2017年02月22日

本格的な勝浦系タンタン麺 麺や食堂 豚骨 虎太郎@勝田台 千葉ラーメン

勝田台の虎太郎さんに行きました。2回目の訪問です。

resize8654

駅前ですので、付近のコインPを利用しましょう。虎、らしく、黒と黄色がアクセントになった外観です。

resize8653

外看板は、室内メニュー表と同じものが掲示されています。写真入りで分かり易いです。

resize8652

店内は、カウンター席と、テーブル席、奥にお座敷席があります。ご主人さんと男性の方が厨房に、女性の方がフロアを切り盛りされています。

resize8644

看板メニューは、濃厚あら焚き豚骨です。醤油と味噌があります。

resize8639

つけ麺、塩らーめん、中華そば、まぜそばもあります。一通り網羅している感じの麺類です。

resize8641

虎太郎名物ザンギや、ラーメンセット、丼、カレー、定食、ランチ限定とメニューは豊富です。
麺や食堂の名に恥じないメニュー構成です。どれも、魅力的ですよ。

resize8642

resize8640

resize8643

今回の目的は、虎太郎式勝浦タンタンメンです。


千葉県が誇るB級ご当地グルメ勝浦タンタンメンを虎太郎式にアレンジ!!

ラー油をふんだんに使った勝浦名物の辛〜いラーメンにワンタンを贅沢にトッピング!


と、あります。(虎太郎式と書いてあれば「勝浦タンタンメン」の表記を使っても、商標登録的には問題は無いのでしょうか?)

resize8637

ヘルシー野菜メガ盛りタンメンにも惹かれました。

野菜700gの大ボリューム!!食べきれる自信のある方に!


ということです。

resize8638

こちらが、虎太郎式勝浦タンタンメン800円です。

resize8649

ビジュアル的には、申し分のない勝浦系タンタン麺ですね。ラー油の層がしっかりとしている、はらださんタイプの勝浦系ですね。トッピングの白髪ねぎ、ワンタン、揚げネギが特徴です。ネギの下には、ちゃんと玉ねぎと挽肉を煮たものがトッピングされています。

resize8650

それでは、スープをいただきます。辛さは、かなりあります。ラー油の層が厚いので、辛さに弱いらんちばは、麺を啜ると確実にむせます。もぐもぐ方式(笑)で啜らずに麺をいただきます。

辛いだけでなく、スープ自体の旨みも感じられます。このスープ、本格的ですよ。ひき肉の旨み、タマネギの甘みもいいいですね。

勝浦系タンタン麺の弱点ともいえる、麺の弱さは感じられません。細麺はしっかりとした麺で、噛み応えがあります。

勝浦系タンタン麺として、よくできた本格的な1杯だなと思いました。ワンタンは、ちょっと印象に残らないかな?

resize8651

ランチ限定メニューのミニ麻婆豆腐丼+200円が、辛さの箸休めになりました(笑)。こちらも美味しくいただきました。

resize8647

こちらが、野菜メガ盛りタンメン950円です。

resize8645

もやしだけでなく、キャベツや玉葱、人参、きくらげも入っています。モヤシに頼っていないところがいいですね。生姜と黒胡椒、胡麻もトッピングされています。

resize8646

スープは、近年流行った白湯スープベースのタンメンです。クリーミーなスープに、炒めたお野菜の香ばしさや甘みが加わります。後半、トッピングの生姜を溶かすと、味変効果になりました。麺は、角のしっかりとした太麺です。この麺もいいですね。

resize8648

ご主人さんに少し質問させていただいたのですが、情熱をもってラーメンを作っている感じが伝わってきました。なんでもありのラーメン食堂ではなく、それぞれのメニューに力を注いでおられることが分かります。

まぜそばも食べていただきたいです、とおっしゃっていました。クリーミーで他にはないタイプのまぜそばということです。こちらもそそられます。好感の持てるいいお店だと感じました。

メニューが豊富で気軽に入れるタイプのお店で、心のこもったラーメンがいただけるお店は、貴重な存在だと思いました。


lanciba at 05:15コメント(0)トラックバック(0) 
八千代市 

2017年02月21日

昼限定 汁なし味噌担々麺 らあめん clover@成田 千葉ラーメン

成田のcloverさんに行きました。

BlogPaint

お昼時、中待ち、外待ちの人気ぶりです。すっかり成田の人気店として定着しておられます。

BlogPaint

駐車場は、共用で数台分あります。縦に2台縦列で止めることになりますので、車の移動をお願いされることがあります。ゆっくりと召し上がりたい方は、近くのコインPの利用をお勧めいたします。この日は、駅からの歩きです。

resize8661

お店の前の花壇には、菜の花が満開です。cloverさんに来ると、お花の観賞も楽しみの一つです。しばらく外待ちをしてお花を眺めていると、すぐにお声がかかりました。中待ちもスムーズで、ほどなくカウンター席に案内されました。

空港帰りでちょっと大き目のカバン持参。ご主人さんのご両親が、親切に置く場所を作ってくださいました。アットホームで、気持ちのいい接客です。

resize8655

前回いただいた限定http://blog.livedoor.jp/lanciba/archives/52185794.htmlと違うものが提供されているということで、ふらりと訪れました。(2/12日の時点です。)昼の部の限定は、汁なし味噌担々麺です。夜の部の限定は、納豆味噌らーめんです。この納豆味噌らーめんにも惹かれますね!この日は、お昼でしたので、汁なし味噌担々麺を購入しました。

resize8656

こちらが、汁なし味噌担々麺です。

resize8657

相変わらず美しいビジュアルです。ナッツと揚げエシャロット?、ひき肉、水菜がトッピングされています。麺は中太麺です。

resize8658

それでは、混ぜまぜをしていただきます。四川系の芝麻醤を使った担々麺は、あまり得意ではないらんちばですが、汁なしに惹かれました。広島流汁なし担々麺が流行している、広島からの帰りに立ち寄りましたので、興味が湧きます。(広島食べ歩きのレポートが溜まっています。いずれ、レポートさせていただきます。 汗)

resize8659

それでは、混ぜまぜしていただきます。ピリ辛の肉みそ、芝麻醤等の調味料、香辛料に加えて、味噌とナッツでかなり濃厚な汁なし担々麺に仕上がっています。安心していただける、レベルの高い1杯です。「普通ですよ」とおっしゃるご主人さんですが、いやいや、そこは、さすがcloverさんです。

夜になかなか動けないらんちばですが、夜の部の納豆味噌らーめんもぜひ食べたいところです。時間が作れるかなぁ・・・無理だろうなぁ・・・


lanciba at 03:27コメント(0)トラックバック(0) 
成田市 

2017年02月20日

細つけ麺を大盛で楽しみました 魚介系醤油拉麺 海空土 都賀店@都賀 千葉ラーメン

海空土都賀店に行きました。久しぶりの訪問になります。

resize8636

おそらく、拙ブログで最もたくさんレポートしているのが、こちらのお店だと思います。佐倉に和屋さんができ、四街道に吉岡店ができたためすっかりご無沙汰してしまいましたが、やはり都賀店の前にくると感慨深いものがあります。

久しぶりに見た券売機。みそは以前冬期限定でしたが、今はどうなんでしょう。きくらげのトッピングもあるのですね。ニンニクなしの丸餃子もあります。後は、以前と変わらないと思います。

resize8624

店内は、L字カウンター席とテーブル席があります。以前は小上がり席だったところが、テーブル席に改装されています。卓上のメニュー表には、皮ワンタンが載っています。以前は休日限定のワンタンでしたが、今はどうなのでしょう。

てっきり、吉岡店におられると思っていた大将が、厨房に。戻られたのかお聞きすると、「水曜と木曜はこちらにいるんですよ。」というお答えでした(2/9の時点です。)。

resize8625

スタッフ不足についての説明書きがありました。やはり、どちらのお店も人手不足でお困りなのですね。少子高齢化社会の影響が表れているのでしょう。政治家の皆さん、何とかならないものですかね。

resize8627

つけ麺850円 細麺 麺大盛り150円をいただきました。

resize8628

海空土さんのつけ麺には、昔から思い入れがあって、初期の超さっぱりしたつけ麺時代からのファンなんです。お味の方は、何度か変えていると思います。今の細つけ麺は、どのようなお味なのでしょうか。

resize8629

大盛となりますと、さすがに麺量が多いですね。でも、海空土さんのつけ麺なら、好物ですから大丈夫です。
さて、肝心のつけ汁をいただきます。煮干しの旨みがぐっときます。酸味はありますが甘みはありません。今のお味はこうなんですね。らんちば、好みの味わいですよ。

後は、難しいこと抜きで、いただくまで。大量の麺もスルスルとお腹に吸い込まれていきました。食べ応えあり、満足です。スープ割りをいただいて、熱々スープをそのまま味わいます。ああ、これですよこれ。煮干しの旨みがしっかりと口中に広がります。(やけどに注意 笑)このスープが、海空土さんだなぁ、と改めて思いました。

resize8630

丸ギョーザ ニンニク無し350円もいただきました。

もっちりとした皮が美味しい餃子です。

resize8635

お会計時に大将と少しお話しをさせていただきました。嬉しいことに、拙ブログを読んでくださり、参考にしてご夫婦で食べ歩いておられるということです。ブロガーをやっていて、こんなに嬉しいことはありません。同時に、大将ほどのお方でも、いまだに他店を食べ歩き、研究に余念がないことに頭が下がる思いです。千葉を代表する中堅店である海空土さん。これからもお世話になります!


lanciba at 03:22コメント(0)トラックバック(0) 
千葉市(若葉区) 

2017年02月19日

名物絶品サイドメニューに誘われて NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ 冨里店@冨里 千葉ラーメン

富里のけいすけさんに行きました。

resize8623

駐車場は、広大なスペースがあります。車で行っても安心です。

BlogPaint

resize8621

営業時間等は、写真をご覧ください。

resize8620

肉そばけいすけさんは、フランチャイズ展開をしていますが、元をただせばあの業界の革命児、竹田敬介さんのブランドです。

resize8612

初代けいすけさんから、九代目けいすけさんまで、常に斬新なラーメンを提供してこられています。拙ブログでも、2005年に初代けいすけさんの記事を書かせていただきました。(12年前の記事は、稚拙なラーメンメモでお恥ずかしいのですが・・・汗)http://blog.livedoor.jp/lanciba/archives/50164386.html

この後、六代目けいすけさん(こちらが肉そばけいすけです。)まで追いかけました。あの頃の拙ブログはさぼってばかりでしたので、四代目けいすけさんのレポートhttp://blog.livedoor.jp/lanciba/archives/51292614.htmlしか残っていませんが(汗)。

そんなけいすけブランドの千葉初上陸店である冨里店。やはり普通のチェーン店とは異なる感情があります。

resize8613

などと、書いてきましたが、一番の目的は、とにかく最強のサイドメニュー、エッグライスです。このサイドメニューだけで、お店に足を運ばせてしまう魅力が、肉そばけいすけさんにはあるのです。それくらい、らんちばの脳裏に刻み込まれているお味なのです。

resize8611

メニュー表には、肉、麺、スープ、生姜、具材、についての説明書きがあります。これは、ありがたいですよね。らんちばが常々書かせていただいている、これから食べるものがどういうものであるか分かることは大切である、という考えに一致しているからです。

resize8605

resize8606

ラーメンは、基本の肉そば醤油、

resize8607

そして、サイドメニューのエッグライスの組み合わせが最高です。

resize8608

千葉のラーメン好きの方にも、ファンが多いエッグライスです。何てったって、


肉そばけいすけ名物 玉子がふんわりとろ〜り 絶品サイドメニュー


ですからね!

resize8609

こちらが、肉そば醤油780円、エッグライス300円です。

resize8614

ああ、この美しい組み合わせ。もう気分は恍惚のときです(笑)。

resize8615

エッグライスのことばかり書いていますが(笑)、こちらの肉そばも飽きの来ない良い出来です。キレのある醤油スープに、噛み応えのある肩ロースチャーシュー、スープによく合う特製熟成中太麺、生姜や玉葱のトッピングもよく合います。あ、説明書きに書いてある通りですね(笑)。

resize8616

ここで、注意しなければいけないのが、エッグライスを食べるタイミングです。「美味しいものは後に取っておく派」の人は特に要注意ですよ。エッグライスは、提供されたときが一番の食べ時です。ラーメンを啜る手を止めて、エッグライスに行っちゃいましょう。

resize8618

熱々のとろーり玉子とほぐし肉、ご飯をすくって頬張っちゃってください。まさに、恍惚のときが訪れますよ。らんちば的には、半分くらい堪能して、あとはラーメンと交互にいただくのが作法です(笑)。でも、一番の理想は、追加注文でエッグライスWかなぁ。うん、そうだ、今度はそうしてみましょう。

resize8617

久しぶりに食べたくなって訪れた、けいすけさんのエッグライス。らんちばにとって、サイドメニューだけでお店に足を運ばせる究極の御飯です。


lanciba at 05:34コメント(0)トラックバック(0) 
富里市 

2017年02月18日

【新店】 長崎ちゃんぽん 皿うどん 専門店 ながさきや@成田 千葉ラーメン

成田市三里塚にできた新店、ながさきやさんに行きました。1月5日オープンです。

resize8600

新店情報以外、前情報が無かったので、訪れてみますと、長崎ちゃんぽん 皿うどん 専門店でした。長崎ちゃんぽんを、ラーメンに含めるのかどうかは、微妙なところですよね。長崎の方は、別物であると認識されているようです。

カンスイを使用しているかどうかについては、「唐あく」と呼ばれる長崎ちゃんぽん専用のカンスイを使用しているので、OKです。また、ラーメン王石神秀幸さんの通称「石神本」にも、三軒茶屋の名店、来来来が掲載されていたことを考えると、ラーメン類に含んでよいのかなと個人的には思います。

resize8601

真新しい看板が目を惹きます。駐車場は、広大なスペースがありますので、車で行っても安心です。

resize8603

営業時間等は、写真をご覧ください。

resize8604

L字カウンター席のみの店内です。シルバー世代のご主人さんと奥様で切り盛りされています。メニューは、本当にちゃんぽんと皿うどんだけ。潔い構成ですね。

resize8591

壁面には、長崎のポスターなどが張ってあります。本場の長崎チャンポンであることを強調されていますね。

resize8595

パンフレットもありまして、女将さんが「待ってる間、よかったら見てください。」と手渡してくださいました。緩やかな雰囲気がいいですね。

resize8592

卓上のソースも長崎のマルハヤシソースです。

resize8593

resize8594

こちらが、ちゃんぽん900円です。

resize8597

長崎の練り物が色鮮やかです。キャベツ、もやし、蒲鉾、豚肉、えび、きくらげ、ピーマンなどが入っています。

resize8598

麺は本場から仕入れておられるそうです。

ラーメンと長崎ちゃんぽんの麺の違いは、生麺かゆでめんかの違いだそうです。ゆでた麺を具材と鶏ガラスープと一緒に煮こむのが特徴ということです。

煮込んだ具材のお味がスープ全体に広がっています。スープの厚みという点では、どちらかというとサラッとした仕上がりとなっています。麺は、柔らか目の煮込み具合です。やはり、具材がたくさんあるのが長崎ちゃんぽんの楽しみですよね。

後半、マルハヤシソースを投入すると、一気に旨みが増したように感じられます。やはり、本場のソースとの相性は抜群です。

resize8599

長崎ちゃんぽん 皿うどんの専門店が新店でできるというのも珍しいですよね。成田のこの地で、どのように受け入れられていくのか、興味深いです。

ちなみに、千葉県の中華やさんでチャンポンというと、タンメンのあんかけラーメンのことを指します。この違いも、覚えておきたいところです。


lanciba at 04:58コメント(7)トラックバック(0) 
成田市 
livedoor プロフィール
Archives
カテゴリ別アーカイブ
記事検索