2016年05月28日

行徳ラーメン街道沿いの老舗食堂のラーメン とんかつ 菊の家@南行徳 千葉ラーメン

南行徳の菊の家さんに行きました。本日も晴天ですさんの後、連食です。

resize3223

駐車場は、本日は晴天ですさんのときに利用した、デニーズさんの駐車場を利用するとよいでしょう。

resize3226

行徳ラーメン街道沿い、分田上さんと、

resize3224

どんきさろくさんの、

resize3225

間にあるお店です。

resize3222

とんかつ、の文字が目立つお店で、外観からはラーメンがあることはまず分かりません。

resize3220

よくよく見てみますと、「とんかつ」の文字の下に、中華・(定?)食と書いてあります。中華があるのだったら、ラーメンもあるはずです。訪れてみることにしました。

resize3216

それでは、お店に入ってみましょう。店内は、コの字カウンター席と奥に小上がり席があります。シルバー世代のご夫婦で切り盛りされていました。30年以上この地で営業してこられたそうです。

こちらにラーメンがあることを今まで知らなかったことを告げると「あっちのお店も、こっちのお店も、うちの後からできたんですよ。」と微笑んでおられました。南行徳の老舗店です。この道がラーメン街道と呼ばれるはるか以前から、ラーメンを提供してこられたということですね。

resize3213

壁面のメニュー表を見ますと、定食、一品料理、ご飯・丼物などと共に、麺類がありました。

resize3207

ラーメン、みそラーメン、タンメン、もやしソバ、チャンポン、チャーシューメン、五目ソバがあります。とんかつラーメンはありませんね。残念です(笑)。

中華やさんの例に漏れず、タンメン、チャンポンがあります。これだけのメニュー数にも関わらず、「タンメン・チャンポン」の組み合わせがこちらのお店にもあります。もはやこの2品は、セットといってもいいくらいですね。因みに、このチャンポンと言うのは、長崎のチャンポンのことではなくて、タンメンのお野菜が餡かけになっているラーメンを指します。

何故か、千葉の中華やさんでは、ポピュラーなメニューであることが分かります。千葉だけでなく、関東でも?関西方面の中華やさんでもメニューに存在するのでしょうか?それとも、全国的に中華やさんでは、長崎ちゃんぽんとは違う、このチャンポンというメニューがあるのでしょうか?らんちばは、そのことが気になっています。いつか、調べて見たいと思っています。(話が逸れました。)

resize3206

こちらが、ラーメン450円!です。

resize3208

油分きらめく醤油清湯スープに、メンマ、チャーシュー、海苔、なると、ネギがトッピングされています。シンプルながらも美しいビジュアルです。

resize3209

スープをいただきます。おそらく動物系スープのレトロラーメンではありますが、思いの外ファットな味わいです。油分が多めのせいかもしれませんが、あっさり系のレトロラーメンとは趣が異なります。

細縮れ麺は柔らか目のもの。スープとの相性はいいと思いました。トッピングは、相当に機能している感じです。

resize3210

本来ですと、とんかつを注文すべきなのですが、さすがに連食(しかも二郎インスパイア系の後 汗)ということで、断念。餃子をいただきました。

カラッと焼き上がった餃子で、美味しくいただきました。

resize3211

らんちばが、いつもの格好(ITALIAの文字の入った上着とイタリア国旗模様のバンドのカバン)だったせいか、女将さんが「イタリアがお好きなんですか?」と話しかけてくださいました。これは、初めての経験です(笑)。何でも、ご親族にイタリアの方とご結婚された方がおられるそうで、興味をもたれたようです。

「イタリアには行ったことが無い(爆)ですが、イタリア好きなんです。」とお答えすると、イタリアのきれいな写真が載った雑誌を見せてくださいました。

こういったフレンドリーな会話ができるのも、老舗店ならですね。

lanciba at 04:29コメント(0)トラックバック(0)市川市  

2016年05月27日

二郎インスパイア系の新店 【新店】 麺屋 本日も晴天です@南行徳 千葉ラーメン

南行徳にできた新店、本日も晴天ですさんに行きました。

BlogPaint

駐車場は、向かいのデニーズさんの駐車場がコインPですので、そちらを利用するとよいでしょう。(写真撮り忘れました。すみません。 汗)

resize3194

関西のお店に見られるような、「文章型」の店名ですね。外には待ち椅子が4脚、灰皿もありますね。

resize3203

「飲み干したくなるまろやかスープ 長時間かけて作ったトロットロのチャーシューを是非、ご賞味ください」と書いてあります。写真を見ますと、二郎インスパイア系であることが分かります。

resize3202

この日は、オープンして3日目でした。この時点では、昼の部11:00〜14:00と書いてあります。 (夜の部もありますが、時間は確認できませんでした。すみません。)

resize3201

お店に入って右側に、券売機があります。「野菜大盛無料」の大きな張り紙がしてあります。ミドル世代のご主人さんと、フロア担当の女性の方で切り盛りされていました。

resize3195

ラーメン、味噌ラーメン、辛味噌ラーメン、節麺、淡麗つけ麺、淡麗味噌つけ麺、淡麗辛味噌つけ麺があります。二郎インスパイア系としては、多めのメニュー構成ですね。ただし、この日はまだラーメン類のみの提供でした。

ここでちょっとしたハプニングが。千円札を入れてラーメンのボタンを押すと、販売中止の文字が光って、ピーピーと警告音が。女性スタッフさんとミドル世代のご主人さんが駆けつけてきて、「どうもすみません」といってとても気持ちの良い対応をしてくださいました。

正常に機能するまで思ったより時間がかかり、らんちばが食べ終えて帰る頃にようやく解決したのですが、その間も何度も「すみません」とお声をかけてくださり、とてもお人柄の良いご主人さん、スタッフさんであることが分かりました。直った時は、3人で喜び合いました(笑)。

らんちばも、なんとなく責任の一端を担っているような気持ちになっていましたので(笑)、丁寧な対応が嬉しかったです。

店内は、L字カウンター席とテーブル席がありました。注文時、野菜とにんにくの量を聞かれましたので、普通、無しでお願いしました。おそらく、無事に(笑)食券を買えていれば、食券を渡す時に聞かれると思います。

resize3197

こちらが、ラーメン普通盛り730円です。

resize3198

トッピングは、ヤサイ、チャーシュー、背脂です。スープは、乳化していない醤油スープに、背脂が甘みを加えています。なかなか好みのお味ですよ。食べやすい二郎インスパイア系だと思います。

resize3199

麺は、平打ちの太麺です。表面がつるっとした滑らかなタイプです。個人的には、もう少し引っ掛かりがあってもいいかなとおもいましたが、食べ応えのある麺です。チャーシューは、いわゆるブタ、ではなく、バラロールチャーシューです。厚みはそれほどありません。お味的にはいいですよ。

お野菜ですが、比較的キャベツの割合が高く、良心的です。

resize3200

全体として、バランスの取れた食べやすい1杯だと思いました。お店の雰囲気もいいですし、マニアの方以外にも間口が広いお店のように感じました。これからの活躍に期待したいお店です。

lanciba at 04:00コメント(0)トラックバック(0)市川市  

2016年05月26日

2016年上半期注目のお店 にぼしそば 麺屋 弥栄@松戸みのり台 千葉ラーメン

みのり台にできた新店、弥栄(いやさか)さんに行きました。

こちらのお店は2月にオープン。気になっていたのですが、夜営業のみということで、なかなか訪れることができませんでした。ついに、今週昼営業を行うというツイッターの告知を見て、駆けつけた次第です。

resize3172

お店は、みどり台駅前の交差点すぐの路地にあります。

BlogPaint

和の趣を感じさせる落ち着いた外観ですね。

resize3173

駐車場は、お店の前に斜めに止めて一台分。止められないときは、下の地図の場所のコインPを利用するとよいでしょう。らんちばも、みどり台というとこの駐車場をいつも使っています。コインP利用の方には、サービスもあります。ありがたい配慮ですね。

resize3175

今週は昼営業する旨を張り紙してありました。何と、今週の営業で問題がなければ、6月より正式に昼営業が開始されるそうです。これは、嬉しいお知らせですね!

resize3174

「にぼし」の看板が気持ちを高ぶらせてくれますね。さて、どんな煮干しラーメンと出会うことができるのでしょうか?

resize3176

それでは、お店に入ってみましょう。店内は、奥に細長い空間になっています。L字カウンター席と、奥にはテーブル席があります。ミドル世代のご主人さんお一人で切り盛りされていました。

resize3190

右側には、券売機があります。一番上の大きなボタンは、にぼしそば、しなそば、とろにぼ(まぜそば)、煮干つけ麺の4種類です。この日は、しなそばは提供していませんでした。この他、味噌や限定のボタンがありますが、まだ提供されていないようです。中濃にぼと、限定1はあるようでした。

らんちばは、にぼしそばの(純にぼ)がお目当てですので、迷うことなくにぼしそばを選択しました。

resize3177

にぼしそばと中濃そばは、中太麺と細麺が選べます。

resize3178

お店入って左側のベンチのところには、ねぶた祭りと黒石よされのポスターが張ってありました。

resize3189

カウンター席の背面には、黒石のポスターが一面に貼ってあります。とてもきれいなポスターなので、華やかな雰囲気がしていいですね。青森と言えば、煮干し醤油ラーメン。期待値はどんどん上がっていきます。ご主人さんに伺ったところ、やはり黒石出身のお方でした。これは、楽しみですね!

resize3188

カウンター席に座り、「純にぼで」とお願いして食券を手渡しました。他にお一人お客さんがおられました。

こちらが、にぼしそば(純にぼ)750円です。

resize3182

何と丼には、麺とスープしか入っていません。これは興奮しますね(笑)。チャーシューと刻み玉ねぎは別皿で提供されました。これぞ、純粋なにぼしそばではありませんか!

resize3180

スープをいただきます。いきなりガツンとくるのではなく、一呼吸おいてにぼしの旨みだけが口中に拡散していくようなイメージです。今流行りのセメント系のような、エグミ全開といった感じではありません。このお味、好みですよ。

細麺は、菅野製麺さんの全粒粉麺です。啜り甲斐のあるいい麺です。ぱっつん系ではありません。ご主人さんにうかがったところ、中太麺のほうがよりオススメなんだそうです。やはり初めに確認すべきでした。いずれにせよ、レベルの高いにぼしそばですよ!

resize3181

麺とスープで十分満足できますので、チャーシューは無くてもいいくらいです。チャーシューを食べていると、下から玉ねぎのみじん切りが出てきました。ほとんど食べ終わったところに投入したのですが、この味変は鮮烈でした。玉ねぎがよく合いますね。この感覚は、らんちば初めての経験でした。

resize3183

まかない丼350円が気になって、こちらもいただきました。バーナーで炙られて熱々です。チャーシュー、玉ねぎ、ねぎ、卵の黄身、チーズなどが入っていて、こちらも美味しくいただきました。

resize3184

純にぼとまかない丼をいただいて、大満腹、大満足でした。

resize3185

お調子者らんちばのテンションは、既にMAXになっていますから、お客さんが途切れたこともあって、ご主人さんにいろいろなお話をさせていただきました。

とても全部は書ききれませんが、ご主人さんの一番お好きなお店は、ひらこ屋(青森市)さんであること。また、長年飲食をやってこられたそうですが、ラーメンはこちらのお店からで、自己流で試行錯誤されておられるそうです。

現状に満足することなく、常に変化、進化したラーメン作りを目指しておられるそうです。また、千葉の煮干しラーメンの地位を向上させるようなものを作りたい、という意欲にあふれたお言葉でした。幼少のころから、ラーメンと言えば煮干し醤油、という青森で育ってこられたご主人さんのDNAに刻まれた記憶が、何よりのアドバンテージではないかと思いました。

おそらく、明日伺ったら今日とは違うお味になっているのではないか、違うメニューが生まれてくるのではないか、そう思わせるような、熱意が伝わってきました。考えてみれば、煮干しの本場九十九里を抱えている千葉県です。煮干しラーメンのレベルの高いお店がもっともっとあってもいいのではないか、と思います。そんな願いを叶えてくれそうな弥栄さん。2016年上半期期待の新店の登場です。

lanciba at 05:32コメント(3)トラックバック(0)松戸市  

2016年05月25日

コーン味の特製ラーメンに衝撃を受けました 中華料理 大新楼@稲毛区 千葉ラーメン

稲毛区天台にある、大新楼さんに行きました。悪麺友Dr.keiさんとミニツアーです。

resize3153

場所は、最古の東京ラーメン店である浅草来々軒のお味を受け継ぐ唯一のお店、かの有名な進来軒さんの斜め向かいにあります。今まで進来軒さんには何度も訪れましたが、こんなに近くに中華料理屋さんがあることを見逃していました。

resize3154

レトロな看板に岡持ちのバイク。とてもいい雰囲気ではありませんか。この通りは、三和ショッピングセンターと呼ぶのですね。知りませんでした。「新」の字が取れた大きな看板も味があっていいですね。

resize3152

そして、この藍色の堂々たる暖簾が素晴らしいですね。このお店は只者では無いオーラを放っています。

resize3150

テーブル席のみの店内は、昭和レトロな雰囲気です。創業30年の老舗店です。シルバー世代のご夫婦で切り盛りされていました。気さくなご夫婦です。

resize3141

壁面のメニュー表に目をやると、麺類の部がとても充実していることが分かります。漢字で表記されたメニューが、またレトロな感じでいいですね。

resize3149

椎茸ソバ、カレーソバ、なども気になります。ひときわ目を惹くのが、大新麺(特製)です。基本の咾麺(ラーメン)は、決まりとして、もう一品をどうするのか、悩みました。女将さんに「特製の大新麺とはどんなラーメンですか?」とお伺いすると、「コーンの入ったあんかけラーメン」ということでした。

あんかけラーメンは、スープのお味が良く分からなくなるので、普段からあまり頼むことがありません。でも、やはりお店の名前を冠するラーメンですから、外すわけにはいかないだろうということで、大新麺(特製)に決めました。お店の名前を冠した特製なのに、600円と他のメニューに比べてお安めなのも気になります。

resize3148

こちらが、咾麺(ラーメン)430円!です。

resize3142

シンプルなビジュアルがいいですね。海苔、めんま、うずら玉子、ねぎ、なるととチャーシューはスープに沈んでいます。

resize3143

スープをいただきます。いわゆるレトロ系中華料理屋さんのラーメンのスープ、といった感じの大人しめな味わいです。このスープに、いろいろな具が載ることで、真価を発揮するタイプのスープです。メニュー数の多さも、そのことを物語っています。

この細縮れ麺がいいですね。ちょっとさばっとした感じの麺です。メンマもコリっとしています。チャーシューは、普通の感じです。

resize3147

そして、こちらが大新麺(特製)600円です。

resize3144

このビジュアルを見たときに、二人そろって声を上げてしまいました。確かに、コーンがいっぱい散りばめられている餡かけです。こんなラーメン見たことがありません。

resize3145

コーンの甘みと、とろみの甘み、椎茸の甘みが混然一体となって口中を襲います。それほど餡が強くないのもいいですね。もちろん、主役はコーンのお味です。全体を包み込むコーンの甘さ、癖になるジャンクさです。こんなお味のラーメン、食べたことがありません。これは、驚異の絶品ラーメンですよ!らんちば、大絶賛です。

resize3146

どうしてこのようなラーメンを思いついたのかご主人さんにお伺いすると、「もう他のメニューがいろいろあるので、何にしようかなと考えて思いついたのがこれです。」とのお言葉でした。何というセンスでしょう。らんちばは、もうノックアウト状態です。とても貴重なラーメンをいただきました。

食後に、コーヒーかヤクルトのような飲料かどちらかをサービスしてくださいました。こういうところが、千葉のレトロ系ラーメン店の良いところですね。

この場所にきて、進来軒さんに寄らずに帰るのには勇気がいるかもしれませんが(笑)、この一品、食べる価値あり。らんちばは、そのように思い、感激をいたしました。(個人的感想です。)

lanciba at 03:45コメント(1)トラックバック(0)千葉市(稲毛区)  

2016年05月24日

松戸の名店美春グループの新店 【新店】 らーめん 福家@鎌ヶ谷 千葉ラーメン

鎌ヶ谷大仏駅近くにできた新店、福家さんに行きました。

resize3158

札幌らーめん、本場札幌直送麺、味噌らーめん 札幌市西山製麺直送など、これでもかっ、と札幌味噌ラーメンのお店であることを幟や垂れ幕等で伝えています。 

resize3159

暖簾を見ますと「美春グループ」と書いてあります。松戸の味噌ラーメンの名店、美春さんの系列のお店のようです。これは、期待できますね。

resize3160

店内は、奥に細長い間取りです。カウンター席とテーブル席があります。女性のご主人さんとフロア担当の女性の方2名で切り盛りされていました。

メニューは、札幌味噌らーめん、札幌醤油らーめん、札幌とん塩らーめん、札幌辛味噌らーめん、昆布だし醤油らーめん、札幌辛味噌つけめんがあります。

resize3162

トッピングには、もちろんバターがありますね。焼き餃子もあります。

resize3163

この他にも、写真入りのメニュー表で、北の魚介つけめん、

resize3165

札幌醤油つけめん、

resize3166

札幌味噌つけめん、

resize3167

味噌ポタらーめん、があります。

「とろーりベジタブルポタージュ風スープの進化系味噌らーめんです。西山製麺特注のボリュームのある200gの太麺を使用。ぜひご賞味ください。」と書かれています。

やはり、この文章には惹かれるものがありますよね!ということで味噌ポタらーめんを注文することにしました。

resize3164

こちらが、味噌ポタらーめん850円です。

resize3169

もうこのビジュアルを見ただけで安心というか、間違いないというか、そんな感じがしますね。美春グループでこのビジュアル。文句のつけどころが無い、といったところでしょう。

トッピングは、分厚いチャーシュー、味玉半分、海苔、メンマ、お野菜、青ネギです。

resize3170

それでは、スープをいただきます。ベジポタということですが、思ったほど粘度が高いわけではありません。濃厚な味噌スープという感じです。お味は、まさに味噌ラーメンの王道を行くものです。

西山製麺の特注太麺は、さすがに存在感がありますね。茹で加減も上々。啜り込むと、濃厚な味噌スープを拾い上げて口中で暴れます。ずずっ、ずずっと啜り甲斐のある麺ですね。

トッピングのお野菜やチャーシュー等も一つ一つがしっかりとしていて、とても良くできた1杯です。思った通り、安心、安定のお味でした。札幌味噌らーめんと比較していませんが、欲を言えばもっとベジポタらしさがあってもいいかなと思いました。

resize3171

新店といっても、美春クオリティをしっかりと引き継いでいるお店です。味噌ラーメン好きの方には、オススメの新店です。

らんちばが、とても気になったのが、昆布だし醤油らーめんです。次回は、ぜひともこちらを試してみたいと思いました。

lanciba at 03:32コメント(1)トラックバック(0)鎌ヶ谷市  
livedoor プロフィール
Archives
カテゴリ別アーカイブ
記事検索