1位作りが社長の仕事

1位作りが社長の仕事

個人事業主から従業員数100名程までの経営者向けメールマガジンのバックアップブログです。

井上秀之の無料メールマガジン
「経営者のためのランチェスター活用術」の登録はコチラからどうぞ!


経営に役立つメールマガジンを発行しております。
登録は無料です。ぜひご登録ください。

vol.84:割引するなら工夫を!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「割引するなら工夫を!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は割引に対しては否定的ですが、
もしするのならば効果的なものを
考えてみて下さい。


2002年にANAが行った
「50人に1人が無料」という
割引キャンペーン
http://goo.gl/xihc7J


割引をするならば
こういった工夫を
こらして頂きたいです。


50人に1人が無料!って、
言われたら、高確率で
当たるかも!と思って
しまいませんか?


このキャンペーンだけで
実際にどれだけ増客に
なったかは分かりませんが、
他社を利用していた方から
同社に数多く流れてきた
事は下記のANA社長インタビュー
から推察できます。


https://goo.gl/T8o7Ui
「2002年3月期を振り返って」


「50人に1人無料にする」
ということは実質の割引は
2%にしか過ぎないのです。


2%の割引でありながら効果の
高い集客。


割引をするのならばこの様な
工夫を凝らして頂きたいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

5月17日に大阪都構想の
住民投票があります。

私は大阪市民ですので、
投票の権利があるのですが、
未だに内容が良く理解できず、
最終的に賛成、反対どちらに
するか分かりません。

思想が似ている方たちと
話しても賛成派、反対派に
分かれます。

新聞、ネット等で調べられるのも
あと数日。

我々はもとより我々の子供達
にも大きくかかわってくる
大事な投票です。

大阪市民の方は自分自身で
調べて賛成か反対かの意思表示を
すべきだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年05月13日| コメント:0Edit

vol.83:割引した場合の計算

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「割引した場合の計算」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日は割引の弊害をお伝えして、
極力割引はしないで下さいと
お伝えしました。


様々な弊害がある中で直接的に
恐ろしいのが、利益の低下です。


例えば、1000円の商品を
定価で売った場合と15%の
割引をして売った場合を考えます。


A.定価で売った場合

売  上 1000円
原  価  500円
粗 利 益  500円
一般経費  300円
営業利益   200円


B.15%の割引で売った場合

売  上  850円
原  価  500円
粗 利 益  350円
一般経費  300円
営業利益   50円


たった15%の割引で
営業利益が200円から
50円つまり1/4(25%)に
下がってしまうのです。


そして、この15%の割引で
お客様がどれほど集まる
のでしょうか?


定価で1人に販売した時と
同じだけの営業利益を稼ぐ
には4人に販売しないと
いけないのです。


15%の割引で4倍もの集客が
可能でしょうか?


割引して集客を考えるので
あれば、その後リピーターに
なってもらうための対策を
きっちりと作っておく必要が
あります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

昨日のランチェスター実践会には
草津市からご参加いただきました。

非常に熱心な方です。

この方とのご縁は滋賀でランチェスターの
代理店をされておられる杉本税理士
なんですが、やはり人とのご縁で
事業は広がっていくのだなぁ~と
感じられます。

経営戦略という計算の領域と
人格や縁という様な人間的な領域、
この二つを高めていく様に日々
行動していく必要があると
つくづく感じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年05月12日| コメント:0Edit

vol.82:割引の弊害

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「割引の弊害」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

集客方法は幾つかありますが、
そのうちの一つで「割引」を
打ち出すことがあります。


美容室や飲食店の方が
ホットペッパー等の媒体を
利用されますが、そこでの
割引率は50%を超える事も
あるようです。


会社側は本来、そんな割引を
したいとは思っていないにも
関わらず、お客様が集まらない
から割引クーポンを発行して
集めようとしているわけです。


いつの時代もそうですが、
それだけ集客が難しいという
ことなのです。


ただ、安易な割引は絶対に
避けるべきです。


割引の弊害は非常に大きいです。
・利益率が下がる
・工夫しなくなる
・モチベーションが落ちる
・先行投資ができなくなる
・定価で購入したお客様の
 心象が悪くなる
・定価で購入するお客様が減る
・割引の時にしか来ない
 お客様ばかりになる


他にも様々ありますが、もし
実施するなら計算をきっちりと
行った上ですべきものです。



集客のための安易な割引は
止めてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

GWは妻子が先に妻の実家に
帰っており、3日後に私が
迎えに行きました。

3日しか経っていないのに、
子供の顔が違って見えたんです。

さらに甥っ子も4カ月前から
比べると、えっ!いつの間に
こんなに大きくなったん?
という程見違えってました。

子供って日々大きく成長して
いるんですね。
毎日、見ていると違いは分かりませんが、
たった、3日、4ヶ月で目を見張る程
変わっています。

でも、これは子供だけではなく、
大人もそうなんでしょうね。

大人の場合は、外見ではなく中身。

一日一日を真剣に生きているか、
そうでないかで1年後、2年後に
大きく変わっていると思います。

一日一日を大事に過ごさないと
いけないと気付きを得たGWでも
ありました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186

2015年05月11日| コメント:0Edit

vol.81:客数の増加を考える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「客数の増加を考える」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日、売上の公式を
下記の様に記載しました。


売上=客数×単価


我々は経営の目的をお客様作り、
お客様作りにつながる1位作りに
おいておりますが、これらを
追求した結果、売上が上がる
ことになります。


その売上を上げる公式は
単純な式ですが、考えなければ
ならない要素があります。


客数は、下記の二つに分けられます。
1.当社を利用頂いていない方に
  利用していただく新規顧客の開拓。
2.一度、ご利用いただい方に再度
  ご利用いただくためリピーター対策。


この二つは、やり方が全然違いますので、
別々に考える必要があります。


リピーターの中に含まれますが、
利用頻度を高める対策も可能であれば
考えて頂きたいです。


1.新規開拓の方法
2.リピーターを増やす方法
3.利用頻度を高める方法


この3つも社長が真剣に取り組む
仕事となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

ご存知の方もいらっしゃいますが、
私は福島区倫理法人会に所属
しております。

昨日のモーニングセミナーでは
弁護士の西中務先生が講話して
下さったのですが、通常40名
前後の参加者が今回は144名の
方にご参加いただきました。

これは100人セミナーと謳って
参加者を募集するのですが、
朝6時30分から開始するため、
なかなか参加者を集めにくいもの
です。しかし、中心的な方が
真剣に参加を呼び掛けていった
結果、通常より100名も
多くの方が参加されました。

やはりここから見えてくる
ことは人、組織が真剣に
目標を達成しようと努力すると、
結果に繋がるということです。

もちろん、今までの人間関係も
あります。しかし中途半端な
呼び掛けでしたらこれほどには
反応しなかったと思います。

人は、真剣さに動かされるのだなぁと
感じたモーニングセミナーでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年05月08日| コメント:0Edit

vol.80:当社を選ぶ真の理由

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「当社を選ぶ真の理由」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会社が存続していくには粗利益が
必要です。


人件費や事務所賃料、交通費等、
毎月かかる経費分の粗利益がないと
会社は持ちません。


借入金がある会社は税金を支払い
その後のお金で元金の返済を
行いますので、粗利益として
経費+税金+借入元金の合計額が
必要です。


これらの計算を行えば、
毎月必ず必要な粗利益額が
見えてきます。


粗利益の大本は売上です。


売上の公式は下記の通りです。


売上=客数×単価


売上を増やすには
「客数の増加」もしくは
「客単価のアップ」が必要です。


客単価のアップは今の客層が
離れることもありえますので、
どちらかと言えば、まずは
「客数増加」の対策を考えて
ください。


客数を増加させるには、
今のお客様が当社を利用される
真の理由を知る必要があります。


同業他社ではなく、当社を
選んでいる理由です。


この理由が明確にならなければ
効果的に客数を増加させることが
難しいです。


多くの同業者がいるにも関わらず
当社を利用して下さる「真の理由」
これを明確にする仕組み作りは
社長の仕事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編集後記

皆様GWはいかがでしたか?
私はGWの前半は仕事、後半は妻の
実家へ。


GW前後の仕事が詰まっていたことも
あり、引越から2週間経っても
部屋は段ボールだらけ・・・

新築の賃貸のためネット回線等も
工事が必要のため繋がらず。

今年の年始にスマホを水没させたのを
きっかけにガラケーにしたために
(ちなみに妻もガラケー)全くネットに
繋がらない状況。

文明の利器に振り回されているのが嫌で
ガラケーにしたものの、やはり便利さを
体験し馴染んだ後に、それをなくすと
不便しか感じない事を実感。

やはり人は一度体験(知って)してしまうと
後戻りできないのでしょうね。。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年05月07日| コメント:0Edit
Copyright © 1位作りが社長の仕事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます