中小零細企業経営者のためのランチェスター活用術

中小零細企業経営者のためのランチェスター活用術

個人事業主から従業員数100名程までの経営者向けメールマガジンのバックアップブログです。

井上秀之の無料メールマガジン
「経営者のためのランチェスター活用術」の登録はコチラからどうぞ!


経営に役立つメールマガジンを発行しております。
登録は無料です。ぜひご登録ください。

vol.550:しつこさ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今日のキーワード
「しつこさ」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

先週土曜日に、所属している会で
「キリンビール高知支店の奇跡」の
田村潤さんに講演して頂きました。


1時間30分、熱心にお話しして下さり、
私はスタッフでありながらも、ずっと
メモを取り続けました。


本当に素晴らしい内容で参考になる、
考えさせられる内容ばかりでした。


次回以降のメルマガでも書いていき
ますが、私が大事だなと思ったのが、
送別会の時に「しつこかった」と
多くの社員さんに言われたという
ことです。


相当「しつこかった」ようです。


ただ、その「しつこさ」が社員の本気
を生み、代表的苦戦地域の高知支店の
シェアをアサヒから奪い返し、その後
四国、東海等のシェア奪取に繋がって
いったのです。


以前、私が勤めていた会社の創業者も
常に同じことを仰ってました。


その時は、また同じ話かと思っていた
のですが、従業員に身につけさせる、
当たり前にさせるには、しつこく言い
続けることが大事なのです。


もちろん、表現や事例を変えていった
方が良いのですが、社長は本質や原理
原則を言い続けなければならないのです。


大事なことを「しつこく」仰ってますか?


以前言ったから「もう良いか」「もう
分かっているだろう」と思い込んで
おられませんか? 


人は忘れる生き物です。


「しつこく」言い続けることは社長の
大事な役目の一つです。
2017年10月03日| コメント:0Edit

vol.549:小さくまとまって終わるな

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今日のキーワード
「小さくまとまって終わるな」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

ランチェスターと言うと「絞り込み」
や「捨てる」というイメージが強い
ため、何か新しい事をやることに躊躇
される方がいらっしゃいます。


1位になるための手段として「絞り込み」
や「捨てる」があるだけなので、1位が
できた会社は次の展開としては拡大したり
新たな関連分野に挑戦していくことも当然
ありです。


小さくまとまることを私たちはお勧め
しているわけではありません。


まずは「1位」を取ることに執着して
欲しいだけなのです。


小規模や部分で「1位」を取った経験を
された後は御自身や会社の可能性に挑戦
して、より大きな夢・目標を実現して
いって頂きたいと思っております。


そのためにも弱者の戦略と強者の戦略を
理解し、使い分けてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年09月26日| コメント:0Edit

vol.548:粘り強く


【戦略社長塾】
 原則編11月30日(木)~開催します!
  http://preseminar.com/jukugen291130

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今日のキーワード
「粘り強く」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

竹田ランチェスターでは「○○の□ヶ条」
というのがありますが、その中の一つ
「中小企業の成功戦略13ヶ条」に
「これで1位になると決めたら簡単に
 あきらめるな。当初思っていた期間
 の、2倍から3倍は続けてみよ」と
いうのがあります。


竹田ランチェスターを学ばれて、成果
を出しておられる社長を見ております
と「粘り強い」です。


それも誰もができるようなことを粘り
強くされます。


例えば、ハガキです。


私たちは顧客維持でハガキを出すこと
をお勧めしております。


簡単に出す方法、継続できる方法も
お伝えしておりますが、2~3カ月
で止められる方が結構多いです。


2カ月も出せばお客様から良い反応を
頂ける経験も出てくるので、ハガキの
効果を実感することができます。


にも関わらず、様々な理由でハガキを
出すのを止められる方が非常に多いの
です。


1位になるには、お客様との関係を
積み上げていく必要がありますが、
途中で自ら「切る」ような行為をして
しまうのは経営資源の無駄遣いになり
ます。


時間や経費がかかる割に効果がないと
分かれば「見切る」ことも大事ですが、
面倒だからと止めるのはもったいない
話です。


1位になることを決めて、そのための
経営の仕組みを作ったならば、簡単に
諦めず淡々と継続していって頂きたい
と思います。
2017年09月12日| コメント:0Edit

vol.547:学びから何を経営に取り入れるのか

【戦略社長塾開催】
 原則編11月30日(木)~開催します!
  http://preseminar.com/jukugen291130

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今日のキーワード
「学びから何を経営に取り入れるのか」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
毎週火曜日18時~20時に戦略社長塾
応用編を開催しております。


9月5日に6回シリーズの地域戦略が
終わりました。


竹田ランチェスターを良くご存知の
方でしたら地域戦略=陶山訥庵先生
のイノシシ全滅作戦ですよね。


350年ほど前に対馬住民が困っていた
イノシシを全滅させたお話です。


現在、再度イノシシの被害が出てきて
いるものの有効な対策が打てていません。


350年前のトップの方が決断力と実行力
があったわけですね。


やり方を知っているのに、その時代以上
に技術は発達しているのに被害の対策を
打てないのです。


経営を良くするやり方は書籍や講演会
で学ぶことができますが、結局はその
内容を自社に活用できているかどうか
が大事なのです。


一度に会社の仕組みを変えるのは簡単
ではないかもしれません。


しかし、日々競争相手以上に見込み客、
お客様にとって良い会社に変わって
いかなければ、生き残って行くことが
難しい時代です。


学びを経営に取り入れ、より良い会社に
なり業績を上げていって頂きたいです。


本や新聞、セミナー、経営者同士の会話
様々な所からヒントを得られていると
思いますが、貪欲に経営に取り入れて
いっておられるでしょうか?
2017年09月08日| コメント:0Edit

vol.546:諦めさせるな

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今日のキーワード
「諦めさせるな」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

最近、社長以外の方と話す機会が増え
てきておりますが、会社、社長に対し
て「諦めている」従業員が想像以上に
多いと感じております。


社長は、自分自身が従業員のやる気を
削いでいるとはまったく思っておらず、
逆に従業員のために様々な制度の整備
や仕組みを作って「オレ頑張ってる!」
と思っていたりします。


仕事を頑張りたいと思っている従業員
は、どの会社にも統計的にですが2割
はいます。


にも関わらず、その2割の方のやる気
までもが削がれている事をナンバー2
やナンバー3の方から聞きます。


上司は部下を見抜くのに3年かかる
が、部下が上司を見抜くのは3日も
かからないと言われたりもします。


社長の言動が一致しなければ、また
従業員の事を考えていないと見抜か
れれば、声を上げずにサボるという
形で反抗をします。


サボらずに頑張っている方も多いので
すが、そういった方は自身の中で一定
の基準を持ち、それを超えたら一顧だ
にせず退職願いを出されます。


厳しさや賃金の低さ、労働時間の長さ
はほとんど関係ありません。


会社、社長の事を信じさせているか?
裏切られたと思われていないか?
従業員の気持ちを踏みにじっていないか?


これからの時代、社長と従業員が真に
幸せになれる労働環境を考え、作る事
が社長の仕事として必須です。

2017年08月31日| コメント:0Edit
Copyright © 中小零細企業経営者のためのランチェスター活用術 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます