2016年06月27日

宇都宮の人気レトロ系ラーメン店 中華料理 岩手屋@宇都宮 栃木ラーメン

花の季さんの冷し中華を求めて、宇都宮に行きました。もう1軒時間がありましたので、老舗の岩手屋さんに立ち寄ることにしました。

resize3742

もうこのレトロな外観に、うっとりするらんちばです(笑)。

resize3741

お昼時、外まで待ち客が溢れていました。さすが、宇都宮の老舗店です。

resize3740

「小さいお子様は(3才→)お断り致します」の文字が。なかなか手強そうですよ。営業時間は、10:00→3:30とお昼だけです。

resize3743

駐車場は、お店の2軒隣の共用駐車場内に数台分ありました。車がいっぱいで分からなかったので、らんちばは、少し離れたところにあるコインPに止めて歩きました。2分くらいでしょうか。


BlogPaint

店内はテーブル席のみで、基本相席です。フロア担当の方が2名と、厨房には4名の方、計6名で切り盛りされていました。チャーハンを作り続けている音が店内に響きます。こちらのお店は、麺類に半チャーハンを付けるのが定番のお店のようです。とても活気があります。

resize3744

こちらが、メニュー表です。手ぶれの写真、見にくくてすみません。ラーメン定食 半チャーハン付900円は決定です。タンメンはありますが、ちゃんぽんはありませんね。他に気になるところは・・・ありました!セロリーメンです。これは、珍しいです。

resize3746

こちらが、ラーメン650円(単品の価格)です。

resize3751

ご覧ください。この美しいビジュアルを!油分きらめく醤油スープに、赤い縁取りのチャーシューが映えています。

スープは動物系と思われます。油分もそれなりにあり、お出汁感もあります。レトロ系ラーメンらしさも随所に感じます。しょうゆダレは、塩味が効いた感じです。

resize3752

麺は、細ストレート麺です。啜り甲斐もあり、噛み心地もいいですね。

resize3753

そして、こちらが注目のセロリーメン920円です。

resize3749

トッピングには、セロリと白菜のあんかけがかかっていました。椎茸とシメジ、お肉も入っていました。餡はそれほどきつくなく、適度なとろみです。この餡がスープに溶けて甘みを加えるので、深みが出ますね。

resize3750

短冊形に切られたセロリは、それほどセロリセロリしておらず、セロリが苦手な(笑)らんちばでも、抵抗なくいただくことができました。ラーメンブロガーたるもの、多少の苦手は覚悟の上。珍しいメニューがありましたらチャレンジするのみです(笑)。

resize3754

こちらが、半チャーハン400円(単品価格)です。さすが、ほとんどの方が食べている名物チャーハンだけあって、とても美味しくいただくことができました。このラーメン定食900円は、満足できるものですね。

resize3748

宇都宮のレトロ系ラーメン店岩手屋さん、とても充実したお店でした。

lanciba at 04:33コメント(1)トラックバック(0)栃木 

2016年06月26日

地元の方に愛されるお店 喜多方食堂 麺や 玄@佐倉JR 千葉ラーメン

JR佐倉にある、喜多方食堂 麺や 玄さんに行きました。オープン以来3回目の訪問になります。

resize3784

駐車場はお店の前と、

BlogPaint

第2駐車場があります。車で行っても安心です。

resize3782

広々とした店内は、カウンター席とテーブル席、小上がり席があります。スタッフは5名で切り盛りされていました。

玄さんは、喜多方と浅草、佐倉の3店舗あります。あと悪麺友keiさんが訪れたお店も関連があるようです。http://blog.goo.ne.jp/sehensucht/e/1bf242d62d177603ec7475a08daf71cd

規模からすると、チェーン店と個人店の中間くらいの感じですかね。

resize3769

玄さんのメニューはなかなか充実しています。

resize3759

3つのこだわりが書いてあります。

其の壱 スープは「水」からつくる。

其の弐 ”蔵のまち”喜多方が生む、蔵出しの「醤油」と「味噌」。

其の参 加水率43%喜多方の熟成麺は、「ヘルシー多加水麺」。

ということです。

resize3760

数量限定で、極太平打ち麺もあります。

resize3770

メニューは、蔵出し醤油らーめんのまったりと、すっきりがあります。こちらが基本のラーメンですね。

resize3763

以前は無かった、佐倉分店限定の佐倉上タンメンがあります。これは、気になるメニューですね。

resize3764

この他に、朝塩らーめん、梅塩らーめん、多加水つけ麺、きたかタンタン麺があります。

resize3765

サイドメニューが個性的で、本鮪丼と半鮪丼、半ねぎとろ丼があります。

resize3762

浅草 鬼のからあげもあります。

resize3767

焼豚チャーハンと納豆チャーハンがあります。全体として、なかなか魅力的な構成となっていますね。

resize3768

こちらが、蔵出し醤油らーめん こってり 600円です。

resize3778

丼の表面を覆った背脂が目を惹きますね。玉葱のトッピングも印象的です。

resize3779

スープをいただいてみます。醤油味の優しめの味わいに、背脂が上手くコクを加えています。選択した極太平打ち麺も存在感のある麺です。以前あっさりをいただいたときは、ちょっと物足りなさを感じましたが、こってりはその点を補っていました。

resize3781

こちらが、朝塩らーめん650円です。

resize3776

スープの炊きあがりから2時間のみ提供可。淡麗な中にもコクのある喜多方独特の塩らーめん。

と書いてあります。

微白濁スープに背脂、レモンがアクセントになっていますね。醤油らーめんとは趣が違う1杯です。

resize3777

resize3780

こちらが、人気の半鮪丼350円です。

さすがに人気メニュー、美味しくいただきました。

resize3775

浅草 鬼のからあげ 並500円もいただきました。鬼というだけあって、大きな丸いからあげはボリュームがありました。

resize3774

全体として、よく考えられた構成になっていると思いました。家族連れやグループなど、地元の方にはいい選択肢ではないかと思いました。

lanciba at 05:30コメント(0)トラックバック(0)佐倉市 

2016年06月25日

創業25年にして初!の冷し中華を求めて 自然派ラーメン 花の季@宇都宮 栃木ラーメン

resize3718

突然ですが、宇都宮の花の季さんに行きました。

resize3735

らんちばが全国で食べ歩いたラーメンの中でも、最もお気に入りのお店の一つです。

「土からテーブルまで」、自給自足で作り上げられる1杯のラーメン。野菜はもちろん、小麦までお店の畑で作っておられるとのこと。らんちばが理想のトッピングだと思っている、お野菜が主役のラーメンがいただけるお店なのです。

resize3730

過去の記事はこちらです。

http://blog.livedoor.jp/lanciba/archives/51156824.html
http://blog.livedoor.jp/lanciba/archives/51911717.html

resize3731

resize3736

駐車場はお店の脇に広大なスペースがありますが、それもすぐに埋まってしまうような人気のお店です。

resize3738

BlogPaint

今回の遠征の目的は、ずばり、冷やし中華です。

resize3734

何と、花の季さんがオープンして25年、今年初めて冷し中華を提供することになったという情報を得たからです。毎回お野菜の美味しさに感動する、花の季さんが初めて作った冷やし中華です。これを食べないわけにはいきません。

resize3733

入口を入ると、待ち合いスペースがあります。壁面を眺めてみますと、ありました!冷やし中華の張り紙が!!

resize3726

天井が高く広々とした店内です。中央にある大テーブルのカウンター席に案内されました。メニュー表も形状は変わっていましたが、内容はそれほど変わっていません。昔ながらの中華そばは、以前なかったように思われます。

resize3709

基本のバカうまラーメンです。

resize3710

resize3711

サイドメニューは、人気のチェンピンや餃子などがあります。

resize3712

付け出しとして出てくるお野菜も花の季さんならではです。カブの浅漬けですね。

resize3714

冷し中華を注文して、いよいよご対面です。胸がドキドキしてきました。

resize3708

こちらが、数量限定 冷し中華880円です。

resize3718

ご覧ください、この堂々としたビジュアルを。ただ、思っていたよりトッピングはオーソドックスです。トマト、キュウリ、椎茸、カブ、錦糸玉子、蒸し鶏、カボス?です。

resize3719

それでは、まずタレをいただいてみましょう。こちらも、思ったよりオーソドックスなものです。ザ、冷やし中華と言ったお味です。それでも、酸味や甘みが程よく、バランス良く仕上がっています。椎茸がいい仕事をしていますね。トマトやきゅうりはみずみずしいです。

resize3720

自家製の中細麺は、滑らかで啜りやすい麺です。麺量は多めです。ちょっと期待が先行していた感がありますが、バランスの良いよくできた冷やし中華でした。

resize3721

こちらが、昔ながらの中華そば780円です。

resize3715

小ぶりの丼に盛られた中華そばは、オーラを放っています。これは、ただものではないですよ!トッピングは、なるとを中心にチャーシュー、青菜、メンマ、海苔、ねぎです。これぞ、中華そば、といった佇まいです。

resize3716

スープをいただいてびっくりしました。鶏主体の動物系スープだと思われるのですが、その旨味に驚きました。甘みを感じる醤油ダレ、黒胡椒がアクセントになって全体を引き締めています。これは、好みど真ん中ストライクの味わいですよ!

縮れた麺がまたよい仕事をしています。スープを良く絡めとり、ずずっと啜ると幸せな時が訪れます。自家製麺自体も美味しいです。チャーシューも良い出来です。全く隙の無い、レベルの高い1杯に大満足です。

resize3717

こちらが、花の季さんのメインである、バカうまラーメンのハーフラーメン580円です。

resize3722

和風豚骨のスープですが、そんなに濃厚ではなく、サラッとしているけれども旨味がしっかりあります。お聞きしたところ、豚骨と魚介ベースで、中華そばに比べると鶏の量は少な目と言うことでした。まろやかで甘みがあって、何とも言えない口どけの良さがあるスープです。

resize3723

こちらの麺は、縮れの無いストレート麺ですが、つるっとしていてもちっとしています。さすがの自家製麺です。一体、何種類の麺を作っておられるのでしょうか。

何年経っても色あせないお味、そういった印象をもちました。やはり、らんちばは、花の季さんが大好きです。

resize3724

相変わらず接客も良く、店内も清潔です。気持ちよく食事をすることができました。5人の方で切り盛りされていました。平日にも関わらず、お客さんは途切れることなく次々と訪れます。さすが、栃木を代表する名店です。

lanciba at 06:54コメント(0)トラックバック(0)冷し中華栃木 

2016年06月24日

とうもろこし白湯が登場! 鶏そば 凜@佐倉JR 千葉ラーメン


resize3702

JR佐倉にある、鶏そば 凜さんに行きました。

resize3707

この日の目的はこちらです。

*本日の限定*

「冷製豊潤鶏そばサラサもろこし君」(とうもろこし白湯)


何とこの1杯、ご主人さんでは無くて、素敵な女性店員さんが全て作られたものだそうです。フルーツラーメン系列に属する創作ラーメンに、初チャレンジと言うことだそうです。これは、楽しみですね!

ちなみに、サラサとは、とうもろこしを差し入れしてくださったご常連さんのお名前だそうです。

resize3706

こちらが、「冷製豊潤鶏そば サラサもろこし君」(とうもろこし白湯)1,100円です。

resize3702

ぽったりとした冷製スープに、彩りのお野菜ととうもろこしのトッピング。ご主人さんの創るフルーツラーメンに負けていないビジュアルですよ!

resize3703

それでは、ぽったりとしたスープをいただきます。うん、これはいいですね!とうもろこしの甘み、旨味をしっかりと閉じ込めたスープが、口中で花開きます。

塩味と醤油味があるということでしたが、ワガママを言って塩味で作っていただき、後から醤油を加えて味の違いを知ることができる様にお願いしました。

後半、醤油を投入すると、これまた一味違った甘さと風味が顔を出し、こちらもありだなぁ、と唸らせるものがありました。醤油の方が、格調高い感じもしますね。(個人的感想です。)

resize3704

平打ちの極太麺に絡みつく、冷製とうもろこし白湯の誘惑。これはもう、フルーツラーメンと言ってもいいくらいの甘さ、旨さ、塩味を感じます。ずるずると啜りあげると、幸せな時間が訪れます。あっという間に完食してしまいました。

resize3705

創作ラーメン店凜さん、恐るべし。ご主人さんの創作意欲が、しっかりと店員さんにも伝わっておられるのですね。このレポートを書いているうちにも、もう一度食べたくなってしまいました(笑)。これからも、凜さんのフルーツ系ラーメンから目が離せそうもありません。

lanciba at 06:01コメント(0)トラックバック(0)佐倉市 

2016年06月23日

お子さん連れにも優しい二郎インスパイア系の新店 【新店】 ら〜めん コジマル@茂原市 千葉ラーメン

茂原市八千代にできた新店、コジマルさんに行きました。

resize3686

駐車場はお店の前3台と、道路を挟んだ向かい側6台分あります。車で行っても安心ですね。お店の前の方が若干止めづらいので、苦手な方や大きなお車の方は、お向かいの駐車場に止める方が止めやすいと思います。

BlogPaint

resize3700

6月11日オープン。三日後に訪れました。

resize3684

新店らしく、新しい外観です。お祝いのお花が綺麗ですね。新店のオープンする雰囲気は、きりっとしていていいなぁ、といつも思います。

resize3685

営業時間は、11:00〜麺・スープ無くなり次第終了です。ということでした。定休日はこの日の時点では分かりませんでした。


現在の営業時間をネットで調べて見ましたら、ホームページhttp://kojimaru.jimdo.com/に次のように載っていました。

11:00〜15:00
18:00〜22:00※麺、スープ無くなり次第終了

日曜日
11:00〜15:00

ランチ営業、日曜営業

定休日 月曜日

resize3688

店頭に、〜ご案内〜が掲示してありました。

小学生以下のお子様がいるお客様は、事前予約で、個室をご用意できます。
ご予約の際は、スタッフにお声かけ頂くか、又は電話にてご予約承ります。
※並ばずに入れます※

これは、画期的なシステムですね!小さいお子さんを連れてラーメン店には入りにくいもの。ましてやG系のお店となると余計にハードルは高いです。このシステムなら、安心してお食事ができますね。らんちばは、この張り紙を見た瞬間から、コジマルさんはいいお店だな、と思いました。

らんちばももう15年も前ですが、赤ん坊を背中にくくり付けてラーメン店を回ったものです。あの頃は、大変だったと今でも思います。

resize3689

イタ車の中でオープン時間を待っていると、女性の方が、声を掛けに来てくださいました。ちょっとした配慮ですが、嬉しいものです。真新しい暖簾をくぐって店内に入ります。

resize3687

店内は、左側にカウンター席と小上がり席があります。右側には個室があるようです。ミドル世代のご主人さんと奥様で切り盛りされていました。明るくていい雰囲気です。

resize3690

入口左手に券売機があります。上から、ら〜めん、味噌ら〜めん、まぜそば、台湾まぜそば、和風油そば、煮干しつけ麺、煮干し中華そばがあります。限定ボタンがありますが、こちらだけはまだ提供されていません。

オープン4日目にして、これだけのラインナップをそろえて提供するのは大変だと思います。すごいですね。G系メインのお店ですが、煮干中華そばなどもあり、幅広い層に受け入れられそうなメニュー構成だなと思いました。

resize3691

素敵な奥様の明るくきびきびとした接客がいいですね。意気込みが伝わってきます。

煮干し中華そばやまぜそば、和風油そばなども気になりましたが、初訪問ですので、基本のら〜めんを注文しました。

こちらが、ら〜めん750円です。

resize3694

ビジュアルは、G系、二郎インスパイア系のものですね。お野菜のキャベツ率は高そうです。微乳化のスープに背脂が浮いている感じです。

resize3693

それでは、いただきます。微乳化のスープを、大きめの背脂が補う感じでコッテリ感を演出しています。カネシ醤油を使用した醤油ダレは、それほど濃くはありません。飲みやすいスープだな、という印象です。

resize3695

自家製の麺には、こだわりが感じられます。なるべく新鮮な状態を保つように気を配っておられるそうです。ごわっとした麺は、食べ応えがあります。表面のざらつき具合もいいですね。この麺は、らんちばの好みです。

お野菜もたっぷりで、天地返し(二郎系の用語で、スープに浸かっている麺をお野菜の上に引きずり出して、お野菜をスープに浸す作業)をしてもお野菜が全部隠れないくらいでした。麺をがっつり食べたい方は、大盛りをお勧めいたします。

食べ終わる頃になると、豚骨スープの重厚さを感じることができました。

resize3696

ご主人さんがカウンター越しに「お味はいかがでしたでしょうか?」とご丁寧に聞いてくださいました。こういった一言も嬉しいものです。らんちばは、「美味しくいただきました。全体として、丁寧に作っておれれるという印象を受けました。」とお答えさせていただきました。

まだまだ気になるメニューがありますので、再訪してみたいと思いました。接客も気持ちいいですし、頑張っていただきたいお店だなぁと思いました。

因みに、印象深いコジマル(こじはるや、こじるりみたいですよね 笑)という店名は、ご主人さんの苗字、「こじま」さんからとったそうです。



lanciba at 04:30コメント(0)トラックバック(0)茂原市 
livedoor プロフィール
Archives
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ