vol.505:厳しさを避けていないか|中小零細企業経営者のためのランチェスター活用術

中小零細企業経営者のためのランチェスター活用術

個人事業主から従業員数100名程までの経営者向けメールマガジンのバックアップブログです。

vol.505:厳しさを避けていないか

【絶対おすすめ】
ランチェスター経営(株)主催
陶山訥庵先生のお墓参りと現地セミナー
http://www.lanchest.com/tirasi/nakamura1.pdf

【セミナーのお知らせ】
戦略社長塾「原則編」「応用入門編」のご案内
https://goo.gl/tm4RN6

SBT認定3級講座 3/18 大阪開催
http://www.sanri.co.jp/sbt_school/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のキーワード
「厳しさを避けていないか」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


社長の方針通りに従業員は行動して
いらっしゃいますか?


会社の経営資源を最大限に活かすには
社長及び全従業員が一方向に向かって
各人の役割を果たしていくことが大事
なのです。


もちろん「お客様」が作れる方向に向
かわなければならないのは前提ですが、
正しいかそうでないかは結果が出る迄
わかりません。


ただ目標達成するために社長は戦略、
仕組み作り、教育訓練を行い、従業員
は現場で社長の方針に従った戦術を
行うことが必要なのです。


多くの会社様を見て思うのが、社長の
方針と従業員の行動が一致していない
ところが相当数あるということです。


こうなる理由は様々ですが、最近感じ
ることは社長が従業員に対して厳しく
接するのを避けているのではないかと
いうことです。


今の時代は厳しくすれば「パワハラ」
と言われることがあります。


しかし、組織の力を最大限にするには
社長の方針に沿った行動を全従業員が
とる必要があるのです。


厳しくであれ、ほめるであれ、重要感
を持たせるであれ、どんな手段をとろ
うとも社長の方針通りに従業員が行動
できるようにするのが社長の役目です。


従業員の人生を預かっていると思い、
相手の成長を本音で望んでいるのでし
たら、厳しくすることは有っても良い
と思います。


もちろん「厳しさ」が必要ではなく、
「行動」が必要なのですが、必要以上
に「厳しさ」を避けておられる社長が
いらっしゃるので敢えて言及しており
ます。


厳しさ、優しさ、気配り等さまざまな
接し方を駆使して何としてでも目標を
達成していただきたいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お知らせ1】
ワタリガニツアーを3月30日(木)に開催します

2017年02月24日| コメント:0Edit

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © 中小零細企業経営者のためのランチェスター活用術 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます