1位作りが社長の仕事

1位作りが社長の仕事

個人事業主から従業員数100名程までの経営者向けメールマガジンのバックアップブログです。

井上秀之の無料メールマガジン
「経営者のためのランチェスター活用術」の登録はコチラからどうぞ!


経営に役立つメールマガジンを発行しております。
登録は無料です。ぜひご登録ください。

号外:ワタリガニツアー参加者募集

募集 

平成27年2月5日(木)に「割烹松屋」の濱田憲司社長の経営戦略をお聞きし、その後、内子がたくさん入ったワタリガニのメスを食べながら経営の事を話し合うツアーを行います。

10882273_763875540358187_2887660525229235921_n

「割烹松屋」様HP
http://www.kappo-matsuya.com/

濱田社長が経営される「割烹松屋」様は創業されてから50年が経ちました。

多忙な方が少しの空き時間を見つけて自家用ジェットを飛ばして来店されたり、中国からアメリカへの商談途中にわざわざ関空で降りて店に立ち寄られる外国人の方もいらっしゃるほどのお店です。

料理は絶品ですが、それだけでは経営は成り立ちません。50年間お店を続けるには時代の変化に合わせて、商品を明確にし、客層を変化させてこられました。
 
濱田社長は10年ほど前に社長になられましたので、経済環境的にはあまり良い時代を過ごされませんでした。接待利用が激減し、高級割烹料理屋としての生き残りを模索し、大幅な経営改革をしてこられました。
 
商品、客層を明確にし、目標に向かって邁進している数年前、営業に来たある飲食コンサルから「あなたのやっていることはおかしい、間違いだ。そんなやり方をしたらすぐに潰れますよ!」と、ひどい言われ方をされたことも有ります。
 
飲食コンサルが指摘した「潰れる」やり方をしているにも関わらず、いまだに営業されておられる上に、素晴らしい客層の方々が来店されてます。
 
多くの老舗といわれる料理屋さんが潰れていっている中、どの様な対策を打って継続されているのか、成功したこと、失敗したこと、反省したこと等を隠し事なくお話しくださる勉強会です。
 
是非ご参加いただき自社の経営を変革させるきっかけを掴んでいただきたいと思っております。

【日時】
平成27年2月5日(木)

【スケジュール】
14:35  南海本線泉佐野駅改札(もしくは15時までに直接松屋様にお越しください)
15:00  松屋着、濱田社長からの事業体験ご発表および質疑応答、意見交換
17:00  食事
20:00  終了 
21:00頃 難波着 → 解散、自由行動。

【参加費用】
16,200円+お飲み物代(飲み物代は各自の精算となります)
濱田社長の事業体験発表料はご好意で無償です。
お店までの交通費などの料金は含まれていません。

【定員】12名(残3名)

【申込方法】
参加ご希望の方は下記にてご連絡ください。
http://goo.gl/q1P0Pt

このツアー、今回で5回目位になりますが、今までよりも質疑応答の時間を大幅に増やしますので、より突っ込んだ話に発展し有意義な時間をお過ごしいただけると確信しております。
 

2015年01月27日| コメント:0Edit

vol.14:経営の8大要因

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のキーワード
「経営の8大要因」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


前回は、成功事例の危険性について記載しました。
最後に、その必要性にも軽く触れておりましたが、
そのためには「経営の基本」をおさえる必要がある
と述べました。


では、経営の基本とは何かと申しますと、
幾つかありますが、今回は「経営を構成
している要因」について書きます。


竹田ランチェスターでは経営の構成要因を
下記の8つに分けております。


・商品
・地域
・業界客層
・営業
・顧客維持
・組織
・財務
・時間


他にも大事なモノはありますが、大まかには
この8つです。


言葉をかえますと下記の様になります。


・何を
・どこの地域の
・誰に対して
・どうやって見込み客を見つけて
 取引(購入)をして頂くか
・一度、取引いただいた方から
 再取引を頂くにはどうしたら良いのか
・そのための人員配置は?
・資金の配分は?
・時間の配分は?


この一つ一つに対して経営者は根本的な原則を
理解し、競争の法則に則って対策を打っていけば
業績の改善ができます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記


私は平成15年6月末日に8年強
お世話になった会社を退職し、
同年8月8日に社会保険労務士として
独立いたしました。

ただ、独立前から経営コンサルタントに
なりたいという思いがあり、
そのベースになるものを探していました。

色々と探した結果、これしかない!と
決めたのが竹田ランチェスターです。

経営の8大要因と実行手順の表をはじめ、
経営で何をやらなければいけないかが
非常に分かる内容だったのです。

竹田ランチェスターを学んで12年以上に
なりますが、経営者には絶対に学んで頂きたい
内容だと今も思っております。

竹田ランチェスターとは何かは
こちらをご覧ください。
http://www.lanchest.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年01月27日| コメント:0Edit

vol.13:成功事例をそのままマネない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のキーワード
「成功事例をそのままマネない」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


業績を上げる方法はいくつもあります。
・CS(お客様満足)の向上
・ES(社員満足)の向上
・業績手当の導入
・営業マン研修
・新商品の開発
・新規営業ルートの開拓
・数字の見える化
等々


社長自身の中に経営とは何なのか?
といった経営の全体像、基本を押さえていなければ、
根拠無く、この対策が有効じゃないかなぁ~。
知り合いの社長がこの対策を打って
業績良くなったから当社も導入しようとか・・・


そんな理由で取り組まれることが多々
あります。


しかし、その様な決め方は最悪です。


たとえ、知人の会社が良くなった対策でも
当社とはあらゆる面で条件が違います。


社員数も違えば、業界も違う、
地域がらも違う、顧客層も違う、
競争相手も違う、、、
全てが違っているのです。


根本的に経営を理解した上で、
今、当社が必要としていることは
何なのかを見極め、対策を打つ必要が
あるのです。


他社の成功事例は表面を真似るのでは
なく、何が本質(業績向上の決定要因)
なのかを見極め、当社に応用するには
どうすれば良いかを検討するモノでしか
ありません。


検討した結果、その対策を採用することも
あれば、採用しないこともあります。


事例研究は大いにすべきだと思いますが、
研究ポイントがズレていると
痛い目にあいます。


事例の恐ろしいところです。


とはいえ、事例には本当に多くの
ヒントがありますので、
経営の基本をおさえた上でドンドンと
研究していただきたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記

2店舗(来店と宅配)出店されていたお客さまが、
2つとも閉じて、商圏内で新たに1店舗出店されました。

賃料が大幅に下がり、粗利益額が6%落ちても、
利益は今までと変わりません。

せざるを得ない理由で移転されましたが、
この経費圧縮は今後の経営において大きいです。

当初、売上は落ちると思いますが、
半年もかからずに前年同月と変わらない
売上が見込めます。

スクラップアンドビルドを実施できる会社は
強いなぁ~と思いました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年01月26日| コメント:0Edit

vol.12:言葉の定義を明確に

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のキーワード
「言葉の定義を明確に」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


昨日のメールマガジンで、「戦略」の意味を
下記のように記しました。


「会社の目標を効果的に達成させる
全社的なやり方や仕組み作り」


しかし、著名な方々の戦略の定義は様々です。


・目標のことを意味していたり、
・経営で重要なことを意味していたり、
・方向性を意味していたり・・・


「戦略」という漢字二文字なんですが、
人によって定義がバラバラになっているのです。


「目標」と「重要なこと」は違いますし、
「目標」と「目標を効果的に達成させるやり方」も
全然違います。


意味が全く違うのに「戦略」という耳に慣れている
言葉であるがゆえに、自分が定義している内容に
置き換えて話を展開している。


何か噛み合わないなぁ~と思っても
脳の中で相手はこういうことを言っているんだろうなぁ、
と勝手に修正してしまう。



「営業」の定義も幾つか聞いたことがあります。
・押し売りをする。
・御用聞きに行く。
・お役に立ちに行く。


どの定義でも良いのですが、重要なことは
会社の中で同じように解釈できているかどうかなんです。


一致した解釈でないと、各人の定義で話し合い、
おかしいところは、脳内修正を行いながら
会話が進んでいってしまいます。


そして各人がチグハグな行動を起こしてしまい、
最悪な結果になってしまう。



耳に慣れている言葉、
戦略や戦術、経営理念、ミッション、
ビジョン、マーケティング・・・


改めて何気なく使っている言葉の定義を全社員で
確認してみても良いのではないでしょうか。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記


今朝は所属している会の幹事長の講話を
聞いてきました。


内容は「認める、ほめる、信じる」
今更と思う話の中に、実際にやることのむずかしさを
見出したり、反面、照れや相手の反応を気にしなければ
すぐに出来て、良い影響がすぐにでそうなことも
見出したり、実践の大事さを認識させられました。



経営と同じです。

知識はその気になれば、すぐに手に入ります。

後は、やるかやらないか?



その方が実践されたのは奥様に対して美点を
100個紙に書いて渡されたこと。


奥様の感想は・・・「微妙」とのこと(^^;


でも、その後は温かい家庭になったことと思います!
そう信じてます。


なかなか出来ないことをされた幹事長を尊敬します!


私もやろうかと考え中・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年01月23日| コメント:0Edit

vol.11:業績の良し悪しは社長次第

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のキーワード
「業績の良し悪しは社長次第」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

業績を上げるには、社長の戦略実力を
上げる必要があります。

営業マンの教育も必要でしょうし、
広告の見直しも必要かもしれません。

しかし、これら戦術を強化する前に
まずは社長の戦略実力を上げることから
始めなければならないのです。


会社の目標を効果的に達成させる全社的な
やり方や仕組み作りが「戦略」なのですが、
全社的に人員や予算を効果的に配分できるのは
社長しかいないのです。


社長以外の者がやろうとしても、
社長の目を気にしたり、資金の事を
気にしたりして、効果的な手を打とうとしても
鈍ることが多々あるのです。


やはり、全ての責任を負う社長自身が
戦略を立てるのが一番正しいのです。


戦略を立てるのが社長であるならば、
当然ながら、社長自身の戦略実力を
高める必要があるわけです。


日産を再生させたカルロス・ゴーン社長、
ハウステンボスを再生させた澤田社長、
いくつものホテルを再生させている星野社長
・・・


経営者が変わるだけで再生不能と思われた会社が
復活しているのです。


もちろん、しがらみがないから大幅な人員整理等
大ナタを振るえるというのもあります。


しかし、そういうものも含めて、やはり経営者としての
実力が高いから再生できるのです。


ということは、別に社長が変わらなくても
社長の経営者としての実力を高め、
行動していけば業績は良くなるのです。


与えられた条件の中で
どのような目標を立て、それを効果的に達成させる
全社的なやり方を構築し、現場で実行していくか。


社長が戦略実力を高めていけば、業績は上がりだします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記

編集後記というかお知らせですが、
ランチェスター戦略社長塾「原則編」の参加者を
募集しております。

既に4名の応募がありますので、
残りのお席は2名となっております。


メルマガではまだランチェスター法則などに
言及しておりませんが、、、

ランチェスターに興味のある方、
社長の戦略実力を高めたい方、
自社の経営を整理したい方、
業績向上のヒントを得たい方は
是非、ご参加ください。


詳細は下記をご覧ください。


http://blog.livedoor.jp/lanchesterosaka/archives/1018107021.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年01月22日| コメント:0Edit
Copyright © 1位作りが社長の仕事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます