだが、iPhone→iPad→ノートPCと大きくなるにつれてppiは低下している。技術的な問題以外にもさまざまな要素が複雑に絡み合ってppiは決定されるようだが、正直、この3種類のうちどれが一番画面が綺麗なの?と聞かれても、分からないというのが正解に近いと思う。前述の通り、裸眼認識できるのは200ppi未満らしいから、それはそれで仕方のないことなのだろう。

【最新タブレット対決! Google Nexus7 vs iPad3 その使い勝手はどうなのか?】では、こう書いている。
Retinaディスプレイのためだけに購入する価値あり。青空文庫など活字だけの文章を見ていると、そのあまりの美しさにため息が出るほど。この画質に慣れると、他のタブレットは購入する気にならない。


なので今後続々とアップル製品にRetinaディスプレイが搭載されたら、これはもう買い換えるしかないか・・・・なんて思っているのだが、先日のau冬モデル発表会を見ていたら、なんとiPhone5の解像度326ppiを遙かに上回る製品がついに登場したので驚いてしまった。すでに皆さん先刻ご承知のことかと思うが、HTC J butterfly HTL21がそれだ。ちなみにその解像度はなんと440ppiとまさにぶっちぎり。以下の画像を見ると、あの美しいと形容されるiPhone5の画面をさらに上回る美しさを誇示しており、その大画面・機能や仕様を見ると、auのみならず今冬一番の目玉モデルといってもいいかもしれない。

20121022_htc_j_001


20121022_htc_j_002


となると、一体どこのメーカーがディスプレイを納めているの?ということになるのだが、Engadget海外公式サイトによると、シャープとジャパンディスプレイの2社供給体制であることが判明している。このディスプレイがIGZOなのかどうかまでは調べきれなかったが、いずれにしても現時点では最高級品のディスプレイであることは間違いないだろう。

前記事でも書いた通り、au iPhone5を購入している人はnano SIMカードをAndroidスマートフォンと共有するのはかなり難しいので、購入するのだったら新規またはMNP一括しか選択肢はないが、2013年3月末にはひょっとしたら大盤振る舞いで・・・・・との期待を抱かせるには充分すぎるぐらい。今度Kスタに行ったらじっくり見てこようと思う。

HTCの5インチ1080pディスプレイ搭載J Butterflyは日本市場のみ, しかし未来のNexus 5との噂も

今日の発表の席でHTCの人がThe Vergeに語ったところによると、J Butterfly自体は日本市場限定で、ただし1080pという狂気のディスプレイは今後の国際対応機にも搭載される。一つ知りたいのは、この最高級ディスプレイがGoogleのNexusに載るのか、だ。10月29日のニューヨークに、LGのNexus4が出現することはほぼ確実なようだが、しかし早くも噂は主張している: 今J Butterflyと呼ばれている機種はいずれNexus5になる、と。

さて最後に掲載するのは、先日行われたau冬モデル発表会における田中社長のコメント。孫社長とはまさに対照的だが、この実直な人柄を記事にした文章を読んでいたら、妙に親近感が湧いてきてしまった。

「超高速」LTEを充実 KDDIが打ち出すソフトバンク対抗策

2012/10/18 7:00

■「日本全国で75Mbpsを実現」

KDDIの田中孝司社長は、製品発表会のプレゼンテーションで、KDDIのLTEネットワークの優位性に多くの時間を割いた。

iPhone5を除く、今回発表した10機種で、KDDIはつながりやすいとされる800MHz帯の周波数に対応。2013年3月末までに実人口カバー率で96%を目標とする。12年10月末時点でも84%を達成する見込みで「日本全国で75Mbps(メガビット/秒)を実現する。垂直立ち上げで一気に広げる」(田中社長)と自信を見せた。

NTTドコモは都心部を除いて100Mbpsのサービスをスタートさせる予定を明らかにしているが、KDDIも13年以降に112.5Mbpsへの高速化を予定する。

さらにKDDIは、ピコセル(小型基地局)をLTEで世界で初めて導入し、きめ細やかに基地局を配置することで、つながりやすさと高スループットを実現していく。他社のLTEではユーザーがLTEから3G(第3世代携帯電話)エリアに移動するときに通信が5秒程度中断してしまう。KDDIのLTEでは、ネットワーク側でユーザーからの要求を事前に準備しておくことで、瞬時に切り替えが可能になるという。

「この技術を実現するには端末とネットワーク側の両方が準備できていないといけない。NTTドコモはネットワーク側だけが準備できており、端末はこれから。もう1社(ソフトバンクモバイル)はどちらも対応していないようだ」(田中社長)と、他社のLTEよりも技術面でリードしているとアピールした。

田中社長は「超高速をすべての人に提供したい。エリアの広がりは一気に他社を抜き、ナンバーワンだ」と語り、ユーザーに快適につながるLTEネットワークを構築していくことを約束した。(途中省略)

HTC J Butterflyは、夏モデルの「HTC J」が好調だったこともあり、日本市場に向けさらに徹底的に作り込みを行った。Androidの最新版4.1の実装や5インチのフルHDディスプレー搭載などスペック面の強化に加え、「夏モデルでユーザーから上がってきた不満点を徹底的につぶしていった」(HTC NIPPONの村井良二社長)という。「若者層を狙った機種だが、大画面で文字が大きく見やすくなり、画面のタッチもしやすくなり、年配層にも勧められる機種になった」(同)

KDDIとしては、HTC J Butterflyで携帯電話会社としての明確なメッセージを出して他社と差異化しつつ、GALAXY、AQUOS PHONE、ARROWS、OptimusといったNTTドコモで売られているブランドをそろえることで、NTTドコモからのMNP(番号持ち運び制度)による流入を狙う。(途中省略)

■iPhone5ではソフトバンクに「勝利宣言」

米アップルのiPhone5投入をきっかけに携帯電話会社間のLTE競争が過熱している。今回の田中社長からは、至る所でソフトバンクを意識した発言があった。

まずiPhone5に関して「社員全員の思いが結集して非常にいい結果になっている。誰とは言わないが最近騒がしい人に比べて、足元の数字で初戦は勝ったなという思い」と発言。“騒がしい人"であるソフトバンクの孫正義社長に「勝利宣言」をして見せた。

LTEネットワークに関して孫社長は「基地局の数」を武器に優位性をアピールしているが、田中社長は「基地局数が何局だと言っても意味がない。数はいくらでも作れるし、数で比較するのはちょっと違うのではないか。我々は品質を大事にしたい」と強調した。

ソフトバンクは2日前に米国の携帯電話第3位のスプリント・ネクステルの買収を発表したばかりだが、田中社長は「スプリントも含めて、もう1年も前から証券会社が持ち込む(買収対象の)企業リストに入っていた。自分たちはいったい何なんだろうと常に思い返し、この取引についてはお断りしてきたというのが現実だ」と切り捨てた。

孫社長はスプリント買収の効果として、端末や基地局の調達力向上を上げていた。これに対して田中社長は「いろいろ分析しているが、(スプリントを買収しても)直接的な効果はないのではないか」と冷ややかだ。「スプリントは我々と通信方式が一緒だが、ソフトバンクとは違う。周波数帯も日本とは違う。両社を足して端末をたくさん買って(価格が)決まるというものでもない。顧客に対して、何を価値として提供するかが重要だ」(同)

田中社長の今回のメッセージで一貫していたのが「携帯電話会社として顧客が望むことを提供していきたい」という強い思いだ。LTEネットワークでは超高速を実現していくと約束し、端末ラインアップではiPhoneだけでなくAndroidもほとんどのブランドをそろえた。

■「顧客が望むものにリソースを投入」

KDDIがフォーカスしているのは、海外携帯電話会社を買収して契約数を増やすのではなく、間違いなく日本のユーザーだ。

「ソフトバンクのように(企業規模が)拡大していくのは重要だと思うが、私自身は自分たちがどうするのかではなく顧客がどう考えているかを大事にしたい。顧客が本当に望んでいるものに、会社のリソースを投入しないといけない。私は、顧客から気持ちが離れると、企業はどこに行くのかわからないという考えを持っている」――。田中社長はソフトバンクへの見解を問われ、こう説明した。

孫社長によるスプリント買収は、規模が大きくメディアとしても大きく取り上げたくなる話題だ。資金を貸したい金融機関にとって喜ばしい話だし、孫社長を支持する株主にとっても夢のある話だ。日本国内に停滞ムードが漂うなか、リスクを取って果敢に世界に攻めていく孫社長の姿勢は応援したくなる。孫社長が目標として語っていた「生きているうちに世界一になる」という瞬間まで孫社長を取材し続けようと思ったほどだ。

しかし既存のソフトバンクユーザーから「そんな金を使うなら、一日も早くつながりやすくしろ」という意見が出るのも当然のことだ。田中社長の「顧客目線でやっていかないと、企業は存続できない。毎月料金をいただいているユーザーに対してお返しができない」という発言は、インフラを担う会社としてこれもまっとうな考えだ。

孫社長がスプリントの経営に参画したことが、日本のソフトバンクユーザーのメリットにつながるのかは未知数だ。例えば端末の調達コストが下がることを期待されているが、それもごく一部の機種に限られるだろう。今回の買収劇は、孫社長の自己満足という見方もあるほどだ。

ユーザーからすれば携帯電話会社がどこに出資して、全世界で契約者数がどれだけなのかは全く関係ない。自分の生活圏内でいつでもつながり、サクサクとストレスなくスマホを使えれば、それで満足が得られる。

田中社長は「(孫社長が)派手なのはいいと思うが、自分は性格が地味なので、そんなふうにやりたい」と謙虚な姿勢を見せた。それでも田中社長の「顧客が望んでいることに応える」という方針は、ユーザーの心に訴えかけるメッセージだったといえる。


Lancer2000lancer2000 at 20:49│コメント(8)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote