2017年01月25日

名物 うま煮肉醤油ラーメン うま煮ラーメン 醤@四街道 千葉ラーメン 

四街道インター近くの醤さんにいきました。この場所はチェーン店が入れ替わり入るところです。

しばらく様子を見ていたのですが、この度できた醤さんは、いつもお客さんがたくさん入っていて盛況のようです。興味をもって訪れました。

resize8183

とにかく、うま煮ラーメンの文字がたくさん目に飛び込んできます。一体どのようなラーメンなのでしょうか。

resize8181

チェーン店が入っていた場所ですので、駐車場は十分なスペースがあります。因みに醤さんについてもネットで調べて見ましたが、同名のお店はヒットしませんでした。これだけのスペースを確保している訳ですから、資本系のお店のように思いますが、同名のチェーン店ではないようです。

resize8178

それでは、お店に入ってみましょう。

resize8160

店内は、カウンター席、テーブル席、お座敷席があります。この日も多くのお客さんが入っていて、活気があります。女性の方3名、男性の方1名で切り盛りされていました。呼び鈴があって、頼みやすいのもいいですね。

resize8161

メニュー表を見てみましょう。

名物 うま煮肉醤油ラーメン

がメインのようです。うま煮つけ麺もあります。

resize8162

旨辛うま煮ラーメン、もつ煮ラーメン、お子様ラーメン、懐かし中華そばもあります。

resize8167

さて、うま煮醤油ラーメンですが、次のような説明書きが書いてありました。

金沢市加賀上印醤油と千葉県の醤油を肉で煮出して旨味を引き出し、野菜と麺を煮込んだとろみのあるスープです。

ということはいわゆる鶏ガラ、豚骨などで取ったスープは使用していない?のでしょうか。肉出汁スープ、あるいは竹岡系ラーメンのようにチャーシューを煮だしたタレがメインのスープなのでしょうか?このあたりちょっと分かりづらいですね。懐かし中華そばがメニューにあるので、普通にスープを取っているのかな?などと考えてしまいました。

resize8163

国産宣言 のページに3つの売りが書いてありました。

特製麺 特製スープ 自家製餃子

です。内容は写真をご覧ください。こだわりのスープ、オリジナルスープという言葉が目を惹きます。ますますスプに興味が湧いてきます。

resize8164

サイドメニューは、特製餃子、旨ダレ唐揚げ、

resize8165

セットメニューにミニ丼、カレーライスがあります。こうして全体を見ますと、外観に記されているように、うま煮醤油ラーメンがメインのお店であることが分かります。なんでもありのチェーン店のラーメンメニューとは趣が異なりますね。思ったほどメニュー数が多いわけではありません。これは、興味深いですよ。

resize8166

うま煮醤油ラーメン700円に餃子セット240円をつけました。自家製餃子も売りですからね。

resize8173

こちらが、うま煮醤油ラーメン700円です。とろみがかったスープには、白菜やひき肉がたっぷり入っています。そして、何より目を惹くのが、厚さ2センチはあろうかという、豚バラチャーシューです。これはインパクトがありますね。ネギもトッピングされています。なかなかオリジナリティーを感じるビジュアルです。

resize8169

とろみのついているスープはいわゆる餡かけではなく、スープ全体がとろみがかっています。お味は、もうこれは反則ですね(笑)。餡かけの甘辛いとろみには肉の旨みがしっかりと感じられ、更にひき肉の旨み、お野菜のうま味が加わります。甘辛の誰もが親しんでいるお味です。このお味が嫌いな方はいないのではないでしょうか。

平打ちの中太麺は、存在感があり、とろみのあるスープをしっかりと受け止めます。とろみのおかげでなかなか冷めないので、ハフハフしながら麺を啜ることになります。

そして、分厚いチャーシューですが、柔らかく煮込まれていて、食べにくいということはありません。肉の繊維質も歯に挟まるようなことはなく、緩やかにほぐれる感じです。脂分も気になりません。よくできたチャーシューだと思います。

総じて、よく考えられた商品力のある1杯だと思いました。お客さんがたくさん訪れる理由が分かりました。

resize8174

自慢の自家製餃子もいただきました。ビジュアル的には、ちょっと寂しい感じがあります。まあ、3個盛りということもあるでしょう。盛り付けもちょっともったいないかな。豚肉、キャベツ、白菜中心の餡は、バランスがとれています。とびきり、ということはありませんが、普通に美味しくいただけるものです。

resize8171

お上品なラーメンではなく、ジャンクならーめんですが、比較的幅広い層に親しまれるジャンクさだと思いました。なかなかよく考えられていて、いいところにターゲットを置いた商品構成力だと思いました。このラーメンは、常習性もあります。甘旨なお味は、誰もが好む味わいですから。

あるようでない、なかなか個性的なラーメンを出すお店だと思いました。外観はチェーン店っぽい感じがしますが、中身は違うことが分かりました。興味をもたれた方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。


lanciba at 04:54コメント(0)トラックバック(0)四街道市  

2017年01月24日

創業7年目より高みを目指して 魚介醤油らーめん 和屋@佐倉ユーカリ 千葉ラーメン

佐倉ユーカリの和屋さんに行きました。

BlogPaint

昨年は、2回目の和屋&らんちばコラボ企画にて、「和屋流濃厚煮干し生姜ラーメン」を提供させていただきました。おかげさまで、盛況で終えることができました。食べに来てくださったみなさん、本当にありがとうございました。

この日は、2017年新年のご挨拶がてら、訪れました。

駐車場は、お店の前に数台分あります。

resize8155

ワンタンを少し改良したということで、ワンタン麺 並盛 900円をいただきました。

resize8154

いつも清潔に磨かれた店内は、落ち着ける雰囲気です。L字カウンター席とテーブル席があります。ご主人さんと妹さんのお二人で切り盛りされています。

resize8150

コラボの限定ラーメンもいいですが、やはり何といっても和屋さんの基本はらーめんです。新年初のスープはいかがなものか、楽しみに訪れました。

resize8151

まず、ビジュアルに大きな変化がありました。新しい丼になりました。少し切り立ち型に近い、底の深いものです。大分イメージが変わりましたね。お聞きすると、スープの寸胴も替えられたということです。和屋さんの意気込みが伝わってきます。7年目に突入した和屋さん。安定した人気を保っておられますが、飽くなき追求をされる気概が感じられます。これは、楽しみですね。

resize8152

まずは、スープをいただきます。おお!?これは、明らかに違いが感じられますよ。永福町大勝軒系らしい煮干しが前面に出たスープから、煮干しは中心ですが、より全ての素材が一体化しているように変化した、とでも言いましょうか。

もちろん、今までの良さを打ち消すようなものではありません。とても微妙な変化なのですが、長年食べさせていただいているらんちばには感じるものがありました。これは、永福町大勝軒という括りを越えて、和屋さんの理想のスープを追い求める旅に出られたのかな、そんなイメージを抱きました。

エビワンタンですが、こちらははっきりとわかる変化がありました。もともと皮を食べさせるタイプのワンタンが特徴なのですが、餡の量も少し増え、エビの大きさも変わり、よりエビを感じる食感に変化していました。このワンタンはいいですね。

resize8153

変わらないために変わり続ける、より高みを目指してチャレンジする、そんな和屋さんの強い意志が伝わってくる1杯でした。気力、体力共に充実した時期を迎えておられるのだなと思い、とても頼もしく感じました。今年の和屋さん、やってくれますよ!!目が離せない1年になりそうです。今年もぜひ、コラボ企画を実現させたい、そのように思いました。



lanciba at 04:02コメント(0)トラックバック(0)佐倉市  

2017年01月23日

限定 チーズのデ味噌つけ麺 餃子の並商@都賀 千葉ラーメン

餃子の並商さんに行きました。先月伺って以来の訪問です。http://blog.livedoor.jp/lanciba/archives/52187087.html

resize8147

既成概念にとらわれない、魅力的なラーメンを提供してくれる並商さん。また何やら魅力的な1杯が登場したということで、出かけていきました。オープンより少し遅れて到着したら、もう駐車場は、ほぼ埋まっています。すごい人気ですね。

resize8148

並商さんの魅力は、その卓越した遊び心にあると思います。特に、餃子の並商さんのメニューは、規格外の(笑)ものがレギュラーメニューからしてたくさんあります。店内の雰囲気も、遊び心が感じられます。一種、餃子の並商さんという、エンターテインメントの場、という感じさえします。

resize8141

今回、らんちばが惹きつけられたのが、こちら。

resize8135

これでもか チーズのデ味噌つけ麺 スープ付 900円

です。

乳製品系ラーメン好きの(笑)らんちばとしては、これでもかと入ったチーズのつけ麺、すごく魅力的です。チーズ系のラーメンを今までもかなり食べましたが、いつも思うのは、もっとチーズがほしかったな、という感想です。昔、恵比寿の九十九ラーメンさんで食べたときでさえ、そう思いましたから。並商さんに期待です。

resize8136

そういえば、餃子の並商さんなのに、最近餃子を食べてなかったなと思い、注文することにしました。

resize8138

睦月の素湯麺セカンドは 葱南蛮素湯麺 です。

resize8137

1月後半限定メニューは ふわふわ玉子のチンジャオロースまぜそば です。

resize8139

冬季限定は ジャンバラヤなまぜナポリタン リニューアル です。

よくこれだけ、楽しい限定メニューを4種類も用意できるものです。ふわふわ玉子なんか、また食べに来ちゃいそうです。メニュー表からも、ユーモアが感じられ、魅力倍増です。ここまで振り切って、楽しませてくれるラーメン店も他にはありません。餃子の並商さん、すごいです。

resize8140

こちらが これでもか チーズのデ味噌つけ麺 スープ付 900円 です。

resize8144

写真の通りの、このチーズ溢れるつけ汁。これですよ、これ!乳製品系ラーメン好きにとって、憧れのビジュアルです。もうまっていられなくて、まずレンゲでつけ汁をいただきます。濃厚なチーズと味噌、なんですが味噌ということを失念していたために、何だか、トマト味のような洋風のつけ汁に感じました。味覚というものは面白いものです。

あ、ひょっとして「デ味噌」って、デミソースのこと??それならば・・・納得のお味です。
とにかくカオスなお味というか、なんじゃこりゃ〜、という感じです。

しかも、つけ汁の中に、得体のしれないものが入っていまして。それがまたよく合うんです。写真が無くて申し訳ないのですが、老眼のらんちば、必死で(笑)、顔を近づけてみるのですが、どう見てもお麩にしか見えません。ここにお麩を合わせてくるのか!!唖然とするらんちばです。(後ほど、SNSでお友達に聞いたところ、お麩ではなくバゲット、パンだったそうです。)

いずれにせよ、この自由な発想、並木さんは天才だなと思いました。

resize8145

つけ汁の世界に魅了され、レアチャーシューと極太麺は完全に脇役に回ってしまいました。だって、付けると薄まるじゃないですか・・・(笑)。もちろん、こちらも絶品のチャーシューと、小麦香る極太麺です。後半は、麺とチャーシューも投入して、更にカオスな状態に。

らんちばの個人的な好みから言いますと、もっとチーズチーズしていても大丈夫かなと思いました。スープ自体は、さっぱり目のデ味噌スープだったような気がします(たぶん)。味噌は濃くなくていいのですが、スープに濃厚さがあるともっとチーズのお味が引き立ってくるのかなと。これだけカオスなつけ汁なのに、更に欲を出してしまいたくなる自分は、もう完全にジャンキーですね(笑)。

resize8146

餃子の並商の看板メニュー、並商餃子3個盛り210円です。

こちらは、お店のコンセプト通り、普通に美味しい餃子を目指していることが分かります。平凡でいて飽きずにいつでも食べられる、そんな餃子に仕上がっています。お隣のお客さんは、ギョウザ2皿の定食をいただいておられました。気持ち、わかります。ご飯が絶対に進みますよね。この餃子と、麺類、飯類のギャップも楽しいですね。

resize8143

お上品なラーメンもいいですが、時には、ジャンキーなラーメンがほしくなります。カロリーを大量摂取するという背徳行為を思い切り堪能したくなる、それが人間というものです(笑)。メタボがどうした、腹が出て何がいけない!そんな気持ちにさせてくれる、魅惑のお店、餃子の並商さんです。


lanciba at 04:56コメント(0)トラックバック(0)千葉市(若葉区)  

2017年01月22日

中国料理系の中華そば店 【新店】中華そば 将山@市原市惣社 千葉ラーメン

市原市惣社にできた新店、将山(しょうざん)さんに行きました。2017年1月12日オープンのお店です。

BlogPaint

駐車場は、お店の前に2台ほど止められると思います。営業時間等は、写真をご覧ください。

BlogPaint

お店の内外に、開店祝いの祝花が飾られていて、華やかな雰囲気です。新店らしくていいですね。

BlogPaint

店内は、カウンター席とテーブル席があります。テーブル席がメインです。ミドル世代のご主人さんと、女性の方お2人、あとお手伝いの方でしょうか、男性の方1名いらっしゃいました。

resize8119

メニューは、麺、一品料理、ご飯、飲み物があります。麺が中心の構成ですね。麺メユーは、中国料理店系のものです。トッピングの違い、餡の有る無しでいろいろなメニューがあります。オーソドックスな中国料理店系のメニューかと思います。

resize8118

唐揚げ、餃子、焼売もあります。チャーハン3種に中華丼もあります。

resize8120

一生懸命作ります。お待たせする場合がございますが、ご了承ください。

と書いてあります。一生懸命作ります、嬉しい言葉ですね!これは楽しみです。

resize8121

こちらが、中華そば650円です。

resize8124

シンプルなビジュアルですが、青梗菜が中国料理系らしさを表しています。チャーシュー、ナルト、海苔、青梗菜、メンマ、ネギのトッピングです。

resize8125

それでは、スープをいただきます。うん、これは、いわゆる中華系スープの味わいですね。すっきりとして飲みやすいスープです。細麺は角麺で、啜り易くスープとよく合っていました。柔らかそうですけどしっかりとした麺で、茹で方も好みです。チャーシューは、お肉のお味がよく感じられました。奇をてらったところはありませんが、安心してほっとした気持ちでいただける中華そばです。全体として、丁寧に作られた1杯という印象です。

以前から思っていたのですが、中国料理系、中華料理系のラーメンって、特徴のあるお味がしますよね。どちらのお店にいっても似ている味わいに感じませんか。チャーハンについているスープの、タレが違ったものという感じ、あれです。あれは、どこから来ているのでしょうか。素材?調味料?ラーメン店や食堂のラーメンとは明らかに違う傾向をもっていますよね。どなたかご存知なら教えてください。
 
resize8126

チャーハン好きのらんちばとしては、やはり頼んでしまいました。(笑)

カニチャーハン800円です。

resize8127

ぱらっとした炒め方です。塩味はかなり抑えられている印象です。

resize8129

女性店員さんの接客がゆったりとした感じで、新店ながらリラックスできる雰囲気です。入りやすい、食べやすいお店です。市原というラーメン激戦区ですが、頑張ってほしいと思いました。


lanciba at 05:29コメント(0)トラックバック(0)市原市  

2017年01月21日

今木更津で評判の新店 【新店】中華そば モンド@木更津厳根 千葉ラーメン

木更津にできた新店、モンドさんに行きました。

2016年12月17日にオープンした新店ですが、すでにラーメン好きの方や地元の方に話題のお店になっているようです。大変興味をもって訪れました。

resize8115

表通りから少し入ったところにお店はあります。お店の前と脇に広大なスペースがあり、15台止められるということです。厳根駅近くですが、これは嬉しいですね。車でいっても安心です。

BlogPaint

どうやら、敷地全体が店長さんのご実家のようです。建物も新設でとてもきれいです。

resize8114

この日は晴天。青空にお店が映えますね。開店15分前にお店に着きました。さすがにまだほかのお客さんはいらっしゃいません。車中で待っていると、お店の方が通りかかり、会釈をしてくださいました。ちょっとしたことですが、嬉しい配慮です。

resize8117

resize8113

営業時間等は、写真をご覧ください。

BlogPaint

開店時間になり、暖簾が出ましたので、お店に入りました。開店時は一番のりでしたが、後から次々とお客さんが入ってきます。帰る頃には、駐車場もほぼ埋まってきていました。さすが、今、評判のお店です。

BlogPaint

入口右側に券売機があります。そして、両替機もあります。これは助かりますが、お金がかかっていそうです。
(余計なお世話すみません)
resize8094

メニューは、中華そば醤油と塩らーめんの2本柱です。左上のボタンの特製中華そば醤油がお勧めのようです。迷ったらこれ!とも書いてあります。限定丼、限定ラーメンのボタンもありますが、まだ提供はされていません。いずれ、出てくるものと思われます。

resize8095

真新しい店内には、窓から日差しが差し込みます。L字カウンター席とテーブル席があります。お若い男性の店長さんと、女性の方3名、計4名で切り盛りされていました。店員さんの数も多いですね。それだけお客さんが入るということでしょう。

卓上の設備でいいなと思ったのが、くず入れです。らんちばは、常々、使ったティッシュやようじの置き場所に困っていました。卓上に転がしておくのもなんか、抵抗がありますし、丼の中に入れるのはマナー違反かなと感じています。(個人的感覚です。)片づける方に何だか申し訳ない思いがして、いつも持ち帰っていました。

モンドさんには、各席、テーブルにくず入れがあり、安心して(笑)、ティッシュやようじを捨てることができます。この配慮は、初めての経験です。同じように考えるお店の方もいらっしゃるのだなぁと、嬉しく思いました。

resize8109

うまい!で笑顔にしたい なりたい

というキャッチコピーがいいですね。作る方、食べる側、どちらもで笑顔でいたいものです。

resize8098

カウンター席に座りますと、目の前には厨房の様子がよく見えます。新しい厨房機器が輝いて見えます。らんちばは素人でよく分かりませんが、とても立派な厨房に感じます。資金がかかっているだろうなぁと思いました。

動物系スープの寸胴、魚介系スープの寸胴からは、食材が溢れています。奥には鶏ガラが山積しているのも見えます。食材も豪華、惜しげもなく使っている感じがします。見ていて飽きません。「ほえー、はえー」と、口をぽかんと開けて(笑)感心しているうちに、中華そばが届けられました。

resize8097

こちらが、特製中華そば醤油980円です。

resize8100

醤油スープに油分がきらめき、豪華なトッピングがきれいに盛り付けされています。

豚肩ロース低温調理チャーシュー、豚もも肉低温調理チャーシュー、豚バラ肉竹岡式チャーシュー、小松菜、ナルト巻、那須の白美人ねぎ、極太メンマ、味付け玉子、特製2種のわんたん(エビ、肉) 

ということです。この説明書きをみても、抜かりが無いな、という感じがします。味玉には、「モンド」の焼印が押されています。焼印の入った味玉、千葉県では初めて?見たような気がします。(らんちばは、京都の〇竹さんが印象に残っています。)よい印象づけになっていますね。

resize8101

それでは、スープをいただきます。

鶏ガラ、豚骨、魚介、貝出汁を合わせたトリプルスープ

ということです。

油分は、多めの感じです。少し甘目のまろやかな醤油ダレです。お味は、何と表現したらよいのでしょうか。とても複雑なお味です。貝出汁からくるものと思われる発酵したような風味を一番に感じます。その他、いろいろな素材のお出汁が折り重なるように感じられ、らんちばの駄舌ではうまく表現できません。

何かのお味をよりどころにして、スープを味わおうとするのですが、とらえどころのない感じがします。いやー、これは表現が難しいですね。素材のうま味がせめぎ合っているという感じでしょうか。ああでもない、こうでもない、と思いながら食べ進めているうちに、スープは無くなってしまいました(笑)。

麺は、固めに茹で上げられた細麺です。好み的には、もう少し柔らか目が好きかなと思いました。後から来られたご高齢の方が、「麺柔らか目で」と注文されていました。らんちばも賛成です。(個人的嗜好です。)

トッピングは、それぞれよくできています。シャクッとしたメンマ、お味の違いがよく分かるエビわんたんと肉わんたん。3種のチャーシューがそれぞれ楽しめます。味付けも濃すぎず、それぞれのお肉の風味を感じることができました。

全体として、豪華な1杯という印象でした。

resize8102

店内連食で、塩らーめん680円をいただきました。

resize8105

カラフルなあられが振りかけてあり、華やかな印象です。こちらは、チャーシュー2種、小松菜、メンマ、ナルト、ネギのトッピングです。

resize8106

スープは、動物系スープと、貝柱、昆布、節などの魚介スープということでした。(店長さんが丁寧な方でいろいろと教えてくださいましたが、全部記憶できませんでした。不正確な部分はご了承ください。汗)

こちらも、油分は多めの印象です。塩角は立っておらず、こちらも甘さを感じるスープです。でも塩味もしっかりとしています。甘みは、昆布からくるものかな?と思いました。こちらも、素材のうま味がせめぎ合っている感じがしました。足し算のラーメンという印象です。

resize8107

充分な設備投資、豊富な食材、細かなところまで行き届いた気配り、店長さんの熱意などで作り上げられた1杯という感じがします。これだけ手をかけられたラーメンは、幸せ者だなぁ、と思いました。竹岡系ラーメンが主流の木更津の地において、今までにない新しいお味のラーメンを提供したい、という気持ちが十分に伝わってきました。

オープンから1カ月にして、すでに、評判になっている訳がよく分かりました。おそらく、今後もお味の向上に余念は無いものと思われます。これからの活躍が期待される新店です。


lanciba at 06:06コメント(0)トラックバック(0)木更津市  
livedoor プロフィール
Archives
カテゴリ別アーカイブ
記事検索