中小零細企業経営者のためのランチェスター活用術

中小零細企業経営者のためのランチェスター活用術

個人事業主から従業員数100名程までの経営者向けメールマガジンのバックアップブログです。

井上秀之の無料メールマガジン
「経営者のためのランチェスター活用術」の登録はコチラからどうぞ!


経営に役立つメールマガジンを発行しております。
登録は無料です。ぜひご登録ください。

vol.518:コントロールできるところに意識を集中

【絶対おすすめ】
ランチェスター経営(株)主催
陶山訥庵先生のお墓参りと現地セミナー
http://www.lanchest.com/tirasi/nakamura1.pdf

【セミナーのお知らせ】
戦略社長塾「応用入門編」のご案内
https://goo.gl/tm4RN6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「コントロールできるところに意識を集中」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


目には見えませんが、市場における
企業間競争では、二乗作用が働いて
います。


この事を社長が理解できているか否か
で経営の打つ手が変わります。


経営では偶然の産物で素晴らしい商品
が開発されたり、取引がはじまったり
する事もありますが、弱者は二乗作用
の回避を自分の意思で行っていくこと
が必要です。


偶然、二乗作用を回避できている場合
は、その環境が無くなった時に無策に
なりかねません。


経営は偶然性によるところも大きいで
すが計算できるところ、コントロール
できるところは意識的に行っていくと
いう考えが必要です。


結果がどうなるかは誰も分かりません。


社長ができる事は、求める結果を得る
ために計算し、コントロールできる事
は徹底的に意識的にコントロールして
いくことです。


コントロール出来ることと出来ない事
を理解し、出来る領域に社長の戦略を
含めた経営資源を投入されておられる
でしょうか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お知らせ1】
ワタリガニツアーを3月30日(木)に開催します。
https://goo.gl/CVYXED

【お知らせ2】
無料経営相談を承っております。
お気軽にご連絡ください。
2017年03月16日| コメント:0Edit

vol.517:資金調達はお客様から

【絶対おすすめ】
ランチェスター経営(株)主催
陶山訥庵先生のお墓参りと現地セミナー
http://www.lanchest.com/tirasi/nakamura1.pdf

【セミナーのお知らせ】
戦略社長塾「応用入門編」のご案内
https://goo.gl/tm4RN6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「資金調達はお客様から」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


会社は、お金がなくなれば倒産します。


中小零細企業のお金の調達方法は主に
下記のものです。


1.社長個人のお金を入れる
2.銀行からの借入金
3.売上


事業を正常運営していくには売上から
お金を得ていかなければなりません。


売上はお客様からしか生まれません。


そのため、会社はお客様に当社の商品、
サービスを購入して頂くために何をし
ていけば良いのかを考える必要がある
のです。


会社のお金が減ってくると社長は自分
のお金を入れたり、親族や銀行から
借りようと必死になられます。


しかし、本来やらなければならないの
は、お客様が当社の商品・サービスを
購入して下さるために我社は何をする
べきなのかを考え、実行していくこと
です。


お客様が当社の商品・サービスを購入
してくださるために、まだまだやれる
事がないかを探すのは社長の仕事です。


毎日とは言いませんが、週に一度は
このことを考える時間を取って頂き
たいと思っております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お知らせ1】
ワタリガニツアーを3月30日(木)に開催します。
https://goo.gl/CVYXED

【お知らせ2】
無料経営相談を承っております。
お気軽にご連絡ください。
2017年03月15日| コメント:0Edit

vol.516:競争は必要

【絶対おすすめ】
ランチェスター経営(株)主催
陶山訥庵先生のお墓参りと現地セミナー
http://www.lanchest.com/tirasi/nakamura1.pdf

【セミナーのお知らせ】
戦略社長塾「応用入門編」のご案内
https://goo.gl/tm4RN6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「競争は必要」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


同業他社と差別化して頂くように申し
ておりますが、それは極力、競争の中
に会社をおかないためです。


競争は会社を疲弊させます。


競争がなく各社が得意な分野で最大の
経営資源を投入し、お客様だけに注力
できれば、より良い商品・サービスが
提供できるように思います。


競争が無ければ、当社の存在価値を極
めていけるように思えますが、実際は
そうなりません。


競争がなければ、進化、革新が生まれ
難いのです。


競争を避けようとするがゆえに、現状
に安心せず常に進化していけるのです。


競争の発生しない収益の上がる領域を
見つけても、いずれ競争になる可能性
が高いです。


であるからこそ、常に今以上の商品・
サービスを提供しよう、工夫しようと
思い続けることができるのです。


競争を避けようとする考えが、倒産を
避けることになり、成長を促すことに
なるのです。


競争は疲弊を生みますが、成長や新た
な市場も生み出してくれるのです。


競争の無い環境を求めつつも、そうな
らないことを受け入れ、感謝したいも
のです。


もちろん競争に敗れて倒産などになる
ことは絶対に避けて下さいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お知らせ1】
ワタリガニツアーを3月30日(木)に開催します。
https://goo.gl/CVYXED

【お知らせ2】
無料経営相談を承っております。
お気軽にご連絡ください。

【お知らせ3】
バックナンバーはこちらから
http://blog.livedoor.jp/lanchesterosaka/

2017年03月14日| コメント:0Edit

vol.515:合理性を追求してはならないところ

【絶対おすすめ】
ランチェスター経営(株)主催
陶山訥庵先生のお墓参りと現地セミナー
http://www.lanchest.com/tirasi/nakamura1.pdf

【セミナーのお知らせ】
戦略社長塾「応用入門編」のご案内
https://goo.gl/tm4RN6

SBT認定3級講座 3/18 大阪開催
http://www.sanri.co.jp/sbt_school/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「合理性を追求してはならないところ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


私たちは限られた経営資源でも市場で
生き残るために効果性を求めていきま
す。


これは合理的な経営をすることになる
のですが、そんな中で合理性を求めて
はならないところがあります。


それは、お客様と接するところです。


客層を絞り込むことは良い事ですが、
選んだ客層、お客様に対しては合理性
という考えを入れてはなりません。


どうすれば選んだ客層、お客様が喜ん
でくださるかを基準に経営の仕組みを
考えていく必要があります。


合理性を追求する面と、考慮に入れて
はならない面があります。


社長は、この区別をしっかりと理解し、
経営に確実に反映していかなければな
らないのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お知らせ1】
ワタリガニツアーを3月30日(木)に開催します。
https://goo.gl/CVYXED

【お知らせ2】
無料経営相談を承っております。
お気軽にご連絡ください。
2017年03月13日| コメント:0Edit

vol.514:ウェイトに沿った経営を

【絶対おすすめ】
ランチェスター経営(株)主催
陶山訥庵先生のお墓参りと現地セミナー
http://www.lanchest.com/tirasi/nakamura1.pdf

【セミナーのお知らせ】
戦略社長塾「応用入門編」のご案内
https://goo.gl/tm4RN6

SBT認定3級講座 3/18 大阪開催
http://www.sanri.co.jp/sbt_school/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「ウェイトに沿った経営を」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


竹田ランチェスターでは、経営を構成
する要因を明確にし、更にそれぞれに
ウエイト付けをしております。


これにより、優先度および限られた経営
資源の配分基準が明らかになります。


算出結果は下記のようになります。
営業関連対策・・・53%
商品対策  ・・・27%
組織対策  ・・・13%
資金対策  ・・・7%


人とお金は13%、7%となっております。


しかし、20名超規模の会社の社長が頭
を悩まし、仕事時間の半分以上を投下
されているのがこの2つであったりし
ます。


従業員から仕事の報告を受けることは
重要な仕事なのですが、退職の相談と
いう名の愚痴やかまって欲しいだけの
時間に多くをとられている社長も結構
お見受け致します。


組織ですから人間としての成長や人間
関係を良くすることは必要です。


しかし、そこに適正配分以上の時間を
とられては、お客様作りがおろそかに
なり組織自体の存在が危ぶまれること
にもなりかねません。


経営の構成要因とウェイト付けを頭に
いれて日々経営をなさって頂きたいと
思っております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お知らせ1】
ワタリガニツアーを3月30日(木)に開催します。
https://goo.gl/CVYXED

【お知らせ2】
無料経営相談を承っております。
お気軽にご連絡ください。

【お知らせ3】
バックナンバーはこちらから
http://blog.livedoor.jp/lanchesterosaka/
2017年03月09日| コメント:0Edit
Copyright © 中小零細企業経営者のためのランチェスター活用術 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます