1位作りが社長の仕事

1位作りが社長の仕事

個人事業主から従業員数100名程までの経営者向けメールマガジンのバックアップブログです。

井上秀之の無料メールマガジン
「経営者のためのランチェスター活用術」の登録はコチラからどうぞ!


経営に役立つメールマガジンを発行しております。
登録は無料です。ぜひご登録ください。

vol.5:根性・努力ではなく、正しいやり方で

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のキーワード
「根性・努力」ではなく「正しいやり方」で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

安定成長の時代には根性・努力が業績向上に
寄与しておりました。


しかし、今日のような激動の時代には根性・努力は
不要とは申しませんが、それよりも「正しいやり方」の
実践に重きをおく必要があります。


根性・努力は思考停止になりやすいのです。

逆にいえば、思考停止しているから、根性・努力に
頼るのです。


そうではなく、正しいやり方で経営していく必要が
あるのです。


正しいやり方は、仮説→行動→検証→仮説修正→
行動→検証・・・の繰り返しによって導き出します。


特に最初の「仮説」の立て方がポイントです。
(後々メルマガでお伝えいたします)


仮説を立てる際に過去の成功体験は加味しません。
お客さま、競争相手の動き、経済環境の情報を収集した上で、
目標を達成するには当社は何をすれば良いのか?で仮説を
立てるのです。


この考えで経営していきますと、今までのやり方に
とらわれなくなります。


根性・努力を良しとする経営者は変化に対応できず、
今までのやり方を深堀していきます。

場合によっては、ツライことは良いことだ!
とさえ思っていらっしゃる経営者もいます。


安定・成長の時代は、過去の延長線上で行動して
いっても結果はでてきました。

しかし、今はそうではないのです。

過去にとらわれずに変化させていくことが業績向上に
つながるのです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記

年が明けてから2週間。

52分の2が過ぎました。

年齢を重ねるごとに時の経つ早さに
驚かされます。

何に時間を使うのかを真剣に考える必要に
迫られてきました。


1月11日にお参りした
吉田松陰先生に影響を受けております(^^;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年01月14日| コメント:0Edit

vol.4:変えてはならないもの、変えなくてはならないもの

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のキーワード
「変えてはならないもの、変えなくてはならないもの」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「不易流行」という言葉があります。

本来の意味は辞書などでお調べいただくとして、
簡単に説明しますと「時代が移っても変えてはならないものがあり、
他方、時代とともに変えていかねばならないものがある」という
ところでしょうか。

経営の場合の変えてはならないものは何でしょうか?
また、変えていかなければならないものは何でしょうか?


会社の存在価値そのもの(何のために存在しているのか)に
直結するものは変えてはならないもので、存在価値を高める
「あらゆるもの」は変え続ける対象になります。

そして存在価値の有る無しの判断は、お客さまからの視点が
基準となります。

お客さま視点で存在価値を高め続けることが会社が生き残るために、
また業績向上のために大事なことなのです。


・どこの、誰に、具体的にどういったことでお役に立っているのか?
・それを加速するために変えなければならないことは何か?


これらを具体的に考え、会社を変え続ける必要があるのです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記

1月10日、11日とランチェスター経営(株)の新春戦略セミナーで
山口県へ行ってまいりました。

日本陸軍創始者の大村益次郎生誕の地や
日本最初の天満宮である防府天満宮
更には、吉田松陰先生を祀っておられる松陰神社、
日本陸軍の基礎を築いた山形有朋公生誕の地等をめぐり
最後は竹田陽一による「戦略とは何か」の講演で
締めくくられた充実の二日間研修でした。

様々な刺激やアイデアをいただきました。

今回得られた内容はメルマガでも随時お届けいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186

2015年01月13日| コメント:0Edit

vol.3:目的次第

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のキーワード
「目的次第」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランチェスターをご存知の方で
「ランチェスターって地域を絞ることですよね」
と仰る方が結構いらっしゃいます。

多くの場合、「結果的」に絞ることになるのです。

絞ることが目的ではなく「1位」を作るために、
結果として「絞る」という選択になってしまうことが
多いのです。


しかし、時には地域を広げることもあります。
これも「1位」を作るために結果として
「広げる」という選択をしたということです。

「目的」達成のためにどうするかだけなのです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記

メルマガをご覧の方に文章がカタイ!
士業の人が書く文章ですね。といわれました・・・

はい。私は社労士の資格もちなんで「士業」です。

指摘いただいたので、
読みやすいように書こうとしましたが、、、

やはり、すぐには変えられませんでした。
気長にお待ちくださいませ。


今後も色々とアドバイス頂けると嬉しいです。
宜しくお願い致します!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年01月09日| コメント:0Edit

vol.2:取扱商品がもたらす価値は何ですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のキーワード
「取扱商品がもたらす価値は何ですか?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


お客さまはお金を払って、新聞や、おにぎり、生命保険、
コンサルティング・・・を購入されます。

そして、それらを通して何らかの「価値」を得られます。

たとえば、
新聞だったら、単なる紙ではなく、情報を。
おにぎりだったら、コメの塊ではなく、満腹を。
保険だったら、証券ではなく、安心を。
コンサルだったら、単なる言葉の羅列ではなく、問題解決を。


情報、満腹、安心、問題解決。


お客さまはこれらの価値を求めており、
それを得るために商品を購入されるのです。



私たちは商品・サービスを通して
何を提供しているのでしょうか?


答えは簡単に出るかもしれません。



本当に考えるべきは、
その答えとお客さまが真に求めている
価値なのかが一致しているかどうかです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記

昨日の昼過ぎ、保育園から子供が
38.8度の熱があると妻に連絡があったようです。

インフルエンザかと思いましたが、
検査の結果、大丈夫でした。

インフルエンザ流行っているみたいですね。
お気をつけください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186

2015年01月08日| コメント:0Edit

vol.1:1位作り

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のキーワード
「1位作り」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社長の仕事は多々あれど、
「1位」を作ることが一番重要な仕事です。

会社は利益を出さなければ倒産してしまいます。

利益はお客さまが自社の商品・サービスを
購入することによる売上からきます。

お客さまが自分の大事なお金をだして購入するのは、
お客さまにとって一番都合の良い商品・サービスだけです。

そのため社長の一番重要な仕事は、お客さまが
選びたくなる何かで「1位」を作ることなんです。

ただ「1位」といってもお客さまの状況によって
「1位」は変わります。

たとえば夕食を食べるとき・・・
・10分しか時間がないとき
・大事な得意先と商談を兼ねてのとき
・忙しくて昨夜から何も食べずに腹が減っているとき
・学生時代の友人と食べるとき


それぞれの場合で選ぶ店が変わります。

各状況のときに、頭に思い浮かぶお店は
おそらく3店舗ほどではないでしょうか。

そしてその中から一番都合の良い店(1位の店)に
行くことになります。

このように状況に応じて1位の店は変化するのです。


だからこそ社長は意識的に、
誰の、
どういう状況の時に、
どう利用していただくのが、
一番都合の良い店になるのか、
を見極め「1位」として認識してもらえるように
磨きをかけ続ける必要があるのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記

遅ればせながら、
明けましておめでとうございます!


去年の11月29日に友人のSNS活用セミナー、
3週間後にメルマガ発行のためのコンサルを受けて、
ようやく発行できました。うれしー。

つたない文章はご容赦ください。

今後ともよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:ランチェスター経営大阪
http://www.lanche-osaka.com/

井上秀之Facebook
https://www.facebook.com/hideyuki.inoue.186
2015年01月07日| コメント:0Edit
Copyright © 1位作りが社長の仕事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます