2013年11月30日

元祖「勝浦タンタンメン」のお店が、再び勝浦に凱旋! 江ざわ@勝浦 千葉ラーメン 

勝浦の新店、江ざわさんに行きました。

新店といいましても、「勝タンの元祖」である江ざわさんが、再び鴨川から勝浦の地に戻って来たのです。これは、勝タンにとってとても重要なことだと思っています。

resize6991

B-1グランプリにも出場している勝浦タンタンメンですが、人に聞かれても「元祖のお店は、今鴨川にあります」と答えるしかありませんでした。そのたびに「??」と首を傾げられたものです。

千葉のラーメン好きの方々も、残念に思っていたに違いありません(勝手な想像ですが・・・)そんな江ざわさんが、勝浦の地に凱旋をされた。これで、勝タンも万全の体制が整いましたね。

どれくらいの客数なのかを知るために、あえて一番お客さんが多いであろうお昼時、12時ごろお店に行きました。

BlogPaint

開店前に伺ったときhttp://blog.livedoor.jp/lanciba/archives/52059187.html#commentsに比べて、たくさんの花輪、お花など開店祝いの雰囲気で大盛況です。思った通り、10台分の駐車場では足りず、周辺の路上に車があふれ出していました。是非、第2駐車場を作ってほしいところです。

おそらく、軽く20人以上の待ち客がいました。フロア担当の男性の方が、入り口付近にいらして、名前と客数を伝える形式になっています。ですから行列はしなくてもよく、名前を呼ばれるまで思い思いの場所でまっています。

resize6993

面白いことに、お店の入り口左側に設置されている自販機に「勝浦タンタンメン」の旗と同じ文字が入っています。

お客さんの回転は思ったよりよく、30分〜40分くらいで呼ばれました。トレードマークカラー(そんな言葉があるのか・・・汗)の青い暖簾をくぐってお店に入ります。

「行きによろうか帰りによろか どうせよるなら 行き帰り」の詩?が暖簾に書いてあります。

BlogPaint

店内に入りました。右手に、以前のお店で使っていた「元祖 担々麺」の垂れ幕が飾ってあります。先代のご主人さんの写真などもあります。歴史を感じさせますね。

お客さんは一杯で盛況な雰囲気です。ご主人さんと女将さん?フロア担当の方、女性の方、の4人で切り盛りされていました。テーブル席が3卓、小上がり席も3卓、カウンター席が4(お花が飾ってありますのであと3席増えるかもしれません。)席あります。

合計で30席ほどあるということです。それでも外に20人くらい待っていますから、50人ほどのお客さんが来ているということです。さすが、江ざわさんですね。

お客さんの層は、地元の方と武大生、一般の方が同じくらいの割合でしょうか。

resize7002

カウンター席に案内されて、改めてメニューを拝見します。

麺ものは、担々麺、中辛、大辛、上担々麺、チャーシュー担々麺、もつ担々(冬期のみ)、冷やし担々麺、とんとん麺、チャーシュー麺、タンメン、ラーメンです。

この他に、単品料理、ご飯ものなどがあります。今回は、気になるメニューをいただこうと思っていました。どれが一番気になるか、といいますと・・・

resize6998

もちろん、「とんとん麺」です!全くどのようなラーメンか想像できません。これは、ワクワクしますねぇ。他にも、タンメン、冷やし担々麺など気になるメニューもありますが、とんとん麺の破壊力(笑)には勝てません。

注文を取りに来た女性の方に伺いますと、「牛乳を使ったラーメン」ということです。牛乳ラーメン!!いったいどのようなラーメンなのでしょうか?そして、どういういきさつでメニューに入っているのか・・・かえって気になりますね。

伺いたかったのですが、この忙しい状態をみて控えさせていただきました。また、空いているときに(そんな時間帯があるのでしょうか?)伺ってみたいと思います。どなたか、ご存じありませんか?

resize6997

こちらが、とんとん麺800円です。

resize6999

ご覧ください、このスープの色を!これは、間違いなく牛乳ラーメンです!!こうなると、らんちばの興奮度はMAXに。痺れるような出会いです(笑)

おそらくですが、基本の清湯スープに牛乳を合わせたラーメンと思われます。表面に、少しだけラー油が垂らしてあるようで(自信ないですが・・・)ちょっとだけピリ辛に感じました。

癖があるスープかな?と思いましたが、とてもクリーミーで食べやすいです。ライトな豚骨ラーメンといった感じです。とても優しいお味のスープです。これなら、お子様にも食べられるでしょう。

ちょっと話が逸れますが、勝タンのお店は、子連れの方には入りにくい一面があります。他の辛くないメニューが少ないと、お子さんが食べるものがなくて困ってしまいますから。江ざわさんは、元祖のお店ですが、ラーメン、タンメン、とんとん麺、豚肉丼、焼肉丼、カレーライスなどいろいろなメニューがありますので、子連れでも安心ですね。

resize7000

トッピングは、チャーシュー、コーン、ワカメ、なると、ワカメです。このコーンが示しているところは、どういう意味があるのでしょうか。気になるところです。

細めの縮れ麺は、特に印象はなく、普通にいただけます。どちらかというと、柔らかめの麺です。

resize7001

いずれにせよ、勝浦に戻ってこられた元祖勝浦タンタンメンの江ざわさん。これで、元祖をまず食べて、それから他のお店にも行ってみる、という連食の楽しみができました。現在、地ラーメンとして千葉で最も注目されている勝タン。江ざわさんを迎えて、もっともっと盛況になってくれれば嬉しいな、と思いました。千葉ラーメン界、注目の移転です。
  • mixiチェック
lanciba at 10:29│Comments(0)TrackBack(0)勝浦市 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

らんちば

Archives
カテゴリ別アーカイブ
記事検索