2017年05月28日

冷やし中華が大好きです!@ラーメンコラム 千葉ラーメン

久しぶりに、コラムを書いてみます。と、いっても最近毎年恒例(笑)の内容ですが。


らんちばは、冷やし中華が大好きです。暑い季節、お店に飛び込んで、「冷し中華ください!」といって食べるのは、至福の瞬間です。細かいことは二の次でいいんです。あの甘酸っぱいタレと冷えた麺、キュウリや錦糸玉子、トマト、ハムなどを頬張ると、幸せな気持ちになります。

resize4432


まあ、ただのおっさんですね(笑)。


らんちばは、許容範囲がかなり広いラーメン好きだと思っていますので、多少温めでも、すっぱいー!むせるー!でも、許せてしまいます。冷やし中華を出すお店で一番多いのが、街の中華やさんですから。とりたてて特別なものではなく、普通の冷やし中華でも十分満足できるのです。

resize1400

ただ、ラーメンフリークさんたちからの評判は、芳しくないものがあるのも事実ですね。ツーンと来るお酢が嫌だ。ちゃんと冷えてないのが許せない。どこで食べても同じような味。家で食べるのと変わらない。存在自体が許せない等々・・・

グルメなラーメンフリークさんから見れば、そうなのかもしれませんね。確かに、とりあえず暑くなってきたから、冷し中華を出しておくか、といった様子も見られますものね。でも、それって、すごいことではありませんか?とりあえずでもつなぎでもなんでも、冷やし中華にはそれだけの需要があるということですから。

ラーメン業界の流行の移り変わりは激しいですが、これだけ長年に渡って、毎年ブレイクする商品も他にはないと言っていいくらいです。それだけ、大衆に支持されている冷やし中華。街の中華やさんやレトロ系ラーメン店で提供される冷やし中華。偉大なものではありませんか。

resize4185

そういった前提がありつつも、できれば美味しい冷し中華が食べたい。これもまた真実であります。冷やし中華大好きラーメンブロガーとしては、どこで食べても同じ、とか、家で食べればいい、とかそういったネガティブな印象を変えていきたいという思いもあります。

そこで、数年前から本格的に始めたのが、千葉の冷やし中華食べ歩きです。こんな美味しい冷やし中華があるんだよ!美味しい冷し中華はお店でこそ食べられるんだよ!ということを皆さんに伝えることが出来はしないか??そういった思いから始めた取り組みです。

resize10839

ここでクローズアップされるのが、ラーメン専門店の冷やし中華です。街の中華やさんやレトロ系ラーメン店は、30年以上の老舗店が多く、恐れ多くもそのような歴史のあるお店の、冷やし中華に物申すことはできません。そのままでいいのです。それに比べて、ラーメン専門店、それも比較的新しいお店や中堅処のお店では、まだまだ工夫の余地があるとらんちばは思っています。このように、同じ冷やし中華でも、分けて考えたいと思っています。

まだまだ進化する余地のある冷やし中華。そのカギを握るのが、ラーメン専門店の冷やし中華です。なぜなら、お味の違いを出しやすいのがラーメン専門店だからだと思うのです。普通の冷やし中華って、調味料を混ぜただけのものが多く、必然同じようなお味になりますが、ラーメン専門店には、お店独自のラーメン用スープがあります。それを使うことによって、他のお店には無い冷し中華を作り出せる可能性があると思うのです。

昨年までの食べ歩きで、らんちばは千葉の冷やし中華について次のようなお店の紹介をさせていただきました。


老舗店の殿堂入り冷やし中華  

新検見川の蓬来軒さん
resize3879


冷やし中華四天王

佐倉ユーカリの魚介醤油らーめん 和屋さん
resize4520

船橋の中華料理 大輦さん(かに玉冷やし中華)
resize3895

成田のらあめん cloverさん
resize3904

蘇我・大森台の らーめん処 彩蓮さん
resize4959

らんちばが現時点でお勧めする冷やし中華は、以上の通りです。まだ、どちらのお店も提供は始まっていないと思いますが、今年の夏、まずは上記のお店どちらでも結構です。食べてに行ってみませんか?今まで持っていた冷やし中華と違ったイメージを感じてくださるのではないか、と期待しております。

らんちばの冷し中華推進活動とは関係ないでしょうが(笑)、ここ1,2年、冷やし中華を提供される千葉のラーメン専門店が少しずつ増えてきたように思います。冷し中華のとらえ直しが始まりつつあるのでは、とさえ感じています。この流れが広がりますことを切に願っております。


lanciba at 04:45コメント(1)トラックバック(0)ラーメンコラム | 冷し中華 

2017年05月27日

絶品 彩り野菜の冷製まぜそば らーめん処 彩蓮@中央区 千葉ラーメン

中央区白旗の彩蓮さんに行きました。

BlogPaint

駐車場は、お店の前に3台分あります。満車の場合は、数軒隣のコインPを利用するとよいでしょう。

BlogPaint

営業時間等は、写真をご覧ください。

resize10825

店内は、カウンター席と、テーブル席があります。明るくて整った店内です。素敵なご夫婦の、明るくて気さくな接客がいいですね。

奥の壁には、奥様の手によるイラストとポップにて、限定麺の紹介コーナーができています。さすが、らんちばが「千葉ラーメン店の奥様イラストTOP3」と勝手に呼ばせていただいているだけのことはあります。

resize10821

さて、この日のお目当ては、夏季限定の彩り野菜の冷製まぜそばver.4です。飽くなきお味の追求をなさっている、ご主人さんです。今年のバージョンが、どれだけレベルアップしているか楽しみです。

resize10822

今年の変化は、自家製香味ラー油と共に、ということです。味変にも工夫をされたのですね。

resize10823

こちらが、 

彩り野菜の冷製まぜそばver.4 〜自家製香味ラー油と共に〜880円です。

resize10827

相変わらず美しいこのビジュアル。気持ちまで明るくなりますね。この度は奥様考案の揚げラーメンがトッピングに加わっています。視覚的にも彩りが鮮やかになりました。

resize10828

それでは、混ぜまぜしていただきます。おっと、これは明らかに塩だれが変化していますね。一番最初にいただいたときは(おそらくver.1)、比較的塩味が立って感じられたのですが(ごめんなさい)、この度は違いました。塩角の無い、奥深い味わいのタレになっています。

resize10829

タレからくるものか、お野菜からくるものか、ほのかな甘みも加わって(この甘味が大切なんです)、まさにらんちばが、理想とする野菜まぜそばのお味になっているではありませんか!これは、らんちばがこよなく愛した、他県に移転された某店の(これだけで分かってしまいますが 笑)、傑作まぜそばと遜色ないレベルに到達していますよ。さすがとしか、言いようがありませんね。

resize10830

夢中になって食べてしまい、気が付いたら自家製香味ラー油を加えるのを忘れてしまいました(汗)。これは、次回のレポートにて感想を書きますね。それくらい、らんちばの好みど真ん中ストライクのお味でした。これは、通ってしまいそうですよ!野菜トッピング推進派のらんちばとしては、理想的な1杯でもあります。彩蓮さんにまた一つ傑作が生れました。今後の展開が楽しみで仕方がないお店です。


ラーメンランキング
↑ラーメン人気ブログランキングに参加させていただいて、一か月ほど経ちましたでしょうか。このままズルズルと皆さんにポチッとご協力いただくのも申し訳ありませんので、5月末を持ちまして、終了させていただこうと思います。とてもよい経験になりました。また、たくさんの皆さんに応援していただいていることがよく分かりました。あと少し、お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

lanciba at 06:52コメント(0)トラックバック(0)千葉市(中央区)  

2017年05月26日

いよいよ冷し中華の季節がやってきました! 自家製麺 麺処 丹治@佐倉JR 千葉ラーメン

JR佐倉の丹治さんに行きました。

resize10834

オープン以来、まだ出来上がりが遅れて、掛けられていなかった暖簾が、ついに登場しました!やはり、ラーメン店には暖簾が似合いますね!よかった、よかった。素敵な暖簾ですよ。

resize10835

駐車場は、お店の斜め向かいの共用駐車場に5台分あります。営業時間等は、写真をご覧ください。土日祝の通し営業はありがたいですね。

resize10836

店内は、L字カウンター席とテーブル席があります。ご主人さんと女性の方で切り盛りされています。

resize10837

この日の目的は、夏季限定の、冷やし中華と冷やし坦々です。もちろん、最初にいただくのは、らんちばがこよなく愛する冷やし中華です。今年初のラーメン店での冷やし中華です。楽しみですね!

resize10838

こちらが、丹治さんの冷やし中華850円です。

resize10839

涼しげなガラスの器に、さわやかに具材が盛り付けられています。特徴的なのは、ミョウガですね。チャーシュー、キュウリ、メンマ、ミョウガ、プチトマト、大葉、白髪ねぎ、カラシです。

resize10840

清湯の魚介スープを使用したというタレは、冷やし中華らしい酸味、甘みに深みを与えています。お味的にはオーソドックスな味わいですが、その塩梅は絶妙です。

resize10841

自家製の細麺は、しっかりとした麺でスルスルとのど越し良く口中に入ってきます。この冷やし中華、平凡そうで非凡な佳作ですよ。らんちば、気に入りました。量的にちょっと少な目かな、と感じますので、次回は大盛を(できれば)お願いしたいと思いました。今年の冷やし中華食べ歩き、幸先いいですよ。

resize10842

次回は、冷やし坦々をいただこうと思います。


ラーメンランキング

↑今年も、冷し中華探求の旅、続けますよ!某ラーメン評論家の方の、冷し中華嫌いを覆せるような出会いを楽しみに食べ歩きます。冷し中華の情報、ぜひコメントくださいね!!

lanciba at 06:19コメント(1)トラックバック(0)冷し中華 | 佐倉市 

2017年05月25日

限定 冷まぜめん 風味絶佳 麺屋 まるきた商店@八街 千葉ラーメン

八街のまるきた商店さんに行きました。らんちばがひそかに応援させてもらっているお店です。

resize10779

駐車場は、お店の前に数台分あります。営業時間等は、写真をご覧ください。

resize10780

店内右側に券売機があります。ご主人さんお一人で切り盛りされています。相変わらずきれいに整った店内です。ご主人さんの人当たりの良さもいいですね。

resize10773

今回のお目当てはこちらです。限定の冷まぜめんです。

resize10774

まるきた商店さんの基本メニューは、まるきたラーメン、鶏白湯ラーメン、鶏魚介つけ麺、みそラーメンです。

resize10775

こちらが、限定 冷まぜめん750円です。


脂少なめの食べやすい汁なし麺です。麺の食感を生かすために、冷水で〆て冷盛りでご提供します。


と、書いてあります。

resize10776

ビジュアルは、なかなかいいですね。角切りチャーシュー、海苔、めんま、白髪ねぎ、水菜、糸唐辛子、卵黄、モヤシ、白ごま、揚げニンニク、黒胡椒がトッピングされています。

resize10777

麺はそれほど太くなく中細の麺です。それでは、混ぜまぜしていただきましょう。油分の少ない食べやすいまぜそばです。タレは和風のようでそうでもない、どう表現してよいのか難しいのですが、好みの味付けです。

基本の鶏魚介スープに、醤油ダレと塩ダレを加えて作ったタレだそうです。あるものの組み合わせで、よくできていますね。卵黄も混ぜていただくと、まろやかな味わいになります。揚げニンニクが結構効いていて、パンチもあります。〆られて食感のよい麺もいいですね。

バランスのとれた、優しめのお味のまるきた商店さんらしい冷まぜめんでした。

resize10778

お隣にいらした男性のお客さんが、らんちばのブログを毎日みて下さっているというお話を聞いて、大変うれしく思いました。最近、お店で出会うお客さんが増えてきたように思います。とてもありがたいことです。これからも、皆さんに読んでもらえるようなブログを目指します。


ラーメンランキング
↑まるきた商店さんのように、目立たないけれども丁寧にラーメンを作っておられるお店が好きです。こういったお店を、できるだけたくさん紹介していくのも拙ブログの特長としたいと思っています。よろしければ、ポチッとお願いします。

lanciba at 02:05コメント(0)トラックバック(0)八街市  

2017年05月24日

貝出汁+生醤油鶏そば 【新店】 中華蕎麦 圭 151@富里 千葉ラーメン

富里市御料にできた新店、圭151さんに行きました。5/16、山ねこさんがあった場所にオープンしました。

resize10756

開店時間より20分ほど早く着きましたので、駐車場で待っていました。すると、2台、3台と次々と車が入ってきます。この日はオープンして3日目、人気店だった山ねこさんの跡地ということもあり、皆さんの注目度の高さがうかがえます。

resize10758

店頭には、お花がたくさん飾られています。新店ならではの華やかな光景ですね。

resize10753

resize10755

京都の麺屋 棣鄂さんからのお花も届いています。こちらは棣鄂さんの麺を使用しているようですね。これは楽しみです。

resize10760

営業時間等は、写真をご覧ください。

resize10759

時間になり、暖簾が掛けられました。わくわくした気持ちで、お店に向かいます。

resize10761

4番目にお店に入りましたが、その後も次々とお客さんが訪れ、あっという間に待ちができる盛況ぶりです。

resize10762

店内は、山ねこさん時代と同じです。吉野家型コの字カウンター席と、お座敷席があります。ご主人さんと男性の方で切り盛りされていました。丁寧な接客が好印象です。

resize10766

入り口入って左側に券売機があります。上から、生醤油Soba、塩Soba、煮干しSoba、鶏まぜSobaがあります。サイドメニューには、卵かけご飯、鶏チャーマヨ丼、チャーシュー丼などがあります。

resize10763



本日は細麺のみの提供になります。ご了承下さい。

鶏まぜSobaは、太麺の提供になります。


と、書いてあります。

resize10764

壁面には、つくば製麺の看板も張ってあります。気になったので、店員さんに聞いてい見ました。すると、基本的に生醤油Sobaと塩Sobaは棣鄂の麺を使用しているそうです。と、いうことは、煮干しSobaと鶏まぜSobaがつくば製麺さんなのでしょうか。この日は、細麺のみの提供ということは、棣鄂の麺?ちょっとよく分かりませんでした。いずれにせよ、2社からの麺を使用しているというこだわりようです。

resize10767

基本の生醤油Sobaをいただこうかと思ったのですが、右端に「数量限定トロトロわんたんオススメです。」と書いてありましたので、わんたん好きのらんちばは、そちらを選択しました。

resize10765

こちらが、わんたん生醤油Soba980円です。

resize10768

生醤油らしい醤油色をした清湯スープに、油分がきらめきます。トッピングは、チャーシュー2種と穂先メンマ、青ネギ、わんたんです。切り立ち型の丼で、引き締まって見えます。

resize10769

それでは、スープをいただきます。


2種類の地鶏と宍道湖産のしじみを合わせたスープ


ということです。お味的には、生醤油らしさが出た淡麗系鶏スープに、貝出汁が加わりまろやかさを演出しています。昨今の流行に合わせた構成という印象を受けました。

細麺は啜り甲斐がありのど越しも良く、しなやかないい麺です。スープとの相性もいいですね。鶏豚チャーシューも味付けが濃すぎず、バランスを崩すものでもありません。生姜の効いたワンタンも美味しくいただきました。

resize10770

帰り際に、素敵な女性の方にお声を掛けていただきました。千葉ラーメン女子のRさんでした(^^♪

煮干Sobaや、鶏まぜSoba、つくば製麺さんの麺も気になりますので、再訪問したいなと思います。人気店があった場所だけに、集客力があります。それを活かせるかどうか、これからの動向に期待したいと思います。


ラーメンランキング
↑おかげさまでまた1位に返り咲きました。ありがとうございます。流行を意識したメニュー構成の新店です。冨里の地でどのように受け入れられるのか注目したいと思います。

lanciba at 08:20コメント(0)トラックバック(0)富里市  
livedoor プロフィール
Archives
カテゴリ別アーカイブ
記事検索