vol.546:諦めさせるな|中小零細企業経営者のためのランチェスター活用術

中小零細企業経営者のためのランチェスター活用術

個人事業主から従業員数100名程までの経営者向けメールマガジンのバックアップブログです。

vol.546:諦めさせるな

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今日のキーワード
「諦めさせるな」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

最近、社長以外の方と話す機会が増え
てきておりますが、会社、社長に対し
て「諦めている」従業員が想像以上に
多いと感じております。


社長は、自分自身が従業員のやる気を
削いでいるとはまったく思っておらず、
逆に従業員のために様々な制度の整備
や仕組みを作って「オレ頑張ってる!」
と思っていたりします。


仕事を頑張りたいと思っている従業員
は、どの会社にも統計的にですが2割
はいます。


にも関わらず、その2割の方のやる気
までもが削がれている事をナンバー2
やナンバー3の方から聞きます。


上司は部下を見抜くのに3年かかる
が、部下が上司を見抜くのは3日も
かからないと言われたりもします。


社長の言動が一致しなければ、また
従業員の事を考えていないと見抜か
れれば、声を上げずにサボるという
形で反抗をします。


サボらずに頑張っている方も多いので
すが、そういった方は自身の中で一定
の基準を持ち、それを超えたら一顧だ
にせず退職願いを出されます。


厳しさや賃金の低さ、労働時間の長さ
はほとんど関係ありません。


会社、社長の事を信じさせているか?
裏切られたと思われていないか?
従業員の気持ちを踏みにじっていないか?


これからの時代、社長と従業員が真に
幸せになれる労働環境を考え、作る事
が社長の仕事として必須です。

2017年08月31日| コメント:0Edit

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © 中小零細企業経営者のためのランチェスター活用術 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます