1位作りが社長の仕事

1位作りが社長の仕事

個人事業主から従業員数100名程までの経営者向けメールマガジンのバックアップブログです。

井上秀之の無料メールマガジン
「経営者のためのランチェスター活用術」の登録はコチラからどうぞ!


経営に役立つメールマガジンを発行しております。
登録は無料です。ぜひご登録ください。

ワタリガニツアー 平成30年冬のご案内 3月22日(木)開催

募集 

定期的に開催しておりますワタリガニツアーを今年も行います。

「割烹松屋」の濱田社長の経営戦略をお聞きし、その後、内子がたくさん入ったワタリガニのメスを食べながら参加者同士で経営の事を話し合うツアーのご案内です。
 
 course02_p1
 
 
「割烹松屋」様HP
http://www.kappo-matsuya.com/
  

濱田社長がランチェスター法則応用の弱者必勝の戦略を

学ばれてから既に10年を超えてます(今も学ばれてます)。


バブル崩壊後、接待の激減、デフレ、日本食離れ、
外食・中食の充実、仕入れの難しさなど高価格の料理屋さんを
取り巻く経営環境は厳しいものでした。

 

この環境変化に対応しようと多くは、仕入れ先や材料、
更には客層や
利用用途を変え、価格を下げ、生き残りを
かけて様々な変革を行いました。

しかし、
思うような成果を得られず多くの店が閉店しています。

濱田社長が二代目として経営される「割烹松屋」もバブルが
崩壊し、その対策に一所懸命奔走されてたお父様が
お亡くなりになられてからの経営は厳しいものがありました。

どう立て直していけば良いのか分からず、多くの料理屋が

選んだ道(安売り、ランチ主体、葬儀屋への仕出し等)に

一旦は経営の舵を切られました。

しかし、途中でこのままでは上手くいかないと感じ、
舵を逆に切りました。

商品が持つ本当の価値を改めて認識し、その価値を磨き、

理解していただける客層にアプローチした結果、

苦しみは伴ったものの経営は改善され業績が伸びたのです。

今も様々な環境変化が起こっています。

環境が安定することは有りません。


常に会社のあらゆる事を変化させ、対応していっておられます。

こうすれば絶対に儲けられる!
残念ながらそんなものはありません。

ありませんが、市場で生き残り続けられる経営の原理原則は
あります。

それが競争の法則とも言われた「ランチェスター法則」応用の
弱者必勝の戦略です。

このツアーでは、濱田社長の体験談をお聞き頂いた上で、

その場で直接質問ができます。

原理原則に沿った経営とはどういうものなのか?

どういう対策を打てば良いのかが分かる時間になると
確信しております。

差別化の有効性、業界の常識とは反対側に行くことが

「利益」につながることを実体験された濱田社長から

成功したこと、失敗したこと、反省したこと等をお聞き頂き、

ご自身の経営を変革させるきっかけの時間として頂きたい

と思っております。


【日時】

平成30年3月22日(木)

【スケジュール】
14:35  南海本線泉佐野駅改札
    (もしくは15時までに直接松屋様にお越しください)
15:00  松屋着、濱田社長からの事業体験ご発表
      および質疑応答、意見交換
17:00  食事
20:00  終了 
21:00頃 難波着 → 解散、自由行動。

【食事メニュー】

錦コースを予定しております。

http://www.kappo-matsuya.com/menu.html

(別のコースが良い方は仰ってください。)

【参加費用】

16,200円+お飲み物代(飲み物代は各自の精算となります)

別コースを選ばれた方は16,200円がコースに応じた値段になります。

濱田社長の事業体験発表料はご好意で無償です。

お店までの交通費などの料金は含まれていません。

【定員】10名

【申込方法】

参加ご希望の方は下記にてご連絡ください。

(ご質問もこちらかお願いいたします)


https://goo.gl/rxMbxr

2018年01月31日| コメント:0Edit

vol.575:目標達成のための構成要因は?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今日のキーワード
「目標達成のための構成要因は?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

目的・目標を効果的に達成するために
は、それを構成している要因を明確に
する必要があります。


例えば、竹田ランチェスターでは経営
を8つに分けています。


商品、地域、業界・客層
営業、顧客維持
組織、財務、時間


そして一つ一つを競争相手、お客様を
考慮しながら作り込んでいきます。


漠然と経営を捉えてしまうと最適な
解決策を見出しにくいですが、構成
要因を明確にすることで課題の設定、
解決方法の決定ができます。


年始や年度初めに目標を立てますが、
大事なことは、それを達成するための
要因は何なのかを明らかにし、各要因
の達成方法を考え、日々の行動に落と
し込むことです。


既に今年も1/16、つまり6.3%を使って
しまいました。


改めて各要因、達成方法を確認し、日々
行動と振り返り、修正をする事によって
着実に目標達成を成し遂げて頂きたいと
願っております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年01月23日| コメント:0Edit

vol.574:大変化の時代

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今日のキーワード
「大変化の時代」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
長時間労働をお勧めしておりますが、
これは社長に限ってです。


従業員は労働基準法に沿った働き方で
あるのは当然です。


社長は会社が持つ人、モノ、金、時間
で目標を達成する戦略や仕組みを作ら
なければならないのです。


現在、働き方の価値観が多様化し始め
ています。


仕事への意欲も人それぞれです。


そして、AIが仕事に入り込み、大きく
影響し始めるのは もう間もなくです。


従業員の仕事への接し方が画一的では
なくなり、様々な価値観が生まれる中、
それでも「1位」を目指さなければなり
ません。


それを苦しみと捉えるか、楽しみと捉え
るかは社長次第ですが、どの様な変化が
来るかを予測し、どういう対応を取るか
を考える時間が必要です。


社長の長時間労働は今後も必要です。


そして、ただ長い時間会社にいるだけ
ではダメで、質の良い時間を過ごす為
にも研究課題を明確にしておく必要が
あります。


これからの3年、5年、「1位」を取るため
に何をしていきますか?


競争相手、お客様、自社、仕入先、経済
環境・社会環境の変化、これらを考える
時間を定期的に予定に入れ込んで下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年01月22日| コメント:0Edit

vol.573:目標には固執する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今日のキーワード
「目標には固執する」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
目標を達成するために戦略を作ります
が、一度作ったからといってその戦略
に固執する必要はありません。


固執するのは目標であり、1位作りの
目的です。


戦略は柔軟に変えて頂いて良いのです。


弱者の立場にある会社は「差別化」が
大事です。


自社よりも強い所が同じようなことを
してきたら、今までの戦略を変えるの
は当然なのです。


固執、執着して良いモノと朝令暮改し
て良いモノがあります。


目標達成のためには会社の経営資源を
どう活用すれば良いかを考え、場合に
よっては大幅な変更をすることも必要
です。


頑なさは感情で生まれる事が多いです。


感情は大事ですが、戦略は感情(特に
「負」の感情)を抜きにして作って頂き
たいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年01月18日| コメント:0Edit

vol.572:バランス

【1パーセント倶楽部】
火曜日AM6:45~、随時見学受付中です。
http://www.preseminar.com/onepercent

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今日のキーワード
「バランス」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
業績を良くするには最終的には戦術を
行う必要があります。


戦略ばかりをお伝えしているので戦術
を軽視をしていると思われる事もあり
ますが、そんなことはありません。


火曜日の1パーセント倶楽部は戦略の
話がメインでありながらも、具体的に
なると当然「戦術」の様々な話題が出て
きます。


戦略か戦術かではなく、どちらも大事。


ただ「戦略の失敗は戦術では補えない」
という言葉があるように、より大事な
のは戦略であり、間違えたら致命傷に
なりかねないということです。


経営はバランスです。


業績が良くなるバランス(ウェイト付)
はどういったものかを考えて、常に経営
を行って頂きたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年01月17日| コメント:0Edit
Copyright © 1位作りが社長の仕事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます