1位作りが社長の仕事

1位作りが社長の仕事

個人事業主から従業員数100名程までの経営者向けメールマガジンのバックアップブログです。

井上秀之の無料メールマガジン
「経営者のためのランチェスター活用術」の登録はコチラからどうぞ!


経営に役立つメールマガジンを発行しております。
登録は無料です。ぜひご登録ください。

vol.47:時代は変化するもの

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「時代は変化するもの」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

時代は常に変化しております。


そのため、調子が良くても
同じことをし続けていれば、
いずれ時代の変化から取り
残されて業績が悪くなることが
当然のようにあります。


時代の変化に合わせて会社も
変化させていく必要があります。


可能であれば、年一回の決算書で
変化に気づく前に、人との会話や、
テレビ、本屋、雰囲気等から敏感に
気づくことができれば良いのですが。


仕組みを作って業績を伸ばそうと
日々、必死に経営し、数年かけて
それが機能し始めたころ、実は
変化していることもあります。


仕組通りに回ったから、と安心するの
ではなく、常に改善し続ける意識が
必要です。


変化はピンチでもありチャンスでも
あります。


変化がある事は良いことだと思って
経営をしている限りは、落ち着かずに
社会の動きにアンテナをはりめぐらせて
おいてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

今日で確定申告が終わりですね。

確定申告に携わられた方、
大変お疲れ様です。

今日終わったらゆっくりと
なさってください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186

2015年03月16日| コメント:0Edit

vol.46:基準を持つ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「基準を持つ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


毎週木曜日は倫理法人会に
参加しているのですが、
昨日は10年程前から存じ
上げている社長のお話でした。


様々な困難の中、結局は
ご縁を頂いた人の支援で
何とかやってきている。
多くの方々からの叱咤激励、
アドバイス等を参考に経営を
してきたおかげで今がある
と仰られました。


確かに先輩経営者のアドバイス
を受け、安定した経営をなさって
おられます。


ただ、それは経緯を少し知っている
私から言わせていただくと
良いアドバイスだったから、
良い結果が得られたのです。


もし、我々の定義する強者の
戦略で経営のアドバイスを受けて
それをそのまま実行されておられ
たら今の様にはなっていなかった
と思います。


現に、そういうアドバイスを
される方もいらっしゃいますし。



経営者は自分なりの基準を持つ
必要があります。


それがランチェスター法則から
導き出されたものでも良いですし、
他のものでも良いと思います。
(私は絶対的にランチェスターを
お勧めしますが・・・)


何にせよ、ご自身で何らかの基準を
持っていなければ、何人もの方から
アドバイスを受け、それらが矛盾して
いるものであったら、今日はあっちに
そして翌日はこっちのやり方でと
ブレブレの経営を行いかねません。


明確な基準を持ち、それを日々の
経営判断に活かして一貫した経営を
なさって頂くと、失敗しても原因が
特定でき軌道修正がしやすいのです。


「基準」を持つことは経営以外でも
大事ですよね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

常に100冊以上、積読してしまって
いますが、最近オーディオブックを
聞いております。

FeBe
http://www.febe.jp/

歴史や小説風戦略論等でしたら
スッと理解できるのですが、
ドラッカー先生などのきっちりとした
経営の本はちょっと理解がしにくい
です。

難しい内容は前後を確認しながら
じっくりと読むため、
やっぱり本が良いですね・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年03月13日| コメント:0Edit

vol.45:安売りでシェアをとるな

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「安売りでシェアをとるな」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


私たちは特定の領域で1位になり、
シェア26%を目指して下さいと
申しております。


この条件を達成すれば通常は
従業員一人当たりの利益が
業界平均の2~3倍出るからです。


そのはずなのですが、
時に出ない事があります。


従業員数が多かったり、
商圏が小さかったりする場合に
そうなります。


解決策としては1位を作った
商圏から周辺を更に営業して
いけば良いのですが、
問題は、それなりの商圏で
ありながら利益が出ない時です。


これは根本的に安売りを
しているときに見られる現象です。


自社だけが安売りをしているのか?
業界全体が安売りをしており、
そこに巻き込まれているのか?


実際には自社だけが安売りを
していることはまれで、
多くは業界全体が安売りを
している時です。


その時は、業界から撤退、
客層を変える、商圏を変える、
プラスアルファの商品・サービスを
加える等が必要です。


適正な値段で1位になり、
26%のシェアを取れる仕組み作りを
社長には目指して頂きたいです。


安売りでシェアを取ることは
最悪の結末を迎えます。


安売り合戦に巻き込まれるのも
ダメです。


そうならないように知恵を
しぼって頂きたいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

40歳になってから健康診査を
毎年3月に受けております。

今年もそろそろ行きますが、
去年は初めてメタボ予備群に
判定されました。

今年はどうなるのでしょうか・・・

去年のズボンきついです(;><)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186

2015年03月12日| コメント:0Edit

vol.44:弱者が連合だけしても・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「弱者が連合だけしても・・・」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


3月9日の日経MJ一面目に
ファミリーマートとユニーグループ
(サークルKサンクス)が
経営統合交渉を始めるとあります。


コンビニの3位(ファミマ)と
4位(サークルKサンクス)が
統合すれば売上ではローソンを
抜いて2位となり、店舗数では
1位となるそうです。


弱者同士が統合して
規模を拡大することにより
活力が生まれ発展していく
のでしょうか?


もしくは統合することにより
多くの不都合なことが起こって
衰退していくのでしょうか?



M&Aは強者の戦略です。


3位と4位はもちろん弱者の
定義にあてはまります。


原理原則に従うと
この統合は厳しい結果を招きます。


さて、どうなっていくのでしょうか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

競争の激しいコンビニ業界を
観察し続けることで多くの
ヒントや気付きが得られます。

たとえば、コーヒーの導入が
他のコンビニより遅かった
(確か最後発?)セブンが
なぜ一番売れているのか?

ドーナッツはどうなったのか?
イートインスペースは?

コンビニは多くの挑戦をして
います。

どの様な意思決定をしているかは
憶測や雑誌等でしか分かりませんが、
どこもが売上を上げたいと思い、
商品の導入、撤退を日々
繰り広げています。

コンビニの記事を見つけると
おっ、今度は何があったのかなと
ウキウキして読んでしまいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年03月11日| コメント:0Edit

vol.43:原則はシンプルだけど

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「原則はシンプルだけど」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


原理原則はシンプルですが、
それを使いこなすのは
簡単ではありません。


業績を上げるには、競争相手と
比べて、よりお客様のお役に
立つことができれば良いのです。


一度に複数の契約を結ばない
士業の方々は、なかなか比較
されにくいのですが、無料相談等を
行うことによって比較して頂ける
ことが可能です。


見込み客、お客様にとって
競争相手以上に役立つことを
体験していただく。


非常にシンプルであり、頭では
理解していながらできていない
のです。


もしかしたら難しく考えすぎている
のかもしれません。


時には難しいことを考えるのを
止めて単純に
当社の商品・サービスを
どこの誰に対して提供しようか。
それも競争相手よりも・・・
とシンプルに、しかし
「真剣にリアリティを感じながら深く」
考えてみてはいかがでしょうか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

昨夜は知人から交流会のお誘いを受けて
天満橋にあるオムライスが美味しい店へ
行きました。

洋食屋・大阪谷町のさっぱりオムライス
https://www.facebook.com/youshokuya.biz


オーナーシェフは明治軒で修業されて
4年ほど前にオープンされたそうです。

明治軒
http://meijiken.com/meijiken.html

毎週土曜日はここの近くに来ているのですが、
存在を知りませんでした。

オーナーのお人柄も良く、料理の味も美味し
かったです。

良い商品でも知らなければこの世に存在しないのと
同じという言葉を思い出しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年03月10日| コメント:0Edit
Copyright © 1位作りが社長の仕事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます