1位作りが社長の仕事

1位作りが社長の仕事

個人事業主から従業員数100名程までの経営者向けメールマガジンのバックアップブログです。

井上秀之の無料メールマガジン
「経営者のためのランチェスター活用術」の登録はコチラからどうぞ!


経営に役立つメールマガジンを発行しております。
登録は無料です。ぜひご登録ください。

vol.52:身につけるには繰り返しが必要

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「身につけるには繰り返しが必要」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


3月19日に滋賀県でランチェスターの
代理店をされている杉本税理士主催の
戦略社長塾OB会に参加しました。


数ヶ月前に学ばれた方から
2~3年経っておられる方も
いらっしゃったのですが、
基本的な所を忘れておられる
方が多かったです。


「経営の5大要因とは何か?」
という社長塾では1回目で絶対に
押さえて頂く大事な所です。


社長塾を受講された方は
思い出してみてくださいね。







答えは次の通りです。


1.商品
2.地域
3.業界・客層
4.営業
5.顧客維持


「商品」「顧客維持」等の
言葉だけなのですが、
復習しなければ当然忘れます。


日々、様々な事が起こりますし、
新しい知識も入ってきますので。


しかし経営の根本的な所は
頭の中に入れておく方が
瞬間瞬間の判断を間違う
可能性を減らしますので
記憶するまで何度も繰り返し
復習した方が良いと思います。


そういうこともあり、
ランチェスター経営(株)の
竹田先生は詳細な教材を
制作されてます。


昔は教材を売るのが苦手
でしたが、今は社長の
必需品と考えてますので、
気軽にお勧めしております。


話が教材販売の方に
行ってしまいましたが、
大事なものは記憶するまで
何度も何度も繰り返し学ぶべき
だと思っております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

私はフランク・ベドガーの
「私はどうして販売外交に成功したか」
http://goo.gl/fcZLHu
を50回以上読んでおります。

現在、書店に行けば営業関係の
本は溢れんばかりにありますが、
営業の根本はこの本であると
思っております。

時代が変われば営業ツールも
変わります。

しかし営業(販売)の根本は
50年前、100年前とも変わって
いないのではないでしょうか。

根本さえ外さなければHP、mixi、
ツイッター、フェイスブック、
チラシ、FAXDMなどの営業ツール
の使い方は何とかなるものだと
思います。

久々にベドガーさんの本を読もうっと。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年03月23日| コメント:0Edit

vol.51:社員は社員、社長は社長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「社員は社員、社長は社長」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社員をつかまえて、
社長になったつもりで頑張れ。と
仰る方がいらっしゃいます。


発破をかけるつもりだと思いたいの
ですが、まれに本気で仰る方も
いらっしゃいます。


残念ですが、それは無理です・・・


言いたくなることもあろうかと
思いますが、社員が社長になった
つもりで考えようとしても
できませんし、それを期待しても
がっかりするだけです。


会社の借り入れのために
ハンコも押してませんし、家を抵当に
しているわけでもありません。
毎月、経費や社員の給与を払うための
資金的な苦労もあまり感じたことは
ないのですから。


社員の能力をいかに伸ばし、
会社の今期目標をいかに達成
させるかは社長自らが考え、
組み立てていかざるを得ません。


苦労も多いですが、想定通りに
いった時の爽快感は社長だからこそ
味わえるのです。


経営には、社長ご自身が真正面から
取り組む姿勢を崩さないで欲しいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

4月を前に賃金のことでご質問を
受けることがあります。

細かい成果主義を入れようとする
よりも業界平均の1割位多めの
給与を払えるようになってくださいと
お伝えしております。

簡単でないのですが、細かい給与
査定等で悩む時間を、給与を下げずに
経常利益を上げるための思索に使って、
経営者、従業員、会社に係る人全てが
ハッピーになるような会社にして頂きたい
と思っております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年03月20日| コメント:0Edit

vol.50:細かいことの積み重ね

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「細かいことの積み重ね」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3月16日の日経MJにCoCo壱番屋の
記事がありました。


H27年2月まで既存店売上高が
17か月連続でプラスをしている
そうです。つまり消費税増税の
影響を受けなかったのですね。


その理由であろう経営者の
考え方が下記です。


「お客さんの使い勝手が良くなる
ように色々変えました。改装も
10年かけて段階的に進歩して
います。看板も照明もそう。
本当に細かいことの積み重ねです。
それをどれだけ継続できるかに
尽きる。そうせずに一発逆転を
目指すと価格に走る。最も
インパクトが強いけれど慣れるし、
伴う犠牲もたくさんあります。」


業績を上げる絶対の「魔法の杖」は
この世にはありません。


業績を上げるには今の仕組みを
より良く改善し続けることが
鍵となります。


お客様を中心にして、
より心地の良い、よりお役に立つ
お店・会社にしていくんだと
決心し、たゆまず活動し続けていくことが
会社を生き残らせてくれるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

随分温かくなってきましたね。

ここ3~4年何もなかったのですが、
鼻がムズムズしてきました。

今年は花粉症で苦労させられそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年03月19日| コメント:0Edit

vol.49:願望

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「願望」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

唐突ですが、将来こうなりたい!
という様な「願望」はお持ちでしょうか?


常々、最適な目標設定、その目標を
達成させるための戦略、教育訓練
戦術などを作り込んでいくことが
大事ですとお話し致しております。


戦略等の計算の領域から対極にある
人格的な話や願望系の話は
基本しないのですが、実際に
目標を達成させるエネルギーは
その人の持つ願望の強さが
大きく影響するものです。


勉強会にお越しの方に願望を
お尋ねしても明確に持っておられる方は
半分もいらっしゃいません。


願望がなくても戦略で業績は
良くできるのですが、
正しい戦略に加えて、熱い願望が
あれば、無い時と比べて圧倒的に
早く業績を良くすることが可能です。


願望を持ってください!と言っても
持てるモノではないことは
分かっております。。。


でも、願望を持っている人と
話をしていると、だんだんと願望が
芽生えてくることもあります。


時には無理矢理にでも、
自分は本当は心の底から
何をやりたいと思っているのだろうと
考えてみたり、腹の割れる友人と
願望をテーマに話し合ってみてください。


正しい戦略に願望が加われば
鬼に金棒です!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

書棚を整理していたら、10年程前に
購入した「成長するものだけが生き残る」
(上原春男著、サンマーク出版)
が出てきました。

http://goo.gl/TzQWVP

50か所ほど付箋を貼っており何度も読んだ本です。

81ページに
企業の利益は「お客さまの心地よさの度合い」と
あります。

忘れておりましたが、今一度
「心地よさ」という視点で商品・サービスの提供を
考えてみたいです。

お勧めの本です!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186

2015年03月18日| コメント:0Edit

vol.48:信用とタイミング

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「信用とタイミング」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎年3~4回、複合機の営業マンが
飛び込んでこられるのですが、
バタバタしているときが多く
「知り合いにお願いしてますので。」と
断り文句を言うと、「そうですか・・・」と
すぐにお帰りになります。


仕事柄、飛び込み営業が来られたら
話を伺う様にしております。


ただ、忙しい時は「その商品は知人に
任せてるから」という断り文句を言います。


すると、ほとんどがそのまま退出して、
その後一切連絡がなく終わり。


非常にもったいないです。


多くの断り文句は、まだあなたのことを
知らないから信用できない。
だから今は買わない(断る)ということです。


信用してもらえたり、タイミングが合えば
買うのです。


そして、タイミングは常に確認した方が
良いです。


複合機など5~6年使うものは
その間にコミュニケーションをしっかりと
取っている会社は少ないので、
交換時期の2~3年前から計画的に
1~2カ月に1回くらい営業をしていけば
取れることが結構あります。


2~3年と思って通っていたら1年ほどで
購入してもらえたという事例もそれなりに
あります。


信用し、タイミングが合えば
(もしくはタイミングを作れば)、
人は新しい業者からでも簡単に
購入するものです。


信用してもらえているか?
タイミングが合うまで訪問しているか?


営業マンにはこの2点を考えながら
行動してもらえば良いと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

昨夜、友人夫妻と3人で飲みました。

気兼ねすることなく、腹を割って
話せる関係って、やっぱり心地よいなぁ~
と感じました。

こういう関係を多くの方と築けると
日々楽しく過ごせますね。

腹を割れる関係を意識的に
作っていきたいと思いました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186

2015年03月17日| コメント:0Edit
Copyright © 1位作りが社長の仕事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます